今注目のニュース
テトリミノが降ってくる『テトリス』時計を作ってみた
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」
「違和感全くなし」「なにしてもハマる」 木梨憲武の“職業なりきり写真”シリーズが日常に溶け込みすぎと話題に

流星のロックマン3単語

リュウセイノロックマンスリー

掲示板をみる(105)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「流星のロックマン3(りゅうせいのロックマン3Shooting Star Rockman 3)」とは、
2008年11月13日カプコンから発売されたニンテンドーDS専用のアクションRPGである。
流星のロックマンシリーズの第3弾。

概要

BLACK ACEブラックエース」と「RED JOKERレッドジョーカー」の2バージョンで発売された。
前作は1パッケージ内に2バージョン収録されていたが、今作は1バージョンずつのみで、
セーブデータを2つ持った状態でプレイできるようになっている。
前作までのWi-Fiコネクションによる対戦、タッチペンによるコマンドなどのシステムは、
大幅な変更をされて引き継がれている。

物語時系列的に続編・番外編にあたる「ロックマンエグゼペレート シューティングスター」が2009年に発売されているが、現時点では事実上のシリーズ完結作とされている。

ストーリー

電波ウイルス暴化…
ノイズ率の上昇によるシステム暴走
そして…メテオGの接近…
世界危機が迫る!

電波技術がさらなる発展を遂げた世界
実体化する電波などこれまで以上に様々なことができるようになっていた。
しかし、その反面で電波ウイルス暴化やノイズ率の上昇によるシステム暴走などが、世界的に頻発する。

そんな中、突如として現れるの巨大流星メテオG
メテオG地球の接近に伴い、ノイズの影を受けはじめる電波世界
はたして、スバル達はこの巨大流星を食い止めることができるのか?

主な登場人物

 メインキャラクター

WAXA・サテラポリス

ディーラー

その他の人物

電波体 

※それぞれのキャラクターの詳細は、個別記事を参照。

今作では、オペレーターとウィザード電波変換を行う際、ハンターVGでの通信により、トランスコードが設定され、
サテラポリスが認める人物だけが電波変換を承認されるシステム確立されている。
また、ディーラーメンバーウィザードのように、サテラポリスでも把握しきれていない未確認のウィザードの場合、このシステムによる介入はできない。

ディーラーメンバーは、ノイズが組み込まれているデータカードノイズカード』を所持しており、ウィザード暴走させることができる。ノイズカードには、「スペードの称号」「ダイヤ称号」「クラブ称号」等の特別なものも存在する。

電波
ロックマン
ハープ・ノート
オックス・ファイア
アシッド・エース
ブライ
クイーン・ヴァルゴ
ジャック・コーヴァス
グレイブ・ジョーカー
キグナス・ウィング
ウルフ・フォレスト
ファントム・ブラック
スペード・マグネッツ
ダイヤアイスバー
クラブ・ストロング
ムーン・ディザスター
アポロンフレイム
シリウス
属性
(ノイズにより変化)
(前作より)
電気
ペレーター
星河スバル
響ミソラ
牛島ゴン太
暁シドウ
ソロ
クインティア
ジャック
宇田海深祐
尾上十郎
ハイド
ウィザード
ウォーロック(元・AM人)
ハープ(元・こと座FM人)
オックス(元・おうし座FM人)
アシッド(世界初の人工電波変換プログラム)
ラプラス(???)
ヴァルゴ(元・おとめ座FM人)
コーヴァス(元・からす座FM人)
ジョーカー(???)
キグナス(元・はくちょう座FM人)
ウルフ(元・おおかみ座FM人)
ファントム(古代ムー文明の電波体)
マグネッツ
アイス
トロン
不明
アポロン(古代ムー文明の電波体)
不明

 

前作・前々作からのシステムの変更点

ノイズチェンジ

本作の戦闘システムで特に重要といえる要素のひとつ。
前作・前々作までと同じ、属性が付加される多段変身だが、それらとの大きく異なる点は、
変身するノイズが何になるのか分からない」ということである。

を合わせたものと考えればよい。 
変身できるノイズは全部で11種類あるが、ここでは全てのノイズで共通する特徴を記述する。

全11種のノイズの詳細はそれぞれの記事を参照。

マージノイズ

バージョンごとになりやすいノイズ

チェンジしやすいノイズは、下表のようにバージョンごとに異なる。
いずれのバージョンでも、ノイズチェンジ時に全てのノイズに変化する可性はあるが、
異なるバージョンノイズチェンジされるのは3回以降のノイズチェンジからとなる。
異なるバージョンノイズチェンジする確率は1/8で、さらに5種類の中からランダムで選ばれる。
ブライノイズは3回以降のチェンジリアルブラザーライバルノイズが共に0人であれば低確率で変化する。(サテライトデータサーバーは可)

ブラックエースでなりやすいノイズ
リブラノイズ
コーヴァスノイズ
キャンサーノイズ
ジェミニノイズ
オヒュカスノイズ
レッドジョーカーでなりやすいノイズ
キグナスノイズ
オックスノイズ
ヴァルゴノイズ
クラウンノイズ
ウルフノイズ

 

 ファイナライズ

ノイズ200%以上になった状態でカスタム画面を開くと、メテオサーバーアクセスするポップアップが表示される。これをタッチすると、メテオサーバー専用のフォルダに切り替わり、カードを選択後にバトル画面に移行すると、ロックマンファイナライズ状態に変身できる。変身できるファイナライズはバージョンと同名で、やフォルダの内容が大きく異なる。それぞれのの詳細は個別ページを参照。
ちなみにフォルダLvの上限は通常はLv11だが、あることをするとLv12アクセスすることもできる。

 バトルカード

ロックマンがウェーブバトルで使うバトルカードは大きく分けてスタンダードクラスメガクラスギガクラスの3つに分けられている。クラスによって性や入手の難易度、フォルダに組み込むときのルールが異なる。

 

地域名

現実世界

電波世界

電脳世界 

専門用語

タッチコマンドシステム

ノイズ改造ギア

以下に紹介するタッチペンによる入システムノイズ改造ギア』を用いることでロックマンを強化することができる。
カード単体で販売されているほか、イベントで配布されたり、書籍・グッズに同梱しているものもあるため、
現在は入手が困難とされている。

Wi-Fi通信対戦ではノイズ改造ギアによる不正な強化で、あり得ないロックマンを作っているプレイヤーもいるため、
不安な場合は「改造ロックマンと戦うのも可か」どうかでoffにしてから対戦相手を探すことをおすすめする。

また、カプコン公式サイトや取扱説明書では、個人ユーザコマンド掲示板チャットなどWeb上で開しないように注意書きがされている。ただし、一部のホワイトカードなどは、公式サイト開されているので、詳しくはそちらを参照してほしい。

シークレットサテライトサーバー

カプコンから発売された書籍「流星のロックマン3 シークレットサテライトサーバー」では、
広大サテライトサーバーデータベースから、
変身アーカイブ」と「バトルカードデータベース」という2つのゲームダウンロードして使うことができる。

やり込み要素

シリーズおなじみのやりこみ要素。それを明する称号クリアスターである。
タイトル画面の「はじめから」「つづきから」の選択画面で表示されるだけでなく、Wi-Fi通信対戦では、対戦前に相手のクリアスターの取得状況が表示されるので、対戦前に相手にプレッシャーを与えることができる…かもしれない。

宣伝・コラボレーション

 

漫画版

 

関連動画

 

関連静画

 

関連商品

 

関連項目

関連コミュニティ 

 

 

 

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP