シガー単語

シガー

シガーとは、

  1. Cigar(英単葉巻タバコのこと。
  2. 1990年まれのアメリカ競走馬
  3. アントン・シガー(Anton Chigurh)。映画ノーカントリー(No Country for Old Men)」に登場するハビエルバルデム演ずる殺し屋バルデムはこの役で2007年アカデミー助演男優賞を受賞した。

本稿では2について述べる。

概要

実はシガーの名の由来は葉巻ではなく、航空標識点の一つからだという。これはガルストリーム・アエロスペース社という航空関係企業の創始者だからである。

Palace Music Solar Slew Seattlr Siewという血統。パレスミュージック日本にもいた事があるノーザンダンサー系の種シアトルスルーアメリカ敗の三冠を達成した名である。

 シガーはすらりとした脚の長いで、一見のようだった。アメリカの名と言えばHAHAHA!と笑い出しかねないようなマッチョ兄貴が多いのでこれはしい。

パワーに見えない事。が芝の一流であったことからシガーはデビュー以来芝レースを中心に使われる。アメリカダート中心なので、シガーは一流路線から々に外れていったということになる。そもそもデビューも三歳の2月と遅かった。

しかし、これがまったく走らない。11回も芝レースで走って一勝。2着3着が多いゆい戦績を積み重ねてしまう。考え込んだウィリアム・モット調教師は、シガーがダート調教でなんだか気分良さそうに走っているのを見て「もしかしてこいつ、ダートの方がいいんじゃね?」と、ためしにダート1600mに出してみた。

ところがここを8身差で圧勝。ようやくここでシガーの本領が明らかになる。

次走、NYRAマイルハンディキャップG1)に出走。もちろんG1初挑戦。ここにはG1を既に5勝していたデビルヒズデューがいて、まぁ、胸を借りるつもりで・・・。と思っていたのだが、なんと7身もちぎり捨てて圧勝。なんとまぁ、こんなに強いだったのかと調教師もファンもびっくり。

もっとも、人気との斤量差が大きかった事もあってまだまだ信用されきってはいなかった。しかし、シガーはこの後、負ける事を忘れたかのように勝ち続ける。

オークロンハンディキャップで並み居る強を押しのけて6連勝。G1四勝を獲得した頃には、半信半疑だったファン評論家もこのの強さを認め、5歳シーズン終戦ブリーダーズカップクラシックでは圧倒的な一番人気に支持する。

シガーはハイペースの三番手から4コーナーで捲って直線入り口では既に先頭。三身抜け出すと美しいフォームで伸び、後続の追い込みを楽々抑えて優勝した。これで12連勝。この年は10戦10勝。当然のように年度代表に選出された。

こうなると不滅の大記録であるサイテーションの16連勝が意識されるところであった。しかしシガーは、ドバイで行われることになった第一回のドバイワールドカップへの出走を決める。ドバイ催者が、第一回のレースに箔をつけるために、世界NO.1ダートホースであるシガーの出走を強に誘致したのである。連勝に拘るなら断っても良いところであったが、シガーは果敢にを渡った。前走後に挫石して本調子でなかったにも関わらず、ここを半身差で勝利。この熱戦が注され、ドバイWCは一気に際的な注を集める事になるのである。

これで14連勝。アメリカに帰ったシガーはいよいよサイテーションの記録への挑戦に取り掛かる。マサチューセッツHで15連勝を飾ったシガーは、16連勝挑戦のために特別に企画された「サイテーションチャレンジ」という特別競争に出走。全TV中継されたこのレース競馬ファン奮も最高潮になるなか、シガーは期待通りにここを勝利。16連勝の記録に45年ぶりに並んだのだった。

しかし、この後、新記録を狙ったパシフィッククラシックG1)で敗れてしまう。ハイペースを深追いしたところを差し切られたのだ。新記録を信じていたファンは嘆き悲しみ。強引なレース展開に憤慨。騎手や調教師は大きな非難を浴びた。

もっとも、この年シガーは6歳。ピークが過ぎていたのと、ドバイから東海西海へと飛び回るという過密日程が堪えたのだろう。しかもシカゴで行われたサイテーションチャレンジからわざわざカリフォルニアに輸送して(しかもレース間隔は一ヶ)パシフィックCに出走しているのである。カリフォルニアの自宅があって、地元で新記録達成を見るつもりだったのだそうな。名用な苦労をかけるのはいつだって人間なのだ。

シガーはこの後、三戦して一勝。ブリーダーズカップクラシックで連覇を狙うも3着。これを引退レースとして競争生活を終えた。この年も年度代表に選ばれている。

33戦19勝。内G1を11勝。三歳から四歳中頃まで泣かず飛ばずだったとは思えない躍進振りは、に適正なレースを選んであげる事の大切さと難しさを教えてくれる。日本で言えばタマモクロスのような成り上がりっぷりは上昇志向の強いアメリカ人に強に訴えたらしく、その人気は物凄いものがあった。引退を記念して、特別に仕立てられたトラックに乗ってニューヨーク大通りをパレード、引退式が行われたマディソン・スクエア・ガーデンには一万数千人のファンが詰め掛けて彼との別れを涙で惜しんだというのだから、人間アイドルそこのけである。

脚質は先行抜け出しで、滑らかに加速するレース振りと並んだら抜かせない勝負根性。その安定感ある強さから史上最強に推すもある。タフなで、連戦も輸送も厭わなかった。見たとは裏なのは適正だけではなかったようである。

引退後、30億円のシンジケートを組まれて種入り。この額から分かるように、世紀の名の産駒に期待していたのはファンだけではなかった。生産者も名血を選りすぐって彼の元に送り届けたのである。

・・・だが。

初年度種付けしたが一頭も受胎しない。あわてて調べてみると、なんと精子性であることが判明。治療もむなしく、ついにシガーは1頭の産駒も残せない事となったのである。これほどの名の産駒が、予後不良になった訳でもないのに得られないというのは、競馬界にとって極めて重大な損失である。実に残念だ。

ちなみに、シンジケートお金保険で戻ってきたそうである。

はシガーを保険会社から買い戻してケンタッキーホースパークに寄贈、そこで全から訪れたファンと触れ合いながら「余生」を送っていた。

そして2014年10月8日死亡。24歳であった。

関連動画

関連商品

シガーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

シガーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シガー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • シガーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/25(日)10時更新