ガンダムサンドロック単語

ガンダムサンドロック

ガンダムサンドロックXXXG-01SR Gundam Sandrock)とは、アニメ新機動戦記ガンダムW』及びその関連作品に登場する架人型機動兵器モビルスーツMS)。

本項では修機「ガンダムサンドロック改」やバリエーション機についても解説する。

概要

Gundam Sandrock
式番号 XXXG-01SR
設計者 H教授
製造者 H教授
頭頂高 16.5m
重量 7.5t
材質 ガンダニュウム合
武装 ヒートショーテル×2
バルカン×2
ホーミングミサイ×2
TV版設定)
シールド×1
シールドフラッシュ×2を装備)
クロスクラッシャー×2
アーマディロ装備

アフターコロニー(A.C.)における5機のガンダムの内の1機であり、H教授が設計・開発したモビルスーツMS)。

OZ側でのコードネームは「ガンダム04」(ゼロフォー)、もしくは単に「04」。
本機パイロットであるカトル・ラバーバ・ウィナーはこの機体に強い着を持っており、自爆装置を作動させた際には涙も流している。
アラブ系を思わせる意はウィナー徴としてH教授が考案した。

砂漠等の過酷な環境での運用を重視した設計であり、5機のガンダムの中でも随一のパワーと装甲強度を持つ(3話でガンダムヘビーアームの肘関節装甲に裂を入れるほど)。
加えて単機での破壊工作を前提として開発された他の4機のガンダムとは異なり、マグアナック隊との連携も想定されている。このため通信・索敵に優れた指揮官機としての側面も持つ。

MSとしての性も決して低くはなく、二振りの巨大な曲ヒートショーテルを用いた接近戦を得意とする。遠距離武装としてもガンダムヘビーアームズのホーミングミサイルと類似するものが内蔵されている。
(放送当初はビームサブマシンガンを装備した設定画も存在し、プラモデルでも付属していたが宇宙用へ改造されるまで登場することはなかった)

当然のことながら宇宙での戦闘は想定されていないが、カトル地味ながらパイロットとして優秀であったため、改造の状態でトーラス数機を撃破している。

他のガンダムい特徴としては、自爆装置に連動してプログラムされていた自動操縦モードが挙げられる。この機自爆装置作動後にコクピットハッチを開放してパイロットの脱出を促した上で、人となった本機をある程度移動させるもので、モビルドールの走りとも言える。

一般的には大河原邦男デザインの「TV版」が広く認知されているが、『Endless Waltz』の発表に合わせてカトキハジメリファインした「Ver.Ka」「アーリータイプ」等と呼ばれるものも存在する。設定上はやはりTV版と同一機体であるが、OVA版に沿ったデザインに変更されており、ヒートショーテル巨大化している。

前期、後期共OPでヒートショーテルを振り下ろすカットが印的な機体であり、ブッピガンというSEが極めて染む機体でもある。

ガンダムサンドロックのアビリティレベル(リーオーをオールレベル100として換算)

ガンダムサンドロック改

物語後半、ピースミリオンでハワード達の手によって宇宙空間での戦闘に対応するように改造を施したサンドロック。外見上は大きな変化はないがスラスター、バーニアなどが追加、又は変更されている。

バックパックを変更したため、クロスクラッシャーを使用する機構が塞がってしまいクロスクラッシャーが使用できなくなってしまった。代わりに射撃武装ビームサブマシンガンを導入し、射撃が上昇し、安定を手に入れた。
劇中では1回だけヒイロの手によりゼロシステムコピーデータを組み込まれたことがある。

ガンダムサンドロック改(EW版)

EW版ではカラーリングが大幅に変更され、ツートンカラーになり印が異なっている。
TV版と区別するため当時のプラモデル名では『ガンダムサンドロックカスタム』と付けられたが、近年では『ガンダムサンドロック改(EW)』の呼称で統一されている。(ネット上では区別の為にカスタムの呼称を用いるファンも多い)

TV版では使用できなかったクロスクラッシャーが使用可になっているが、これはEW版ではシールドヒートショーテルのみでクロスクラッシャーが使用できるため。
ゲームによっては劇中では披露しなかった「対ビームコーティングマント」「クロスクラッシャー」が使用できるがビームサブマシンガンがないため接近戦に特化した機体となっている。

武装詳細

サンダーグリフォンガンダム

初出はコミックボンボン。おとといきたろう氏のバリエーション企画で設定された。

グリフォンを模して設計されたモビルアーマー”と合体した、陸全てに対応できる形態。サンドロックグリフォンモビルアーマーに騎乗する形となる。サンドックへのエネルギー補給システムも搭載する予定だった。

アースクェイクナーガガンダム

ボンボンの同企画で設定されたサンドロックバリエーション。名称は邪神ナーガから。

下半身はの形をしたユニットに変更、背部には巨大な羽が装備されているのが最大の特徴。
右手にはヒートアックス左手クロスクラッシャーを改造した巨大なマグナムクロスクラッシャーを携行。マグナムクロスクラッシャーは頭部に装備させることも可で、中戦用の「形態」を取ることも可

6本の細い尻尾のようなものは電撃ショック触覚である。

ガンダムサンドレオン

模型企画ティエルの衝動』に登場するサンドロック量産機

ロームフェラ財団がサンドロックベースに開発した機体。ヒートショーテルし、敵対対の装甲を絶対零度凍結させ、一切の柔軟性を奪って破壊する二基の「ハイコールショーテル」を装備している。また、機体自体は素手での格闘戦にも対応した格闘戦用機である。

元OZ宇宙軍のドッペルトが搭乗、ティエル・ノンブルーの追撃任務を受けて出撃した。戦闘の末に「戦士の墓」に落着しG-UNITを利用した緊急チューンナップが施された。

模型的にはEW版サンドロックベース製作している。そのためサンドロック量産機設定だと思われる。

ガンダムサンドレオンカスタム

ガンダムサンドレオンの現地修機。
戦士の墓」に墜落したガンダムサンドレオンがG-UNITシステムを利用し、ガンダムアスクレプオスパーツで緊急チューンナップした機体。

4門のビーム、肩部・脚部のパーツを追加しているがアスクレプオスの接近戦モード自体は使用不可能

 

ゲームでのガンダムサンドロック

ガンダムサンドロック、ガンダムサンドロック改(EW)での登場が多く、TVサンドロックの出番が少ない。
Gジェネなどでは通常のサンドロックミサイルクロスクラッシャーが武装にあり、威もあるが宇宙適応がなく、TVビームサブマシンガンを装備しており安定感のある機体。EW版はバルカンヒートショーテルのみで全に接近戦に特化した機体になっている。

スーパーロボット大戦では5機のガンダムではもっとも装甲値が高く設定されておりそれどころかZシリーズではフル改造するとリアル系どころか自軍でもトップクラスの装甲(マジンガーZに並ぶほど)を持つ機体になる。近年では同じく接近戦が得意なガンダムデスサイズヘルアルトロンガンダムとの差別化を図るため補給装置が搭載されていることが多い。武装にもマグアナック隊との連携攻撃が武装に追加される場合も。
無双シリーズではアルトロンガンダム同様未だに登場していない。

VSシリーズではガンダムVS.ガンダムNEXTではガンダムデスサイズヘルアシストとしてTVが登場、EXVSシリーズではガンダムヘビーアームズ改(EW)のアシストとしてEW版が登場。だがどれも付きではない。
肝心のカトル家庭版EXVSFBのDLCウイングガンダムゼロに搭乗したカトルバージョンでの予想斜め上の参戦。(これがVSシリーズ初参戦)サンドロックファンは泣きを見た。

EXVSMB2014年11月TV版ガンダムサンドロック改が遂に解禁される。コスト2000ガンダムW勢ではTV、EW含めてもっとも低いコストとなっている。これにより遂にガンダムW役機5機が全てそろうことになった。(前半役機のウイングガンダムが未登場、デスサイズヘルヘビーアームズはEW版のみ、サンドロックアルトロンTV版のみという違いはあるが)。その後携帯サイト会員限定でTV版のデスサイズヘルヘビーアームズが、トールギスⅡアシストとしてウイングガンダムが参戦したことによりTV版のガンダム一通りそろったことに。

としてはビームマシンガン軸に射撃と近接2種類のマグアナックによるアシスト(呼び出すときにアウダ機、ラシード機とカトルが言っている)で相手を追い詰め、接近戦では強ヒートショーテルによる格闘攻撃で相手を押さえつけていく機体となっている。覚醒技(バーストアタック)ではショーテルの連撃の後にTV版OPのワンシーンのようなショーテルによるジャンプからの切り下ろしを繰り出す。(しかもご丁寧に「あの音」が採用されている)

サンドロックのほうだが参戦初期こそ微妙な評価だったが、近距離~中距離でそつなく暴れまわれることが判明し評価は急上昇。最終的に同2000コストブリッツガンダムドレッドノートと共に2000コストとは思えない機体性から、3ショタ蔑称もとい称で親しまれることになった。後に修正を喰らい、強機体には踏みとどまるが最上位はブリッツやアッガイ(ハマーン搭乗)に譲っている。

EXVSFBでもDLCとしてシャア専用ザクやアヴァランチエクシア等と共に追加参戦したが、そちらでも同時参戦したFAユニコーンガンダムブリッツ、トールギスIIと暴れまわり顰蹙もとい采を浴びる結果に(ちなみに前述のトールギスⅡも評価の推移などサンドロックと同じを歩んでいる)。これは修正が入る前の状態で庭版に参戦し、庭版のほうで修正が行われていないから。(他のDLCも同じ、一一度だけノルンが修正を受けた)後々FAユニコーンガンダムゼロバンシィ・ノルンべ一段評価を落とすものの、他3機は未だにコスト最強機として猛威を振るい続けている。

関連商品

関連項目

5機のガンダム(前期)

5機のガンダム(後期)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムサンドロック

45 ななしのよっしん
2017/08/04(金) 18:35:39 ID: HTFaBgwoex
やっとサンドロック(EW)キターマントがプラ化した事でポージングの影がウケないのもなかなかいいな、ただ144シールド黒歴史化してるようだが・・・
46 ななしのよっしん
2017/09/24(日) 09:15:03 ID: UNuwFtE7bw
地味だけど何とか粒子だのバリアだのじゃない素でな頑丈さは印深い
シャトルの自爆を受けて加速しようなどと言うイカレた戦法で
サンドロックの凄さが十分理解できた
47 ななしのよっしん
2017/09/24(日) 09:26:44 ID: ht0ZQ9tfUH
登場者のイケメン度で硬度が跳ね上がるW世界特有のルールを忘れてはいけない(め)
48 ななしのよっしん
2017/10/17(火) 07:28:35 ID: mIqizdcXqy
>>45 アレは当時のOVA版のカスタムの状態だから別に
黒歴史ではないぞ元がサンドロの持つものだから
49 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 12:37:39 ID: 9c+ERQQKtp
構造は単純だし(シールドを除けば)
親衛隊付きの拠点持ち出し
ガンダム五機の中では一番整備がしやすそう。

他は

・W・・・可変機構
死神・・・ステルス系の電子機器
・重武装・・・火器管制及び内部に仕込んだ火器構造
神龍・・・右腕のズームアーム

とかが整備て手間かかりそう。
50 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 12:41:58 ID: cYJk7PRwnu
ウィングは予備パーツあるから整備そこまで困らなさそう
51 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 13:15:00 ID: vjjmKWCaPm
ウィングの予備パーツ。あぁ、デスサイズのことか....
52 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 13:39:38 ID: UKM1H9MRwk
マグアナックhgac化したんだからこの子もお願いしますよバンダイさん
53 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 20:02:28 ID: ZFswa8OYhW
>>52 やったね!HGACの試作品が展示されたぜ!
54 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 00:21:35 ID: chjE6W+nGx
ちょっと違うけどNEXT PLUS版にも一応出てるんだよね。耐久100だけど…

急上昇ワード