ファイナルファンタジーVIII単語

ファイナルファンタジーエイト
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

スコール

ファイナルファンタジーVIIIとはスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年2月11日に発売したRPGである。
略称はFF8。

概要

前作FF7の大成功を受け、大いに期待された中発売され、内販売本数369万本というFF史上最大の販売数を記録した。全世界累計では800万本を売り上げている。また、今作から主題歌の挿入が開始され、主題歌Eyes On Me」は50万枚えるセールスを記録した。

しかし、大きく変化したシステム・独特な世界観は賛否両論あり、 好き嫌いの差はシリーズ最大と言われている。

ちなみにFF8のテーマである。これは恋愛に限らず、家族友愛等も含み、世界を救うくらいの広義の意味なのだが、CM男女が抱き合うタイトルイラストからスコールリノアの恋愛関係のみが印に残りがちである。

ポケットステーション対応タイトルで、チョコボ主人公にしたミニゲーム「おでかけチョコボ」をプレイできる。

2002年Windows版が発売されたほか、2009年9月24日PS3/PSPゲームアーカイブスにて配信されている。
2014年5月PC版の機追加及び高解像度版がダウンロード用として配信された。

2019年中に、PlayStation 4Nintendo SwitchXbox OnePC(Steam)の4つのプラットフォームでリマスター版を発売予定とE3 2019で発表された。

 ストーリー

傭兵養成学校バラムガーデン生であるスコールは、特殊部隊SeeDの一員となる。
同時にSeeDになったゼル、セルフィと共に最初の任務へ向かう途中、彼らはラグナ、キロス、ウォードという三人の兵士の奇妙な夢を見る。
後に依頼である少女リノア、元教師キスティス、狙撃手のアーヴァインを仲間に加え、共に世界を脅かす魔女イデアに立ち向かうことになるが、彼らは魔女の正体と自らの過去を知り驚愕する
様々なを乗り越え、彼らは大切な者を守るために戦う決意を新たにするが・・・

主要登場人物

本作のパーティメンバーどがガーデンの生徒。つまるところ学生現実でいう高校生相当)。そのため、要な登場人物は10代後半の少年少女が多い。

本作から移動画面も高等身のポリゴンが採用された為忘れられがちだが、実は均年齢の低さはシリーズである。本作の登場人物は今までのシリーズとは違い、その若さ故に大事な場面で失態を演じることが多い。歳相応に経験も浅く、精的にも未熟な彼らが成長していく過程もこの物語の重要な要素ではあるのだが、その点もまた賛否が分かれる要因となっている。

スコール・レオンハート

この作品における主人公バラムガーデンの生徒。ガンブレードと言う現在ではれつつある特殊なを使う。
無口で他人のことにあまり興味を示さないところはFF7クラウドに通じるところがある。17歳には見えない外見と言動から老けすぎだと良く言われるが、実際の所、性格自体は年相応。プレイしているうちに、彼の内面が少しずつ明らかになっていく。

物語中盤以降からリノアに対して感情を大きく変化させる姿には賛否両論あるが、この辺の心の変化には彼なりに結構込み入った事情があったりする。

人を寄せ付けない性格のようにも見えるが、ガーデン生やパーティメンバーの中には彼を慕う人間も多い。

選択肢によっては作中屈天然ボケに変貌する。さすが妖精さん。また、プレイヤーの行動によってはどんな状況でもカードゲームを忘れないカードジャンキーにもなれる。

彼の武器であるガンブレードは特殊な武器で、攻撃の際にタイミングよくR1ボタンを押すことで、ガンブレードの機構が作動し、撃の威が向上。ダメージが1.5倍になる(その代わり、クリティカルヒットはしない)。また、武器自体の命中が最高値の255である為、攻撃が絶対に命中する特性がある。

スコール・レオンハート」の記事も参照。

特殊技「連続剣」 

その名の通り、敵一体を連続でりつける。この攻撃中もタイミングよくトリガーボタンを入する事で威アップ。また、ガンブレードカスタマイズしていく事で、より強なフィニッシュブローを使用できるようになる(全4段階)。最強技は前作主人公クラウドと同じく強な乱舞攻撃を行う「エンドオブハート」。 

リノア・ハーティリー

FF8におけるヒロインアンジェロと共に戦う。
スコールらとは同年代であるが、彼らとは違いSeeDやガーデン生ではなく、当初はスコールらの依頼人と言う関係であった。かなり世間知らずのお嬢様で、後先考えずに行動し、周りを困らせている。良くも悪くもストレートな感情表現に加え、「リノ」とも言われる独特な会話センスをしている為、スコールのみならずプレイヤーも戸惑わされる。
独特な彼女であるが、ストーリーが進むことで彼女過去のいきさつが見えてくるようになり、的を果たす仲間たちとともにその後さらに迎える重い運命を受けながら成長を遂げていく。

スコールトラウマにより押し込められている本当の性格と、とりつくろっている表面的な性格には大きなギャップがある。これを掘り出すのは常人には困難であるが、その上で前者を発掘するという役割を与えられているキャラクターである。
それ故、表面に浮き出ている性格を本当のスコールと思い込んでいるプレイヤーには、急スコールの性格をめたと勘違いされやすい面もある上、クールスコールを気に入っていたプレイヤーには敵視されやすい役どころである。

ライバルキャラであるサイファーと交際していた経験があるとも取れる描写があることや、感情移入しづらい言動などからヒロインの中でもかなり好みが分かれる。そのためスクウェア三大悪女の一とされる場合もあるが、他の悪女とされているキャラクターとは違い、主人公を裏切ったり敵に寝返ったりするわけではない(一時的に敵に操られてしまうことはあるが彼女の意思ではない)。ニコ大百科スクウェア三大悪女の項でも悪女には当てはまらないという意見が多い。

特殊技「コンバイン」/「ヴァリー」(物語後半のイベント以降習得) 

アンジェロ戦闘中に現れ、習得しているサポート技からランダムで1つが発動する。特殊技は作中で入手できるペット通信によって習得可となり、G.F.のアビリティと同様にステータス画面から設定後に一定歩数を歩く事ではじめて使用可になる。逆を言えば初期サポート技以外は取捨選択が可であるため、2週以降は全員を一定時無敵にする「インビジブルムーン」と最強乱舞技である「ウィッシュスター」のみを選択するのが鉄板とされる。

魔女』を用いて戦うヴァリーは魔法制限に使用可となり、威も通常時より強になる。その代償として操作ができなくなり、使用する魔法も所持している中からのランダムとなる。これは予め所持させる魔法を厳選することである程度制御ができる。 

ゼル・ディン

バラムガーデンの生徒。パンチ体とした格闘術に長ける。
極めて快活で裏表がく、スコールとは対のような性格。冷静さにやや欠けており、物語序盤で致命的な情報を敵にゲロってしまう。
手な見たとは裏に、物知りゼルの異名を持つほどの情報通であったり、手先が器用であるなど意外な特技も持つ。学食のパンに強い憧れを抱いているが、このパン人気はすさまじく競争がしいため、食べることが出来ないでいる。

特殊技「デュエル」

格闘ゲームのように制限時間内にコマンドを入し、入しただけ連続攻撃が出来るというもの。技の中にはどこかで見たような技や、惑星を一周して殴りつける「ファイナルへヴン」のようにいかれた技もある。 また、コンマ1単位で入できる簡単なコマンドをひたすら入し続ける事で、膨大な総ダメージをたたき出す、通称「武神」と言うテクニックがあり、隠しボスをもこれだけで葬る事が出来る。 

なお、制限時間はピンチ度によって増減するほか、255コマンドを行うと制限時間が12増加するという仕様も存在する。

キスティス・トゥリープ

バラムガーデンの教師レギュラーメンバーの中では一、1歳年上の18歳
最年少でSeeD資格を取り、その後現役SeeD教師になったものの、若輩と言う事もあって周りからは批判が多く、本人もかなり悩んでいる。
が、学生からの人気は高く、熱狂的なファンクラブも存在する。
作中スコール告白に近いアプローチをかけるも、冷たく突き放されてしまうが、それを乗り越えて成長していく。後に、スコールに抱いていた想いの根本が判明するイベントが存在し、それを理解すると彼女が何故スコールリノアの関係を応援しだすのかの理由がわかる。

外見が実年齢よりも高く見える為に、判断ミスや職務の私事利用などの点を批判されやすいが、先述の通り彼女高校生と同じ年頃であることを失念してはならない。

特殊技「青魔法」

それまでにあったラーニングの必要はく、特定アイテムを使用する事で修得する。特殊技の性質上、ピンチの時にしか使えないと言う他シリーズ較してのデメリット、他のメンバーべてダメージで見劣りするなど少々厳しい立位置だが、特殊な状況で活躍する事も。また、最強技である「ショックウェーブパルサー」はゲーム内で数少ないダメージ限界突破技(他にはコマンド「じばく」、G.F.「エデン」の召喚技のみ)。

 余談だが、彼女ファンクラブの会員は彼女戦闘の様子を逐一チェックしている。よって目からビームを出したり臭い息を撒き散らす姿をの当たりにしてもなお、会員たちは彼女を崇拝しているということになる。 

セルフィ・ティルミット

トラビアガーデンの生徒だったが、ゲーム開始時点でバラムガーデンに転校してきた。
普段は標準だが頭の中では常にトラビア弁(関西弁に似た方言)で考えている。転校々に位となっていた学園祭実行委員になるなど、並みはずれた行動の持ち。普段は気のようにも見えるが、親友の死の悲しみも表に出さずに気丈に振る舞ったりという一面も。

ミニスカである為、ライブラ魔法視点変更しようとする猛者が続出したが、スクウェアはそれを見越して彼女だけモデルの縦回転が出来ない措置を取っていた。まぁパンチラ担当であるのは変わりないが。改造コードでこの制限を解除できるコードが発見された時は各誌面で特集扱いされるほどの盛り上がりを見せた。

特殊技「スロット」

ランダムで選ばれた魔法を、定回数発動させる(魔法と回数の組み合わせは、気が済むまで再抽選可)。スロットの結果によっては専用の魔法が発動する事もある。リールはピンチ度によって4段階に変化し、段階が上がるにつれて通常魔法が強になり、「フルケア」の他に「ウォール」「レビテガ」「ジエンド」がリール内に出現する。中でもジエンドは、例えラスボスだろうがお花畑の向こうに一撃で葬り去る技として有名(ただしすでに人生ジエンドしたアンデッドには効)。 

アーヴァイン・キニアス

ガルバディアガーデンの生徒。いわゆるイケメンのお調子者……に見えて、実はかなりのヘタレ。重大な場面でものすごくヘタレる。格好よく振舞おうとすることでヘタレを隠していたらしい。とはいえ、それでも狙撃の腕は確かである。
しかし、伏線を回収していくと彼が「へたれた」原因が別のところにあると気付くことになる。それを理解した上で同じシーンを見返すと、まったく別物なストーリーが展開されていることが理解でき、衝撃を受けることだろう。
物語が進むにつれ、仲間の間でも特に友情に厚い性格であることが明らかになる。また、スコール達が忘れていたある重大な秘密を知っており、後にそれを暴露することで物語が大きく動くことになる。

特殊技「ショット」

制限時間内に弾薬アイテムを消費して連続射撃を行う。スコールやゼル等にべると、どうしても演出面で地味な技が多いのが難点だが、威自体は申し分なかったりする。ただ、消耗品を消費するため精製に慣れていないと使いづらい、最強技がイマイチと言う欠点も。 

魔女イデア

ガルバディアを実効支配した魔女。とてもじゃないが真似できそうもないファッションが特徴的。
後に登場人物たちとの意外な関係が明らかになる。ある意味彼女しではこの物語は始まらないというくらい重要な人物。

特殊技「魔導」

期間限定で見れる特殊技。技名は「冷なる一撃」。物語前半でスコールに放った攻撃を見舞う。 

ラグナ・レウァール

時折スコール達が見る夢の登場人物の一人。お調子者だが、人を引き付ける不思議な魅を持つガルバディアの兵士。キロス・ウォードの2人を連れて今日も行く。

彼らは一体何者なのか……物語が佳に迫ったとき、その正体が明らかに。

本作のヒーローとも呼べる存在で、大人のみりきに溢れている。戦闘BGMThe Man with the Machine Gun)もかなり人気が高い。

特殊技「リミット」

ラグナ編でのみ見れる特殊技。技名は「デスペラード」。手榴弾を敵に投げてから、どこからともなくるされたワイヤーにつかまり一斉掃射を行い爆発でフィニッシュ。なお、DDFFにおいてはパーフェクト時限定で飛空挺ラグナロク兵器ラグナロクレーザーによるフィニッシュが追加された。

サイファー・アルマシー

バラムガーデンきっての問題児。同じガンブレード使いのスコールとはライバル関係にあり、お互い額に傷をつけあった仲。自らは定された時でも制服を着ないのになぜか風紀委員として活動している。仲間として風神雷神を従えている。
彼には一つの「ロ~〜〜マンティックな夢」があり、戦闘中の独特な構えもそれに影されてのことである。

的にはとっくにSeeDになっていてもおかしくはないはずなのだが、協調性に乏しく好戦的なために万年SeeD補生の地位に甘んじている。粗暴なようにも見えるが、一方で、ライバルであるスコールSeeD就任を祝福したり、袂を分かった仲間を「ありがとよ」と言って送り出すなど、らしい一面もある。
序盤で一時的に行動を共にする事もあるが、基本は敵役。後に何度も対決することになる。

当初は自らの夢のために進んでスコールたちと敵対するを選んだが、徐々に退くことの出来ない立場に追い詰められて迷走していく。その苦悩を吐露する場面も。

ちなみに、彼もガンブレード使いということで、スコールと同じく戦闘中ダメージを上昇させることが出来る。ただ、モーションがスコールのそれとべて速いため、若干タイミングが取りにくい。

最後の対決の幕引きはネタにされることが多い。ぎにゃぁぁぁぁ!!

特殊技「始末剣」/「斬鉄剣返し」(ネタバレ反転)

SeeD実地試験時のみ見れる特殊技。技名は「雑魚散らし」。オープニングスコールに見舞った攻撃を相手にお見舞いする。なお、この特殊技はこの時限定=モブにしか使用できないためこのような技名になったのだとか。 

斬鉄剣返し物語後半のサイファー戦までにG.F.オーディン仲間にしていると自動で発動する。とあるG.F.を入手するためのイベント技のため、この時期を逃すとそのG.F.同様その周回では見る事はできない。

独自システム

FF8では従来のゲームではあまり類を見ない特殊なシステムが数多く用意されている。
……のだが、取っ付きにくい上に少々説明不足で、苦労したプレイヤーも多かったと思われる。

特殊技

FF7におけるリミット技に続く、キャラ固有の必殺技

本作ではピンチの状態(仲間戦闘不能、自分が瀕死など)や特殊な状態になると一定確率で「たたかう」が「特殊技」に変わり、様々な特殊技を放つ事が出来る。タイミング良くトリガーを引いたり、コマンドスロットなどの入要素があるキャラクターも多い。

ピンチ状態でボタン(コマンド選択をパスして次のキャラクターに送る)を連打して特殊技を出すことによって、リスクを負いながらも戦闘を優位に運ぶことが出来る。

ジャンクションシステム

従来のRPGにおける装備にあたるシステムである。

キャラクターにG.F.(後述)をジャンクションすることでアビリティステータスへのジャンクションを使用することができる。

魔法を各ステータスジャンクションすることで、の底上げを行うことができる。ただし、上昇値はジャンクションした魔法所持数例するため、その魔法を使うと低下してしまう。
例)HPジャンクションしたケアルを使用すると、最大HPが減ってしまう。

本作のステータスレベルアップではたいして上昇しない(これは世界観による仕様だと言われている)ため、ジャンクションを上手く使う事でキャラクターを大きく強化する事が出来る。
しかし本当に駆使しすぎるとゲーム難易度が物凄い勢いで下がる。

この為、ジャンクションを上手く利用できる人にとってFF8は難易度が低すぎるゲームとされ、ジャンクションが苦手だったりシステムがよく分からん、という初心者にとっては大変面倒なゲームとされる。

また、このジャンクションというシステム世界設定とも密接にリンクしており、ストーリー上においても非常に大きな意味を持つ。

マルチジャンクション

当時ファミ通などでも開されたFF8でも有名な裏技のひとつ。その名の通り、1つの魔法を複数の箇所にジャンクションする。基本ステータスの補正値が最高値のアルテマST攻撃/防御以外の全箇所にジャンクションするのが通例。 ゲームバランスが著しく崩壊するので、基本的に縛りプレイ低レベルクリア時はっ先に禁止事項に挙げられる。やり方はwikiなどを参照。

魔法関連

大多数のRPG魔法習得して、MPを消費して使うようになっているのだが、FF8では魔法敵から抽出、特定ポイントから採取、またはアイテムから精製して、アイテムと同じ要領で使うようになっている。
よって、今作にMPの概念は存在しない。

MPでなく個数制度だということ、そもそも威微妙だということ、そしてジャンクションに影を与えるというデメリットのせいであまり使われないことが多い。ぶっちゃけ物理で殴ったほうがい。

なお、今作の魔法魔女が使うものを除いて「疑似魔法」とされており、威が弱いのもそのため。この設定もストーリーと密接につながっている。

ドロー(戦闘)

敵から魔法抽出するシステム的にはメインであるが、魔法を集めるという意味では効率が悪い戦闘中ゆえ攻撃される危険も伴う)。ただし、ドローでしか入手できないG.F.(後述)もおり、軽視できないのも事実である。また、あまり知られていないが、相手によっては行動パターンを変えることもできる。
例)風神からG.F.パンデモニウムを盗むと、その後は一切トルネドを使わなくなる。

ドローした魔法を即座に「放つ」事も出来、これが特に有効な敵もいる為、魔法を現地調達する補助手段と言える。

後述の精製などをよく知らないと、FF8=ひたすら敵から魔法をドローするゲーム、と言う認識を持つ人も多い。

なお、ラストバトル限定でドロー→はなつでしか使用できない魔法が存在する。

ドロー(採取)

所々にドローポイントなるものが存在しており、魔法を採取できる。一定歩数で復活するものが多いが、希少な魔法のドローポイントの場合は復活しないこともある。魔法の取得という意味では副次的なもので、序盤でもそれほど使わない。

しかし、本作には「天国に一番近い」「地獄に一番近い」という2つのワールドマップ上に存在する。これらのは、こちらのレベルに関係なくとんでもなく強モンスターエンカウントするという文字通り天国地獄に一番近い場所である。その代わり、このにはアルテマやらなんやらの重な魔法のドローポイントがわんさかと存在したりする(しかも復活する)。

とあるアビリティを装備するとイベント戦闘以外のエンカウントが一切なくなるため、終盤はここで魔法を調達するプレイヤーも多かったようである。

魔法精製

アイテムから魔法を作り出す方法。これを使いこなせるかどうかで難易度が大きく変わる。G.F.(後述)の魔法精製アビリティというものが必要になるが、一度に大量の魔法を手に入れることができる。
例)ボムのかけらを1個消費して、ファイ20個を精製。(要:炎魔法精製アビリティ)

また、下位の魔法を複数消費して、上位の魔法を作り出すこともできる。
例)ファイアを5個消費して、ファイラ1個を精製。(要:中クラス魔法精製アビリティ)

店売りの消耗品や、モンスタードロップアイテム(落とす確率は高く、基本的に複数個まとめて落とす)からバカスカ魔法が作り出せる為、魔法精製を使いこなせるようになると全然魔法重ではなくなる。

だが、説明がメニュー画面、およびSeeD筆記試験の問題で少し触れられている程度なので、魔法精製自体を使わずにプレイしていた人も多いそうで。(FF9のおしえてモグタローみたいなチュートリアルがあればよかったのに・・・)

G.F.(ガーディアンフォース)

簡単に言ってしまえば召喚獣であり、イフリートやシヴァなど、お染みの面々もG.F.として登場する。しかし、今作ではただ召喚魔法として使うだけの存在ではなく、ジャンクションシステムに深く関係している。さらに、ストーリーでも大変重要な役割を持つキーワードになっている。
基本的に、主人公スコール達が所属するSeeDしか用いない『技術』であり、このG.F.こそ、主人公たちが他の登場人物に勝る理由付けとなっている。つまりG.F.がければ主人公達も一般兵と大差がいと言う事であり、SeeDが特別視される最大の要因(実際、G.F.なしでの戦闘は恐ろしくつらい)。

G.F.の特徴として述べると以下のようになる。

その他

他にも、従来の作品とは一線を画す点がいくつか存在するため、ここにめさせていただく。

致命的なバグ

PS版には、下記の条件を満たすとゲームが必ずフリーズしてしまうという致命的なバグが存在する。

--Wikipediaより引用

発売当時は新聞でも取り上げられ、スクウェア(当時)はセーブデータ修理に応じていた。アルティマニアでも条件を満たさないよう回避するしかないと記載されているので、遊ぶ際は要注意していただきたい。

北米版 

前作FF7同様、海外向けにローカライズしたものが後日発売された。FF7インターナショナルのような独自の追加要素はないものの、内版では非常にネックであった要素に対して救済措置が取られている。なお、ゲームアーカイブス版でも未実装の要素なので注意。

関連動画

お絵カキコ

関連商品

関連項目

関連リンク

ファイナルファンタジー本編リンク
- I - II - III - IV - V - VI - VII - VIII - IX - X - XI - XII - XIII - XIV - XV -

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCviii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ファイナルファンタジーVIII

1074 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 21:14:28 ID: M9kedmLmvk
風神雷神スコール達の敵になってまでサイファーに入れ込んでる理由ってられてたっけ?
1075 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 07:04:02 ID: H0UhJA+oP0
劇中のセリフだけなら、仲間俺達だけだから、俺達がいなくなったらサイファーぼっちになってかわいそうみたいな、当人が聞いたらブチギレそうな事を言っている
そしてゲーム的にはサイファーより戦闘力が高いせいか、サイファーに気を遣って二人もSEEDにならずにいる説まであって悲しくなる
1076 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 14:49:46 ID: QPUMwy5VRe
その風神雷神ルナパンで離れるんだよな
サイファーも「今までありがとう」的な発言あってこの3人のそのものは強いんだろう、EDでバラムで釣りしてたしな、3人で
1077  
2019/10/02(水) 14:16:45 ID: /WrJvsIhpq
役達以外(見た事あるやつ3とか)も会話の有で変わったりするね
すぐには変化しないけど役割が固定されてる訳でもない
序盤の雷神達は黙ってついていく事がだと思ってた節がある
1078 ななしのよっしん
2019/10/09(水) 21:16:28 ID: 7PU8k4dMSJ
未だに新しいバグが見つかるのすごい
FF6学会もさることながらFF8学会も負けてない
>>sm35766929exit_nicovideo
1079 ななしのよっしん
2019/10/16(水) 06:12:48 ID: NBGFGQcznJ
>>1077
まあでも校襲撃の時はうんざりしてたと思う。
ガルバディアガーデンにいる時は戦わずさっさと終わらせてくれみたいに言ってたし。
負けて元に戻ってくれるみたいに思ってたのかもしれない。
1080 ななしのよっしん
2019/11/04(月) 04:58:41 ID: gn4CsdaRMy
リノアのページかったけど、野村哲也初恋の人で、たか子がモデルかと思っていたら違うのに否定しなかったんだね。事情が明確になれば、野村哲也氏の遠回しなプロポーズになるんじゃないの?

↓↓
主人公スコールモデルは、キャラクターデザイナー野村哲也氏で、リノアのモデルはスクアーツ社長増田博美さんです。毎日FFモデルと会って居りました。
1081 ななしのよっしん
2019/11/06(水) 14:51:04 ID: igSgieK9Tz
学生時代に初プレイしてからオッサンになって再プレイすると、スコールが今の自分くらいの年齢になるまでどういう人生を歩むのかが気になる。
GFの使い過ぎで元の時代への帰り道で遭難した以上、これ以上GF使ってSeeD やるのは抵抗あるだろうし。
短期間とはいえ高収入の仕事ができてたから、普通大学専門学校に行くための学費くらいは出せるだろうか。
1082 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 18:52:01 ID: AKu4sw7+Nn
GFくても、戦いのスペシャリストSEEDモンスター蔓延るあの世界で職にあぶれる事は有り得ないと思うが
設定的にもSEEDはあらゆる分野を学習しているまさにエリートなので、戦闘以外でも引く手あまただよ
ガーデンの端末で色々と読めるけど、本当に色々と学んでるっぽい
1083 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 20:31:00 ID: QPUMwy5VRe
ウィンヒルでガーデン卒の元seed傭兵やってたな
も身体も高くないとseedにはなれないみたいだし、その気になればいくらでも職は見つかりそうだな