今注目のニュース
「HUNTER×HUNTER」より、クルタ族の「緋の目」をモチーフにしたアイリングペンダントが再販決定!!
先住猫の亡き後、その愛らしいクセは後輩猫たちにしっかりと引き継がれていた
張本氏「剣道五段は傘一本で5、6人倒せる」発言が物議 「喧嘩のための競技ではない」と批判も

四日市市単語

ヨッカイチシ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

四日市市 (よっかいちし)は、三重県の北勢に位置するから特例定されている。 

概要

は、三重県下最大の人口を擁し、中工業地帯有数の工業地域である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤通学者が多く、郊外の団地は名古屋ベッドタウン化している(笹川団地、三重団地、台、三台、あかつき台など、西部に位置するのが多い)。一方、三重県北勢地域の中心都市であり、三重の各町、桑名市鈴鹿市など近隣の町から当通勤通学する者も多い。

現在特例定されており、2005年2月7日に隣接する三重町を編入したことで人口が30万人をえたため中核移行をしているが、2007年度中の移行は断念した。

町と合併して4年後の2009年現在でも中核移行をしておらず、さらに中核を移行する日も決まっていない。

古くは、東海道宿(→四日市宿)で、伊勢神宮への分岐点となる日永の追分もある。名は四のつく日にがたったことに由来し、現在も各地でが開かれている。

四日市ぜんそくの発生地として全的にその悪名をかせてしまったが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態も良好になっている。郊外には田園が広がる豊かな自然が望める。 江戸時代から蜃気楼が見られたことでも知られている。

市長田中俊行である。

地理

三重県北部に位置し、域は伊勢湾から鈴鹿山系にまで及ぶ。制施行までは、県名の由来である三重に所属。

自然

気候

隣接している自治体

歴史

  • 古くはヤマトタケルノミコトが東征の帰途に通過したという伝説が残る。古墳時代から栄え、内には土器窯や土器片出土地が分布する。また、飛鳥時代には申の乱で大海人皇子が兵を集めたと言われる。
  • 現在の四日市市にあたる地域は、平安時代後期まではごく小規模な集落が存在するのみであった。しかし鎌倉時代から室町時代にかけて建立された寺が多いことから、その頃に発展を始めたものと考えられる。
  • 安土桃山時代天然の良港によって回船業が発達し、市場が出来る。市場は『四』の付く日に開かれたため、これが『四日市』の由来になったとされる。本能寺の変では逃亡する徳川家康四日市の回船問屋が手助けし、その恩として幕府の直轄領(領)になったとされている。実際は家康自身が陸の要地であると認めたためと考えられる。
  • 江戸時代領である四日市に、四日市屋(代官所)や高札場ができ、北勢の行政・商業の中心地となる。東海道要宿場として本や宿も設置される。日永追分現在の四日市市内にある。江戸末期、安政の大地震によって港が壊滅し、回船業が衰退していく。
  • 内の至る所で湧きが出ていたため古来より「泗水」と呼ばれる。「三重泗水」ということからこの周辺を「地区」と呼ぶ。現在では湧きの場所も所在が不明になり、僅かながら井戸が残っている程度である。
  • 現在の港の基礎は、幕末から明治初期に回船問屋の稲葉三右衛門1837-1914)が私財を投じて整備した。周辺住民の反対など様々な困難があったが、現在四日市港の礎を造った偉人として、JR四日市駅前に像が建てられている。

明治以降

経済

明治以降、日本近代化の歩みとともに四日市港を中心に商工業都市に進展。特に高度経済成長期に石油化学が多く立地し、県下最大の工業都市に発展している。又、東洋紡績やイオングループなどの発祥の地でもある。

商業

近鉄四日市駅前が中心で近鉄百貨店アピタなどの大店の他、一番といったアーケード商店もあり、三重県最大の商業地区となっているが、近年は郊外幹線道路沿いに大店が立つ。

郊外にはイオンSCが多く出店している。また地場系SCとしてスーパーサンシ、一号舘など内本社の食品スーパーも多い。

市内に本社を置く主要企業

市内発祥の主要企業

市内に工場のある主要企業

内に本社を置く企業は除く。

交通

鉄道

道路

高速道路
一般国道

路線バス

高速バス

一般路線バス

船舶航路

過去路線

地場産業

四日市名物

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

朝市・市場

内各地に午前中を中心として市場が立つ。近隣農家価より安く作物を販売している。農作物以外にも個人商店が鮮、衣料、生菓子などを並べている。

  • 西浦即売場:1,6,3,8のつく日。
  • 慈善即売場:2,7,5,0のつく日。
  • 四・九の:4,9のつく日。
  • 日永マーケット:偶数
  • 市場:1,3,6,8のつく日。
  • 笹川市場:1,6のつく日。午後開催。
  • 富州原 四九(しく)の:4,9のつく日 午前中。

主な名所・旧跡等

観光スポット

祭り

出身人物

公人

文化人

芸能人

スポーツ選手

四日市地域史功績人

その他

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP