ヴァルキリープロファイル単語

ヴァルキリープロファイル
曖昧さ回避 この記事はシリーズの一作についての記事です。
シリーズ全体については「ヴァルキリープロファイルシリーズ」を参照。

ヴァルキリープロファイルとは、1999年12月12日発売のプレイステーションソフトである。

通常版と、「特製懐中時計」「ビジュアルブック」「カレンダー」が付いた限定版「LIMITED BOX」も存在する。
2005年2月3日 PS one Books
2006年3月2日 PSP版「ヴァルキリープロファイル-レナス-」
2006年7月20日 PSP ULTIMATE HITS
2018年3月24日 iOS/Android 案の定誰得移植だとして散々な評価となっている

概要

ヴァルキリープロファイルシリーズの第1作北欧神話に登場する々、および神話の中に登場する「神々の黄昏ラグナロク)」をモチーフとした世界観、ストーリーを持つ。
ただし男女神になっていたりと設定のアレンジは見られる。

CGドット絵を併用した美麗グラフィック、綿密で壮大なストーリーなど、ファンには「神ゲー(いろんな意味で)」と評されるほどに人気のあるゲーム。 が、戦闘パートなど一部の処理についてプレステの性限界値ギリギリのラインまで使っているため、本体の熱暴走によるフリーズが高頻度で起こる。本体内にホコリが溜まっていると、それが基盤に焼け付いて本体そのものを破壊するといった事もあり、フリーズゲーなどとも揶揄される。ゲーマー漫画家で知られる柴田亜美も発売当時寝る間もセーブする間も惜しんでやりこんでいたせいでフリーズの被に遭い、8時間以上をパーにしたという逸話が当時のドキばく!でられている。

ロールプレイングゲームではあるが、ドラクエFFのようななりに進めてラスボスを倒しに行くようなゲームとは少し毛色が異なる。界での戦争に必要な兵士を集めるようオーディンから命を受けた主人公レナスが、エイフェリアと呼ばれる人間(の魂)を集めて、英雄にふさわしいまで育成し、界へ転送するというのがたる流れである。なお界での戦争に関わることはできない。

もしくはダンジョンの中は2Dのアクションの形式になっており、ジャンプやスライディング、物を持つといったアクションを使い進んでいくことになる。
また特有のアクションを上手く利用しないと先に進めない部分も存在する。
序盤はど特殊なアクションは存在せず、ただ走ったり物を持ち運んだりする程度でクリアできるダンジョンが多いが、難易度Hardにしか登場しない本筋と直接関連のダンジョンや、最終ダンジョンなどは解きを兼ねた較的難しいアクションが要される。

戦闘は、敵キャラクターに接触すると戦闘に入るシンボルエンカウント方式である。
戦闘は味方と敵のターンを交互に繰り返す形式で、敵のターンでは敵が1体ずつ順番に攻撃をしてくる。
味方のターンでは、コントローラーの○×タイミング良く押すことで、ボタンに対応する形に配置された味方キャラクターが連携を取って攻撃する。味方の攻撃は、1人あたり1ターン最大3回(物理攻撃キャラクター)動けるため、全ての攻撃を振りく繋げるのには少し練習を必要とする。

連携が続くと「決め技ゲージ」が増大し、これが100になる事でキャラクターが固有の必殺技を放つ事が出来るようになる。
必殺技キャラごとに「ヒット数が多く決め技ゲージの増加が大きいがダメージが低い」「単発攻撃で決め技ゲージど増えないが、威が高い」と言った様々な特徴があり、必殺技を放つ順番を工夫することで、4人全員が決め技を放ち切る事が出来る。

ゲーム中ではお金や買い物と言った概念がいが、「マテリアライズポイント」と言うポイントを貰う事があり、これによって具を精製して入手する。(宝箱などからも具は手に入る)
また、ある具を別の具に”変換”するというシステムがある。
ちなみにこのゲーム難易度設定としてEasyNormalHardとあり、Hardは敵が強い・経験値が少ない・難しいダンジョンが登場する(簡単なダンジョンが消える)・途中加入のキャラクターも一レベル1から始まるなどの差別化がなされているが、入手可アイテムが違うためHardの方が簡単ともっぱらの評判。というよりも、HARDクリアしないと隠しを含めたパーティメンバー全員仲間にできないため最終的にはHARDに落ち着く。Normalは不慣れなプレイヤー向けとして意味もあるが、Easyなどはまともなアイテムが手に入らないため異常に難しく、初回プレイにはおすすめできない。

エンディングが複数あり、ベストエンディングであるAエンディングに辿り着くためには、案内役的なキャラクター(今作の場合はフレイ)から言われたこと通りにはしないといったRPG王道から外れるようなことをし、そして特定イベントを起こす必要があるため、通常のプレイで辿り着くのは難しい。なお、言われたことをあまりにも守らないと、バッドエンディングであるCエンディングになるので注意が必要である。

キャラクター神様である事を表現する為か、味方キャラクターHPに相当するDMEの最大値は5桁に到達する(90000)。しかし、終盤はそのDMEを持ってしても普通に即死する10万越えダメージが飛んでくる、弱点を攻撃するとボスだろうが即死させられる武器、使用アイテムが多数等、戦闘バランスはかなりぶっ飛んだ調整をしている。まともにやろうとするとガッツゲー、突き詰めると耐性と即死ゲーになる。後セレスティアスター

また、クリア後要素の隠しダンジョンに到達するまでの戦闘回数は有限であり、味方キャラクターが十数人になる事もあって、クリアまでを見据えた計画的なプレイが必要になってくるゲームである。

ストーリー

アース族の王・オーディンは、族の祖であり未来ると言う巨人・ユーミルの首から、「神々の黄昏」が近く迫っている事を告げられる。これを、敵対関係にあるヴァン族との最終戦争の事であると解釈したオーディンは、来るべき戦いに備えるため、戦となり得る人間英雄の魂(エイフェリア)を集めるべく、運命の三女の一人であるレナスヴァルキュリアを召致する。

長い眠りから覚めたレナス人間界・ミッドガルドに送り込むに際し、覚めたばかりでは心もとないと、第二級フレイレナスと共にミッドガルドに降り立つ。エイフェリアとなる人間の魂のを聞き取り導く事、不死者の波動を感じ取り浄化する事などを教え、一通り見届けたところでフレイ界へと戻ってゆく。

以下はAエンディングネタバレに付き反転

命じられたままにエイフェリアを集め、界へ送り、不死者を浄化してゆくレナスであったが、ある時「レナスが昔いた幼馴染に似ている」と言う青年・ルシオと出会った時からレナスに変化が訪れる。ルシオはエイフェリアとなり界へと送られるが、界で「レナスはいつも転生前の記憶を持っているのに、今回だけは記憶が封印されている」と聞かされる。
ルシオは自らの中にあった、レナスの正体についてのかすかなイメージがより確かなものに変わって行くが、その事を見透かしたロキの甘言に乗ってしまい、界の秘宝の断使用と言う罪を犯してしまう。

この時秘宝を使ってルシオがコンタクトを取ろうと試みたのは他ならぬレナスであったが、記憶のレナスはルシオの呼びかけを拒絶してしまい、意に気づくことはかった。
そしてしばらくの後、レナスフレイから「ルシオと言うエイフェリアが秘宝を盗み出そうとし、たまたま居合わせたロキによって仕留められた」と聞かされる。仕留められる前に秘宝を使用した形跡があり、何か心当たりはいかと聞かれるが、ここでレナスはルシオの意に気づき、記憶の封印にほころびが生じる。

その間、封印が解除されてしまうのを阻止するためにアーリィ覚醒レナスの体を乗っ取ってしまう。
覚めたアーリィはその場にいたアリューゼ達に屈か死かの二択を迫るが拒否され、アリューゼ達を始末しようとするが、魂だけの存在となったレナスアリューゼ達をい、結果レナスの魂が四散してしまう。
レザードの手助けを得て何とかレナスの消滅を防いだアリューゼ達はレナスの本来の体を取り戻すためにアーリィを追う。不死者王ブラムスの協も得てアーリィを打ち倒しレナスを復活させることに成功する。

一方その頃、ルシオを唆して秘宝を使用させた事実を利用し四宝の一つ「ドラゴンオーブ」を盗み出すことに成功したロキは、そのを用いてアース族に戦いを挑む。アース族軍は大半が壊滅し、長であるオーディンもが倒れてしまう。そこに復活したレナスが駆けつけ、生き残ったフレイは「アース族軍を立て直すため」とレナスを説得するが、全ての記憶を取り戻したレナスはそれを拒否。ルシオののために、単独でロキを追う。

大半が廃墟となってしまった界・アスガルドの丘の上でレナスロキに追いつく。戦いの最中ロキドラゴンオーブを全て解放し世界の全てを崩壊させるに至るが、復活の過程でハーフエルフの体を持った事により「成長する」を手に入れていたレナスが創造の覚め、世界を全て再生された上で、ロキレナスに倒れた。

登場人物

神界

人間界

主要人物

エインフェリア

不死者

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ヴァルキリープロファイル

363 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 02:36:53 ID: 2zFPWW2BpJ
SOAコラボ見逃したんだけど続編でやるのは難しいってことなのかな
364 ななしのよっしん
2018/09/15(土) 17:30:40 ID: 9tCWuY+bay
実況動画でやたらSOの話題出すいたけど、

同じ系列だとしても実況者もやってない別ゲーの話題
頻繁に出したがるって空気読めなさそう
365 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 16:13:25 ID: 8AGGc5G2+p
364
一理あるし気持ちが分からなくもないけど・・・、なんだろ、アナムネシスを初期で見限ったかいは端からソシャゲを見下してるみにも聞こえる。
366 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 03:40:33 ID: phucxBiZ94
>>365
東方厨かな?
367 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 00:26:49 ID: 0FK7I+ZqLW
本編だと相手にしてるのがほとんど悪と穢れの権化みたいな連中(=不死者)だったから、戦闘中にかなり強い言葉で敵を罵ってても全然違和感かったしむしろ奮い立つぐらいだったけど、コラボ先で再現されると本編で感じるよりも結構キツい印が先立つもんだな。
舞台設定でこうも感じ方が変わるもんなんだなと実感した。
368 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 20:57:51 ID: CoHJIwKF2v
キャラ必殺技バランスというか格差は普通クソなんだけど、一部のいかにも強そうなのがいい方向に振り切れてるから許せるというかむしろ爽快感がある
ガッツゲーなのも手な数字が出て面いとも思う
しかし魔法はせっかくムービー入れてるのにもったいないねえ
369 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 10:56:35 ID: jYk+eapVLt
敵の数有限は…まぁ普通にやればそうなんだけど、どっかのダンジョンで武器破壊攻撃してくる鈴木土下座ェ門みたいなのと頭にバイクフルフェイス被った変態みたいなのが限涌きする部屋があったと思う。
ここぞとばかりに籠って鍛錬してたら、変態がやたらエストック(あまり強くない片手剣)をドロップするもんで、図らずMP稼ぎにもなったな。
370 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 11:56:16 ID: MrXVlLJPeN
確かアークダインの遺跡だけは詰み対策か無限湧きするような設定になってたよね
まあレベルだけ上げても…感はあるが
371 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 22:56:03 ID: jYk+eapVLt
>>370
思い出した。アークダインの遺跡だw
確かに詰み対策かもね。中盤のいいのころだったと思う。

>>368
本編内では大魔法出せるの大半が異様に壊れやすくて、どうしても温存しがちになるのも一因だよね。<ムービーあるのにもったいない
メルティーナの私物は較的壊れにくいけど、一品ものだし調子に乗って使い倒せばやっぱり壊れるし。
壊れないのは終盤でやっとこ手に入るユニコーンホーン(だったと思う)。
…正直そういうが手に入るのが遅すぎる。
補正は低くていいから大魔法発動可で壊れない期にあれば、
魔導士キャラダメージソースとして本編内で存分に立ち回れたろうなぁ。
372 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 23:16:23 ID: MrXVlLJPeN
>>371
ユニコーンホーンは中盤メルティーナ仲間にする前後で手に入るやろしかも2本(ハードノーマルも)
どうせ序盤は仙で破格の魔で大魔法抜きで問題ないわけだしずっと魔導師は戦の中核でしょ