第4次スーパーロボット大戦単語

ダイヨジスーパーロボットタイセン

第4次スーパーロボット大戦とは、スーパーファミコン(SFC)で1995年3月17日に発売された、SFC時代最後のスーパーロボット大戦である。移植版として、プレイステーション(PS)で初となる『第4次スーパーロボット大戦S』がある。
また、後に同じ時間軸だが別のストーリーの作品、『スーパーロボット大戦F完結編)』が発売された。

概要

前作『EX』と違い、反撃の際に武器が選べるようになった。そして、新システムとして、『強化パーツ』が追加された。強化パーツを装備すると、装備したユニット運動性やHPなどが上がったり、射程が伸びるなど、様々な追加性が得られる。また、『シールド防御』や『切り払い』、『底』などの特殊技も加わり、後のスパロボの基礎となるシステムが追加されていった。

初登場作品となるのは『無敵超人ザンボット3』、『超獣機神ダンクーガ』、『重戦機エルガイム』、『闘将ダイモス』の4作品。また、『真ゲッターロボ』の原作漫画版から、真ゲッターが登場し、当時描かれていなかった真ゲッター2と真ゲッター3を描き起こして登場させた。

主人公は性別、誕生日血液型、性格、グラフィックが選択できる。誕生日血液型の組み合わせで主人公精神コマンドが変化し、このシステムは後のスパロボシリーズにも採用されている。序盤から中盤までの搭乗機はスーパーリアル共にゲシュペンストモビルスーツ(『第4次S』ではリアル系のみモビルスーツ)。主人公専用機となるゲシュペンストスーパー系とリアル系で武装と若干異なる。中盤以降の主人公専用機はスーパー系はグルンガストリアル系ではヒュッケバイン。どの機体も、後のシリーズにも登場する。

今作は最大45話構成。パイロットがいる、いないなどにより、話数が変わっていく。『第4次S』では46話構成。ちなみに、『みんなのトラウマ』の記事で説明がある『オルドナ・ポセイダル』とは、エルガイムキャラではなく、このゲームのとあるシナリオの事をす。シナリオ自体はやってみればいいと思うよ。

話やスーパーリアルの違いにより、一部参入しない仲間がいる。(クリスバーニィなど。)
また経過ターン数でも仲間・獲得ユニットに差が出る。

隠しユニットとして、『ガンダムセンチネル』のSガンダムおよびExSガンダムOVA版『聖戦士ダンバイン』のサーバインおよびズワウスが登場している。

PSへの移植版となる『第4次S』では、スパロボシリーズとして初めて、味方および味方になるパイロットの一部に原作アニメ当時の声優が付いた。ただし、デューク・フリードについては前年、富山敬が死去したため、また、ザンボットチームについては諸事情により、が入っていない。その後のシリーズでは、デュークに山寺宏一、勝坂本千夏を起用している。ちなみに、原作アニメとは違った設定のセリフがどのキャラにもあるため、「くっ、届かん・・・」などでイメージを崩壊させられることもしばしば。
また、SFCでのROM限界が理由で選択肢を付けられたパイロットユニット選択肢止され、仲間が増えた他、一部だが追加シナリオがある。

オプション』にて、ロボット大図鑑とキャラクター大事典が見られる。ロボット大図鑑については、全てのストーリーで全ての機体を登場させないと完成しない仕様となっている。また、サウンドセレクトで『オプション』画面内のBGMを選択することができる(一部収録されていないBGMがある)。

このゲームには、『カラオケモード』が存在し、一部アニメ題歌を歌うことが出来る。なお、『THE WINNER』や『サイレント・ヴォイス』など、一応歌詞があるBGMは存在するが、『カラオケモード』に収録されていない(『サイレント・ヴォイス』についてはサビが一部省略されている)。

今作に主人公として登場したイルガルト・カザハラとリンマオは設定が大幅に変更され、後のシリーズに登場している(αOGなど)。

参戦作品

赤字が新規参戦作品。

以下雑多な内容

第4次とそのリメイク作であるFでは、結構違いがある。スーパーロボット大戦Fの項も参照。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%AC4%E6%AC%A1%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%A4%A7%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

第4次スーパーロボット大戦

107 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 17:59:47 ID: AZcaKMvqE6
三輪長官「ドラャーミサイル発射!!」
108 ななしのよっしん
2017/07/16(日) 11:40:55 ID: +8TOEeiSU1
ステージ開始前にキャラが喋るのはインターミッションじゃなくてシナリオデモ
改造セーブ等ができるのがインターミッション
109 ななしのよっしん
2017/07/21(金) 13:43:43 ID: jAlublZjFd
敵が改造してくる初のスパロボ
後半は雑魚機体であればあるほど改造してくる
部隊分岐でろくに改造してない1・5軍や2軍の機体をだすと
グライアとかにぼこぼこにされるのはこれが原因である
110 ななしのよっしん
2017/09/30(土) 17:49:46 ID: VgDGtuUJkU
スーパー系とリアル系の隠し要素の格差が
何であんなに酷かったんだろう、リアル系限定だし
ダイモスの強化も結局宇宙じゃ・・・
111 削除しました
削除しました ID: KrUyMafl6z
削除しました
112 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 18:29:20 ID: +aRQoNKl3J
第4次のRTAしてた人がいたけどスパロボが全く感じられなかったわ、何を言うにもまず批判から入るし(マジンガースクランダー装備になるステージで「飛べるから何?」から入る)
合体シーンが前と同じだから手抜き」だとか「(合体ロボの)合体シーンいらないだろ」とか「最初から合体しとけや」とか、ロボアニメお約束を全否定
取り敢えずスーパーロボット系が嫌いってのは分かったわ

なんていうか本当に効率だけしか見てなくて楽しんでない感凄い、事ある毎に「皆もやろう」とか言ってくるけど「苦行やれ」って意味らしいから「このRTAはやってて楽しくない」って言ってるって事なんだよな

やってて楽しくないRTAやっても達成感なんていだろうに
113 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 10:50:15 ID: 4PjBROTtW5
>>110
強いて理由を推察するならば
元々スパロボリアル系の顔であるガンダム人気でやってこれたというのが大きいと思う
マジンガーゲッターは今でこそ知名度も高くなっているが、御三家としてガンダムに並ぶようなはなかった
現代的に例えるなら今尚ゲームハード開発中任天堂ハード業界を退いたエポック社くらいに大きな差がある
そういう事情を考えると旧シリーズリアル系優遇はある意味当然といってもいい
114 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 15:03:05 ID: frfJMfcxo8
>>100
あの面から、一部の敵が二回行動するようになるんだよな…
115 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 21:32:49 ID: l9PFdOSSdi
グレートゼオライマー
劇場版ダイゴウジガイ
マジンエンペラーG
真ゲッタードラゴン
ヴェルビン

この辺見てるとブラッドテンプルとSガンダムがいつまでも黒歴史のままなのは
体ないよな、と思わんでもない
116 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 03:27:53 ID: bKVdtR1L6z
ジェリドティターンズの面々が終盤はこぞってドーベン・ウルフやらダブデやら何故かやたらとジオン系の機体に乗ってた印が強いのよね
F・Fではラストシロッコ以外は一貫してティターンズの機体で統一されてたけど

急上昇ワード