今注目のニュース
2019年夏アニメ注目度調査第2週目! 「ギヴン」「お母好き」が台頭しランキングに大きな変動が
高校生が志願したい大学ランキング関東2位は「明治」 おしゃれなイメージは「青学」「慶応」
働く母親に「遠足のお弁当を作って」と言えず…… ある家庭の事情を描く漫画が涙なしに読めない

細川忠興単語

ホソカワタダオキ

掲示板をみる(155)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「細川忠興」(ほそかわ ただおき 永六年/1563-正保二年/1646)は、
戦国時代江戸時代の武将。
鎌倉以来の名細川の傍流、和泉上守護→肥後細川初代。
孝ともども一時は長岡を名乗っていた他、羽姓も賜っている。ここでは細川で統一。
官位は越中

芸術面に才を発揮しながら武将としても優秀である……のだが、
後述の通説によりヤンデレとばかり呼ばれてしまう、ちょっとカワイソスな人

兄弟元、幸、孝之、也、ほか3名の
正室:明智玉子(洗礼名:ガラシャ/秀院)
側室:宗保の/の丸)、明智忠の清田鎮乗の(吉/円通院)、下元
子:
細川長男)、細川(次男、細川元養子)、細川忠利(三男)、細川立孝(四男)
細川孝(五男)、松井寄之(六男、松井長養子)
長(長女)、古保(次女)、多良(三女)、(四女)

概要

細川藤孝斎)長男として産まれる。沼田麝香。幼名は千代

当初は足利に仕えていたが、に従って織田に仕えることとなり、織田信長息子信忠臣となった。
信長にも気に入られていたようで、武働きに対して直筆の感状を与えられたり「丹後を(孝ではなく)お前にやるつもりだ」と言われて「決して忘れませぬ」と感涙にむせんだところを「倅めが、えおるわ。忘れるなよ」と額をで推し動かした、という逸話が伝わっている。( ´_ゝ`)σД`)
その信長の媒酌により、15歳の時に明智光秀三女たま(ガラシャ結婚夫婦ともに美男美女で、婚礼においては当代随一の夫婦と呼ばれたという。

順調に功を重ねていた忠だったが、明智光秀本能寺の変を起こした為に状況が一変。「逆臣の」となった妻を丹波・味土野(みどの)の山に二年間閉することになってしまう。本来ならば離縁して明智に帰すべき所を、明智氏が滅亡した場合に命の保ができなくなる為、それが出来なかった。
また同心するように要請した光秀の誘いを断り、ともども髻を切った上で豊臣秀吉に味方した。この時の助拒否が、後に光秀秀吉敗北した理由の一つに数えられている。

秀吉下を統一すると、有大名として小牧・長久手、小田原征伐、朝鮮出兵にも従軍。しかし秀吉の死後は秀次事件などに端を発した石田三成との確執もあり、武断武将の一員として徳川家康に協、関ヶ原では東軍として戦った。
黒田長政らと共に石田軍と戦を繰り広げ、首級136を上げたその功により、豊前中津39万石(のちに忠利が熊本54万石に移封)を賜り、大幅な加増となる。
かしこの時妻・ガラシャが西軍の人質となることを拒み、屋敷に火を放ち命を落とすキリシタンであった為に自害出来ず、臣の手で介錯された)という悲劇が起きている。

大阪の陣においても、細川は徳方に味方した。
では徳川本近くに配置され、真田信繁の活躍をの当たりにし、その武働きを「左衛門佐、合戦場において討死、古今これなき大手柄」と絶賛した手紙が残っている。
1620年に隠居し、三斎宗立と号する。その後もたびたび江戸に出仕しており、多くの手紙や文書が残されている。

しかし晩年近くになると三男の忠利、四男の立孝に先立たれる不幸が続いた。
特に忠利の危篤に際してはしく取り乱した悲痛な手紙が残されており、人間・細川忠興の一面が伺える内容となっている。
その後、1646年に熊本・八代にて83歳で没した。

皆どもが忠義 戦場しきぞ いづれも稀な者どもぞ

臨終に際し残された言葉からも、戦に生きた武将としての想いが伺える。

「天下一気の短い男」

情報戦に長け、戦上手であった忠だが、名だたる戦国武将の中でもの苛、かつ冷酷な一面があった事が知られている。
特に有名なのが妻ガラシャにまつわる逸話なのだが、後世において「ヤンデレ」と伝わるその描写の出どころが宣教師の書簡で、
ガラシャを悲劇の殉教者として賛美する一方、無知・愚昧・冷酷な夫であったと誇された」
という摘がなされている。またこの逸話を元にしたラテン語の戯曲「強き女 またの名を、丹後王女王グラツィア」でも、忠は野蛮で愚かな男として描写されている。

実際には、忠ガラシャの死後にオルガンティノ神父に依頼してキリスト教式の葬儀を執り行ってもらい、家族臣と共にに参列している。
また、転封先の小倉でも禁教が出るまではセスデス神父を始めとしたキリシタン宗教施設を保護し、妻の福を祈ったという記録が残っている。そしてガラシャの死後、正室を迎える事は生涯なかった。

……それでもやらかした事はやっぱり苛なので、あんまりフォローになっていないのだが。

  • 也の婿である一色義定を騙し討ちで暗殺、一色氏を滅亡に追い込んだ。その後、実家に出戻った也に短で鼻を文字に切り裂かれ、生涯消えない傷となった。あのにしてこのあり。
  • ガラシャ自害の際、長男・忠の妻である千世(前田利家)はガラシャに勧められて屋敷から逃亡した。忠は千世がガラシャと共に自害しなかったことに激怒し、離縁することを忠に命じる。これに忠は反発したため、嫡させられた(のちに和解)。
  • 次男・は忠嫡した事、自分を差し置いて三男・忠利が世子になった事に不満を抱き、徳に人質に出される際に出奔、勝手に剃髪してしまう。その後は祖斎の許で暮らしていたが、大阪の陣大阪方に味方した為、戦後に捕らえられて自害させられた。助命嘆願の他にも家康直々の赦免があったが、聞き入れられる事はなかったという(異説では助命され、密かに生き延びたとも)。
  • 関ヶ原の際、斎は田辺にて篭していたが、朝廷からの命によって開した。斎が歌義「古今伝授」の継承者であり、彼が死んでしまうと伝授が途絶えてしまう可性があったからなのだが、井では口さがなく「殿は所詮歌詠み」とまで言われた事もあってか、忠「何故最後まで戦い抜かなかったのか」を非難した。これによりとも一時的に不和になっている。
  • ガラシャ細川女たちが宗してキリシタンになったことに激怒宗を迫るも拒まれた為、見せしめとして女たちの鼻を削いだ。ただしこれについては、高山右近からキリスト教について教えられた忠が、何かと縁起を担いで気になりがちな妻のために入信を勧めたという異説もある。また宗後、屋敷の中に礼拝所を設けるなど、ある程度は許容していた節もある。
  • ガラシャに見とれていた庭師を見て激怒し、その場で手討ちにして首を突き付けた。しかしガラシャは少しも動じず、お前のような女だ」と忠が言うとの女房には相応しゅうございましょう」と切り返したという。あれ、なんだかんだで似合いの夫婦だったのでは?
  • 隠居後、嫡子・忠利におもねる佞臣を八代へ呼び寄せ、次々と手討ちにしたという。36人(6人とも)を成敗したに対し、三十六歌仙(または六歌仙)にかけて「歌仙兼定」と命名。
    その他にも、敵の顔を削いだら面が落ちるようにれた薙刀「面の薙刀、大徳寺の希首座(僧侶)を手討ちにした「希首座」、不心得者の坊主を手討ちにして心が晴れたので脇差と命名するなど、血腥い逸話を持つ現存している。

芸術家・文化人として

このような物騒な逸話が存在する反面、同様に芸術に関して才を発揮した。そのため、公家との付き合いも盛んだった。
細やかな人間関係を結ぶ事で得られる情報を武器とし、その後の幕府への奉や他の動向への対応に利用している。

その他、多くの作品・収集品が、細川代々の名品を収蔵した「文庫」に所蔵されており、定期的に展示されている。

その他逸話

8(1565)年、将軍足利義輝松永久秀らに攻められて殺され、孝は義・覚慶(後の足利義昭)を伴い、都落ちを余儀なくされる。
この時千代は僅か一歳だったが孝に置き去りにされ(一説には一度連れて行こうと戻ろうとしたとも)、三人のうち二人を見捨てて若君を保護し、松永の手勢から逃げ延びた。
その後は「宗八」と名を変え、井に紛れて三年の日を過ごす。織田信長支援を得た足利義昭と共に孝がに帰還を果たした際に千代の元に戻るが、この時孝は各地を放浪する中で妻を呼び寄せて生まれた・頓五郎(後の細川)を連れていたという。
ひどい父親と呼ぶか、やむを得ない事だったと考えるかは横において、こういう出来事があったというのは「細川忠興」という人物について考える一助となるかも知れない。
元は長らく忠を補佐し、関ヶ原の戦い以降に転封先の小倉代にもなったが、やがて忠と不仲となり、斎を頼っての屋敷に出奔。甥の忠らと共に暮らしている(のちに和解)。

荒木村重織田信長に反旗を翻して立てこもっていた有岡城から逃げ落ちた後、信長荒木の妻子を捕らえ、見せしめの為に一族郎党もろとも皆殺しを命じた。
この時忠で奉行職についており、処刑を見届ける事になった。かねてより荒木の妻子らと面識があった為、彼女達は「与一郎様頼みまする」と泣き叫びながら引き立てられ、処刑されていった。
この時の処刑は壮絶で、斬首や磔はまだましな方。身分の低い者は一つに押し込められて焼き殺されたと伝えられている。これについて忠はたびたび「哀なる事なりし」と言っていたという。
この時処刑を免れたの丸)がおり、後に忠の側室になり一女・古保を産んでいる。彼女も苛DNAを受け継いだようで、夫のに怒って火箸で突き殺したという話が残っている。こわい。

千利休が豊臣秀吉の勘気をり、居(後に切腹)を命じられた際、見送りに来たのは古田織部と細川忠興の二名だけだったという話が伝わっている。
それまで追従していた者達がこぞって背を向ける中、見送りに来るという事はそれだけで秀吉の不を買う可性が高かった。しかしそれを視して顔を見せた二人の子に対し、利休は手ずから削った杓をそれぞれに送り、今生の別れとした。これらの杓に対して忠「ゆがみ」織部「泪(なみだ)」と銘をつけて師をび、共に現存している。

はじめ高山右近、その後蒲生氏郷を経て細川忠興に仕官した加賀隼人良)は熱心なキリシタンであり、小倉家老を務めたほどの人物であった。しかし江戸幕府による禁教が出た後も教えを捨てる事はせず、その為に職を解かれて居の身となった。
加賀山を惜しんで何度も棄教を勧め、「自分と共に地獄へ行こう」とまで告げたが、彼が首を縦に振る事はなかったという。
いよいよキリシタンへの迫が始まり、元和5(1619)年、京都の大殉教と呼ばれる大量処刑が行われた。幼子までもがの腕に抱かれたまま火りにされるという地獄絵図の当たりにした忠加賀山の説得を諦め、帰後程なく処刑を命じた。従弟5歳息子と共に刑場に臨んだ加賀山はかつて神父から送られた修い、斬首される前に祈りの言葉を口にする事を許されたという。
彼の息女・みやも数奇な運命を辿り、後に熊本の地で殉教している。その後2008年に、ローマ法王・ベネディクト16世により福者認定を受けた(トロ岐部と187殉教者)。

小倉の隣にある小倉園社(八坂神社)は「小倉のぎおんさん」と呼ばれて親しまれているが、その謂れとして次のような話が伝わっている。
が供を連れて狩に出た折、山中ボロボロになった祠を発見する。中に何があるのか興味々だった忠は、を手ではなくでこじ開けようとした。途端に中からが飛び出して忠を蹴りつけ、その場に倒する羽になった。慌てて臣らがに連れ帰り手当を受けたが、どうしたことか忠が見えなくなってしまった。
罰が当たったと反した忠はただちにの傍らに神社を立てさせ、臣らも石籠を奉納した。やがての病は快癒し現在でも眼病癒にご利益があると伝えられている。
元和4年(1618年)には豊前の一帯で疫病やが発生し、忠宝を換して被災者の救済に当てると共に、八坂神社に参籠。その後被害が治まった事を祝う為、京都祇園祭を模した盛大な祭りを開いた。その後細川熊本に転封後、小笠原となってからも祭は続けられて「小倉園太鼓」と呼ばれる祭となり、現在でも人気イベントとなっている。

評価

な面ばかりが強調されがちであるが、別に年がら年中キレたり病んだりしてる訳ではない
それ以外は常識人であり、武将としても優秀であった。また上記の逸話のように気ある人物であり、寛容な一面があった事が伺い知れる。
本能寺の変関ヶ原の戦いなど、名存亡の危機を乗り越えて、足利織田豊臣・徳全てに臣従しながら、名を現代まで伝えたことは高く評価できる。
ガラシャの死については非難されることが多いが、彼女の死によって西軍が東軍諸将の妻子を人質に取る動きが封じられた事、東軍諸将が発奮した事、そして名を上げたのも事実である。

筆まめであったようで、息子・忠利とのやり取りだけでも3000通近い手紙が残っている。これらは他の大名・旗本らの行状や当時の政治情勢、武の生活を現代に伝える重なソースにもなっている。噂レベル聞も余さず子で共有した事で、複雑を極めた江戸の権闘争を見定め、対応していた事が伺える。

一方で数寄者(すきしゃ)であり、何かと借が多かったことでも有名。徳川家康豊臣秀次立花宗茂などに借しまくりだったらしい。

※一応補足しておくと、これは別に数寄が理由で貧乏だった訳ではない。領内で飢饉が発生しただの、軍備を整える必要があっただの、の普請や出などの幕府への奉でこさえた借もある。またが必要な時は迷わず名物を手放すなど、柔軟な対応を取っている。

交友関係は広く、伊達政宗立花宗茂島津忠恒藤堂高虎らとは手紙のやり取りの他、屋敷に遊びに行くほど仲がよかった。特に政宗とは「悪友」の趣が強く、通常運転奇行については憑き(お様の知り合い)なんじゃね?(稲荷殿の知音かと申す事に)」などと手紙に残している。お前が言うな

※ちなみにこれはちょっと言いすぎ&誤解が多い話なので補足。
当時の政宗は深と御乱行が落首として出回るほど酷く、さては遂に独眼竜ボケたかと周囲から懸念されていた。そんな噂を受けて「それってが憑いたせいじゃないかな?(→だからまーくん碌した訳じゃないよ)」とフォローしている。はず。

蒲生氏郷とは、お互いに数寄者として譲れない領分を賭け、師匠・利休の前でも悪口を言い合っていた。その一方、小田原攻めでは二人して高山右近中を訪問し、当時はしい牛肉を御馳走になったという話が残されている。
高山右近についても、彼が伴連追放に従ってマニラへと出する直前、忠宛に書かれた別れの手紙が現存しており、万感の想いと浅からぬ付き合いが伺える。

黒田長政とは関ヶ原の戦いで轡を並べて戦う仲だったが、領地替えの際に年貢を持ち逃げされたのを発端として険悪化。あわや戦になるかという所まで発展し、諸大名と秀忠の執り成しで最悪の事態は回避されている。
これにより黒田細川年ほど絶縁状態となり、手紙の中でも」(黒田筑前守)に関する内容は大体クソミソである。
特に長政が老中・土井利勝に接近を図り、色々やらかして不をかった時は「小細工が得意なだったけど、今度ばかりは尻尾が見えたなプークス(惣別かような才覚前々より上手にてが、今度は尾が見えや、笑止に存知)」とまで書いている。ひどい。

更に黒田騒動(長政の嫡子・忠之の不品行に端を発した御家騒動)の際、幕府からの上使が別件で肥後入りする時に領内を通られたくなかった黒田「肥後に行くのにウチの領内通ったら遠回りばい(意訳)」をつき、即バレして上使や幕閣の笑いものになるという事があった。
この時も忠は忠利宛の手紙「あんまりにも子供っぽい話で、子供が大小便を人前で垂れ流してもおこぼしされるようなものだ(余りのわらんべ(童)にて、大小便、人中にてたれも苦しからぬ心にて)」と書いている。すごくいい笑顔が見えるのは気のせいか。

とは言え、歳を取ってからは人が丸くなったようで、秀忠から下の政務について問われると
「四い器に丸い蓋をしたようになさいませ」(=四隅が抜けてゆとりが出来るような政治)、
「どんな人物を登用するのがよいか」と尋ねると
明石の蠣殻のような者をよき人と申します」
明石の潮の流れはしいが、潮にもまれた牡蠣は殻が滑らかで形も味も良い=苦労した人は人当たりも柔らかく、良い性格である)と答えたという。

な為政者と芸術としての二面性から、さぞ難儀で複雑な性格であったかと思いきや、忠利から酒井忠勝宛の手紙によると子供のように純な人」と評されていたりする。
一方で斎からは「性格が強」ガラシャからは「引くことを許さない人」と評されたとか。

後世の創作

キャラが立っている一方、知名度としては妻・ガラシャの方が高い事もあり、どちらかというとそちらの添え物扱いになっている事は否めない。とは言え、ない訳ではないので紹介。

吉川英治「日本名婦伝exit」では、ガラシャに対する深い情と執着を見せる忠が登場。(史実はさておき)ラストシーンの美しさと悲しさは一見の価値あり。
阿部龍太郎下布武-夢どの与一郎-」では役をり、織田に仕える若き日の忠(与一郎)の青春時代が描かれている。ただし荒木村重がだいぶひどい描写なので荒木ファンは注意。
松本清張火の縄」は、世にもしい稲富祐直主人公の長編。偏執的で冷淡なガラシャ、それに負けず劣らず嫉妬深い忠といういつもの感じ内容だが、「夫婦って狂うておる」とまで言われる姿はある意味新。でも主人公は稲富くんなので忘れないであげてください。

2016年NHK大河ドラマ真田丸」では、俊博が忠を好演。「手裏剣戦隊ニンニンジャー」で温厚な賀崎旋を演じた氏がまさかの配役ということで、ファンからは驚きのが上がった。
劇中では橋本マナミ演じる妻・玉には甘いようで、屋敷内に礼拝堂を作らせて信者と共に礼拝するのを黙認している他、屋敷を訪れたきりにも丁寧に礼を返すなどの描写で「こんな穏やかな忠が見られるなんて...」というTwitterでも多数確認。
一方、助めた石田三成の非礼にブチ切れて干しを投げつけ大するしさを見せつつ、真田昌幸が仕切った軍議においては悪友伊達政宗と共に、ギャグめいた応酬を見せた。

( ■A゚)<伊達越前守政宗!
(´・ω・)細川越中守忠

補足

信長の野望シリーズにおける細川忠興の力一覧。
チートパパ細川幽斎には及ばないものの全体的にが高くバランスが良く、軍事にも内政にも使えるオールラウンダー。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 79 政治 81 70 野望 65
武将風雲録(S1) 戦闘 78 政治 70 79 野望 66 教養 81
覇王 采配 79 戦闘 75 智謀 61 政治 72 野望 66
天翔記 戦才 156(A) 智才 148(B) 政才 152(A) 75 野望 75
将星 戦闘 79 智謀 85 政治 84
烈風 采配 74 戦闘 68 智謀 72 政治 80
世紀 采配 72 智謀 67 政治 75 野望 72
蒼天 統率 64 知略 67 政治 76
下創世 統率 65 知略 67 政治 77 教養 74
革新 統率 74 武勇 77 知略 75 政治 86
統率 74 武勇 77 知略 75 政治 86
創造 統率 75 武勇 72 知略 75 政治 78

戦国大戦

に映りし物、全てを手中に」

Ver2.0で豊臣として参戦。
Ver2.0では数少ない豊臣の伏兵(他は黒田官兵衛田中吉政)。しかし代償として豊臣の特徴である豊は持っていない。まあ豊もあったらハイスペックすぎるけど。

計略の「日輪の呪縛術」は豊臣特徴の日輪計略。
ゲージを使わなければ敵の移動速度を気持ち下げる程度だが、3消費して大爛になると、あの毘の化身すら突撃できず止まる。効果時間は敵統率にはほぼ関係なく一定の効果があるが、その代わり効果時間は短め。でなきゃ壊れすぎだが。士気5だし。

Ver3.0ではガラシャを失った後の姿でに持ちかえて参戦。武断ということもありそのスペックは2コストにして武8統率8と破格。ただし忠持ちなのでデメリットもある。

計略は「弔いの炎」で火ダメージ計略になった。自分の忠度が高い程威が上がる。

Ver3.2では「電影武将(デジぶしょう)・宴」として、ガラシャプリントした着物を着用し、ガラシャ人形造りにいそしむというだいぶアレな感じで登場。
計略「趣味の時間」は武と射程距離が上がり、統率による戦闘ダメージを与えられるようになるがデメリットあり。あとうるさい。\ガラシャー!/

関連動画


関連商品


関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 153ななしのよっしん

    2019/04/06(土) 05:19:23 ID: FmCzb5feOz

    安易なヤンデレとして扱うのはどうも納得いかんね
    いやさ情深いという意味でなら歓迎だけど、歌仙兼定のエピしかり残であったのは間違いないだろうけど
    ただイエズス会の言い分をのみにしてガラシャを不当に虐待してたみたいな言い方をする人はどうかと思うわ

  • 154ななしのよっしん

    2019/04/24(水) 12:34:08 ID: /eV0Bc/qXE

    よくも悪くも自分勝手な坊ちゃん
    ただ自分なりの正義感も、名なりの教育を受けた実も持ってるし芸術肌。基本的に正義の美しさのためなら人は殺しても仕方がないって思考の人だね

    実在の人物だとトムヨークとか似てるとこある気がする

  • 155ななしのよっしん

    2019/05/16(木) 18:44:54 ID: ntr4zMC7md

    大親友森忠政には妙に優しいところ好きやわ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP