どくタイプ単語

ドクタイプ
9.5千文字の記事
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

「まどわし ねむらせ どくを くらわせる……
まさに へんげんじざいあやしの わざ よ!」

どくタイプとは、ゲームポケットモンスターシリーズに登場するポケモンまたは
ポケモンが持つ技のタイプ属性)の一つである。
他のタイプについてはポケモンのタイプ一覧を参照のこと。

概要

タイプ固有能力

エキスパートトレーナー

キョウ アンズ  ホミカ クララ
キョウ キョウ ホミカ

タイプ相性




攻撃側のタイプ















































どく
どく/
ノーマル
×
どく/
ほのお
どく/
みず
どく/
でんき
どく/
くさ
どく/
かくとう
どく/
じめん
×
どく/
ひこう
×
どく/
むし
どく/
いわ
どく/
ゴースト
× ×
どく/
ドラゴン
どく/
あく
×
どく/
はがね
×
どく/
フェアリー
×






































攻撃側のタイプ

※ 防御側のタイプ名をクリックすることで、そのタイプの組み合わせを持つポケモンの一覧へ飛ぶことができます。




防御側のタイプ





































どく技

×  
  • ばつぐんが2種類、いまひとつが4種類、こうかがないが1種類で耐性側がどがメジャー残念だがタイプ上は不利だらけといわざるを得ない。
  • 初代ではむしタイプにもばつぐんだったのだが、第2世代からは等倍になってしまった。
  • くさタイプへの攻撃も、くさタイプ自身が弱点が多いため他のタイプの方が効率がいい有様であった。
  • しかし、第6世代から追加されたフェアリータイプにばつぐんが取れるようになり、こちらはどく以外でははがねでないと弱点がつけないため、技を使う機会も増加しつつある。
  • どくタイプの攻撃技は第四世代までに追加された技全てが追加効果を持つ技となっている。どくタイプの攻撃をメインで採用するより、追加効果を期待した補助的な的で使用されることが多いだろう。第五世代からは特定条件下で強に作用する技が出てきた。

技一覧

どくづき / ぶつり技 威力80 命中100 PP20~32
 ダストシュート / ぶつり技 威力120 命中80(第5世代まで70) PP5~8
命中した相手を相手を30%の確率で「どく」状態にする。

どくタイプ物理攻撃技の2つ。違いは威と命中率。威重視ならダストシュート、確実性重視ならどくづきを。
似たような性の他の技にべてどくづきはPPが、ダストシュート追加効果の率が高めに設定されているが、これもどくタイプやどくの効果の弱さゆえなのであろうか。
6世代ではダストシュートの命中率も向上した。そして実はノーリスクで威120を出せる物理技は意外と重である。

アニメではタケシグレッグルが使用。女性を口説くタケシケツにどくづきして動けなくさせていた。

クロスポイズン / ぶつり技 威力70 命中100 PP20~32
急所に当たりやすい。命中した相手を10%の確率で「どく」状態にする。

初登場は第四世代。「どくタイプ版きりさく」といった性の技であり、急所率が高く、
オマケ程度ではあるがどくの追加効果もある。
特性スナイパードラピオンが使えば、思いがけない突破を生むことも。
ただ、素の威がなく、どく技自体弱点を突きづらいこともあり、対戦での人気はいま一つ。

ヘドロばくだん / とくしゅ技 威力90 命中100 PP10~16
命中した相手を30%の確率で「どく」状態にする。

金・銀から追加された。どくタイプの特殊力技補。
それまでのどく技が最大でも60のヘドロこうげきであったため、名前からし上位互換
追加効果の発動率も30%と高めでヘドロばくだんをギリギリで耐えられた!と思ったらどくに侵されてバタンキュー…が期待できる。

ヘドロウェーブ / とくしゅ技 威力95 命中100 PP10~16
命中した相手を10%の確率で「どく」状態にする。

ブラック・ホワイトで初登場。ヘドロばくだんより僅かに威が高いが追加効果には期待できない。
ダブル・トリプルでは敵味方問わず攻撃する点で異なる。
味方はどくポケモンやはがねポケモンにするなど、味方巻き込み技の中では一工夫必要な技。

特性ちからずくのニドキングニドクインに採用される。

アシッドボム / とくしゅ技 威力40 命中100 PP20~32
命中した相手の特殊防御を2段階下げる。

ブラック・ホワイトで初登場。威は40と低めだが相手の特防を確実に2段階下げる。
な補助技としても十分な2段階下げに加え、威までついているのでなかなかお得な効果である。
第5世代ではドククラゲが使いその火力を底上げしていた。

クリアスモッグ / とくしゅ技 威力50 命中--- PP15~24
命中した相手の能力変化を0に戻す。使ったポケモンの命中率、相手の回避率に影響されず、絶対に命中する。

ブラック・ホワイトで初登場。類似の技に「くろいきり」があるが、こちらはついでにダメージも与える。
積み崩しに優秀で、必中であるため回避を上げられても関係ない。
しかしはがねタイプに効かず、みがわりにも

ベノムショック / とくしゅ技 威力65 命中100 PP10~16
相手が毒状態の時、2倍の威力で攻撃できる。

ブラック・ホワイトからの新技のひとつ。
通常では使うに値しない威しかないが、相手がどく(もうどく)状態だと一転、
ダストシュートを上回る威130タイプ一致で威195)の大技と化す。
どくびしと特に相性がいいが、どくタイプの相性的な貧弱さから通常はあまり使いやすいとはいえないが、第7世代になって登場したドヒドイデならば高い耐久と、毒状態の相手に対して必ず急所に当たる特性ひとでなし」を持つため、威195(一致297)のワザとして使用できる。

どくどく / へんか技 命中90 PP10~16
相手を「もうどく」状態にする。
(第6世代以降)使用者が「毒タイプ」なら相手に必ず当たる。

まさにどくタイプを代表する補助技。
「もうどく」とは、ターンが終わるごとにダメージを受ける状態異常で、しかもターン
経過するたびに受けるダメージは最大HPの1/16、2/16、3/16・・・と増加する。
耐久が相手をもうどく状態にして尽きるまでねばったりするのに使われる。耐久自身がこのどくどくに弱い場合が多い。

初代から第7世代まで長い間わざマシンが存在し、ほぼ全てのポケモンが覚えられたことからどくタイプに限らず耐久に広く普及していた。
使用者がどくタイプである必要は全くないため不一致で使われることの方がかに多く、それを憂慮してか第6世代からはどくタイプのポケモンが使用すると必中になった。相手がを掘ってもを飛んでも当たる。タイプ一致どくどく使用時は特性ノーガード」と同じ効果になると考えて良い。

第8世代でついにわざマシンラインナップから除外され、どくタイプ以外のポケモンは一部を除いて覚えることができなくなった。しかし、同時にメノクラゲ系列やウツロイドなど、どくタイプでありながらこの技を使えなくなったという事態も起きている。

どくびし / へんか技 PP20~32
相手の足元にどくびしをばらまく。ポケモンが交換されるときに踏んだ相手を「どく」「もうどく」にする。

撒き物系技の1つ。
一度ばら撒けば場に出てきたポケモンを次々に「どく」状態に、二度撒けば「もうどく」状態になる。
が元から効かないポケモンや浮いているポケモンに効果はない。
ダメージ蓄積のパフォーマンスは非常に優秀だが、効化するポケモンがあまりに多いのが難点。

ポケモンの数が多い方が状態異常に出来る相手も多くなるため3vs3より6vs6で重宝する技。
どくびしを使った時点で場にいるポケモン毒状態に出来ない。
また、どくびしを相手のどくタイプが踏むと除去されるので注意。

とける / へんか技 PP20~32(第5世代までは40~64)
自分の防御を2段階アップさせる。

自分の体をドロドロにして打撃に強くなれる技。あまりどくタイプらしくはない。
初代ではヘドロポケモンベトベトンみずタイプシャワーズがこの技を覚える。
最近ではタマゴグループ「ふていけい」に属するマグマッグユニラン
ヒトモシバニプッチフリージオが覚える…って、ロウソクアイスが溶けて大丈夫なのか?

とぐろをまく / へんか技 PP20~32
自分の攻撃・防御・命中率を一段階ずつアップさせる。

ブラック・ホワイトで初登場した高性な積み技。「ビルドアップ」「のろい」「つめとぎ」の上位互換
アーボックジャローダシビルドンといったもしくはそれに類する外見をもつポケモンが使える。
シナリオ攻略ジャローダのこの技にお世話になった人も多いはず。
ちなみに「塒を巻く」という言葉には「ある場所にを据えて動かなくなる」という意味もある。
命中率の上がった「へびにらみ」や「ドラゴンテール」といった技を軸に言葉通りに居座られる姿は、相手からすると面倒な事この上ない。

トーチカ / へんか技 PP10~16
敵の攻撃を防ぎ、接触攻撃をしてきた相手を「どく」状態にする。連続で出すと失敗しやすい。

サン・ムーンで追加されたドヒドイデ専用技
まもる」同様相手のあらゆる攻撃を筆ぎ、直接攻撃をしてきた相手に「どく」を与えることができる。

理屈の上では「まもる」の上位互換技であるが、他にまひやねむりを使用する仲間がいる場合や、自分で「どくどく」を使いたい場合などは追加効果が邪魔になってしまう時もある。
直接攻撃を体とする相手には実質ターン消費しで「どく」を与えることができ、その後はそのままこの技でターンを稼げるという自己完結した技であるが、非接触攻撃相手にはどくを付与出来ないため「どく」撒きをこのワザだけに頼ると安定しない。

最終進化系 種族値表

ポケモン


1



2

H
P












フシギバナ くさ どく 80 82 83 100 100 80 525
スピアー むし どく 65 90 40 45 80 75 395
アーボック どく - 60 95 69 65 79 80 448
ニドクイン どく じめん 90 92 87 75 85 76 505
ニドキング どく じめん 81 102 77 85 75 85 505
ラフレシア くさ どく 75 80 85 110 90 50 490
モルフォン むし どく 70 65 60 90 75 90 450
ウツボット くさ どく 80 105 65 100 60 70 480
ドククラゲ みず どく 80 70 65 80 120 100 515
ベトベトン どく - 105 105 75 65 100 50 500
ベトベトン
アローラ
どく あく 105 105 75 65 100 50 500
ゲンガー ゴースト どく 60 65 60 130 75 110 500
マタドガス どく - 65 90 120 85 70 60 490
マタドガス
ガラル
どく フェアリー 65 90 120 85 70 60 490
アリアドス むし どく 70 90 70 60 70 40 400
クロバット どく ひこう 85 90 80 70 80 130 535
ハリーセン みず どく 65 95 75 55 55 85 430
ドクケイル どく むし 60 50 70 50 90 65 385
マルノーム どく - 100 73 83 73 83 55 467
ハブネーク どく - 73 100 60 100 60 65 458
ロズレイド くさ どく 60 70 65 125 105 90 515
スカタンク どく あく 103 93 67 71 61 84 479
ドラピオン どく あく 70 90 110 60 75 95 500
ドクロッグ どく かくとう 83 106 65 86 65 85 490
ペンドラー むし どく 60 100 89 55 69 112 485
ダストダス どく - 80 95 82 60 82 75 474
モロバレル くさ どく 114 85 70 85 80 30 464
ドラミドロ どく ドラゴン 65 75 90 97 123 44 494
ドヒドイデ どく みず 50 63 152 53 142 35 495
エンニュート どく ほのお 68 64 60 111 60 117 494
ウツロイド いわ どく 109 53 47 127 131 103 570
アーゴヨン どく ドラゴン 73 73 73 127 73 121 540
ストリンダー でんき どく 75 98 70 114 70 75 502
(「プラス
マイナス」発動時)
75 98 70 173~
197
70 75 561~
585
オオニューラ かくとう どく 80 130 60 40 80 120 510
ハリーマン あく どく 85 115 95 65 65 85 510
タギングル どく ノーマル 63 95 65 80 72 110 485
ブロロローム がね どく 80 119 90 54 67 90 500
キラフロル いわ どく 83 55 90 130 81 86 525
ドオー どく じめん 130 75 60 45 100 20 430
テツノドクガ ほのお どく 80 70 60 140 110 110 570
均(禁止級・メガシンカ除く) 79 86 77 83 83 79 488
メガフシギバナ どく くさ 80 100 123 122 120 80 625
メガスピアー むし どく 65 150 40 15 80 145 495
メガゲンガー どく ゴースト 60 65 80 170 95 130 600
均(禁止級除く・メガシンカ込み) 78 88 77 84 84 82 493
ムゲンダイナ どく ドラゴン 140 85 95 145 95 130 690
均(全て含む) 79 88 78 86 85 83 498

どくポケモン全表

図鑑別

カントー
(No.001151
0001 フシギダネ
0002 フシギソウ
0003 フシギバナ
0013 ビードル
0014 コクーン
0015 スピアー
0023 アーボ
0024 アーボック
0029 ニドラン♀
0030 ニドリーナ
0031 ニドクイン
0032 ニドラン♂
0033 ニドリーノ
0034 ニドキング
0041 ズバット
0042 ゴルバット
0043 ナゾノクサ
0044 クサイハナ
0045 ラフレシア
0048 コンパン
0049 モルフォン
0069 マダツボミ
0070 ウツドン
0071 ウツボット
0072 メノクラゲ
0073 ドククラゲ
0088 ベトベター
0089 ベトベトン
0092 ゴース
0093 ゴースト
0094 ゲンガー
0109 ドガース
0110 マタドガス
ジョウト
(No.152~251
0167 イトマル
0168 アリアドス
0169 クロバット
0194 ウパーRFp
0211 ハリーセン
0215 ニューラRFh
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
ホウエン
(No.252~386)
0269 ドクケイル
0315 ロゼリア
0316 ゴクリン
0317 マルノーム
0336 ハブネーク
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
シンオウ
(No.387~493)
0406 スボミー
0407 ロズレイド
0434 スカンプー
0435 スカタンク
0451 スコルピ
0452 ドラピオン
0453 グレッグル
0454 ドクロッグ
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
イッシュ
(No.494~649)
0543 フシデ
0544 ホイーガ
0545 ペンドラー
0568 ヤブクロン
0569 ダストダス
0590 タマゲタケ
0591 モロバレル
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
カロス
(No.650~721)
0690 クズモー
0691 ドラミドロ
アローラ
(No.722~809)
0747 ヒドイデ
0748 ドヒドイデ
0757 ヤトウモリ
0758 エンニュート
0793 ウツロイド
0803 ベベノム
0804 アーゴヨン
ガラル/ヒスイ
(No.810~905)
0848 エレズン
0849 ストリンダー
0890 ムゲンダイナ
0903 オオニューラ
0904 ハリーマン
パルデア
(No.906~)
0944 シルシルー
0945 タギングル
0965 ブロロン
0966 ブロロローム
0969 キラーメ
0970 キラフロル
0980 ドオー
0994 テツノドクガ

タイプ別

どくのみ

アーボ アーボック ニドラン♀ ニドリーナ ニドラン♂ ニドリーノ
アーボ アーボック ニドラン♀ ニドリーナ ニドラン♂ ニドリーノ
ベトベター ベトベトン ドガース マタドガス ゴクリン マルノーム
ベトベター ベトベトン ドガース マタドガス ゴクリン マルノーム
ハブネーク ヤブクロン ダストダス ベベノム
ハブネーク ヤブクロン ダストダス ベベノム

どく/ノーマル​

シルシルー タギングル

どく/ほのお

ヤトウモリ エンニュート テツノドクガ

どく/みず

メノクラゲ ドククラゲ ハリーセン クズモー ヒドイデ ドヒドイデ
メノクラゲ ドククラゲ ハリーセン クズモー ヒドイデ ドヒドイデ

どく/でんき

エレズン ストリンダー
ハイ (ロー)
エレズン ストリンダー(ハイ) ストリンダー(ロー)

どく/くさ

フシギダネ フシギソウ フシギバナ メガフシギバナ ナゾノクサ クサイハナ
フシギダネ フシギソウ フシギバナ メガフシギバナ ナゾノクサ クサイハナ
ラフレシア マダツボミ ウツドン ウツボット ロゼリア スボミー
ラフレシア マダツボミ ウツドン ウツボット ロゼリア スボミー
ロズレイド タマゲタケ モロバレル
ロズレイド タマゲタケ モロバレル

どく/かくとう

ニューラ
(ヒスイ)
グレッグル ドクロッグ オオニューラ
グレッグル ドクロッグ

どく/じめん

ニドクイン ニドキング ウパー
パルデア
ドオー
ニドクイン ニドキング ウパー(パルデアのすがた)

どく/ひこう

ズバット ゴルバット クロバット
ズバット ゴルバット クロバット

どく/むし

ビードル コクーン スピアー メガスピアー コンパン モルフォン
ビードル コクーン スピアー コンパン モルフォン
イトマル アリアドス ドクケイル スコルピ フシデ ホイーガ
イトマル アリアドス ドクケイル スコルピ フシデ ホイーガ
ペンドラー
ペンドラー

どく/いわ

ウツロイド キラーメ キラフロル
ウツロイド

どく/ゴースト

ゴース ゴースト ゲンガー メガゲンガー
ゴース ゴースト ゲンガー メガゲンガー

どく/ドラゴン

ドラミドロ アーゴヨン ムゲンダイナ
ドラミドロ アーゴヨン ムゲンダイナ

どく/あく

ベトベター
(アローラ)
ベトベトン
(アローラ)
ハリーセン
(ヒスイ)
スカンプー スカタンク ドラピオン
スカンプー スカタンク ドラピオン
ハリーマン

どく/はがね

ブロロン ブロロローム

どく/フェアリー

マタドガス
ガラル
マタドガス(ガラル)

関連項目

ポケモンのタイプ一覧
ノーマルタイプ ほのおタイプ みずタイプ でんきタイプ くさタイプ こおりタイプ
かくとうタイプ どくタイプ じめんタイプ ひこうタイプ エスパータイプ むしタイプ
いわタイプ ゴーストタイプ ドラゴンタイプ あくタイプ はがねタイプ フェアリータイプ

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

どくタイプ

934 ななしのよっしん
2022/05/22(日) 10:01:21 ID: 5a9Hh2QGnQ
フリドラみたいに系の技は鋼に抜群取れるようにしてくれー
👍
高評価
0
👎
低評価
0
935 ななしのよっしん
2022/05/29(日) 01:46:57 ID: ZAz59uOnRW
>>934
自分もアシッドボムを初めて見た際「鋼に有効」か「火傷させる技」かと思ったわ。
(実際の効果は防御減少、まあ腐食してボロボロというイメージだと思うが。)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
936 ななしのよっしん
2022/09/28(水) 17:21:05 ID: KOXX7FClpi
九世代から→鋼は効⇒いまひとつにしてほしい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
937 ななしのよっしん
2022/11/13(日) 09:46:25 ID: 2l++eRWPoY
>>932
その理屈だと鍛えてない一般人(ノーマル)の方が……
と思ったが、それだと飛行タイプとか手も足も出ないはずなんだよな……?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
938 ななしのよっしん
2022/11/19(土) 22:54:07 ID: dasVAGmvo+
新顔が地面4倍祭り
👍
高評価
0
👎
低評価
0
939 ななしのよっしん
2022/11/30(水) 15:36:44 ID: PKWdt8mNIF
って実質地面しか弱点ないしテラスタルにしたらかなり強い耐性な気がする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
940 ななしのよっしん
2022/11/30(水) 18:22:21 ID: Vi7ezDLf0J
は、鋼相手もある意味弱点… は攻撃面マイナー気味だけど鋼と結びつかれると大変よ 
鐸は出てくるけどつくづくグロスめいた新顔いなくて良かったなって 
まだリーグバッヂ六個の段階だから見てないだけの可性もあるけどさ 

じぇるるっぷと同タイプの新人ちゃん元生物/現なんじゃろな 
希少な岩特殊アタッカーだからどうにか使いたいけど特性がなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
941 ななしのよっしん
2022/12/09(金) 12:32:54 ID: RR2dLSbE2M
新人ちゃんはなんなんだろうな、固着性動物+有鉱物って所だろうか?
進化前はかなり分かりやすく「幼体」って感じしてるからモチーフになった生物はいると思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
942 ななしのよっしん
2023/02/03(金) 07:53:07 ID: 9Bbmzrr7jV
胆礬と植物だよ
特に胆礬なんか性と通常、色違いがそのまんま
👍
高評価
0
👎
低評価
0
943 ななしのよっしん
2023/02/04(土) 19:21:12 ID: Vi7ezDLf0J
>>942 
遅くなったけど情報ありがてえ たんばんことカルカンサイトが元かあアイツら 
今のところ先発適正高めとは聞いてるけど「コイツらの仕事はくだけることだからな」みたいな働きぶりで出そうだわ(出るとは言っていない) 

ところで「たんばこぞう」っていそうじゃないかって(キラースピン
このキラースピンももすこし性盛られて良いんじゃねえかなあと思わなくもなかったり 
よりにもよってCの高さウリなのに低威物理技ってあんまりだよ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0