変態に技術と資金と時間を与えた結果が(ry単語

ヘンタイガボウソウシタケッカガコレダヨ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

もしかしなくてもアーマード・コアⅤ

概要

2011年12月16日配信の「ARMORED CORE Ⅴ ~FULL BURST~」の動画で付けられたタグ元ネタは「変態に技術を与えた結果がこれだよ!」である。
本来は「変態に技術と資と時間を与えた結果がこれだよ!」と書くべきだが、長すぎてタグ文字数制限に引っかかるため途中で略されている。

注意書き

このニコニコ大百科では、それらアーマード・コアⅤの新要素を出来る限り紹介するページとなっている。
~が、記事の名前のごとく、えげつない量になっているので暇があるときにゆっくり読みましょう。
 

また、記事内容のほとんどが、アーマード・コアⅤ発売前に、公式発表を元にしてACファンの方々が期待と希望に胸を膨らませながら執筆したものです。よって実際のゲーム内容と異なる可性があります。

詳しい経緯

フロム・ソフトウェア(以下、フロム)は大百科当該記事の通り、製品に対する尋常ならぬ作り込みと斜め上を行く発想、そしてその出来栄えで「変態」と褒められる程度の、わりかし普通中堅ゲーム制作会社である。
本来は2010年末に看シリーズ最新作である「アーマード・コア5」をリリースする予定だったが、ほぼマスターアップ直前であろう、際の際のタイミングバンダイナムコゲームス(以下、バンナム)がとある一言を引っ提げて現れた。

世界ビッグタイトルを作ってみないか”

バンナムゲーム業界における先人であり、また「Another Century's Episodeシリーズコラボするなど、かねてより親交が深かった。いわば兄貴分といっていいだろう。
その兄貴から「大量の予算」「バンナムを仲介しての海外販路」「口出し一切なしに近い制作体制」というあまりにもフロム優位な提案がなされた。結果、フロムはこれを承諾する。

そうして、企業(と言う名の軍資)を得たフロムは「アーマード・コア5」の発売を保留。企画部長こと鍋島俊文プロデューサーを筆頭とするチームによって、2年の発売延期の中で更に進化を遂げることとなる。そうして製作された「アーマード・コア5」は「アーマード・コア」と名を変え、当初予定していたものをはるかに上回る大ボリュームの作品となったのである。

コンセプト

要素

アクション・アセンブル

シングルプレイ

異なる時間軸の、共通の世界観にある2つの物語プレイできる。
ストーリーミッション』と『オーダーミッション』に分かれるが、同時並行で攻略できる。

この2つだけでも圧倒的なミッション数である。
これに加え、マルチプレイでは独自の要素をプレイできる。

マルチプレイ

その他

比較

……と、このように数多くの要素が盛り込まれた「アーマード・コアⅤ」であるが、これが「アーマード・コア5」からどれほど増量されたのか。
以下に、その変化した内容を大雑把にだが較してみた。

アーマード・コア5時点の要素 アーマード・コアⅤの追加要素
確定情報(追加されたと明言された情報
シングルプレイ
シングルモード →「ストーリーミッション」として採用
  オーダーミッション 総数80
マルチプレイ
プレイヤーマッチ形式 →簡易交流戦として導入
  チームシステム
直観的なチームコミュニケーション方法
  領地ミッションによる攻防
  領地カスタマイズによるタワーディフェンスゲーム
  ペレーターによる
  巨大兵器討伐、エクストラミッション
  チームへの傭兵稼業
  WebサイトACOP」、スマートフォンとの連携
アセンブル関連
決戦兵器オーバードウェポン →同仕様
較不確定情報
機体グラフィックAC4ACfAですら旧世代ハードと思わせる作りこみ
動作ギミックはさらに複雑化。劇中では自分では見えない部分までの作りこみ
デカールは最大10枚、各128レイヤーACfAではレイヤー数16)
そんな機をジオラマに鑑賞できるガレージ、ガレージカスタマイズ
武器の進化進化済み武器の流通システム

……え?アーマード・コアⅤ」って「5」の上位互換なんじゃね?という読者もいるだろうが、そう、その通り。

そのあまりの作りこみに、制作途中でのお披露となったUstream生放送ではその突き抜けた完成度の高さに「フロム変態」という書き込みが多数寄せられた。
その中に映る映像はどれも世界観に沿っていながらロボットファン欲望浪漫を満たすどころか更に掻き立てる魅的な内容ばかり。
特に、「5」以来、足掛け2年もの間、名前だけしか紹介されなかった「オーバードウェポン」の存在感はもちろん、それらを演出するゲーム性はアクションゲームにとどまらないやりこみ性を予感させるものであった。
そして何より、ファンの要望・希望といったものの多くを実現したことを嬉々として鍋島プロデューサーの姿にファンたちの感情が迸った。

……というのが、本タグ成立の経緯。

最後に

フロムは元々「技術は持っている変態」なのだが、バランスデバッグ等の調整不足が立つことも多かった。
だが、バンナム支援を受けて、シリーズとしては異例の予算と開発期間を与えられたアーマード・コアⅤは、
技術ある変態大量の資十分な時間を与えたらどうなるか」の答えと言えよう。
フロム変態企業からオーバード変態企業パワーアップしたのである。
後述の関連動画一覧していただければわかると思うが、従来シリーズの3倍は優にえるボリュームで、クリア専門ゲーマーでさえ、コンプリートするのは相当なであることがうかがい知れる。
そんなゲームが定価7,800円台である。本当にちゃんと黒字を出すのか不安。そんな気持ちを抱かせる完成度にはまさしくこのタグが相応しいだろう。

締めとして、鍋島プロデューサーインタビュー内容から、本作への意気込みを感じて欲しいと思う。

( ´鍋`)

1年前に発表した5にもしっかりしたコンセプトがあったが、シングルプレイ体で、オンラインでの対戦がおまけについているような……最新作として考えた時にまだ従来の延長線上にある部分が大きかった

会社の看シリーズとしてこれで良いのか、そういう意見がある中で時間や資を頂くことができ、そういった今まで盛り込めなかった内容に挑戦する展望を持つ事ができた。
冒険的な要素に関しては自身も『クロムハウンズ』等で感触をつかんでいた事から、マルチプレイ体のデザインになることはチームの中でもが多かった。その上で、単にアクションが上手いからというだけでしか楽しめないというのではなく、シリーズファンはもちろん、このゲームが好きでやってくれている人に向けて、アクション以外の遊び方や楽しみ方を提示したいとも思った。

開発チームメンバーや、クローズβテストに参加してくださった皆様の意見を多いに反映させ、結果的にこのような形……まさに「プレイヤーを24時間アーマード・コアⅤ漬け」にするような作品が出来たと思いますので、是非楽しんでもらいたいです。 

関連動画

このタグが付いた経緯を読者にも体験していただくべく、できれば、USTREAMアーカイブにてexit高画質版を視聴して頂きたいところだが、忙しい人向けということで、生放送内容のあるニコニコ動画を紹介させていただく。
時系列に並んでいるので是非上から順番にご視聴して頂くことをお勧めする。

↓の動画がお披露されたのち、丸1年の沈黙。

↓音沙汰なしの一年間からの不意討ち、むせる

↓初の生放送でのお披露男の子ホイホイ

高橋ドミナントによる実演、オペレーターモードの追加で戦争は変わった

↓4種の脚部紹介、作り込まれた細部のギミックに注

PV完全に実写だったせいでニコニコランキング1位入り。

クローズド・βテストの模様。

↓領地防衛関連の話、TD系ゲームホイホイ

βテスト後の発表、エクストラミッションの全貌。

↓全段発射!変態に技術と資と時間を与えた結果がこれだよ

↓「残弾確認」・・・って、ちゃっかり収録時間3時間オーバーじゃないですかやだー!

関連商品

予約特典である特製ヘッドセットAmazonでは売り切れだが、量販店では取り扱っているところもあるので是非。ちなみに、このヘッドセットは特注品で、小さいながらノイズ除去効果に優れた逸品ものであることを追記

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%89%E6%85%8B%E3%81%AB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A8%E8%B3%87%E9%87%91%E3%81%A8%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%92%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%81%9F%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%8C%28ry

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

変態に技術と資金と時間を与えた結果が(ry

120 ななしのよっしん
2013/09/22(日) 11:08:27 ID: baiQHWSyzU
流石に記事盛り過ぎだろう。
オフライン周りは「大ボリューム」が聞いてあきれる出来。
オフミの数なんて似たり寄ったりの雑魚全滅ステージ+アリーナ一緒にした上での
ものでしかなかったし、
4系からするとストーリー性が著しく減退してる。
オンも回線もそうだし肝心の領地戦のシステムアレだった。

更に不味かったのは延期しつつ大風呂敷広げまくった宣伝打ち過ぎたこと。
それで20万本も売っちゃったんだから、そりゃ値段も下がるってもんだ。
121 .
2013/09/25(水) 16:08:48 ID: 2OvxFobjFs
Ⅴの宣伝攻勢のせいで、今までAC興味なかった人も
そこそこ買ってやったと思うんだよな
友達と一緒にやってみよう」と軽い気持ちで買った人とか
そういう人達は悉くアンチ化したと思う

まあジョジョASBべれば大分マシだな
122 ななしのよっしん
2013/10/15(火) 19:50:36 ID: a/Yt1w7G70
一方VDは一気に名誉挽回しました

なおおっさんテーマ
123 削除しました
削除しました ID: sNerKUVYGI
削除しました
124 ななしのよっしん
2013/10/22(火) 12:52:01 ID: vZUb9rjV0H
それでも70000か
125 ななしのよっしん
2014/04/13(日) 13:19:50 ID: RgJoHxSkEa
Vで気になった点の大半がVDで修正されてたし
V自体も4やfAべて初心者がついて来やすいゲームスピードになってたし。
焼き直し乱発してばかりのメーカーばかりの中で
数少ない今後に期待できるメーカーだと思う。

126 ななしのよっしん
2014/10/04(土) 12:22:29 ID: ewL2qWLB8Y
VDの予習でVを買ってやったがストーリーのボリュームは満足した
エスコン6を思い出すね
127 ななしのよっしん
2014/12/30(火) 22:20:46 ID: UiE7uNEsNG
前々から興味はあったシリーズ中古が安かったから買ってみたけど割と普通に楽しめたよ
128 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 20:01:14 ID: kqkYu7c/yx
>>sm9585741exit_nicovideo


沈黙する前のPV
129 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 19:24:59 ID: HS8swaoUuk
今更ながらプレイしました。
批判されてるより面く感じました。
4シリーズプレイしましたけど自分はこっちのミリタリー色の強い方に心を惹かれました