大都会(テレビドラマシリーズ)単語

ダイトカイテレビドラマシリーズ

1.2万文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

1977年東京都。人口1168万、警視庁警察官4万267人、犯罪発生件数20万9千件、犯罪検挙率88
大都会PART2・OPよりー

大都会(テレビドラマシリーズ)とは、1976年から1979年にかけて石原プロモーション制作した刑事ドラマである。

概要

放映は日本テレビ系列で行われ、全3部制作されたが登場人物が同じであっても直接的な繋がりがなく、作もそれぞれ異なるのも特徴である。シリーズ一作脚本家倉本が原案とメインライターを手掛けたハード社会ドラマであったが、二作以降には参加せず、同一シリーズとは思えないほどに作が変貌したのである。

すでに日本テレビ系列では「太陽にほえろ!」が放映されていたが、差別化を狙っていたのか刑事ドラマ王道とは少々異なる作になっている。第一作はどちらかと言えば刑事の周辺にかかわる人間描写を中心にすえ、第二作ではアクションと軽妙なアドリブを駆使し、また現実に起きたその当時における直近の事件や猟奇殺人など実験作的なものが多く存在した。第三作にいたってはテレビ限界を余裕でえたカーアクションが注された。また、「太陽にほえろ!」では石原裕次郎が強存在感を放っていたのに対して、大都会シリーズ渡哲也を前面に押し出したものとなっている。

西部警察」は大都会シリーズの直接的な後継作品にあたり、放映局こそ違えど各種フォーマットはほとんどスライドしている。(この経緯については「西部警察」の記事も参照することを推奨)

1980年代は頻繁に再放送をされていたが、西部警察ともども過な内容(特にPART3)ゆえに1990年代以降は再放送の機会に恵まれず、長らく幻の作品と言われていたが、2009年からCS日テレプラス再放送が開始された。そしていよいよ2012年に念願のDVD化がなされた。

2016年4月期の編により、BS11で『大都会シリーズ』の一挙放送が開始される。4月5日より毎週火・水曜日19時から放送されており、7月20日からはPARTIIの放送がスタートした。
そして2016年10月期の編により、放送が火~金曜日に拡大されることになった。10月4日放送の第20話「狙われる」より週4回の放送となり、2017年2月まで放送された。
なお、地上波べると若干規制の緩いBS波での放送ではあったが、一部の描写(放送自粛女性のヌード写真等)に修正(音消し・ぼかし)を加えられており完全版での放送ではない。

大都会 闘いの日々

記念すべき第一作である。

舞台暴力団専従班と言われる捜4課であり、その内容も刑事ドラマというよりは黒岩やその周りを中心とする人間ドラマであった。この際、石原裕次郎新聞記者であった。黒岩はやくざに強姦された経験があったり、登場人物に陰のあるものがあったりと、全体的に重苦しい雰囲気となっている。また、事件が解決しても救われない結末であったり、核心に攻められなかったりと見てすっきり出来る内容ではなかった。

玄人筋の評価は高かったが、刑事ドラマといえばアクションという潮にあって、見ていてカタルシスを感じづらい作はあまり受け入れられず半年ちょっとで終了となった(3クールへの延長が内定していたが、結局視聴率不振を理由に打ち切り)。なお、この作品で神田正輝俳優デビュー寺尾聰小野など大都会シリーズでその後レギュラーとなる人物が登場する。

大都会・闘いの日々の登場人物

(執筆中)

大都会PART2

大都会 闘いの日々」の終了から8ヶ後に放映された今作は前作とは打って変わって、アクションを前面に押し出し刑事ドラマ王道を踏んでいったが、シナリオ面では独自色をだし、現在でいう所のストーカーなど様々な犯人描写をしていった点が特筆され、文化庁芸術祭の表を受けた事もある。また大都会パート2のエピソードプロットとした後発の刑事ドラマも多く制作された。また刑事ドラマと言えば殺人事件からの捜というのが定番であるが、直接的に犯人側から殺人をしなかった回も存在した。

登場人物は前作とは名前が一緒でもその性格が異なっていたりと、実質設定がリセットされている。黒岩西署の一刑事として書かれており、レイバンのサングラススポーツ刈り・の上下・場におけるバーバリーのトレンチコートなど、後の大門に通じるファッションスタイルが既に完成されている。彼の人物像もPART3や西部警察大門のような完璧超人ではなく巡査部長なりたてであり、有能ではあるがどこか感情が先んじてしまう人物像となっている。

引き続き石原裕次郎渡哲也ダブル演であるが、この作品においては松田優作が登場している事でも有名である。後の「探偵物語」にも通じるアドリブを利かせた軽妙なセリフなどが見られ、緊感漂うハードドラマの中にありながらも視聴者がクスッとしてしまうような場面が人気となった。これらの要素をもって、今なお刑事ドラマの中でも屈傑作と言われる事がある。なお、この作品では石原裕次郎医者となった。

大都会PART2の登場人物

関連人物が多いので、それぞれに項を分けて紹介する。殉職者は赤字で示す。

城西署関係の人物

 渋谷病院の面々

その他の人物(演者や代表的な犯人など)

大都会PART3

PART2の終了から半年の充電期間を置き、PART3へ突入した。登場人物は概ね踏襲されているものの、各々の性格がかなり荒々しいものに変化した。PART2後半より過になった内容はさらにレベルアップし、おおよそテレビレベルを越えたハードアクションは今持ってとなっている。番組の雰囲気もより明朗快活なものとなり、湿っぽさが一切排されている。悪党が非常に悪なので仕方ないが殴る蹴るは当たり前で、回を追うに従って犯人は基本射殺が多くなるという現代の基準からすれば放送禁止レベルな過な描写ゆえにこの20年ほどは再放送恵まれなかった。

全体的にアメリカ映画を意識したとされ、黒岩の使う武器ライフル、そしてショットガンと過なものとなっていった。パトカーサイレンも従来からのいわゆる「ファンファンサレン」ではなくアメリカパトカーに見られるタイプ(「ヒュンヒュンサイレン」と言われる事も)となり、細かい所も意識している。

カーアクションは最高潮を迎え、大通りから住宅街までお構いなしのハードなものとなっている。当局のツッコミにより都心部でのカーチェイスを縮小せざるを得なくなった後期の西部警察べると、洗練こそされていないが面味はそれ以上と言うもある。

大都会PART3の登場人物

西署捜課の面々について、PART3から「黒岩軍団」の渾名が付けられるようになった。なお、殉職者は全話通じて出てきていない(出演者が怪をして長期離脱した事はあった)

使用車両

一般的に石原プロ関係で自動車と言う場合は日産中心と言うイメージが強いが、車両提供についたのはPART3からであった。実際、PART2ではトヨタ・クラウンなどの日産以外がパトカー用などで登場しており、また渋谷病院救急車トヨタハイエースを使用していた。しかし、「栄光へ5000キロ」などでつながりが強かったのでスポンサーでなくとも、日産率は高かった。

当初はいわゆる130セドリックパトカーとして使用されていた。捜課用の覆面パトカーは初期のものは交通取り締まり用のものと同じ反転式を採用していたが、大都会PART2中盤ではマグネット式を採用した。後半においてはフォグランプ付きの230が登場し、130セドリック×1と230セドリック×2の体制となって行った。PART2ではまだ日産の協がなかったので破壊用として使用する日産130セドリックの他にも3代クジラこと4代トヨタ・クラウンになる事もあった。ごく稀にタテグロことA30グロリアが使用される事があった。230セドリックの1台はインパネにインケーターのようなものがあり、タクシーグレードである事から教習車ベースである可性がある。

大都会PART3においては覆面用のパトに330セドリックが導入された。2台が導入され、1台はDXミラーがスチール製なのが特徴である。もう1台はGL-Eでフェンダーミラーがプラ製なのが特徴である。そしてPART2より続けて使用している230セドリックの3台体勢となった。これらの覆面パトカー西部警察でも引き続き使用されたが、DX330は予備のような感じでそれほど多く登場しなくなった。一方、GLの方は所謂団長セドリックとしてかなり後年まで使用、西部警察PART2の時代まで使用された。また、制服仕様パトカーPART3より散警光灯が採用された。この当時(1978年頃)は現実警察での採用はされておらず、一般的には1式であったが、これ以降現実警察でも採用される事が多くなってきた。なお、散警光灯は移動などで取り外しをする手間があった為、体に直接取り付けるタイプではなく、キャリア状のものに乗っける格好を取っていた。論、従来の1式も存在していたが、お値段もお値段なのか、潰されるは決まって一式のものがほとんどであった。お約束ではあるが、PART3では当時の現行モデルである330セドリックが次のカットでは230セドリックに変わる場面が多かった。破壊用のこれらのタクシー教習車上がりのものであり、低グレーであった。230同士ならまだしも330から230ではボディラインが違いすぎるので「あっ…(察し」と当時の視聴者が思ったとか思わなかったとか。

渋谷病院用の救急車は前述の通り、トヨタ・ハイエースが使用されていたが、PART3ではキャラバンに変更となった。このキャラバン西部警察においても引き続き使用された。なお、ハイエースはその後西部警察に入ってから、爆破された。

この他、黒岩の自として登場した前期ジャパンスカイライン犯罪者用のとしても登場したり、色々と活躍し、西部警察の時代まで使用された。なおこは撮ナンバーをつけているケースが多くなく、凝らして見るとおそらくこのの本当のナンバーである「多摩57 ? 86-16」がちょくちょく見受けられる。[2]

もう一台同じように犯人810ブルーバードがある。

その他もろもろ

関連商品

関連項目

脚注

  1. *松田タバコは1日100本のチェーンスモーカーであったが、大都会パート2撮中は渡は禁煙していた為、松田もそれに合わせて1日15本にまで減らした。また劇中においては29話「17番ホールの標的」において、検事の井上演ずる土屋嘉男のラストセリフに対して、渡への侮辱と勘違いし、本当に殴ってしまった。また西部警察最終回犯人役を依頼された際も、演技であっても渡を殺すのはびないと固辞したほどである 。
  2. *多摩ナンバーは石原プロのある調布市での登録を意味している
  3. *俳優名は「永野」とテロップされている。
  4. *サントラに未収録と思われる楽曲は実は他の番組からの流用である可性が非常に高い。大都会シリーズで使用される効果音ブリッジ曲はルパン三世西部警察に限らず、あぶない刑事大江戸捜査網アニメではアンパンマンキャッツアイなどで聴く事が出来る。
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/05(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/05(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP