ジャパンカップ単語

ジャパンカップ

6.0千文字の記事
掲示板をみる(198)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジャパンカップJapan Cup)とは各種スポーツの大会名である。
名を使用することは日本の威信にも関わるため、内のトップクラスの大会に位置することが多い。

スポーツ以外にも、コンテストスポーツを題材にしたゲームに使用される場合もある。
この記事では競馬、特に芝のジャパンカップについて記述する。

ジャパンカップが存在する(していた)競技一覧
スポーツ その他
  1. 競馬
    1. ジャパンカップ
    2. ジャパンカップダート
      (現:チャンピオンズカップ)
  2. ボウリング
  3. 女子ソフトボール
  4. 軟式野球
  5. ハンドボール
  6. 自転車ロードレース
  7. 体操
  1. エアロビクス
  2. フリークライミング
  3. スピードスケート
  4. 釣り
  5. ソフトテニス
  6. ヨット
  7. 競輪
  8. オートレース
  9. チアリーディング
  1. 紙飛行機
  2. 木造耐久
  3. エコアイデアコンテスト
  4. 桃太郎電鉄
  5. ミニ四駆

ジャパンカップ(競馬)


際招待GI競走
ジャパンカップ/JAPAN CUP
東京競馬場・芝2400m


2009年ジャパンカップ。
左から、オウケンブルースリ(2着)、レッドディザイア(3着)、ウオッカ優勝)。

毎年11月下旬頃に東京競馬場で開催される、際招待GⅠ競走である。

沿革

1970年代後半から日本競馬界で提唱された「海外に通用する強い日本で作り上げる」スローガンの一環として、1981年に創設されたレース略称は「JC」。開催競馬場と施行条件は東京優駿(日本ダービー)と同一に設定されているが、東京優駿が開催から一貫して東京競馬場で開催されているのに対し、JCは他場での代替開催だったことがある。

1990年台までは世界的にも破格の優勝を誇り、際招待で遠征費用がJRA持ちだったこと、欧州要GIが軒並み終了してオフシーズンに入ることもあり、欧凱旋門賞、北ブリーダーズカップターフなどの一流が参戦。創設当初は参戦したの数が欧州トップレースをも上回り競馬オリンピックと称された。日本国内では一線級の日本が、外の一流とは言い難いにすら敗を喫することもあり、競馬サークル内に日本競馬の質的向上への意識を大いに高めさせたといわれる。第1回で参加してきた海外勢ははっきり言って二流レベルメンバーであり、その相手にも日本は手も足も出なかった。

「向こう10年は日本は勝てないのでは」と当時の競馬サークル絶望に打ちひしがれたが、それから3年でカツラギエース死んだふり押し切り勝ちを決めた。その翌年には「皇帝シンボリルドルフ勝利したが、それからしばらくはルドルフ息子トウカイテイオー勝利するまで海外勢の後を拝することになる。90年代後半以降は、様々な外種牡馬の導入や、調教技術の発達によって、日本も外と互の戦いを見せるようになっていった。そして東京競馬場修された2003年以降、3着内に入った外2005年1着アルカセット2006年11頭立て3着ウィジャボードのみとなっている。

日本では1年の総決算として行われる有馬記念が最も馬券の売れるレースとして知られているが、世界的なレース評価は本競走の方が上で、2018年ランキングでは世界トップ10レースの1つとされている(有馬記念は13位)。日本のGIレースとしては歴史は浅い方に入るが、成立の由来故か八大競争と同格の扱いを受けており、年末のリーディングや表を受けるために「勝たなければならない競走」と位置付けられている。

1999年から世界一流レースを集め、順位に応じたポイントの合計で競うワールドレーシングチャンピオンシップの1つとなったが、2006年から現在まで開催されていない。
2002年東京競馬場修工事のため中山競馬場2200mで開催されている。
2013年ジェンティルドンナ競走馬として初めて連覇した。
2014年スイスの高級時計メーカーであり、諸外要な際GIの公式計時を務めているロンジン(LONGINES)と提携、「ジャパンオータインターナショナル ロンジン賞」として施行された。

なお、サウジアラビアキングアブドゥルアジーズ競馬場において、毎年「ジャパンカップ」と名付けられたレースが開催されている。1999年サウジアラビアロイヤルカップ東京ハイジャンプが行われたことを発端とし、その後幾度か対レースを変えつつ、現在は2歳GⅢサウジアラビアロイヤルカップ優勝杯の交換を行っている事による。

ジャパンよいとこ、一度はおいで…

2000年代から、徐々に海外の一流が集まりにくい状態になっており、当初の創立的が有名実化しつつあることが摘されている。理由としては以下のような点が挙げられる。

アーモンドアイスーパーレコード叩き出した2018年度は、掲示板内のでも例年であれば勝負になるタイムが出ていた。この展開が敬遠されてか、翌2019年はとうとう外なしの開催になってしまう。2020年新型コロナウイルス流行が重なり、来日ゼロコロナ禍が少しだけ落ち着いた2021年にようやく3頭が出走してくれた。

JRAは打開策として、東京競馬場内に際検疫厩舎の建設と、帯同にも開放されたレースを計画中。2015年度以降は賞の増額も行っている。
一方、よくファンから摘される高速馬場については「によって違いが出るのが当然」とのスタンスである。よく誤解されがちだが、競馬コースは「日本ガラパゴス化している」のではなく「世界中でそれぞれ独自のコースが整備されている」。JCだけのために特別な整備を行うのも、それはそれで不条理な話なので、JRAの判断も決して間違っていない点に留意されたし。96年から01年ごろまでは底してレース前にを撒いていたけど、その程度では駄と気づいたのだろう

世界の主な高額賞金レース(2022年)

2014年当時の1着賞は2億5000万円と内最高額、世界でも5番の高額賞レースだった。2015年以降はこれに5000万円上積みされて3億円となった。2022年は課題である外誘致対策も兼ね、更に1億円上積みされて4億円となる。
海外ではさらなる高額賞レースも創設されているものの、現在でも上位に位置している。

※相場は2022/3/21のもの※

競走名 開催 条件 1着賞
サウジカップ 沙 1800m 1000ドル(約11.9億円)
ドバイワールドカップ 唖 2000m 696万ドル(約8.3億円)
ジ・エベレスト 豪 1200m 620万ドル(約5.5億円)
ドバイシーマクラシック 唖 芝2410m 348ドル(約4.2億円)
ジャパンカップ 日 芝2400m 4億円
有馬記念 日 2500m 4億円
メルボルンカップ 豪 3200m 440万ドル(約3.9億円)
凱旋門賞 仏 芝2400m 285.7万ユーロ(約3.8億円)
ブリーダーズカップ・クラシック 米 ダート10ハロン(約2012m) 312ドル(約3.7億円)
ゴールデンイーグル 豪 1500m 410万ドル(約3.6億円)
ドバイターフ 唖 1800m 290ドル(約3.5億円)
ブリーダーズカップ・ターフ 米 芝12ハロン(約2414m) 208ドル(約2.5億円)
香港カップ 香 2000m 1482万香ドル(約2.3億円)
東京優駿(日本ダービー) 日 芝2400m 2億円

主な前走・前哨戦

出走登録を行った外は基本的に出走可だが、以下の際競争の上位入賞には優先出走権が与えられる。キングジョージ6世&QESと凱旋門賞は2着まで、それ以外は優勝のみ。
格付はいずれもGIのため省略

競走名 施行競馬場 施行距離 間隔
英キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス アスコット競馬場 芝11f211y 16週
仏凱旋門賞 パリロンシャン競馬場 芝2400m 8週
愛アイリッシュチャンピオンステークス レパーズタウン競馬場 芝10f 11週
独バーデン大賞 バーデンバーデン競馬場 芝2400m 12週
米アーリントンミリオンステークス アーリントン競馬場 芝10f 14週
米ブリーダーズカップ・ターフ 開催年により変動 芝12f 4週

日本レーティング110106)以上を獲得している上位5頭に優先出走権が付与され、それ以降は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計順に出走可となる。
な前戦として扱われるのは以下のレース。近年は海外遠征してからJCに戻ってくるというケースも増えた。

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔
菊花賞 GI 京都競馬場 3000m 5週
天皇賞(秋) GI 東京競馬場 2000m 4週
アルゼンチン共和国杯 GII 東京競馬場 2500m 3週

歴代優勝馬

回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
41 2021年11月28日 コントレイル 4 福永祐一 2:24.7 sm39683529exit_nicovideo
40 2020年11月29日 アーモンドアイ 5 C.ルメール 2:23.0 sm37889850exit_nicovideo
39 2019年11月24日 スワーヴリチャード 5 O.マーフィー 2:25.9 sm35997299exit_nicovideo
38 2018年11月25日 アーモンドアイ 3 C.ルメール R2:20.6 sm34225854exit_nicovideo
37 2017年11月26日 シュヴァルグラン 5 H.ウマ 2:23.7 sm32327658exit_nicovideo
36 2016年11月27日 キタサンブラック 4 武豊 2:25.8 sm30123990exit_nicovideo
35 2015年11月29日 ショウナンパンドラ 4 池添謙一 2:24.7 sm27693575exit_nicovideo
34 2014年11月30日 エピファネイア 4 C・スミヨン 2:23.1 sm25027601exit_nicovideo
33 2013年11月24日 ジェンティルドンナ 4 R・ムーア 2:26.1 sm22321216exit_nicovideo
32 2012年11月25日 ジェンティルドンナ 3 岩田康誠 2:23.1 sm19441404exit_nicovideo
31 2011年11月27日 ブエナビスタ 5 岩田康誠 2:24.2 sm16303899exit_nicovideo
30 2010年11月28日 ローズキングダム[1] 4 武豊 2:25.2 sm12883984exit_nicovideo
29 2009年11月29日 ウオッカ 5 C.ルメール 2:22.4 sm8952835exit_nicovideo
28 2008年11月30日 スクリーンヒーロー 4 M.デムーロ 2:25.5 sm6194842exit_nicovideo
27 2007年11月25日 アドマイヤムーン 4 岩田康誠 2:24.7 sm7546997exit_nicovideo
26 2006年11月26日 ディープインパクト 4 武豊 2:25.1 sm6359513exit_nicovideo
25 2005年11月27日 アルカセット英 5 L.デットーリ 2:22.1 sm6357637exit_nicovideo
24 2004年11月28日 ゼンノロブロイ 4 O.ペリエ 2:24.2 sm881349exit_nicovideo
23 2003年11月30日 タップダンスシチー 6 佐藤哲三 2:28.7 sm6327121exit_nicovideo
22 2002年11月24日 ファルブラヴ伊 4 L.デットーリ 2:12.2 sm12820621exit_nicovideo
21 2001年11月25日 ジャングルポケット 3 O.ペリエ 2:23.8 sm158620exit_nicovideo
20 2000年11月26日 テイエムオペラオー 4 和田竜二 2:26.1 sm881724exit_nicovideo
19 1999年11月28日 スペシャルウィーク 4 武豊 2:25.5 sm3737306exit_nicovideo
18 1998年11月29日 エルコンドルパサー 3 蛯名正義 2:25.9 sm4321026exit_nicovideo
17 1997年11月23日 ピルサドスキー英 5 M.キネーン 2:25.8 sm3736998exit_nicovideo
16 1996年11月24日 シングスピール英 4 L.デットーリ 2:23.8 sm3736913exit_nicovideo
15 1995年11月26日 ランド独 5 M.ロバーツ 2:24.6 sm3733855exit_nicovideo
14 1994年11月27日 マーベラスクラウン 騸4 南井克巳 2:23.6 sm3772077exit_nicovideo
13 1993年11月28日 レガシーワールド 騸4 河内洋 2:24.4 sm3733483exit_nicovideo
12 1992年11月29日 トウカイテイオー 4 岡部幸雄 2:24.6 sm4748723exit_nicovideo
11 1991年11月24日 ゴールデンフェザント米 5 G.スティーヴンス 2:24.7 sm16267297exit_nicovideo
10 1990年11月25日 ベタールースンアップ豪 騸5 M.クラーク 2:23.2 sm1004170exit_nicovideo
9 1989年11月26日 ホーリックス乳 6 L.オサリバン 2:22.2 sm1276244exit_nicovideo
8 1988年11月27日 ペイザバトラー米 4 C.マッキャロン 2:25.5 sm1004091exit_nicovideo
7 1987年11月29日 ルグロリュー仏 3 A.ルクー 2:24.9 sm36597088exit_nicovideo
6 1986年11月23日 ジュピターアイランド英 7 P.エデリー 2:25.0 sm35790136exit_nicovideo
5 1985年11月24日 シンボリルドルフ 4 岡部幸雄 2:28.8 sm3604412exit_nicovideo
4 1984年11月25日 カツラギエース 4 西浦勝一 2:26.3 sm120730exit_nicovideo
3 1983年11月27日 スタネーラ愛 5 B.ラウス 2:27.6 sm7809826exit_nicovideo
2 1982年11月28日 ハーフアイスト米 3 D.マクベス 2:27.1 sm12779790exit_nicovideo
1 1981年11月22日 メアジードーツ加 5 C.アスムッセン 2:25.3 sm3608525exit_nicovideo

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ブエナビスタ上:クリストフ・スミヨン1位入線後2着降着による繰り上がり。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP