SDガンダム フルカラー劇場単語

エスディーガンダムフルカラーゲキジョウ

SDガンダム フルカラー劇場とは、あずま原作漫画である。

概要

SDガンダムたちのコミカル日常を描いたギャグ漫画4コマ漫画コマ割をしているが時にストーリー形式のコマ割をすることもある。SDガンダムフルカラー』劇場とあるが、ガシャポンの商品『SDガンダムフルカラー』を題材としているだけで、漫画は基本的にである。

コミックボンボンにて1997年11月号から2007年12月号まで連載された後、コミックボンボンが休刊されるにあたってテレまんがヒーローズに移籍。しかしテレまんがヒーローズも休刊になったため5号2009年号で連載が終了した。
機動戦士ガンダムOOシリーズまでのキャラが本作には出演している。

初期はガンダム本編を意識したネタが多かったものの、途中からは運動会をしたり各所レジャーに行ったりゲームをしたりと、日常や季節ネタが多くなっていった。他にも作者あずまアシスタントTちゃんとの愉快なやり取りも時折ネタとして描かれることがある。

基本的に平和世界であり、敵対勢などはいに等しい。あったとしてもガンダムく「すぐうやむやになる」とのこと。

登場キャラは総勢400体以上とかなり数が多い。300体記念で読者原案のサンダーガンダムが商品化された。

単行本は11巻で刊行が終了しているが、作者が参加している東日本大震災チャリティー同人誌にも数ページながらSDガンダムたちが登場している。

登場キャラクター

性格・口調はパイロットと似通ったところがあるものの、基本的に本編パイロット達とは性格が異なり別人扱いである(一度だけアムロの姿になったガンダムは、そんな喋りのアムロいるかとシャアに突っ込まれた)。

前述した通り、登場キャラが多いため全てのキャラを知りたければwikipediaexitを参照すべし。
ここではテレビシリーズ主人公機のみ紹介する。

機動戦士ガンダム
ガンダム
フルカラー劇場総じての主人公のため、出番が多い。元祖ガンダム。3巻でアレックス(ガンダムNT-1)がとなった。ララァに片想いしている。陸戦型ガンダム(リッキー)の路を手伝ったり、デスティニーガンダムに助言を与えたりと後輩の面倒見が良い。しかしアクシズを止めようとして幽霊体験したり小さくなってガンペリーに詰められて一ヶ近く放置されたり初対面のキャラキャラ付けのためにアッパーされたりGN粒子でゲーム世界へ飛ばされたりとロクなに合っていない。なお、コアファイターは彼の内臓である。
シャアとは敵対し合っており、彼く「吹き矢があったらっ先に向けている」というほど嫌っているらしいが、文化祭をやるためだけに二人で協して学校を建てたりしている。

機動戦士Zガンダム
ガンダムマークⅡ
一番最初に登場した時はマークⅡ3兄弟の3男(ガン三郎)であり、機体の色も紺色不良だったが、たちにパシられ怒っているところをガンダムに捕まり、その後シャアにより機体を溶性修正液でく塗られマークⅡとして生まれ変わる。しかし溶性なのでで色が落ちる。その際やたちと喧した時には不良の血が覚醒し、その実SEED三悪(フォビドゥン・レイダー・カラミティ)と1対3の喧で引き分けるほどである。
当初はゼータガンダムが嫌いで仲が悪かったが、途中からゼータとは親友もしくはボケツッコミのような関係になった。サイコガンダムとは人同士である。

Zガンダム
劇中きっての電波。自分では自身のことを「影が薄い」と思っている節がある。頭の中にドライアイスが入っており、温度計は氷点下す。そのためウイルスが死滅して風邪にかからなかった。彼く「(ドライアイスを入れるために)頭部を開けるのは容易なことではない」。キャラがかぶりそうという理由でウイングガンダムに撃ち飛ばされたことがある。オバケが苦手だったが、後に「話をして」した。
自覚ではあるがメタスは大事な存在であると思っており、男女対抗の運動会が開かれメタスに出て行かれた時はあまりのショックで『つかえない人席』から動けなかった。

機動戦士ガンダムZZ
ZZガンダム
ゼータガンダムのいとこである。登場初期は重度のシスコンで、ねおじおんがリィナを誘拐したと勘違いして、ねおじおんをほぼ一人で壊滅させたことがある。夏休みの宿題太陽を観察しようとする・の熱でチョコを溶かそうとするなど自他ともに認めるバカで、リィナが借り物競争で引いたお題『バカ』ではためらわずであるダブルゼータをかけたほどであった。風邪を引いた時はゼータに「バカ風邪を引かないはずのに」と驚かれていた。
サイコ(サイコマークⅡ)と仲が良いが、二人く「血で血を洗う関係」であるとのこと。

機動戦士Vガンダム
Vガンダム
主人公機の中ではしい子供である。子供なためか様々な女性から可がられている(その中にはなんと綺麗なカテジナさんがいる)。子供扱いされるのが嫌になってクール(だと思っていた)ゼータ子入りしようとしたこともあったが、メタスゼータクールではなくむしろ不思議系・不気味系と諭され、さらにはドライアイスを頭に入れることへの恐れもあったため諦めた。機体の性質上足が速く、サンダーガンダムリッキーにかけっこや雑巾がけ勝負で勝利している。V2ガンダムになった時は「理論上なら速さえられるが、越えたら(オレが)死ぬ」と震えていた。

機動武闘伝Gガンダム
シャイニングガンダム
戦闘狂であり、サンタクロース(彼のイメージではかなり屈強な姿である)や節分などと戦いたいと思っている。ゼータガンダムとは反対に体温が高く、38度は熱以下とのこと。そのため彼が入ったプールは一にして温泉変わりしてしまう。文化祭は文化の日を祝うために行われると思っていたりコロニー全域を覆う台風を気合で止めようとしたり、ダブルゼータと同等かそれ以上のバカである。修行ゴッドガンダムパワーアップしたが、その修行は「血が滲むのを通り越し大噴出するような」厳しいものであり、何度か本気で死に掛けたとのこと。

新機動戦記ガンダムW
ウイングガンダム
自爆魔であり、ウイルスを殺すため自爆・最近出番がないと感じたら自爆・しばらく自爆してないとところかまわず自爆しまくるなど、その域はかなりのものである。しかし自爆というよりも爆破されること自体が好きらしく、部活動としてガンタンクに『爆破される部』の提案をされた時は自爆部が却下されていたこともありすぐに受け入れ爆破された。TPOは弁えてるらしく、結婚式では自爆はしない。ニンジン大根を間違えたことが、劇中に登場するきっかけとなった出来事である。やる気がないとバージョンダウンしたり透けたりする。

機動新世紀ガンダムX
ガンダムX
初登場時はガンダムDXだった。仲間のところに戻ろうとしていたが、荷物(Gファルコン)が重く途方にくれていたところをアレックスをかけられ居残る。ガンダムく「嫌なタイプ天然」であり、作者は「ノリは軽いがいざという時頼れる感じをしたが軽すぎた」と彼について述べている。つながりでターンAとは仲が良い。くしゃみは「えっくしゅ」であり、ガンダムエアマスターはそのくしゃみのかけはわざとなのか仕様なのか頭を悩ませていた。

∀ガンダム
ターンAガンダム
おっとりとした性格で、からやって来た。ではをついていたらしく、臼と杵を持っている。また、花粉がなかったためか花粉症になった。ソードインパルスサンタと間違えた際には「コロニーにはサンタがいて羨ましい」と言っている。ヒゲはすぐ生えるらしく、ガンダムへ記念品としてヒゲを折ってプレゼントした次のコマではもうヒゲが生えてきている。MSを土に埋めることが好きで色々なMSを埋めているが、印はつけても空気はつけないため埋められたMSは死にかける。パン屋でアルバイトしている。

機動戦士ガンダムSEED
ストライクガンダム
アニメ放送前に本誌に登場したため、アニメの放送まで3ヶもの間延々と走り続ける羽にあう。その際に追ってくる風雲再起()を振り切って走り続けた。後にアイデンティティプライドをかけて再戦。ゴールを決めてなかったため勝敗はつかなかったものの、ストライク風雲再起が満足そうに倒れているところをデスティニーガンダムトリィに発見された。アーマーシュナイダーをごぼうのささがきを作るために使用したことがあった。
キャンプに行っている間にいつの間にかフリーダムガンダムパワーアップしていた。なお、ストライクガンダムはそれ以降別人(性格は準拠)扱いである。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
インパルスガンダム
アニメ放送前に登場したため、初登場はガラスケースの中で飾られ一言も喋れないという今までで一番ヒドいものとなった。他のキャラとの付き合いに悩むところがあったものの、ガンダムからの助言もあり自然な態度で付き合えるようになったようである。第三回人気投票では三位だったが、読者からのコメントの中には「アニメでは役なのに最後にボコボコにされてかわいそう」「だれがなんといおうとお前役だ自信持て」というものもあった。長らくガンダムの中では新人だったためか、後輩(スターゲイザー)が出来たときは嬉しかったようである。ガイアガンダム()とはケルベロスバクゥハウンド散歩騒動の際に知り合い親しくなった。

機動戦士ガンダムOO
ガンダムエクシア
オレがガンダムだ、との言葉通りガンダムから『ガンダム』の名を狙っている。あまりのガンダムの種類の多さに混乱したことがある。スイカ割りルールを知らなかったりと遊ぶことに慣れていないが、のお頭で遊んだりサンタを信じていたりサンタの生け捕りを狙ったりと、子供らしい一面もある。なお、前述した通りこの漫画は基本的に平和世界なため、この漫画における武介入行動とはバケツの水ぶっかけることである。
後にダブルオーガンダムパワーアップした。パワーアップの際は想像を絶する成長痛を耐え抜いたらしく、ガンダムより背が高くなった。

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sd%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%20%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%8A%87%E5%A0%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SDガンダム フルカラー劇場

59 ななしのよっしん
2016/12/22(木) 20:09:06 ID: bYNmKlhFP0
ていうかニコ静画のフルカラー劇場NEXTコメントが大量に削除されてて笑った。批判だけじゃなく「あずま先生復活めでたいなぁ」とかガチで勘違いしてるコメントも多数寄せられていたし全に著作物に対する風評被害の根拠ですもんね。
ニート(株)とかいうルール破りのクソサークルはいつまでも堂々とパロディをはき違えた成りすましでけできると思うなよ。
絶対に許さない
60 ななしのよっしん
2016/12/24(土) 01:21:01 ID: 7qjxW8vLij
そんな海賊版読むぐらいなら公式SDガンダムインフォ読もう!
作者は別人だしZとかGP03とかキャラ違ったりするけどAGE以降のガンダムも出るしアスレイだって出るぞ!

……まあ、あずま先生の描いたフルカラー劇場の続編が見たいのも確かですがね?
61 ななしのよっしん
2016/12/24(土) 01:41:51 ID: ydOv6W7vU9
自分もNEXTは最初、本人かと間違えたなあ・・・

かしここ最近、著作権々でもめる話は多々あったがこれは"本人が直接起こしている"から、かなりやばいぞ
62 ななしのよっしん
2017/01/09(月) 14:50:52 ID: gmrcftIyFj
>>60
がーにゃネキは今やすっかりプロ側に行っちゃったなぁ
63 ななしのよっしん
2017/01/25(水) 17:19:02 ID: bYNmKlhFP0
ニート(株)フルカラーNEXT静画削除されてんな
で上げ直してるけど。
ブロマガたちの作品認められた~とかほざいてるのも消えてるし。

なりすましをしてコミケ電子書籍で稼ぐ同人作家とは呼びません
同じファンでもなりすましてまでして本を売るに好感は全く持てません。
あずま先生に一度でも会ったのかこのサークル作者は。
DLsiteでタイトル伏字があるのが何よりの拠じゃねーの?
ファンコミックなのは構わないがそれを自称するなら既存の作品も含めてタイトル訂しろよ。電子書籍含めて。

件の事問い合わせたけど作者の出方次第では全然アウトだってよ?
あずま先生がこの作品を知ってるかは知らんが、新装版も出て作者も健在だって分かったなら袖を正して欲しいな。
き地だった場所で勝手に商売しちゃダメでしょ。
64 ななしのよっしん
2017/01/28(土) 08:42:43 ID: gmrcftIyFj
そうまでして続けるってことは
ガチファン活動じゃなくて、騙りで少しでもけようって魂胆なんだろうな
65 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 14:45:32 ID: tjMiyl2haO
ゾックを影薄い扱いしてたのが
66 ななしのよっしん
2017/11/08(水) 04:23:43 ID: gga40wVGmk
ごちうさとかきんモザツッコミとかのやり取りを観てると何故かフルカラー劇場裏をよぎったw
67 ななしのよっしん
2018/08/14(火) 20:37:15 ID: 48FJrEQgBC
今年のコミケにてフルカラー劇場同人誌があるのを見つけて
『あれ、あずまさん復帰したの?』
と思いながらサークル名等を調べたらNEXTアイツだった
絵柄や名前から続編と勘違いする人はいると思われるのに悪びれずに出し続けるその根性が理解できん
尚、同人ショップではかなり売れ残ってる模様
68 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 16:34:38 ID: gmrcftIyFj
非親告が認められたから公式サイド人間から直々に摘食らったニートなんていつプギャってもおかしくないぞ
今のうちに自粛しないとマジでどこかしらから爆弾飛んでくる

急上昇ワード