サガフロンティア2単語

サガフロンティアツー

ジニー・ナイツ

サガ フロンティア2SaGa Frontier2)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年に発売したPlayStationRPGである。サガシリーズとしては8作に当たる。

概要

メカ等のSF要素が多かった前作サガ フロンティアから一転、再び純ファンタジー世界観となった。

万物に宿る「アニマ」を使い、術を使うのが当たり前の世界に生まれた術不能者「ギュスターヴ13世」と、その時代の影で暗躍するエッグという存在に立ち向かうディガー「ウィリアム・ナイツ」。二人の主人公、及びその意志を継ぐ者達によって描かれる、約100年に及ぶ物語を垣間見ることになる。

BGM伊藤賢治から浜渦正志に変更になり、しいイトケンBGMから、流麗なBGMに一変した。この変更には発売当初は従来のファンからの不満も出たが、本作の作に見事にマッチしているため、今ではBGM素晴らしいRPGとして紹介されることも多々ある。

同じメロディが場面によって様々にアレンジされると言う独特なサウンドは、浜渦の「場面転換ごとに全く違う曲が必要なのか?」と言う既存ゲームサウンドに対する疑問への、一つの回答である。盛り上がる場面で印的に回帰するメインメロディに心揺さぶられるファンも多い。ちなみに、使用しているメロディモチーフは大きく分けて3種類。たったこれだけ(とはいえ、どのモチーフも使っていない曲もあるにはある)の旋70曲以上の楽曲を手がけたのは見事という他ない。

グラフィックも、3Dポリゴン化が進むRPGにおいて淡い画のような色調を持った2Dグラフィックを採用しており、グラフィック面でも評価は高いが、反面前作サガ フロンティアにあったような手な戦闘演出が軒並み抑えられてしまい、地味、とする者もいる。

この為、熱ファンが存在する一方、苦手とする人も少なくない。熱ファンからも人を選ぶ、と言われる賛否両論の作品であるが、根強いファンを獲得している事も確かである。

システム

シナリオ選択式となっており、シナリオクリアする事で新たなシナリオが出現、最終シナリオしていく。中には戦闘のない、イベントを見るだけのシナリオも多数ある。シナリオギュスターヴ編、ウィル・ナイツ編の2編が絡み合って進行する形になり、条件によっては他編のシナリオクリアが出現条件になるシナリオも存在する。

シナリオによっては、宿屋に行けない、買い物が出来ない等の制限がかかることが多く、また機会を逃すとレベル上げ用の敵とも戦えなくなってしまう可性があり、ラスボス戦で詰むプレイヤーが続出した。

また、軍隊戦を再現した簡易シミュレーション「コンバット」と言う形式のシナリオもあるのだが、これの最終戦サウスマウンドトップの戦い)が高難易度であった為、これで詰む人も続出した。

戦闘システム

従来のパーティバトルに加え、敵と一対一で戦う「デュエル」が登場。デュエルでは装備欄にセットした技や術を選択するのではなく、「切る」「突く」「ためる」「払う」「身を守る」等のデュエルコマンドを組み合わせて行動する。この際、特定コマンドを組み合わせることによっても、技や合成術を合成習得する事が出来るようになった。パーティバトルになるかデュエルになるかはどの敵と戦闘に突入したかによって決まっており、どちらか選択できる場合もあれば強制的にパーティバトルデュエルに突入する場合もある。

「術」が「アニマ」を用いて使うモノとなり、「ツール」や「クヴェル」と呼ばれる装備品や、フィールドなどのアニマを引き出して術を使用する。戦闘中に術や合成術を使用すると、戦闘終了後に新たな合成術を学習できることがある。

ツールには耐久度が設定されており、一定回数以上戦闘で使用すると壊れる旧サガシリーズの要素が取り入れられた。耐久性に優れる鋼製品と、膨大なアニマを蓄える宝物のクヴェル耐久度が限であるが、鋼製品を装備するとアニマの流れを阻し、術の威が下がってしまう。(ただし、敵から受ける術のダメージも下がる)

ターン開始時にLPを1消費してHPを全回復させることができる。ターン中の行動ではないため、回復させた直後も通常のコマンドによる行動が可

アーツ

バトルキャラクターが習得できる技や術のことを一括りにして「アーツ」と呼ばれる。本作ではか1人でもアーツを習得すれば、年代順関係しに全てのキャラクターが使えるようになる。ただしギュスターヴは、術及び術技を使うことができない。

全部で6系統が存在。WPを消費して発動する技とJPを消費して発動する術技がある。術技は一部を除いてデュエルでの合成でしか習得できない。また、術と同様に対応するアニマを確保しないと使うことが出来ない。

体術

基本属性は打。稀にカウンターで反撃して攻撃を効化し、ダメージを与えることがある。押しのイメージとは裏に、敵の攻撃を下げたり、マヒさせたりと補助としても優秀。参照する武器攻撃いため、最大WP現在WPの差が大きいほど与えるダメージが高くなる(極限効果)という特徴がある。技系統で一術技が存在しない。術至上義の世界観のため、術を専門とする層には野蛮とされており、その設定の関係上で体術を使うことが出来ないキャラクターもいる。しかし皮なことに本作では体術が最強の系統である。

剣技

基本属性。稀にディフレクトで反撃して攻撃を効化する。このゲーム徴とも言える武器系統であり、金属製の武器が非常に多い。範囲攻撃や全体攻撃もあり、強な武器も多いが、戦闘メインナイツ編では資質持ちのキャラクターはそれほど多くない。

斧技

基本属性と打。この技系統のみ反撃技がい。従来のサガシリーズと同様に成長度の高いものが多く、技の性は高め。ところがそれを活かせる攻撃を持った武器がく、実用的な追加効果を持つ技もいため、非常に中途半端な系統になってしまった。規重視の軍隊では、重量のあるは見向きもされなかった設定があるため、武器の種類も非常に少なく、金属製武器が流通していない。「クヴェルは作らない」という示が出ていたが、それではあんまりだと思ったスタッフによって、ゴールデンアクスがこっそり作られたという逸話がある(一の耐久品だが、レアアイテムな上に攻撃は低い)。

杖技

基本属性は打。稀にブロックで反撃して攻撃を効化する。術と親和性の高い武器であり、他の武器系統とべて最大JP修正値が高めであったり、防御ボーナスのあるものが存在する。補助効果に優れた技が多いが、序盤から攻撃の高い武器が拾える上に店売り品も非常に優秀なので、攻撃も侮れない。武器を必要としない体術を除けば、金属製品が存在しない。

槍技

基本属性風車と呼ばれる、他の武器とは違った特殊な回避技を持つ。序盤のシナリオで強なクヴェルを2つも入手できる上に、技の性も高いものが多いので、系統としては優秀な部類。ロマサガシリーズでは「竜槍」の名を持つ攻撃の高いが恒例化していたが、本作では「邪」と名を変えて登場。(ちなみに前作のサガフロンティアには自体が登場しなかった)。ナイツ編の大半のシナリオでは資質を持ったキャラクターがいる点も使い勝手の良さを上げている。

弓技

基本属性は射。稀に反応射撃で反撃して攻撃を効化し、ダメージを与えることがある。遠隔武器のも術と親和性が高く、術技が非常に豊富なのが特徴。音のアニマを持つ武器が充実している。性は決して悪くはないのだが、攻撃の高い武器が入手しづらく、資質持ちのキャラクターがそれほど多くないのが難点。ちなみに本作では、技以外で射属性を持つ攻撃は非常に少なく、敵専用技に至っても2種しか存在しない。

全部で7系統が存在。JPを消費して発動する。体術同様、極限効果がある。WPと違い、クヴェルを装備することでターン終了時に回復するJP量を増やすことができ、戦闘終了後に装備品による最大JP修正値までJPが回復するため、ガス欠に悩まされることがない。学習でしか習得できないものもある。

植物癒しり、多くの補助術の素材となるアニマ。地形からも確保しやすく、ツールも豊富。術にはや木の葉による攻撃術もある。

鉱物の硬化をり、攻撃術から補助術まで幅広く使われるアニマと同様地形からも確保しやすい。石術の攻撃術はそれほど攻撃は高くないが、補助術は非常に有用。

熱による焼却をり、非常に攻撃的なアニマ。地形からはほとんど確保できない。一店売り品のクヴェルがある。音ほどではないが、ツールやクヴェルの種類が少なく、防具もアクセサリしかない。火術は攻撃術が豊富な上にどの術も性が高い。

元はによる癒しるが、による攻撃的な面も持ち合わせているアニマ。地形からの確保はそこそこ。の術技の素材になりやすく、術も非常に攻撃的な術がっている。

音波による錯乱り、に敵の妨を得意とするアニマ一地形から確保できない。音のアニマ歴史が浅いため、ツールはほとんど発達しておらず、クヴェルの種類も非常に少ない。音術に有用な術はそれほど多くないが、これを素材とする他の系統の術には強な効果を持つものが多い。

動物などの生命り、味方を活性化させるアニマ。炎と同様に地形からはほとんど確保できないが、ツールとクヴェルには非常に恵まれている。術はどれも非常に使い勝手が良く、いわゆるハズレい。イメージの問題なのか、術の合成コマンドの占める率が非常に高い。

未解明

上記のどれにも属さない、その名の通り属性が解明されていないアニマ。正体はアニマで、エッグが使う攻撃にの名を含んでいるのはこのアニマによるものであるため。その割にプレイヤーは、この属性アニマのクヴェルツールを見る機会が普通にあるため、格段にしい代物でもない。基本的には敵専用の術系統であるが、プレイヤーキャラが使えるアーツコメットフォール、メガボルト、プレスの3種がある。

登場人物

ギュスターヴ13世1220~1269)
ギュスターヴ ギュスターヴ13世
詳細はギュスターヴ(サガフロ2)を参照
ソフィー1200~1239)
ギュスターヴ母親ギュスターヴが術不能者と分かっても彼をい、彼とシルマールと共にナに亡命。後にヤーデで病没した。慈に満ちた女性で、ギュスターヴに最も影を与えた人物。
ケルヴィン1221~1292)
ケルヴィン ケルヴィン(壮年) ケルヴィン(老年)
詳細はケルヴィンを参照
リン1222~1269)
ギュスターヴと同じ術不能者。彼と幼少期に知り合ってからは、最期まで行動を共にする。
ダイク(1250~1289)
リン息子。親に似ず軍団長をしている。ギュスターヴの死後はケルヴィンに仕える。
レスリー・ベーリング1221~?)
ギュスターヴが心を許す女性で、ギュスターヴと行動を共にする。ギュスターヴの死後はグリューゲルで余生を過ごすが、彼との間に子供がいたという説がある。
シルマール1196~1270)
シルマール
詳細はシルマールを参照
ネーベルスタン1205~1264)
ネーベルスタン
詳細はネーベルスタンを参照
ムートン1199~1267)
ワイド侯に仕える行政。弱者に優しく緊急時の対処を怠らないため住民に高評価を受けている。ギュスターヴに代わっても腕を振るい、シルマールに依頼しネーベルスタンギュスターヴ下に入れさせた。パーフェクトワークスではギュスターヴに罷免されたとも
フィリップ1222~1255)
詳細はフィリップ(サガフロ2)を参照
マリー1227~1???)
ギュスターヴオート侯の使者、カンタールの妻としてフィニー王に訪れた時にギュスターヴと初対面を果たす。後にカンタールとは離婚ケルヴィンと再婚。チャールズフィリップ3世をける。
ヨハン1243~1269)
ヨハン
詳細はヨハン(サガフロ2)を参照
ヴァンアーブル(1247~1315)
ヴァンアーブル ヴァンアーブル
通称ヴァンシルマールに仕える見習い術士。後にミーティアの師となる。ギュスターヴの死後、彼のを継ぐに相応しい人物を探す
カンタール(1229~1288)
オート侯爵ギュスターヴ12世によってマリーと政略結婚させられる。ギュスターヴの死後、ケルヴィンを政争で圧倒しを付けていくが、59歳で他界。6人との女性の間に23人もの子供けたが、そんな彼でもであるマリーとはを合わせなかった。
ヌヴィエム・ドラグフォルド(1269~?)
カンタール9番の子。と自分自身を侮辱したヤーデ伯爵チャールズを憎み、カンタールとケルヴィンの政争に終止符が打たれて訪れた平和な世に戦乱の火をつけた。
チャールズ1252~1305)
ケルヴィン長男。一族としては異端者。ハンノヴァの戦いで偽ギュスターヴと戦い、戦死
フィリップ3世(1257~1???)
ケルヴィンの次男。密かにファイアブランドを継承。死亡するときにチャールズに見捨てられる形になり、これがきっかけでグスタフを出た
デーヴィド(1276~1355)
ケルヴィンの孫でチャールズ長男。祖実さとの実行を併せ持つ。史上名高いサウスマウンドトップの戦いで偽ギュスターヴ軍を撃破し、和条約を結んだ
ウィリアム・ナイツウィル)(1220~1321)
ウィリアム・ナイツ ウィリアム・ナイツ
詳細はウィリアム・ナイツを参照
ニーナ・コクラン1190~1239)
ウィルヘンリーウィル叔母にあたる。両親を亡くしたウィルを育ててきた。ウィルからアレクセイ・ゼルゲンの話をされた後、ヘンリーの死とエッグを解くためにウィルパーティーに加わる。アレクセイとの戦闘では命を懸けてウィルパーティーを守った。
コーデリア・エメリー1220~?)
コーデリア・エメリー
詳細はコーデリア・エメリーを参照
ナルセス1205~?)
ナルセス
詳細はナルセスを参照
タイラー・スティーブンソン(1210~?)
タイラー・スティーブンソン
詳細はタイラー・スティーブンソンを参照
ベール(1219~?)
行方を追う女性で、を専門とする。ラベールという名前は偽名であり、本名はミシェーラ。ラベールは「美人」という意味を持つ。ウィリアムという名のがいたが、氷のメガリスアニマ暴走させてと化してしまう
パトリック・ボジオ(1230~?)
美食のヴィジランツ。ラウプホルツでウィルと知り合い、彼と冒険するようになる。後にウィル息子、リッチと冒険する。
レイモン・ルクレール1235~?)
調子者のヴィジランツ。ウィルに憧れている。後にウィル息子、リッチと冒険するが、リッチがウィル息子であることは知らない。
エレノア・ベルトワーズ1250~?)
詳細はエレノア・ベルトワーズを参照
リチャード・ナイツ(リッチ)(1255~1291)
リチャード・ナイツ
詳細はリチャード・ナイツを参照
ディアナ1260~13??)
北大陸の開拓民。リッチに惹かれ仲になる。後に彼の子を身ごもるが、同時期にリッチがエッグと戦うことになり、ワイドに避難し、彼の帰りを待ち続ける。
サルゴン1270~1306)
サルゴン
詳細はサルゴンを参照
ヴァージニア・ナイツ(ジニー)(1291~?)
ヴァージニア・ナイツ
詳細はヴァージニア・ナイツを参照
プルミエール1286~?)
プルミエール
詳細はプルミエールを参照
ロベルト・ビラス1278~?)
ロベルト・ビラス
詳細はロベルト・ビラスを参照
グスタフ1280~?)
グスタフ
詳細はグスタフ(サガフロ2)を参照
ミーティア・シーン1280~?)
ミーティア・シーン
詳細はミーティア・シーンまたはヒドイですを参照
アレクセイ・ゼルゲン(?~1239)
かつて、ウィル父親と共に冒険したことのあるディガー。
砂漠メガリスにて呪われたクヴェルエッグ」を発掘してしまい、またエッグに魅入られてしまう。
ウィルの両親を殺した本人。
ミスティ(?~1291)
女性をも魅了する美女。幼少期の頃からエッグを持っていた。メガリスでリッチを誘い、自分を殺すように仕向ける
ギュスターヴ(?~1306?)
ギュスターヴ13世の死後、数多現れた彼の後継者を名乗る人物の中で最も有名な人物。
彼の手には、形のクヴェルが握られていた。
エッグ
詳細はエッグを参照。

楽曲

いずれも作曲浜渦正志、曲名はドイツ語に由来する。ここではニコニコ大百科に記事のある曲を挙げる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A22

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サガフロンティア2

394 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 21:53:54 ID: blSDnzvjdJ
ゲーム的にはウィル編のが長くて正統派な冒険RPGっぽい雰囲気で好きだったな
ギュス編はストーリー追うのは楽しいけど周回はしたくない。
結論から言うと全部サウスマウンドトップが悪い。
395 削除しました
削除しました ID: c9cgtriz12
削除しました
396 削除しました
削除しました ID: Z19MIVag0o
削除しました
397 削除しました
削除しました ID: AXiIo4vh4j
削除しました
398 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 00:12:29 ID: Z19MIVag0o
削除きもっそんなに図突かれて恥ずかしかったのか
せっかくだから>>391も消せよ
399 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 22:07:20 ID: w6QSVOpJOe
もうこれも20年前か
400 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 00:03:20 ID: C887Y0HRl2
20周年おめでとう浜渦氏との出会いがこの作品で、それ以降氏の楽曲を聴きまくったけれど、やっぱり今作が一番好きだ。それくらい思い入れがある。
401 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 22:43:30 ID: WM/JNiS/eX
自分はFF13(厳密に言えばFF10もだけど)で浜渦さんの楽曲を知ったけど意識をし始めたのはサガフロ2を手に取ってからだったかな
サガフロ2は本当に今こそ素らしく感じられるRPGだと思うよ
402 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 21:54:12 ID: vB24eEIhAL
>>391
もそれだわ。エッグを倒したら二次会が発生して初めてサガにキレたわw
好きな事をするのがサガ醍醐味と思ってたから、このシステムで戸惑いを隠せなかった。実際、友人もこの後のミンサガまで敬遠しちゃったし。
潜入アレクセイコーデリアを選んで死んでウィルエッグと直接的な抗争になるきっかけに燃えた展開は好きだったな。
ベールがジニー誕生してから三年生きてたのは最近知った。
夫に看取られて死んだのが良かった。兄さんいなくなって涯孤独になっちゃったしな~。その兄さんプレイヤー次第でジニーに狩られるし。
403 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 22:56:51 ID: tFdi704OXr
ラスボスまではそこまでレベル上げしなくても来ようと思えば来れるから詰むっていう。