田辺青蛙単語

タナベセイア

田辺青蛙たなべ せいあ)とは、日本コスプレイヤー小説家である。

概要

1982年大阪府生まれ。2006年にビーケーワン怪談大賞で佳作を受賞し、2007年ポプラ社の『てのひら怪談』に編5作が収録される。

2008年に「生き屏」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、角川ホラー文庫から本格的にデビュー。受賞パーティ綾波レイコスプレ姿で現れるという伝説を打ち立てる。

以降、幻想的な怪談を中心に角川ホラー文庫やアンソロジーで発表している。他にも趣味コスプレサブカルチャーに関するコラムを書いていたりする。

円城塔2010年結婚)。披露宴では碇シンジコスプレをしたらしい。旦那とは『読書離婚を考えた。』という読書エッセイの共著がある。

著作リスト

  1. 生き屏2008年角川ホラー文庫)
  2. 魂追い2009年角川ホラー文庫)
  3. 皐月2010年角川ホラー文庫)
  4. あめだま モノノケ2013年土社)
  5. モルテンおいしいです^q^2014年済堂出版) - 旅行エッセ
  6. 読書離婚を考えた。2017年幻冬舎) - 円城塔との共著、読書エッセ
  7. 人魚の石2017年徳間書店

関連動画

 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E9%9D%92%E8%9B%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

田辺青蛙

1 ななしのよっしん
2012/05/18(金) 00:32:04 ID: q6hY4/OOmY
「パッと見ライトノベル」とあるけど、「生き屏」の時点であんまりホラーっぽくないなと思った
ホラー作家が本業でない荒木飛呂彦の言葉を引用するのは筋違いかもしれないけど、「見る人を怖がらせることを的とした作品」をホラー作品とするなら、は少なくとも恐怖を感じることはなかった
水上悟志みたいな「人間人外が隣り合ってのんびりと暮らしている」世界観が好きだからこそ「生き屏」のシリーズに惚れ込んだんだけどさ
2 ななしのよっしん
2016/02/06(土) 21:54:00 ID: sywaHqdIx5
さんのさんがレイヤー