真梨幸子単語

マリユキコ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

真梨幸子(まり ゆきこ)とは、日本小説家メディアでは湊かなえ沼田まほかると並べて「イヤミス」作家として呼ばれる事もある。

概要

1964年生まれ。多摩芸術学園映画科卒。

2005年寄生虫を題材にしたエログロホラーミステリ『孤症』で第32メフィスト賞を受賞しデビューを果たす。

しかし、しばらくは全く本が売れず、文庫化はおろか、単行本の重版もかからなかった。その売れなさ具合は「真梨幸子という名前で作品を出すのはもう止めようか」と編集から提案されるほどであった。2011年には仕事がなくなりホームレス寸前まで追いつめられたという。

しかし2008年に発表した『殺人鬼フジコの衝動』が2011年に文庫化されると、書店員の仕掛けや、同じイヤミスと呼ばれる湊かなえの『告白』の大ヒットもあり、沼田まほかるの『九月永遠に続けば』と一緒に突然バカ売れし始めた。結果、50万部をえるベストセラーになったことで知名度が上がり作家生活を続けられることになる。

殺人鬼フジコの衝動』は2012年には書き下ろし短編『私は、フジコ』を追加した限定版も出版されている。この短編は『殺人鬼フジコの衝動』と続編となる『インタビューインセル 殺人鬼フジコの真実』の間を埋めるものとなる。

男女間や女同士のドロドロとした人間関係から、登場人物がふとしたきっかけで狂気に堕ちていくというパターンが多く、ほとんどの作品が皮や悲劇的な結末となり読後感が悪い。心理ミステリー、叙述ミステリーの範疇に入る作品が多く、探偵を解くタイプの作品は少ない。その作は「読み終えたらイヤな気分になるミステリー」、略して「イヤミス」と称される。

作品は基本的に(『殺人鬼フジコの衝動』の続編である『インタビューインセル 殺人鬼フジコの真実』を除き)個々に物語独立しているが、ある作品のキャラがまた他の作品にも登場することがあり、いくつかの作品には繋がりがある。(例『女ともだち』と『深く深く、砂に埋めて』、『孤症』と『私が失敗した理由は』、『カウントダウン』と『ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで』など)しかし前作を読んでいないからといってのネタバレがあったり物語の理解ができなくなるようなものでは全くない。ただ『深く深く、砂に埋めて』に関しては文庫の帯に「『女ともだち』を先に読むように」との注釈が書かれている。

文庫化に際し、タイトル・表変更が多い。2015年以降はタイトル変更はくなっているが、表の変更は変わらず多い。また巻末の解説文の掲載は俳優黒木瞳が解説を担当した『鸚鵡楼の惨劇』以降、くなっている。黒木瞳は真梨幸子作品のファン言しており、偶然なのか『更年期少女 (みんな邪魔)』 では黒木瞳が登場人物のとある台詞の中で登場している。

作者のエピソード

グループ・サウンズの大ファンであり、ペンネームの「」は、ザ・タイガースの楽曲「マリー」に由来する。

・あまりにも過な内容の作品が多いため、映像化は困難とされ、今まで数々の映像企画が頓挫してきた。しかし、2015年にはWOWOWで『5人のジュンコ』、動画配信サービスHulu」で『殺人鬼フジコの衝動』(ドラマでは『フジコ』と題)と徐々に映像化が実現している。作者本人としては、どんどん他の作品も映像化して欲しいようだが、デビュー作の『孤症』は自身で原作読み返せない程気持ち悪いとのことなので、映像化されても観られないとのこと。しかし第20作となる『私が失敗した理由は』を執筆する際、関連作となる『孤症』を仕方なく読み返すはめになったらしい。

ブログや期間限定ではあるがツイッター(@MariYukiko)なども開設しており、そこでは時事ネタや出版業界の裏話、果ては自身の作品の売れ行きを裸々にっている。しかし近年を飼い始めたらしく、そこから話題増している。

2017年8月フジテレビ系列の『アウト×デラックス』に出演した。しくテレビへの露出だっため、芥川賞作家羽田圭介の『成功者K』を予習として読んだらしい。(参考になったのかは不明)

・連ドラ朝ドラ。近年では『ファーストクラス』『東京タラレバ』『相棒』『砂の塔』などを気に入っており、自身の作と同じようなミステリー、ドロドロものなどを気に入る傾向にあるようだ。問題になった『相棒』における「シャブシャブ子」の演出においては「覚醒剤の恐ろしさがわかる素晴らしい演出」と肯定的な見方をした。

文学賞にはさほど興味い旨の発言をTwitterで行っている。第28回の山本周五郎賞補になった際、選考委員の白石一文の選評で「(これから文学賞を狙うなら)さんには、今まで使っていた筋肉と別種の筋肉を使った作品を一度書いてみることを勧めたい」と言及されているが、2020年現在、作に大きな変化は見られない。

受賞・候補歴

メフィスト賞

山本周五郎賞

作品リスト

タイトル 単行本
(発行年)
文庫
(発行年)
備考
1 講談社(2005) 講談社文庫(2008) ・第32メフィスト賞受賞作。
・関連作は『私が失敗した理由は』
2 えんじ色心中 講談社(2005) 講談社文庫(2014)
3 ともだち 講談社(2006) 講談社文庫(2012) ・関連作は『深く深く、砂に埋めて』
4 深く深く、砂に埋めて 講談社(2007) 講談社文庫(2011) ・関連作は『女ともだち』。文庫の帯には『女ともだち』を先に読むように。と書かれている。
5 クロク、ヌレ! 講談社(2008) 講談社文庫(2012)
6 殺人鬼フジコの衝動 徳間書店(2008) 徳間文庫(2011)
【限定版】徳間文庫(2012)
2012年に続編『インタビューインセル 殺人鬼フジコの真実」との間を埋める短編小説『私は、フジコ』と2冊セットになった限定版の文庫が発売された。
2013年2015年舞台化。演は新垣里沙
2015年11月13日より動画配信サービスHulu」でオリジナル連続ドラマフジコ』全6話が配信。演は尾野真千子
7 ふたり狂い 早川書房(2009) ハヤカワ文庫(2011)
幻冬舎文庫(2016)
2016年幻冬舎文庫から新装版文庫が発売。
8 更年期少女 双葉社(2010) 幻冬舎文庫(2011) ・文庫化に際し『みんな邪魔』題。
9 聖地巡礼 講談社ノベルス(2011) 講談社文庫(2015) ・文庫化に際しカンベリーテイルズ題。
10 パリ黙示録 1768
ジャンヌ・テスタル殺人事件
徳間書店(2011) 徳間文庫(2013) ・文庫化に際しパリ警察1768題。
11 プライベートフィクション 講談社ノベルス(2012) ・表題作となる「自由研究」「夢見ヶ崎」は『更年期少女(みんな邪魔)』とリンクしている。
12 四〇一ニ号室 幻冬舎(2012) 幻冬舎文庫(2015) ・文庫化に際し『あの女』題。
13 インタビューインセル
殺人鬼フジコの真実
徳間文庫(2012) ・文庫書き下ろし。
14 鸚鵡楼の惨劇 小学館(2013) 小学館文庫(2015) ・関連作は『祝言
15 人生相談。 講談社(2014) 講談社文庫(2017) ・第28山本周五郎賞補作。
16 5人のジュン 徳間書店(2014) 徳間文庫(2016) 2015年WOWOWで連続ドラマ化。演は泰子。
17 お引っ越し KADOKAWA
(2015)
角川文庫(2017)
18 アルテミスの采配 幻冬舎(2015) 幻冬舎文庫(2018)
19 6月31日の同 実業之日本社(2016) 実業之日本社文庫(2019) ・関連作は『坂の上の屋根
20 私が失敗した理由は 講談社(2016) 講談社文庫(2019) ・関連作は『孤症』
21 イヤミス短篇集 講談社文庫(2016) ・『プライベートフィクション』から表題作の「自由研究」「夢見ヶ崎」を外し、新たに「シークレットロマンス」「初恋」「ネイルアート」を収録した文庫オリジナルの再編集短篇集。
22 カウントダウン 宝島社(2017) 宝島社文庫(2020) ・関連作は『ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで』
23 祝言 小学館(2017) ・関連作は『鸚鵡楼の惨劇』
24 ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 幻冬舎(2018) 幻冬舎文庫(2020) ・連載時のタイトルは『あなたがお望みのものは何でも』
・関連作は『カウントダウン
25 向こう側の、ヨーコ 光文社
(2018)
26 ツキマトウ
警視庁ストーカー対策室ゼロ
KADOKAWA
(2018)
-- おひとりさま作家、いよいよを飼う 幻冬舎文庫(2019) ・初のエッセイ集であり、文庫書き下ろし。
27 初恋さがし 新潮社(2019)
28 三匹の子 講談社(2019)
29 坂の上の屋根 徳間書店(2019) ・関連作は『6月31日の同会』
30 縄紋 幻冬舎(2020)

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E6%A2%A8%E5%B9%B8%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真梨幸子

1 ななしのよっしん
2015/07/14(火) 01:26:32 ID: LAxg4rfQir
「みんな邪魔」のミレーユ編は胸が痛むね。

急上昇ワード