小林泰三単語

コバヤシヤスミ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

小林泰三とは、日本小説家である。
読みは「こばやしやすみ」で「たいぞう」ではない。本屋ではたまに間違った棚に置かれている。また、全く同じ字で「たいぞう」と読む、『日本宝、最初はこんな色だった』などの著作がある美術史学者がいる。もちろん別人。

概要

1995年、「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。元々さんが応募をし書こうとしていたが、書けないのでアンタが書けと応募締切の数日前に言われ、ぱっと書き上げ応募したらしい(本人談)。

作品は短編集が中心で、長編はあまり多くない。SFホラークトゥルーミステリー、はては恋愛まで幅広いジャンルを書き分けるが、得意なジャンルSFホラーSFの設定を利用してホラーを、SFを利用してミステリーを、などジャンルを越えた設定もお手のもの。SFではデビュー当初から高い評価を得ており、野尻抱介譲治とともにハードSFの新たな旗手としてNHKトリオと呼ばれていた(らしい)。ミステリ方面でも『密室・殺人』『アリス殺し』などで高く評価されている。

デビュー作の『玩具修理者』や代表作の『ΑΩ』など、ホラー系の作品ではじゅるじゅるとした汁気の多い描写が立つ。また近年は光文社文庫の書き下ろし作品などで、やたらと極端な方向に突き進む人間たちを描くエスカレーションブラックコメディをよく書いており、絶望的に噛み合わない会話を書かせたら当代随一。初めて彼の小説を読む人は、『を見る人』や『体の回転について』、『と地』などのSFから手を出すのもいいだろう(内容自体は結構ガチハードSFで、そっちも悪趣味な作品は入っているが)。

ホラー大丈夫という人は、『玩具修理者』『人細工』『に棲むもの』『髄工場』などで、じゅるじゅるとした描写とその裏にり巡らされた物語を存分に堪すべし。

1998年に短篇「を見る人」でSFマガジン読者賞を、2012年に『と地』で、2017年に『ウルトラマンF』で星雲賞日本長編部門を受賞している。また2012年には『大きなの小さな密室』がなぜか10万部ほどのヒットになった。

作品リスト

  1. 玩具修理1996年角川書店1999年角川ホラー文庫)
  2. 細工1997年角川書店1999年角川ホラー文庫)
  3. 密室・殺人1998年角川書店2001年角川ホラー文庫→2014年、創元推理文庫)
  4. 食屋敷1998年角川書店2000年角川ホラー文庫)
  5. 奇憶 (2000年祥伝社文庫)
    → 忌憶2007年角川ホラー文庫[書き下ろし2編追加・題])
  6. ΑΩ2001年角川書店
    → ΑΩ 空想科学怪奇譚2004年角川ホラー文庫[題])
  7. を見る人2002年ハヤカワSFシリーズJコレクション2005年ハヤカワ文庫JA
  8. に棲むもの2003年角川ホラー文庫)
  9. を擦る女2003年ハヤカワ文庫JA
    → らしのいい密室2013年ハヤカワ文庫JA[収録作変更・題])
  10. ネフィリム 吸血幻想2004年角川書店2007年角川ホラー文庫)
  11. 髄工場2006年角川ホラー文庫)
  12. モザイク事件帳 (2008年東京創元社
    → 大きなの小さな密室2011年、創元推理文庫[題])
  13. 体の回転について2008年ハヤカワSFシリーズJコレクション2010年ハヤカワ文庫JA
  14. 臓物大展覧会2009年角川ホラー文庫)
  15. セピア色の凄惨2010年光文社文庫)
  16. 人造救世主シリーズ
    1. 人造救世主2010年角川ホラー文庫)
    2. 人造救世主 ギニー・ピッグス2011年角川ホラー文庫)
    3. 人造救世主 アドルフクローン2011年角川ホラー文庫)
  17. 全・犯罪 (2010年東京創元社2012年、創元推理文庫)
  18. と地2011年ハヤカワ文庫JA
  19. 惨劇アルバム2012年光文社文庫)
  20. アリス殺し2013年東京創元社2019年、創元推理文庫)
  21. 百舌鳥先生アトリエ2014年角川ホラー文庫)
  22. 幸せスイッチ2015年光文社文庫)
  23. 記憶破断者2015年幻冬舎
    → 殺人鬼にまつわる備忘録2018年幻冬舎文庫[題])
  24. 世界2015年日経文芸文庫)
  25. 安楽探偵2016年光文社文庫)
  26. 失われた過去未来犯罪2016年KADOKAWA2019年角川文庫
  27. クララ殺し2016年東京創元社
  28. ウルトラマンF2016年早川書房2018年ハヤカワ文庫JA
  29. 因業探偵礼都の事件簿2017年光文社文庫)
  30. わざわざゾンビを殺す人間なんていない。2017年一迅社
  31. ドロシイ殺し2018年東京創元社
  32. パラレルワールド2018年角川春樹事務所2019年ハルキ文庫)
  33. 因業探偵リターンズ 新礼都の冒険2018年光文社文庫)
  34. 人外サーカス2018年KADOKAWA
  35. の都 京都四神異譚録2019年新潮文庫nex

関連商品

人造救世主

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%B3%B0%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小林泰三

49 ななしのよっしん
2018/02/23(金) 22:31:08 ID: XCJS41q09o
そもそもゾンビを殺す人間なんていない、ヤバすぎた……個人的に最高傑作かもしれん
グロすぎて絶対一般受けしないだろうけど
50 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 02:27:33 ID: qZfw1wma2U
玩具修理者、百舌鳥先生アトリエアリス殺しを読んだけど、どれも面かったわ
最近知ったばっかだけど勢いで臓物大展覧会、食屋敷、に棲むもの、髄工場、忌憶の5冊を一気にポチっちまったw
51 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 23:17:03 ID: qZfw1wma2U
最近、忌憶に収録されている、奇憶を読んだんだけど、考察されているサイトとか知ってる人いる?
自分の頭じゃイマイチ理解できん
52 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 00:31:43 ID: fbIPBjRomT
>>39
残念ながらありとあらゆる要素から全なパラレル世界での話だからギンガSには繋がらないのよね。
ギンガという作品をないがしろにされたとは思う。
こういう作品って自分の言いたいことのために作品を好き放題するから好きじゃないのよね。
53 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 04:26:02 ID: lscUQ1lhTO
グリッドマンアニメ好評だしAΩアニメ化しようや!どけらが!
萌えキャラもいっぱい(20人くらい)出るし、一族はセックスしまくるし、中年のおっちゃんとお祖母ちゃんハートフル話もあるし、見どころだらけ
絶対売れる
54 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 22:32:27 ID: 8sxT5xOSeR
ΑΩやっと読んだ
想像してたよりずっとウルトラマン感が強くて驚いた
最後の方、ガあざといなぁ~とか思ったけど第一部の時点で結構憎めないキャラだったこと思いだした
55 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 11:30:23 ID: /2e487nGKG
ΑΩなんとか読めたけど臓物は理だった、グロ的な意味で
読んでて腹痛と吐き気を覚える小説は初めてだった
それだけ半端ないグロ描写だから好きな人にはたまらんだろうと思う

ΑΩ水中に沈んでて呼吸できないのに死ねない体になってるやつがトラウマ
56 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 16:29:22 ID: 3VvAXLp/Ho
オリジナルは面いんだがウルトラマン小説なんかでは細かい設定の見落としなんかが立つ印
あとC前日譚は「クトゥルフネタ大盛りラーメン」だの帯でうたってたのにほぼラヴクラフトからしかなかったのが残念すぎる
スミス(ツァトゥグァへの言及はあったけど)やダーレスブロックやキャンベルあたりのネタももっと出せよ
57 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 03:43:37 ID: nxNbVH9Qtg
この人モチーフにしてるのだいたいはクトゥルフじゃなくてラヴクラフト作品だよ。
その上で「おれの思うクトゥルフ神話はこれだ!!!」っていうのが感じられて好きだったけど、まあ苦手な人は苦手だよね。
58 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 23:37:38 ID: 3VvAXLp/Ho
>>57
苦手ってわけじゃないんだよ。ラヴやんの作品は好き。
でも彼は友人作家たちのネタをどんどん取り入れてクトゥルフ神話の原を作っていったわけだし、
帯で「クトゥルフ神話生物大盛りラーメン」を謳うなら当時友人で
ネタの貸し借りを頻繁にやってた作家たちのネタももっと出して欲しかったなってだけ
(ラムジー・キャンベルは違うけどね)

急上昇ワード

2019/10/18(金)23時更新