鳥飼否宇単語

3件
トリカイヒウ
2.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

鳥飼否宇(とりかい ひう)とは、日本ミステリ作家

別名義碇卯人(いかり うひと)があり、そちらではドラマ相棒』のノベライズSeason1から現在に至るまで書き続けており、杉下右京主人公にしたスピンオフオリジナル作品も書いている。
また、本名の鳥飼久裕(とりかい ひさひろ)名義でも野鳥観察や自然保護に関する本に原稿を執筆している。

概要

1960年福岡県生まれ。九州大学卒。編集者を経て、現在奄美大島に在住して自然保護活動を行っており、野鳥観察などのフィールドワークを行っている。NPO法人奄美野鳥の会」会長

2001年、『中』で第21回横溝正史ミステリ大賞の優秀作を受賞しデビュー先輩(第14回佳作)流一、後輩(第34回最終補)白井智之とともに、横溝賞からなぜかたまに出てくるマニアック本格ミステリ作家ひとり。G・K・チェスタトンを敬愛しており、チェスタトン流の逆説を扱った作品を得意とする。また本業(?)の知識を活かした、動植物テーマ・題材にした作品が多い。

デビュー作から始まる《観察者》シリーズは、本業(?)の自然観察を題材にした(この作者の作品としては)較的オーソドックスな本格ミステリだが、どちらかといえばこの作家の本領は横溝賞先輩流一と同様に)バカミスである。特に《鹿シリーズ》の作品群に見られる、異様な奇想にられた「なんじゃそりゃ!」的な設定や謎解き駄に壮大すぎたりすぎなかったりする結末は、良くも悪くも一読忘れがたいものがある。2009年には『官的 四つの狂気』で第2回世界バカミスワードを受賞。

2016年、『死と砂時計』で第16回本格ミステリ大賞を受賞。念のため申し添えておくと、本作はバカミスではない。死刑囚のみが収容された監内で起きる奇怪な事件を死刑囚探偵が解決する連作短編集で、設定は奇抜ながら中身はチェスタトン流の逆説を軸にしたオーソドックスな本格――なのだが、しかしあまりにも衝撃的な結末は、人によってはバカミスに分類するかも。

どう考えても一般ウケはしないマニアックな作なのでかなり読む人を選ぶが、ハマるとになる作家文庫化されていない作品も多いが、古書も含めれば入手自体はそれほど難しくない。
較的オーソドックス(?)な奇想系本格が読みたい人は霊』『死と砂時計』『奇譚』バカミス読みたい人は『痙攣的 モンド氏の逆説』『官的 四つの狂気』『絶望的 寄生クラブ、「なんじゃそりゃああああ!」と叫びたい人には『隠蔽人類』あたりがオススメである。
……え、もうちょっと普通小説はないのかって? 昆虫ミステリ昆虫探偵か、マラソンミステリ走』をどうぞ。

作品リスト

鳥飼否宇名義

◆は観察者シリーズ鹿シリーズ

  1. 2001年角川書店2004年角川文庫) ◆
  2. 非在2002年角川書店2005年角川文庫) ◆
  3. 昆虫探偵 シロコパκ氏の麗なる推理2002年世界文化社→2005年光文社文庫
  4. 郷の惨劇2003年祥伝社文庫) ◆
  5. 本格的 死人と狂人たち2003年原書房
  6. 密林2003年角川文庫) ◆
  7. 太陽と戦慄2004年東京創元社
  8. 痙攣的 モンド氏の逆説2005年光文社2007年光文社文庫
  9. 逆説探偵 13人の申し分なき重罪人 (2005年双葉社
    → 逆説的 十三人の申し分なき重罪人2008年双葉文庫[題])
  10. 福岡マラソン42.195キロ2005年小学館
    → 2010年小学館文庫
  11. 2006年東京創元社2009年、創元推理文庫) ◆
  12. 異界2007年角川書店
  13. 的 四つの狂気2008年原書房
  14. 爆発的 七つのの死2008年双葉社2013年双葉文庫
  15. 人事系シンジケート T-REX失踪2009年講談社ノベルス
  16. このどしゃぶりに日向小町2010年早川書房
  17. 物の怪2011年講談社ノベルス) ◆
  18. 妄想刑事2012年角川書店2014年角川文庫
  19. 憑き物2013年講談社ノベルス) ◆
  20. 迷走女刑事2014年角川文庫
  21. 死と砂時計2015年東京創元社2017年、創元推理文庫
  22. 絶望的 寄生クラブ2015年原書房
  23. 生け贄2015年講談社ノベルス) ◆
  24. ブッポウソウは忘れない 謎解きフィールドノート2016年ポプラ社
    → とり研のとぶ事件簿2019年ポプラ文庫[題])
  25. 奇譚2017年講談社
  26. 隠蔽人類2018年光文社2020年光文社文庫
  27. 災は忘れる前にやってくる2019年光文社
  28. パンダ探偵2020年講談社タイガ
  29. 指切りパズル2021年南雲堂)

碇卯人名義(オリジナル)

  1. 杉下右京の事件簿2010年朝日新聞出版2014年朝日文庫
  2. 杉下右京の冒険2012年朝日新聞出版2015年朝日文庫
  3. 杉下右京の密室2013年朝日新聞出版2016年朝日文庫
  4. 杉下右京アリバイ2014年朝日新聞出版2017年朝日文庫
  5. 杉下右京の多忙な休日2015年朝日新聞出版2018年朝日文庫

関連リンク

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

戦国妖狐 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: つきむこう
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鳥飼否宇

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 鳥飼否宇についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!