朱川湊人単語

シュカワミナト

朱川湊人(しゅかわ みなと)とは、日本小説家

概要

1963年大阪生まれ。慶應義塾大学文学部卒。2002年に短編「フクロウ男」でオール推理小説新人賞を受賞しデビュー

受賞作を含む初単行本『都市伝説セピア』が2003年に刊行、第130直木賞補になる。また同年、い部屋での歌を』で第10回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。2005年、短編集『まんま』で第133直木賞を受賞。

昭和30年代や40年代を舞台にしたノスタルジックな短編を得意とし、作品は短編集・短編連作がほとんど。普通の人のもとに何らかの不思議な出来事が訪れるという、70年代日本SF的な展開が基本パターンで、そこからいい話・泣ける話に持っていく「」と、ホラー要素を交えて人の心の暗さや残酷さをじわりと描き出す「」がいる。の作は「人情ホラー」「ノスタルジックホラー」とも呼ばれる。

アニメ特撮ファンであり、『ウルトラマンメビウス』では第32話「怪獣使いの遺産」、第39話「無敵ママ」、第40話「ひとりの楽園」の3話の脚本を担当。小説版『ウルトラマンメビウス アンデレホリゾント』も執筆した。

代表作に前述の『都市伝説セピア』『まんま』のほか、『わくらば日記』『わくらば追慕抄』と続くわくらばシリーズや、文庫版がベストセラーになった『かたみ歌』など。

都市伝説セピア』収録の「昨日公園」と『かたみ歌』収録の「」が『世にも奇妙な物語』でドラマ化されている。また「フクロウ男」「アイスマン」「死者」が『都市伝説セピア』のタイトルWOWOWドラマ化。『の偽乙女 薄紅紋様』はNHK-FM青春アドベンチャーラジオドラマ化された。

とりあえず初めて読む人はデビュー作の『都市伝説セピア』か、『まんま』『かたみ歌』『いっぺんさん』あたりの短編集から手にとってみるといいだろう。い話が気に入った人はわくらばシリーズい話が気に入った人は『水銀』『々煉』あたりもどうぞ。

作品リスト

特記のいものは短編集、短編連作。

  1. 都市伝説セピア2003年文藝春秋2005年、文文庫)
  2. い部屋での歌を2003年角川ホラー文庫)
  3. さよなら2005年角川書店2012年角川文庫) ※長編
  4. まんま2005年文藝春秋2008年、文文庫)
  5. かたみ歌2005年新潮社2008年、新潮文庫)
  6. わくらば日記2005年角川書店2009年角川文庫
  7. 々煉2006年東京創元社2010年、創元推理文庫)
  8. 水銀2006年集英社2009年集英社文庫)
  9. 魔球スッポぬけ!2007年幻冬舎2010年幻冬舎文庫) ※エッセ
  10. いっぺんさん2007年実業之日本社2009年ジョイノベルス2011年、文文庫)
  11. スメラギ2008年文藝春秋2010年、文文庫) ※長編、第3回ホラーサスペンス大賞補作
  12. 本日、サービスデー2009年光文社2011年光文社文庫)
  13. わくらば追慕抄2009年角川書店2011年角川文庫
  14. あした咲く蕾2009年文藝春秋2012年、文文庫)
  15. ウルトラマンメビウス アンデレホリゾント2009年光文社2013年光文社文庫) ※ノベライズ
  16. 太陽の村2010年小学館2012年小学館文庫) ※長編
  17. 銀河口笛2010年朝日新聞出版2013年角川文庫
  18. の偽乙女 薄紅紋様2010年集英社2013年集英社文庫)
  19. オルゴォル2010年講談社2013年講談社文庫) ※長編
  20. 遊星ハグルマ装置2011年日本経済新聞出版社) ※歌人人とのコラボ作品集
    → 遊星小説2016年実業之日本社文庫) ※朱小説部分のみの文庫化
  21. 2012年PHP研究所2015年PHP文芸文庫)
  22. 満月ケチャップライス2012年講談社2015年講談社文庫) ※長編
  23. サクラ秘密基地2013年文藝春秋2015年、文文庫)
  24. ごり2013年新潮社2015年、新潮文庫)
  25. 黄昏の旗 2013年PHP研究所2016年PHP文芸文庫)
  26. 月蝕楽園2014年双葉社2017年双葉文庫)
  27. 2014年講談社2017年講談社文庫[上下巻]) ※長編
  28. キミの名前 2014年PHP研究所2016年PHP文芸文庫)
  29. 限のビィ2015年徳間書店2018年、徳間文庫[上下巻]) ※長編
  30. 今日からは、のひと2015年光文社2017年光文社文庫) ※長編
  31. コスモス少女団 薄紅紋様2015年集英社
  32. わたし宝石2016年文藝春秋2019年、文文庫)
  33. 夫のトモロー2016年NHK出版) ※長編
  34. 幸せのプチ 町の名は琥珀2016年日本経済新聞出版社)
  35. 私の幽霊 ニーチェ女史常識外事件簿2016年実業之日本社
  36. 知らぬ火文庫2017年光文社
  37. アンドロメダ2018年双葉社) ※長編

関連動画

いくつかありますがとりあえず貼らないでおきます。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%B1%E5%B7%9D%E6%B9%8A%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

朱川湊人

1 ななしのよっしん
2012/11/15(木) 03:18:32 ID: TDlbEcAiS/
個人的にまんまの妖精生物若干トラウマ
2 ななしのよっしん
2013/10/16(水) 18:15:52 ID: Ffk/MZxdy2
母親を出ていくというエピソードが多い気がする。作者の実体験なんだろか?
3 ななしのよっしん
2014/04/26(土) 22:09:23 ID: sHO7dP4HEI
メビウスでの担当回を見て興味が湧いたが面い話が多かったな。
それが高じてか再販された小説版も今見てる。