皆川博子単語

ミナガワヒロコ
4.3千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

皆川博子(みながわ ひろこ)とは、日本ミステリー界の誇る高性おばあちゃんである。

概要

1929年12月朝鮮京城に生まれる(数え年の関係で、出生届は翌年1月に出された。そのため1930年生まれとされることもある)。東京女子大学英文科中退1970年に児童文学の賞を受賞し、1972年に児童小説十字架』でデビュー。翌年、「アルカディア」で小説現代新人賞を受賞しミステリー作家としてデビューすると、同年には短編「トマトゲーム」で直木賞補になった。

1985年、『芝居殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。1986年、『』で直木賞を受賞する。しかしこの頃は得意の幻想小説・耽美ミステリーが商業的には全く振るわず(初期作品は未だ文庫化されていないものも多い)、編集者から2時ドラマ的なミステリーノベルスで書くことをめられたりしていた。

1990年、『薔薇忌』で柴田錬三郎賞を受賞し、幻想小説路線が再評価される。また80年代後半から90年代前半は、『』で直木賞を獲ったもあって歴史時代小説方面の作品が増えた(が、この時期の作品も商業的には振るわなかったようで、文庫化されていないものが多い)。

1997年、大作『死の』で吉川英治文学賞を受賞。これが「このミステリーがすごい!」3位、「週刊文春ミステリーベスト10」1位などミステリーでも非常に高く評価され、ミステリー界に返り咲く。

以降、80歳をえた現在コンスタントハイクオリティな作品を発表し続けている妖怪高性おばあちゃん2012年には82歳にして『開かせていただき光栄です』で「このミス」「週刊文春」「本格ミステリ・ベスト10」で全て3位に入り、本格ミステリ大賞を受賞。また日本ミステリー文学大賞も受賞した。2013年には新刊4冊を刊行と、バリバリの現役で幻想小説ミステリーの最前線を走る作家である。

2015年文化功労者に選出。2018年には皆川博子読本『皆川博子の辺薔薇館』が刊行された。

は時代により変遷しているが、現在入手できるのは、幻想小説の短編集と、壮大で耽美的な本格ミステリー90年代以前の作品はほとんどが元の形では手に入らないが、いくつかは近年復刊され、また文庫化されていない作品が2013年から出版芸術社で刊行されている『皆川博子コレクション』全10巻に順次まとめられた。2020年からは80年代ミステリー作品をまとめた『皆川博子長篇推理コレクション』全4巻が書房から刊行。

初めて読む人は、現在なら幻想小説方面では『薔薇忌』『猫舌男爵』、ミステリー方面では『開かせていただき光栄です』『倒立する殺人』あたりから入るのがいいだろう。

作品リスト(小説のみ・刊行順・作品集系は除く)

小説

太字2024年1月現在新品で入手可なもの。太字は品切れだが電子書籍で読めるもの、太字は出版芸術社『皆川博子コレクション』(全10巻)で読めるもの、ピンク太字書房『皆川博子長篇推理コレクション』(全4巻)で読めるもの。

  1. 十字架1972年偕成社1983年偕成社文庫
  2. トマトゲーム1974年講談社1981年講談社文庫2015年ハヤカワ文庫JA[1]
  3. ライダーは闇に消えた1975年講談社
  4. 底の祭り1976年文藝春秋1986年、文文庫
  5. 夏至祭の果て1976年講談社
  6. 祝婚歌1977年、立書房)[2]
  7. 薔薇の血を流して1977年講談社1986年、徳間文庫1996年講談社文庫
  8. 廃墟1978年文藝春秋1998年、文文庫
  9. 1978年徳間書店
  10. 1979年講談社2001年扶桑社文庫[3]
    → 奪われた死の物語1986年講談社文庫題)
  11. 彼方の微笑 (1980年集英社2003年、創元推理文庫
  12. の悲劇1982年トクノベルズ1987年、徳間文庫
  13. 炎のようにのように1982年偕成社1993年偕成社文庫
  14. の悲劇1982年トクノベルズ1989年、徳間文庫
  15. 巫女の棲む1983年、CNOVELS1985年、中公文庫)
  16. 知床殺人事件1984年講談社ノベルス1987年講談社文庫
  17. 相馬追い殺人事件1984年トクノベルズ1990年、徳間文庫
  18. 芝居殺人事件 (1984年社→1998年双葉文庫
    → 芝居殺人事件1987年、文文庫[4]
  19. と髑髏と1984年社出版→1991年集英社文庫2020年角川文庫
  20. 源氏殺人事件1985年講談社ノベルス1992年講談社文庫
  21. 1986年新潮社1989年新潮文庫
  22. 世阿弥殺人事件 (1986年トクノベルズ1994年、徳間文庫
  23. 妖かし蔵殺人事件1986年、CNOVELS1989年、中公文庫)
  24. 会津1986年講談社1993年講談社文庫
  25. 忠臣蔵殺人事件 (1986年トクノベルズ1993年、徳間文庫
  26. 殺意の軽井沢1987年祥伝社文庫
  27. 1987年中央公論社1992年、中公文庫→2002年集英社文庫2016年、河出文庫
  28. 変相能楽1988年中央公論新社
  29. 北の椿は死を歌う (1988年カッパノベルス
    → 闇椿1998年光文社文庫
  30. 聖女1988年講談社ノベルス1994年講談社文庫2007年講談社ノベルス
  31. 二人阿国1988年新潮社
  32. みだら英1989年新潮社1991年新潮文庫2017年、河出文庫
  33. 顔師・連太郎と五つの1989年中央公論社
  34. 秘め絵燈籠1989年読売新聞社)
  35. 散りしきる ・第二部 (1990年新潮文庫
  36. 薔薇1990年実業之日本社1993年集英社文庫2014年実業之日本社文庫
  37. 乱世玉 如と女たち1990年読売新聞社→1995年講談社文庫
  38. 鶴屋南北府巡1991年新潮社
  39. たまご1991年中央公論社1998年ハヤカワ文庫JA
  40. 絵双妖綺譚 朱鱗の1991年角川書店
    → うろこの1993年角川ホラー文庫
  41. 祭 (1991年読売新聞社)
  42. 1992年読売新聞社)
  43. 1993年文藝春秋[上下巻]→1997年、文文庫[上下巻]→2017年、河出文庫[上下巻])
  44. 1993年集英社1996年集英社文庫
  45. 叉 (1993年毎日新聞社→1998年、文文庫
  46. 1993年読売新聞社)
  47. あのは わらべ唄幻想1994年実業之日本社
  48. 楽園1994年、出版芸術社)
  49. 子 (1994年学研ホラーノベルス2000年学研M文庫
  50. 写楽1994年角川書店2020年角川文庫
  51. みだれ絵双 1995年講談社
  52. 新・今川戦国1995年講談社1998年講談社文庫
  53. 雪女1995年読売新聞社)
  54. 1996年毎日新聞社→1999年講談社文庫
  55. 笑い1997年朝日新聞社→2000年、文文庫
  56. 男と女の不可思議な七章 (1997年PHP研究所
    → 2012年PHP文芸文庫
  57. 死の1997年早川書房2001年ハヤカワ文庫JA
  58. ゆめこ縮緬1998年集英社2001年集英社文庫2019年角川文庫
  59. 結ぶ1998年文藝春秋2013年、創元推理文庫
  60. 朱紋様1998年朝日新聞社)
  61. 少年1999年徳間書店2013年、創元推理文庫
  62. 溶ける薔薇2000年社)
  63. ジャム真昼2000年集英社
  64. 旅人2002年講談社2005年講談社文庫[上下巻])
  65. 総統の子ら (2003年集英社2006年集英社文庫[上中下巻])
  66. 猫舌男爵2004年講談社2014年ハヤカワ文庫JA
  67. 薔薇密室2004年講談社2012年ハヤカワ文庫JA
  68. 2005年文藝春秋2008年、文文庫
  69. 小説2006年集英社
  70. 伯林人形2006年文藝春秋2009年、文文庫
  71. 2007年光文社2010年光文社文庫
  72. 倒立する殺人2007年理論社→2011年PHP文芸文庫
  73. 少女外道2010年文藝春秋2013年、文文庫
  74. 開かせていただき光栄です2011年早川書房2013年ハヤカワ文庫JA
  75. 双頭のバビロン2012年東京創元社2015年、創元推理文庫[上下巻])
  76. ペガサスの挽歌 (2012年有書
  77. 少年十字軍2013年ポプラ社2015年ポプラ文庫
  78. 海賊女王2013年光文社[上下巻]→2016年光文社文庫[上下巻])
  79. を買う店2013年河出書房新社
  80. アルモニカ・ディアボリカ2013年早川書房2016年ハヤカワ文庫JA
  81. クロコダイル路地2016年講談社[全2巻]→2019年講談社文庫
  82. 鎖と 皆川博子傑作短篇集 (2017年、中公文庫)[5]
  83. U2017年文藝春秋2020年、文文庫
  84. リフレーン2018年KADOKAWA2021年角川文庫
  85. アポロン2019年早川書房
  86. インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー2021年早川書房2023年ハヤカワ文庫JA
  87. 配図 WILD ROSE2023年河出書房新社

エッセイ・その他

  1. マイマイナイナイ2011年岩崎書店) ※絵本
  2. 図書館2017年講談社
  3. 皆川博子の辺薔薇Fragments of Hiroko Minagawa2018年河出書房新社) ※読本
  4. 彗星図書館2019年講談社
  5. 皆川博子随筆精 書物のして (2020年河出書房新社
  6. 皆川博子随筆精2 書物のへの招待 (2021年河出書房新社
  7. 皆川博子随筆精3 書物の思い出2022年河出書房新社
  8. 図書館2023年講談社

関連項目

脚注

  1. *単行本は5編収録、講談社文庫版は2編を削除し3編を追加した6編収録、ハヤカワ文庫版は削除された2作を復活させた8編収録。
  2. *収録5編のうち「魔術師」「耀き」「祝婚歌」の3編が『皆川博子コレクション3 歌』に収録。
  3. *扶桑社文庫版は『聖女』を併録。
  4. *文庫版のみ短編6編を併録。
  5. *底の祭り』収録の5編に、『悦楽園』から「まどろみの檻」「疫病」「狩り人」「聖夜」「反聖域」の5編を追加したもの。
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

高梨あい (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 政宗
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

皆川博子

1 ななしのよっしん
2015/02/21(土) 01:07:10 ID: 3nDRl/ua8w
記事出来てる!!しかも充実してる・・・!! 嬉しい
この人の作品の文章も物語世界観も話の展開も素敵
開かせていただき光栄ですは傑作 登場人物多すぎるし
人物全員英国人で名前覚えるの難しいからミステリ初心者の人
すこし戸惑うかもしれないけど話の筋立て、伏線回収の鮮やかさ、
人物の魅すごいんだよね 続編も出たしさらにまたその続編も
出そうだから楽しみ 伯林人形館と倒立する殺人も面
薔薇密室も好きだが最後がちょっとあっけなかった気がする
絶版になってしまった作品全部復刊して欲しい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2015/04/29(水) 18:44:38 ID: uyuGg1Fvnb
好きな作家さんなので記事があって嬉しいです。
どれに何が収録されてるか、色付きでまとめられてるのが見やすくていいですね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2015/04/29(水) 18:50:27 ID: Kx/PS9Rng+
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2015/10/30(金) 21:40:15 ID: uyuGg1Fvnb
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2015/12/02(水) 17:00:31 ID: HPgXrjcI/p
うわあー!記事が出来てて嬉しい!
大大大好きな作家さんなので同志がいて心強いです。
この御歳でハイクオリティの作品を生み出し続けていることに、心から尊敬します。
やっと時代が皆川さんに追いついたと思う。
出来れば歳まで長生きして書いて欲しい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2017/10/05(木) 21:26:16 ID: bH3AVzo4on
だいぶ前に京大ミステリー関係の講演されてたんだよね
その時の小冊子、通販できたから買っておけばよかった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2023/07/29(土) 20:18:28 ID: M4ysxgk9Pn
現在93歳にしてなお精的に活動してるとか…
生きる伝説すぎる
👍
高評価
0
👎
低評価
0