今注目のニュース
7月のコンビニ アイスクリーム、冷し麺...... 梅雨明け遅れ夏物商材が不調
約10時間分の大ボリューム! 「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」の体験版が2019年8月21日より配信中!
若者7割が副業に興味あり - すでに副業をしている人の割合は?

神魂合体ゴーダンナー!!単語

シンコンガッタイゴーダンナー

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

長時間編集

この項は書きかけの項です
後日詳しく書くのでゆっくり待っててね!!!

 

 

ゴーダンナーとは、燃えて萌えれるアニメである。

概要

第1期13話・第2期13話の計26話が放送された。

ロボットパイロットが「年の差カップルの新婚夫婦」という新な設定に加え、1970年代スーパーロボットアニメを彷彿とさせる(宙明節全開の)テーマソングや熱いノリなど、新しい中にも懐かしさを感じさせる作品。また、ロボットアニメとしてのスタンスを守りつつ、様々な形の『恋愛』を描いていることも特徴であり、中には義兄妹同士や同性同士の恋愛テーマにした異色のエピソードもある。ちなみに、タイトルは「新婚合体ゴオ旦那」という駄洒落でもあるが、それと同時に意外な意味も帯びている。

放映時期が近く、同じく2部構成のロボットアニメ超重神グラヴィオン』とは作女性キャラの割合が高いことなどの共通点が見られ、共に「燃えて萌えロボットアニメ」として較されることもある(女性率が高い両作品だが、グラヴィオンメインパイロット女性がいるものの、どちらかと言えばサポートしていたというイメージがあるのに対し、本作品はサポートメインの両方に女性が存在するという点で、ヒロイン達の立ち位置が異なっている)。

登場キャラクターを演じる声優の多くを、リアルロボット系とスーパーロボット系両方のアニメで活躍する面々(石丸博也檜山修之石川英郎など)や、ゲームスーパーロボット大戦シリーズ』のヘビプレイヤーとしても知られる面々(緑川光渡辺明乃など)が占めている。

なお、登場キャラクターの約9割が胸ゆれをする。ロボットですら胸ゆれする。公式同人○○漫画も存在する。

登場キャラ

ロボットパイロット

ダンナーベース

葵 杏奈(13話以降は猿渡姓を名乗る) CV:中原麻衣

本作の主人公の一人。さん。17歳高校生で、明るく元気なスポーツ少女ネオオクサー、ゴーオクサーのパイロット
園学園高校二年生で、ロボット部のエースロボット部の男子から「勝ったら付き合ってもらう」と毎日挑戦されており、毎日勝利している。
母親譲りの抜群なスタイル(B84W53H83)で、を含む周囲の男子からの憧れの的となっている。ただしガードは非常にカタい。
であり、ほかのパイロット(特にミラ)に負けないために必死で戦っていった。
また、とても優しい面を持ち、記憶を失ったミラ友達になろうとしたり、親を亡くしたルウに対してものように可がっていた。

五年前の「巨神戦争」の際にゴオに助け出され、以来彼に惚れる。
結婚になってすぐにゴオとの結婚を決断、そして挙式の際に襲ってきた擬態に苦戦するゴオを助ける為、墓所に封印してあったネオオクサーに乗り戦った。
以降、一人前のパイロットとなりゴオを助ける為、また人々を守る為、友人に内緒でロボットパイロットの訓練を受ける。
そしてネオオクサーのパイロットとなり、ダンナーベースの一員として、妻としてゴオを支えるようになる。

ゴオとミラの関係を知った後、時々自分の居場所に不安を感じるようになっていく。
そして第12話にて静流が戦死した際、ゴオが戦えなくなっていたことに気づけず、またミラを抱いて号泣するゴオを見て、自分の居場所を失ったと思いベースを出奔した。
擬態出現の際に戻ろうとするも、復活したミラネオオクサーを自在に操る姿を見て、ゴーダンナーのを見て絶望してしまう。
しばらく放浪同然の生活を送った後、幼い頃の友人・ヒデ坊と出会い、告白される。
その後のデートの際、彼が話した昔話の中で、自分が小さな頃からパイロットを夢見ていたことを知る。
そして、「居場所を失くした」のではなく、「夢を捨てようとしていた」ことに気づいた彼女は、生した静流に連れられてベースへと帰還。ゴーオクサーに乗り再び戦場へ赴いた。

以降はベース内で記憶を取り戻したミラ修羅場に――なるでもなく、非常に気まずくも穏に暮らしていたが、
終盤にインニアウイルスの影でゴオが戦えなくなった際は、ゴオの分まで頑るべく奮戦する。
そして擬態との決戦では、擬態に乗っ取られたゴオを巡り、ミラと「女の戦い」を繰り広げた。

七年後もダンナーベースエースとして、ミラとともに「ミラーズ」を結成、第一線で戦っていた。
ゴオ復活後は再度結婚式を挙げ、擬態との最終決戦に向かった。

余談だが、「訓練なしに初めて乗ったロボで戦う」「一人前になるために訓練をする」「後継機に乗り換える」など、主人公お約束の大半をこなしている。

台詞集

「信じてるけど……待ってるような女じゃないの!」
「この、バカチンがあーっ!! それでも男か! 泣き言言うな! そのロボットは何のためだ!? 大事なものを守るためじゃないのか! 名前も知らないの人達は、大事じゃないのかああ!!」
「うん……あたし、死なないよ! おばあちゃんになっても、ずっとゴオちんと一緒!」
「ゴオちんの、バカァーッ!!」
お前渡ゴオじゃない、渡ブーじゃああああ!!」
「恐くなんかないから……恐れることなんてないから……ここにいるのは、ゴオちんと私だけだよ……だから……」
「好きだよ、ゴオちん」

猿渡 ゴオ CV:近藤孝行

本作のもう一人の主人公旦那。29歳。ゴーダンナーのパイロット
なかなかの巨で、ほどではないが熱血。また友情にも篤く、モウカク暴走の際には説得の為に出撃したこともある。
また、ルウのような子供に持ちたいという願望がある。
甲斐性のないように見えて奈に指輪を贈るなど意外ときっちりしているが、ミラとの関係に悩むあたりやはり甲斐性なし。

五年前の巨神戦争の英雄の一人で、擬態を倒した本人である。しかしその戦いで人のミラと親友のマックスを失っており、以来五年間ほとんど出撃したことがない(大の際に交通整理の為出動したことはある)。
そのため周囲からはあまり評価がよくなかったが、クラブマリナーに寄生した擬態12号Gガンナーが苦戦した為に、奈との挙式の最中久しぶりに出撃し奮戦した。
その際奈の乗ったネオオクサーに助けられたが、奈がパイロットになるのには反対していた。
しかし、擬態を倒す為必死になる奈を見て、そして見事に生き延びた奈を見て、過去に自分がすべきだったこと、これからすべきことを理解する。そして奈をパイロットとして認め、共に多くの擬態を倒していった。

第11話にてブレイドガイナーと戦闘した際、圧倒的な敗北を喫してしまい、それがトラウマとなって操縦桿を握れなくなってしまう。
それを悟った静流が単身擬態と戦う姿を見て自信を取り戻すものの、直後に静流が死んでしまう。
ミラを抱えて号泣する姿を奈に見られてしまい、彼女を出奔させてしまった。
それでも奈が戻ると信じながら、ミラと共にしばらくの間戦い続けた。
奈が復帰した後は、奈とミラとのさみの状態でのように汗を流しながら過ごしていた。

インニアウイルス相が明らかになった際に出撃が禁じられるも、それを破り何度か出撃。対ブレイドガイナー戦の後に発症一歩手前までいってしまう。
擬態との決戦時に、負傷した静流の代わりに搭乗。ついにラビッドシンドロームを発症してしまった。
ゴーダンナーを擬態に乗っ取られ、自のほとんどを奪われるも、仲間で駆けつけた奈により一時的に自分を取り戻す。
そして奈、ルウと共に擬態をトリプルドライブで撃破するが、そこで尽き最期はのような姿となった。

七年後、森本夫婦の第三子・森本ゴオの遺伝子を用いた治療により復活。奈と最初から始め直すために結婚式を挙げる。
そして久しぶりにゴーダンナーに搭乗し、決戦の地へと赴いた。

台詞集

としてこれだけは忠告しておく。一生! 土下座だけはするな!」
「ひとつだけ約束しろ。いいか! どんなことがあろうと、より先に死ぬな。生きることを絶対に諦めるな!」
ってヤツは……ってヤツは……奈ァーッ!!」
(見てるか奈! どこかでを見ていたら、く帰って来い! は……は待っている!!)
「飯食うだけでロシアまで行けるかよ」
お前がいれば……は戦える!」

ミラ・アッカーマン CV:久川綾

奈をヒロインとした場合、もう一人のヒロインと言える女性28歳。作中では度々女神のような人と呼ばれる、いい性格のお姉さん
かなりスレンダーな身体つきに見えるが、B80W51H81と十分デカい。ネオオクサーのパイロット

五年前の巨神戦争の際、ゴオとの人々を救うためにファイナルイグニッションを発動、自爆して死亡したと思われていた。
しかし、マックスが助けたのかは不明だが、寄生されたクラブマリナーの中で生存していた。
第1話で擬態12号が撃破された際に排出され、ダンナーベースマックスともども密かに救出されていた。
第5話の最後で意識が覚醒、第6話にてその生存をゴオ達が知ることとなった。しかし、すべての記憶を喪失しており、赤子も同然の状態となってしまっていた。
奈達と接することで日に日に言葉を覚えていき、精が成長していった。とはいえまだまだ子供同然であり、大で喧するゴオ達の前で泣き出すこともあった。
何故かルウのを気に入っており、それを理に着て基地を動き回っては多くの人の視線を奪ったりもした。

第12話で静流死亡した後、彼女の亡骸に口付けをした際に急速に自覚醒。すべての記憶を取り戻す。
そして出奔した奈の代わりにネオオクサーに乗り、ブランクを感じさせない戦闘を披露した。
しかし、セカンドシーズン初期は突如として意識を失うことが多発し、ついに戦闘中に気絶したこともあった。
その後は意識の喪失はなくなり、第19話・20話、23話以降で出撃している。
実生活では、ゴオや奈との三角関係についてはほとんど自ら触れることはなかった。
しかし胸に秘めた想いは日に日に強くなっていたらしく、奈の決意を聞いた第22話ではついに涙を流すほどとなる。
その想いが爆発したのが第25話で、ラビッドシンドロームを発症し擬態に寄生されたゴオと共に死ぬことを選択した。
しかし、奈の説得とそれまでの三人の思い出に心を動かされ、ゴオを奈に託し倒れた。

七年後は奈と「ミラーズ」というコンビを結成し、擬態討伐の任務に就いていた。
その後、彼女の特殊な体質を利用したラビッドシンドロームへの予防法構築の為、コミッショナーズへと出向。ゴオ達の結婚式には参加しなかった。

余談だが戦闘スーツダンナーベース一過デザインスーツの前後が大きく開いており、臀部に到っては割れ目が見えている。デザインしたんだ。

台詞集

「ふ・た・ま・た、ふ・た・ま・た」
「キツイの……キツイの……何かヘンなの……」
「どうして……どうして私は生き返ったの? どうして……どうしてあのまま死なせてくれなかったの!?
「正しい答えなんていらない! 私が欲しいのは……私を、私だけを愛してくれるゴオよ!!」
「ゴオのこと……頼んだわね」
「これからは世界中の男が私を待ってるかと思うと、苦にならないけどね」

藤村 静流 CV:かかずゆみ

銃撃戦を得意とする、ダンナーベースパイロット。体・仕台詞、どれをとってもエロい人。B87W53H88と破格なスペックを持つ。28歳。
奈達にとっては様々な意味での憧れであるおさま。Gガンナーのサブパイロットコアガンナー・ゴーダンナーのパイロット。一度だけコスモダイバーにも乗った。
ゴオとは若い時からの仲で、密かに心を抱いていた。しかしそれを伝えることのないままゴオはミラ仲となってしまった。
ベース随一の射撃の腕前だが、それはゴオに教えてもらった「秘」をずっと守っていたからである。

第一期第1話ではサポートとしてGガンナーに乗り込み出撃。しかしクラブマリナーのを使う擬態12号の前に機体を大破させてしまう。
以降コアガンナーが修復される第4話まで出撃できず、それをもどかしく感じていた。
(ちなみに普段あまり怒ることのない彼女だが、この第4話でのみゴオにケガをさせた奈に対して凄い表情でビンタを放っている)。
第12話にて、ブレイドガイナーに敗れロボットに乗れなくなっていたゴオを奮起させるべく単身、擬態討伐に出撃。
なんとか撃破に成功するも、直後に現れた大量の擬態との戦いで致命傷を負う。
飛んできたゴオに連れられダンナーベースに帰還するも、時すでに遅く、ベースのみんなに看取られながら息を引き取った。
しかし、第13話にて生していることが確認され、第14話の最後に覚醒した。
第15話では車椅子に乗っていたが、ゴーオクサーの起動試験をする為に車椅子を降りた。
しばらく出撃の機会が来なかったが、その間も奈やの訓練にリハビリがてら付き合っていた。
インニアウイルスの為に乗れなくなったゴオの代わりに、第21話からはゴーダンナーのパイロットになる。二度の出撃の際にはミラとの合体もこなした。

第24話からの決戦時には負傷してしまい、ゴオにゴーダンナーを託してダンナーベースサポートをした。

生後の静流はどこかおかしいと評されていたが、それはマックスの異形の姿をの当たりにしたことからの恐怖が根底にあった。
しかしラビッドシンドローム女性には発症しないことを知ってゴオの前で内心喜んでしまい、そんな自分を許せなくなった故に進んで戦いに出るようになったのだった。

七年後、ダンナーベースの総となってベース揮を執っている。また、最終決戦ではGゼロガンナーのサブパイロットとして出撃した。
、両方からのアタック大人らしくあしらっている。

台詞集

「私を誰だと思ってるの?」
「自分で脱いだのよ!」
「これ以上いると、が芽生えちゃうでしょ?」
「女を……泣かすのだけは……変わらない、のね……」
「戸惑ってると見透かされるわよ。自信を持って攻めて!」
「おかげで肌の手入れが大変なの。女って面倒だわ」

光司 鉄也 CV:檜山修之

ダンナーベース一の熱血Gガンナー・Gゼロガンナーのメインパイロット。24歳。
どこでもかしこでも「オッケー!」を連発するアツい男。静流パートナーを自称するが、静流本人にはあまり相手にされていない。
ちなみに名前は「マジンガーZ」「グレートマジンガー」の主人公兜甲児剣鉄也から取られている。戦闘スーツ
彼らによく似たものになっている。

第一期第1話で擬態12号と交戦、Gガンナーのアーマーを大破させられ重傷を負う。静流「死んだわ」「死んでません……」
第2話では病院でほぼ全身包帯巻きになった姿で登場、静流から渡された「愛のメモリー」の内容に驚愕していた。

第一期の出番はそこまでで、次に登場したのはセカンドシーズン第14話。ケガから治った彼は不甲斐なさ全開のゴオを殴り飛ばし、強くなる為にに出る。
そして終盤、新たなロボット・Gゼロガンナーに乗り込みダンナーベースの救援に駆けつけた。
奇跡的なことにインニアウイルスがほとんど発症しない体質だった為、最後まで戦い続けることができた。
擬態との決戦時、何度となく死んだかと思われるようなシーンに遭遇するも、最終的に生き延びた。
影丸「くそぉ! 駄死にか!」「死んでません……」

七年後はパイロットになった影丸に代わりダンナーベース隊長となっていた。
最終決戦では静流とともにGゼロガンナーで出撃している。

台詞集

「全然オッケー! 年上大好き!」
あんた何やってんだよ、全然オッケーじゃねえよ! あんた仲間一人、さん一人守ってやれねえのかよ! それでも男かチクショオォ!!」
明日もいい気だぜ!」
「勝負だ……渡ゴオオォォォッ!!」
「教えてやるぜぇ! ヒーローには、一つだけ条件があるッ! 最後までぇ! 死なないことさあああああああ!!」
!? 年下ッスよ年下ぁ! 何考えてるんスか静流さぁん!?

マックス・ジュニア CV:石川英郎

五年前の巨神戦争で戦死したと思われていた男。クラブマリナーのパイロット
圧倒的なを持つ擬態の前に戦闘不能に陥ったが、ミラファイナルイグニッション自爆した際に覚醒している。
その後は擬態に取り込まれ、五年後に擬態12号クラブマリナー)として出現した。
第1話では描写されなかった(写真が登場した)が、第6話にてミラと同時に救出されていたことが判明した。
休眠状態であったがミラの口付けにより覚醒ミラへのとゴオへの憎しみから暴走し、コアガンナーを強奪する。
内部からベースを破壊し基地外に逃亡するも、追撃に出たゴオと交戦。
途中で現れた奈の言葉に一のスキを見せるも、ミラが自身より奈達の方をめたため憎しみがさらに広がる。
結果、インニアウイルスによるラビッドシンドローム(この時点では原因不明であった)を発症し異形の姿となった。
ルウが乗るコスモダイバーの攻撃もあり暴走は止まったが、ゴオに「お前もいつかこうなる」という言葉を遺し、
搬送先の病院ラビッドシンドロームを再発し死亡した。

奈に対し、ゴオとミラの関係を暴露した本人である。また、ラビッドシンドロームの名が決まるまでは彼の名前から「マックスシンドローム」と呼ばれていた。

メナージュ・ゼロ

 CV:大川透

通称「メナージュゼロの男」。経歴、素性が一切不明。ブレイドガイナーのパイロット
五年前の巨神戦争で妻のローザセレブレイダーを失っており、彼女である擬態を追って彷徨い続けていた。
自分の的を果たすためには周囲がどうなろうと構わないため、本来戦闘禁止区域であったコーカサス1を壊滅状態に追い込んだこともある。
結果としてコミッショナーズから「メナージュゼロ」を発され、ほかのロボット乗りから狙われるようになった。

第10話で日本ダンナーベース付近に墜落たまたま居合わせたルウによる看護を受ける。
そして彼女ロボットの操縦訓練を施し、一人前のパイロットに仕立て上げた。
第11話にてゴーダンナーと交戦するも、合体すらしていない状態にもかかわらず圧倒的なパワーでこれを撃破。
そのの当たりにしたルウと共に流離のへと向かった(ルウは厳密には勝手に付いて行った)。
第13話での大量の擬態出現時、五年前の悪夢を思い出しつつも戦った。

その後はしばらく本格的な活躍をせず、セカンドシーズン20話では中国に潜んでいた。
21話で的の擬態と遭遇。ルウの援護もあり、第22話にてついにセレブレイダーを救出することに成功した。
しかし、インニアウイルスの影暴走ブレイドガイナー ツインドライブモードをもってゴーダンナーと対決する。
以前より技術もかに強くなったゴオと奈の前に敗れ去るも、その表情は満足のいくものであった。

第24話最終盤でラビッドシンドロームを発症した状態で登場、25話で擬態の弱点をゴオ達に見せつつ散っていった。
その際、「これがお前達の未来だ。果てなく戦い続けた者の」という言葉をルウに遺した。

台詞集

お前じゃない……!」
悪夢だ……五年前の、悪夢だ」
「すべてを終えたとき、今までのは死ぬだろう。その後のことは分からん。他の生き方を知らないから」
「そうだ! で貫けぬものは、が身のみッ!!」
「コレガ……復讐ニ生キタ人間ノ……末路ダアァァァッ!!」

ローザ CV:皆川純子

の妻。セレブレイダーパイロット。五年前の巨神戦争にて擬態に機体ごと取り込まれ、行方不明となった。
に生きてもらうべく自ら犠牲となった姿は、ゴオに対してのミラの行動によく似ていた。
22話にてセレブレイダーが救出された際、コクピットにはも乗っておらず、最後まで行方は分からなかった。

ルウ・ルー CV:清水香里

本作のロリ担当。コスモダイバーセレブレイダーパイロット12歳。
衛星上に存在するコスモベースの所長ロウルーの一人で、母親はすでに他界している。
初登場は第1話。幼いながらベース仕事をこなしており、オペレーターを務めていた。

第5話でコスモベースが擬態の襲撃を受けた際、ロウと共にコスモダイバーで出撃。しかし、ロウの判断で子機を分離され、
そのまま大気圏に突入。奈の学校付近に墜落した。
同話でゴオと共にコスモダイバーロウを助けに向かうも、既にロウ死亡していた。このことから擬態に対し強い憎しみを抱くようになる。
戦えるようになりたいがために様々な人にロボットの操縦を教えてもらおうとアプローチするも、ほとんど相手にされなかった。
第10話でを助けたことから彼との因縁が始まり、彼に操縦技術を教わる。そして同話終盤に現れた擬態ロウを殺したものと同族)に対し勝手に出撃し、
挙句ピンチになったことから第11話でダンナーベースに監禁されてしまう。
しかし、たまたま通りかかったミラのおかげで脱出に成功。ブレイドガイナーがゴオ達のゴーダンナーに勝利したことから、
とともに歩むを選択、そのままベースから離脱してしまった。
第13話ではとともに大量の擬態と戦っている。

セカンドシーズンではとともに中国に潜伏。がどこからか持ってきた食料の出所に不安を感じていた。
また、料理をどこかで勉強しており、にほめられていた。
22話で的の擬態を発見、先に攻撃に出ていたダンナーチームを妨する。
そしてが見つけ出したセレブレイダー乗り換えブレイドガイナー ツインドライブモードになって擬態、ゴーダンナーと戦った。
ダンナーには敗北したものの、彼女はそれでもに付いて行くことを決めた。
擬態との決戦時、ラビッドシンドロームに侵されたの最期を見届けた後、擬態に取り込まれる。
そして最後の最後で内部から現れゴーダンナーを救出、トリプルドライブ擬態に致命傷を与えた。

七年後の世界では、「メナージュゼロの女」を名乗る。
擬態への復讐と、の遺した言葉が真実かどうか確かめるべく、独り戦っていた。
ゴウ奈の結婚式を影から見守った後、最終決戦に挑んだ。
残念なことにプロポーション身長以外さほど変化しなかった。


台詞集

お父さん……嫌だよ、もう独りにしないで! いっしょにいてよ! どうして? どうして私だけ置いてったの? 教えてくれるって、言ったのに……私、今ダイバーにいるよ……?」
「こちらコスモエンジェル。第二ターゲットに動きあり」
「着たいの? 私の……」
は死なないよ! それに……止めても聞かないでしょ?」
は、他の人とは違う……。は、だよ。だから、いかないで! 独りにしないで!!」
「ゴオ、私を握って!!」

他のベースのパイロット

ナイト・バレンタイン CV:緑川光
エリス・バレンタイン CV:田村ゆかり

英国ユニオンベース所属の兄妹。共に爆撃ロボドラライナーパイロットである。
ナイトはモウカクからは「タンポポ野郎」、エカテリーナからは「種馬野郎」と呼ばれるほどのプレイボーイで、
第8話でダンナーベースに不時着した際はベース職員の女性をところ構わず口説きまくり、奈達に呆れられていた。
ミラの持つ不思議な雰囲気に惑わされ、あわや口付けしそうになったところでゴオに殴り飛ばされている。
エリススタイル抜群の女の子で、ナイトのスケコマシ振りに手を焼いている。
実はお互い近親愛者で、ナイトはそれを紛らわせる為にプレイボーイを演じていた。

21話のモウカク暴走時にはゴッドダイナーを止めるために戦う。ドラグファイターで出撃したエリスを救出する為、
ナイトはやむなくドラライナー ビーストモードゴッドダイナーを破壊、モウカクを倒した。

擬態との決戦にも参戦し、数多の擬態を撃破するも、擬態の時空振動波を受けドラライナーが撃墜される。
生き延びた二人は、そこでやっとお互いの気持ちを通じ合わせることが出来た。

七年後の世界でも二人で現役のパイロットを務めていた。ナイトはシュクユウに対しモウカクのことを「一生命を懸けて償う」と謝罪した。

エカテリーナ CV:山田美穂
ククラチョフ CV:川田紳司

ロシアベガベース所属のコンビ。それぞれヴァルスピナースレイブウィングパイロット
女王様気質のエカテリーナと、彼女に全てをささげるククラチョフの絶妙なコンビネーションを誇る。
ちなみにククラチョフはエカテリーナの執事の一人でもある。

第18話にて二人の話が展開された。
お互いに情表現が非常に不器用であり、それ故に一度はエカテリーナがククラチョフを拒絶してしまう。
しかし、それでも彼女するククラチョフは単身擬態の群れに戦いを挑み、その姿で彼女へのを見せる。
彼のそんな面に心打たれたエカテリーナはヴァルスピナーで出撃、ククラチョフと共に敵を撃破するのだった。

第19話でのジェネシスターらとの共同作戦では擬態に操られたジェネシスター相手に苦戦する。
「残酷な女」を自称するエカテリーナは、ルナシャドウの恵まれぬを生かす為にジェネシスターを破壊せずに
擬態を撃破した。

擬態との決戦にも参戦し、ゴーオクサー、ドラライナーと共に擬態の群れを撃破する。
しかし、擬態の時空振動波によりヴァルスピナーが大破してしまう。
その際、重傷を負ったエカテリーナはククラチョフに抱えられ、ついに素直になることが出来たのだった。

七年後の世界でも共にパイロットを続けている。インニアウイルスの検のせいで「人柄が丸くなった」と言われて
いるらしく、エカテリーナは嘆いていた。
ゴウたちの結婚式にも参加、ククラチョフは神父を務めた。その後、最終決戦に参加している。

ルナ CV:川上とも子
シャドウ・ダラウェイ CV:甲斐田裕子

シリコンベース所属の女性コンビ。作中に登場したチームでは(ダンナーチームとオペレタイガーを除き)一同性のコンビである。
男装の麗人・シャドウの乗るジェネシャドウと、調・解析に秀でたルナの乗るルナシスター合体するロボジェネシスターで戦う。
二人ともお互いを愛している同性愛者だが、お互いそれを隠したまま生きていた。

第19話にてヴァルスピナーたちとともに擬態殲滅作戦に参加。作戦ルナシャドウ告白するも、シャドウは自身の身体に起きていた変化と、
女性である自分がルナ愛することへのから、ルナ距離を取るために彼女作戦拠点のベースへ異動させようとする。
これがルナを傷心させてしまい、作戦当日にジェネシスターへの合体を失敗させてしまう。救助に向かうシャドウだが、
そこを擬態に狙われジェネシスターを乗っ取られてしまった。
そしてシャドウの体内のインニアウイルスが活性化、発症はしなかったものの身体が変貌してしまう。
しかし、暴走するジェネシスターの中で、ルナシャドウはついにお互いの想いを通じ合うことに成功した。
その後エカテリーナにより救出されるが、ルナは重傷を負い、シャドウインニアウイルスの検のために戦線を離脱。
この戦いでジェネシスターも大破した為、擬態との決戦には参加できなかった。
しかし、シャドウラビッドシンドローム発症手前で済んだことが、発症の原因究明の切っ掛けとなった。

七年後には事に戦線に復帰したが、ウイルスの場で、かつて一人女性で発症しかけたシャドウ若干落ち込んでいた。
ゴウたちの結婚式に参加した後、ジェネシスターで最終決戦に臨んだ。

モウカク CV:小杉十郎太
シュクユウ CV:山崎和佳奈

中国ダイベース所属のパイロット怪力の巨モウカクが乗るゴッドホーンと、彼を戦闘面でも生活面でも揮するシュクユウが乗るゴッドソニック
合体することで、世界トップクラスパワーを誇るロボゴッドダイナーが完成する。
モウカクは舎と認めた者にパンを買いに行かせる癖がある。またシュクユウは前述の通り、暴れん坊なモウカク調教師のごとくおとなしくさせることができる。
下記のロウを除く他ロボット乗りでは一、一般的な恋愛関係であった。

第12話で擬態の巨大な巣を発見した。直後大量の擬態世界各地に出現した際、五年前の悪夢が繰り返されるのかと危惧するも、
結局その時だけで終わったことにモウカクは不満を抱いていた。

20話にてモウカクがシュクユウ告白ベース一同からの祝福を受け結婚を決める。戦友のゴオを結婚式に招待しようとするも、
直後の戦いでモウカクインニアウイルスが活性化、ラビッドシンドロームを発症してしまう。
そのまま暴走を始めたゴッドダイナーの中で必死に説得するシュクユウだが、もはやモウカク自身にも止められなくなっていた。
同じ作戦に参加していたドラライナーにも猛攻を加え、ドラグファイターで出撃したエリス危機に陥れてしまう。
を救うためナイトが放ったドラゴンハートにより、ゴッドダイナーは全に破壊された。
直前に最後の意志でシュクユウを脱出させたものの、モウカクはこの攻撃で死亡した。
そしてシュクユウは、生前にモウカクが頼んでいた「死んだときに歌って欲しい」歌を悲しくも歌うのだった。

七年後の世界ではシュクユウはコミッショナーズに勤務。
新しいロボットにモウカク戦闘パターンインプットし、彼の生きたを残す仕事をしていた。
ゴオ達の結婚式には参加せず、ミラ達とともにコミッショナーズ本部にいた。

ロウ・ルー CV:小谷津央典

コスモベース官であり、一の宇宙戦闘ロボであるコスモダイバー(親機)のパイロット
一人のルウと共にコスモベースで各地のベース情報伝達や要請を行っていた。
第5話でベースが擬態に襲撃された際に、他のスタッフを脱出させた後ルウとともにコスモダイバーで脱出しようとする。
しかし擬態が間近に出現した為、を守る為出撃後に彼女の乗る子機を分離、単独で擬態と戦った。
そしてベースを守る為、擬態と刺し違え死亡した。
地上に降りたときにはルウにダイビングロボットの操縦を教える約束をしていた。

その他のキャラ

余談だが、影丸を除くダンナーベース職員は苗字植物関係に由来している。

ダンナーベース司令室

葵 霧子 CV:本田貴子

ダンナーベースで、ゴーダンナーなどの開発者。そして奈の母親である。35歳と若く、奈は17・8歳の頃に産んだ計算となるが、
若い頃が描かれた最終話ではすでにその時点でゴッド計画(後のゴーダンナーの開発計画)に着手しており、どうも設定に違和感がある。
ダンナーベース一のナイスバディの持ちでもある。
姉御肌な性格だが、静流が犠牲になり、また奈が出奔した際には弱さを見せていた。
ヘビスモーカーだが若い頃は煙草嫌いで、也が煙草を吸ってる時は「今時煙草を吸うなんて信じられない」と言っていた。
ちなみに若い頃は奈にそっくり。

七年後は総を辞め、キャリアを活かしてインニアウイルスの研究に取り組んでいた。
病院では森本夫妻の二人にその巨乳を弄ばれていた。

影丸 CV:山口太郎

ダンナーベース戦闘チーム隊長。渋くカッコイイオジサンだが、子にわぬ想いを寄せている(当初は子が既婚者だと知らなかった)。
基本戦闘揮を行っている為現場に赴くことはないが、自身もパイロットであり最終話ではラボディフェンダーというロボットに乗っていた。
也登場以降は若干影が薄くなる。しかし子を様々な面で支えてくれたことを也から感謝された。
擬態との決戦では戦闘補佐の他、Zミサイルの発射という重要な役を果たした。

七年後も前線に立っており、擬態との最終決戦では也からダンナーベース、ひいては人類の未来を任された。

笹暮 小波 CV:渡辺明乃
桃園 桃子CV:能登麻美子

ともにダンナーベースのオペレーター。数多の競争相手を蹴落として着任しただけあって非常に優秀である。
小波はギャル系で、桃園より年上なのだが子供っぽい部分が立つ。
トロイの木馬戦でを使って小擬態を倒した際、「ちょっとイイかも」と言っていた。
桃園は通称「モモチー」。にでも基本的に敬語を使う。少しおっとりしたタイプ
しかし若干腹黒い部分もある。の前で森本バカップル振りを見せ付けられた際は(迷惑だよ……でやれよ……)と心の中でツッコんでいた。

七年後は後輩ひなとけいにオペレーターを譲り、オペレタイガーパイロットとなっていた。
しかし名乗り口上が影丸の癇に障ったらしく、怒られていた。
また、ゴオ達の結婚式に参加した後は最終決戦に出撃、擬態を見事撃破している。

葵 竜也 CV:石丸博也

子の夫で奈の父親。またダンナーベースとも言える男。也として登場したのは第23話からだが、
それまでも様々なコスプレで影から奈を見守っていた。
なお、奈には父親らしいことを何一つしてやれなかったことを謝罪している。

擬態との決戦に際しダンナーベースに帰還、戦闘揮を執る。彼もまた熱い血の流れている男であり、
擬態の攻撃で重傷を負った静流に涙するを叱、また皆の戦意を鼓舞する言葉を次々と発した。
ちなみに擬態対策に人ロボットを推奨した本人であり、その理念を体現したゴーダンナーに感嘆していた。

七年後は子とともにインニアウイルスの研究を行っていた。ゴオの復活を見届けたあと「夫婦とはいいものだな」と言ってその場を去った。
そして最終決戦時、影丸に「、地に、人に」の言葉を託して消えようとするも、子に見つかってしまうのだった。

兜甲児オマージュキャラであり、声優も同じ。若い頃は甲児ほぼそのまんまである。この時は煙草を吸っていたが、作中の時期には吸っている描写がない。

ダンナーベース整備班

芝草 CV:堀川仁

メカニックチーフ。部下からは「おやっさん」と呼ばれるが本人は好んでいない。妻に先立たれ、小学5年生の息子を男手一つで育てている。
いかにも「おやっさん」というキャラを体現しており、ゴオ達パイロットからの信頼も厚い。
ラーメンを作るのが得意で、整備班の中ではとても人気があった。
17話では子供学校をズル休みしたことを知り、子に「息子のことを全部分かっているつもりだった」と話していた。

七年後は現役を引退トン子とラーメン屋を経営。しかし擬態との最終決戦の際に職場に復帰している。

杉山 CV:小野大輔

サブチーフで、妻のアニータ(発音はアッニィータ)のことをいつも気にかけている。
の片腕として整備班を先導し、(妻のこと以外は)部下から慕われている。
徹夜が続きアニータと会えなくなることを辛く感じている。第8話ではその為ドラライナー修理を拒否すべく、
ストライキを呼びかけたこともあった。

七年後は引退した芝に代わりメカニックチーフとなる。さくらからおやっさんと呼ばれるが、杉山く「その呼び方は永久欠番」。

森本 CV:川田紳司

整備班の一員。「ッス」を語尾につけるメンバー1号と付き合っているが色々な要因が重なり告白に失敗し続けている(自身の心の問題もある)。
静流が死んだ後の第13話では「自分が死ぬのもがいなくなるのも嫌だ」と告白しようとするも、「後一歩の勇気」が足りなかった。
20話では生命保険の受け取り手をどちらにするかで揉めていたが、この時点でもまだ告白していなかった。

トロイの木馬との戦闘で致命傷を負うも、キスにより命を救われる。そして病室のベッドの上でついに告白に成功した。
そして擬態との決戦後に結婚。七年の間に二人の子を授かった。
ダンナーベース復旧までの間ロボット企業に勤めていたが、盛りのロボット企業に結局を落ち着けていた。
しかし、最終決戦時には妻と共にベースに戻っている。

林 奈々絵(最終話では森本姓) CV:加藤奈々絵

整備班の一員。「ッス」を語尾につけるメンバー2号パイロット上の人には「ッス」を付けるが、ルウやトン子等には付けない)。
森本彼女だが、彼が他の女に現を抜かしていると「ブッ殺す!」とブン殴る。そばかすポニーテールチャームポイント
ちなみに芝おやっさんと最初に呼んだのは彼女である。
森本以外では親友のトン子といっしょに行動することが多い。

第2話で森本に誘われて倉庫裏に来た際に、クラブマリナーに取り付いていた擬態12号が活動を再開。体内に取り込まれてしまう。
第3話奈により救出されたが、この体験で作中最重要人物の一人となる。
23話では瀕死森本キスで救い、24話でようやくの告白を受ける。そして戦後ゴールインした。

最終話では森本との二人(ミナとアミ)と一緒に、三人を身ごもった状態で登場。芝ラーメン屋にやって来ていた。
そこで擬態の警報を聞いた直後産気づき、病院で三人子供森本ゴオ)を産む。彼の遺伝子により、ゴオは復活するのだった。
そして擬態との最終決戦時に森本とともにベースに復帰した。
ちなみに二人も「ッス」と語尾につける。

柊 冬子 CV:細川聖可

整備班の一員。「ッス」を語尾につけるメンバー3号(頻度は他の二人ほどではない)。通称は「トン子」で、ショートヘアドジッ子
メンテの際、ハッチを開けっ放しにしたままにする癖があり、よく芝に怒られていた。
しかし第7話ではそれがコアガンナーに侵入する手段として活かされている。

17話では田舎父親から退職・結婚を迫られており、見合い写真を送りつけられていた。しかし見合いの場所が
擬態に踏み潰されていた為、結局退職も結婚もしなかった。
本人は芝に惹かれており、トロイの木馬との戦闘時には彼にガレキからわれた際にを染めていた。

七年後はベースを退職、芝が経営するラーメン屋で働いていた。最終決戦で芝とともにベースに復帰している。

柳沢 CV:藤田圭吾

整備班の一員。外見が暗い。惚れっぽい性格で、特に眼鏡っ娘が大好きである。
劇中では楢原(CV南里侑香)というスタッフ告白するもフラれてしまい、ハートブレイカー状態となった。
しかしコンタクトを落としてしまったモモチー眼鏡で来た際、彼女に一惚れしている。

基本立たないキャラだが、要所要所で重要な役割を果たしている。とくに第8話では彼の発言からジェットボーイ修が決まった。

七年後も整備班に勤務。ネオダイバーの頭部に居座っていたぴんぴんをさくらに預けた。
その後最終決戦さくら眼鏡を渡し告白するも、即座にごめんなさいされてしまった。

猿渡家

猿渡 忍 CV:皆川純子

ゴオので、一の親。ゴオとは12歳も年が離れており、また彼と違ってイケメンである。奈とは同級生
女の子からはよくモテるが、本人は奈以外に興味はない(ただし奈からはそういう面では興味を持たれていない)。
バイクを持っており、作中では度々奈に使われた。

自分の好きな人と結婚したゴオには色々複雑な気持ちを抱えていたようで、奈を泣かせたゴオの上に巨大なガレキを落としたこともある。
また、奈が出奔しヒデ坊(奈の幼馴染)に告白されている所を撃した際は、ミラと話していたゴオを「エロオヤジ」と罵っていた。
ただ、パイロットとしての彼は尊敬していたようで、インニアウイルスによりゴオが乗れなくなった際は代わりに自分が戦おうとした。
ロボットの訓練などはしていないので理だったが、その意志を見た静流によりロボット操縦の手ほどきを受けた(この頃から静流に惹かれ始めた)。
戦いでは何も出来ない自分が悔しいという思いもあり(第3話で既にその気持ちがあった)、擬態との決戦時に一人疎開させられた時は「自分にやれること」をめ勝手にベースに戻った。
そしてケガをした静流を助けながらベースでの撃で戦った。この直前、静流意を聞いている。

七年後はダンナーベースの正規パイロットとなった。機はネオダイバー。ちなみにスーツはゴオのものとほぼ同じデザインで、色がくなっている。
奈達の結婚式の際、ようやく奈を「義姉さん」と呼んだ。そして静流に寄り添おうとするも、同じく静流に惚れている阻止されている。
その後は最終決戦に参加した。「兄さんと(一緒に)戦うのが夢」だったらしい。

ぴんぴん CV:皆川純子

奈のペット虎模様で、には見えない面い顔をしている。幼い頃に奈がヒデ坊から譲り受けた。
第1話では妊娠しており、13話で産気づく。その後15話では4匹の仔猫出産していた。
奈が放浪している最中も共に暮らしており、それが原因でボロアパートから追い出されたりけい母親から煙たがれたりした。

七年後もすっかり老化したものの生きており(作中の時間経過から考えると相当年寄りである)、ネオダイバーの頭部に居座っていた。

芽花園学園高校

高谷 さくら CV:南里侑香

奈の親友三人の一人。帰宅部。両親は海外出張をしており、第16話ではなマンションに一人で暮らしていた。
放浪同然の生活をしていた奈にとって最も気楽な居候場所となった。
ちなみにに思いを寄せている。

七年後の世界ではダンナーベースに就職、整備班の新入りとして働いていた。出撃できずに憤っていたを陰から見守っていたが、杉山にドヤされている。
最終決戦時に柳沢から眼鏡を渡されるも、即座に断った。

杉浦 ひな CV:渡辺明乃

奈の親友の一人。バレー部。「奈に挑戦して勝ったら付き合える」とロボット部の男子いたのは彼女である。
放浪生活をしていた奈にアルバイトを紹介したが、ドジを連発した奈はすぐにクビとなった(スカートの丈を巡って上を殴った所為だが)。

七年後はダンナーベース新米ペレーターとして登場。が小さいと静流に怒られていた。

志野 けい CV:皆川純子

奈の親友の一人。陸上部。ボロアパートを追い出された奈が最初に身を寄せた。しかしぴんぴんの子供が庭の壇をトイレにしてしまい、母親からそのことで怒られてしまう。

七年後はひな同様にオペレーターとなり、ダンナーベースの顔として活躍した。

登場メカ

ダンナーベース

各国ベース

メナージュ・ゼロ

ボーイシリーズ

その他

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 37ななしのよっしん

    2016/07/13(水) 01:52:21 ID: G+RfYmhtGB

    分割2クール(後期が13話から始まる)ってこの頃からあったんだな

  • 38ななしのよっしん

    2017/04/17(月) 00:26:31 ID: FZfm3V1C7o

    タイトルがブーダンナーに見えたのって俺だけ?

  • 39orbdcd

    2018/11/30(金) 17:59:19 ID: /m1N2SiXVD

    再びスパロボでの勇姿を見せてほしい。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP