ロード・エルメロイⅡ世の事件簿単語

ロードエルメロイニセイノジケンボ

事件簿

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿とは、三田誠による魔術ミステリー小説である。全10巻完結

概要

TYPE-MOON世界舞台に、多数のFate関連作でを固めているロード・エルメロイⅡ世役とした魔術ミステリー作品。

発行元はTYPE-MOON BOOKS。
2019年には角川文庫からも出版された。

魔術の総本山のひとつである時計の講師、ロード・エルメロイⅡ世が巻き込まれることになった事件を描いている。作品上の時間軸は第五次聖杯戦争前となっており、年代的には2000年代前半が舞台

型月作品では魔術師の総本山として何度も名前が挙がっていながらその内部の詳細は不明だった「時計」関連に大きく踏み込み、例外だらけで描かれてきたこの世界の「魔術」や「魔術師」なるものの成り立ちや在り方を紐解いていく作品。ジャンルミステリーに分類されるが題材が題材だけあって犯人当ての要素は薄く、「がやったかを問うならとでも言える」「どうやったかも何とでも言える」「だが“何故そうしなければならなかったか”は誤魔化せない」として所謂ホワイダニットに重点が置かれている。
これまで登場してきた型月キャラゲストとして登場するのも特徴で、キャラによっては意外な真実が明かされたり再評価が進むことも。

3巻巻末の成田良悟の解説によると「エルメロイⅡ世の事件簿はステイナイト本編全に同じ世界ね」と奈須きのこが発言したとされ、少なくとも原作であるPC版とは明らかに条件が異なるしアニメ複数に漫画版もある中でどのステイナイト本編だよって話だし大体正史なんていって言ってたのは当のきのこだが全にFate世界歴史に組み込まれた作品である。種々のしがらみを視して敢えて言うなら、前日譚とも並行世界とも言われる「Fate/Zero」で生まれた名キャラクターウェイバー・ベルベットの活躍を通して、メディアミックス毎に設定がちょくちょく変わる「Fate/Staynight」へと繋ぐのが本作と言える。

登場人物

エルメロイ家

ロード・エルメロイⅡ世
CV:浪川大輔
本作の主人公。本名はウェイバー・ベルベット。ある事情によりかつての師の名前を受け継いで、義妹が正式に督を引き継ぐまでの代理となっている。
時計で12人しかいない君ロード)の一人だが、本人の魔術の腕前は並以下。ただし人間観察と他人の才を活かすは群を抜いており、数多の優秀な魔術師を輩出している。もっとも、本人は講師としてのよりも魔術師としてのがほしいと常々漏らしている。
魔術に関する広く深い知識に加えて、洞察と推理に長ける。これらは優秀なの土台でもあるが、魔術背景や原理を見抜いて暴き立てることもしばしばあるため機密保持を第一とする魔術師に恨みを買うことも。
魔術師でありながら現代機器にも理解があり、頑固な守旧でもないため、多数の作品で魔術協会と主人公たちのつなぎ役となってきたが今作でとうとう役に抜された。
グレイ
CV:上田麗奈
常に灰色フードで顔を隠しているエルメロイⅡ世の内子の少女。本作のヒロインワトソン役で戦闘担当。一人称は「拙(せつ)」。そして本作のセイバー顔
前職は田舎の霊園の墓守。だが本人は幽霊のことを心の底から怖がっているというなんともミスマッチ仕事だった。
現在エルメロイⅡ世子としてロンドンに暮らして、彼の日常生活の世話をしており、彼が厄介な事件に巻き込まれる時には護衛としての役割も果たしている。
アッド
CV:小野大輔
グレイの持つ『檻』に入った喋る直方体の魔術礼装。普段はフードの中に隠されているが、喋り出すとかなり毒舌
グリムリーパー
グレイ戦闘時に使用するアッドの封印の第一段階を解いた姿。形状や死神そのものであり、周囲の魔や霊体を喰らって自らのとするを持つ。持ちであるグレイの身体強化も行う。
グレイが好んで使うのはの形状だが、封印解除の応用により大や大槌などにも変形することが可マルチウェポンである。
最果てにてけるロンゴミニアド)
グリムリーパーが一定以上の魔を喰らった後に解放可の姿。
アーサー王が使用した伝説であり、現代にまで伝えられた宝具。本来の威のごく一部しか引き出せていないが、それでも現代の魔術はるかにしのぐ秘を持つ。
5巻ではさらにこの状態にも封印が施されている事が判明した。
ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
CV:水瀬いのり
エルメロイⅡ世義妹にして、彼にエルメロイの名前と厄介仕事を押し付けた本人。義いじめるのが楽しくて仕方ない愉悦系女子で、いつも厄介仕事を持ち込んでは反応を楽しんでいる。
研究や礼装の扱いには長けているが戦闘魔術は使えないため、前当ケイネスの遺産「霊髄液」を良した自魔術礼装「トリムマウ」を護衛兼メイドとして傍に置く。

エルメロイ教室の生徒

フラット・エスカルドス
CV:松岡禎丞
初出はエイプリルフール企画だったころの『Fate/strange fake』。初出の時点でエルメロイⅡ世子であることは明かされていた。魔術特性などは個別記事参照。
エルメロ教室古参双璧問題児の一人。エルメロイⅡ世に「グレートビッグベン☆ロンドンスター」「時計塔で一番抱かれたい男」など多数のあだ名をつけている。
スヴィン・グラシュエート
CV:山下誠一郎
魔術を得意とするエルメロ教室古参双璧フラットコンビを組むことが多いが、何かと悩まされがち。フラットにつけられたあだ名は「ル・シアン)」
だが、スヴィン本人もグレイたんハァハァなにおいフェチストーカーと言う問題児である。
カウレス・フォルヴェッジ
CV:小林裕介
初出は『Fate/Apocrypha』。そちらではカウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニアと名乗っている。詳細はそちらの記事参照。
Apo時ではないため、ユグドミレニアには属してはいない。出奔したに代わりフォルヴェッジの若き当となったが、まだ時計に転入してきたばかりである。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
CV:伊藤静
金髪縦ロールお嬢様で、宝石魔術を得意とする。プロレス趣味。「剥離ドラ」の事件で自らの魔術の深を暴いたエルメロイⅡ世導役(チューター)にするべく、はるばるフィンランドから時計の現代魔術科へ転入してきた。
イヴェット・L・レーマン
CV:岡咲美保
中立筆頭のメルアステア閥からやってきたスパイ言し転入してきた少女ピンク色ツインテールロリータファッションで、右形の眼帯を着けている。魔眼大家レーマンの出身で、人工の魔眼を取り換えることで様々な魔眼を使用可エルメロイⅡ世愛人を志望。

時計塔

イノライ・バリュエレータ・アトロホルム
CV:一城みゆ希
創造科(バリュエ)学部長。快活な老婆でiPodロックを聴く等、現代文明にも多少精通しており、三大貴族に属しながら民閥に身を置く。蒼崎橙子のかつての師匠
ブラム・ヌァザレ・ソフィアリ
CV:野島裕史
降霊科(ユリフィス)学部長の後継者である講師。ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ
ロッコ・ベルフェバン
CV:麻生智久
降霊科の一教室、召喚科の学部長
メルヴィン・ウェインズ
CV:平川大輔
創造科所属の「調師」という二つ名を持つ魔術師トランべリオの分の出。第四次聖杯戦争の際ウェイバー日本への渡航費を借りた友人。病弱でよく吐血するさわやかクズマザコン
アトラム・ガリアスタ
石油王息子鉱石/代償魔術エキスパート。双貌イゼルマでの一件でロード・エルメロイⅡ世と知り合い度々接触する。後に第五次聖杯戦争の協会参加を手に入れ日本へ赴く。
化野菱理 (あだしの ひしり)
CV:皆口裕子
法政科(バルトメロイ)に所属する魔術師の様な雰囲気を持つ振袖美女

ゲストキャラ

本作では他の型月作品のキャラクターが登場し、TYPE-MOON世界の深みを増す役割を果たしている。

蒼崎橙子
2・3巻「双貌イゼルマ」のゲスト。初出は『空の境界』及び『魔法使いの夜』。
魔術師として最高階位の「冠位」と、正式な色は不明だが系統の「色」の称号を持つ型月作品の中でも屈魔術師封印指定されていたこともあるが、本作品の中ではそれは解除されている。
「イゼルマ」では名門の魔術師の客分になっており、エルメロ教室の若き英才たちを手玉に取っている。
オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア
4・5巻「魔眼列車」のゲスト。初出は『Fate/Grand Order』。
時計12学科の一つ「体科」の君(ロード)であるマリスビリー・アニムスフィア
魔眼が出品されるという情報を得て、魔眼オークションが行われる魔眼列車に乗り込む。
FGO』では数年前にロードの座をから継いだとされているが、『事件簿』の時点ではまだ11歳で父親も健在なため、アニムスフィアは継いではいない。
ちなみに『事件簿』と『FGO』は別の世界線のため、『事件簿』のオルガマリーが『FGO』の事態に直面する事はおそらくない。
ズェピア・エルトナム・アトラシア
6・7巻「アトラス契約」のゲスト。初出は『MELTY BLOOD』。
時計」「彷徨」に続く第三の魔術の総本山アトラス院」の院長。『MELTY BLOOD』ではタタリ、ワラキアの夜と呼ばれていた。その時の死徒となる前の名前はズェピア・エルトラム・オベローン
月姫世界と別たれた『Fate世界では、吸血種となっているのは同じでも『死徒二十七祖』のワラキアの夜とはならず、アトラス院の院長のままである。
演算する事によって並行世界をある程度知覚しており、自らが死徒二十七祖となる世界の事も知っている。

その他

剥離城アドラ
ゲリュオンアッシュボーン
亡くなった剥離ドラ欠損した魔術回路を修復する稀有な技術を持つ。遺書にて遺産を分配する旨を残しアドラ魔術師達を集めた。
グラニド・アッシュボーン
ゲリュオン息子。流行り病にてより先に亡くなった。
オルロック・シザームンド
アッシュボーンの共同研究者兼友人。従者の少年車椅子を押してもらう初老の男性魔術(パピリオマギア)の使い手。
ハイネイスタリ
錬金術師青年。火と属性を得意とする。魔術社会染めず教会に所属していたが、魔術回路の異変を聞いて実家に戻りアドラへやってきた。
ロザリンド・イスタリ
ハイネイスタリ次期当出したを慕う八歳ぐらいの少女
フリューガー
「師殺し」の異名を持つ占術師(アストロロジャー)の傭兵魔術使い。
時任次郎坊清玄
日本からやってきた山伏の青年。修験の使い手。
クラウン
ルヴィアのボディーガード。身長2m越えのモヒカン
双貌塔イゼルマ
バイロン・バリュエレータ・イゼルマ
美しい人間を作る魔術を研究するイゼルマの当
ディアドラ・バリュエレータ・イゼルマ
を襲名したバイロン
エステラ・バリュエレータ・イゼルマ
白銀を襲名したバイロン
ミック・グラジリエ
時計呪詛科の魔術師流のタントラ・ヨーガの使い手。
イオブリシサン・クライネル
時計伝承科の魔術師学の分野でイゼルマに協している。
イスロー・セブナン
白銀ドレスの作成を依頼された魔術師
カリーナ
メイドレジーナ二つの双子
レジーナ
白銀メイドカリーナ二つの双子
魔眼蒐集列車
トリシャ・フェローズ
CV:比嘉久美子
オルガマリーの従者兼家庭教師未来視の魔眼の持ち
カラボー・フラントン
CV:津田英三
魔眼列車の乗客。教会神父過去視の魔眼の持ち
ジャンマリオ・スピネッラ
魔眼列車の乗客。『ジャンマリオゾンビクッキング』という二丁拳銃ゾンビを倒しながら料理する人気料理番組に出演するタレント使い魔系の魔術を扱う。
レアドラ
CV:行成とあ
魔眼列車オークション進行役。
ロダン
CV:江越彬紀
魔眼列車
アトラスの契約
ルサック・ブラックモア
グレイ墓守としての師。
フェルナンド・クローズ
肥満体の祭。
シスターイルミア
武闘シスター教会からの出向者。
マグダレナ
グレイ母親アーサー王の現身となったを崇め喜ぶ。
冠位決議
マグダネルトラベリオエルロッド
全体基礎科(ミスティール)のロード民主主義閥のリーダー
ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス
降霊科のロード貴族閥に身を置く。ソラウブラムの父親
アニメオリジナル部
バルザーン
CV:柳田
バビニアの遺跡で盗掘をしている魔術師。束縛系の魔眼魔術を組み合わせた必勝法を持つ。
メアリリルファーゴ
CV:金元寿子
エルメロ教室卒業生。アニムスフィアの分 ファーゴの後継。
クレア
CV:M・A・O
ファーゴメイド
フェルナンド・
CV:島田敏
アーネストの友人兼共同研究者。
アレック・ファーゴ
CV:山本祥太
メアリ叔父ガラの悪い男。
アーネストファーゴ
CV:梅津秀行
ファーゴバラバラ遺体として発見された。
グルドア・ダヴェナント
CV:青山穣
動物科(キメラ)の魔術師電気使い魔を掛け合わせた魔術の使い手。
マイケルブリジット
CV:藤井ゆきよ
エルメロ二世お気に入りの喫茶店店員
獅子劫界離
CV:乃村健次
死霊魔術師(ネクロマンサー)の傭兵ウィルズのトレヴァーの友人。
ウィルズ・ペラム・コドリントン
CV:前野智昭
時計降霊科の一級講師。コドリントンの分の当妖精眼の持ち
ワレッタ・コドリントン
CV:緒乃冬華
コドリントン本家から派遣された魔術師ウィルズの幼馴染だがふられたことを根に持っている。
フェイ
CV:Lynn
ウィルズの前にたびたび現れる妖精

コミカライズ

ヤングエース2017年11月号よりコミカライズ連載が開始。ネーム構成:TENGEN 漫画:東

2019年7月現在、単行本既刊4巻。

テレビアニメ

2018年11月27日ニコニコ生放送YouTubeなどで放送された「Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.10 美人 配信直前SP」にて、「TYPE-MOON新作アニメーション」の制作が発表された。
放送は12月31日の特番「Fate Project 大晦日TVスペシャル2018」内、アニメーション制作は『アルドノア・ゼロ』『Re:CREATORS』などで話題を呼んだTROYCA
この時点では時計が描かれたキービジュアル開されたものの、タイトル・内容などの詳細は未発表であった。

そして12月31日、「Fate Project 大晦日TVスペシャル2018」内にて、『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 - 魔眼列車 Grace note-』第0話が放映された。放送終了後、TVアニメ化と2019年7月放送開始が発表。同時にPV開された。

いきなり三巻からアニメ化するのは「アドラ」「イゼルマ」は中盤に入るまでの盛り上がりに欠けアニメには向かないこと、魔眼列車グレイとのバディものとしてアニメ映えすることが理由である。
また世界観説明としてクール前半はほとんどアニメオリジナルシナリオが展開される。

スタッフ

監督 加藤
シリーズ構成 小太刀右京
キャラクターデザイン 中井
スーパーバイザー あおきえい
プロップデザイン 江間一
魔術 三輪清宗
美術監督 伊藤 (スタジオARA)
美術設定 坂本 (ビックスタジオ)
色彩設計 篠原真理
撮影監督 加藤友宜
CGディレクター 井口
編集 右山章太
音響監督 明田川仁
音楽 梶浦由記
アニメーション制作 TROYCA

放送・配信サイト情報

放送情報
放送局 放送日 曜日 時間 備考
TOKYO MX 2019年7月6日 土曜 24時00分~
BS11
群馬テレビ
とちぎテレビ
MBS 27時08分~
AT-X 2019年7月8日 月曜 23時00分~ リピート放送ありexit
青森朝日放送 2019年7月27日 土曜 25時35分~ 第1話は25時55分~
配信情報
配信サイト 配信日 曜日 時間 備考
AbemaTV 2019年7月6日 土曜 24時00分~ 地上波同時放送
最新話1週間無料
第1話常設無料
(※リピート放送あり)
ニコニコ動画 2019年7月9日 火曜 12時00分~ 第1話常設無料
最新話1週間無料
dアニメストア
GYAO!
バンダイチャンネル
Hulu
Amazon Video
ひかりTV
U-NEXT
SBMアニメ放題
FOD
Video Market
DMM.com
ビデオパス
J:COMオンデマンド
dTV
ニコニコ生放送 23時00分~ タイムシフトあり

主題歌

オープニングテーマstarting the case: Rail Zeppelin」
作曲編曲梶浦由記
エンディングテーマ雲雀
歌:ASCA
作詞作曲編曲梶浦由記

各話リスト

話数 サブタイトル 配信日 動画
第0話 墓守魔術師 2019
2/1
0話 墓守と猫と魔術師
第1話 バビロンと刑死者と王の記憶 7/9
1話 バビロンと刑死者と王の記憶
第2話 七つのと永遠の檻(はこ) 7/16
2話 七つの星と永遠の檻(はこ)
第3話 鳴と地下迷宮 7/23
3話 雷鳴と地下迷宮
第4話 工房と塚と死霊魔術師(ネクロマンサー) 7/30
4話 工房と塚と死霊魔術師(ネクロマンサー)
第5話 最果ての妖精 8/6
5話 最果ての槍と妖精眼
第6話 少女デパートプレゼント 8/13
6話 少女とデパートとプレゼント
第7話 魔眼列車 1/6
立ちの汽と第一の殺人
8/20
7話 魔眼蒐集列車1/6 旅立ちの汽笛と第一の殺人
第8話 魔眼列車 2/6
神威輪(ゴルディアス・ホイール)と征王の記憶
8/27
8話 魔眼蒐集列車 2/6 神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)と征服王の記憶
第9話 魔眼列車 3/6
巫女と決意と腑アインナッシュ)の
9/3
第10話 魔眼列車 4/6
泡影の魔眼覚める探偵
9/10
第11話 魔眼列車 5/6
残像とオークション
9/17
第12話 魔眼列車 6/6
流星
9/24
第13話 時計日常未来への第一歩 10/1

関連動画

関連生放送

関連静画

関連商品

コミカライズ

音楽

映像

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%82%A4ii%E4%B8%96%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

424 ななしのよっしん
2019/10/03(木) 17:31:45 ID: Wkk6n21Z1K
>>418
細かい突っ込みだがノーマルじゃなくて凛グッドエンド
425 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 12:39:17 ID: 3E3uT0ndkP
原作小説ebookjapanにあったから1巻をすこし呼んでみたが、まだ最初だからなのかグレイの性格がアニメと少し違ったのが驚いた。解釈違いだったと言うべきかもしれん
アニメグレイ体性がくて自分に自信もく、どを2世ライネス達に従って尽くす人みたいな印だったから
地の文見ると2世の悪いところを言ったり呆れたり、突発的な講義に対して辟易もするしで感情豊かだった
426 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 15:53:39 ID: cHjOqSyCan
ドラの頃は出会って間もなくてウェイバーアレな所がについていた
ウェイバーと出会う前に色々あったので自信を持てない性格だけど、根本普通の村なので感情は豊か
427 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 20:34:25 ID: UZ2SM+k7Nu
アニメだけ見るとマジハートレス1話だけ唐突に登場した意味分からないキャラになりそう。

ハートレスは最終巻前だと的も考えも全然意味分からなくて、最終巻でロードにホワイダニットが明かされた途端に今までの伏線が全部繋がって思わず膝を打ったけど、アニメだと伏線撒いていくのが難しそうだなぁ。やっぱり2期以降はさそう。
428 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 19:50:18 ID: uLJS+x4LlF
1話と最終話の評判がよかったところを見ると、やっぱりウェイバーとして掘り下げてzeroとの繋がりを意識させるような描写が受けるんかね
429 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 21:24:06 ID: cHjOqSyCan
原作もアドラ列車、最終章はウェイバーとしての見せ場が盛り上げ所だったと思う
430 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 13:11:07 ID: medWORnrjw
どっちも見たかったとこ補みたいなの持って来てるからね
ドラはそっちも好きだがオルロックのとこの方が好き

431 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 16:31:32 ID: BZ0mLVnb6u
>>428
小説読んでないから、アニメZeroから今に至るウェイバーの内面の描写を観るのが楽しみだったわ
推理物として期待するものじゃないのは序盤のうちからはっきりしてたし
432 ななしのよっしん
2019/10/08(火) 08:15:57 ID: 3Ue2xuDGme
ぶっちゃけ原作ミステリーよりウェイバー(とグレイ)の物語としての側面強いと思うよ
433 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 21:03:45 ID: p2NQlOPkTG
アニメ版個人的にはウェイバーのトーンで喋る部分が多くて以外だった。小説の時は二世のトーンで若い頃から変わらない台詞イメージしてたから。
どっちが良いとかの話ではなくてね。

急上昇ワード