ウルトラマンゼアス単語

ウルトラマンゼアス

ウルトラマンゼアスとは、1996年から1997年にかけて円谷プロ製作した特撮番組のタイトルであり、またそれに登場する巨大変身ヒーローの名前である。

ウルトラシリーズ初の「企業タイアップヒーローであり、環境を第一に考える、出光ヒーローである。

概要

電通のコーディネイトによって、出光興産イメージキャラクターとして誕生。同社のガソリンブランド「ゼアス」の名前を冠するウルトラマンとして誕生した。

ウルトラマン80以来16年ぶりのウルトラマンであり、同年に製作されたウルトラマンティガと対照的に、テレビシリーズのない劇場映画作品である。

とんねるず鹿賀丈史などのな配役、環境を大切にする潔癖症の未熟なヒーローCGの本格導入など、新たな試みが多数なされた。コメディ的な演出やお祭り的な要素が強く、ギャグに走った異色作と見られることもあるが、『へっぽこ』『半人前』と馬鹿にされるほどの軟弱ヒーローが敵との戦いや特訓を経て一人前へと成長する、王道的で筋の通ったストーリーは評価が高い。

96年に、「れ!ウルトラマン」「ウルトラマンカンパニー」と共に「ウルトラマン ワンダフルワールド」として3作品併映された。この1作が好評を博したため、97年にはほぼ単独開で2作開された(「ウルトラニャン」という短編アニメが併映された)。

どうも3作企画されていたようだが、「ティガ&ダイナ製作のため没となった。

ウルトラマンゼアス

1作1996年3月9日開。監督中島信也。後に「矢島美容室 THE MOVIE 夢をつかまネバダ」を監督するなど、今作で客演したとんねるずとの関わりが深い。

一貫してコメディタッチで描かれているが、ゼアスが潔癖症をし、ベンゼン人を撃退するまでに成長する姿が描かれる。

特殊部隊「Mydo」の隊長・副隊長役に、それぞれとんねるずの石橋・木が起用され、宿敵であるベンゼン人の人間体には鹿賀丈史、さらには初代ウルトラマン役の黒部進ゲスト出演した。また、ムラマツキャップ役の小林昭二遺作でもある。

ウルトラマン」の世界観を受け継いでおり、「メビウス」などの作品とはまた別の、初代の後日談となっている。

ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影

2作1997年4月12日開。監督小中和哉。後に「メビウスウルトラ兄弟」など、複数のウルトラ作品を監督

コメディ要素がほとんど鳴りを潜め、冒頭で敵に敗を喫したゼアスが、猛特訓を重ねて敵を打ち倒すという、スポ根タッチの作品になった。

前作で出演したとんねるず鹿賀丈史などの大物ゲストは、共にちょい役として出演するにとどまってしまったが、新たなゲストとして角田信朗や故アンディ・フグ神田うのなどが起用され、さらには新隊長役にウルトラセブンを演じた森次晃嗣が起用された。

ウルトラマンゼアス

Z95「ピカリの」から地球にやってきた、環境保護を的とする戦士ヒカリとピカリのにどういう関係があるのかは不明だが、初代ウルトラマンに憧れている。確認できる限りでは、ピカリのに実のがおり、歴戦の英雄であるらしい。ゼアス敗北しても、安易に助けには来ず、「心を鍛えよ」という教えだけを伝えた。カプセル怪獣はくれたが。 

初代ウルトラマンを基調としてラインが入っていたのに対し、ゼアスを基調とした体にラインが走っている。また、頭部はセブンアイスラッガーのようにとがっている。

地球での姿は、「Mydo」の見習い隊員(後に正隊員)である朝日勝人。初代のように勝人という地球人と一心同体になっているのか、それともセブンのように変身しているのかは不明。ちなみに、演じているのは本業の俳優ではなく、当時のとんねるずマネージャー関口である。

それなりに素質はあるようだが、1作ではまだ半人前であり、しかも戦闘はその時の自信の度合いに左右されてしまう。そのため、精の弱い状態では、互であるはずの相手にも敗北を喫することがある。また、1作では極度の潔癖症でもあり、体が汚れた状態では変身すらままならず、変身後も泥流に沈められて一時戦闘不能に陥るなどしていた。それでもコッテンポッペやベンゼン人、2作ウルトラマンシャドーとレディベンゼン人との闘を潜り抜け、終盤以降は素質に見合う精を身につけていた。

電動歯ブラシ「ピカリフラッシャー」でを磨いてかざす事で変身する。今のところ、口が開く一のウルトラマン

円谷プロ出光が関係を保っていた2000年代前半までは、イベントなどでウルトラマンナイスコンビを組んで漫才を披露する事が多かった。外回りの営業専門ウルトラマンである。

スペシュッシュラ光線

腕を特定でかざした後、ウルトラマンスペシウム光線とは逆の形で腕を組んで発射する必殺線。最初に細くレーザーが発射されて相手をターゲッティングした後、い強線を照射する。

1作では本人も使いこなせておらず、変な方向に飛んだりに乱反射したりしていたが、最終決戦では何とか使い物になっていた。2作では、練習を重ねて命中率を上げたのか、レーザーなしで正確に発射できるようになり、威自体もより強になった。

ウルトラマンシャドーのシャドリウム線と同程度の威だが、威はゼアスの自信の度合いに例するため、恐怖心を植えつけられた状態では威が落ちてしまう。

ちなみに、構えがウルトラマンと左右逆なのは、ウルトラマンに憧れて"を見て"練習してしまったため。

クロススペシュッシュラ光線

スペシュッシュラ線を発射している途中で、腕を傾けるようにして「×」の字のに組み替え、腕全体から発射する強な必殺線。

2作の最終決戦の土壇場で、人々の援を受けたゼアスが気合で生み出した。この際、口を開けて叫ぶ事で気合を入れている。

はスペシュッシュラ線の10倍以上であり、最大出シャドリウム線を圧倒的なで押し返すほどだったが、気合の産物であるゆえにこの後も自由に撃てるかどうかわからないらしい。

スーパーゼアスキック

足立ちで猛回転し、コマのように相手にぶつかって蹴り飛ばす技。

見てくれはコメディタッチだが、敵を宇宙空間まで蹴り飛ばすほどの威を誇る。また、あまりの回転の速さのため、敵が線を打ち込んでもはじき返されてしまう。

ウルトラかかと落とし

敵に破れたゼアス=勝人が、正会館で角田師範に命じられた特訓を必死でこなして編み出した必殺技

中で相手の攻撃を交わし、その勢いを利用して前に猛回転しつつ相手に向かって急降下し、エネルギーを集中させた右足でかかと落としを決める。

敵の必殺技をかわした上に、相手の頭部にクリーンヒットさせて大ダメージを与え、辱をらした。

その他

中から強ドロップキックを見舞うアスフライングドロップキックや、すれ違いざまに手叩き込むアスクロス、電流の流れる足でひざ蹴りを入れるアスニーキック、相手の尾を正確に捕らえるアスKOパンチなど、まるでウルトラマンレオのように多種多様な格闘技術を持つ。

また、半径50km以内の環境を正常化するアスキャンなど、環境を保護し、汚染を防ぐも数多く持つ。
未だ劇中で使った場面はないが、この3倍の威を持つスーパーアスキャンを既に研究中。

その他、攫われた人々を元の場所へ帰したウルトラワープビーム、時間を少しだけ元に戻すウルトラワイン、一時的に亜空間を作り出すウルトラブレンダーなど、劇中に登場しないだけで本来はもっと多な特殊を持つウルトラマンである(別にこのことはゼアスに限った話ではないが)。

ベンゼン星人と怪獣達

ベンゼン星人

身長2~63m、体重123kg~7万6千t。

地球侵略と汚染を企み、ゼアスとMydoに度々戦いを挑む宇宙人。名前はもちろん「ベンゼン」から。ちなみに出光の「ゼアス」は内で初めてベンゼン含有量を1以下に低減したガソリンである。

『悪亜久魔(おがみあくま)』という男の姿を借りて暗躍しており、度々Mydo本部にも嫌がらせをする。「慢性ガス過多症」という、体内でガスが大量に精製されて高熱を出すという病気を持っており、特効である純金をコッテンポッペに集めさせていた。

1作でゼアスと対決し、2作ではから通信のみで登場。

コッテンポッペ(ゴルドルボムルス)

身長71m、体重9万7千t。

ベンゼン人のペット怪獣。ビードロっぽい鳴きのため、Mydoにはコッテンポッペと呼ばれるが、ベンゼン人は後者で呼んでいる。

ベンゼン人のために地球中のを溶かして飲み込んで集めており、来訪30周年を記念して作られた純金ウルトラマン像や、鹿苑寺閣の外装も食べてしまった。

体そのものが強爆弾であり、うかつに線攻撃などを加えると、周囲に甚大な被を及ぼしてしまう。

1作でゼアスと対決。

レディベンゼン星人

身長1.8m~59m、体重90kg~4万9千t。

ベンゼン人の妻であり、に帰った夫に代わって地球侵略する。それなりに仲はいいらしいが、夫にすら「恐ろしい女」と言わしめるほどの残さを持っている。

打算的で狡猾であり、地球人の希望であるゼアスを倒して地球人を絶望させた後、洗脳するという手段をとった。戦闘は不明であり、シャドーに代わってゼアスと戦うことはなかった。

地球では「影美(かげみ)」という女性変身しており、シャドアイランドというを洋上に形成し、シャドーを操ったり連れ去って人々を洗脳したりしていた。

2作にのみ登場。

ウルトラマンシャドー

レディベンゼン人に忠実に従って行動する、ウルトラマン。フォルムこそゼアスと似ているが、の形や頭の突起がとげとげしく、体に描かれたラインもゆがんでいる。を基調に、体に黄色ラインが走っており、い。

普通ウルトラ戦士たちが手にする部分(線の際の手など)が、手ではなく拳になっており、見るものに攻撃的な印を与える。

2作に登場し、冒頭でゼアスを圧倒的なで倒し、さらに中に現れて人々を洗脳して回った。シャドアイランドで、特訓を経たゼアスと再び戦う。

シャドリウム光線

拳を握り締めた状態でウルトラマンのように腕を組んで放つ必殺線。スペシュッシュラ線と同様、発射前に腕を独特のでかざす。

スペシュッシュラ線と対照的にを放つ。通常の威は互だが、影美が操作することで威を上げることもできる。冒頭の対決では、威を上げずとも、自信を失ったゼアス線を押し切って撃破した。

最終決戦でも使用し、自信を取り戻したゼアス線と今度は互の勝負となった。これを受けて影美が威を最大に上げたことで、再び線を押し切ろうとするが……。

シャドーメリケンパンチ

両手に装着しているシャドメリケンを作動させ、敵の顔面に強パンチを見舞う。拳の形をした線が飛んでいくような技だが、手が伸びているのかメリケンが発射されているのかわからない。

最初の対決でゼアスの片クリーンヒットさせて恐怖を植え付け、ミラロンとの戦いではラッシュを繰り出して圧倒した。最終決戦でも繰り出したが……。

マインドコントロールビーム

から照射する線。この線を浴びたものは洗脳され、シャドアイランドにさらわれてしまう。

一度洗脳されたものに触れると電流が流れるようになっており、救出は不可能。しかし、希望を失っていない人間には効かないため、ほとんどのMydo隊員や一部の民間人には効かなかった。

タイマーシールド

敵がカラータイマーを攻撃してくることに備えて装備してある、カラータイマー用のシールド。非常時のみ、タイマーを覆うように展開する。

Mydoのゼットンをはじき返すほどの防御を持っていた。

カプセル怪獣

2作では、ウルトラセブン以来数十年ぶりにカプセル怪獣が2体登場した。

ミラクロン

身長58m、体重7万t。

「心を鍛えよ」というメッセージと共に、特訓を重ねる間の敵への対策として、ゼアスがよこしたカプセル怪獣。とにかく非常に間の抜けた顔で、セブンカプセル怪獣ミクラスに名前も顔もそっくりである。

必殺技は、手から発射する念線・ミラロンエレキネシス。シャドーが中に出現した際、戦意を喪失していた勝人が出し、それに対応してシャドーが出したダークラーと対決。苦戦するも、必殺技ダークラーを投げ飛ばしてのしてしまった。が、やはりシャドーには敵わず、シャドメリケンパンチのラッシュを食らって負けてしまった。

ウルトラシリーズ史上、初めて単独で勝利を収めたカプセル怪獣である。ちなみに、ウルトラセブン役の次が演じる薩摩Mydo隊長は、ミラロンを見て「なつかしいな」と言うなど、どうもセブン本人である節を見せていた。

ダークラー

身長66m、7万4千t。

ベンゼン衛星グロゲ』に棲む怪獣を、レディベンゼン人が改造して生まれた怪獣。体中についている純金のとげや、弱点であるカバーしているは、すべて改造によるもの。

間の抜けた顔のミラロンと対照的に、名前(『堕悪』と『ダーク』をかけた言葉)通り悪な面構えをしている。必殺技は、から放つクラクラビーム

勝人の繰り出したミラロンに対抗してシャドーが繰り出した。当初は優勢だったが、一の隙を突かれてミラロンエレキネシスで投げ飛ばされ、のびてしまった。

超宇宙防衛機構Mydo

"Mysterious Yonder Defence Organization"、通称『マイド』。もちろん、出光のMydoカードが由来。

アジア本部を中心に、ヨーロッパアフリカ・北アメリカ・南・南太平洋など地球上の各地はもちろん、面や土星、さらには天王星にすら支部を置く、宇宙規模の防衛機構。本作に登場するのは日本支部。

アス劇中では各間の紛争などがすべて解決し、人類同士の戦争が根絶されているため、あからさまな軍事組織を置くのはまずいということで、日本支部は都内にある出光ガソリンスタンドに偽装している。そのため、隊員たちは普段はスタンド店員として働いているほか、戦闘機などの出撃もスタンドの看からだったりする。

技術だけなら歴代防衛隊の中でもトップクラスなのだが、何故か勝率最低クラス

登場機体

スカイフィッシュ

全長14.6m、全幅11.6m、重量7.4t。大気圏中での最高速マッハ2.6、宇宙空間での最高速マッハ46を誇る、Mydoの戦闘機

ガソリンスタンドの看から飛び出すように発進するが、メカニズムは一切不明。カタパルトに格納されている様子も確認できるものの、それがどこにあるのかも不明で、乗り込む際は店内のロッカーに入ることでテレポーテーションのようにコックピット転送される。

はMydoレーザーだが、ミサイルなどの火器兵器に加え、2作では怪獣拘束用のレーザーロープも搭載していた。

形状が特異であることに加え、黄色の非常にエキセントリックな塗装がされており、かなり立つ。出撃の様子をリポートしていたレポーターからはそのデザインを酷評されていた。2作では2号機が登場。こちらの塗装はだが、てれびくんの誌上募集の中から決定された。

スカイシャーク

全長110m、全幅42m、重量534t。大気圏中での最高速マッハ3.9、宇宙空間での最高速マッハ48

2作で登場。Mydoが誇る戦艦であり、地球上の軍隊すべてと単体で渡り合えるほどの火力耐久を持つ。大気圏中はもちろん、深海や地中、宇宙空間でも戦闘可な、Mydoが持つ中で事実最強兵器。Mydo日本支部の地下がまるまるカタパルトになっており、出動時はガソリンスタンドのある土地が高層ビルのようにせり上がり、その一面が傾くように開いて、中から発進する。ちなみに、1作からのわずか1年で基地修と配備を終えたらしい。

日本支部の3人だけで操縦・巡航が可だが、本来はより多くの隊員を収容可らしく、また宇宙空間などへの長期滞在も考慮してあるため、内部には睡眠施設や食事施設のほか、会議室や娯楽室なども備わっている。また、機体上部にあるコックピットはそのまま脱出艇となる。 

6000万アンペアの電流と2500万ガウスの電磁を交錯させることで、初代ウルトラマンを打ち破ったゼットン線を再現したゼットンを、学のアイディアで搭載し、シャドーに使用した。本来持っているはずの大量の火器兵器は劇中では使わず、このを使用したのみにとどまった。

Z95星雲『ピカリの国』

M78』に似た、ウルトラ戦士達が住んでいる、ゼアス。ゼアスも住んでいる。後の出光CMシリーズで新たに登場した、『ウルトラマンHotto』『ウルトラマンMotto』『ウルトラマンKitto』達も、ここの出身。

アスと同じウルトラ戦士達がたくさん住んでおり、M78戦士達が宇宙平和を守るために日々戦っているのに対し、この戦士達は宇宙のあらゆる環境を守るために戦っている。そのため、皆、ゼアスと同じく環境を守る=汚染を防ぐためのを持っている。

ウルトラとの関係は不明だが、ウルトラセブンのそれと似たようなカプセル怪獣を用意したり、ゼアスが初代ウルトラマンに憧れていることから、ゼアス世界観においてもウルトラは同じく存在し、なんらかの関係を持っていると思われる。 独自のウルトラサインを持っており、自身を失ったゼアスを仰いでりかけたときには、「心を鍛えよ」というウルトラサインの返答が為された。ちなみにこのウルトラサインは、五音+十一子音の組み合わせで表記されるため、日本語五十音にぴったり対応している。

「ウルトラマンゼアス2 人大戦・と影 全集」では、顔に皺が寄った老齢の住人がをついて歩いている姿や、子どもがボールで遊んでいるところが見られた。

なお、後の作品「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」以降は、レイブラッド人による「ギャラクシークライシス」によって全てのウルトラ世界が一つになっているという設定だが、ゼアスを含めたピカリの戦士は劇中には登場していない。これは、キャラクターの権利自体が出光のものだったりして、いろいろややこしいからである。まぁこの頃になってくるとゼロだけで何とかなっちゃうし…

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

ウルトラマンゼアスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウルトラマンゼアス

72 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 22:33:50 ID: 9ip268kxe/
アスシナリオも熱いし面いし大好きだわ
73 ななしのよっしん
2016/05/26(木) 13:55:30 ID: O6LzPHDUyo
こんなウルトラマンがいたことは覚えてるけど内容は全然覚えてない
レンタルビデオを借りた事あるはずなんだけど、と思い返したら
そういえば自分が見たのは2作でゼアスがやられたのがショックで冒頭で見るの止めた事を思い出した
74 ななしのよっしん
2016/06/30(木) 16:51:53 ID: wlUmJQXsxr
Blue-rayボックス発売おめでとう!!!
https://twitter.com/figsoku/status/748415999284756481exit
75 ななしのよっしん
2016/07/01(金) 17:17:06 ID: nEZDRWb9R5
高画質でのゼアスグレート…本当嬉しい
いやホントに嬉しすぎる
76 ななしのよっしん
2016/08/27(土) 03:39:29 ID: AaMQZWYVw7
アスって未熟の1開始前も怪獣とか倒せたりしてたのかな。
地球の住民が認知してるぐらいだし
77 ななしのよっしん
2016/09/16(金) 07:48:29 ID: PNfGg8SkPY
身長60!?でっけえな
78 ななしのよっしん
2016/12/14(水) 15:56:20 ID: YfJJnI9gcj
amazaonで1見たけど中々面かったよ
けど、何というか話の展開が突然すぎる
79 ななしのよっしん
2017/01/19(木) 18:36:48 ID: SLkv9nrozJ
もしゼアスが列伝で紹介されてたらかかと落としを見たゼロが「師匠の技にも負けないいい技だ」とか興味を持ってくれてたのだろうか

アスフュージョンアップに使われるとしたら相手は格闘レオ本編でそっくりさんの出てきたセブン
80 ななしのよっしん
2017/01/19(木) 22:48:05 ID: uVeq7rvRXP
ウルトラマンゼアス豊洲市場を救ってもらいたい気分
81 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 04:34:07 ID: SWJhoxQyPm
ポテンシャルいよな
シャドウ再戦時はカラータイマーが鳴らないどころか封してる。

急上昇ワード