今注目のニュース
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ
ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
2019年夏アニメ注目度調査第2週目! 「ギヴン」「お母好き」が台頭しランキングに大きな変動が

トラックシミュレーターシリーズ単語

トラックシミュレーターシリーズ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トラックシミュレーターシリーズとは、チェコSCS Software制作しているPCトラックシミュレーターゲームの総称である。

・・・ぶっちゃけた話、一般的に使われているそういう用があるわけでもなく、記事作るために記事主が便宜的にデッチ上げた単である。だが、そんなに的外れな言葉でもないだろう。

この記事では、ニコニコ動画でお染みのEuro Truck Simulatorシリーズはもちろんの事、同社がかつて制作していた18 Wheels of Steelシリーズトラックシミュレーターとして一括して扱う。

シリーズ概要

トラックシミュレーターシリーズは、2002年に発売されたHard Truck:18 Wheels of Steelから始まり、以後多数の作品を重ねる人気トラックシミュレーターである。プレイヤートラック(トラクター)の運転手兼運送会社経営者となり、お客さんから預かった荷物が搭載されたトレーラーを預かり、これを牽引して的地まで運んでいってお金を稼いでいくというのが共通する趣旨。また仕様から降はできないものの、ワールドの中を自由に移動できるという点に置いて、オープンワールドの要素を持っている。

舞台となる地域はアメリカヨーロッパアメリカ舞台になるのは18 Wheels of Steel(以下18Wos)と、2016年発売のAmerican Truck Simulatorヨーロッパ舞台なのはEuro Truck Simulator 1及び2、UK Truck Simulator、German Truck Simulatorなど(以下ETS)である。

パブリッシャー及び販売について

パブリッシャーは18WoS時代はアメリカのValu Softが行っており、日本ではマイクロマウス日本語マニュアル付き英語版を販売していたことがある。

今日ではイギリスExcalibur Publishing、独のRondomediaなどがパッケージ版の販売を行っており、Amazonなどネット通販サイトでは、世界各地で販売件を持つ業者がダウンロード版の販売を行っている。またSteamでも、独立系開発会社作品としてダウンロード販売が行われている。日本ではズーがETS2の販売権を得て、Amazon.jp楽天などでダウンロード版の販売を行っている。

日本在住ユーザーの購入に当たっては、日本で販売権を持つ業者のものしか買えないという訳ではない。クレジットカードPaypalアカウントがあれば、Steamを含む外のダウンロード版を買うことができる。また並行輸入業者が輸入した海外で売られているパッケージ版も同様。PCゲームなので、その辺は制約がない。

シリーズ各作品

ここではシリーズ各作品について簡単に紹介していく。Hard Truck:18WoS以降は毎年のように新作が出ており、基本システムは使い回ししながらも細部を変えたり、グラフィックを変えたりし、何らかの新しい試みや良が行われている。

序章:シリーズ開始前夜

前述・後述のとおり、シリーズそのものはHard Truck:18WoSから始まっている。だがHard Truckという名称のゲームはそれ以前からあった。ロシアの会社が制作したHard Truckである。パブリッシャーSCSソフトのものと同じくValu Soft。youtubeにうpされていた動画によるとexit、どうやら荷物を積んだトラックレースをするゲームのようだ。狙いどころとしてはBig Rigs爆走デコトラ伝説のようなものなのか。さらに続編としてHard Truck2:King of the Roadというものも販売された。
実はこの作品には実名のトラックが出ているのだが、ちゃんとライセンスを取ったかは不明である。

初代も二作レースゲームであり、今からすると手だが荒っぽいゲームに思える。ここからレース要素を全に排除し、純トラックドライビング及び運送会社経営シミュレーションとなったのが初代にあたるHard Truck:18WoSである。

シリーズ一覧表

アメリカ舞台にしたもの
作品名 発売年 説明
Hard Truck
18 Wheels of Steel
2002 の初代。グラフィックは今見るとショボい。当時もそれなりにショボかったグラフィックだが、ここから全てが始まったのだ。日本ではマイクロマウスからハードトラック 18輪巨大トレーラーとして日本語マニュアル英語版が販売された。今はドライブという会社がパッケージ版を扱っている。登場するトラック実在のものをモデルにした架のもの。
18 WoS
Across America
2003 グラフィックシステム善した二代。ここからシリーズ名として18WoSに定まった。地域毎にマップが分かれ往来もできない初代に対し、アメリカ大陸横断が可に成ったのが特徴。クイズ王者をす若者を乗せてコンボイリレークイズだ!。但しヘリコプターの乗務手当は海外なので出ない。
日本ではマイクロマウスが「ハードトラック2」として販売していた。
18 WoS
Pedal to the Metal
2004 略称PttM。
 メキシコカナダにも行けるようになったもの。
18 WoS
Convoy
2005 (記述む)
18 WoS
Haulin'
2006 はうりん。一説によると一番売れたのがこれらしい。PttMを色々と良したパッケージ版のトラックタイヤとマッドフラップを模したもので、フラップの部分を上げるとソフトの説明が読めるという凝った作りであった。
日本ではやはりドライブ「18輪ハードトラック運送野郎」という名前で、日本語マニュアル付を販売している。「運送野郎」って・・・。
18 WoS
Amrican Long Haul
2007 基本的にはHaulin'だが、幾つかの追加要素を入れて題したもの。
American Truck Simulator 2016 2016年発売の作品で、久々アメリカ舞台。18WoSとは異なり、メーカーライセンスを取り実名でトラックが登場。ETS2で培った善を盛り込んでいる。美麗グラフィックであり、18WoSとは隔世の感。

ヨーロッパ舞台にしたもの
作品名 発売年 説明
Euro Truck Simulator 2008 ヨーロッパ舞台にした第一弾。
基本的には18WoS譲りのシステム
ヨーロッパ風景、キャブオーバーが基本のトラクターなど、
18WoSとは異なる雰囲気を持つ。
UK Truck Simulator 2009 システムは同じで、イギリス舞台
German Truck Simulator 2010 同じくドイツ舞台
この辺りからメーカーからライセンスを得て、
MAN、IVECOなど実在ブランドが登場し始める。
Trucks and Trailers 2011 グラフィックが新しくなり、現在ETS2ATSへと連なる世代になってからの初作品である。但しモーションに関しては、まだ旧世代相当。

内容は、大セミトラクタ-セミトレーラを動かすための教習及びチャレンジメニュー(ゲーム中ではTASKと呼ばれる)をこなしていくもの。トレーラを制御を学ぶベーシックから、より困難な状況でトレーラを動かしていくものまで多種多様。
Scania
Driving Simulator
2012 前作で新しくなったグラフィックを引き継ぎつつ、モーションも新しくしたもの。ここまで来ると、ETS2でなれた人も違和感が少ないのではと思う。

内容は、名前の通りスウェーデンスカニアを取りあげたもの。
プレイヤースカニアRの4x2トラクターを駆る。
ゲームモード以下の通り。
どちらかというと操作の正確性を競うものが多い。
はコンペティションで、これは実際に行われているスカニアの競技会を模したもの。それがどんなものかはこれ見てexit。 
Euro Truck Simulator 2 2012 グラフィックが大幅に善された最新の世代。ライセンスを得てSCANIA RENAULT、MANが実名で登場。アップデートIVECODAF、VOLVOMercedes-Benzも実名となった。
同時代のフルライスゲームのグラとべればショボい部分もあるが、広大マップと格好いいトラックがあるので、文句はないところ。アップデート(v1.17)でライティングも善され、よりリアルさを増した。ニコ動人気があるのも多分これである。

エクストリーム
18 WoS
Extreme Trucker
2009 これまでとは方向性が大きく変わったもの。
北極圏を舞台に、凍りついた海を渡って荷物を運ぶトラカーになる。ヒストリーチャンネルIce Road Truckersexitを参考にしたようだ。
18 WoS
Extreme Trucker2
2011 ↑の続編だが、舞台北極圏からバングラディッシュに移った。インフラが整備されてない場所をトラック野郎が荷物を運ぶゲームらしい。

ゲームについて

さて、「シミュレーター」というからには、このゲームトラックの何かをシミュレートしているわけだ。その要素は大きく分けて二つである。

  1. プレイヤートラクターを運転し、トレーラーを牽引するドライビングシミュレーター
  2. 稼いだお銀行からの借を元手に設備投資や雇用をし、事業を拡大していく→経営シミュレーター

細部には色々と違うがあるものの、この二つの要素は土台としていずれの作品にも採用されている。

ドライビングシミュレーター

御大に表現するとドゥルイヴィングスィミュレートァー。トラクタートレーラーを牽引することなど、運転に関わる様々な現・機をこのゲームではシミュレートしている。

トレーラーの特性

トラクタートレーラー普通トラックと違って連結部を持っており、そこで屈曲するようになっている。この構造ゆえに長さの割りに小回りが効いたり、的に応じて様々なトレーラー連結する事で、トラクターは多様な輸送に応えられるわけだ。だが良い事ばかりではない。連結があって自由に動くことのメリットとトレードオフで、トレーラーは常に不安定さを抱えている。乱暴なブレーキングやステアリングによって、トレーラーが暴れ回る事が良い例である。こういった事柄をシミュレートしつつ、プレイヤートラックを乗りこなしていかなければならない。

そして運転において最大の障と思われるのが庫入れである。

トラクタートレーラーにとって前輪の役を果たすため、トラクターの向きそのものがトレーラーにとって前輪の向きに成るようにしなければならない。例えばトレーラーを右へ曲げながら後退するのであれば、トラクターの先端が右向きになるように後退するということ。そしてトラクターが右を向くのはハンドルを左に切った時。つまり右曲がりに後退するにはハンドルを左に切る必要があるわけで、普通庫入れとは操作が逆になるのである。加えてトラクターを曲げすぎる、つまりトラクタートレーラーの屈曲が大きくなると、両方がついにはぶつかってしまう。そうならないようにハンドルを操作して曲がり度を調整し、思い通りに庫入れしなければならないのだ。

制動・補助ブレーキ

油圧ブレーキを使う乗用車とは異なり、大トラックの常用ブレーキにはエアブレーキが使われている。大まかな仕組みは以下のとおりである。

まずコンプレッサー圧縮空気タンクに圧縮空気を溜めて置く。ブレーキダルを踏むと普段は閉じているブレーキ回路内のバルブが開き、タンク内の空気が回路を通じてブレーキ本体に伝わりブレーキシューを動かす。これでブレーキが効く。ペダルを緩めると開放バルブが開き、ブレーキを動かした空気は大気中に捨てられる。するとコンプレッサーが動き出し、再びタンクに圧縮空気を溜め始めるのである。大ブレーキリリースするとプシュッ!という音が鳴るが、あれこそが大気中に空気が捨てられた音なのだ。

よってブレーキは有限であり、コンプレッサー空気タンクに空気を溜める余裕を与えてあげないといけない。ポンピングブレーキのように、短間隔でブレーキを踏んだり離したりすると重な空気駄に消費してしまい、ブレーキが効かなくなってしまう。エアブレーキではポンピングブレーキのような操作はバタ踏みと呼ばれ、非常に危険な操作とされている。また実際にバタ踏みが原因で事故が発生した事から、国土交通省は平成25年6月28日付けで注意喚起を行い、またトラックメーカーに対し使用者に対する注意喚起を要請している。exit

以上の話を、身近な物である浮き輪で説明するとこうなる。

( ´`) ←浮き輪を使う人(ブレーキダル)

(`・ω・´) ←浮き輪空気を入れる人(コンプレッサー)


通常の使い方

( ´`) 「浮き輪使うぞ!」

( ´`) 「空気抜けた!お前空気入れとけ」

(`・ω・´) エッサ!ホッサ!


バタ踏み

( ´`) 「浮き輪使うぞ」「空気抜けた!」

(`・ω・´) エッサ!ホッサ!

( ´`) 「浮き輪使う・・・空気抜けた!」

( ´`) 「浮き輪空気浮き輪空気!」

(´;ω;`) 「うっ・・・うううう・・・・」

ドンガラガッシャーン!!

これをシミュレートすることで、大独特のブレーキ操作を行うわけだ。

実はシリーズ1作となるHard Truck:18 Wheels of Steelでは、ブレーキをかけ続けると空気を消費していく仕様であった。後に善され、ブレーキリリースした時に空気を消費、そしてタンクに補充されるようになった。補足しておくと、ブレーキを踏んでいる間は空気は回路内でブレーキに圧をかけ続けているために減る事はく、ブレーキを離して回路内の空気が大気放出されて空気が減るのである。もしブレーキを踏んでる最中に空気が減るのなら、それはどこからか空気が漏れているわけだから、盛大な音と共には滑走していくことに。また国土交通省メーカーがバタ踏みについて注意を喚起しているのも、こういった構造があるから。
ちなみに本物のトラック空気漏れによる制動不能の蓋然性を下げるために、最低でも2系統のブレーキ回路を搭載している。

また本物のトラックでは重な空気駄使いしないよう、補助制動装置が搭載されている。エンジンブレーキを大きくする排気ブレーキと、推進軸に回転抵抗を作り出すリターダである。これらはエアブレーキを使わずに大きく減速できるため、エア消費量の低減のみならず、ベイパーロックフェードの防止にも役に立つ。特に下り坂で有効であり、もし補助ブレーキがなければバタ踏みをやり易いのも下り坂であろう。
シリーズの中では18WoSの2作となるAcross Americaから登場している。

ちなみに排気ブレーキを使うと、

ブボボボボボボボボボボ!

という凄い音がするけど、別にが壊れているわけじゃないので大丈夫

スプリングブレーキ式駐車ブレーキ (駐車・非常ブレーキ)

エアブレーキと関連して把握して置くべきもの。シリーズでは(どのあたりからかは忘れたが)スプリンブレーキを使った駐ブレーキがシミュレートされている。「何それ?」と思ったあなたの為に、いすゞのトラックゼミナールから引用した説明をご覧頂こう。

ホイールパーキングブレーキ(スプリンブレーキ式)
中期安全ブレーキ規制※に対応するため、に大トラックに装備されている駐ブレーキシステムです。従来の駐ブレーキよりも確実な制動を発揮するシステムとして、センターブレーキ式に代わって採用されています。ホイールパーキングブレーキは、輪を制動させる常用ブレーキを作動させるシステムです。パーキングバルブの操作によりブレーキチャンバのエアを排出し、それにより解放されたスプリングのを利用してブレーキシューを拡げ、強な制動を発生させます。
※中期安全ブレーキ規制トラックバスブレーキ強化を的に国土交通省が定めた規制

ISUZU:トラックゼミナール ブレーキ編exit より引用

プリンブレーキは、スプリングの伸びるで作動するブレーキ伸びるは後軸常用ブレーキブレーキシューやキャリパーに伝わり、ブレーキが作動する。つまり後輪常用ブレーキは駐ブレーキと兼用となっていて、また何もしなければブレーキが自動的にかかるのだ。

だがそれでは走ることはできない。走る時はどうするかというと、駐ブレーキのレバー(スイッチ)を解除方向に操作することで、圧縮空気タンクからブレーキチャンバーエアーが送られ、ブレーキチャンバーはスプリングを縮める。するとブレーキシュー/キャリパーに掛かるスプリングのが抜け、ブレーキが解除されるという仕組み。逆に駐ブレーキをかける操作をすると、上記引用文にあるようにチャンバーエアが排出され、スプリングが解放されてブレーキシューを動かしブレーキがかかる。

さて、このエア圧縮空気タンクで、先述のエアブレーキと同じである。つまり常用ブレーキを動かすのに十分なエアがない場合、駐ブレーキ解除しておくエアも足りなくなり、自動的に駐ブレーキが作動するのである。つまり駐ブレーキ非常ブレーキとしての役割もある。
よって何らかの事情でタンクないのエアが規定値以下になった場合、駐ブレーキが勝手にかかってトラックは動けなくなる。回復するにはエンジンをかけっぱなしにし、タンク残量の回復を待つしかない。このとき、アクセルを吹かすとエアコンプレッサーが頑ってくれて、エアが溜まって行くのがくなる。

事故などで手動解除する場合

事故などでトラック全にぶっ壊れ、エアタンクもイカれた場合はどうするか。その場合の対処を示した資料を以下に引用する。内容自体はゲームとは直接は関係ないが、スプリンブレーキがどんなもんかを知る助けにはなると思う。

大型車事故に関する救助ガイド exit

これは日本自動車工業会、日本自動車研究所、つくば市消防本部が作成した、大事故における救助要領を簡単にまとめた資料である。これの17~18ページにスプリンブレーキと、その解除方法に関する説明が載っている。これによると、全ての後輪(6x4では4輪)にあるブレーキチャンバーリリースボルトを挿し込み、それにナットとワッシャをねじ込んで解除するとのこと。スプリングを人力で縮めると言うことだろ。
注意点として「工具が要るし時間がかかる」「間や不安定な場所では作業しづらい」と書いてある。

トラックのダメージ

ゲームダメージといえば敵から攻撃を受けたり、に引っかかったり、座標を間違えての中に入ったり、自動車ゲームであればぶつけた時のペナルティとして受けるもの、というのが一般的である。このゲームではそれもあるが、走行に伴う通常の損耗もダメージとしてシミュレートされている。もっとも損耗しやすいのはタイヤであり、作品や走り方にもよるがエンジントランスミッションなども走行に伴って損耗することがある。タイヤが損耗するとグリップが悪くなるし、エンジントランスミッションは加速に悪影が出てくる。

これへの対策は整備である。どの作品でもマップ内にはいくつもの整備工場が点在しており、プレイヤーはそこを訪れての整備を受ける。

疲労と眠気

運転していると疲労し、やがて眠くなってしまう。このゲームは疲労と眠気もシミュレートしている。
プレイヤーの分身であるトラック運転手は、ゲーム内時間で数時間~10時間程度経つと眠気に襲われる。欠伸をするが聞こえ、画面の淵がくなって視界が狭まったり、一っ暗になったり、さらには数間もっ暗になって視界が消えるなどして非常に危ない。

またETS2ATSでは、疲労のまま走り続けていると過労運転で罰を取られる。世界各地の運輸法令では、連続して運転できる時間の上限値が定められており、それをえて連続運転する事はできない。そしてヨーロッパでは警察が抜き打ちでトラックタコグラフを調べ、連続運転可な時間を過していた場合には厳しい行政処分が下る事もある。それを模倣していると言えるだろう。

対策としてはどこかにを停めて眠る事。シリーズ各作品では睡眠が取れるモーテル無料駐車場が登場し、そこにを停めて休む事になる。18WoSの一部作品では、スリーパーの有り/しで睡眠の効果が変わるのもあった。一方で荷さんが定めた期限に遅れないようにもしなければならず、そこは順や休憩時間を考慮した運行計画で工夫すべき点である。

尚、根詰めてゲームをしていると自分自身にリアルな疲労と眠気がやってくるが、これもまた自分が休むしかない。

交通法規

トラックは安全運転が基本である。だから交通法規を守って走らないといけない。トラックシミュレーターでも現実と同じ法規が課せられている。外舞台とはいえ、基本的な法規は日本と変わらない。信号を守る、制限速度を守る、通行帯を守るなど。

当然これを破ることも可だが、その時は取り締まりを受ける事になる。例えばスピード違反。18WoSではパトカーが取締りをしており、速度違反が見つかると追尾をしてくる。加速して振り切ることも可だが、如何せんこっちは積荷を持ったトレーラー。逃げるよりおとなしく捕まったほうがマシだった・・・ということも当然あるわけだ。ETSではパトカーがいない代わりに各所にスピードカメラ(オービス)が配置されており、制限速度過すると即座に罰となる。スイス政府に何度お布施をしたことか・・・。ATSではパトカーが巡回している上に即罰で、振り切って逃げることすらできなくなった。

ステファン・レディマン英運輸大臣「カメラの場所は開しているし、捕まるバカだ」

信号や通行帯の違反については、破ると即座に罰になる作品がある。スピード違反がシリーズ一貫して警察にバレなければおkの状態なのに対し、こちらは割かし厳しい。

経営シミュレーター

御大に表現するとクゥ(←もういい)。プレイヤーは運送会社を自営しているという設定であるから、トラックを増やし、雇用を行って良く事で経営の拡大が可。この経営もシリーズ共通のシミュレーション要素になっている。ずっと一匹流れ星一人旅でも良いが、経営を拡大して良く面みもある。

また一匹であれ雇用であれ、プレイヤーは発生するコスト以上に売り上げを得て、会社の経営を持続させていかなければならない。

被雇用者

トラックを増やしたら運転手を雇用するわけだが、大抵は異なるを持つ何人もの運転手が用意されている。が高いドライバーは収益面で優良だが賃も高い。逆にが低いドライバーは安く雇用できるが、積荷をぶっ壊して報酬が減ったり、トラックの整備コストが上がるなどのデメリットもある。プレイヤーは損得を考えて雇うことに成るが、まぁ大抵は賃が高くてもが高いを選んだほうが良い。

この点はシリーズ全作品を通じて概ね共通していると言えるだろう。

雇用後のマネジメント

これに関しては作品毎にかなり異なる。

18WoS各作品では運転手のスケジュール管理が概ね可で、どの運転手にどこで荷を積んで、次にどこでどの荷物を積んで・・・といったことをプレイヤー動的に決定できた。但し労働者もプレイヤーと同じく休憩を取らなければならず、それはスケジュールに強制的に組み込まれるので、ブラック企業のようにスケジュールをギチギチに詰め込んでこき使うようなことはできない。

ETS2だとそういったスケジュール管理はできない。プレイヤー欧州都市にあるガレージ(事業所)を購入し、そこにドライバーを配置する。後は彼らがガレージのある都市を起点とし、自動的に仕事をこなして良く。一方で各ドライバーにはプレイヤーと同じ値があり、それを育てることができる。この成長によってより多様な荷物を、より長距離まで運ぶことが可になり、会社の収益にもプラスとなる。ブラック企業のような使い捨てをすると、会社がからないシステムになっている。

銀行

トラクターの新規購入や、作品によってはガレージ(事業所)の購入など、プレイしていく中で様々な設備投資をしなければいけない時がある。しかし手持ちの資が乏しいと思うようにそれができない。そういう時は銀行からお金を借りて設備投資を行う。

与信額は決められており、その内では自由お金を借りたり、残債を返済することができる。リアル銀行と違って融資にかかる面倒な手続きはなく、常務が土下座を迫ってくることもない。一方で年利18%というサブライム利を課せられたり、毎日利と元本が口座から自動的に引き落とされていくなど、取立ては厳しい。

作品によってはゲーム開始直後からいくらかの借を背負っている場合もあり、しかも初期のトラックは大抵は性が低いので、そういう場合は借返済で苦労することも。繰り返すが土下座は効かない。

かつて三和銀行銀行員だった某人物のセリフを借りると。

「わてから借りると、えらい高こうつきまっせ!」

「わてから借りたえて返してもらうさかい」

ということである。

ゲームオーバー

ゲームだから当然ゲームオーバーもある。

World of Trucks

World of Trucks siteexit

以下WoTWoTSCSソフトサービスで、現在のところ対応しているのはEuro Truck Simulator 2。発売が開始したらAmrican Truck Simulatorも対応するはず。

WoTはトラックシミュレーターシリーズ向けのSNSのようなサイトで、アカウント作成にはプロダクトキーが必要。アカウントを作成するとゲームWoTリンクさせ、色々なサービスを受けることができる。サービスゲーム内で撮影したスクリーンショットアップロードWoTアカウントで作成したナンバープレートとプロフィール写真ゲーム側への反映など。もちろん他の人のスクショを見ることもできる。

他の人のスクショで見たこともないような貨物とか、見たこともないトレーラーがあったら、それは大抵はMODである。ETS2など現在仕様ではMOD自由に入れられるので、WoTにも多数のMOD画像が上がっているわけだ。

関連動画

ニコニコ投稿されている動画は、他のゲーム較すると少ない方であるが、それでも一部のコアファンが熱心に動画投稿している。ETS2シリーズの中では日本ファンも多い方であり、投稿されている動画シリーズの中では一番多いだろう。

18 Wheels of Steel

検索タグ18 Wheels of Steelexit_nicovideo

コーラ配送

Euro Truck Simulator 2

検索タグEuro Truck Simulator 2exit_nicovideoETS2exit_nicovideo

「たかしへ、カーチャンはトラック野郎になりました」シリーズ

im@s架空戦記~トラック女王 日高舞、欧州へ~

毒リンゴPのim@s架空戦記シリーズ

ゆっくりと行く トラックの車窓から

Leclerc Expressシリーズ

関連商品

アメリカ系

ヨーロッパ系

エクストリーム系

外部リンク

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP