今注目のニュース
“俺たちの戦いはこれからだ”感を漂わせつつ堂々完結! 3分で振り返る『盾の勇者の成り上がり』第25話盛り上がったシーン
テレワーク急拡大に妻は迷惑?「旦那がいるだけで家事増える!」にマツコ「男だって家に居たくねえよ」
「仮面ライダーアマゾンズ」大人向け変身ベルト登場 人喰い欲求を制御する腕輪型装置も付属

バンドやろうぜ!単語

バンドヤロウゼ

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

“バンドやろうぜ!”とは、DELiGHTWORKS開発のスマートフォン向けリズムゲームである。
略称は「バンやろ」または 「バンやろ!」。配信開始は2016年10月13日より。

2019年3月29日15:00時にてサービス終了予定。exit

概要

“「青春」×「バンド」”がテーマであり、楽曲もバンド調で堅められているのが特徴。
アニプレックスソニー・ミュージックエンタテインメントの共同企画として立ち上がった経緯を持ち、
ストーリーに若手バンドマンの視点を通し、音楽業界の一を覗かせるものとなっている。

ゲームは最大4枚のカードデッキを編成し、他プレイヤープレイデータと競う方式。
ミスによりライフ尽きるライブ失敗。完走し、成功ないし勝利するとクリアとなる。
なお、ライブモードの勝敗記録がゲームの進行に関わることはない。(シナリオ上のライブは例外。)

リアルイベントとして、作中の演者達がバンドを組み、実際のライブが行われたこともある。
なかでもOSIRISは全6会場・7演の全ツアーを経験しており、評判も上々だったとか。

2018年7月31日にて更新終了。現在課金要素を止、無料解放されていた。

システム

ストーリー

物語舞台は各所で“デュエルギグ”が活発に行われている現代の音楽業界。
デュエルギグとは「一つのステージで二つのバンド演奏を競う」ライブの一形態であり、
アーティスト同士の実を測るバロメーターとして重宝されており、オーディエンスからの人気も高い。
(当然ながら1ステージアーティスト形式の一般的なライブも存在する。)
主人公達もデュエルギグを得て動き始め、ある者は頂点をすため、ある者は己の意志を伝えるため、
ある者は会場の全てを笑顔にするため、ある者は自分らしく堂々と生きるため、その身を音楽に挺していく。

しかし作中の世界でも音楽アーティストに対する価値観は現実世界と大して変わらず、
音楽を生業にすることに否定的な意見を述べる者も少なくなければ、実現出来る人物も限られる。
そもそも音楽に対する関心のない者もおり、たとえ音楽業界全体が一企業に支配されかけても
音楽関心な者からすればTVで流れる曲が変わる程度の出来事にしかならない。
故に音楽は絶対的な存在ではない世界観であり、音楽家人的な扱いを受けるとも限らない。

シナリオライブモードにてライブの成功報酬である“スピリッツ”を入手し、
バンドランク / キャラランク / カードランク」を所定値に満たすことで解放される。
(この仕様上、各メインシナリオの進行はそれぞれのバンドカードを集めることが大前提となる。)
以下は各シナリオの解説を記載。

余談だが、全体を通してギャグシリアスの展開に極端な温度差が生じている作品でもある。
この傾向はイベントシナリオが強く、ふざけすぎてユーザーからクソシナリオ呼ばわりされた話も。
その原因の大半がよりによって第一補のブレイストによる所行だったりするのは内緒。

カード

詳しいことは説明書やwikiを参照されたし。

なお、キャラクターステータスは一定ではなく、カードの種類によって異なる
そのカードステータスキャラクターごとに露骨な調整がされている訳でもないので、
メインバンドに限れば弱すぎるキャラは存在しない。レアカードの数の格差はどうしようもないが。
それだけにサブキャラSSRを逃したリュウセイナインシックス不憫でならないというか。

登場人物(主要キャラ)

メインシナリオのあるバンドを記載。

クリックで各項ジャンプスクロールしてみよう!


BLAST(ブレイスト)

緋ノ山第一高校に通う高校生によって結成されたバンド
正規ボーカルが決まらない状態が続いていた中、一時的なメンバーとして大和が加入する。

アグレッシブで熱い曲調が特徴。

 
2016/03/28 00:00 投稿
Aniplex×Sony Musicが贈るドラマティック音楽リズムゲーム
「バンドやろうぜ!」
11:51
 

メインバンドの一組。デフォルト属性は“GROOVE”。

四組の中で最もロックンロールの色が濃いグループ。奇行的な意味でも。
物語の中枢に関わることが多く、事実上作品全体の主人公として扱われているバンドでもある。

デュエルギグ前の決め台詞は「えるぜ!ブレイスト!」。

東雲 大和CV生田鷹司)》
下一」に対して並ならぬ情熱を燃やす高校二年生。ボケもフリも常に直球、時々死球
元々は野球部のエースピッチャーだったが、交通事故の怪を元に引退
埋め合わせで野球部の応援団をしていた所を宗介スカウト。臨時メンバーを通して正規ボーカルとなる。
向上意欲は非常に高く、一度決めた標ならばどんな荒行も前向きに打ち込む性格だが、
その加減知らずの情熱は当時のチームメイトから理解されず、煙がられていたという。
一時期ゾンビになってました。
《巻 宗介CV増田俊樹)》
音楽界の頂点に対してならぬ執念を燃やす狂犬ギタリスト。時々アホ
高校二年生。頭一つ抜けたギターセンスを持ち、生活のどを音楽げるストイックな性格だが、
他のメンバーにも妥協は許さず、これまで16人のボーカルを脱退させてきた原因を作っている。
大和も例外ではなかったが、練習場所をめて奔走している彼の姿を見て態度をめる。
なお、彼のわだかまりが解けたのは二章。めっちゃい。
一時期ゾンビになってました。
佐伯 CV山下大輝)》
レイストの腹黒策士参謀役を担うベーシスト高校二年生。
結成当初にをかけられた一人。手先が器用で頭も良く人当たりも悪くない性格であり、
クセ者いで音楽以外に疎い面々にとっては欠かせない存在。ツッコミ役的な意味でも。
そんな彼がブレイストにこだわるのは、器用貧乏から抜け出せない己を変える為でもある。
趣味ガールハント。女子からの人気もあるようだが、何故かモテない。
白雪 CV石谷春貴)》
大和らとは一つ下の高校一年生某名物Pのような強面が特徴的なドラマー
顔で不審者扱いされがちなのも一緒。こちらはとか顔面器とか散々な呼ばれようだが。
幼少期に逃げした両親から置き去りにされた過去を持ち、バイトの掛け持ちで生計を立てている男。
その人相でバンドに恵まれなかったこともあり、ブレイストへの想いは厚く、家族のようだと慕う。
しかし日常では言動が予測不能大和宗介、悪ノリが絶えないツッコミに追われる毎日
(ちなみに基本的には敬語だが、ツッコミを入れる時はタメ口になる関係。顔も度々ネタにされる。)
それでも決して折れることはなく、たとえ不条理に振り回されようとよりもタフに生きる。
一時期ゾンビになってました。
北沢 優奈(CV藤田茜)》
しっかり者な大和幼なじみ的な登場をしつつも作中随一のボケを繰り出すレイストのマネージャー
洞察や行動は優れているなのだが、いかんせん発想のが狂っている。
《そうすけん(CV:???)》
モザイク代わりのマスコットもうちょっとマシな出番はなかったのか。

▲トップに戻る

OSIRIS(オシリス)

クールで叙情的な楽曲が特徴のバンド
その音楽性と世界観の完成度の高さから一時メジャーデビューの噂も囁かれていた。

 
2016/03/28 00:00 投稿
Aniplex×Sony Musicが贈るドラマティック音楽リズムゲーム
「バンドやろうぜ!」
10:13
 

メインバンドの一組。デフォルト属性は“BEAT”。

曲調に往年のV系の色を浅はかとなく感じさせるバンド。ただ、メイクはなく、衣装も割と一般的。
四組の中だと最年長でクールな見ただが、実際に話すと三枚な一面を覗かせることも。

ライブ前では高良による即り口上が恒例となっている。
「オレの気持ちは、心は、歌の中にある 渦巻く極色の魂を鳴りかせよう……!」

高良 CV小林正典)》
日常生活に支障をきたすレベル無口」を絵に表したかのようなボーカル20歳。
意識のうちに情的でか複雑な表現(通称:ポエム)を口にしてしまいやすい人物。
その理解され辛い言葉選びは彼を寡黙にさせた原因だが、歌詞としてオシリスる個性でもある。
己の気持ちを表す為に歌うが故に意識も高く、意図をせずしてオシリス全体のを握ることも。
メシェドに一惚れしてマスコットにしないかと提案したことがある。
レイ・セファード(CV花江夏樹)》
イギリス人で英国的な名前でも英語と横文字はダメなんです。20歳。
オシリスの原動となる人物。メジャーデビューの為に様々な提案を行動に移すのだが、
彼の提案は大胆ともとも取れる行動が多く、メンバーを困惑させることもしばしば。
前向きで向上意欲は高いものの、謀すぎる提案が元で危うく“断罪”されかけたことも。
その気になれば格好良くも可くもなれる容姿の持ち。でも中身はお茶な人。あとむっつり。
《来栖 琴(CV内田雄馬)》
学業も音楽も両立させるのがモットーな医学ベーシスト21歳。
行動に対して理屈をめるリアリスト思考の持ちオシリスブレーキ役でもあり、
ノリや勢いで動きがちなレイに苦言を呈することが多く、そこから衝突しかける場合も少なくない。
しかし提案された以上は行動の価値を現実的な形で見出そうと最善は尽す。
…のだが、肯定意見も“下げてから少し上げる”ように出すので、ミコからツンデレ呼ばわりされたことが。
なせいか、嬌や色気には疎い。理に笑わせるとインテリヤクザになっちゃう。
小金井 進(CV梅原裕一郎)》
実家が漁師兼屋なドラマー23歳。
オシリスの中で合理的な判断を下せる人物。意見の衝突が絶えないレイ琴の仲裁や、
極端に口数が少ないの意見を好意的に解釈が出来るグループリーダー的存在。
性格は兄貴肌で人情。口調は若干荒いが、頼りがいのある青年として評価が高い。
一にして最大の弱点は個性の九割近くが産関係に集約していること。本職はどっちだ。
合い言葉は『生カツオでぶっ刺してやるぜ!』。※表記ブレあり

▲トップに戻る

Fairy April(フェアリーエイプリル)

大手総合プロダクションに所属する四人組バンド
個性溢れる楽曲と共に、その高いライブパフォーマンスが評価されている。

 
2016/03/28 00:00 投稿
Aniplex×Sony Musicが贈るドラマティック音楽リズムゲーム
「バンドやろうぜ!」
11:06
 

メインバンドの一組。デフォルト属性は“MELODY”。

シンセサイザを多用した爽やかメロディラインが特徴的な邦楽バンド
その装いとファンサービス旺盛なパフォーマンスから“アイドル”と喩されることも多い。

略称は「フェアエプ」。決め台詞は「Fairy Go!」。

陽(CV青井翔太)》
作中で度々使われる「爛漫」の言葉が最も似合うであろうボーカリスト16歳
諸事情により脱退した元メンバーから引き継ぐ形でフェアエプのリーダーを務める。
素行にあどけなさを残すが、見下す相手には相応の覚悟を見せつけられる度胸を持つ一方、
争いごとは総じて苦手なタイプ。自身の意見を出しきれず、優柔不断になったことも幾らか。
人格者としては未熟な部分も多く、の意味でリーダーになるには幾らかの経験を得る必要があった。
好物は焼き肉暮らしで不足になった際、冗談半分ながらサルを食べようかと考えたことも。
七瀬 一真CV石川界人)》
なんだかんだで画面映りの多いフェアエプ第二の主人公11月まれの18歳
頭一つ抜けた演奏を持つギタリスト中学卒業時から事務所に所属していたものの、
人間関係が原因でバンドの脱退を繰り返し、成果を残せない二年近くを過ごす。
最終的にはギター席だったフェアエプに所属。そのまま運命を共にすることとなる。
ミコく「末期レベル屈折率が異常な(ほど病んでいる)」心を持っていたが、
そんな彼も恋や失恋、喧出、交流や友情を通して精的に成長していくのだ。
サブシナリオではしょちゅう泣く。絶叫もするし、首も飛ぶ。
徳田 吉宗CV山本匠馬)》
名字徳田なのに親の顔は悪代官とは、これ如何に。16歳
フェアエプのムードメーカー。しかし天然でもなければ不器用すぎることもなく、感性は割と常識的。
普段はお調子者で悪ノリもする焼きそば好き、本気になれば料理も演技もヤマを当てることも出来るが、
ちょくちょくスコアを間違えてアドリブで誤魔化すところでオチがつく人。ベーシストなのにね。
ファンの前ではにしないものの、なんだかんだで色を知りたがる年頃だったり。
藤本 美郷(CV小林裕介)》
二度も「ちゃん」付けで呼ぶような不届き者はHasta la Vista16歳
モデルで可らしいドラマー男の子。ちょっと天然気質だが、陽と違って言うことが鋭い。
初対面の優奈を小言ながら「結構アレ」と呼ぶくらいには遠慮がない。実際そうだけどさ。
モデル業と奢な体格が原因で一方的に絡まれることも少なくはなく、
かつては臆病な性格だったが、筋がついてからは落ち着いた思考で物事を判断できるようになる。
バンやろ青春書編では男になりましたね。
《両 冴枝(CV大浦冬華)》
フェアエプのマネージャー。都合上、スクエア・キュービック事務所社長も兼任。
三行半を下されたばかりのフェアエプをスカウトした人物。なかなかの貧乏性。
アリエスくん(CV:???)》
現フェアエプ結成記念に作られたマスコット。美郷がいつも身に着けているアレ
名前の由来は“牡羊座”のラテン読みカードシナリオに登場する、所謂隠しキャラのような存在。
現実世界でも幾つかグッズとして売り出されており、フェアエプ人気を裏で支えている。

▲トップに戻る

Cure2tron(キュアキュアトロン)

可愛い見たとガーリーな衣装、そしてキュートポップな曲調が魅の異色系バンド
メンバー全員女の子、かと思いきや、実はれっきとした男の子

 
2016/03/28 00:00 投稿
Aniplex×Sony Musicが贈るドラマティック音楽リズムゲーム
「バンドやろうぜ!」
11:41
 

メインバンドの一組。デフォルト属性は“MELODY”。

業界用で言うところの「男の娘」で構成されているバンド。一応“女声バンド
楽曲のバリエーションは豊富で、ラテン系やジャズ等の要素をポップに取り込む柔軟性を持つ。

略称は「キュアトロ」。決め台詞は「魅せるよ、キュアキュアトロン! とろけるような甘いライブを!」

《マイリー(CV黒沢ともよ)》
変声期を迎えても変わらない中性的コンプレックスを抱いていたボーカリスト15歳
本名は“望”。シェリースカウトされ、知人らには内密にバンド活動をしていた。
成り行きで女装を始めてしまい、頑なに女装趣味は否定しているものの、
本人の意志に反して徐々に男の娘の資質が開していく運命を背負ってしまった少年でもある。
なにが悲しくって男相手にナンパされなきゃならんのか。おまけセクハラもされるし。
こう見えても義理人情や友情に厚く、どんな相手でも決して見捨てようとはしない。
シェリーCV田野アサミ)》
一人カラオケしていた望の部屋を突然乗り込み、素敵すぎる口説き文句で彼を勧誘したおさま。17歳
男性ながら女性的で可らしい生活に憧れていた、クーデレ気質なギタリスト
その傾倒っぷりは単なる趣味に留まらず、お落や美容に敏感、おに出せるくらい料理上手で、
憧れの人物と出会せば「デ」で固まり、メイクや美容院などで三時間待たせるというナイスリアクションをするくらい女な人。
だけど本人から言わせれば相手の好き放題されてまで女になるつもりはないってさ。難しいね!
そんな彼女の憧れはディズィ。普段はそっけないが、メンタルがヤバいとキチが入る。
《ユキホ(CV湯浅かえで)》
は老舗屋、姿は大和撫子、振る舞う女はサディストガール15歳
お淑やかなでにでも「さん」付けする敬語口調のお嬢様だが、その本質は根っからのイタズラ好き。
を隠して意味深な発言をするのは論のこと、メンバーの古い写真断で持ち出す、
特注でアイアンメイデンケースを作る、変装する、得体の知れないものを食わせるなど、
話が深まるごとに色々な過さが増すお方。ただでさえウッドベース奏者の男の娘なのに。
なお、女装は宣伝的による両親の仕込みによるもの。この時点でアブノーマルのような…
ギャグシリアスも“攻める”キャラだが、意外な場面で弱みを見せることも。
ミントCV村川梨衣)》
進さんをたかりに来るデッカいネコ(現役陸上部)。15歳
従姉の影女装を始めた男の娘。明るく活発で年上に遠慮がなく、
バイト先でも当然のように女性を着るくらい可さに絶対的自信を持つ性格。あと健啖
(ちなみに運動後にくる空腹感に弱い体質で、限界に達すると“男”が出てしまう。)
ボケやマイリーのイジりはに彼女だが、逆にイジられたりツッコむ場合もあり、役回りは中間的。
一時期ゾンビになってました。
アヤ / CV鬼頭明里)》
望の。マイリーの大ファンだが、は殺傷の高い物を投げるほどに大嫌い、
そしてキュアトロの大事な御得意様という、マイリーにすれば爆弾のような存在。実際ヤバかった。

▲トップに戻る

DESTIRARE(デスティラール)

現代の音楽シーントップに君臨するカリスマバンドで、音楽を志す者たち全ての憧れの存在である。
メンバーそれぞれの個性がぶつかり合うかのようなセッションは、聴く者のハートを虜にすると言われている。

バンド名の由来はイタリア語の「運命(Destino)」と「撃つ(Tirare)」を合わせた造で、「運命を撃ち抜く」という意味を持つ。

バンやろ世界における絶対的存在。レソナンシアプロダクション所属。
ゲーム内では一貫してプレイヤーが扱うことのできないキャラクターとして設定されている。

プロローグの終盤に突如として現れたが、本格的な登場は各メインシナリオの9章にて。
様々な形で若手バンドマン達と遭遇し、彼らに伝説ロックバンドの鱗片を見せつける。

クリムゾン抗争では対クリムゾングループの切り札として期待されていた。しかし……

《ディズィ(CV:???)》
デスティラールのボーカルにして四の一人。絶大なカリスマを放つ存在。
滅多なことでは口を開かない寡黙極まる人物であり、そのを知るプレイヤーはいない。
《セイジ(CV森久保祥太郎)》
デスティラールのギタリストオシリスメインシナリオに登場。
ナンパ趣味で口調も軽いが、本当は他のよりもディズィを尊敬する人物。
マサキCV小西克幸)》
デスティラールのベーシストフェアリーエイプリルのメインシナリオに登場。
意外すぎる素顔をし、さながら上様チックな登場で彼らの窮地を救う。
シュウCV小野大輔)》
デスティラールのドラマー。キュアキュアトロンメインシナリオに登場。
何故か学園祭の出店でバイトをしていた。マサキと違って出オチもいいところ。
堂本裕一郎(CV梶裕貴)》
デスティラールの専属マネージャー。ブレイストのメインシナリオに登場。
スケジュールが前倒しになってしまった没のディズィを追うべく、宗介の元を訪ねる。

▲トップに戻る

その他

いわゆるサブキャラ。こう見えて物語の中枢に深く関わる。

マスターCV宝亀克寿)》
ライブハウス“エデン”を取り仕切る中年男性前頭部のハゲチャームポイント
4組の若手バンドを注しており、親身に接して面倒を見ている人物。
ただしが絡むと相当あくどい。エデン閉店危機と称して若手達を利用したのも一度ではなく…
ミコCV諸星すみれ)》
音に特別な関心があるエデンの看板娘マスターの知り合いの子供。
口数は多くないが、受け答えはシッカリと返すタイプ茶番ノリノリ
キャラシナリオでは姿が似た別人として登場。若手達をカオスの渦に引きずり込む。
《ラモさん(CV岩崎ひろし)》
足して二で割ったような貌のミュージックチューンの名物会者。
エデンのマスターとは旧知の仲、15年前の金時代を共に生きた間柄らしい。
《“見習い”(CV:???)》
プレイヤーの分身たるキャラクター。“見習い”は称であり、本名はプレイヤー任意。
メインシナリオでは一切登場せず、あるイベントシナリオから現れた経緯を持つ。
潜入取材ということを看破しているマスターから安い給料でエデンに働く見習いスタッフだったが、
ダンテとの出会いをに“チューナー”の覚め、クリムゾン抗争に深く関わることとなる。

▲トップに戻る

登場人物(ライバル)

メインバンドライバルキャラクターを記載。

クリックで各項ジャンプスクロールしてみよう!


Freezing(フリージング)

ビギニングRの優勝バンド。優勝を期にメジャーデビューを果たした。
若手の中では一置かれる存在。

レイストのメインシナリオに登場。デフォルト属性は“GROOVE”。

最強バンドの結成」をテーマに、各分野のエキスパートヘッドハンティングする形で集められたバンド
は申し分ないものの、その経緯故に「仲間を捨てた裏切り者」と呼ばれることもあり、
音楽界の頂点を掴むことも“標”ではなく“使命”として掲げている。

作曲テクノヒップホップを取り入れたロックスタイルだが、作詞は全てが英語[3]
「それって帰国子女クリクロの役回りじゃないの?」という摘も作中では一切ない。何故だ。

シュウジ(CV高橋伸也)》
ボーカルとして歌うためには念入りな筋トレを欠かさずこなす男。19歳。
性格は嫉妬や不正を嫌い、熱意や勇猛を称える快男児。重んじるが故に冷淡な一面もあるが、
仕合においては実り合いをめ、容姿や態度は割と寛容な人物。
なのでブレイストやナインシックスの奇行をまるでツッコまないどころか天然ボケかますことも。
好物はファンメンバーに内緒で食べるパンケーキ笑顔で食べるキミが素敵。
《アツシ(CV巻大悟)》
しょこたん語が特徴的なゲームオタクギタリスト。ダウナー気質。
ゲームを「ピコピコ」呼ばわりするリュウセイとはライバル関係だが、端から見れば五十歩百歩
重なサブキャラSSRを勝ち取った勝者。ペル○ナ5コラボ役を務めた。
リュウセイCV村田太志)》
サブカルに詳しいが、何故かゲームには疎いアニメオタクツッコミ担当のキーボーダー。
元々はロボットアニメ党だったが、最近は魔法少女物にも覚めたという。知ったことではない。
ナインシックスの奇行や狂言ノリツッコミ返せる重な人。役回りは相方
ナインシックスCV:長南翔太)》
変なガスマスクで変な口調で喋って変なことをするモヒカンの変な色した変なヤツ。
そのキャラ故に変人以前に“人”なのかも疑われるドラマースカウトしてきたジョニーの気が知れない。
女性層に対して自重しない行動や発言も多く、その辺りも人気が割れる要因になっているとか。
また、一のSRおっぱい談義で使い切った“おっぱいソムリエ”としても有名。
のけものはいない みんなもみもみフレンズ
ジョニーCV宮澤正)》
フリージングプロデューサー。ビギニング・Rを開催した本人。
名のある業界人だが、売り出すためなら然と仕込む邪な男。悪徳Pとは彼のこと。

▲トップに戻る

Crystal Cross(クリスタル・クロス)

陽と競合したビートラップボーカルユニット
見事にシンクロしたツインボーカルが持ち味の双子のデュオで、
・結がキーボードコーラス・晶がメインボーカルを担当。

フェアリーエイプリルのメインシナリオに登場。デフォルト属性は“MELODY”。
ただしEXRカードBEAT属性として登場。多すぎたからか?[4]

一応フェアエプの後輩だが、実が疑問視されていた彼らに対する敬意はなく、
仮に「先輩」と呼ぶことがあっても侮りを込めたものであった。
後に実を認め、認知をめるが、それでも彼らのキャラとはが合わないと感じている様子。

《結(CV:代永 )》
は柔らかいが、プッツンすると笑いながらキレるお兄さん18歳
相手の容姿や才を素直に認められる器量を持つが、それで相手を全肯定するかは別問題で、
自分達をナメてきた相手は容赦なく倍返しにするサディズムな人物。ゲス顔がとっても素敵。
それと隙あらば相手の秘密を握ったり、困った顔を見ようとしたがったりもする。意地悪。
《晶(CV村瀬 歩)》
であっても高飛車オレ様男子さん。18歳
に衣着せぬ嫌味を言うが、それを含めて良くも悪くもやんちゃな性格であり、
意外とおっちょこちょいだったり、時々見せる邪気な表情に嬌を感じさせたりする人。
だけど結の悪巧みを制止するどころか便乗したりするので、基本的に意地悪なのはこちらも同じ。
社長CV小山剛志)》
ビートラップ事務所社長。実義の経営者と言えば聞こえは良い人物。
契約の書類と内容と状態はキチンと把握しておきましょう。

▲トップに戻る

断罪のラファエル

ラファエルCV浪川大輔)》

オシリスメインシナリオに登場。デフォルト属性は“BEAT”。

の一人に数えられるギタリスト米国のスラム出身。
普段は気さくで穏やかな好青年だが、デュエルギグでの演奏は相手を圧倒するほど極めて攻撃的。
数多くの対戦者の心を打ちのめし、音楽生命を断ってきた逸話から「断罪」の異名で呼ばれ、
ソロアーティストながらデスティラールと並び賞される実を持つ人物。

バンやろ世界における絶対強者の一人。他のライバル達とべて頭一つ抜けた実者であり、
作中では「万全の状態だと太刀打ち出来ない相手」としてのステータスを貫いている。
シリアス一途でクソシナリオの流れにされなかったライバルも彼くらい。でも負けると脱げる。

こうした格上のキャラクター性はテーマソングである“Lucife D”にも現れており、
ヒット数(コンボ数)最多、演奏時間最長の最高難度曲の補に挙がるほど。周回したくない。

▲トップに戻る

追放者アダム

アダムCV哲也)》

キュアキュアトロンメインシナリオに登場。デフォルト属性は“MELODY”。

自分を旧約聖書アダムだと思いこんでいる変態ベーシスト
喩表現を多分に交えたセリフ回し、妙に露出度が高い衣装、法の裁きを受けつけない奔放っぷり、
常識から逸脱した演奏技術と音楽の理想、ついて行けぬなら置いていくという協調性のなさなど、
あまりに異様な音楽性を持ち、数々のデュエルギグ荒らしてきては出禁を受けてきた青年
「追放者」の異名も、優れたベーシストである彼を憂いて名付けられたものである。

マイリーのセンスに惹かれ、幾度となく彼を「イヴ」と呼んでは婚を迫り続ける男。
その執念は単独でギターベースドラムボーカルを一任する一人バンドを結成し、
マイリーが男と知らされても衰えるどころか自分がウエディングドレスを着ようかと提案したほど。
(一人バンドを結成した理由は技術的にも性格的にもメンバーがついていけなかったのが原因。)
基本アホなことばっかりやってるせいで四としての威厳はない人物。ラファエルとは大違いだ。

ちなみに“アダム”の名はいわゆる芸名であり、彼自身はれっきとした日本人である。

▲トップに戻る

XENON(ゼノン)

現代の音楽シーンにおいて圧倒的世界シェアを持つ
クリムゾングループの中でも至上最強と称されるバンド

意味はギリシャ語で「交わらないモノ」。

既に海外ではトップアーティストとして知られており世界規模のツアーも何回も行われているが、
日本国内ではデスティラールの影もあってか、知る人ぞ知るという知名度に留まっている。

クリムゾンアーティストトップに君臨する、デスティラールのライバル
グループ総帥の皇紅に最も近い地位を与えられた側近中の側近である。

クリムゾン抗争における最大級の難敵だが、社長で組まされた点も含め、
話が進むにつれて各メンバーの拗れに拗れた関係が明らかにされていくバンドでもある。
それこそデスティラールよりも設定が掘り下げられてるんじゃないかってくらい。
ある意味では皇紅面皮が顕著に現れているとも言える存在。

《ヴィクターCV:???)》
ゼノンは覇に進むとする無慈悲な男。26歳。
ギターコウキと友人関係にあり、彼の推薦ボーカルに抜された経緯を持つ。
コウキCV:???)》
皇紅の実子であるギタリスト。26歳。漢字表記は“皇紅”。
較的温厚で謙虚な青年だが、一切の自由を認めないの独裁義を信じて疑わない。
《シュインCV:???)》
ゼノンベーシストにして皇紅直属の特殊工作員に爆破や炎上を好む。
倫理観を欠いた愉快犯であり、エデンの見習いに対しても直接的な因縁を加えてくる人物。
《グラハム(CV:???)》
ヴィクターに仕える執事口調の男性ドラマー37歳。
15年前の相を知る生き人として、命運をヴィクターと共にする共犯者。

▲トップに戻る

その他

いわゆるサブキャラの方々。他にも多数。

牙(CV添伸也)》
パイズリーペイズリーのギターボーカルデスティラールの影に埋もれたアーティスト
レイストと戦うが、敗北。後に心し、元プロとして彼らに導をつける。
その後もネタ要員として細々と現れたサブキャラバレンタインでは名前の通り(ry
《ミキヤ(CV鈴木裕斗)》
ハーレクィンのリーダーオシリスに代わってメジャーデビューしたアーティスト
采を得る為に音楽性を会社に委ねた男だが、飼い犬が野生のに勝てる理などないのである。
DJジラフCV:???)》
されるため、おびだったクリクロに喧を売ってきたラッパーボーイ
クリクロとバンドの定義がく問われかねなデュエルギグを繰り広げる。
デュエルギグ野盗(CV:???)》
皇紅への怒りマックスデスロードをひた走るマッドモヒカン達。ヒャッハー!

▲トップに戻る

関連動画

関連商品

バンドやろうぜ!に関するニコニコ市場の商品を紹介しようぜ!

関連コミュニティ

バンドやろうぜ!に関するニコニコミュニティを紹介しようぜ!

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *EXRスキル > 非スコアブースト系 > スコアブースト系 >>> 回復系・スコアボーナス
  2. *※各主人公東雲大和高良陽、マイリー)と一部キャラクターを除く。
  3. *EXRカード特典の楽曲は例外。
  4. *EXRカード属性ライバルキャラを除くと「1:1:2」の割合でMELODY側に偏っている。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP