支那事変単語

シナジヘン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

支那事変とは、昭和12年(1937年)〜昭和16年(1941年)の期間、事件に端を発する大日本帝国中華民国における戦闘である。

日中戦争」と表現すると1941年以後も含み、1945年まで継続したことになる。

概要

支那事変は昭和12年7月を発端に北支(華北)へと戦闘が拡大。第二次上海事変勃発後は、中支(中)、さらには大陸全土へと広がっていった。

なぜ支那事変という呼称が用いられたかについてだが、当初は両とも宣戦布告おこなわなかったためである。(戦争とは宣戦布告をした上でおこなわれる戦闘であるのに対し、事変は宣戦布告がないままおこなわれる戦闘である。)

宣戦布告がされなかった理由であるが、中国の場合、戦争になると第三に中立の義務が生じ、外支援がなくなり戦闘継続困難になると考えられたためで、日本の場合は際的孤立を避けるためであった。

昭和16年(1941年)の日開戦の後、中国宣戦布告おこない、支那事変は戦争へとなった。(大東亜戦争の一部ということになった。)

の仲である蒋介石率いる国民党毛沢東率いる共産党が手を組み、連合バックアップの元8年にも渡る長い戦いが始まった。

1945年8月15日ポツダム宣言受諾に伴う日本降伏後、日中戦争は終結。
そして中国国民党中国共産党の協関係は終わり、共内戦という第二の戦いが再開されることになる・・・

中国革命

20世紀、帝国義絶頂期、ヨーロッパアメリカ列強はアジアアフリカ植民地化を推し進めていた。
中国大陸日本を含む列強各によって租界と呼ばれる外国人居留地が数に存在していた。
その状況を憂いた孫文革命を起こし、清朝を滅亡させると「列強に負けない強い中国」を中国統一を推し進めた。しかし、中国内部は分裂し、各軍閥が中国統一をした。所謂、軍閥割拠時代である。

第一次世界大戦後、ロシア帝国ドイツ帝国トルコ帝国などの消滅により全世界民族自決運動が展開。
植民地でも独立運動が盛んとなった。租界地でもテロ活動が活発になり列強各は警備の為に軍隊を派遣する。日本も相次ぐ破壊活動(現地邦人が拉致、商店の襲撃)により軍隊を派遣する。中国軍閥同士の争いも活発になった。

1921年、中国共産党が結成される。孫文の後継者、蒋介石は反共義者であり、中国共産党クーデター企画しているとして共産党員を多数処刑している。(上海クーデター
これにより中華民国国民党)と中国共産党による共内戦(1927年)が始まる。

同年、日本中華民国の北伐(中国内の軍閥を潰し全国統一すこと)に刺を受け、山東省に出兵を決定。第三次山東出兵まで行った。それにより中国人の感情が、反欧米か反日に転換した。
現地では小規模な衝突が起こり国民党兵士による日本民間人の射殺事件も起こり、日本世論も反中嫌中になった。

1930年、満州事変が起こり満州国が誕生する。これにより、中国人及び大陸での権益独占を狙っていたアメリカが反発。日本際非難(植民地を持っている欧)を浴び国際連盟を脱退する。

1933年、共内戦は国民党軍が中国共産党を壊滅寸前まで追いつめていた。共産党軍は長征(撤退)を行う。
蒋介石大日本帝国との関係補修を図るが、テロ活動が活発になり日本人の襲撃が止まず両の溝は深まるだけだった。
そんな中、西安事件が発生し、軟禁された蒋介石はやむを得ず共産党との戦闘を中断し、日本との戦いに向かう。

盧溝橋事件(北支事変)

1937年、当時北支に居留民保護の為、駐在していた日本陸軍部隊の演習中に実弾が二発発され事件が勃発する。(国民党共産党どちらが撃ったかは)事件は沈静化するも、国民党政府日本政府兵を決定。日本政府兵しながらも不拡大方針を明、現地解決を閣議決定した。

しかし、中国共産党は対日戦争を呼びかけると、蒋介石もやむを得ない場合は全面対決すると明した。
中華民国政府は、日本に配慮して事件の沈静化を狙う停戦協定を申し出るも、再び国民党軍(正規軍)による攻撃が始り、同年7月国民党軍は日本に対し武行使を行うと正式に決まった。

郎坊事件と広安門事件

国民党軍は速、北京及び天津の電線切断作戦を展開。修理に訪れた日本軍を襲撃する事件、郎坊事件が発生した。日本軍修理した電線で援軍を要請。翌日には、日本軍戦闘機による国民党地を襲して地を占領。日本軍は、事情の説明をめるも国民党軍より回答はなかった。
また、居留民保護の為、出動していた日本軍国民党軍が発する広安門事件が発生。
さらに在留日本人230人が虐殺される通州事件が起こると日本国内世論は昂し「暴戻支那膺懲」を唱えて
もはや全面戦争も辞さない構えとなった。
これにより不拡大方針から拡大方針へ支持が集まるようになった。

上海事変(第二次)

上海では、事件前から日本軍国民党軍との間では険悪な空気が漂っていた。
1936年4月には中華民国に駐在していたドイツ軍事顧問団団長ファルケンハウゼンは蒋介石に対日開戦を進言、1936年末には上海停戦協定を破って、上海の非武装地帯に地構築を行っていた。国民党軍は精鋭部隊を配備。特に教導総隊などは、前記したドイツ軍事顧問団から訓練を受け、ドイツ製の武器を装備しており、最精鋭部隊と評価されていた。また一部の部隊はガスを装備していた。

1937年、北支事変が起こると緊は一気に高まり一触即発の様相を呈していた。
そんな中、日本海軍軍人撃事件(大山中尉事件)、日本海軍拉致事件が発生。衝突は時間の問題となった。
8月12日国民党軍約3万が上海内の際共同租界の日本人地区を包囲。対する日本軍は、軍陸戦隊4千だけだった。日本側は撤退を要するも、聞き入れられず、陸軍に増援を要請した。
13日には中国側の撃により戦闘開始。
日本海軍戦隊は応戦する積極的な攻撃を行わず、もっぱら防戦一方であった。国民党軍機が爆撃を行っても対戦闘を行わなかった。しかし撃も始まり、15日には日本政府も不拡大方針を撤回。航空隊による初の渡洋爆撃を敢行。また日本各地の特別陸戦隊上海派遣国民党軍の攻撃が続く中、各拠点を死守した。

8月23日上海派遣軍(日本陸軍2個師団)が上陸。攻勢に出るも、強固なトーチカに阻まれ思うように進撃が出来なかった。
10月上海派遣軍はゼークトラインを攻撃し突破。これは第一次世界大戦の戦いを経験しない日本軍が初めて経験した塹壕突破作戦だった。
上海ほぼ日本軍が制圧した。しかし、一部の地は突破できずにいた。
11月、第10軍(日本軍)が広州に上陸すると、国民党軍は退路を断たれる危険から一斉に退却を開始。
退却中は日本軍に物資を使用させないようにと共施設から民まで全て破壊した。
上海派遣軍は第10軍と共に追撃に出るが、退却のスピードが速く捕捉出来なかった。

南京攻略戦

第二次上海事変国民党軍が敗退すると、期に戦闘を終わらせようと現地軍(日本軍)は追撃戦に移行した。大本営(1937年設置)は作戦範囲から逸脱すると停止命を打診する。
しかし、期解決の判断から追撃を容認、首都攻略戦の許可を出した。

12月日本軍は南へ攻撃を開始する。蒋介石率いる中華民国部及び役人は南指揮官を残して全員逃げ出し、政府状態となり、内のインフラ整備が全て止まってしまった。
日本軍による降伏勧告も視され、総攻撃が始まった。南総司令官は「各自脱出して集結せよ」と命を残して脱出。しかし、後方には督戦隊が逃亡する味方将兵に攻撃を行っていた。

日本軍は南内に突入。残党を排除する。その過程で南京事件が発生する。殺人数や方法、動機や命の有などを巡り議論が絶えず、現在でも事件の詳細は不明なままである。


日本国内では南陥落を祝い提行列など祝賀会が開けれた。
しかし、既に蒋介石首都を南から重慶へ移し、徹底抗戦の構えを見せていた。

中国共産党毛沢東は南陥落の報を受けて祝杯を上げて、大喜びした。

徐州攻略~武漢作戦まで

を陥落ものの、国民党軍の殲滅に失敗した日本軍はさらに追撃を開始した。
徐州にが集まっているとの情報を受けて日本軍は徐州へ向かう。ここでも素い退却により国民党軍は殲滅を免れる。またこの時に中国軍機が九州へ、ビラ撒いている。
蒋介石は軍の敗退は内部にスパイが居る為だと疑い、少しでも日本軍の事を喋っている者を多数処刑している。また、日本軍の進撃速度を遅らせる為に河の防を破壊する作戦が開始した。結果日本軍の進撃は止まったものの、自民数十万人を犠牲にした。中華民国日本軍の仕業として非難した。
日本中国の要衝である武漢を占領して重慶政府に圧を掛けようとした。行われた武漢作戦中国で行われた作戦中最大規模であり、あの大陸打通作戦以上であった。作戦は成功するが結局殲滅には至らなかった。

支那事変から大東亜戦争へ

1941年12月8日中華民国は正式に日本宣戦布告日本政府は対戦争を含め「大東亜戦争」と呼称することを決めた。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%94%AF%E9%82%A3%E4%BA%8B%E5%A4%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

支那事変

52 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 00:01:42 ID: ZJAOSyQoPH
考えたら>>41ようなが今でも中国軍は弱小なんて言うからほんとアホでしかないんだよなぁ
日中戦争材料にして過小評価するのはまずいんだよなぁ
53 Y
2020/01/23(木) 16:43:10 ID: jfMItrabip
その弱い中国軍に苦戦して、卑怯な外交手段とった挙句、資を確保するためさらに強大な敵を作って、現地住民を大量に死なせた世紀の大馬鹿国家
どこでしたか...?
54 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 16:46:34 ID: tsnT8Wpo5V
中華民国軍はともかく中国大陸は強かったから仕方ないね
55 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 17:21:48 ID: 7fBobcvWE1
支那は広うございまして…という言葉に集約されてる感はある
56 ななしのよっしん
2020/02/08(土) 20:39:38 ID: aZHfHwqFt9
何でこの頃の中国軍は弱いんだ?ソ連とちがって終盤でも負けてるし
57 ななしのよっしん
2020/02/08(土) 20:41:37 ID: cxeN+Ir3jP
近代化の遅れ、高級将校のやる気兵士の質の悪さetc
58 ななしのよっしんふ
2020/04/04(土) 13:16:37 ID: XCsopgjEsH
本当に日本アジア解放の勇士で、大東亜共栄圏という理想郷を作りたいと思っていたのなら
日中戦争はおかしいよなぁ…
どこと戦ってんだよ
59 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 21:43:40 ID: I93Dgq0uG3
民も軍部も中国嫌いだったからしゃあない
こっちが満州を手に入れている以上融和も不可能だし
60 ななしのよっしん
2020/06/07(日) 15:43:08 ID: esw5KztnGl
満州を日の共同開発くらいまで妥協できれば戦争まではいかなかったかもしれんね
軍部の急進的勢クーデター起こす可性も高まるけど
61 ななしのよっしん
2020/06/19(金) 02:36:10 ID: +iFPdkfoib
日中戦争当時、中国共産党の本拠地は「延安」であり、「八路軍」などの活動地域も「華北」。
「便衣兵」や「三作戦」が用いられてたといわれているのも、に「華北」地域での戦闘

日中戦争開始当初、「天津」に駐屯して治安維持に従事していたのが「支那駐屯軍」で、日中戦争勃発に伴って「第一軍」に変され、華北地域攻略のために編成された「北支那派遣軍」所属となった。
「第一軍」の「香月官」は、戦争の不拡大方針を支持して停戦協定にも関わったが、「北支那派遣軍」の「上層部」と対立して罷免された。
悪名高い牟田口廉也は、この「支那駐屯軍」め「第一軍」の所属。寺内、河辺牟田口という、「インパール作戦」のメンバーが勢いしている点は、華北地域での軍紀が非常に悪かった点と縁ではない。

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック