メロディーレーン単語

メロディーレーン

4.7千文字の記事
掲示板をみる(250)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

メロディーレーン とは、2016年生の日本ポニー競走馬である。JRAの(ある意味)レコードホルダーでもある。

名の意味は「椿の品種のひとつ」。

概要

オルフェーヴル メーヴェ Motivator という血統。

オルフェーヴルはGIを6勝、凱旋門賞2着2回の説明不要レベルの名体重は現役時代は448~466kgとやや小柄ながら常識レベル。全朝日杯FS最軽量勝利した(416kg)ドリームジャーニーがいる。まだギリギリ常識範囲ではある。
メーヴェイギリスから輸入されて日本で走ったであり、22戦5勝の成績を残した。体重は現役時代は446~464kgとこちらも常識レベルである。
Motivator(モティヴェイター)は、凱旋門賞エルコンドルパサーを破ったことでも知られるモンジューに持ち、敗でイギリスダービーを制した名。代表産駒に歴史的名トレヴがいるが、他はパッとしない。

そんな血統から生まれたポニー非常に小柄だった。

ここでポニーの定義を見ておきたい。

ポニーpony)とは、肩までの高さが147cm以下のの総称。特定の品種をすわけではなく、タイプの一つであり(以下略) - Wikipediaよりexit

つまり、ポニーは品種ではなく大きさで決まるのである。ちなみにメロディーレーンは1歳時点で肩までの高さが151cmあったという。つまりはメロディーレーンはポニーに限りなく近い競走馬である。

2歳~3歳

・・・話を戻そう。
メロディーレーン2018年10月3日新馬戦(京都・芝1600m)で体重336kg(!)でデビューするが、そのときは見向きもされず17頭立て16番人気で10着に敗れている。
2戦未勝利戦(京都・芝1800m)も最低人気で13着に敗れた。3戦(京都・芝2000m)は3着とのちの片鱗を見せたが、そのあとは3歳4月までに芝2000m戦を5戦して6着、10着、13着、7着、6着に敗れている。

9戦距離を延長して芝2400m戦に出走し3着に好走する。長距離ならイケるんじゃないか、そして10戦未勝利戦(阪神・芝2400m)で9身差の圧勝をし、ついにJRA史上最少体重勝利レコードを記録する(340kg)

次戦の3歳以上1勝クラス(中・芝2000m)を13着と走した後、9月28日の3歳以上1勝クラス(阪神・芝2600m)を体重338kgで出走し2身1/2差で勝利して自らのレコード更新する。ついでに芝2600mというマイナー距離JRAレコード更新する(現在は別の更新されている)。

さてこのメロディーレーン距離が長いほうがいいことはわかったのだが、あろうことか追加登録料200万円払ってまで10月20日菊花賞(京都・GI・芝3000m)に出走した。の出走は2009年ポルカマズルカ以来10年ぶり、ビクトリアカップの創設(1970年)で牝馬三冠が成立して以降では史上4頭である。レースでは後方でレースを進めながら、直線で上がり最速タイの35.7の足を使って追い込み、5着に入着した。菊花賞掲示板入りしたのは1995年ダンスパートナー(5着)以来24年ぶり

有馬記念ファン投票次第では出走するともされていて21位となる票を集めたが、有馬記念人気投票上位が多数出走することになったので、12月21日、自己条件戦江坂特別(阪神2勝クラス・芝2400m)に出走した。中不利もあって4着となった。

4歳

となり、2020年1月19日日経新春杯(京都GII・芝2400m)で始動。ここでは49キロと最軽量ハンデとなったが、レースではやや出遅れ最後方からの競馬になり、4コーナーから大外を走らされて流石に追い込み切れず9着に敗れた。鞍上の岩田望来や森田直行調教師は2600m以上の距離がベストかもしれないと語った。exit

3月21日阪神大賞典(阪神GII・芝3000m)では一番人気キセキが大きく出遅れる波乱の中、中6番手の競馬となり直線では混戦となったが、3・4着に差がない5着と健闘した。

その後、5月3日天皇賞(春)(京都・GI・芝3200m) 11着(上:岩田望来、体重340kg)、7月5日兵庫特別(阪神2勝クラス2400m)3着(上:松山弘平体重344kg)の後、長期放牧に出され2020年は未勝利に終わる。

5歳

年が明けて2021年1月24日中道特別(小倉2勝クラス・芝2600m)に出走、上は横山和生に変わり体重は346kgであった。重馬場中を3~5番手で進み、3コーナー付近から加速、抜群の手応えで上がっていき直線で抜け出すとそのまま押し切り1着。約1年4ヶぶりの勝利を挙げた。

2戦籟S(阪神3勝クラス・芝3200m)は過去最重量の348kgで出走するものの7着に終わる(上:横山和生)。

3戦桜花賞の一つ前のレースである大阪-ハンブルクC(阪神・OP・芝2600m)に登録。白毛ソダシの出走で話題となった桜花賞前の一つ前のレースということもありこレース話題性も高かった。上は未勝利時代に騎乗した経験のある酒井学に乗り替わり。2番人気に推されたものの高速馬場に対応できなかったのか伸びを欠き10着に終わった。

4戦は前年に引き続き天皇賞(春)(阪神・GI・芝3200m)に挑戦が決定、上はオルフェーヴル戦であった池添謙一に乗り替わりとなった。当日の体重は前走より体重を更に4kg減らし342kgでの出走となった。レースの方は後方でレースを進めるものの、阪神の内回りコースを使用する特殊なコースに加え、上がり最速36.7と非常にタフなレース展開となり末脚を発揮できず、前年同様11着に終わった。

続くジューンS(東京3勝クラス・芝2400m)も上に戸崎圭太騎手を迎えながら10着に敗れた。営は疲れは抜けて状態は良好とみて中1週の宝塚記念(阪神・GI・芝2200m)幸英明騎手で挑戦。しかしここでも2200m2:10.9の好タイム決着ではスピードが乗り切らず13頭立ての11着に敗れた。

次走はの休養明けとなる10月末の古都ステークス(阪神3勝クラス・芝3000m)。数少ない3000m台の長距離の自己条件。体重は10kg増えて354kgとデビュー以来最も重たくなったがそれでもかなり軽いレベルである。上は前年の春天以来、久々岩田望来となった。先行策を採用し3~4番手を追走、最後は逃げタイセイモナークを差し切って1着。JRA3000m以上のレースで97年嵐山Sのアドマイヤラピス以来24年ぶりの勝利という記録も打ち立て、晴れオープンクラスになった。

その次走として、関係者はファン投票により有馬記念(中山・GI・芝2500m)をすとのことである。ファン投票で落選した場合は年明けの万葉ステークス(中・OP・芝3000m)に出走予定。同期クロノジェネシスらが5歳でキャリアを終えるケースが多い中、メロディーレーンは6歳になってもまだまだ走る。

来年は2月サウジアラビア遠征を敢行、レッドシーターフハンディキャップ(キングアヴドゥルアジーズ・GIII・芝3000m)に出走予定。にはオーストラリアメルボルンカップ(フレミントン・GI・芝3200m)へ遠征計画も立てていたりと、世界の芝長距離戦線に視野を広げる。この年の6歳ではサウンドキアラスワンステークス2着と健在をアピールしているが、2022年のメロディーレーンはこれに続けるか。

グッズ展開

森田厩舎より

7月19日には森田厩舎の公式グッズ販売サイトオープン
もちろん玉はメロディーレーン関連商品である。

JRAより

2021年10月に「アイドルホースシリーズとしてぬいぐるみが発売。下記アイドルホースオーディションの結果を受けての製品化である。

なお、オーディション開始時点で、制作されるぬいぐるみ「アイドルホース(レギュラーサイズ)と同サイズ」exitアナウンスされている。実際の製品も予告通り、他の競走馬と同じサイズとなった。一方でメロディーレーンの特徴的な鼻梁は忠実に再現されている。

アイドルホースオーディション

京都競馬場催で、現在ぬいぐるみが販売されていない競走馬の中からぬいぐるみ化する競走馬ネット投票で決める企画が行われた。

名だたる過去の名や現役の人気がいる中、メロディーレーンは2位を獲得。14881票と多くのファンから支えられ、祝福された。ちなみに1位ヨシオ19434票)、3位は僅差でキセキ14661票)、4位に名ライスシャワー12898票)、5位にカレンブーケドール10014票)である。

なお、予選時点では1位であった。

ヨシオという兵がいたことに驚きのが上がっているが、「ぬいぐるみ化」がメインである以上、既に厩舎から販売されている彼女よりも、このチャンスを逃したら二度はないヨシオに票が集まるのは理からぬものと思われる。

血統表

オルフェーヴル
2008 栗毛
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
オリエタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーブンス
*メーヴェ
2008 黒鹿毛
FNo.9-c
Motivator
2002 鹿毛
*モンジュー Sadler's Wells
Floripedes
Out West Gone West
Chellingoua
Top Table
1989 鹿毛
Shirley heights Mill Reaf
Hardiemma
Lora's Guest Be My Guest
Lora

クロスノーザンテースト 4×5(9.38%)、Northern Dancer 5×5×5(9.38%)

オルフェーヴル1800m~3000mで活躍、Sadler's Wells系、Mill Reaf系と非常に重厚な血統である。長距離で結果がでるのも一理ある。それでも体の小ささは説明できないが。

また、半には2021年弥生賞ディープインパクト記念(GII)優勝皐月賞(GI)2着で菊花賞(GI)優勝タイトルホルダー(ドゥラメンテ)がいるが、幸い(?)こちらは体重470kg前後と常識的な大きさである。

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 248ななしのよっしん

    2021/11/25(木) 17:19:50 ID: T7KzbWR80K

    出走明言しているだけに絞っても絶妙なラインだね
    優先出走権のある上位10頭に入れないと正直賞の面では自出走厳しいからこれからどれだけれるかだ

  • 249ななしのよっしん

    2021/11/29(月) 17:45:14 ID: +CO6Edo5OC

    故障だったり別路線だったりでほぼ確実に出走回避するであろうを除くと12位でここからJC3歳組のシャフリヤールユーバーレーベンは回避しそうだから10位には滑り込めそう
    ただJC組の回避が少なくてアリストテレス投票数抜かされたりオミクロンなりの香港勢が有馬使うことになったりすると除外もあり得るってとこか

  • 250ななしのよっしん

    2021/12/01(水) 11:38:27 ID: Qtkf9M3kOW

    文字が小さいのは知ってたけど最後のヒシアケボノからのショーグンはずるいわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP