グランアレグリア単語

グランアレグリア

7.9千文字の記事
掲示板をみる(471)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(19)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

美しき、速さ

史上初となる古マイルGⅠ全制覇の偉業を達成。
スペイン語で「大歓」を意味する名前は、
その美しさと共に、いつまでも記憶されることだろう。

JRAヒーロー列伝 No.89 グランアレグリアexit

グランアレグリア(Gran Alegria)とは、2016年生まれの日本競走馬である。鹿毛

大団円の大喝采

藤沢和雄厩舎所属、安町・ノーザンファーム生産、馬主サンデーレーシング
な勝ち
2019年桜花賞(GⅠ)
2020年安田記念(GⅠ)、2020年スプリンターズステークス(GⅠ)、マイルチャンピオンシップ(GⅠ)
2021年ヴィクトリアマイル(GⅠ)、マイルチャンピオンシップ(GⅠ)
2019年阪神カップ(GⅡ)
2018年サウジアラビアRC(GⅢ)

名の意味はスペイン語で「大歓」(JRA競走馬情報より)

生い立ち

ディープインパクト*タピッツフライ、Tapitという血統。

ディープインパクトは最説明不要レベル競走馬にして種牡馬。詳しくは当該項並びに他ホームページを参照されたし。
のタピッツフライは米国GⅠ2勝、BCジュヴェナイルフィリーズターフ(当時グレーし)を勝つなど米国芝の名タピットは北におけるエーピーインディ系の柱ともいえる大種牡馬である。
牝系にはナリタトップロード産駒のベッラレイアジャパンカップ優勝ゴールデンフェザントなどが見当たる。

日本に輸入されたタピッツフライは初子がデビューに至れず、2年が不受胎であった為、事実上の初子が本グランアレグリアである。しかしグランアレグリアがデビューするより前にタピッツフライは亡くなってしまい、ブルトガングも将来を嘱望されながらも萎(若駒に多い頸椎狭による運動失調)により1勝して安楽死となってしまったため、本がタピッツフライ一の忘れ形見となった。

グランアレグリアはサンデーレーシングにて1口175万円×40口の総額7,000万円で募集され、美の名伯楽、藤沢和雄厩舎へ入厩することとなった。

競走馬として

2歳~3歳

新馬戦が始まってすぐの日曜東京マイルデビュー。後の2歳女王ノンファンタジーに2身差をつけて快勝。時計は1分336と従来の2歳レコードを11更新する猛時計記録
場を休養に充てて10月サウジアラビアRCで復帰。18kg増ながらも圧倒的1番人気に支持され、スタートのロスがあったものの番手につけて直線で抜け出せば後は差を広げるばかり。2着ドゴールに3身半つけて重賞初制覇を飾る。

次は阪神ジュベナイルフィリーズ、ではなく翌週の朝日杯フューチュリティステークスを選択。この強気の選択は、阪神JF同日に香港へ行ったルメールの為と言われている。混合ではあるが単勝1.5倍の1番人気に支持されたが、逃げるイッツクールの少し後ろで追走していたところ、直線でアドマイヤマーズとイッツクールの間に挟まれる形となり内ラチへもたれてしまう。その後も伸びてはいたがゴール前でクリノガウディーに交わされて3着に敗戦。上のルメールも「反応がいつもと違う」とり、この敗戦により「もしかして揉まれると弱い?」といった意見が散見されるようになった。

明けて3歳となり、トライアルを挟まずに桜花賞へ直行。1番人気こそチューリップ賞を勝ってきたダノンファンタジーに譲ったが差のい2番人気に支持された。レースが始まると3~4番手の好位をキープし、較的緩い流れの中半マイルを通過した段階でじわりとポジションを上げて4コーナーを先頭で迎える。すると内ラチへと寄せて追い出せば後続を全く寄せ付けない走りを見せ、シゲルピンクダイヤ他3頭の混戦2着争いをに2身半差を付けて圧勝。タイムの1分327はレースレコード。年明け初戦の桜花賞優勝も史上初で、厩舎の先輩阪神3歳牝馬Sからの直行で敗れたスティンガー念をらした。

次走はオークスへ向かわずNHKマイルカップを選択。ここでは単勝1.5倍の圧倒的1番人気に推され、共同通信杯皐月賞こそ敗れるもマイルならとやって来たアドマイヤマーズが2番人気。大体朝日杯の再戦というムードである。ここではスタートして内の好位を追走していたが、直線に入ると進路を失い、外へと進路をめたところその外にいたダノンチェイサーと衝突。更にその外にいたアドマイヤマーズ強く先頭に躍り出た一方でグランアレグリアは4着に入線。その後審議となりダノンチェイサーの走行を妨したとして5着に降着となり、制裁を喰らったルメールオークスダービーに乗れなくなってしまった。

を休養に充ててスプリンターズSからの始動を標としていたが脚部不安で回避し、マイルCSでの復帰をすもこれも回避。結果7ヶ半ぶりに阪神カップで復帰。1400m戦は初めてながら1番人気に推され、今回は中団前につけると直線ではインに進路をめ、追い出しの合図とともに一気に加速し後続を5身突き放す圧勝を収めた。
この勝利が決め手となったか、混戦模様であった最優秀3歳に選出され、また国際機関によるレーティング評価では世界の3歳トップタイとなる117の数値が与えられた。

4歳春

明けて4歳となったグランアレグリアは高松宮記念から始動。自身初となるスプリント戦への参戦であったが前年スプリンターズS覇者タワーオブロンドンに次ぐ2番人気に支持された。
しかし新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各で入制限がかけられ始める中、ルメールが絶対にアーモンドアイに騎乗する為前週からドバイに前乗り。その結果グランアレグリアの上は空白となったが、最終的に池添謙一代打を務めることとなった。尚ドバイミーティングは中止となり、ルメール(あとフルキチ)は帰後2週間の自宅待機が命ぜられた。
話をレースに戻すと、いつもよりスタートが悪く中は中団後方につける。レースモズスーパーフレアが引っって逃げる展開となり、直線に入ってもモズスーパーフレアが尚る。グランアレグリアは直線外に出して残り200m付近から一気に加速。内で争っていたモズスーパーフレアダイアトニッククリノガウディーらがけて強襲するも僅かに届かず、3着入線。しかしクリノガウディーが進路妨の為4着入線のダイアトニックの一つ後ろに降着する事となり、グランアレグリアは繰り上がって2着となった。

その後ヴィクトリアマイル出走予定だったがこれを回避して安田記念へ出走。この安田記念では前走ヴィクトリアマイルを楽勝したアーモンドアイの他、昨年のマイルインディチャンプ他、マイル路線のみならずスプリント路線の実績が集結。グランアレグリアは3番人気に支持されたものの単勝12.0倍とかなり離れた人気となった。上は池添謙一が続投。馬場は前日大雨回復しきらず稍重。
レースでは1番人気アーモンドアイスタートで後手を踏み、大外のダノンスマッシュ群を引き連れる展開。グランアレグリアは中中団、後ろに人気2頭を連れつつ追走。直線に入って馬場の三分どころに持ち出して追い出されればあとは伸びる一方。残り250付近でダノンスマッシュを交わし、追いすがるアーモンドアイインディチャンプ両騎を更に突き放し、最終的に2着アーモンドアイに2身半差を付けて快勝。GⅠ2勝池添初の安田記念制覇(何気に東京マイルGⅠ初制覇)、藤沢厩舎はGⅠ30勝の大台に乗せる勝利となった。
レース中、池添は3コーナーにて他が跳ね上げた芝の塊を右に受けながらもエスコートしきった。インタビューでは流血する右タオルや、途中でアーモンドアイに騎乗していたクリストフ・ルメールが差し入れた氷袋で押さえながら、自嘲を交えつつ応対し、満面の笑みを浮かべていた(右痛いのに上でガッツポーズしたりに向かって投げキッス出来る辺り本当池添)。

4歳秋

場を休養に充てスプリンターズステークスより始動。前年覇者タワーオブロンドンこそいないものの、高松宮記念覇者モズスーパーフレアや前戦勝ちダノンスマッシュレッドアンシェル、その他スプリント路線の実績った。上はクリストフ・ルメールに戻り、最終的に単勝2.2倍の1番人気に支持された。ただ異例の土曜追い切りや+12kgの体重から調整ミスが疑われたりもしたが…

レースが始まると、テンの脚はそこまでなグランアレグリアは後方に付けて脚を溜める。前は大方の予想通りにモズスーパーフレアビアンフェが引っる展開。前半3ハロン327は前年の同レースとほぼ同じペースだったが、時計がかかる外差し馬場となっていた中山競馬場を鑑みるとハイペース。後ろのには嬉しい展開である。直線に入って外に持ち出されたグランアレグリアは残り200mになっても後方2番手にいたが、ここでルメールが左一発加えると一気に末脚が爆発。”プリント戦、後方2番手、中山の残り200mから前の全ぶっこ抜きして2身突き放す”という前潰れさっ引いても常識外のパフォーマンスを発揮。ダノンスマッシュは泣いて良い
GⅠ3勝ラジオNIKKEI実況が「脚が違う! 次元が違った!」と絶叫する圧巻の走り。ディープインパクト産駒初となるスプリンGⅠ制覇(因みにJRAの芝GⅠ高松宮記念を残すのみ)、ルメールの中央重賞100も達成された。

次走はマイルチャンピオンシップ。ここでは自身含めてマイルGⅠ勝ちが8頭という面子となり、その中で最終的に単勝1.6倍の1番人気に支持された。2番人気は3歳サリオス、3番人気は前年覇者インディチャンプである。

レースが始まると普通スタートを決め、内レシステンシアハナを切って群を引っる展開の中、前走は後方待機策をとったが今回は5, 6番手を追走。直線に入って後ろにいたインディチャンプが先に仕掛けて尚群で仕掛けを待ったが、前のアドマイヤマーズインディチャンプに上手く進路を塞がれて抜け出せない。
という所に徐々に外へと持ち出すと、残り100mで末脚が一気に弾け、抜け出していたインディチャンプをさも当然のように交わして尚1身突き放してゴール。これでGⅠ4勝史上8頭となる同一年マイル制覇プリントとマイル二階級統一となった。

5歳春

明けて5歳。昨年敗れた高松宮記念へのリベンジか、はたまたバイ遠征か……と思いきや、何と営が緒戦に選んだのはキャリア初の中距離2000m戦となる大阪杯。史上初となる短距離マイル・中距離の3階級G1制覇に挑む上に、このレースには前年のクラシック三冠コントレイルも参戦。三冠馬マイル絶対女王対決として大きな注を呼び、そのコントレイルに次ぐ2番人気に推された。
だが本番は大雨による重馬場もあってか、中5番手につけ第4コーナーで前に出たものの、最後の直線で全然伸びず、コントレイルともども4番人気レイパパレ快速についていけないまま4着敗戦。レース前に藤沢師は「グランアレグリアはまだいつもより距離が長いことに気づいていないから(距離延長も)大丈夫」とっていたが、どうやら残り200mくらいで気づいてしまったようである。

大阪杯後は昨年回避したヴィクトリアマイルへ出走。相手には前走高松宮記念2着のレシステンシアや連勝中のテルツェット、その他トライアル勝ちがやって来たが、グランアレグリアは単勝1.3倍の全に一本被りの人気となった。正直不安要素と言えば大阪杯の疲労がどうかというものだけであった。
レースでは内クリスティハナを取り、本は中団外で泰然と構える。半マイル46と今の府中にしては較的緩いペースで流れ、直線に入って持ったままポジションを上げて坂を登り切ってから追い始める。抜け出してからルメールが右を2発打つと一気に末脚を伸ばし、最終的に2着ランブリングアレーに4身差を付ける圧勝劇を披露。当然上がり3Fは最速の326。「強い!それはなぜか?それはこのがグランアレグリアだからです!」とラジニケ小林アナは絶叫(還暦なのに元気だよね)。GⅠ5勝となり、のみ可な「マイルGⅠ全制覇」をVM新設以降史上初めて達成した。

その後中2週で安田記念へ出走。本含め14頭立てとなったがインディチャンプサリオス、3歳NHKマイルカップを勝ったシュネルマイスターなど面子い、その中でグランアレグリアは単勝1.5倍の1番人気に支持された。不安要素としては中2週、3戦という臨戦過程が気になるくらいであった。
レースでは内ダイワキャグニーがハナを取り、グランアレグリアは発を決めて後ろから4番手といつもより後ろに位置取る。そのままレースは淡々と流れるが、4コーナーでグランアレグリアは前にも横にもが居て思うように位置が取れず、直線に入っても群の中。残り250mで群をこじ開けて一気呵成に追い込むも、大外から脚を伸ばしたダノンキングリーにアタマ差届かず2着に敗れた。

ノーザンファーム栄で休養を取り、喉頭蓋エントラップメントを発症したため喉の手術も行った。
天皇賞(秋)から始動。三階級制覇を見据えて再度中距離に挑戦し、相手には1つ下の三冠馬であるコントレイルが1番人気に、次いで本、3番人気に3歳で当年の皐月賞であるエフフォーリアがおり、この3頭で3強を形成。大阪杯での敗戦を重馬場める見方が多く、良馬場府中ならと見込む人も多かった。
本番前には小雨も降ったが後に上がり、良馬場発表から変わらず。レースではん中の9番からポンッとスタートを出る。そのまま出たなりで控えることなく、逃げカイザーミノルを見る2番手から追走。前半1000m通過が1:00.5と緩やかに流れ、直線入口では既に先頭に立った。そのまま押し切りを図る所だったが残り200mでエフフォーリアに差され、ゴール前でコントレイルに交わされて3着となった。上はで柔らかくなった馬場と、やはり距離を敗因に挙げていた。

次走は補に入れていた香港遠征を断念し、中2週でマイルチャンピオンシップへ出走。相手にはNHKマイルカップを勝ち毎日王冠で古を一蹴したシュネルマイスター、他にもインディチャンプサリオスダノンザキッドグレナディアガーズなどGⅠ重賞が多数出走。このレースラストランになることが本番1週前に発表され、当日は単勝1.7倍の1番人気となる。不安要素としては天皇賞の疲労、また輸送あり中2週がどうか、という点が気になるところであった。
本番は612番から出走。レースでは五分にゲートを出て中団後方に付ける。最内ホウオウアマゾンハナを切り緩やかなペース逃げ、グランアレグリアは徐々に外へと持ち出して直線に入る頃には大外。前に遮る物はい。直線に入っていつも通り爆発的な末脚を披露。残り200m付近で一気に末脚が点火し、内インディチャンプを飲み込み、追いすがるシュネルマイスターダノンザキッドを振り切ってゴールGⅠ6勝引退レースを飾った。この勝利は6頭となる同レース連覇、上ルメールJRA通算1500勝、として6頭となる獲得賞10億円え(マイル以下の短距離走を戦場とするとしては初)、JRAマイル以下芝GⅠ勝利数単独トップなど記録尽くしである。

ここに書いてあるたちが錚々たるものであることに異論はないだろう(ウオッカ違和感覚えた人もいるかもしれないが、彼女GI/JpnIの7勝のうち、3勝は東京優駿天皇賞(秋)ジャパンカップであり、1600mをえるためである)。その中に彼女は肩を並べたのである。中央・海外GI/JpnIというくくりで見ても、グランアレグリアを上回るは7頭しかいない(アーモンドアイ(9勝)・キタサンブラックジェンティルドンナウオッカディープインパクトテイエムオペラオーシンボリルドルフ(以上7勝))。6勝というのはモーリスゴールドシップオルフェーヴルロードカナロアブエナビスタと並ぶ数であり、名というべきたちと肩を並べる存在になったのである。

折からの新型コロナウイルスの感染拡大が下火となり、観客を入れて行われたマイルCSラストランをその名の通り大歓で迎え、そして大団円で終えた。

引退式は2021年12月18日中山競馬場最終レース後に実施exit12月22日をもって競走馬登録を抹消exit、その後はノーザンファームにて繁殖入りする模様。

余談

血統表

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*タピッツフライ
2007 芦毛
FNo.3-o
Tapit
2001 芦毛
Pulpit A.P. Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Ruby Slippers
Flying Marlin
1999 鹿毛
Marlin Sword Dance
Syrian Summer
Morning Dove Fortunate Prospect
Pink Dove

クロスNijinsky II 5×5

関連動画

関連項目

脚注

  1. *【密着】桜花賞出走!グランアレグリア、実は政治に詳しい!?exit
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/08(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/08(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP