メフィラス星人単語

メフィラスセイジン

メフィラス星人とは、

特撮テレビ番組「ウルトラマン
またはそれ以降の作品に登場した宇宙人である。

メフィラス星人

私は暴力が嫌いでね・・・

どうだね、この私にたった一言「概要を書きましょう」と言ってくれないか。

初登場はウルトラマン第33話「禁じられた言葉」。

それまでの敵が皆暴力に訴えかけ敗北していったのに対して、地球人の心に挑戦し、失敗した後は自分の負けを認め去って行くなど知的なイメージを持つ宇宙人である。

外見的な特徴はい体にる眼、黄色い口(?)など。

その高い実を持ちながらも暴力に頼らない、紳士的とも呼べる姿勢からウルトラシリーズ宇宙人の中でも人気は高い。二代どうしてこうなった

後の作品でもウルトラマンタロウウルトラマンメビウス大怪獣バトルなどに登場する。
性格は大なり小なり異なるが大体全員沸点が低いのが特徴。

ウルトラマンマックス放送前に開催された怪獣人気投票では、対怪獣宇宙人たちの中で堂々3位を獲得した。

ちなみに初代、メビウス(外伝含む)、大怪獣バトルと多くの作品ででおなじみの加藤精三氏がを当てている。

 

悪質宇宙人:メフィラス星人
登場作品 ウルトラマン
登場エピソード 第33話「禁じられた言葉」
身長 2~60メートル
体重 40キロ~2万トン

ウルトラマンに登場したメフィラス星人

第33話「禁じられた言葉」に登場。

人類をはるかにしのぐ科学を持ったメフィラから地球を征するためにやってきた宇宙人である。

サトル君を誘拐し「地球をあげます」と言うように要するが、再三の要も突っぱねられ怒り、巨大化させたフジ隊員を暴れさせたり配下の宇宙人(バルタン星人ザラ人、ケムール人)を呼び出したりしてして脅す。

その後科特隊がメフィラス星人の宇宙船の居場所を突き止め攻撃、船外に出てウルトラマンと1対1で戦う。

暴力は嫌い」と言うもののその実は高く、ウルトラマンと互の戦いを繰り広げるが、途中で「よそう・・・」と言って構えを解き、地球人の心に挑んだが敗北したことを自ら認め地球を去って行った。

得意技は両手で放つ「ベアハンド線」や拳から放つ「グリップビーム」(フーーーン!!)など、またウルトラマンに投げられた後、即座に投げ返すなど肉弾戦のも高い。

このように高い実を持つが、「ずくで地球を奪うのは自分のルールに反する」という理由でサトル君に話し合いを持ちかけるなど、紳士的と言われる宇宙人

ぶっちゃけサトル君が地球をあげますと言った後どうするつもりだったのかは不明。そもそもそんなに紳士的ではないという意見もよくあるが、「サトル君に対しての交渉で下手に出る」「自分の挑んだ勝負の負けを素直に認める」など、少なくともそれまでの敵とは一線を画す精性を見せた宇宙人である。

 

悪質宇宙人:メフィラス星人
登場作品 ウルトラマンタロウ
登場エピソード 第27話「出た!メフィラス星人だ!」
身長 60メートル
体重 2万トン

ウルトラマンタロウに登場したメフィラス星人

第27話「出た!メフィラス星人だ!」に登場。通称二代西川幾雄が担当。

初代に登場したメフィラス星人と同族の宇宙人、初代とは若干カラーリングが異なる。公式設定では初代のとされている。

性格に関しては紳士的と言われる初代と打って変わって卑怯で乱暴であり、自動販売機の中にマンダリンを仕込み、近づいた子供たちをそので半身不随にしていく。

その後ZATにこれを見破られて巨大化し、東光太郎にその作戦について卑怯だと言われた際には

卑怯もラッキョウもあるものか!!」

という迷言を発している。
さらにその際「はこのマンダリンを使って世界中の子供を虚弱児童にしてやるのだ!」というすごいようなすごくないような抱負も述べている。

変身したウルトラマンタロウと戦うが、線をバリアーで防がれた後タロウのアトミックパンチをぶち抜かれ、続けて威を調節したストリウム線を撃ちこまれてマンダリンを残して消滅した。

初代と何かと較され馬鹿にされてしまう二代だが、卑怯と言っても他の宇宙人も同じような感じである。戦闘力兄弟最強と言われるタロウが相手なら仕方ないかも。

※ちなみにこのエピソードシナリオの段階では別の敵が登場する予定だったが、ウルトラマンタロウでは怪獣の再登場企画が行われていたため、メフィラス星人を理やりシナリオに組み入れたためこのように初代とは似ても似つかぬ性格になったと思われる。

フィラスは犠牲になったのだ・・・怪獣の再登場企画・・・その犠牲にな・・・

 

悪質宇宙人:メフィラス星人
登場作品 ウルトラマンメビウス
登場エピソード 第47話「メフィラスの遊戯」など
身長 60メートル
体重 2万トン

ウルトラマンメビウスに登場したメフィラス星人

第43話でエンペラ星人に仕える暗四天王の一人、「知将メフィラス」として登場、第47話で四天王最後の将としてメビウスの前に現れる。

外見は初代とほぼ同様であり、初代より丁寧だが慇懃礼な言葉遣いをする。

初代と同じくではなく地球人の心に挑戦するために、円盤に搭載されている装置から放たれる特殊な波動を使い、人々の精を一部書き換えてしまう。

具体的には

など。

ウルトラマンに対しても自分が直接手出ししないことを条件にメビウスに加勢しないように要し、メビウスがGUYSによって倒されるように仕向けるが、ミライに貰ったお守りを見て正気をとり戻したテッペイのおかげで計画が失敗、怒って自らの約束を破り攻撃を加えたことにより、変身したウルトラマンメビウスとの直接対決になる。

ウルトラマン二人との戦いでは高速飛行によるしい中戦を展開し、八つ裂き輪を手で砕くもグリップビーム大胸筋リアーで防がれるなど一進一退の攻防を繰り広げる。

しかしウルトラマンに自らのルールを破った事を摘され、素直に自分が仕組んだ「ゲーム」の負けを認め、再び挑戦しにくると言い残して地球を去るが皇帝粛清のために放ったレゾリューム線を受け爆散した。

 

悪質宇宙人:メフィラス星人
登場作品 大怪獣バトルNEO
登場エピソード 第9話「暗
第13話「惑星崩壊」
身長 2メートル
体重 40キロ

大怪獣バトルNEOに登場したメフィラス星人

第9話に登場。アーマードメフィラスについてもここで解説する。

レイオニクスバトルテンペラー星人に負け、バトルナイザーも壊され失意のまま砂漠をさまよっていたところ、アーマードダークネスの暗(ダークネスロード)に出会い、その魔戒騎士アーマードメフィラスとなる。

アーマードメフィラスとなった後はに支配され、アーマードダークネスを復活させるために活動する。その中で自分を煽ってきたダダ殺、さらにテンペラ人とその怪獣巨大化すらせずに倒す。

悪質宇宙人:アーマードメフィラ
登場作品 大怪獣バトルNEO
登場エピソード 第9話「暗
第12話「グランデの挑戦」
第13話「惑星崩壊」
身長 2~60メートル
体重 50キロ~2万5千トン

アーマードダークネスを復活させた直後にシリーズお約束通りアーマードダークネスの攻撃を受けてしまい生死不明、その後全に操られた状態となりレイゴモラの前に巨大化して現れる。

レイゴモラミクラス2体がかりでも倒せないほど強だったがゴモラレイニックバーストをして形勢が逆転、振動波ゼロシュートで倒される。

が破壊された後は正気を取り戻したらしく、自分達レイオニクスがレイブラッド人に利用されていた事を悟り、レイに借りを返すためにペンドラゴンを妨していたエネルギーフィールドを破壊して去って行った。

メフィラス星人としての出番は少なかったが一番紳士的だと言えるかもしれない。

 

アーマードメフィラス(G)
登場作品 ウルトラマンメビウス外伝
ゴーストリバース
身長 60メートル
体重 2万5千トン

ウルトラマンメビウス外伝に登場したアーマードメフィラス

ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』に登場。

最初からアーマードメフィラスとして登場しており、アーマードメフィラス(G)とも呼称される。の中身は大怪獣バトルNEOとは別個体。

怪獣墓場に流れ着いたがメフィラス星人の念を呼び寄せて実体化したもので、今回もの妖に支配されている。その的はギガバトルナイザーを使ってゴーストリバースことメカザム念を憑依させ、エンペラ星人を復活させることである。

他の暗四天王と共にエースタロウを人質にとってメビウスギガバトルナイザーを取りに行かせる。裏切ったふりをしていたヒカリの活躍で一度はウルトラ戦士ギガバトルナイザーを奪われるが攻防の末に奪い返し、メビウスって尽きていたメカザムゴーストリバースとして覚醒させた。

最後はメカザムの胸にギガバトルナイザーを挿し込んだところをヒカリに背後から攻撃されて消滅した。

に支配されっぱなしだったせいか、落ち着きく動き回ったり味方であるグローザムを犠牲にしたりと紳士っぽさは感じられない。また、浮遊する岩にかけたりメカザムを引っり出す際にリールを巻くような動きをしたりと、コミカルな仕を見せることが多かった。

 

悪質宇宙人:メフィラス星人
登場作品 ウルトラゾーン
登場エピソード 17、18話「メフィラスの食卓

ウルトラゾーンに登場したメフィラス星人

の出演:外孝一

17、18話内で放送された特撮ドラマ「メフィラスの食卓」に登場。巨大化はせず、最初から最後まで等身大の姿だった。

工場で暮らす世捨て人の前に現れ、ラッキョウが入った弁当をもらう。他に欲しいものはないかと問われ地球が欲しいことを伝えると、地球のどこでも好きな所に住めばいいと言われる。世捨て人に食卓をもらい、

かと食う飯が何で美味いかわかったらさ、戻るべき所へ戻んなよ(中略)。それまでは、地球あんたのもんだ。

と告げられると地球侵略を開始した。

世捨て人の言葉を確かめるために何人かの人間食卓に招き食事を共にするものの、それらの人々との食事は美味しくなかった。
しかし、最後にある子を招き、かけがえのない家族との食事について聞かされたことにより世捨て人の言葉の意味に気づき、世捨て人に食卓を返した。なお、その親は食卓に見覚えがあるようだった。

世捨て人に返された食卓の裏側には、子によって「ぱぱ大好き、帰ってきて」という落書きが書き加えられていた。その落書きを見て、世捨て人は泣き崩れるのであった。

本作では、メフィラス星人がラッキョウを食べる、人間巨大化させるなど、過去作品へのオマージュらしきシーンが多く描かれている。
メフィラス星人の食事は、食物を口に持っていった間に後ろ姿になり、実際に食べるシーンは映されないが凄まじい音がする、という表現が成されている。田口清隆監督によると、食物を原子分解して吸い込み、体内で再構成した後で咀嚼している・・・らしい。

 

悪質宇宙人:メフィラス星人・魔導のスライ
登場作品 ウルトラゼロファイト第2部
身長 2~60メートル
体重 50~2万5千トン

ウルトラゼロファイトに登場したメフィラス星人

の出演:安元洋貴

カイザーダークネス(ウルトラマンベリアル)に仕える宇宙人集団・ダークネスファイブの参謀格で「魔導のスライ」という個人名を持つ。姿はアーマードメフィラスとほぼ同じだが、くなっている。

右腕のメフィラブレードを武器とし、から線を放つこともできる。また、自らの幻影を作り出すを持つ。

口調こそ丁寧だが人質をとるといった卑劣な面も持っており、ウルトラマンゼロ卑怯呼ばわりされると

卑怯ラッキョウもありませんよ」

という二代を髣髴とさせる迷言を残した。

ピグモンを人質にゼロ怪獣墓場に誘き出して、ベリアルゼロの体を乗っ取るのに一役買った。
ゼロダークネスが誕生するとアナザースペースに向かい他のダークネスファイブと合流。ちなみにこの時わざわざピグモンを連れて行ったのだが、これがベリアルの敗因の一つになっていたりする。
ゼロが体を取り戻し、シャイニングウルトラマンゼロとなって時間を巻き戻していく様をの当たりにすると撤退した。

前述した迷言に加え、お年玉プレゼンターを務めたりナレーションを乗っ取ったりと、ダークネスファイブの中でも特に強い印を残したキャラクターである。

ウルトラマン列伝』の第100話では怪獣100体紹介するベリアル陛下のためにカウンターを用意した。
しかし放送時間が足りなくなり、そのことを陛下に進言すると怒った陛下が暴れだしてgdgdに終った。
最後に視聴者に対して醜態を詫びるというそつのさも見せている。
103話ではダークネスファイブを置いてどこかへ去ろうとする陛下に敢えて攻撃することによって命懸けで忠心を示し、他の面子共々陛下に仕え続けることになった。この時、とばっちりを受けてビーコンが爆死した。
ビーコンは犠牲になったのだ・・・スライの忠心・・・その犠牲にな・・・

新ウルトラマン列伝』の第48話から第49話にかけては『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』の解説を行ってベリアル軍団がプラズマギャラクシーに行くきっかけを作り、彼自身もアーケードゲームに登場することになった。

大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティアに登場したメフィラス星人

CGショートムービーにラッシュハンターズのハンターリーダーにして妖破軍を持つ七星剣の1人である「メフィラス星人ジェント」(CV沼健人)とギルドガードを束ねる「メフィラス星人シックル」(CV子安武人)が登場。
アーケードゲームには上記の2人の他にい体を持つ「メフィラス星人スライサー」も登場している。

ウルトラマンオーブに登場したメフィラス星人

惑星侵略連合のリーダーとして登場しており、配下の宇宙人からは「ドン・ノストラ」と呼称されている。ウルトラゼロファイトと同じく安元洋貴が担当。
メトロン星人タルデ、ナックル星人ナグス、ババルウ星人ババリュー、ジャグラスジャグラーを従えさせているが、侵略手口は過去の作品を彷彿させるような作戦を展開してその都度に失敗に終わっていることから、ジャグラーには「時代遅れ」だと言われている。
銀色マントを羽織っており、初代と同様に冷静な性格であるが、予期せぬ事態に感情を露わにすることもある。第9話ではオーブに成りすましたババルウ星人ババリューに破壊作戦を命した際、野生のテレスドンの出現に予想外であった事に動揺したり、作戦を実行しないどころか人類の側に寝返った彼に高している。
ウルトラマンベリアルフュージョンカードを自らの切り札として所持しており、さらにはジャグラーの持つ魔王カードを付け狙っている。
第10話ではジャグラーからカードを奪い取ることを画作し、ブラックキングフュージョンカードを授けてオーブ殺を命ナックル星人ナグスにオーブブラックキングの戦いを観戦するジャグラーの隙をついて暗殺させる。その結果、ついに魔王カードを手に入れたかに見えたが、九死に一生を得たジャグラーに報復され死亡ベリアルカードも彼に手に渡ってしまったのであった。

私は関連動画が好きだ・・・

 

関連静画もラッキョウもあるものか!

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%98%9F%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メフィラス星人

68 ななしのよっしん
2016/11/21(月) 23:20:30 ID: viYWWUpJY9
ラッキョウネタに上がる度に「メビウスやゴモたんのカレーラッキョウだばぁしていくメフィラス星人」を妄想して笑いを堪える日々
69 ななしのよっしん
2016/12/15(木) 22:38:34 ID: sWSRIIRcFW
たぶんDVDで追加されたシーンだと思うんだけどメフィラスの食卓ラストシーンってどういう意味なんだ?ホームレスの男が泣き崩れる場面が終わるとそのシーンが始まる
ごみの中にいたメフィラス星人が消えたあと変な風景(ビルよりも巨大なゴミ?が都市の向こう側に見える)が映って何者かの笑いくってシーンなんだけど
この追加されたであろうシーンのせいでずっともやもやしてる。これじゃ普通に放送されたバージョンのままでよかったよ…
70 ななしのよっしん
2017/07/25(火) 08:56:50 ID: 5VUAQVpaAu
ウルトラ怪獣散歩会をしてたことも記事に入れてあげて下さい。
71   
2018/06/01(金) 16:02:48 ID: EOynN3L9EM
>69
 食事の団欒つまりは人と人との繋がり、仲間意識 というにメフィラスは敗北を感じた。
 しかし都会の孤独化はそれと逆行している。孤独化が進み、そして都市ゴミのようになるような事態になったとき・・・地球の支配者は人間以外の何者か、なのかもしれない。

 って感じなんじゃないかな?
72 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 21:47:14 ID: sWSRIIRcFW
>>71
まさか一年以上経って返信貰えるとは思わんかったけど今たまたま気づけてよかったわ。ありがとう

そういう解釈が一番しっくり来るかな…メフィラスの食卓の冒頭でもかが一人で食べてた弁当ごみ箱に捨てられるシーンあったし
わざわざラストにこういうシーンを追加したってことはまあこういうオチにしたかったというのが監督ないし制作の意思だと思うけど…あの「メフィラスが何か喋った」ところで終わるオチが好きだったんだよなー
そもそも本放送時にはなかったものが追加されたのがDVD版のラスト、というの記憶が間違ってるかもしれんが

とにかく、もやもやの答えは見つかったと思う。ありがとう。できればウルトラゾーンは二期やってくれたらいいな
73 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 22:00:51 ID: t6LmMCf4an
メフィラス星人とサシで食事をしても故郷の話や武勇伝などを聞いて
わいわい話せば納得したのかしら?
74 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 18:42:48 ID: JVpbetj2ER
スライ以来同族が久々に登場
フィギュアの販促も行ったスライ営業部長が今回もyoutube配信の中でダークネスファイブかしい活躍が見られるゼロファイトを勧めてくるのか
75 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 19:59:52 ID: WGH2YelXVd
>>74
ドン・ノストラを忘れないであげてください・・・

今回のディレクター、頑ってたのは良いけど
どんどんと悪い方向へ向かってったのがなぁ・・・
76 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 21:19:20 ID: DYkHmYVJun
ベクトルが違うけど相変わらずの悪質宇宙人
77 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 21:26:10 ID: 60xSdZ8JQW
>>75
ちょっと手にやり過ぎちゃったからアレだけど、
最後普通に倒されちゃったのが体ないキャラだったなあ

戦闘面だと、今回は怪音波を取得してたな