今注目のニュース
新型コロナの影響…ポケモン世界大会が開催中止、国内で正式発表 来年イギリスで調整
スタバ、8都府県で週末休業 関西、九州にも対象を拡大
テトラポッド好きな開発スタッフの独断専行で生まれた「テトラポッドスピーカー」

剣士(ファイアーエムブレム)単語

ケンシ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(123)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

剣士(ファイアーエムブレム)とは、こそを極めし者である。

概要

ゲームファイアーエムブレムシリーズにおける歩兵クラスの一つ。
紋章の謎までは歩兵傭兵だったのだが、聖戦の系譜以降は技と速さに偏重したものが「士」として別クラスに分離された。
類稀なる技と驚異的な神速を誇る反面、と守備が低い偏ったクラスである。
元々紋章の謎の強キャラの一人で人気も高い傭兵ナバールイメージからできたものとも言われている。
そのため、後の作品でもナバールを思わせる設定のユニットが登場することがあるがほとんどが士であり、後のリメイク作品ではナバール自身のクラスも「士」になった。
また士というクラスができあがると、や雇用によって動く傭兵とは違い純を極めようとするタイプ士、特に女士が多く登場するようになり、士というクラスキャラ的な分化がさらに進んだ。
聖戦の系譜では「5回連続攻撃する」という圧倒的な攻撃を持つスキル流星」が登場、以降の作品でもGBAの必殺モーションが5回敵をりつけるというものであったり、炎以降でも「流星」として調整されつつもスキルとして採用されており、士の徴の一つになっている。

とにかく速さと技を生かした戦い方をするクラスで、必殺や2回攻撃で攻撃を稼ぎ、敵の攻撃を回避して守備を補うことでかなりの強さを発揮する。ただ、が偏っているためゲームバランスの影を物凄く受け、避けゲーなら文句なしの最強クラス、受けゲーになると若干不遇ということになる。
上級職はソードマスタークラスチェンジ後もしか使用できないが、何らかの(大抵は必殺率に)ボーナスがついている場合が多い。このボーナス加減でもかなり強さが変化する。
近年は回避率への補正や回避率上昇のスキルも多く割り振られており、「受けゲー気味のバランスでも何とかして避けゲーをしようとするクラス」という立ち位置になっており、命中率の低いに対して特に有利に立ち回れる。
ポジション的に強キャラが割り振られやすいため、悲惨という事例は多くない。 

敵として対峙する際は、ドラゴンナイトやアーマーナイトをぶつけるとほとんどダメージを受けずにすむ。
また、しか使用しないため遠距離から攻撃するのが有効。

強さの変遷

強さは受けゲー避けゲーのバランスの影を免れないが、人気は高い。

暗黒竜と光の剣

まだ士というクラスはなく、当のナバール自身も裸でどっちかというとだったため、まだ士という概念自体がなかったと言える。

外伝

Lv.3 Lv.7 Lv.10 Lv.10
むらびと ようへい けんし ませんし むらびと(以下ループ)

ようへいからクラスチェンジするとなれる。
詳しくはこちらで⇒傭兵(ファイアーエムブレム)

紋章の謎

第一部、第二部どちらにおいても仲間になる傭兵ナバールが、これ以降の「士」のイメージの元になった。
寡黙である、イメージカラーシスター系を助ける、開始時に敵、キルソードを持っているなどの特徴を持つ士がこの後の作品でも登場することになる。

聖戦の系譜

下級 CC 上級
ソードファイター(A スキル「追撃」) ソードマスター(A スキル「追撃」「連続」)
フォーレスト(剣A スキル「追撃」)

この作品から傭兵系と士系が分かれることになった。ただし、下級職はみなソードファイター
マップがだだっ広いため歩兵という時点で運用にマイナスが付きかねない本作であるが、ラインナップが充実しているを操れるためそこまでひどくはない。
また、フォーレストと違いソードマスターは技・速さが最大の30まで伸びる上、兵種スキルの「連続」がつくのでその中でもやや優位。

第一部ではイザークの王女アイラが、第二部ではアイララクチェと、甥でイザーク王子シャナンが加入する。

トラキア776

下級 CC 上級
ソードファイター() ソードマスター( スキル「連続」)
マーシナリー(剣・斧)

今作から同一系統のフォーレストがマーシナリーとなり、を装備できるユニットとなった。ゆえに技・スピード特化で兵種スキルとして連続スキルを持つソードマスターと汎用性重視のマーシナリーとでを分けることになる。
マーシナリーもしくはマーシナリーになるユニットの記述は傭兵の記事に譲る。

本作ではフィアナ村領エーヴェル士シヴァ、エーヴェルマリータダンディライオントルード、イザーク王子シャナンのそっくりさんシャナムが加入する。

封印の剣

下級 CC 上級
士() ソードマスター( 必殺+30)

元々今回は避けゲーであるため回避が伸びやすい士に有利なのだが、その上に必殺+30というとんでもない補正がついているため最規格外の強さ。特にキルソードを持たせたら大抵必殺が70以上になる。
また、エレブ大陸東部の草原の国「サカ」(最大の都市ブルガルルトガーの故郷でもある)地方として「倭」という武器も登場。こちらは士系専用かつキルソードよりも威は低いが、必殺40という破格の性

序盤にベルンへ恨みを持つルトガー、中盤に修行のため各地をするフィル、終盤でフィル伯父の「カレル仲間になる。

烈火の剣

下級 CC 上級
士() ソードマスター( 必殺+15)

前作で必殺+30チートすぎると反省したのか、必殺補正が+15(の武器レベルがSになると更に+5)に抑えられたため前作ほど強ではないが、根幹システムは封印と同様避けゲーであるため、結局強い。
ただし、それまでカモであったが命中の善に始まり、三すくみ反転させるバスター武器の三すくみ補正が2倍になる、三すくみ反転かつ士、傭兵系に特効を持つ「ソードキラー」が登場といったテコ入れが加えられたため、油断は禁物。

本作では少年ギィ、上級加入で「魔」カレルとそのカアラ仲間になる。
また、主人公の一人リンロードではあるが、倭を使える、傾向もほぼ士と限りなく士に近い。

  • ギィ:が今一つで速さが伸びまくる成長のため相対的に見劣りするが、前作の連中がおかしかっただけなので十分活躍できる。一応伝統のキルソードを持つが、ナバール要素の多くはレイヴァンカレルが持っている。
  • カアラ:ヘクトル編限定。加入イベントを起こすにはバアトルをある程度育てておく必要がある。封印の剣に繋がる美味しい役のキャラクターだが、登場が遅く、条件が特殊な割にもいまいちで、即戦にするにはやや厳しい。
  • カレル:普通の上級ユニットと言った感じだが、二者択一の勇者ハーケンの使い勝手が良いため選ばれる可性は低い。当時は非情の人りであったが、実はLv20の期待値が封印の剣の初期値に届かなかったりするため、封印の剣までの18年の間に彼に何か転機があったのは間違いなさそだ。封印での必殺+30も多分この人が編み出したものであろう。

敵としては、黒い牙の幹部「四牙」の一人『ロイドが中盤・終盤にかなりの強敵として立ちはだかる。
さらに終章でモルフとして復活した際には、最強ガルブレイドを携えライナス支援Aで向かってくるため苦戦は必至。

聖魔の光石

下級 CC 上級
士() ソードマスター( 必殺+15)
アサシン(剣 解錠(要「盗賊の鍵」)、視界確保、罠解除、スキル「瞬殺」)

必殺補正は烈火と同じだが、今作ではクラスチェンジアサシンにもなれるようになった。
アサシンは前作同様盗賊の鍵を用いた解錠、視界確保といった盗賊が持つスキルに加え、必殺時50%で敵を一撃で倒す「殺」が使えるようになる。

本作では賭け事が好きな風来坊傭兵ヨシュアと、ジスト傭兵団の一員の『緋マリカ仲間になる。
また、クリア後のフリーマップで条件を満たすとジャハナの『砂の女王』イシュメアを使えるようになる。

封印・烈火で猛威を振るった倭は、世界観の変更から、砂漠シャムシール」として登場。案の定キルソード以上の必殺補正を持つ。

蒼炎の軌跡

下級 CC 上級
士() ソードマスター()

今回は主人公アイク事実上の傭兵のため、歩兵系は士のみとなる。
少女ワユラグズと何かしら関係があるハレーことツイハーク、上級加入でクリミア臣の一人ルキノ砂漠での特定地点待機で仲間になるため砂漠に埋まっている等ネタにされるソーンバルケ仲間になる。
個人のスペック以前に本作は全体的に敵が固いのに加え、必殺補正も没収されてしまったため、今までにないほど弱い。
時代を経てった義:流星も「ダメージ半分の5回攻撃」という中途半端な性になってしまい、上記の仕様もあっていたずらに武器耐久を減らすだけの用の長物となってしまった。

暁の女神

下級 CC 上級 CC 最上
ブレイド
士( 必殺+5)

ソードマスター
剣豪( 必殺+10)

ソードエスカトス
( 必殺+20、義:流星)

本作では前作に登場した4人に加え、「の団」の少年エディ仲間になる。
自体の性アップや必殺ボーナス復活など大幅なテコ入れがされ、元々べオクのクラス間のバランス較的よいゲームなため炎の時よりもかなり強くなった。
義の流星本家流星同様に攻撃低下なしに5回攻撃する技になり、スローモーションの演出が入るなど中々かっこいいが、他のクラス義が普通に3~4倍のダメージ叩きだせるためやや武器がもったいない感じもする。

新・暗黒竜と光の剣

下級 CC 上級 兵種タイプ
士() ソードマスター( 命中+10) A,C,D

かつて傭兵だった中からついにナバールラディ士になった他、新キャラとして異アテナが加わった。
個々のキャラは強いのだが今回は速さより守備の重要性が高めで、なおかつ計算式上トチ狂った回避にはなりにくい受けゲーであり、ナバールを筆頭にイマイチパッとしない性になっている。
ソードマスターというクラスについては、今回は命中補正であるため低難易度普通に使う分にはあまり補正を実感できないが、高難易度や対戦ではかなり強いとされている。

「兵種変更」のシステムが登場したことで、いろんなキャラ士になれるようになった。
Aタイプ(ソシアルナイトアーチャー士、魔道士僧侶)はあまり補正が大きくないものの、キャラソシアルナイトで育てると攻守のバランスが良くなる。
また、士は技や速さの補正や伸びが大きいほか、何故かHPの上昇率の補正が大きい。

新・紋章の謎

下級 CC 上級 兵種タイプ
士() ソードマスター( 命中・回避+10) A,C,D

紋章の謎よりナバールとサムトーが登場するほか、新紋章ではラディアテナ仲間になるようになった。また、BSアカネイア戦記よりマリスが追加された。
今回はソードマスターの補正が命中に加え回避も+10となった。計算式は前作と同じなため、回避前提の戦略こそ期待できないものの、一避けることによる戦略上の有利を期待できるクラスになっている。

兵種変更によってさまざまなクラス士になれるようになった。
初期全員に共通で言えることだが、下級時はSナイトで育てると攻守が伸びて性が高くなる。
逆に、パオラなど足が遅くてパワフルユニット士にするとその性を活かせる。

覚醒

下級 CC 上級
士() ソードマスター()
アサシン(剣・弓)

今作のソードマスター着物羽織のデザインを取りこんで和風になっており、キルソードもっぽい見たになっている。
受け避けのバランス較的良好であるため士系は士らしくある程度避ける戦い方が可で、スキルやっつけ負けを防ぎつつ避ける戦いを可にするものがう。しかし、今作でのソードマスターは最終職に不向きである。
理由は複数あり、と技の上限でアサシンに負けており(速さは同じ、勝っているのは魔耐久面)、その上クラスチェンジ分岐の関係上ソードマスターになれるユニットは必ずアサシンにもなれること、専用武器はあるもののダークマージの多な闇魔法スナイパーの3マス先攻撃のような明確な利点がないこと、しか使えないというのはつまりは「まともな間接攻撃ができない」というのと同義であることなどが理由である。
そのため、スキルは強くともスキルだけ習得して他のクラスになったほうが良いということになってしまう。兵種の持つスキルに兵種限定の部分がなくなったことによる悲劇である。
習得スキルは以下の通り。

今回も序盤にナバールロンクー、中盤にソードマスターサイリ、リズ結婚した際に息子ウード、配信マップサイリのレンハが仲間になる。

if

下級 CC 上級
() ( 回避・必殺+10)
兵法者()
村人(槍)

士系は元々オリエタルイメージクラスだったためか、和風白夜専用のクラス」となった。
上級職は従来のソードマスターとほぼ同じの「」と、新クラスの「兵法者」。
DLC兵種を除いての武器レベルをSにできる兵種。過去作ほどではないが、回避・必殺に補正がかかる。
兵法者はバランスよく操ることができ、べると速さこそ劣るが耐久面に優れる。
習得スキルは以下の通り。

本作では白夜第二王女サクラの臣下カザハナ、第二王子タクミの臣下ヒナタ、第一王子リョウマ、ヒナタの息子サメの部族族長フウガが加入する。

なお、暗では仲間にならないが、ダークマージウードオーディンの資質を持っている。普通は特記するほどの事ではないのだが、彼の場合魔道士系なのにが伸びたり、の方もちゃんと専用カラーになっていたりと、で使ってくださいと言わんばかりになっている。技が高く流星や必殺が出やすい。

は通常、武器を両手持ちして攻撃するのだが、一部の武器では二刀流となりモーションも専用のものとなる。あらゆるモーションが通常と較するとスタイリッシュな動きとなるため一見の価値あり。ネタ武器だと台しだが。

過去作における一般ソードマスターは、軽装のに身を包んだやや線の細いイケメンというイメージが多かったが、今作では一転して重装備かつかなりゴツイ顔をしている。ちなみにモブ兵法者はかの武蔵坊弁慶にそっくりな体である。的にはバランス
雑魚敵としてのは、従来とべて技が大きく下がった分と守備が上昇しており、単純な厄介さが増している。

なお、暗編では23章に数種類(通常時守備ルナ限定で速さ魔防追加)の「叫び」を持つ兵法者が存在するのだが、こいつは増援のスイッチを踏むとは言え初期配置から近いところに存在し、それゆえに捕獲の難易度が安易ながら暗では簡単にはできない即席の叫びのスペシャリストとして一線級の活躍を見込む事ができる。更なるスキルアップを考えるならばダークペガサスにして移動の「叫び」を習得させることや、軍師に転職7色の「叫び」を習得することで更なる応援団長としてのスキルアップを考えてもいい。なお、名前は不定である。
また余談だが同章23章はルナ限定で前述の叫び要員としては劣るが攻撃面か守備面の3つの「叫び」と「天照」を持つが数人やSで「死線」を持っており、そのまま育てればスキル効果で攻撃威+19という即席モズメ(流石にお大尽がないため劣るが)のような等が存在し上手くいけば暗軍の戦を高める戦いとなる。
タクミさんありがとうございます!

Echoes

見習い Lv.3 下級 Lv.7 上級 Lv.10 最上 Lv.10 見習い
村人() 傭兵() 士() 戦士()
「魔防+5」
「破邪」
村人(以下ループ)
Lv.20 オーバークラス
ヤシャ()
「魔防+5」
「破邪」
「刹

リメイク前同様、傭兵からクラスチェンジするとなれる。
リメイク前と異なる点としては、新たにDLCオーバークラスが追加され、魔戦士Lv20でヤシャにクラスチェンジできるようになった。ただしヤシャになるとまた村人に戻るといったことができなくなるので要注意。
詳しくはこちらで⇒傭兵(ファイアーエムブレム)

風花雪月

初期 Lv.5 初級 Lv.10 中級 Lv.20 上級 Lv.30
導C以上
最上級職
平民/貴族
最大HP+5

(D)
速さ+2
入れ替え
傭兵
(剣C)
待ち伏せ
ソードマスター
(A)
の達人
必殺+10
流星
エピタフ
(A理B+)
の達人
黒魔法の達人
明鏡の一撃

括弧内は資格試験に推奨される技レベル
斜字
…兵種マスターで習得できるスキル 太字…兵種スキル

※…該当兵種以外で使用不可

今作ではクラスチェンジ士→傭兵Echoesとは逆の順番になる。
システム上、上位の兵種になるために必要なのは技だけで特定の兵種を経由する必要はないので、傭兵と同じくを得意とする盗賊からソードマスターになったりする筋も現実的。傭兵系(勇者)や盗賊系とは、そちらからいつでもソードマスターに転身できる、かなり近しい間柄となっている。

士のお約束とも言える「流星」はソードマスターの兵種をマスターすると使用可になるが、武器消費9、1発あたりダメージ30%の5連撃弱体化感が否定できない感じにはなった。しかもソードマスター以外では使用できない仕様になった。

また、最上級職にに加え魔法も操るエピタフが登場。当世具足に身を包み忍者のようなモーションで西洋剣を振り回し魔法を撃つ「和風な何か」である。
ソードマスターからクラスチェンジすると必殺+10と流星を失うことになり、速さ成長率も大きく下がってしまうため、魔法や移動興味いのであれば理に理学に手を出したりせず、最後までソードマスターのまま使った方が賢明。本作においてしばしば直面する「上級職で完結」の典的な例となる。
or理学のどちらかが得意な生徒は大勢いるが、両方得意なのはエーデルガルト、ドロテア、フェリクス、リシテアイグナーツの5名(最初から両方得意はドロテアのみ。他は才(リシテア)、理学(他3名)が得意に変化する)。多く見積もってもこの5名、実際には士として運用されたフェリクスかイグナーツ以外で選ぶことは稀だろう。
中途半端な魔から放つ魔法でもアーマーナイトあたりを撃破するのには有効なバランスなので、クラスチェンジまでの関門さえくぐり抜ければ器用なユニットとして運用できる。

ソードマスター自体はステータスにも恵まれており、重さシステムがあるのでという武器の利点も小さくないのだが、自由クラスチェンジシステム、ほとんどのユニットは複数の武器技を得意としていること、剣術資格条件となるのは大半が同じ体の歩兵で横の繋がりが弱いのが災いし、多様な選択肢を持つ中でわざわざ士系(ひいては使い)という戦術的な自由度の低い兵種が選ばれにくいという問題がある。
生徒以外ではデフォルトソードマスターに就いているカトリーヌがおり、他にべて技の幅が狭い一方で本人のは高く、最もソードマスターとして活躍しやすい人物かもしれない。
また、魔法で戦うことが概ね確約されている主人公が専用兵種になるまでの一時的な繋ぎとしてもそれなりに有

無双

下級 CC 上級 備考
士() ソードマスター()
() () 白夜兵専用
マーシナリー() ブレイブヒーロー() 兵専用
(下級クラス)() 白夜王() リョウマ専用
傭兵() 勇者() ナバール専用

本作では傭兵、マーシナリーも士系ユニットとなっている。リョウマは下級クラス扱いとなっており、クラスチェンジするとスメラギ王の物に似たと兜を身に着ける『白夜王』に。
名有りキャラクターリョウマに加え、NPCとして士のウード傭兵ナバールが登場する(DLCの導入で両者プレイアブルになる)。

モーションは一般兵も含め基本的にリョウマのものがベースとなっており、敵として登場した場合は5連攻撃を繰り出す「流星」が厄介をため始めたら注意したいところ。「流星」は技とは別にリョウマの固有スキルとしても存在し、攻撃速度が上昇する。カムイなどモーションが若干大振りなキャラであれば強だが、元々モーションが速めなキャラだと速くなりすぎて逆に振り回される上級者向けスキル素材を集めれば他のキャラでも習得可で、ただでさえ神速技を持つリンナバールが装備した場合は何が何だか。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/04(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/04(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP