今注目のニュース
隠れた病気が潜んでいることも…あまり知られていない「出血傾向」とは?
パイロットが少女を強姦 被害者の口封じを試みるも実刑判決
暴行を受け頭が陥没! 犯人のあっけない出所に被害者家族が猛反発

ロード(ファイアーエムブレム)単語

ロード

  • 4
  • 0
掲示板をみる(105)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロード(ファイアーエムブレム)とは、FEシリーズにおける主人公の代名詞である。
ここでは「ロード」でいものも含め、ファイアーエムブレム主人公やそれに類する人物全般について取り扱う。

概要

ロード=領・君(Lord)。多くの作品において、主人公ユニットクラスとなっている。

原則としてマップの制圧はロードのみ可、倒れると即GAMEOVERなど「主人公」としての特徴を持っている。
敵の思考もロードを狙いに来ることが多い。

としては、基本的に弱点のない万が多い。成長率は高めに設定されているが、万故に飛びぬけた長所がなかったり、クラスチェンジがなかったり、あっても後半戦でようやく…と言った感じで軍のエースになりづらかった。しかし最初からに乗りある程度完成された戦であるシグルドでの一撃の重さに長けたヘクトルなどもおり、最近ではエースとして活躍可ロードも多い。

伝統的に、騎兵とアーマーに同時に特効を持つ専用武器を初期装備とし、ゲーム後半に高い性を持つ伝説の専用武器を入手することが多い。ラスボスがこちらの攻撃を軽減・効化してくる場合などは、主人公の持つ伝説の武器でそれを打ち破ることができる。

ユニットと違って強制出撃なのがほとんど。手をかけて是非強くしておきたい。

ここではユニットごとの性=戦術レベルでのについて述べており、キャラクターとして軍の指揮官として行動を決める判断=戦略レベルでのについては触れていないので注意。

強さの変遷

前述の通り、ほとんどのシリーズで強制出撃となるユニット。ほとんどのプレイヤーが育てると思われる。
…が、やりこみ大好きエムブレマーの中にはあえて可な限り使わずクリアする人も。

暗黒竜と光の剣

名前 クラス 専用武器
マルス ロード() レイピア メリクル ファルシオン

アリティア国王子であり、英雄アンリの子孫。
バランスは良いが、クラスチェンジいのでエースとはいかない。

ファルシオンは武器による直接攻撃を効化し、アイテムとして使うとHP全快するという強な効果。
リクレイピアマルス専用になっており、LvUP時にステータスが+2されることがある。

外伝

名前 下級 CC 上級 専用武器
アルム 戦士() 勇者() おうけのつるぎ ファルシオン
セリカ 官(黒魔法・魔法) プリンセス(黒魔法・魔法) なし

アルムは非ロード主人公で、強いて言えば傭兵系。
の村の少年かと思いきや、実はリゲル帝国の皇子とやっぱり王道を征く男。成長率も良く、クラスチェンジまで扱えるように。頼りになる強い主人公の先駆けだが、あんまり話題にならないのは外伝という作品故か。ファルシオンは名前こそ一緒だが「暗」とは全く違う設定の。他の専用武器としておうけのつるぎがある。

セリカシリーズ初の女性主人公で、魔法戦士系のユニットとしても希少な存在。
彼女も実はソフィア王王女と、やっぱり王道ストーリーの進行に伴ってプリンセスクラスチェンジする。エンジェルライナロックといった強魔法を覚え、回復も可も装備できる。やや打たれ弱いのが欠点。

なお、セリカアルムの隣に配置すると、アルムが必ず必殺攻撃を繰り出せるようになる。通称ラブアタック

紋章の謎

名前 クラス 専用武器
マルス ロード() レイピア(1部のみ専用) ファルシオン
ファイアーエムブレム→ふういんのたて(2部のみ)

ストーリー設定は「暗黒竜と光の剣」に同じ。
グラフィックは1部と2部で変わり、1部では少年、2部になるとやや大人びた青年になる。

初期値は貧弱だが成長率はとても高い。ただしクラスチェンジ不可でレベルアップ回数も1部は19回、2部では17回しかないため、ドーピングのお世話になることも多い。全パラメータの成長率を大きく底上げする「オーブ」が後半で入手できるため、そこまで鍛えるのを慢するエムブレマーもいる。戦として見た場合大器晩成というよりは熟なユニットで、成長率の高さを活かして序盤から積極的に戦わせたほうがいいだろう。

専用武器のレイピアはアーマーナイト系・ソシアルナイト系の両方に特効を持つ良武器。1部だとマルス専用だが、2部だと踊り子も使える。

もうひとつの専用武器、ファルシオンドラゴン系に特効。ドラゴンを相手にした場合、攻撃30が保される。ただし重さが10もあり、マルス速さが13あれば「相手であれば」必ず2回攻撃できるが、鍛えていないと悲しいことに。ちなみに取らなくてもクリアは可

ファイアーエムブレムを入手すると盗賊同様制限に宝箱を開けられるようになるため宝箱回収に走らされることもしばしば。また、マルスには輸送隊が常に付き添っているため、マルスに隣接すると輸送隊アイテムをやり取りできる。雑用係かな?
また、2部ではオーブ5つ全て集めるとファイアーエムブレムが「ふういんのたて」に変化。宝箱の解錠効果に加え、地を封印することができる。

聖戦の系譜

名前 下級 CC 上級 専用武器
シグルド ロードナイト(B) ティルフィング
セリス ジュニアロード() ロードナイト(B) ティルフィング

戦士バルドの血を引くシアルフィシグルド、その息子セリスロードとして登場。ストーリー上ではシグルドは「悲劇の主人公」としてられ、セリスは「大陸解放をす若き盟」としてられる。

「追撃」(セリスは加えて「見切り」)のスキルを持つ。成長率も高く、バランスよく強くなる。レベルシグルドが2、セリスも2だがオイフェと会話することで3に上がる。セリスゲーム一「おりる」コマンドが使え、から降りて歩兵になれるユニット

指揮官補正が常時かかるためか、上限値はほかの騎兵ユニットべて少し低い。しかし、シグルドは初期値、セリスは成長率が極めて高いため強な戦として運用可。特にシグルドは圧倒的な強さを誇り、序章を単騎でクリアすることすらできる。

専用武器の器「聖剣ティルフィング」は2人とも終盤まで手に入らないが、技+10速さ+10魔防+20の補正がかかる。装備中は「祈り」のスキルもつくので、ピンチになってもちょっと安心。入手時のイベントシグルドセリス共に感慨深いものがある。

今作で導入された恋愛システムにおいては、シグルドは一惚れでディアドラと結ばれるので悩む余地がない。
セリスジュニアロード時代に進軍の歩調が合いやすいエーディン・ラナ(ラナオウ)人になることが多い。もちろん他キャラでも可

トラキア776

名前 下級 CC 上級 専用武器
リーフ ロード() プリンス() 光の剣 (ブラギの)

レンスター王子キュアンシアルフィエスリン息子帝国に滅ぼされたレンスター王子。「聖戦の系譜」にも登場する。ヒロインナンナ固定。

イベントによる強制クラスチェンジプリンスになる。できればそれまでにLv20まで鍛えておきたい。またゲームシステム上、「主人公」として非常に重要な存在でもある。

まず全ユニット一「疲労」パラメータが存在しないため、全ての章で参戦可
また、「離脱MAP」という、特定の場所までユニットを移動させることでマップから脱出するシナリオでは、リーフが脱出すると「シナリオクリア」となり、それまでに脱出できなかった味方は捕虜となってしまう。そのため主人公にしてはしく殿を務めることになる。でも捕虜がいないと行けないマップもあるので行くなら注意。

としては、成長率やクラスチェンジ補正がやや微妙経験値計算のシステム上、ある程度鍛えやすくはあるが、漫然と育てているとかなり酷いパラメータに仕上がってしまうことも…
成長率を補正する「○○の書」を計画的に持たせて育てたい。また、支援効果を与えられる相手が非常に多い。味方戦をより活かすためにも気をつけて鍛えたいところ。

専用武器の「光の剣」は登場時から所持しているの形見。アイテムとして使用するとHPを全回復、間接攻撃も可と非常に強。序盤から世話になることだろう。
他に「ブラギの」も装備可だが、戦士の血を引いているナンナデルムッド、あと何故かフェルグスも装備できる。別になくてもクリア

上記の成長率、CC補正、ゲーム中の発言等が災いして、葉っぱ呼ばわりされることも多々ある。

封印の剣

名前 下級 CC 上級 専用武器
ロイ ロード() マスターロード() レイピア 封印の剣

リキアのフェレエリウッド息子。オスティアリリーナヒロインではあるが、別キャラとくっつけることもできる。

成長はバランスだがCC補正が良好。また専用武器である「封印の剣」は間接攻撃可で防御・魔防に補正もかかる。封印の剣入手時にようやくクラスチェンジなため、価の発揮は終盤となる。

また、CC前後でグラフィックが変わらないこと、マスターロードのステータス上限が一25と割と適当なこと、内部データを見るとクラスソシアルナイトパラディン、アーマーナイト、ジェネラル…のように下級→上級の順で並んでいるのに、何故かロードが一番最初、マスターロードが一番最後にあることなどの理由で、元々CCの予定はかったが後半で急遽入れたのでは…とも噂される。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』には「封印の剣が発売される前から参戦」という驚きの登場を果たし、FEシリーズの売り上げと海外進出に貢献したと言われる。

烈火の剣

名前 下級 CC 上級 専用武器
エリウッド ロード() ロードナイト() レイピア デュランダル
ヘクトル ロード() グレートロード() ヴォルフバイル アルマーズ
リン ロード() ブレイドロード() マーニ・カティ ソール・カティ

本作は3人のロードが登場し、序章~10章まではキアランリンディスが、11章~終章まではフェレエリウッド、またはオスティアヘクトルが玉座制圧等の役割を担う。

主人公でないロードイベント入手の専用アイテムの刻印」で、主人公ロードは終盤に強制CCする。使用武器が増えるが、エリウッドは騎系、ヘクトルはアーマー系、リン士系の特効を受けるようになってしまうので注意。

3人とも強制出撃が多いため、なるべく成長させておくと良い。また、ロード3人のレベル合計により章分岐する箇所が1つあるので、その調整をしながらレベル上げをするのもいいだろう。

余談になるが、烈火の剣(内版)のリンにはソール・カティ専用モーションがい。が、実はモーション自体はデータ上に存在している。チートによって「デュランダル」を装備させると、専用モーションを見ることができる(下記動画を参照。海外版では修正済み)。
また、プロトタイプ版のリンディスには別の「デュランダル専用モーション」があったらしい…という話、「封印の剣」に登場したエリウッドの武器レベル>であること等から推測すると、開発段階ではデュランダルリンの専用武器だったと思われる。
本来の使い手の『勇者ローランも小柄だったらしいが、こんなデブをどうやって使いこなしたのか、は深い。

聖魔の光石

名前 下級 CC 上級 専用武器
エイリーク ロード() マスターロード() レイピア ジークリンデ
エフラム ロード() マスターロード() レギレイヴ ジークムント

双子兄妹であるルネス国王エフラム王女エイリークが登場。序盤はエイリーク(5章外伝のみエフラム)が主人公となるが、序盤終了時、エフラムエイリークのどちらかを主人公として選び、選んだほうが拠点制圧を持つようになる。今作の輸送隊は紋章同様主人公に随伴するという形に戻っている。
ただし、主人公にしなかったほうが倒されてもゲームオーバーになるので注意。
中盤に「太陽腕輪」と「腕輪」を入手し、その場でクラスチェンジするか後でクラスチェンジするか選べる。クラスチェンジの分岐はく、両者とも騎兵になり移動アップする。

ちなみに専用武器の双器「炎ジークムント」「ジークリンデ」は、「ニーベルングの指環」に登場する双子兄妹に由来する。

蒼炎の軌跡

名前 下級 CC 上級 専用武器
アイク レンジャー() ロード() ガルソード ラグネル

今作の主人公アイク王子ではなく、一介の傭兵団の団長(の息子)。ストーリーが進むと、正式に一軍を率いるに当たりクリミア王女エリンシアから爵位を授かりロードとなる。

も従来の「傭兵」のものに加え、伸び盛りの耐久が売りの強ユニットレンジャーの時はかなり荒っぽい構えと技だが、ロードになると堂々とした技になる。
序盤で手に入る専用武器「リガルソード」は騎・アーマーに特効を持ち、扱いやすい。しかし炎では特効の倍率が2倍に下げられているため、それまでのレイピア系ほど恩恵は感じにくいかも。

義「天空」は「太陽」「月光」の2回攻撃と非常に強。専用武器の「神剣ラグネル」は間接攻撃可で使用回数なためそれだけでも強い。使う機会は3MAP+トライアルマップしかないが。

暁の女神

名前 下級 CC 上級 CC 最上 専用武器
ミカヤ ライトマージ
魔道士()

ライトセイジ
賢者()

シャーマン
巫女( 義:)
セイニー
エリンシア クィーン
女王( 義:叫喚)
アミーテ
アイク ブレイブ
勇者()

ヴァンガード
将( 義:天空)
アロダイ
ラグネル

この作品は4部構成。各部ごとに主人公が変わり、さらにこれまでの「ロード」の特性から全員大幅に外れている、シリーズでも異色の作品。

新・暗黒竜と光の剣

名前 クラス 専用武器
マルス ロード() レイピア ファルシオン

設定は変わらず。
リメイクによって、ほとんどのユニットクラスチェンジとなったが、今回もロードクラスチェンジできない。「強いか?」と言われれば微妙。ただし、Lvの上限は30上限は全て25と上がっている。成長率を補正してくれた「オーブ」からその効果が消えたので、今回は積極的に序盤から鍛えたいところ。
また、全てのユニット支援効果があるのも地味に大きい。

余談だが、ファルシオンリメイク前の反則性ではなく紋章と同様の設定になっている上、封印の剣等のようなステータス補正もい。ノーマルならまだしも難易度H3ともなるとマルス速さカンストさせてもメディウス(速さ30)に追撃を食らってしまうため、ファルシオンラスボスを倒すのはかなり勇気がいる。

新・紋章の謎

名前 クラス 専用武器
マルス ロード() レイピア ファルシオン
ファイアーエムブレム→封印の
クリス(マイユニット) 任意 なし

設定は変わらず。
前作同様クラスチェンジなし、Lv上限は30上限は全て25、全味方に支援効果がある。

今回はオーブ欠片が「成長率補正」から「持っている間だけ値が僅かに上昇」という効果になった。その結果、オーブがはめ込まれた封印のにも全+2の効果がつき、その増しによって実質全上限27とかなり強くなっている。

今回のメディウスは、ハードの時点で守備が30以上という恐ろしい堅さを誇るため、前回とは逆にファルシオンを持つマルス以外ではまともなダメージが入らない。頑って鍛えよう。

また今回の作品の玉として、「英雄マルスに対して「影の英雄」と称される「マイユニット」がいる(デフォルトの名前はクリス)。
これは、作中で自分の分身として性別、髪型や顔、初期クラス、いくつかのプロフィール(初期や成長率のボーナスになる他、特定の会話が変化する)を設定し、マルス王子の側近として物語に参加できるというものである。
他のユニット同様兵種変更やCCもでき、どのクラスでも自軍最強になれる性だが、自分の分身であるため倒れるとゲームオーバー

覚醒

名前 下級 CC 上級 専用武器
クロム ロード() マスターロード() レイピア ノーブルレイピア
封剣ファルシオン神剣ファルシオン
ルキナ ロード() マスターロード() レイピア ノーブルレイピア
裏剣ファルシオン
ルフレ
(マイユニット)
戦術師(魔法) 軍師(魔法) なし
マーク (配偶者の下級) なし

名前 クラス 専用武器
マルス(配信) スターロード() レイピア ノーブルレイピア
ファルシオン(3種類全て)

今作の主人公であるクロムはイーリス王・エメリナの。自ら自警団(事実上のイーリス軍)を率いる軍団長でもあり、王族でありながらアイクに近いタイプ。性のほうも安定して高く使いやすい。
専用武器の「封剣ファルシオン」は鋼の程度の性だが限に使用できる。終盤のイベントで「神剣ファルシオン」に変化し、HP20回復効果と裏剣ファルシオンえる攻撃を得る。

もう一人のロードであるマルス(仮)は、仮面で顔を隠し古の英雄王であるマルスの名を騙る謎の男?で、なぜか世界に一つだけしかないはずのファルシオンを持っており、マルスの名に恥じない実を持つ。その正体は未来からタイムスリップしてきたクロム、イーリス王女ルキナである。
こちらの「裏剣ファルシオン」は並の高性で、具として使うとHP20回復できるおまけ付きである。

今回の主人公しい点としては、フリーマップ限に育成できる関係で、他のユニット同様マスタープルフでクラスチェンジでき、チェンジプルフで他のクラスになることもできてしまう点である。
ロードと言うクラス自体も強く、スキルとしては援護攻撃が出やすい「デュアルアタック+」や周りのユニット支援する「カリスマ」が手に入る。上級職はマスターロードでも使える歩兵ロードであり、義「天空」、あらゆるスキル発動率が上がる「王の器」と、どちらも反則級の性を誇る主人公補正スキルも習得可
ロード」という職業自体は子供には引き継げないが、男なら「王の器」、女なら「天空」がクロム自身が覚えていなくても強制的に遺伝する。

今回も登場したマイユニット(デフォルトの名前はルフレ)は開始時に見た、性格(ボイス)、の得意不得意を1つづつ自由に決めることができる。さらに、チェンジプルフで大半のクラスになることができるなど強である。
専用クラスの戦術師は魔法を使う複合クラスで、全満遍なく凄い勢いで伸びていく。スキルダブル経験値を多くもらえる「戦知識」、近くの味方を支援する「方」を覚える。上級職は烈火の剣の最高称号と同じ軍師で、武器に魔の半分または魔法の半分を上乗せする義「炎」、近くの味方の全を一時的にアップする「七色の叫び」はである。なお、戦術師及び大半の下級職になれるという特徴は自分の子供にも遺伝するため、必然的にマイユニット子供はとてつもなく強くなる。
ストーリー上でも重要な位置を占めているようだが…残念ながら開始時は記憶喪失でわからない。当面は自分で思い出してほしい。

便宜上ここで紹介するが、子世代ユニットとして「自分の子供」であるマーク仲間になる。
本来の(母親依存の)子供とは別に登場し、マイユニットなら本来の子供とも兄弟関係も発生する。
自分と性別が逆のマイユニットの容姿で髪色と初期クラスは配偶者のものになる、ロード踊り子などは引き継げず戦術師で登場するが、タグエルマムクートは遺伝しその性質を引き継ぐ。
烈火の剣マークとは逆に、明るくおしゃべりで行動がフリーダムなため、そこから繰り出される会話は愉快なものとなる。
的には、何せ自分の子供であるため、どう転んでも弱くはならない。間違いなく自軍最強ユニットである。

なお、DLCやいつの間に通信で仲間にできるマルス・マルス王子・マルス王スターロードという特殊クラスになっている。しか装備できないがロード専用のレイピア系やファルシオン系を全て装備可。またどれも特殊なスキルを初期習得している。

if

名前 下級 CC 上級 専用武器
カムイ
(マイユニット)
ダークプリンス(石)
ダークプリンセス(石)
の血族(石・) ガングレリ
夜刀神
ダークブラッド(石・魔法)
カンナ ダークプリンス(石)
ダークプリンセス(石)
の血族(石・) なし
ダークブラッド(石・魔法)

クラス 備考 専用武器(amiibo英雄)
スターロード( 必殺+5、命中・回避+10) Lv上限40男性専用 神剣ファルシオン
ヴァンガード() Lv上限40男性専用 神剣ラグネル
マスターロード() Lv上限40女性専用 裏剣ファルシオン
軍師(魔法) Lv上限40男性専用 トロン

今作はルートごとにタイトルが3分割、さらにFE史上初の「マイユニット主人公」という新しい試みが行われている。
デフォルトネーム男女ともに「カムイ」で、容姿・性別を自分好みにクリエイト。さらにシナリオが進むと、自身の生まれたである「白夜」について戦うか、育ったである「暗」を内部から変える戦いに挑むか、どちらの勢にも与しない「第3の」を選ぶか、いずれかをプレイヤーが選択することになる。
今回もの得意苦手が選べ、さらにロード以外のもう一つの素質も自由に選ぶことができる。
覚醒や新紋章のマイユニットのように無双できる性ではないが、色々な役割を持つことができる。
また、主人公のみバディプルフ対が『同性かつ支援Aの相手』となり、最終的には選択したルートの特殊職以外全ての職になれる事も。

今作ではロードでありながらマムクートとしてのも備えており、変身して攻撃ができる。
専用武器は「ガングレリ」と「夜刀神(やとのかみ)」2つ。
序盤でのみ使用可で途中で失われるガングレリは序盤の序盤ということを考えると強な武器である。だが、そのにはある秘密があり…
なお、戦闘実績報酬ででも装備可な武器ランクBのとして大幅にパワーアップした「魔剣ガングレリ」が入手可だが、これは使用するたびにHPを失うエグいなのであまり使うことはいだろう。

夜刀神は最初は少し強い程度の能力だが、ストーリーが進むにつれて徐々に強な武器となっていく。フォルムも変わっていき、白夜編の「夜刀神白夜」は和らしくなり、暗編の「夜刀神・暗」はを宿した長になる。それぞれ、リョウマとマークス器「雷神」「ジークフリート」を思わせるデザインである。また、第三のルートでの「夜刀神・終」は某昔のRPGで出てきた神殺しのアイテムを髣髴とさせるデザインになる。
ちなみに「夜刀神・終」でった場合、必殺時でなくともヒット時の音が必殺時と同じ音になる。なお、夜刀神系列の武器は装備しなくても持っているだけでステータス上昇の効果がある。
もう一つの武器である石は魔法扱いの攻撃であり、技・速さが下がる上に追撃不可となるが、一発の威と命中が高く守備と魔防が大幅に上昇するので、役や攻の追撃、削り役に適任である。
の血を色濃く継ぐという設定のためか、石を装備してなくても特効を受けてしまう。

スキル経験値1.2倍の「高な血統」と、技×3/4で自身の攻撃の半分をダメージに上乗せする「穿」を覚える。ちなみに「穿」は、ロード職でのみ専用のアクションとなる。
上級職は白夜なら「の血族」、暗なら「ダークブラッド」となり第3のでは両方から選べる。
の血族はバランス良いステータスになり、による回復・補助が可となる。スキルは隣接する味方のダメージを相手の幸運÷2確率で半減する「」、スキル発動率が+10される「白夜」と解りやすい性
ダークブラッドは魔速さ・魔防など、魔法関係のが伸び石や魔法が使いやすくなる。もしユニットメイクで選んだ特性が『頭が良い』ならより魔法のほうが強いため、サンダーソードで戦うことも選択肢に入ってくる。スキル戦闘後敵の全を-4する「呪」と、戦闘時に攻・防相手が持つ『戦闘時に発動するスキル』(各種スキルカウンタースキルなど)を拝借できる「暗」と、少し捻ってはいるが強
上級職はどちらも仲間と一緒に戦うことを意識したスキルになっており、白夜と暗が両方あるとシナジーを発揮するようにできている。

主人公以外では、主人公子どもカンナ仲間になる。主人公との性別とは逆の性別となり、今作ではマイユニットの場合は一固定の息子がいる女性キャラアクア息子と、の場合は父親依存子どもとは別に登場しきょうだいとなる。髪の色主人公の伴侶の色となる。
初期職はカムイ同様男性なら「ダークプリンス」、女性なら「ダークプリンセス」固定で、登場外伝ではとして登場する。職資質は親のメイン職と主人公サブ職資質を持つがアクアの場合は天馬武者となる。主人公とは違い1つのセーブデータで多くの職業にはなれない点には注意。
なお、『覚醒』のルキナとは異なり、カンナのきょうだいもパラレルプルフを使用することで「ダークプリンス」「ダークプリンセス」及びその上級職「の血族」「ダークブラッド」にクラスチェンジが可である。カムイカンナ以外の全ての異性キャラクター結婚できるが女性親固有のキャラアクア息子であるシグレしかいないため、男カンナのきょうだいは全ての子世代キャラが可性として上がるが、女カンナのきょうだいになれるのはシグレのみ。

またamiiboと連動させることで、異界の英雄マルスアイクルキナルフレ仲間に加えることが可。それぞれオリジナルに準じた専用職・専用武器を持っている他、amiibo英雄が店番にいるときのみ、彼らの専用武器を模した武器を購入可。ちなみに模擬武器は錬成可
さらにDLC覚醒との邂逅」にて友軍全員生存クリアすることで初回のみ、男性が『スターロード』になれる「英雄王の紋章」、女性が『マスターロード』になれる「の紋章」を一つずつ入手でき、主人公以外でもロード職になれるようになった。それに加え、DLC「見えざる史実・前」では『軍師』になれる「邪の紋章」、DLC将の試練場」では『ヴァンガード』になれる「将の紋章」をマップクリアのたびに入手できる。どちらも男性専用。

Echoes

名前 下級 CC 上級 CC オーバークラス 専用武器
アルム 戦士() 勇者() オーバーロード()
スキル射程+1」

ファルシオン
セリカ
(魔法)
プリンセス
(魔法)
メイ
(魔法)
ソフィ

アルムは高い初期値・成長率で最初から最後まで頼りになる。CCを使えるようになるが、射程は1-2で固定なのでリメイク前よりは弱体化している。「王」の戦技「獅子連」は高命中の2連続攻撃と強義「覇」は射程3の一撃。DLC追加のオーバークラス『覚醒』に登場した子孫と同じオーバーロードだが、あちらと違い歩兵スキル射程+1」が加わりより強になる。

セリカバランスの良い値で使いやすく、習得魔法は「エンジェル」「サンダー」「リカバー」「エクスカリバー」「ライナロック」と使いやすいものがっている。専用武器の「宝ソフィア」は初期装備の「の短」を錬成することで入手できる。義「ライナロック」は高火力の一撃。オーバークラスメイヴで、「オーラ」を追加習得する。

風花雪月

名前 特殊 CC 特殊 専用武器
ベレト/ベレス 平民
最大HP+5
ニルヴァーナ
(・格闘・信仰・揮)
の達人 地形耐性
なる
天帝
天帝の覇

名前 特殊 Lv.10 中級 CC 特殊 専用武器
エーデルガルト 貴族
最大HP+5
ロード
(D+
揮C)
カリスマ
魔防+2
手加減
アーマーロード/カイリン
(揮・重装)
カリスマ の達人
威風堂々/
アイムール
ディミトリ ハイロード/マスターロード
(揮)
カリスマ の達人
威風堂々/幻月
アラドヴァル
クロード ドラゴンロード/バルバロッサ
(揮・飛行)
カリスマ の達人
威風堂々/風神
フェイルノート
ジュディット

括弧内は資格試験に推奨される技レベル、もしくは技経験値ボーナスを得る技の種類
斜字…兵種マスターで習得できるスキル 太字…兵種スキル ※…兵種固有戦技

本作の主人公はあくまで先生ことベレト/ベレスであり、ロード資格を持つ3人の級長は厳密には主人公ではない。よって、名義上は「主人公ロードではなく、かつ主人公でない人物がロード」という稀有な作品と言える。

そして、本作の「ロード」は、「級長3人だけがCCであることを除けば単なる中級職の一つ」という扱いである。それとは別に、第1部最終盤~第2部開始で級長が専用兵種にCCし、第2部途中でさらにその上位の兵種にCCする。
よって、別にロードになることを強いられることはない。……というか、資格を取るためには剣術が多少必要になるが級長は全員剣術得意にはなっているものの明確な武器が他にありを進んで使う理由がない。そして、「手加減」が物しい程度で特別優れた性を持つわけでもないので、むしろ実用性の面でロードになるべき理由は特にない
資格に必要なのはだがにも少しボーナスがあるので、専用兵種を考慮してもそこそこ噛み合うディミトリはまだ筋が通るが、それ以外の2人は適性をまるで視してまで選ぶ理由は乏しい。
ロード」という兵種が存在しているのにこれほど存在感が希薄だったこともないであろう。

専用兵種に関しては、エーデルガルトアーマー、ディミトリは歩兵クロード飛行と三者三様である。ディミトリは本編シリーズでは過去と被る兵種名も示すようにわりと正統派だが(もっとも、上級職にあたる兵種でメイン歩兵なのは初だが)、エーデルガルトヘクトル以来の種別のロードクロードに至っては移動タイプも得意武器も異例なロードとなる。
それぞれ2兵種あるが、その間で大した違いはない。マスタースキルがそれぞれ、前者は全て「威風堂々」(幸運魅+4)、後者で専用の戦技を習得する。
3人ともユニットはかなり高く、を共にしている限りは大抵となるだろう。
なお、一度強制的にCCするだけで、後から普通に別の兵種に変えることもできるが、実際に変えることは少ないだろう。

あと、NPCの1人で、同盟の諸侯であり敵として戦うこともあるジュディットも何故かロードである。別にとりたてて重要な人物でもないのだが、FE史上初の純正NPCロードとなる。

主人公ベレト/ベレスは、第1部の途中でニルヴァーナCCする。
を得意としつつ「魔法が使える兵種」でもあり、得意なのは信仰(魔法)だけだが都合上攻撃魔法も回復魔法も使えるので、言わばの血族とダークブラッド合体したような戦いができるという言い方もできる。
成長率がたいため器用貧乏に陥ることもあるが、兵種として汎用性が高く、級長同様一度なってしまったら以降ずっとそのままになることが多いだろう。

余談だが、本作の兵種の名前には、どこか本作に通じるものがあるコーエーRPGジルオール』から取られているものがあるとインタビューられているが(リンクexit)、ニルヴァーナはそれに当てはまる(他には魔法系のグレモリィなど)。

無双

名前 下級 CC 上級 専用武器
シオン ロード() マスターロード() リクシアン
シルベリオ
リア
ダリオ ロード() マスターロード() ジル
カムイ(女) ダークプリンセス() ダークブラッド() 夜刀神
カムイ(男) ダークプリンス() の血族()
クロム ロード() マスターロード() 封剣ファルシオン
ルキナ 裏剣ファルシオン
ルフレ 戦術師(魔道書) 軍師(魔道書) トロン
マルス ロード() スターロード() 神剣ファルシオン
リン ロード() ブレイドロード() ソール・カティ
セリカ 官() プリンセス() レディソード

本作ではルフレを除けば全員使いであり、ダリオスのみNPC専用キャラ

全員成長の傾向が異なるため、ステータスだけでも十分差別化はできるものの、上記のロード勢以外でも使いの数がとにかく多いので、異なる特効を付与させたり、武器特性の「三すくみ反転」や「物理魔法反転」などで区別させたい(特にファルシオンなどの特効勢)。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP