今注目のニュース
交際中に送った裸写真「変なコトに使われるかも」と不安 削除してもらえないの?
『24時間テレビ』4人目ランナーの水卜麻美アナに「やっぱり!」の声
勤続5周年祝いに社員のフィギュアを制作する会社が話題!CEOの「面白そう!」で実現

サザビー単語

サザビー

掲示板をみる(174)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

サザビーとは以下のものをす。

  1. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するモビルスーツ
  2. ファッションブランド、生活用品などを販売している企業

当記事では1について記述する。

概要

サイコミュファンネルを装備したニュータイプ専用モビルスーツ式番号はMSN-04。
ネオジオンが設計し、アナハイムエレクトロニクス社が開発、同社グラナダ工で製造を担当した。
重装甲と多な武装から防御火力に優れ、全身に装備されたスラスターとアポモーターによって、量産機より高い運動を有している。
シャアの専用機であることから、機体色は真紅となっている。
武装:ビームショットライフル メガ粒子砲 ビームサーベル ビームトマホーク ミサイル ファンネル

機体性能

サザビーが登場した第二次ネオジオ戦争の時代は、ドーベンウルフ等に代表される第四世代MS(MA並の高出機関装備、高出メガ粒子砲装備、サイコミュ装備の多機高性機)からシンプルで汎用性の高いタイプへ回帰したMSが多い。が、サザビーはサイコミュを操縦系に組み込み、メガコンデンサー直結メガ粒子砲を搭載、むしろ第四世代MSに近い機体になっている。但し、それでも第一次ネオジオ戦争時の様な重武装山盛りではない。

元々シャア専用機としてはギラ・ドーガサイコミュを組み込む方針で開発が進んでいた。これが後のヤクト・ドーガだが、ギラ・ドーガの発展ではシャアの専用機としては性不足と判明。かと言って性追求して開発すると大MAになってしまう・・・という中、サイコフレームを初期の設計段階から採用することにより、構造体にもサイコミュを持たせることに成功。ヤクト・ドーガかに上回る追従性を持ちながら、25mサイズに収める事に成功した。

また、ガンダリウム系合の新開発によって装甲材の強度が増し、重装甲大機でありながらさして重くない、という機体になった。さらに多数のロケットモーターが内蔵されたため、大の機体にもかかわらず機動性、運動性も高い。

機体にあわせて武装面も充実しており、ヤクト・ドーガと同タイプファンネル六基と、部にはメガ粒子砲が搭載されている。この他にビームトマホークビームサーベルシールドマウントされたミサイル三発、ビームショットライフルという、実に多岐にわたる装備を可にしている。

設計段階からして既に『赤い彗星シャア・アズナブルの専用機となることが決まっていたため、機体色は真紅となっている。

νガンダムと比較して

武装

サザビーは前述の通り、手持ち・着脱可武装としてファンネルビームショットライフルビームトマホークビームサーベルシールドミサイルと多岐にわたる武装を装備。ビームショットライフルはこの時期のMSとしては破格の出を誇り、実はメガ粒子砲よりも出が高い(ライフル10.2MW、メガ粒子砲8.8MW)。その出を生かし、近距離に踏み込まれた際は散弾として発射、面制圧で敵を撃破する事も可である。

また、メガ粒子砲を装備しているのも大きな特徴で、こちらも拡散メガ粒子砲として使用可。定格出自体はビームショットライフルより低いが、ジェネレータ直結である為威はこちらの方が高く、複数のMSをまとめて薙ぎ払ったりアクシズ岩盤を吹き飛ばしたりと劇中でも活躍している。但し、強味である伝導ケーブルによるジェネレータ直結式は同時に欠点でもあり、エネルギーの消耗が大きいので機体のパワーダウンを引き起こす可性がある。劇中ではパワーダウン状態で撃った時は攻撃が低下してしまった。(それでも、ギラドーガの頭部を吹き飛ばしたνガンダムバルカンを押し留めるだけの威はあったが)

近接戦武装のビームトマホークは大ビームサーベルにもなり、その一方、電を回さなくてもヒートトマホークとして使用可な万武器である。劇中ではそれを投擲してライフルを破壊するなどの器用な場面を見せている他、さらに予備のビームサーベルを2本装備している。

一方、νガンダムも負けず劣らず多な武装を装備している。代名詞のフィン・ファンネルグレネードランチャー装備のビームライフル、頭部固定の90mmバルカンニューハイパーバズーカミサイルビームキャノンを内蔵したシールドビームサーベル背中メイン1+予備1)、マニピュレータにはトリモチランチャーとダミー発射機。特徴的なのはシールドで、裏面にビームキャノン、先端裏面にミサイルを装備。このビームキャノンを稼動させる為のジェネレータも装備しており、シールドというよりは多的統合兵装といえる。

更に、ビームライフルはEパックを使用せず、エネルギーCAP式である。これは要するに『手持ち式のメガ粒子砲』で、ジェネレータから直接電を供給する。更に、出切り替え機があり、最大出では戦艦並の威が出せる。ただし、対サザビー戦ではもっぱら普通ビームライフルとして使用していた。

それらを踏まえてライバル同士の武装をべると・・・

ファンネルについては、サザビーのファンネルメガ粒子や推進剤が尽きてもファンネルラックに戻せば再補給が可で長時間運用可な点が優れており、一方ファンネルを壊されてしまうとラックがデッドウェイト化するのが欠点。フィン・ファンネルは大故の持続ファンネルリアが利点だが、再補給ができない上に収納時の重量なども問題となる。双方一長一短と言った様相だが、実際に劇中では互いが互いを撃墜するなど互の戦いを見せていた。

シールドνのものが攻撃的な多的兵装、サザビーのものは先端のミサイル(と裏面に装備されたビームトマホーク)以外は『』であり、そもそも性格が違う。ただ、サザビーのシールドは新ガンダリウム合を使用しコーティングを施している為、裏面にヤバそうなものがついてるついてないを抜きにしても頑丈な様である。近接武装については、ビームトマホーク仕様から考えてサザビーの方が高威と考えられる。そもそもジェネレータ出はサザビー3960kW、νガンダム2980kWなので、ビームトマホークの特殊機がなくてもサザビーの方が上かもしれないが。

射撃戦武装については、高威な武装をふたつだけ(ライフルメガ粒子砲)装備するサザビー、ライフルバズーカビームキャノンバルカンと多な武器を装備するν、と明確な違いがある。サザビーの方がシンプルにまとまっていると言えるだろうが、νライフルを破壊されても他の武装で戦闘継続できる冗長性の高さがある(一応、ライフル以外は何かしら欠点のある武装ではあるが)。論、その分、劇中のアムロの様にポイポイ武器を捨てる判断められる訳だが。

総合的に見て、大量の量産機を相手にできる武装を備えつつエース機との戦闘にも対応し得るサザビー、汎用性もあるしエース機の相手ならそれこそ「まかせろーバリバリ」のνと、それぞれの運用に適した武装を装備していると言える。どちらが優れていると言うより、どちらも運用的にマッチした武装を装備している、と言うべきだろう。

シャアが率いるネオジオンは生産拠点であった小惑星アクシズを喪い、機動兵器を始めとする装備をスポンサーであるアナハイムエレクトロニクスを頼っていた。故にただでさえ数で連邦を上回った歴史ジオン側としては、少数で多数を相手にする羽にならざるを得ない訳で、サザビーのメガ粒子砲(多数の敵を一網打尽にできる)やビームショットライフル(乱戦になったら散弾でお帰り願う)はネオジオンの状況に適している訳である。

重量、機動性

サザビーは(特に某ガンダムvsガンダムシリーズ3Dモデルのせいで)デブというイメージが強く、デブ重い重い機体を理矢理高出ラスターで動かしてると考えられがちである。更に『サザビー→重装甲高火力中機動』『νガンダム→中装甲中火力高機動』と較されがちでもある。しかし、原作を見たりプラモデルを作ったりするとわかる(特に同スケールジ・Oべるとわかりやすい)が、実際にはデブではなくデカいMSである。そりゃ25mもあるんだから当たり前なのだが、特に設定画の手癖から実際よりシルエットが大きく見えるということもあり、立体化の際には議論を呼ぶ事が多い機体でもある。

その為、一般的なイメージべて実は軽い。νガンダムの本体重量は27.9t、サザビーは30.5t。実に2.6tしか違わない。ちなみにジェガン21.3t、ギラ・ドーガ23t。むしろνが意外と重いと言うべきか。なんだかんだでν量産機よりは大きく、ガンダリウム系装甲を採用(量産機チタンセラミック複合材)しているので当然と言えば当然だが。但し、全備重量はνガンダム63.0t、サザビー71.2t、ジェガン47.3t、ギラ・ドーガ50.8tとサザビーが大分重いMSの重量設定自体が適当だというのは言ってはいけない。

とは言え、大ファンネル(当然重い)に加えてビームキャノンにジェネレータまで内蔵したライフルバズーカ、と明らか武装が重そうなνガンダム35.1t増加。一方ビームショットライフル以外は小ファンネルサーベル系しかないサザビーは40.7t増加している。恐らくサザビーの全備重量は結構な量を推進剤が食っていると思われる。実際、サザビーの総推133,000kg、νガンダム97,800kgとべて明らかに高く、背中についているプロペラントタンクも、あの大きさでありながら最大出だと90ぐらいしか戦闘時間は延びない

逆に考えると、武装をポイポイ捨てたνと同様、長時間戦闘し続けたサザビーはνとのタイマンになった時点で相当推進剤を使っていたで、かなり軽くなっていた。となると、サザビーの自重というハンデはほぼなくなっていた上単純に出も推もサザビーの方が高く、武装の冗長性というν###この執筆者はネオジオ諜報部に粛清されました###

ただ、当然と言えば当然ながら、設定資料集などではあくまで漠然と「全身のアポモーターと高推ラスターで大MSとは思えない機動を得た」という感じで書いてあるだけであり、νガンダムとサザビーの運動性・機動性はどの様に違ったのかはである。多分永遠にであろう。後付設###この執筆者はネオジオ諜報部に粛清されました###

尚、この時代になると連邦MSプロペラントタンクを付けていない。アレは燃料タンク故に活動時間が延長できる代わり、あそこに被弾したら大爆発不可避の危険物という事で『汎用性』重視の潮と特に連邦軍がMS単体での長時間行動を想定しない所もあって当時のMSからはかれる傾向にあったのである。にも関わらずわざわざ重装甲にした総帥専用MSに付けているのは、稼動時間を増やすことで戦差を補う側面がある。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP