ファイナルファンタジーⅡ単語

ファイナルファンタジーツー

ファイナルファンタジーIIとは、スクウェア(現 スクウェア・エニックス)が ファミリーコンピュータ向けに1988年12月17日に発売したコンピュータRPGである。略称はFF2、FFII。

FFシリーズ第2弾。前作よりグラフィックや演出、サウンドが向上し、全体的にボリュームが増加している。しかし、ファミコン版のROM容量はFF1と同じ2メガである。

前作と並んで非常に多くのハードにて移植リメイクがなされており、オリジナル版はMSXファミコンFF1・2)で、リメイク版はワンダースワンカラープレイステーションゲームボーイアドバンスプレイステーション・ポータブル携帯電話アプリiPhoneiPod touchで発売された。
Wiiバーチャルコンソールではオリジナル版そのままに移植された(「もうもく」の表記など一部修正あり)。

本編開始々いきなり戦闘から始まる事でも有名。しかもなすすべもなく全滅という衝撃的な幕開けは当時のプレイヤーインパクトを与えた。リメイク版以降はストーリーデモを挟んでからの戦闘に変更されており、演出面が強化された。

システム

FF2は後にサガシリーズプロデューサーとなる河津秋敏氏がバトル調整を担当しており、特に戦闘関連で前作FF1や、これ以降のシリーズと大幅に異なるシステムが採用されている。

ストーリー

ヒルダ「はやくきて じらさないで・・」

フリオニール・・・・ゴクッ・・・・

本当は

強大な軍事帝国・パラメキア帝国は、その軍事地獄から呼び出した魔物を使って着々と世界を征しつつあった。

フィンはこれに対し抵抗をするが、その圧倒的な戦差の前に戦況は思わしくなく、ある時フィンを裏切りパラメキアに寝返った伯爵がいたためにフィン敗北フィンを占領されると共に、フィンの影下にあったどの町も占領されてしまう。

こうしてパラメキア帝国世界征服は実質的に了した。

敗れたフィンの王族、ヒルダ王女は落ち延びて辺の町・アルテアへと撤退しなければならなかった。
しかし抵抗を諦めたわけではなく、自らが先頭に立って反乱軍を組織。フィンを奪回するチャンスを狙っていた。
アルテアへと避難してくる途中の王女に助けられた少年らは、反乱軍に参加する意志を見せる。

キャラクター

フリオニール
フリオニール
フィンに住む青年マリアレオンハルト幼馴染
マリアレイラアタックに迷いつつ偽ヒルダの誘惑にも傾きかけるなど純情な一面を持つ。
マリア
フリオニールと同じくフィンに住む少女フィン脱出の際に行方不明を探している。
ガイ
同じくフィンに住む青年。大柄で持ち、寡黙だが動物の言葉を理解できる。なお、この設定については、小説版では「10歳までに育てられていたため」という理由づけがされている。
レオンハルト
マリアフィン陥落の際に行方不明になるが……
ミンウ
偉大な白魔導士反乱軍の参謀的立場。
彼の末路は涙しではれない(いろんな意味で)。
ヨーゼフ
サラマンドに住むダディクールかどうかは不明。ハゲ
フィン帝国敗北した原因の一つとされる、武具の素材金属ミスリル」の調を命じられているが……
ゴードン
カシュオーン第2王子
アルテアに身を寄せているが、カシュオーン陥落の際にを見捨てて一人だけ逃げ出してしまった事を悔やみ、ウジウジしている。
フィン王から後を頼まれたとは言え、フィンを取り戻した後は普通フィンの玉座に座っている。カシュオーンは?
レイラ
海賊旅人を騙して舟に連れ込み身包みをはいで追い出すという手口で荒稼ぎしていた。
が、フリオニールらに返り討ちにされて心。
リチャード
ディスト竜騎士の最後の一人。
ディストが滅ぼされた際にはアルテマ探索のに出ていたため難を逃れたが、ずっとリバイアサンのの中でgdgdしていたらしい。
改造してロビンマスクとか言う名前付けるなよ!絶対だぞ!
ヒルダ
フィン国王女。意志が強くリーダーシップを発揮する女性だが、気を利かせてフリオニールらを迎えに行けば拉致され、下手に前線に出て任務に参加しようとすればあっさり誘拐されるなど、行動が裏に出る事が多い。しかも自らのフィンに伝わる言い伝えをよく把握していないとか。
ポール
忍者なのか盗賊なのかよく分からない人。本人が言うには帝国からしか盗まない義賊との事だが、凧でを飛んだりした事があるらしいので怪しい。
シド
シリーズ最初のシド。港町ポフトで、舎一人とともに飛船による運送業を営んでいる。元フィン白騎士団長と言う立な人物であったが、飛船にハマって仕事を投げ捨ててしまったらしい。
当然ながら飛船に詳しく、同様の原理で稼動している大戦艦の破壊作戦において重要なヒントをくれる。また、複数の町を根こそぎ瓦礫の山に変えてしまう規模の竜巻から、一人で飛船を守り抜くという離れ業もやってのける。
「いいか、貸すだけだぞ」という名台詞を残して死亡FC版では若作りなグラフィックだが、本当は高齢のヒゲおじさんである。
皇帝
こうてい(FC版)
パラメキア帝国皇帝ウボァー
巨大な竜巻を生み出しコントロールするほどの強大な魔に加え、戦闘中エリクサーを連打するなどの方もトップクラスを誇る「FF2」最後の大物。一度死んで地獄に行くが、地獄パワーアップして自で生還(?)するあたり「地獄の沙汰も次第」とはよく言ったものである。
断末魔ウボァー」はあまりにも有名。「ディシディア ファイナルファンタジー」へ出演した際には声優による「ウボァー再現に留まらず、ストーリーを進めるとより手な「ウボァー」が聞けるというこだわりっぷり。他のキャラとの掛け合いでウボァーに対する突っ込みまである。
ちなみに小説版では「マティウス」と言う名前があり、上記の「DFF」での最強武器の名前が「マティウスの悪意」であったり、「FF12」や「FFTA」で明らか皇帝を意識した召喚獣「マティウス」が登場するなど微妙公式化している。ただし小説版FF2以外で彼が「マティウス」と呼ばれたことはない。

地名

アルテア
スタート地点の町。
反乱軍の拠点があるため、フィンを奪回するまでは暫くここを中心にストーリーが進む。
なおFC版ではアルテアがある岬の南端は隣の地域の敵が出現するため、ゲーム開始直後に間違って南端に行くと殺される。
ガテア
フィンを挟んだ反対側に位置する村で、に囲まれた小さな村。
どう見てもフィンの前だが、なぜか占領はされていない。
フィン
かつてパラメキア世界を二分するとまで言われていた大。大きなと、その下町からなる。
下町は美しい町と言われて居たが、帝国軍に占領されてからはかなり荒れ、中をモンスターが闊歩するようになってしまった。
この町の場はストーリーの都合上大変入りにくい場所にあるが、客はいっぱいいる様子。
パルム
フィンから見て東の方角にある港町。
同じ港町のポフトと交易が盛ん。と言うか港町はパルムとポフトの2つしかない。
ポフト
パルムから北東に暫く行ったところにある港町。港の他、シド運営する飛空挺の発着所もある。
パルムから徒歩でも来れるがだいぶ遠いので、船に乗ってくることの方が多いだろう。
店の売り物はパルムとほぼ同じ。
サラマンド
ポフトからさらに北にある町。原に隣接しており、常にに覆われている。
ミスリルが採れる鉱山に近いため、帝国の占領下となっている。
バフスク
ポフトから東にある町。
帝国の占領下となっており、高台の上で大戦艦を建造させられている。
カシュオーン
バフスクから暫く南へ下ったところにあるに囲まれている。
帝国に滅ぼされたため、今はにはモンスターしかいない。
ディスト
バフスクから東の方角にある
竜騎士飛竜が住んでいたが、それを危険視した帝国っ先に攻め落とされる。
ミシディア
魔導士の町。
大昔に地獄パンデモニウムがこの世に現れたときに、究極の魔法を編み出して世界危機を救った魔導士たちの末裔が住む。
魔導士たちは究極の魔法を封印すると共に、魔法国家間の争いに利用される事を恐れ、辺の地に移り住んだ。
の地に移り住んできたとは言え、特に排他的な町ではない。
ど全ての魔法が売っている他、武器防具も店で買える中では最高ランクのものがっている。
周辺のモンスターはかなり強いが、何とか頑って序盤のうちにここまで歩いてきて装備を整えようとする人もいる。
パラメキア
世界を征した軍事国家
位置的にはカシュオーンの南にあるが、は険しい岩山の上にあるため、歩いてきても立ち入る事は出来ない。
ハノン
後述の「ソウルオブリバース」に登場する町。
要するに異世界の町である。

ソウル・オブ・リバース

GBA版にて初登場した、クリア後にプレイできる追加シナリオGBA版をベースとした後続の移植リメイクでもこの追加シナリオは入っており、PSP版、iPhone版、iPod touch版でもこの追加シナリオプレイできる。

大まかな内容としては、本作のストーリー上で死亡したキャラクター達が、死んだ先で行き着いた世界での話となる。

登場人物はミンウ、スコット、ヨーゼフ、リチャードの4人。
スコット以外は本編仲間になるキャラであり、本編パーティから抜けた時点のステータスや装備を引き継ぐ。
ソウルオブリバース」は、本編のようにゴブリンから始まるような順を追った難易度ではないため、前もった育成の出来る3人を十分に育てていない場合、序盤でいきなり詰む可性がある。

秘紋の迷宮

PSP版で新たに追加されたダンジョン。ポフトの町の周囲に計4つが点在している。このダンジョンは他とべて変わっており、「紋」、すなわちワードメモリーシステムを駆使して進むシステムになっている。「ソウルオブリバース」と異なりクリア後まで待つ必要はく、ゲームの進行に合わせていつでも挑戦できる。

バグ技・裏技・外道技 

余談

  • てったいしなければ ならかった
    フィン帝国の攻撃を受け、撤退しなければならなかった訳ではいが、てったいしなければならかった。要するに脱字・誤植。初代FC版と、FCソフトFF1・2」の説明書内に見られる。
    FF1・2」のソフト内と、WSC以降のリメイク版では「ならなかった」に修正されており、また携帯アプリ版など一部のリメイクでは「撤退をよぎなくされた」と言い回し自体が変更されている。
  • 回避率至上
      FF2では何よりもまず物理回避率が重要である。
    何故かと言うと、「防具の状態異常耐性は魔法や特殊技に対してしか機しない」ため。したがって、「物理攻撃の追加効果による状態異常」の発生は、例え全状態異常耐性を備えるリボンを装備していたとしても防げない。
    終盤では混乱、即死、HP吸収といった危険極まりない追加効果を持つ敵が出現するため、物理回避率の確保は本作攻略における至上命題なのである。
  • FF2は難易度が高い?
    発売当初から長い間、FF2は前作やこれ以降のシリーズ作とべると難易度が高い作品とされてきた。
    これには、「システム自体が突き詰めると回避率重視であるくせに、説明書ではそれについてろくに説明されていない」「攻略本ではABキャンセルパーティアタック等の裏技を使ったゴリ押しを推奨していただけでなく、後述する『魔法干渉値』等の重要な仕様について一切触れられていない」といった理由があった。
    しかし、解析と情報拡散が進んだ現在では、本作はそれほど高難易度とはされていない。
    むしろ「強化・即死魔法が強すぎるヌルゲー」とまで断ずる人もいる程であり、「全員初期HPクリア」「必要最低限の戦闘のみでクリア」といったやりこみプレイも達成されている。
  • 普通に進めるためのコツ
    「適度に苦戦する」ステータスのうち、重要なのは「素さ」「物理回避率」「魔法防御(=魔法回避率)」。素さについては後述するが、回避率と魔法防御は「敵から攻撃を受けないと」上がらない。そのため、ABキャンセルを封印して火力を抑え、全員前列に出して適度に敵からの攻撃を受けることが必要になる。
    過剰なパーティーアタックも不要。最大HPは中盤で1000、最終盤でも1500~2000もあれば十分。ただし、最大MPは上げ過ぎによって生じるデメリットがないため、宿代に困らない程度に上げてしまって構わない。
      ・「『回避判定率』を上げる」ステータス画面の回避率は「熟練度ー回避判定率」となっており、例えばこれが「8-95%」とあったら「95%確率で相手の物理攻撃を1ヒット分回避、これを8回(もしくは相手の物理攻撃の最大ヒット数が8未満ならその分だけ)行う」ことを意味する。したがって回避率の熟練度だけ上げても、回避判定率が0なら物理攻撃の素避けはほぼ期待できない。
    また、素さはこの回避判定率が高いほど上がりやすいので、その点でも回避判定率を高く保つことは重要である。
    対策としては、「を装備し、その熟練度を上げる」「物理回避率を上げる魔法ブリンク』を使用する」「素さを上げる」「金属などの重い防具を外し、やローブなどの軽い防具でコーディネートする」などが挙げられる。
    魔法干渉値」を意識する魔法干渉値とは装備品に設定されているデータで、これが高ければ高いほど魔法使用時の効果に悪影を及ぼす。マスクデータなのでゲーム画面上では一切確認できないが、基本的には「武器(含む)は魔法干渉値が高め安定(※GBA版以降では武器の魔法干渉値は全てゼロに)」「防具は金属製の物は魔法干渉値が高め、布製防具は低め」となっている。
    全く武具を装備しない、というのは現実的ではないので(それでも仕様を熟知していれば余裕でクリアできるが)、「物理攻撃体の者は重装備、魔法戦士は軽装備かつ魔法使用時は武器を外す」というに、役割に応じて装備させる品を変えるとよい。
  • 究極魔法アルテマ
    「究極の攻撃魔法」としてられ、ミシディアの最上階に封印されていた魔法アルテマ」。
    しかし、いざ使ってみるとその異様な弱さから、「こんなモンのために命を賭して封印を解いたミンウは駄死にじゃないか」と言われてネタにされるまでに至っている。
    具体的に言うと、熟練度1のアルテマを撃つと最大で数程度のダメージを与えられるが、バラツキがしいため全く安定しない。そしてアルテマはどれだけレベルを上げてもステータスを上げてもダメージがたいして増えず、「せいぜい500」で留まる。一方、その他の攻撃魔法は熟練度1ならこの半分以下のダメージなのだが、使い込んで熟練度を上げたりステータスを上げたりすればどの魔法5001000位のダメージ普通に与えられるようになる。 
    これではあんまりだと思われたのか、リメイク版ではこの点が見直され、「アルテマ習得者の全ての武器・魔法の熟練度を参照し、16に達している個数に応じて魔法攻撃が上昇する」特性が追加され、条件次第で9999ダメージ叩き出せる本物の究極魔法として復活した。

    ちなみにこれはバグではなく始めからこうなるように想定して作られていたようで、「アルテマは使用者がどんなに弱くてもあれだけのダメージを与えられる、という点で強い」と河氏は後にコメントしている。
    確かにMP消費1で数ダメージというのは破格の費用対効果であるし、アルテマ作成の背景には「パンデモニウムから押し寄せてくる魔物の大群を退けるために、戦闘員たる魔道士の大量確保と強かつ扱いやすい攻撃魔法が必要だった」とある。

ピコカキコ

2173 プレリュード(FFIIver)
3140 Battle Theme A
3134 Battle Theme B
3189 バンデモニウム城
1690 FC‐FF2 反乱軍のテーマ
3659 戦闘シーン2
3672 戦闘シーン3

関連動画

ダイジェスト・イベント

CM

TAS

BGM

関連商品

関連項目

ファイナルファンタジー本編リンク
- I - II - III - IV - V - VI - VII - VIII - IX - X - XI - XII - XIII - XIV - XV -

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

ファイナルファンタジーⅡ

214 ななしのよっしん
2018/12/01(土) 02:19:09 ID: i3sNnes70v
FC版だとデジョンはよほどレベルを上げなければ即死させられないから
戦闘で使ったことは余りかったな。
215 ななしのよっしん
2018/12/01(土) 17:21:52 ID: hJNt48OPpd
即死系と言えば、テレポはソウルオブリバースでミンウが使って猛威を振るった記憶
4人った時はまだパーティが未成熟だからテレポ使ってなんとかいでた
増してやソウルオブリバースの存在知らなかったからこの4人をまともに育ててなかったわ
今考えりゃFF4伝説のパーティと言われるくらいむさいパーティの時があったがFF2も十分むさいよな
216 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 02:29:57 ID: rGTwa+FPPZ
何度も周回してるが、何度遊んでも
フリオニールファイア&トード使いになる
性格出るなこのゲーム
217 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 16:13:07 ID: hJNt48OPpd
はどうしてもフリオ一人旅になるわ
218 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 15:31:36 ID: l4NFQdWhz3
ソウルオブリバース好き。でもあれミンウ強化だと詰むよね。
219 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 19:16:32 ID: hJNt48OPpd
他のキャラ強化だと詰む
リチャードシナリオ加入時期が本編で遅い影で強いのが救いだがそれでも他のキャラは強化しとかないとな
詰まない様にするにはSORでブリンク使って強化するしかない
220 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 18:37:28 ID: 0mB87p83r0
FC版のアルテマは、どういう理由であの弱さにしたんだろうな
設定的にはわかるが、ゲーム的には散々苦労して手に入れたのがゴミって、プレイヤーにとっては不満だろう
理して凝った設定にしなくても普通に強い魔法で良かったのに
221 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 19:33:31 ID: hJNt48OPpd
あの威が原因でミンウが不遇とか色々ネタにされたりしてるんだよな
究極魔法なのに威ファイア16>アルテマ16ならそりゃ不満だ
222 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 22:52:23 ID: EaL1brMEl9
初期のFFは「システム奇数ストーリー偶数」なんていわれていたけど、2はFFの中でもかなり奇怪なシステムだよな。
これがサガにつながっていくわけだが
223 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 23:32:47 ID: rGTwa+FPPZ
本編の弱さのせいでアルテマ=弱いというイメージがあって
ヤケクソ気味にゴーレムに撃ったら2000出たのはびっくりした

お前何でその性で来なかったよ

急上昇ワード