ガンダムTR-6[ウーンドウォート]単語

ウーンドウォート
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

  

昔 人がまだ宇宙に出たてのころ…

ある宇宙飛行士は
自分はカモメになった と言った

ガンダムになるよ

心はどこへでも行けるから

OVER THE MIND』
- ガンダムエース 2003.7 藤岡建機 -

 

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]とは、公式外伝ADVANCE OF Ζ』に登場するモビルスーツである。

元ネタは『ウォータシップダウンうさぎたち』に登場するウサギ「ウーンドウォート将軍」。更に元を辿ればシソ科やムラサキ科の植物に由来する。メカニックデザイン藤岡建機。

ガンダムTR-6とは

コンペイトウ技術局で開発が進められた量産型可変MS
TR計画の到達点、決戦兵器ガンダムTR-6[インレ]コアユニットとなるマルチロール機であり、その構想とスペックは最終的にMSの領域を越したものとなっていた。
そして、このTR-6こそある種の「最強」に近い存在だったと言われている。

少数精鋭のティターンズは多数の兵器を用意するよりも1機の機体で多大な戦果を挙げられる、すなわち一騎当千の機体をめた。“ティターンズの威と権限の徴”として相応しい機体には、一年戦争時に地球連邦軍、ジオン軍双方から恐れられる活躍を見せたRX-78-2ガンダム」が選ばれる。
このガンダム信仰とでも言うべき思想から生まれたのがTR計画ガンダムTR-1[ヘイズル]であり、ギャプランTR-5までの全てのTRシリーズは、インレ実験機に過ぎなかった。

TR-1ヘイズル・アウスラの設計で必要充分と感じたティターンズは、TR-1からTR-5までの開発・試験運用から得たデータを基に、ガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]を新たに開発した。
TR-Sヘイズル・フレアは「万化換装システム」を搭載しており、インレコアとなる予定だった。しかし軍部は万化換装システムの有用性の実に伴い、更なるアッパーバージョンの設計および既存機の規格統一・メンテナンス性の向上を的とした「機種統合計画」を要する。

この機種統合計画を織り込んで開発された一連の兵器体系のコードが「ガンダムTR-6」である。

目次

機体名をクリックするとページジャンプ
大百科マーク付きは個別記事のある機体。「」をクリックすると別ページに飛びます。

ガンダムTR-6[ウーンドウォート] ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]
拠点防衛形態/侵攻・殲滅形態 ガンダムTR-6(バリエーション

 

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]

WONDWART
ウーンドウォート
RX-124
ARZ-124WD(レジオン鹵獲機)
備考 強化人間人格OS
プリムローズⅡ
搭乗者 エリアルド・ハンター
アリシア・ザビ
シンシア
ダイアナ  他
兵装 コンポジット・シールドブースター
ロングブレードライフル
ロングヒートブレード
モビルビット/インコム
クロー・アーム
Iフィールド・ジェネレーター
背部ブースターポッド
バルカン/メガ粒子砲
頭部バルカンポッド
ハイメガ粒子砲とも換装可
各種オプション

TR計画の到達点にしてティターンズの最終兵器
3号7式OS換装プログラムBUNNyS(ヴァニス)」を軸とした万化換装システムの中核となる量産型可変MS
サイズと設定画のポーズの可らしさから女の子のようなイメージも持たれる一方で、機体形状から想像できないハイスペックを持っている。

その本領は、整備性の向上を的とした機種統合計画にある。
計画を反映したTR-6用のパーツは、いずれも既存の連邦ティターンズ機の機・設計を統合し、ブラッシュアップしたパーツである。
ウーンドウォートはそれらの装着を前提としており、背の可動式パーツドラムフレーム」を核として、上半身・下半身ユニットなどの様々なオプションパーツを装着するという極端なユニット構造を採用している。

ウーンドウォートのパーツは、大半が保持用ラッチ付きの物であり、装甲は必要最低限、フレームが剥き出しになるほど薄い。その代わり換装システムの中枢機の機・役割が与えられ、各部の多数のオプションラッチにあらゆるオプションの保持・接続が可となっている。

ウーンドウォートが一定の専用パーツを装着、ドラムフレームを介して接続すると既存機の性質を持った上位機に置き換えられる。
例えばハイゼンスレイⅡガブスレイキハールⅡアッシマー系やバイアランファイバーⅡメッサーラギャプランTR-5[ファイバー]の性質を模倣しており、ぞれぞれが代替後継機の側面を持っている。

ここで挙げた形態もバリエーションの一端に過ぎない。本機が搭載した準サイコミュ系の特殊OSを最大限に活用すれば、理論上あらゆる換装パターンを構築することが出来るし、それこそ細かなパーツの違いまでバリエーションとして列挙すれば、その数は限に分岐する。
水中用や作業用戦艦じみた100mの大機、TR-6は何にでもなれるしどこにでも行けるのである。

通常なら汎用機は限定環境下の戦闘に特化した機体に劣るが、ガンダムTR-6は万化換装システムによってあらゆる環境化やミッションへの適合を実現し、「ティターンズの絶対的な勝利」を具現化した存在となった。
機体性質に縛られず全環境化への適合を可とするガンダムTR-6は、全兵器を補する統合機/総合マルチロール機の到達点であり、理想の万機と言えるだろう。

本来この位置に納まる予定だったのはガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]であり、そのアッパーバージョンでもあるウーンドウォートは「ティターンズの次期量産機」となることがロールアウト前に決まっていた。

ガンダムTR-6とは様々なオプションを含めた換装システムの総称(コード)、そしてティターンズという組織の新たなフラッグシップ徴的な存在なのである。

TR計画の最終到達点

先述通り、ウーンドウォートはあくまでも素体で、サイズ較的小化している。しかし多様なオプションを装着した変貌具合はもはや素体のらしい姿を残す事はない。
フルドドⅡを介した大パーツの接続により50m・100mを越え、最終的にモビルスーツサイズを大きく上回る事から、より小に思えるということもあるかもしれない。

TR-6開発計画はコストなど度外視で、予算・リソースティターンズへの優遇という形で賄われた。GP計画の予算を流用したとも言われており、そこで培われた技術が使われた形跡もある。

大な費用の最たるものがTR-6専用の宇宙ステーションである。当時、ティターンズ地球圏の支配をより盤石な物とするために「地球圏の守護者」として≪ある究極のガンダム≫を開発し、地球の何処にでもそれを向かわせるプランを提唱した。
それで終われば良かったのだが、果ては地球圏に留まらず“TR-6ひとつで外惑星に進出する”という途方もないプランまで構築されていたようだ。
そもそもTR計画自体が当初よりその兵器に帰結する開発計画であり、もはや組織全体を通り越して人類全体の発展問題にまで波及する程の構想だったと言える。

開発の裏ではTR-6のパイロットである「強化人間」の非人的な実験も行われていた。ガンダムTR-6は最終的にサイコガンダム以上に、ティターンズという組織の“負”を凝縮させたMSとなっていたのである。
当初の開発思想がどうであれ、あらゆる可性を秘めたガンダムTR-6が行き着いた先は、ティターンズのエゴイスティックの権化であった。

主な武装・オプション

強化人間人格型OS

ガンダムエース2003年7月号の掲載作『OVER THE MIND』において開発経緯が描かれた特殊OS連邦軍/ティターンズの次期制式量産機「ガンダムTR-6」やその量産原機「ガンダムTR-S」に搭載されている。

その実態は強化人間データを宿した準サイコミュ系の自己判断システムで、「OVER THE MIND計画(通称:3号計画)」の産物である。AOZでは「強化人間人格OS」と呼ばれている。

通常時は高度な火器管制システムとして機し、ニュータイプ強化人間以外でもマルチロック遠隔操作が出来るようになる。単体ではフル規格サイコミュに劣るものの、オプションサイコミュユニットを介する事で、ビットやファンネル等のサイコミュ遠隔兵装をOSが自動制御してくれる。

またOS搭載機でもNT強化人間の搭乗(併用)は可であり、その場合の戦闘は量り知れない。

OVER THE MIND

以下は漫画OVER THE MIND』の、OSに関わる者達の描写である。

博士
あれは 被験者となった強化人間
戦闘を通して データとして蓄積し続けていく
つまり……強化人間となったその者の命が潰える間 完成されるシステムなんだ。

実験体の少女
たとえどんな姿になっても心にはがついているから
何度でも 何度でもめぐりあえます

生命データ採取実験は、最終的に“”(強化人間少年)の「死」を以て終了が予定されていた。

”は宇宙での実験前にティターンズ女性軍人、ユス中尉と出会う。ユスラは博士から「彼ら(強化人間)に出会う事があったら夕陽を見せてやって欲しい」と頼まれていた(博士はこの研究への関与を後悔し、その償いもしくは同情から強化人間にせめて思い出くらいは作ってやろうと考えた)。

ユスラは博士の頼みを聞き入れる形で、“”を連れてアッシマーで出撃する。途中、ティターンズの妨を受け、“”に操縦を替わって迎撃を試みた。しかしアッシマー戦闘中オーバーロードを起こして墜落してしまう(少年文字通り機体と一体となっており、機体がオーバーロードした際に吐血している)。
二人は墜落したアッシマーの上で夕陽を見た。事情を知るユスラは泣きながら何度も少年に謝った。

時期は不明だが、ユスラは宇宙で“ガンダム”の起動テストに立ち会った。“ガンダム”はユスラに手を差し出し、彼女は涙を浮かべながら“ガンダム”の手を取った。
実験を経て完成した3号計画OSは次期量産機に採用されている。つまりガンダムTR-6とは…。

AOZ姉妹作『OVER THE MIND』掲載から10年後に展開されたAOZ第3弾『A.O.Z. Re-Boot』ではまさにその作品のキャラクター達が登場する。
また、導入部で“”や実験体の少女ポエムモノローグを連想させる言葉がられている。

BUNNyS

ウーンドウォートはRX-78ガンダム」の正統量産機RX-81「ジーライン」をかに上回る豊富なパーツと拡性の高さによって、様々な戦況に対応出来る究極のマルチロールと呼べる機体である。

多種多様な形態は3号7式OS換装プログラム、通称「BUNNyS」によって構築されている。通常、換装する為には母艦・基地に戻る必要があるが、ウーンドウォートは現場で即座に対応し得る換装システムを採用していた。

化換装システム機種統合計画完成した全MSに搭載予定で、採用機のウーンドウォートは人かつ自動での遠隔作業やフレームパーツ解析等の補助機まで備わっている。
ちなみに換装作業には股間部やコンポジトシールドブースターサブ・アームを利用している。

ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー]

素体にGパーツフルドドⅡ」を2基装備した推火力の強化仕様

ウーンドウォートは優れたパワーウェイトレシオによって素のままでも戦闘が高く、かつてのジム・ライトアーマーのような一撃離脱戦法を得意とする。その戦闘をさらに強化したのがこのラー形態である。

省略されているが、フルドドⅡを2基装備しているためラー形態もしくはラー第二形態とも呼ばれる。

フルドドⅡドラムフレームには通常では不可能な大パーツの接続が可ラー形態は単体での戦闘も高いが、本形態では大パーツコネクトに利用される。
ラー形態、ハイゼンスレイⅡ・ラー形態がTR-6の各種大モビルアーマー形態のコアユニットとなる。

ガンダムTR-6[ウーンドウォート] レジオン鹵獲仕様

『A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ -くろうさぎのみた夢-』に登場。式番号:ARZ-124WD

アリシア・ザビを総帥とする火星ジオン残党軍「RE-ZEON」で運用されている漆黒のウーンドウォート。

正確な数は不明だが、ファイバーⅡやハイゼンスレイⅡなどティターンズ残党勢よりもたらされた残存機とデータベースに、ギガンティック・アーム・ユニット等のオプションと共に再生産されている。
キハールⅡリハイゼ等のベースとなっており、元のウーンドウォート同様豊富な換装形態を持つ。TR-6用オプションパーツの色はレジオンシンボル色の“”に統一されている。

なお、作品の時系列は第1次ネオジオン戦争後(U.C.0091年)だが、ティターンズがTR-6と共に火星ジオンへ合流したのはU.C.0080年代後期のレジオン戦争時である。

TR-6を開発ベースにしたレジオンの展望は、究極形態TR-6[インレ]の完成であった。

建機形態

3号7式OS換装プログラムBUNNyS」で組まれた作業用形態。

以下の二つはパイライン事故で取った現地換装仕様だが、先述通りパーツの組み合わせパターン理論上は限大に存在しており、あらゆる局面への対応が可となっている。

二機のガンダムTR-6鹵獲機は「BUNNyS」を活用し、一歩対応を間違えれば惨事を招いたであろうテロを(ダイアナが)収束に導いた。
尚、ローザックの脚部とリバウンド・ドックのクレーンを装着した形態は「バウンド・ドッグ」と呼ばれる。

 

ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]

機種統合計画における「ガブスレイ」の後継機となる可変MS
高速戦闘形態、ガブスレイ形態とも呼称されるガンダムTR-6の代表的な戦闘形態。

Ζ計画の次世代可変機「ZZガンダム」等の対抗として設計された分離構造を持つ次世代可変機であり、大気圏突入や大気圏離脱も与えられた他、複数のコアモジュールドラムフレームが追加されている。

→詳細は「ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]」を参照。

連載時にはアドバンスド・ウーンドウォート(次世代ウーンドウォート)という名称で、初代AOZムック第6巻・小説版にも収録されているが、電撃ホビーマガジン2010年1月号にてハイゼンスレイⅡへと名する旨が発表された。

ゲームGジェネOW』に参戦した「ハイゼンスレイⅡ・ラー」は、本形態に支援用GパーツフルドドⅡ」を装着した総合性向上である。
また、レジオン総帥のアリシア・ザビ専用機「リハイゼ」は本形態を修した第4世代機となっている。

 

ガンダムTR-6[ダンディライアンⅡ]

機種統合計画におけるバウンド・ドックの後継機である大形態。

ガンダムTR-6フルドドⅡ装備ラー形態)に、TR-4[ダンディライアン]を発展させた大気圏突入用モジュールを装備した侵攻用の換装形態。
機種統合計画より前に開発されたガンダムTR-S[ラブスカトル]の設計を継承し、機も似ている。

飛行システムダイダロス・ユニット」を採用しており、重力下での機動性は高く、大気圏内外の戦闘で高い戦闘を発揮できる。
バウンド・ドックTR-4[ダンディライアン]を模した大クロー・アームは自在に伸縮し、攻撃・接地時の足・AMBAC肢にも変わる。重力下では大クロー・アームを歩行に利用し、クロー)を収納することによってソールにあたる接地面積を絞り、高い運動を得ることができる。

ダンディライアンⅡは、TR計画の最終形態ガンダムTR-6[インレ]を構成する下部ユニットに使用される。

ガンダム・インレコアとなるファイバーⅡとダンディライアンⅡ。両機共に大気圏突入による強襲をとする特殊な機体だが、ファイバーⅡが火力と飛行、艦載機の展開で制圧と戦闘を有利に進めるのに対し、ダンディライアンⅡは格闘や飛行/機動性での制圧を重視しているようである。

ガンダムTR-6[ファイバーⅡ]

ギャプランTR-5[ファイバー]の運用データを基に開発された長距離侵攻・高火力ユニット
侵攻・殲滅兵器システム(invasion and destroy weapon system」にカテゴライズされる。

機種統合計画においては「メッサーラ」の後継機的な役割を持つとされ、同時に[ファイバー]の完成系となる。

ベースとなったファイバーコンセプトは旧世紀の第二次世界大戦確立されたV2大陸間弾道ミサイルICBM)の理論を応用したもので、察知が不可能距離から打ち上げ、大気圏突入時に得られる引作用で音速域での侵攻を可とさせた弾道(放物線軌)を描く独自の侵攻経路をす。
しかしでさえ困難を極めたこの弾道兵器の迎撃は“MS/MAという新機軸の兵器に運用理論を適用した”ことでほぼ不可能となる。これを適用した兵器は単体が戦闘を持つため、敵基地の制圧を柔軟に運べる。

ファイバーⅡは従来機と異なる“モビルスーツを搭載した大機動兵器”であり、ガンダムTR-6[キハールⅡ]を複数搭載し、一個小隊以上の戦戦場まで運んで戦闘ユニットとして展開する事が出来た。
これはかつてのビグ・ラングのようなMS/MAその物を母艦とする構想と同じである。

運用方法は従来の弾道ミサイル兵器運用母艦に変えた物に過ぎないが、機が大かつ強MSに変形可で、今世紀の戦闘兵器として参加できる点は大きな違いである。

弾道による音速侵攻で敵地に切り込み、圧倒的な火力と艦載兵器の展開を以て制圧する…というのがギャプランTR-5確立された兵器運用理論となっている。

また、ファイバーⅡにはレジオンから「インレゆりかご」と呼ばれるファイバーⅡとインレ兼用の大ブースターが用意されている。これはファイバーⅡ以上に巨大なユニットで、設けられた大格納スペースに人員やMSを搭載する事が出来るようだ。それだけでなく、ホバリングユニットや滞装置としても機し、大量の資を搭載した上での長距離任務や惑星間の移動も想定されている。
大出ジェネレーターを搭載しており、アリシア・ザビはこれをレジオン徴や動として利用した。

また、ファイバーⅡは最終形態:ガンダムTR-6[インレ]の上部パーツでもある。

ガンダムTR-6[インレ]

TR計画の最終到達点、そして決戦仕様となる大兵器ガンダム・インレとも呼称される。
上記のファイバーⅡとダンディライアンⅡの2機の侵攻・殲滅形態が合体した兵器である。

MS同士の合体によって既に100mえ、グリプス戦役時の機動兵器の中では破格のサイズを誇る。MSという組みでも小のウーンドウォートは、同世代最大級のガンダムタイプMSに変貌する事となる。

→詳細は「ガンダムTR-6[インレ]」を参照

電撃ホビーマガジン2015年7月号によると、元々インレの素体として開発された量産機ガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]であった。しかしTR-Sの運用計画を棄却し、機種統合計画を優先したあまり量産機のロールアウトがグリプス攻防戦まで遅れ、ティターンズ敗北が決定的になった。
仮にインレ期投入された場合、ティターンズは確実に勝利していたと言われるほど強大な機体だった。

実はインレにも量産構想があった。さらに発展機・仕様変更機も存在する。サイコミュ核ミサイル、BC兵器などを搭載したサイコインレというやたら禍々しい形態はその最たるものだろう。

本形態での変貌具合はもはやガンダムタイプと言い難く、その様はまるで小規模な移動要塞のようである。

ガンダムTR-6[サイコ・ガンダムⅡ]

ラー形態(フルドドⅡ)に、サイコガンダムMSの手足とウェポンカーゴ2基を装着した大MS。護衛随伴機・拠点防衛形態で、クィン・マンサなど敵大MSへの対抗策でもある。

サイコガンダムMSの手足は「ギガンティック・アーム(レッグ)・ユニット」と呼ばれサイコガンダムMk-Ⅱと通常のサイコガンダムの物がある。このアームは準サイコミュ系の3号OSによって自動制御され、Mk-腕の場合は多連装ビームユニットとして機し、切り離して遠隔操作することもできる。

リブートでガンダムTR-6[ウーンドウォート]サイコ・ガンダムⅡ形態 ギガンティック・アーム・ユニットとしてめて設定された(当記事では他形態に倣った表記とする)。
本作において、ガンダムTR-S[エルアライラー]ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]ギガンティック・アーム・ユニット装備が掘り下げられ、この形態もデザインを新たにしたリファイン版が設定されている。

デザインはウェポンカーゴが股間部に1基追加(計3基となる)。さらに後部に浮遊用の球状ダイダロスユニットを搭載している。またボックス化されたサイコミュユニットと、ビットやファンネル等の遠隔操作兵装、Iフィールドジェネレーターをウェポンカーゴに搭載しており、OSの自動制御で一般兵でもサイコミュ兵装を操れる。

火星レジオンではこのギガンティックユニットが複数機生産されレジオン戦争に投入された。

ガンダムTR-6[クィンリィ]

ガンダムTR-6の換装形態の一つ。高度な火器管制システム活用する拠点防衛用の重装形態。

ウーンドウォート・ラー形態がウェポンカーゴ5基、ハイメガ粒子砲2基、ウインチキャノン3基、ビームキャノン2基、コンポジトシールドブースター2基などを装備。さらにガンダムTR-6[アドバンスド・キハールⅡ]のMA形態を2機装備している(コアMS要装備は後述のフライルーⅡ・ラー形態に相当する)。

戦略兵器ガンダムTR-6[インレ]の下位モデルとして考案されていた。インレの投入は強過ぎるゆえに費用対効果が見合わないケースが多く、戦略級として政治的影を及ぼすことまで考えられるため、小規模な局地戦には代わりにクインリィを投入する構想があった。
とはいえ、クインリィも後述のギガンティック形態を含めた性は「機動兵器最上クラス」と言われており、敵営にとって脅威であることに違いはない。

また、本形態はガンダム試作3号機(デンドロビウム)の技術とコンセプトを継承した形態である。そのため、GP計画の記録が残ってさえいればデンドロビウムと呼ばれる可性があったらしい。

カーゴには兵装の対艦大ミサイルマイクロミサイル、防御用のIフィールド・ジェネレーターを搭載。
大量の火器はTR-6標準採用の準サイコミュ強化人間人格OS」が制御する為、複数対の捕捉・攻撃(マルチロック)が可となっている。
また、OSに対応した外付けサイコミュユニットサイコミュ系兵装なども搭載され、オールドタイプでもOSの自動制御によってオールレンジ攻撃が可で、ビットやファンネル等を操れるようになる。

両肩部にガンダムTR-6[キハールⅡ]ハイメガ粒子砲や脚部ユニットカーゴ装着状態のアドバンスド・キハールⅡ形態)のMA形態を計2機ジョイントしており、クインリィとの接続時は両バインダーAMBAC肢として機し、カーゴを装着したまま自由に分離可となっている。ちなみに、バインダー時のキハールⅡ人で制御できる。

後に火星レジオン戦争で実機が投入され、レジオン側の勝利に貢献したとされる。

ガンダムTR-6[キハールⅡ]

試作アッシマーTR-3[キハール]データを基に開発された小の可変MS
飛行用パーツを装着した換装形態で、決戦兵器ガンダムTR-6[インレ]の艦載機となる量産機

パーツ・機を統合する機種統合計画においてアッシマー系やバイアランの後継機の役割を持つ。

⇒詳細は「ガンダムTR-6[キハールⅡ]」を参照。

上半身に流線装甲を外装として装着しているため、パッと見た感じの印はウーンドウォートから大きく変わっている。ガンダムからかけ離れたブレードアンテナ付き頭部カバーが奪われがちだが、よく見ると素体頭部ユニットのV字センサーはそのまま露出し、ウーンドウォートの頭部が中から顔を覗かせている事が分かる。

脚部パーツは接地面積が狭い状態から未換装だが、肩部に装備した熱核ジェット内蔵アーマーを推進とするホバー移動にも対応しており、重力下での機動性はMS形態時でも高い。その下(腕部)を覆うスプレッドビーム付きの丸みを帯びたシールドキハールⅡユニットは構成される。

EWAC装備、アドバンスキハール等の換装形態も存在する。

ガンダムTR-6[バーザムⅡ]

『Re-Boot』に登場するガンダムTR-6[ウーンドウォート]バーザム形態。連邦量産機の代替後継機で、当時のジム系やバーザムの後釜とされている。

バーザムヘイズル・フレアとウーンドウォートの簡易生産であり、ヘイズル・フレアの開発の遅れからバーザムが生産され、その後継機・アッパーバージョンのウーンドウォートに繋がっている。

バーザムTR-1TR-Sなど各TR計画機の設計を全体に反映。シルエットは全体的にバーザム寄り、フェイスガンダム系、装甲・脚部形状がヘイズル系となった。素体のウーンドウォートは四肢が折り畳まれ、TR計画機の四肢に換装されている。腕部にはシールド一体の大ライフルを装備。

頭部のブレードアンテナ某可能性の獣のように4本に展開する。
このブレードアンテナは、EWAC機との連携やサイコミュ管制システムなど指揮官機としての通信を備えたもの。
レジオン仕様のバーザムⅡ形態は、火星監視サテライト「エレノア」との通信機を有し、エレノアとサイコミュリンクすることによりミノフスキー粒子の影視し、正確な位置情報把握する事ができた。

またブレードアンテナの展開でTR-6のガンダムフェイスが表面化し、周囲にも心理的影が与えられる。ガンダムヘッドが与える心理的効果はガンダムTR-1[ヘイズル]において実され、敵の恐怖心を煽ったり味方の戦意高揚も期待出来るため、意外とバカに出来なかったりする。

『Re-boot』作中では、ダイアナ機のウーンドウォートをベースに、火星で再生産されたバーザムの脚部を装備した機体が登場。このタイプのバーザムⅡはレジオンウェンディという女性士官が乗り、下部にグランユニットを装備した状態でレジオンジオンマーズ戦争へ投入された。

ガンダムTR-6[ギャプランⅡ]

ガンダム量産機化を的にした試作機。画像左がギャプラン、右がハイザックⅡ。
ギャプランの両腕+ムーバブルシールドバインダーヘイズルの脚部、背部シールドブースター2基を接続した形態。手持ち火器にフェダーインライフルを携行している。

パーツ評価試験用の機体故に特化した性はないが、不足のない戦闘を発揮できる。

ガンダムTR-6[ハイザックⅡ]

機種統合計画におけるジオン系機種(ハイザックマラサイ等)の後継機。

ウーンドウォートにハイザックの腕部とマラサイの脚部を取り付けた形態。メガ粒子砲内蔵ポッドに換装されている他、フルドドⅡの強化パーツと開放バレルビームキャノンを搭載し、手持ち火器にアッシマービームライフルを携行する。

ウーンドウォートからデチューンされており、(高性のウーンドウォートと較して)ロースペックだが、それ故に一般パイロットでも扱いやすくなっている。 ハイザックマラサイに慣れたパイロット向き。

ガンダムTR-6[フライルーⅡ]

機種統合計画における大気圏内外の戦闘を想定した可変MS
ギャプランTR-5[アドバンスド・フライルー]パーツヘイズルの脚を装着した形態。

ラスター、ウェポンカーゴを追加し、火力と機動性の向上を図った。両腕にコンポジトシールドブースター、中央のフロントアーマーに開放バレル式ビームキャノンを装備している。
状況に応じて二つの形態をとれるが、どれも射撃か格闘に傾倒しており、万フライルーの機体特性とはかけ離れている。この形態にフライルーの名が与えられたのは機体レイアウトの類似性からである。

フライルーⅡは射撃形態とも呼ばれるが、腕が使えないため格闘戦時は専用形態に変形する。

「格闘形態」
フライルーⅡの格闘戦対応形態。
腕部コンポジット・シールドブースタークローモードを利用してMAのような運用方法を取る。
「フライルーⅡ・ラー形態」
フルドドⅡを2基装備した形態。
クインリィ形態やサイコ・ガンダムⅡ形態のコアMSにもなる。

ガンダムTR-6[ヘイズルⅡ]

ダブルシールド保持タイプメガ粒子砲内蔵ブーストポッドを装備した形態。左腕部にはキハールⅡと同の装甲が追加された。

ブーストポッドシールド保持ラッチにコンポジット・シールドブースター2枚を搭載する。 ライフルモード時にバレルを前方にスライドさせて高出ビームキャノンを放つ。

なお、ヘイズルヘイズルの代替機となる形態のことである。ヘイズル自体が様々な形態を有するため、ヘイズルもまた多様なバリエーションを誇り、上記の形態は一例に過ぎない。

メディアミックス

原作初登場は2007年だが設定がある程度出うまでにも時間を要し、ある時期までゲーム出演等のメディアミックスが他のTRシリーズべ少なかった(ガンダムウォーには期から参戦していた)。

2017年には人気ゲームへの本格的な参戦を果たし、今後のメディアミックスが一層期待される年となった。

立体化・キット化

独特な機体形状や膨大な換装システム(これらも商品化するとすればだが)のためか、あまり商品化に恵まれていないことが多かった。

『ガシャポン戦士NEXT』ではウーンドウォートとハイゼンスレイⅡが登場。

さらに2016年に発表された新ブランドモビルスーツアンサンブル』の初開時、ダンディライアンⅡとウーンドウォートの商品展開構想も同時に発表され、2018年にウーンドウォートが一般販売、ダンディライアンⅡがプレミアムバンダイ限定発売となった。差し替えではあるものの、変形もできる。

2017年には『FW SD GUNDAM NEO』にウーンドウォートが登場。頭部センサーにはクリアパーツを使用するなど、SDながらハイディティールである。

そして原作登場から10年が流れた2017年ダイバーティ東京にて『HGUC 1/144 TR-6 ウーンドウォート』の試作原が参考出品され、大きな話題を呼んだ。その後出品が取り下げられたためお蔵入りを危惧するもあったが、2018年3月23日プレミアムバンダイ限定で受注が開始された。プレミアムバンダイ限定としてはかなり異端な「全新規」商品であり、スタッフの熱の入れようが伺える。キットは差し替えで可変機構やコンポジット・シールドブースタークロー展開・射出などが再現されている。
2019年1月HGUCヘイズルが予約開始。さらに素材変更版HGUCヘイズル/アドバンスヘイズル(プレミアムバンダイ限定)にはウーンドウォート用のカスタマイズパーツが付属。これらを使用することでヘイズルマラサイギャプランの四肢が接続でき、ギャプラン再現が可となる。8月にはHGUCハイゼンスレイⅡフルドドⅡオプションセットが受注開始、これによりウーンドウォート・ラー/ラー第二形態が再現となる。さらにハイゼンスレイⅡ・ラーが商品化検討中が発表されるなど、TR計画は留まることを知らない。

余談だが、ここ数年はA.O.Zを含めたティターンズ機がかなり商品化されており(ガンプラだけでもHGUC ハンブラビバーザムMG ヘイズル改フルドドなど)、バンダイティターンズ握されたのではないかと揶揄されている。

Gジェネレーション

GジェネOW』にハイゼンスレイⅡ・ラーが参戦。TR-6では初の家庭用ゲーム参戦である。

Gジェネジェネシス』のDLCでようやくウーンドウォート、ハイゼンスレイⅡ・ラー、クインリィ、インレなどの形態が参戦。いずれの機体も中適性を有し、射程や火力に優れになり得る性を持つ。戦闘ムービーにもが入っているので必見。
ウーンドウォートは地形適性が宇宙B中B地上Cとなっており、MS形態でも飛行できるため(上位互換ハイゼンスレイⅡがあるとはいえ)かなり使いやすい機体となっている。

ガンダムトライエイジ

アーケードゲームガンダムトライエイジ」にも参戦。
2015年5月28日稼働の「BUILD G5弾」のシークレットレアSEC)として1枚のみの特別仕様で排出されるが、再高レアえた存在のため、そうそう出るものではない希少品。
また、カードとは別にICカード内部に記憶されるデータとそれ専用のMSカードで運用する「ビルドMS」というものがあり、本機は通常版とプラチナカラー(G)の2種類が存在する。

ガンダムブレイカー

ガンダムブレイカー3』の第6弾DLC"BUILD KINGDOM"に参戦。

ダンディライアンⅡのコアユニットとして、そして同作のラスボス裏ボスとして登場。
ガンプラを題材としたゲームでありながら、バンダイにて公式にキット化されてない本機をプレイヤー機体として使用可というサプライズ登場。
なお、AOZ公式デラーのソラリュウ氏もダンディライアンⅡ関連で少しだけ製作に協しているようである。

関連動画

関連商品

関連項目

TRシリーズ

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0tr-6%5B%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%5D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]

159 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 02:25:17 ID: uqy6ruLE4Y
TR-6の一般兵向け形態って素のウーンドウォートより性落ちてんだよな。パーツの分コスト掛けてわざわざ性落とすってどうなんだ?
160 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 18:02:09 ID: dYC8S7QSg3
>>159
そもそもTR-6自体インレの他に「連邦軍のMSを全部TR-6に総取っ替えする」という的もある。
なので、パイロットの機種変をスムーズに進めるために換装したり手脚生やしたりで既存機と似た特性を持たせてる
161 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 21:21:47 ID: QGfs7T1GxH
ウーンコウォート
162 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 20:58:21 ID: nJgo+La+2F
もはや全に、ひと昔前のHGジェガンバリエルートに入ったウーンドウォート
リハイゼキハールⅡまでは見えてる気がする
163 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 21:06:07 ID: FosGaK5Fcs
クインリィ
流石にインレ理かなって、サイズとか価格とか関節とか
164 ななしのよっしん
2019/08/08(木) 17:39:20 ID: dYC8S7QSg3
個人的にはフライルーⅡだな。
バーザムⅡ(レジオン含む)ハイザックⅡあたりはほっといても出そうだし
165 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 05:39:38 ID: uqy6ruLE4Y
>>164
ハイザックIIは3種全てもう作れるぞ。
フライルーIIキハールIIがでたらもうクインリィも近いのよね。キハールIIセットアドバンスド、EWAC用の換装パーツ)とギガンティック形態拡セットジョイント類とダイダロスユニットセット)とか出せば出来てしまう。合間にサイコMK-IIが出ればフルアーマークインリィも···
166 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 17:56:31 ID: j1IhDxiviO
むしろハイザックIIを組む上での難点は、HGUCハイザックの腕部はパイプ部分のオリジナル解釈のせいで(アニメAOZ全部含めたあらゆる作品の)設定とぜんぜん違う形状になっていることだったり……
まぁパテで面出す練習程度の作業で修正出来るんだけどね。
(あと細かいことを言うとアッシマーをもたせるとなると手首含めて全な改造理)

ってか頼むから店頭販売してくれ……
最初の予約数が数時間で終わることすら予想出来るほどの需要があるんだったら、店頭でも充分売れるだろうに……
167 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 23:50:41 ID: dYC8S7QSg3
プリムローズって、いざヘイズルにアウスラの手脚付けてみて思ったのが
これマジ?下半身にべて上半身が貧弱過ぎるだろ…」
168 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 19:42:35 ID: UsidacZLQJ
プレバンの動向を見る限り部分販売でTR6を完成させるつもりなのかね
アゴティーニみたい

急上昇ワード