悪魔城ドラキュラ単語

アクマジョウドラキュラ

悪魔城ドラキュラ(あくまじょう-)とは、1986年から現在まで続くコナミが発売しているアクションゲーム、またはその作品系列の総称である。

概要

悪魔城ドラキュラコナミ工業株式会社(現・コナミデジタルエンタテインメント株式会社 以下「コナミ」)が開発した、任天堂ファミリーコンピューターファミコンディスクシステムアクションゲームコナミディスクシステム参入第一弾ソフトでもある。

記念すべき一作1986年9月26日発売。ファミコン末期1993年2月5日には、ROMカセットバージョンが発売されている。
ホラー映画を意識した世界観、圧倒的な音楽センス映像構成、ゲームバランスのよさなど、当時のファミコンゲームの通常品質をかに駕しており、ディスクシステム普及の牽引役となった。

には、コナミMSX2専用ソフト第一弾としても発売されている。ファミコン版の移植とされることもあるが、発売時期から見て同時並行で開発されていた可性も高い。
見たファミコン版とほぼ同一ながら、ゲーム内容はかなり異なっている。画面はスクロールせず、時間制限がなくなり純アクションというよりも探索に近い仕様となっていた。
ちなみに、1MbitROMカートリッジが採用されており、ファミコン版のようなロード待ちはない。

ファミコンよりもはるかに性の高いアーケードへの「逆移植」も行われた。当時はアーケードゲーム人気が高く、ヒット作が(当然大幅に劣化するが)ファミコン移植されることも多かった。そういった潮流の中で、これは画期的な出来事でもあった。

日本でも人気シリーズとなったが、海外に北)では日本よりかにえる人気を誇り今でも大勢のがいる。海外での名前は「キャッスルヴァニア(CastleVania)」

また音楽のよさからMIDIコミュニティーでの耳コピーアレンジ公式サントラでのハードロック/ヘヴィーメタルアレンジなど行われている。特に『悪魔城ドラキュラ』1面のテーマVampireKiller”、『ドラキュラⅡ呪いの封印』で初登場した”BloodyTears(血の涙)”、『悪魔城伝説』1面のテーマ"Beginning"はシリーズ中1,2を争う最高傑作といわれ、その後のシリーズ新作でも使用される一曲である。

その後も『悪魔城ドラキュラ』は継続してシリーズ化され、ファミコンではアクションRPG志向の『ドラキュラⅡ 呪いの封印』や、シモン・ベルモンド登場以前の話である『悪魔城伝説』が発売されている。その後もゲームボーイスーパーファミコンといった任天堂ハード以外にもX68000PCエンジンメガドライブといった様々なプラットフォームで制作されることとなる。

2002年ゲームボーイアドバンス2作より、世界観にあわせる為、海外タイトルの『CastleVania(キャッスルヴァニア)』に統一された。だが、ユーザーにとっては単に分かりにくくなっただけである為に、DS版以降は「悪魔城ドラキュラ」に戻されることになったが、後にLords of Shadowでまたキャッスルヴァニアのタイトルが採用され、~2で再び悪魔城ドラキュラに戻された。

2018年8月任天堂の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にシモン・ベルモンドリヒター・ベルモンドの参戦が発表された。コナミからの参戦はスネークに続き2、3人
ステージに『ドラキュラ』が登場。ドラキュラ伯爵が登場するほか、フランケンシュタイン、のみ男、狼男やカミーラ、死神といったボスキャラが登場する。(さらにシークレットとしてあのキャラらしきシルエットが…)ただし、あくまでも背景としての登場。
またアシストフィギュアアルカードが参戦する。
ドラキュラ伯爵のみ、勝ち上がり乱闘アドベンチャーボスとしても登場する。
原作通り頭にしかダメージが与えられず、第2形態も論登場。残念ながら第3形態はカット

BGMも新旧織り交ぜた34曲が収録される。ドラキュラ三大名曲論のこと、乾坤の血族シモン・ベルモンドのテーマSlash幻想的舞曲といったシリーズでも度々アレンジされる曲、MonsterDanceのように今までアレンジされてこなかった曲も収録される。

なお、シモンX68000版を基にしたデザインリヒター血の輪廻アルカードドラキュラ伯爵月下の夜想曲と出典元がバラバラとなっている。

悪魔城ドラキュラの作品全体の内容

悪魔城ドラキュラはたくさんの種類が出ているが、基本的には伝説吸血鬼ドラキュラ伯爵」を倒すことが中心となる。
どの作品も個別に物語完結しており、アクションゲームであること以外はストーリーも特にゲーム中に深く関わってない。そのため初めての人でも気軽に遊ぶことができる。

まりこれから新しく悪魔城ドラキュラを遊ぼうとしている人はどの作品から購入してもいいよ。

キャッスルヴァニア(GBA版)について

ゲームボーイアドバンスGBA)では「悪魔城ドラキュラ」という名前を海外の名前と統一させるために「キャッスルヴァニア」という名前で日本でも発売された。そのためキャッスルヴァニアと単純に言った場合、GBA3作品全てをさすことが多い(1作は悪魔城名義である)。全3作とも探索アクションである。
しかし、その後の作品名は「悪魔城ドラキュラ」に戻された。名前を変えたことで日本の従来のファンが離れることを考慮したため。

サークルオブザムーン(通称「月輪」)

GBA版第1作だけあってか操作性がやや悪い。探索であるにも関わらず、ショップの概念がなかったり回復アイテム重品だったりするため難易度は高めである。BGMの多くに過去作のアレンジが使われている。

ニコニコ動画ではTAS動画が有名。ワープバグを駆使し画面外からドラキュラ伯爵を粉砕する投げ暗殺やカードによる加速+ダッシュ内を駆け抜ける悪魔城マラソンが特徴。→ホネイサン

白夜の協奏曲

表と裏という概念があるため、マップは大幅に広くなった。また画面も全体的に明るめの色が多く使われた。BGMオリジナルのものが多い。

ニコニコ動画ではクリア後のおまけキャラであるマクシーム・キシン変態的な動きのTAS動画で有名。→ムッムッホァイ

暁月の円舞曲

武器が選択できるようになった。またソウルと呼ばれるシステムも使われている。この作品のシステム部分の多くがDS版にも受け継がれた。ちなみにDS版の「蒼月の十字架」はこの作品の後日談である。

こちらもTAS動画が有名。主人公、来須の徐々に変態化していく挙動もさることながら、おまけキャラであるユリウス・ベルモンドドゥエ、両者とも必見。→進化する変態ドゥエリスト

シリーズの登場人物

ベルモンド一族
古くから吸血鬼と戦ってきた「ヴァンパイアハンター」の一族。あまりの人間離れしたゆえに人々から疎まれ、俗世から身を隠すようにして生きている。代々受け継がれているなるムチヴァンパイアキラー」を使用して戦うことが多い。
個別記事→ シモン・ベルモンド / リヒター・ベルモンド / ジュスト・ベルモンド / ユリウス・ベルモンド

モリス一族
ベルモンドの分リヒター・ベルモンドによりヴァンパイアキラーを託されていた。しかしヴァンパイアキラーを引き出すためには同じ分リカードの試練を受けねばならず、また、の使用は体に大きな負担となり寿命を著しく縮める事となる。ブラム・ストーカー小説吸血鬼ドラキュラ」の登場人物でドラキュラと戦った「キンシーモリス」もこの一族であった、と本シリーズ内では設定されている。

リカード一族
モリと同じくベルモンドの分ヴァンパイアキラーに封じられたを引き出す試練を行う事が出来る。

ヴェルナンデス一族
正教会の命でドラキュラを倒すために派遣されたヴァンパイアハンターの一族。強魔導士系として知られる。

闇の
ドラキュラを初めとした闇の属達。矢り基本的に敵役が多いが、ドラキュラ息子であるアルカードドラキュラの配下であった悪魔精錬士ヘクターのように、味方役や主人公として登場する者もいる。

エクレシア
ベルモンド一族の消息が途切れた後、ドラキュラに対抗する、時の権者達の組織。

シリーズ一覧

ちょっといいはなし

悪魔城伝説で初登場し、その後シリーズ役を務めるほどの中核メンバーとなった「アルカード(ALUCARD)」だが、初登場時は現在のような美形の銀髪青年ではなく、どうみても黒髪の東洋人、特に『とんねるず』の石橋貴明氏に似ていた。これがため、当時のゲームファンアルカードして『タカアキ』『バシタカ』と呼ぶものが少なからずいた。

当時は現在のようなアルカード支持の女性ファンなど、いないに等しかったのである。

ちなみにアルカードモチーフにしたとみられるのが、悪魔城シリーズの関連作品『悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん』のドラキュラくんである。ドラキュラ息子、特殊があるなど類似点があるものの設定に違いがあるためアルカード少年時代というわけではなさそうである。が、後のシリーズ作品で宿敵ガラモスが登場したりと意識させる部分もいくつか見受けられる。

BEMANIシリーズ

ドラキュラBGMを使っているBEMANIシリーズ

関連動画

以下、しくネタバレ注意

悪魔城のTAS動画は【悪魔城TAS】記事に移動しました。

BGM集

ピコカキコ

1451
タイトル:Vampire Killer

3102
タイトル:Bloody TEars (勝手に修正版)

4334
タイトル:悪魔城伝説 - Beginning

4341
タイトル:悪魔城伝説 - Dejavu

5205
タイトル:モンスターバトル (『ワイワイワールド2 SOS!!パセリ』で使用された、「Bloody Tears」のアレンジ曲)

13322
タイトル:BloodyTearsNES(一応)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%82%AA%E9%AD%94%E5%9F%8E%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9

悪魔城ドラキュラ

1023 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 12:57:56 ID: DlBMT3LofD
>>994
それ原作ドラクエ4エビルプリーストみたいだな
1024 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 11:39:45 ID: r1BUjCGsCN
TGSでやった。
HDと似たマルチモードだが雑魚全部倒す必要がある。
HDと違い全部の雑魚を倒さないとボス部屋へは入れないので雑魚スルーしない理由が生まれた。
スコアも与えたダメージによって増える。
仲間復活は霊なしで出来る。復活された側からした側へスコア譲るっぽい。死ぬことへのペナルティが少ないのでチームに迷惑かけないかみたいな心配は薄い。
エリアの広さは移動してる感覚的にはHDの1/4くらいな気がする。
スライディングとフリック回避くらいしか高速移動手段がないのでそれでもそこそこ広く感じた。

スライディングはボタン、攻撃は連打でコンボ
アルカードでも化ではなくスライディング。
武器用の特殊技、サブウェポン変わりのサブ装備武器、サブ装備武器用の特殊技。で4種の特殊攻撃あり。数だけならHDサブウェポン4方向と同程度。
ラジオチャットとそれ用のボイスはないが、しずもん絵のスタンプは送れる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1025 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 22:46:52 ID: IgbkD2vMlq
アルカードはいっそのこと初出の頃の姿も出して…くるだろうか?
1026 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 07:06:11 ID: yT4RRqRVQD
年代記とかXクロマリアとか割と色々出てるしありえる… かもしれない

難に衣装だけ再現とかなりそうだけど
1027 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 22:24:07 ID: 6ZxohMadeC
>>1025
明を今の技術で出すのか…
1028 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 00:28:11 ID: xKLVCrvjhV
GoS公式サイトだと一番上の画像には並んでるのにキャラ紹介にはだけいないんだな
まだ開発中なのか主人公だし立ち位置が特別なのか
あとシャノアって意外と忘れられてなかったんだな
1029 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 10:37:23 ID: r1BUjCGsCN
シャノアは刻印と同時期開発でジャッジメントに出たり
HDでも出てたりで大分推されてそう
外人ファンアートもそれなりに見るし。

GoS衣装
アルカードシャノア、シモンマリアの別衣装ゲームアイテムでの購入あった、けどアルカードの追加衣装有門ではないもの。
ロード中の衣装切り替えの説明だと有門出てるからどっかしらで手に入るとは思う
ポリゴンモデルアイコンしかないからシモンも年代記のかどうかわからない。

ジョナサンストーリーに出てきたが出現後はサポート技で選べるようになって使うとオーラバースト使えるのみで操作不可。
リヒターも出てきたがそのステージクリアできてないのでどうなるかわからん。
海外アルバスのスクショがあったからアルバスサポートのみで出てきそう。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1030 ななしのよっしん
2019/10/03(木) 17:35:35 ID: 1ErbfeHRmf
海外のGoSプレイ動画が出てきたけれど…こ、これは…!?
1031 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 02:53:35 ID: r1BUjCGsCN
レギオン倒したら連戦になる
俺たちの戦いはこれからだみたいな流れになって現在配信中のストーリー終了
ソシャゲの配信ストーリーだからこれ終わるまで数年がかりだぞ
1032 ななしのよっしん
2019/10/16(水) 16:41:40 ID: Nisoi7U5Ww
>>lv322130760exit_nicolive

急上昇ワード