The Elder Scrolls Online単語

ザエルダースクロールズオンライン
TES関連項目

帝国軍からのお知らせ】

帝国は常に「The Elder Scrolls」関係の項を探している。
その気があるなら「TESシリーズの関連項目一覧」に行け。


The Elder Scrolls Online (ザ・エルダー・スクロールズ・オンライン)とは、ベセスダ・ソフトワークスRPGゲームThe Elder Scrollsシリーズを題材としたMMORPGである。

2014年4月より正式サービス開始、2015年3月17日より「The Elder Scrolls Online: Tamriel Unlimited」にアップデートされた。

概要

ゲーム情報
ジャンル MMORPG
開発元 Zenimax Online Studios
販売元 Bethesda Softworks
機種 Windows
Mac
PS4
XBOX1
配信日 2014年4月4日

ベセスダ・ソフトワークス1994年より発売しているコンピュータRPGThe Elder ScrollsシリーズMMORPG版である。2014年4月4日より正式サービス開始。サービス開始前の時点で予約購入したユーザーに限り、5日間スタートできるアーリーアクセス権が設けられている。PlayStation 4及びXbox One版は2014年6月に発売された。

開発チームはこれまでTESシリーズを手がけたベセスダゲームスタジオではなく、ベセスダ・ソフトワークスの親会社ゼニマックス・メディア下であるゼニマックスオンラインスタジオが手がけている。パブリシングはいつも通りベセスダ・ソフトワークスが担当している。

日本語版については存在しなかったが、2015年9月15日に複数のオンラインコンテンツを手がけるDMM.com(以下DMM)のサイトにてティザーサイトが立ち上げられ、その後の東京ゲームショウ(9/17)において、2016年から日本語版がサービス開始されることが発表された(関連ニュースを参照)。

略称は「ESO」あるいは最初のTheを付けて「TESO」と2種類あるが、公式では「ESO」の方を使っているようだ。DMMでは、日本語表記にTheを抜いた「エルダー・スクロールズ・オンライン」の表記を用いている。日本でも英語版パッケージが売られているがジャケット日本語説明が混じっており、なぜか「ジ・エルダー ~」ではなく「ザ・エルダー ~」と表記されている。

発売日直前に行われたニコニコ公式生放送において、略称読み方に対するアンケートでは、ユーザーは「イーエスオー」と呼んでいるのが大半だったが、ベセスダ・ソフトワークスのコリンマックによると、開発に近いメンバーは「イソ」、パブリシングに近い人達は「テソ(TESO)」と呼んでいるらしい。

 

商品概要

STEAM版 (STEAMから起動)
The Elder Scrolls Online STEAM
ダウンロード
日本語なし
¥3,996
The Elder Scrolls Online
Morrowind Upgrade
STEAM
ダウンロード
日本語なし
¥ 2,246
The Elder Scrolls Online
Morrowind - Digital Collector's Edition
STEAM
ダウンロード
日本語なし
¥ 4,400
DMM版 (DMM GAME PLAYERから起動)
エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語
(通常版)
DMM GAME PLAYER
パッケージ
日本語あり
終了
エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語
ダウンロード版)
DMM GAME PLAYER
ダウンロード
日本語あり
2,138
エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語
初回限定版
DMM GAME PLAYER
パッケージ
日本語あり
終了
エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語
インペリアルエディション)
DMM GAME PLAYER
ダウンロード
日本語あり
終了
エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語
モロウウィンドアップグレード通常版
DMM GAME PLAYER
ダウンロード
日本語あり
3,996
エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語
モロウウィンドベースセット通常版
DMM GAME PLAYER
ダウンロード
日本語あり
5,486円

英語版STEAMより販売中。Imperial Editionと呼ばれる上位バージョンがあり、こちらを購入した場合は複数の特典が付いてくる(下記を参照)。起動の際にはSTEAMより起動させ、北サーバー(NA)、または欧州サーバーEU)に繋がる。

日本語版はDMMから発売中。STEAMでのImperial Editionにあたるものはパッケージの「初回限定版」およびダウンロードの「インペリアルエディション」として販売されている。こちらはSTEAMではなくDMM独自のゲームクライアントDMM GAME PLAYER」を起動させてサーバー(NAサーバー限定)に繋がる仕様になっている。

なおインペリアルエディションおよび初回限定版については、2017年4月20日をもって取扱終了している。

アップデート・DLC

アップデート 説明
ヒストの影

2016年8月
同盟戦争にてシロディール特定の町を占領できるようになった。また、4種類のクラフトスタイルも追加されている。

日本語版開始後の最初のアップデート。ヒストの影はDLCの名称だが大アップデート内容も含まれている。
ワンタムリエル
(One Tamriel)

2016年10月
地域の同盟縛りが解除され、同盟やレベルに関係なくとでもクエストができるようになった。
地域ごとのレベル固定も解除され、コンテンツ難易度や敵のレベルも自キャラに合わせて自動調整されるようになった。
ホームステッド
(Homestead)

2017年2月
タムリエル全土にハウジング要素が追加され、プレイヤーを購入できるようになった。
また、新クラフトモチーフの追加、クラススキルバランス調整が行われる。
商品名 価格
額料
開始当初は額14.99ドルだったが2015年より無料化。
\0
【ESO Plus
額料がこのサービスへと変更された。
適用されている間は全DLCが利用可
購入はクレジットカードでのみ可
約 \2000 /30
約 \5400 / 90
約 \10000 / 180
【Imperial City】
"インペリアル・シティ"の要素が開放されるDLC第1弾。
2500クラウン (単品)
【Orsinium】
"オルシニウム"の要素が開放されるDLC第2弾。
3000クラウン (単品)
【THIEVES GUILD
"盗賊ギルド"の要素が開放されるDLC第3弾。
2000クラウン (単品)
DARK BROTHERHOOD
"闇の一党"の要素が開放されるDLC第4弾。
2500クラウン (単品)
Shadow of the Hist】
シャドウフェンのダンジョンが開放されるDLC第5弾。
1500クラウン (単品)
Horns of the Reach】
スカイリム都市ファルクリースが開放されるDLC第6弾。
1500クラウン (単品)
Clockwork City】
エリアクロックワーク・シティ」が開放されるDLC第7弾。
2000クラウン (単品)
Dragon Bones
ダンジョンが開放されるDLC第8弾。
1500クラウン (単品)

は、スタート後1ヶ無料プレイでそれ以降は額14.99 USドルの課金制になっていた。2015年3月より額料無料になり、「パッケージ代 + プレミアムサービス(任意) + 課金ショップ(任意)」になっている。

課金プレミアムサービス「ESO Plus Membership」を利用すると、経験値ゴールドボーナスが付いたり、有料コンテンツDLCは期間内で提供されるなどの特典がある。

個別で課金したいものについてはゲーム内ストアである「クラウンストア(Crown Store)」があり、ここでは課金アイテムアバターコスチューム仮想通貨Crown」にて購入できる。販売されているものにはDLC「Imperial City」「Orcinium」の永久利用権などもある。[1]

動作環境

Win 最低環境 Win 推奨環境 Mac 最低環境 Mac 推奨環境
OS Windows 7 (32bit) Windows 7 (64bit)
Windows 8.1 (64bit)
OS X 10.9 OS X 10.9以降
CPU Intel Core i3
AMD A8-3870
4コア 2.3GHz 相当 Intel Core2 Duo Intel Core2 Duo
メモリ 3GB 4GB 4GB 4GB
グラフィック ビデオメモリ 1GB以上
NVIDIA GeForce GTX460
AMD Radeon HD6850
ビデオメモリ 2GB以上
GeForce GTX750
Radeon HD7850
ビデオメモリ 1GB以上
GeForce 460
Radeon HD6850
ビデオメモリ 2GB以上
GeForce 640
Radeon HD5670
ストレージ き容量 85GB以上
DirectX Version 11 Version 11
ネットワーク ロードバンド接続
サウンド DirectX 対応 DirectX 対応
その他 日本語版は「DMM GAME PLAYER」インストールが必要
MacOpenGL4.1対応が必要

ゲーム内容・世界について

世界

今までのシリーズ作品においては、タイバー・セプティムによって築かれた帝国の時代「第三紀」、およびセプティムが断絶した後の「第四紀」が舞台だったが、今作においては、その帝国の成立よりも前の時代である「第二紀」を舞台としている。

物語皇帝の不在により位となっていたころより始まる。この時代においてはシロディールを取り巻く三つの同盟勢が台頭し、それぞれが、タムリエル大陸の中心地にして徴である、シロディールを狙っていた。これに危機感を覚えていた元老院議長のアブナー・サルンは、支配・堕落・陵辱デイドラの王モラグ・バルMolag Bal)と死霊術の王マニマルコに頼ることを選んだ。そしてデイドラの軍勢によりシロディールは占拠された。

帝国デイドラの関係が発覚するや、それぞれの勢はこれを機会として、この地からデイドラ駆逐すること、そしてタムリエル大陸覇権を手に入れることを的として、戦いに身を投じていく。

モラグ・バルは、オブリビオンからのゲートを開き、ダークアンカーDark Anchors)を使ってタムリエルを自らの領土コールドハーバーに引き寄せることを画策、定命の者たちをコールドハーバーに誘拐しては魂を抜き取り作業員として働かせていた。

そのなか、奴隷化されていた定命の者たちが何者かに導かれたことで逃げ出し、タムリエルへと帰還した。プレイヤーはこのときコールドハーバーより帰還した「魂を抜き取られた者のうちの一人(ソウルレスワン)」となり、タムリエルに降り立つのである。要するに、TES伝統の囚人プレイからのスタートである。

 

首都シロディールは、今作では三大勢PvPマップとなっており、一定以上のランクになっていないとエリアに入ることができない。なお、DLCの「Imeprial City」ではデイドラに占拠されているインペリアルティに入ることができる。[2]

それぞれの営の地域はレベル帯で別れており、他の営の地域に行くことはできないが、自身のキャラの同盟地域内なら渡航は制限されていないため、危険は増えるが高レベルの地域に低レベルキャラで行くこと自体は可メニューからクエストを確認する「日記」の項を参照すると、クエストの推奨レベルが表示されるようになっている)。
2016年10月の大アップデートOne Tamriel」において同盟による地域の縛りが解除されたため、営やレベル帯に関係なくどの地域にも渡航することが可となった。なおコンテンツの内容は自分のキャラクターに合わせて自動調整されるとのこと。[3]

勢力

プレイヤーは、ゲーム参加した際にいずれかの勢を選ぶことで、その選んだ勢に所属する種族の中からキャラメイクする事となる。種族と勢は繋がっているため、勢と種族は別などといった自由選択はできない。また、今作では種族でインペリアルを選ぶことはできない。

それらの設定と立場はシロディールにて行われるPvP戦で必要なものであり、シロディール以外の土地をただしているプレイヤーや種族・勢にこだわらないプレイヤーにはあまり関係ない。

種族・勢自由選択やインペリアルを種族選択したい場合は、インペリアルエディションを購入するか、ゲーム通貨Crownによってアップグレードする必要がある。(料・価格の項を参照)

説明
アルドメリ・ドミニオン
(The Aldmeri Dominion)

サマーセット・ヴァレンウッド・エルスウェーアの3つの地域からなる同盟勢カラーは「黄色」でシンボルは「ワシ」。エルフによるタムリエル覇権を狙っている。
日本語にするとアルドメリ自治領。「Skyrim」にも同じ名前の勢が存在しているが、この時代のものとは別物である。
エルフが中心であるドミニオンにカジートがいるのは、疫病がはやって混乱に陥った種族をハイエルフの女アイレンが救ってくれた恩義があるため。

ダガーフォールカバナント
(Daggerfall Covenant)

ハイロックハンマーフェル・オルシニウムの3つの地域からなる同盟勢カラーは「」でシンボルは「ライオン」。人間によるタムリエル覇権を狙っている。
人間が中心であるカバナントにはオークも荷担しているが、これは迫されていたオークの建と自治が第二帝国の統治下では保されていたため。

エボハート・パクト
(Ebonheart Pact)

スカイリムモロウィンドブラックマーシュの3つの地域からなる同盟勢カラーは「」でシンボルは「ドラゴン」。デイドラによるタムリエル支配の打倒を狙っている。
三つの同盟の中でもっとも勢が大きいとはいわれているが、ノルドダンマーの戦争アルゴニアンがダンマーの奴隷にされていた過去という歴史的経緯が影してか、もっとも仲が悪いといわれている。

中立 / 所属
(Any Alliance)

大陸の中心地シロディールの住人であるインペリアルはどの営にも所属していない。

ESOでは基本的に種族と勢自由に選べないが、この種族のみ例外で三勢のどれにでも所属できる。

キャラクター

ドラゴンナイト 戦士。攻撃強化や防御強化などが特徴。
ナイトブレイド 戦士。スニークや暗殺などのシャドウスキルが特徴
ソーサラ 魔術師。攻撃・撹乱魔法が特徴。デイドラ召喚が可
テンプラ 魔術師。回復・強化魔法が特徴。味方サポートが得意。
人間 ブレトン
(Breton)
軽装スキルライン、およびマジカ関連の種族スキルを持つ。
インペリアル
(Imperial)
片手武器&スキルライン、および体・スタミナ関連のスキルを持つ。
インペリアルエディションのみ使用可。
ノルド
(Nord)
両手武器スキルライン、およびスタミナ・耐性関連の種族スキルを持つ。
レッドガード
(Redguard)
片手武器&スキルライン、およびスタミナ系の種族スキルを持つ。
エルフ ハイエルフ
(High Elf / Altmer)
攻撃のスキルライン、およびマジカ関連の種族スキルを持つ。
ウッドエルフ
(Wood Elf / Bosmer)
スキルライン、およびスタミナ・隠密関連のスキルを持つ。
ダークエルフ
(Dark Elf / Dammer)
二刀流スキルライン、およびマジカ、ダメージ関連のスキルを持つ。
オーク
(Orc / Orcimer)
重装スキルライン、および体・スタミナ・回復関連の種族スキルを持つ。
亜人 アルゴニア
(Argonian)
回復のスキルライン、および体・回復・耐性関連の種族スキルを持つ。
カジート
(Khajit)
中装スキルライン、およびスタミナ・隠密関連の種族スキルを持つ。

クラス職業)はドラゴンナイトDragonknight)、ナイトブレイド(Nightblade)、ソーサラー(Sorcerer)、テンプラー(Templar)から選べる。士を選ぶと魔法が使えないとか、魔法使いになるとが持てないという事にはならないが、クラスごとに固有のクラススキルが設定されているため、なるべく自分のプレイスタイルに合わせたクラスを選ぶ方が良い。

種族にもそれぞれ固有の種族スキルが設定されており、種族の特性によって持っているスキルが違う(ハイエルフの場合はマジカ最大値アップマジカ回復量アップノルドの場合はヘルス回復量アップや武器スキルアップなど)。種族スキルにもランクがあり、レベルの上昇とともに強化されていく。

スキル・アビリティ

アビリティ
アクティブアビリティ スロットセットして使用するアビリティ。スタミナやマジカを消費する。
パッシブアビリティ スロットセットしなくても取得した時点で常時発動するスキル
アルティメットアビリティ 専用のスロットセットして使用する大技系アビリティゲージを貯めるにはダメージを与えたり受けたりすることで貯まるエネルギーアルティマ」が必要。
スキル
種族スキル 種族ごとに設定されたスキルライン。種族の項を参照。
武器スキル 武器ごとに設定されたスキルライン。装備した武器を使って経験値を貯めることでスキルランクが上がっていく。スキルポイントの使用でアビリティを解除できる。
防御スキル 軽装・中装・重装スキルライン。各を使っているとその分野(軽・中・重)のスキルポイントが溜まっていく。部位を混ぜて使うプレイヤーもいる。
クラフトスキル 装備やアイテム用のスキルライン。分野ごとに別れ、その分野の装備品や消費アイテムを作成・強化することによって上がっていく。
クラススキル ドラゴンナイトやソーサラーなど開始時に選んだ職業ごとのスキルクラススキルラインに入っているアビリティを使用することで上がっていく。
ワールドスキル クラスや装備品に依存しない全キャラの持つスキルライン。魂縛(ソウル)系、ウェアウルフ吸血鬼もこちらに入る。
同盟戦争スキル シロディールでの同盟戦争で開かれるスキルライン。対人戦(PvP)や集団戦(RvR)では有効なスキルう。
ギルドスキル 戦士や盗賊などの各ギルド専用スキルラインギルドに入ることで解放される。
チャンピオンスキル キャラレベルが上限の50に達すると開かれる「チャンピオンシステム」のスキルライン経験値の代わりに貯まるチャンピオンポイントを消費して星座スキルラインに振り分けていく。

武器防具に魔法まで様々なものにスキルアビリティが存在する。アビリティの系列をまとめたものを"スキルライン"と呼ぶ。スキルラインは種族・職業ギルドなど様々な区分で設定されており、アビリティを使用することでそのアビリティが属するスキルライン経験値が入り、スキルランクを上げていける。スキルランクが一定値に達すると新たなスキル/アビリティが取得可になったり、既存の強化してきたスキル/アビリティが分岐させる「変異」が発生したりする。

スキルの強化や変異に必要な「スキルポイント」は、フィールド上にある結晶「スカイシャード」のを集めたりレベルを上げることで貯まる。獲得したスキルポイントを好みのスキルアビリティに割り振っていくことにより様々なスキルが解放、使用できるようになる。しかしキャラクターレベルアップ50カンストとなるため、プレイスタイルを考えながら上げていかなければならない。

習得しているアクティブアビリティスロットに入れられるので、武器スキルラインから入れたりギルドスキルラインから入れたりと、スロットに入れるアビリティの組み合わせは自由にできる。同盟戦争スキルPvP用のスキルラインだが、解禁すればシロディール以外でも使える。
また、レベルが上ってくればやがてスロットが2列になる(士用スロット+魔術師スロットといったセットや、ソロプレイスロット+PvP専用スロットといったセットも作れるようになる)。

クラフトについて

これまでの作品においては防具は種族で軽装か重装かが区分けされていたが、今作では全種族で軽装・中装・重装がそれぞれ設定されることになった。また、武器防具のデザインもすべて種族ごとに異なっている。

によってはクラフトスキル認定してくれるトレーナーがいるため、定されたクラフトを成功させてトレーナーからスキル認定を受けると、町中の掲示板にあるクラフト依頼を受けることができるようになる。

クラフトする場合、フィールド上に点在する「原料」を集めることから始まる。原料を集めて各アイテムのもととなる「素材」に加工し、その「素材」と各種族の特徴的な「スタイル素材」を合わせて作るというスタイルになっている(インペリアルニッケル、ボズマーはなど、種族によりスタイル素材はだいぶ異なる)。

最初は自分の種族の様式に沿った装備しか作れず、自分以外の種族の装備を作るには、その種族の装備に関する知識を得るアイテム本「クラフトモチーフ」が必要になる。クラフトしたもの拾ったもの問わず防具には耐久値が存在し、耐久値が減るとステータスも低下するためメンテナンスが必要となる(武器には耐久値はない)。

アイテムレベルが設けられており、アイテムレベルが自分のレベルを上回る場合は使用・装備することはできない。強いアイテムクラフトするためには、クラフト前に使用する素材を増やすとレベルと防御が上昇していく。使用・装備できないレベルを選んでいても素材が足りなくても途中で数値がく変色して警告してくれるシステムとなっているため間違いにくくて済む。

また、装備を「解体」してクラフトスキル経験値素材を手に入れたり、装備を「研究」することで付呪とは別に備わっている「特性」を解禁し、今後クラフトする装備に特性を付けることもできる。ただし解体しようが研究しようがどちらの場合も対となった装備は破壊される。

とくに「研究」の場合は特性を一つ解禁するだけでもリアル6時間かかり、一度研究した武器・防具の同じカテゴリー内にある他の特性をさらに研究しようとすると、6時間 → 12時間 → 1日 → 2日 → と倍加されていく。
(例としては、大剣、長剣、はそれぞれ特性カテゴリが異なっているので、長カテゴリの最初の特性を6時間かけて研究したあとに長カテゴリをさらに研究しようとすると12時間かかるが、短大剣の方はまだ研究されていないためどちらを選んでも6時間になる)

鍛冶

鍛冶は重装の金属の防具)、および金属製の武器を作成するクラフトスキルである。一般的なTESシリーズの武器防具のクラフトはこれだったが、今回は種類によってわけられている。

縫製

こちらは軽装の飾、および中装のを作成するクラフトスキルである。軽装には植物性の素材、中装には動物性の皮が使われる。専用の場所である「仕立て場」にてクラフトする。

木工

今作では「魔法」と「」および防具の「」は、木材を集めて作成する。は炎・氷・・回復と魔法の種類が固定され、武器スキルラインも「攻撃の」「回復の」と分けられている。

は矢を作成する必要がなく限に使用でき、魔法も発射する魔法ゲージはないため何発でも連射できる。ただし付呪を付けた場合は付呪ゲージがあるため、そちらは補充が必要となる。
(炎のを作って氷魔法の付呪をかけた場合、炎の魔法には制限がないため何発でも発射できるが、氷属性の付呪は攻撃するごとにゲージが減っていく)。

付呪

付呪はフィールド上にある小さな祠からルーンストーンを採取する必要がある。ルーンストーンは本質(■)、効果()、品質()の3種類あり、3つ組み合わせることで付呪アイテムの「グリフ」を作ることができる。逆にグリフを解体すると付呪スキル経験値が入り、グリフ材料になったルーンストーンが手に入ることがある。

組み合わせは必ず■の1セットないと作れず、■2つとか全部とか偏っているとクラフトできないため中途半端にスロット圧迫することが多い。ちなみに自身の付呪レベル以上のルーンストーンはクラフトに使用できない。

料理

料理素材の加工は必要ないが、レシピがないと作れない。レシピは各集落のシェフが売っていたり、フィールド上の敵からドロップしたり、宝箱の中に入っていたりする。レシピを使用するとその料理の作り方を覚え、原料がっていると料理クラフトとなる。自身の料理スキルランクを上回っている料理は作れない。

錬金

錬金過去作と同じく素材の組み合わせによって効果が判明する形となっている。なお今作では「自然」や「」など触媒となる液体も必要になった(触媒 + 素材1 + 素材2)。自分の錬金スキルランクを上回っている素材クラフトに使用できず、作成したアイテムも自分のキャラクターレベルを上回っていると使用できない。

Q&A

システムについて

【Q】 パッケージ買ったのにインストール用のデータいんだけど
今作はき容量85GB以上が要されるため、サーバーに繋いでデータダウンロードする形式になっている(初回限定盤ではUSBメモリの中にリンクファイルがある)。

【Q】 商品買ったのに同盟や種族自由選択できない/インペリアル選べない
インペリアルパック(インペリアル使用可)やアーリーパック(種族と同盟の自由選択)などはゲーム本体そのものとは別であるため、それらが同梱されているものを適切に買わなければ使用できない。ただし後からストアなどでアカウントアップグレードすることは可

【Q】 すでに英語版もってるプレイヤーどうするの?
SteamのものとDMMのものは別々の商品として扱われているため、メンドーだが日本語版を購入する必要がある。公式日本語版はSteamではなくDMM専用のゲームクライアントDMM GAME PLAYER」から起動する形となる。Steamでは日本語版は対応していない扱いになっており、「安く済ませたい」「日本語使えなくてもいい」というのであれば、Steamにある方のESOを購入しよう。
日本語版を起動した際にESOアカウントを持っている選択肢を選ぶと、キャラクターデータを引き継ぐことは可無料トライアル版を用いることでも可だが、日本語版に移行したあとで製品版を買わずに無料トライアル期間が過ぎると起動できなくなる。
また、英語版日本語版とではデータ共用はできず、いちど日本語版に移行すると英語版データが消去されるため、英語版に戻したり引き継ぎ直すということはできない。英語版のESO PLUSクラウン日本語版には引き継がれず保の対にもならない。

【Q】 日本サーバーあるの?
日本専用のサーバーはなく北サーバーに繋がる形となっているため、日本語圏以外のプレイヤーが話しかけてくる可性はある。インターフェイスデータ日本語になっているので日本語プレイはできる。

【Q】 北サーバーだけど日本語チャット使っていいの?
全体的には英語プレイヤーが大多数なので、なるべくなら英語が望ましい(衆で日本語チャット使っていたら英語プレイヤーから文句言われたなどのトラブルも発生している)。
初期設定ではOFFになっているが英語以外でもフランス語ゾーンドイツ語ゾーン日本語ゾーンがあるので、日本語でしゃべりたい場合はオプションから日本語ゾーンを選択しておくと良い。

【Q】 仲間ではないけど一緒に行動してたプレイヤーがいなくなった
サーバーはNAサーバー(北)とEUサーバー欧州)の2つに大別されているが、実はサーバー内部では「チャンネル」と呼ばれる階層があり、それらの各チャンネルプレイヤーが振り分けられ、プレイヤーは同一チャンネルの他プレイヤーしか見えない仕様になっている。
フレンドグループギルドなど大人数はソロプレイヤーがたくさんいるところから隔離され別のチャンネルにまとめて送られたりと、サーバー内の人数バランスに偏りが出ないよう自動調整されている。

【Q】 メンバーサイトで商品を選んでも購入にならない
クラウンストアはゲーム内にあるのでゲーム内にて購入・適用する形になる。インベントリを開くと上のメニューバーに王冠マークがあるので、それを選択するとクラウンストアが開かれる。

【Q】 ゲーム内で踊ったり楽器演奏してる人いるけどどうやるの?
チャットには感情や意志を表す「エモート(Emote)」というアクションコマンドがある。「/」のあとに文字を入れるとそれに応じた行動をとるようになっている(たとえば踊る場合は「/dance」、フルート演奏する場合は「/flute」など)。
なお入する際はコマンドを意味する「/」から始まるため、もし存在しないエモートや打ち間違えたエモートでもチャット欄に誤爆で表示されることはないので安心である。エモートは数十種類以上になるが、ヘルプで見てもいいし自分で探してみるのもいいだろう(ちなみに座るエモート「/sit」は6種類もある)。

世界について

【Q】 本当にタムリエル全土行けるの?
正確にはタムリエルの隅々まで行けるわけではない。各国家の一部地域を開放することによって「タムリエル全土行ける」扱いとなっている。例えばスカイリムの場合、開放されている地域はウィンヘルムがあるイーストマーチ地方リフテンのあるリフ地方のみで、ソリチュードがあるハイヤルマーチ地方マルカルスのあるリーチ地方は行くことができない。

【Q】 いまシロディールどうなってんの?
三勢が争う修羅の国と化しているため、砦や町に至るまで全て戦場になっている。インペリアル・シティDLCによって開放されるため、DLC永久利用権を個別で購入(3000クラウン)するかプレミアム会員(ESO PLUS)になるしかない。なお、一部ユーザーゲームプレイブログなどでは「シロディールしててNPCの会話イベントが始まったので突っ立って見てたら敵勢プレイヤーに襲われた」などの報告もあるので気が抜けない。

【Q】 マップ上のアイコン選んでもファストトラベルできないんだけど?
今回は端にある「の祠」を使ってワープするのがファストトラベルの代わりとなる。外に出ていればどこのロケーションからでもの祠へとワープできるが、逆にの祠から他のロケーションへとワープすることはできない。
他のロケーションからの祠にワープするとレベルに応じた料がかかる。しかしの祠から他のの祠にワープする分には料はかからないため、お金をケチりたいのなら、最寄りのの祠に歩いて行って的地に近いの祠までワープし、そこから的地まで歩いて行くのがいいだろう。(フレンドリストジャンプを使えば無料フレンドのところまで飛べるので、持ち合わせのないプレイヤーフレンドに先に行かせるという手もある)
なお、"預言者"の住んでいる「避難所」のように、例外的にファストトラベルできるロケーションはあるが、の祠を利用するのと同様に料が発生する。

【Q】 タムリエルの外はどうなっているの?
複数の大陸があるという設定だが、システム的に外へは行けないことになっており、外に行こうとするとスローターフィッシュに襲われて食い殺されるようになっている。また、(本来は冒険を進めてから来られるはずの場所にから回って行くなどといった)適正でないエリアに泳いでいこうとしても同じく食い殺される。
過去にはプレイヤー同士による「みんなで一斉にタムリエルの果てまで泳いでみようぜ」的な企画もあったようだが、全員例外なくスローターフィッシュに食われている。

アイテム・スキル・戦闘について

【Q】 アイテム全部剥げないの?
今作では倒した相手のアイテムを全部剥ぐことはできずランダムドロップ仕様になっている。ちなみに我々のコリブリのように占有権は発生しないため、他のプレイヤーが倒したキャラでもまだボディがっていれば剥ぐことは可だし、自分が倒した相手でも他プレイヤーが剥ぐことは可

【Q】 歩いてたらPKされるとかはないの?
今作でのプレイヤー同士による戦闘シロディールに限定されており、その他の地域ではPKすることはできないがPKされることもない。マップ上でもなんとなく戦っている人のところに行ってちょっとしたお手伝いという感覚で、逆に自分の戦いの時にほかのプレイヤーがお手伝いしに来るケースもあり。

【Q】 死んだらどうなるの?
死んだ地点から最も近い祠に転送されてそこで復活する(ダンジョンなどで死んだ場合は入口に送られる)。MMOなのでセーブデータやり直しといった展開にはならず、クエストも最後に達成した標から続けられるのでクエスト最初からやり直しにはならないで済む。あと通常のダメージでも防具の耐久が減るが、死ぬとペナルティとしてさらに耐久が減る。
死んだその場で復活することもできるが、その場合には魂入りの魂石が必要。魂石は死んでる他のプレイヤーをその場で復活させる事もできる(プレイヤーレベルによって必要な魂石が違う)。

【Q】 アイテムの作り方がわからない。
クラフトの方法は過去作とは異なる。ゲーム内容の「アイテムクラフト」を参照。

関連動画

世界観

DLC

プレイ動画

関連生放送

関連商品

書籍

ホビー

関連項目

関連サイト

関連ニュース

脚注

  1. *コスチューム衛兵貴族などキャライメージに沿った装やNPCであって、ネタ系かぶり物や着ぐるみなどといった世界観が崩壊するたぐいのものはない。また、売っている課金アイテム衣装動物、消耗品などで、最強武器などといった買ったら有利になる(Pay to Win)系統のアイテムもない。
  2. *セプティムよりも以前に帝国はあった。今作の帝国はレマン・シロディールによって建された第二帝国である。
  3. *第12弾アップデート『One Tamriel』実装!exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/the%20elder%20scrolls%20online

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

The Elder Scrolls Online

83 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 12:16:05 ID: u1p391iCDh
DMMがひろったらごみ
84 ななしのよっしん
2018/02/23(金) 19:55:07 ID: SOjepn5ziM
記事がクソ長いくせに掲示板は全然賑わってないのな
DMMの社員さん導の記事かな?
85 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 11:07:55 ID: iARacw89Hv
単純に日本人の人口が少ないだけでしょ
そもそもこのゲームが存在するって知ってる人自体少ないんじゃないかな
86 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 13:28:05 ID: Hzq6A9FDfj
まずTESPCでって発想の日本人が少ないかもしれないね
87 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 21:06:21 ID: BKJvRbt8o8
DMMかーとか思いつつ始めたもののなんだかんだで日本サービス開始からずっと続けてしまってるわ
スキル構成とか装備構成を考えるのが楽しい人には楽しいゲーム
88 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 10:24:58 ID: 5rfecusPXu
ワールドボスソロ無理ゲーでも各地のギルドストア巡りで装備は買える
通常ダンジョンも簡単にPT組めるから予習さえしとけば英語できなかろうが友達いなかろうが困らない
けど強セットがある試練(12人PTダンジョン)はソロプレイヤーどころかジャパニーズキラー
試練系のセット妥協して諦めてるけど遊びやすくしてほしい(切実)
89 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 22:30:54 ID: 9G7quUtvsX
ようやくパブリックダンジョンソロ制覇できて
グループダンジョンを回りだしたけど攻撃が痛いのなんの
打撃耐性も呪文耐性も天井近い3万前後、ヘル28000台でも雑魚フルボッコですらヤバイ
HP回復速度を盛りまくるしかないのか…
なお、ワールドボスの攻撃はやはり耐えられない、んだけど
クラグローンのワールドボスタイマンで勝ってた人を見かけたから不可能じゃないハズなんだよな
90 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 18:36:12 ID: BKJvRbt8o8
ワールドボス攻略すならまずメイルストローアリーナベテラン)のクリアそう クソゲーだけどな!
もしくはアクリ砂漠ワールドボスだとめっちゃ簡単だからそこで構成を考えてみるとか
ただそれらを乗り越えても絶対にソロ攻略不可能ワールドボスもいるからそこは注意
個人的にはソロだとマジカソーサラーが一番楽だと思う 次点でマジカナイトブレード
ソーサラーの場合はパワーサージとAoE(流体電撃/属性とか)を切らさなきゃ即死攻撃こない限り死なない 即死攻撃の場合は高硬化結界で大抵耐えれる
NBの場合は魂丸呑み体で攻撃しとけば勝手に回復していくし死にそうなときは魔法抑制をって息切れさえしなければそうそう死なない
91 89
2018/10/22(月) 23:28:44 ID: 9G7quUtvsX
>>90
情報ありがとう
スタミナNBだが、耐久捨てて火力極化して雑魚を即殺できれば
ノーマルグループダンジョン行けるかと考えてみたけど
オワタ式と化しただけで今まで行けた所さえダメになった
マジに転向するか…
92 ななしのよっしん
2019/03/06(水) 03:42:34 ID: TiXZvjcH8K
アップデートを続けてすごく良くなったよ。
始めは悪評ばかりだったけど今では世界一プレイ人口が居る一番ホットなMMOに成長した。
MMO始めたいなら絶対おすすめですね。

急上昇ワード

2019/08/21(水)10時更新