トウカイテイオー(ウマ娘)単語

トウカイテイオー
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

無敵のテイオ伝説。いよいよスタートだー!!」

トウカイテイオー

トウカイテイオー(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬トウカイテイオーモチーフとするウマ娘である。CV:Machico

概要

誕生日4月20日 身長150cm 体重:増減なし スリーサイズ:B77・W54・H76

明朗快活。くような笑顔がまぶしいウマ娘
身軽でフットワークが軽く、跳ねるような独特の走り方をする。
"皇帝"シンボリルドルフに強い憧れを持ち、自分は"帝王"になるため、敗の三冠制覇をしている。

上の紹介文の通り、独特の跳ねるような走りは「テイオーステップ」と呼ばれる。性格は強気でナマイキな面があり、短気でちょっとカッとなりがち。しかし、レースに賭ける情熱の強さはにも負けない。あと、ボクっ娘である。
勝負は、ベースカラーアンシンメトリーデザイン。小柄な彼女の姿をやかに飾っている。

アニメでの活躍

トレセン学園に編入してきたスペシャルウィークに対する学園内の案内役として生徒会長シンボリルドルフから紹介される。

その後、ウイニングライブ練習を忘れたまま優勝してしまい本番で無惨な棒立ちをしたスペ、および棒立ちとまではいかないものの散々な出来だった「スピカメンバーの面々に対し、ルドルフの命で歌と踊りのコーチ役を任されることになる。コーチングの会場はカラオケスタジオ。そこで見事な歌とステップを披露するのだった。

当初から「スピカ」のトレーナーからはスカウトされていたが、なかなか所属を決めかねていた彼女だった。しかし、「スピカ」の楽しい雰囲気にふれて、あえて憧れのルドルフとは違う歩く決意をする。そして「スピカ」の面々の前でしれっと加入を宣言、その一員となるのであった。

とはいえ1期では物語の軸となるスペたちの世代とはズレているため、彼女自身のそこから先の物語については掘り下げられることはなかった。
しかし2期では主人公となり、めてテイオーの物語が描かれ直すこととなった。

ダービーを制して「敗の二冠ウマ娘」になるところから物語は始まり、メジロマックイーンとの関係を要に、史実通りの挫折と栄られたのりが描かれることとなる。1期のOPや13話によるネタバレはひとまず忘れておいて。

ゲームでの扱い

バ場適性 A ダート G
距離適性 距離 マイル 距離 距離
F E A B
脚質適性 逃げ 先行 差し 追込
D A C E

ゲームではリリース当初から3[トップオブジョイフル]が実装

適性としては芝中~距離の先行バと言った位置づけ。しかし史実での戦績ゆえ、生ステイヤーとべると長距離適性は劣る。
育成シナリオではその天皇賞や、史実では故障によって出走できなかった菊花賞、史実では一度は惨敗するも2度奇跡勝利を挙げた有馬記念など、長距離区分のレースで結果を出すことをめられることが多く、クリアは容易ではない。とりあえず、継承で長距離適性をAに補強するだけでも安定度は段違いである。

固有スキルは数少ない「すごく」効果だが発動条件が厳しく、基本的に最終直線で2番手以下で追走かつ先頭より速いスピードスパートしている時しか条件を満たせない。素のステータスや他のスキルによる加速でラストスパートを強化する必要があるが、スピードが高い先行だと最終直線時にはもう前にもいない事もままある。
まあ、そういう状況は基本的には勝ちパターンなので「勝てない時のためのスキル」と割り切ってもよいのだが、スキルを十二分に生かすなら差しにした方がいい。ただし差し適性Cなので継承で重点的に補強が必要。

それ以外のスキルは先行、中距離向けで固められており、ポジション取りのスキルがこれでもかと詰め込まれている。固有含め8個の取得可スキルのうち実に5個にステップと名がついているのも大きな特徴。

固有の癖の強さを除けば使いやすいスキル構成であり、その固有も発動できれば非常に強。育成には苦労するが、ゲームでは故障に悩まされることはないため、上手くすれば皇帝を越える事も不可能ではない。

アニメ2期の最速放映終了直後の2021/3/30にはマックイーン共々、アニメ2期で登場した勝負バージョン[ビヨンド・ザ・ホライズン]が実装
名称は、史実においてTM対決を前にして岡部幸雄がテイオーを「地の果てまで走りそう」と評したのが由来と思われ、マックイーンのものと対になっている。

適性そのものは変更されていないが、成長率がスピードから根性に10%移動していたり、取得可レアスキルが全て回復系になっている、「ウマ娘○」がある、と、天皇賞(春)のTM対決を意識したかのような性になっている。
固有スキルの名称「絶対は、ボクだ」は、発動するとBGMが「ユメヲカケル!」になるという要素も合わさり、アニメ2期を視聴したトレーナーはグッときてしまうことだろう。まあ、この台詞を言った時はこの勝負じゃなかったんだけど……
条件は初期版と同様、いちく抜け出せてしまったら発動できないので安定した発動は難しい。

彼女専用称号はもちろん「帝王」。史実と同じく七冠以上のウマ娘から継承して、敗でダービーまで駆け抜け、GIで4回以上1番人気を取り、レースラストのシニア有馬記念を勝てば達成となる。

サポートカードとしても初期からSSR[は掲げるものなのだっ!]が登場しており、脚質・距離どちらにも縛られないレアスキル「一」をイベントさえ発生すれば確定で伝授してくれる。
それ以上に重要なのが、「垂れウマ回避」「巧みなステップ」「イナズマステップ」「ポジションセンス」「臨機応変」と位置取りに関するスキルをこれでもかと所持していること。説明文だけだと効果が分かりづらいのだが、これらのスキルがあるとバ群に埋もれる事故が格段に減少するため、そもそも埋もれないようにする逃げ以外の戦術全般における安定性に大きく寄与する。
使い勝手のいいスピードタイプ、体回復イベントが3種類もあるなど全体的に隙なくまっており、逃げ以外ならまず入れておいて間違いない強サポートカードである。

楽曲

ダービー
作詞Cygames (corochi) 作曲Cygames (本田晃弘) 編曲中西
CDSTARTING GATE 01」収録。アニメ1期3話・10話、2期10話ではカラオケで歌っている。
邪気なラブソングだが、ライバルを「手な女(オンナ)」と表すあたりに情念が出ている。

史実

91年 日本ダービー

七冠プレッシャーに勝った
トウカイテイオー

天才はいる。
悔しいが。

シンボリルドルフトウカイナチュラルの2つ名「皇帝」からの連想で「帝王」の名を与えられ、幼名「ハマノテイオー」を名乗った。体は小柄で、最初はさほど注されていなかったが、後に「テイオーステップ」と綽名されるその軽やかな運動性がやがて評価を変えていく。本格的な競走馬となるにあたり、冠名を代えて「トウカイテイオー」と名乗ることになった。

1990年安田行と組み新戦をデビュー勝利後、4戦4勝。1991年には敗の状態でクラシック初挑戦となった。その皐月賞も快勝し、そして続く東京優駿も制して敗のダービーとなった彼には、いよいよシンボリルドルフに並ぶ「敗からの三冠」という記録が期待された。
しかし、そのレース後に足に異常をきたし、レントゲンの結果折と判明。菊花賞は回避せざるを得ず、その記録はならなかった。

翌年は戦だった岡部幸雄に乗り替わり、大阪杯復活優勝した彼は天皇賞(春)に挑戦。メジロマックイーンとの対決が大いに注を集めたが、結果は振るわず5着。しかも、また足の折が判明し、後のシーズンは休養で過ごすことになった。天皇賞でも敗北してしまったが、挽回のチャンスはきた。ジャパンカップである。
この年から同レース競馬として承認され、イギリスの現役ダービーをはじめ、海外船たちが集った。その中でトウカイテイオーは下評こそイマイチだったが、それを覆して優勝も勝ったこのレースを制したことにより、彼は際GIレースを初めて制した日本となったのである。
しかし、有馬記念ではレースの直前に体調を崩し、生涯最低の11着に敗れる。

1993年筋肉を痛めたりまたもの剥離折が起こったりでほぼ1年を棒に振ってしまい、復帰戦がなんと年末の有馬記念となった。だが、前年の有馬記念にも騎乗した田原成貴が再び騎乗し、自身も含めて8頭のGIが集うという史上稀に見るメンバーとなったこのレースを見事優勝フジテレビでこのレース実況を担当した堺正幸も「奇跡復活」と称えた。丸1年(364日)を休んでのGI復帰勝利現在も破られていない記録でもある。

翌年も現役を続行したものの、ケガによって出走はわず、ついにこの年で引退となった。

引退後は種となり、余生を送っていたが2013年25歳で亡くなった。

詳細は当該記事へ→トウカイテイオー

関連動画

関連静画

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トウカイテイオー(ウマ娘)

399 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 20:43:39 ID: 7PBJSwYjbe
>>396
イクノディクタス以外全員モブ
・「天皇賞で敗れ、当初の標をすべて失ったテイオーは精を欠くようになる」というシナリオ上の都合
ルドルフ会長血縁ではないので親子二代制覇には出来ない
海外ウマの扱いが曖昧なので「ルドルフ以来の勝利」とも出来なさそう

思いつく理由はこれくらいかな?
400 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 21:25:44 ID: FgTaQoAKcL
>>399
も一つ、1期で先に日本総大将スペ(もっと言うと日本での格付け済ませたエル)を先に描いちゃったもんで「ルドルフ以来の日本JC勝利日本初のG1勝利」って歴史的偉業が薄れているのもでかい。劇中の情報だけ集めるとただ好走してG1勝っただけになっちまう
401 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 21:29:08 ID: s5xT7hoh3l
作中で去年(たぶん)スぺが来日疲れあったとはいえヨーロッパ最強のブロワイエとその他モブ海外バを倒したばっかだしねえ。
402 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 03:13:31 ID: GEZSyVXgzJ
最初のシーン反応ちょっと軽いなと思ったが
二度折(正確には三度だが)のシーンズンと重くするための演出だったんだなって
403 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 15:56:49 ID: yQjnwcC4lG
12話のアニメ折3回は苦難のすぎる。史実補正がなかったらスペランカー先生呼ばわり待ったなし
404 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 19:14:13 ID: dVdAjwnMhe
史実なしのオリジナルアニメだったら「3回も折してるのに最終回で勝つなんてご都合主義だ!」とか言われてるレベル
405 ななしのよっしん
2021/04/14(水) 11:53:11 ID: z1WBKarmeA
アニメの方の折は原作(史実)と折れている場所が異なるので
(史実4度の折は膝より上のもので生命の危機まで行かないで済んだ)
アニメの方がより重症そう描写されるのも何か理解できる
406 ななしのよっしん
2021/04/14(水) 21:04:21 ID: wHyKNcMolE
史実だと結局4回折してあのあともう引退なんでしょ?
クソ脚本にもほどがある
やっぱアニメって最高だわ
407 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 12:53:04 ID: zF9iRwx59C
>>367
タキオン舞台装置として便利使いされるタイプで病むイメージないな
408 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 17:06:19 ID: BuLvN/Qb3m
>>399
>イクノディクタス以外全員モブ

レ、レリックアースさんはモブちゃうわ!と強弁してみたい
せっかくヒシアマゾン阿部と連絡取れてるんならモブヒシマサルくらい作ればいいのに

なんでレッツゴーターキン出ぇへんのやろと思ったら今頃になってダイナースクラブだったと知るなど
そっかターキンサンデーレーシングだったのか……