マチカネタンホイザ(ウマ娘)単語

マチカネタンホイザ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

 

「なんだか今度こそ うまくいきそうな予感がするっ!

マチカネタンホイザ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

未完の大器”と称された実在競走馬マチカネタンホイザ」をモチーフとするウマ娘である。
CV遠野ひかる

概要

誕生日5月7日 身長155cm 体重:微増(食べすぎちゃった) スリーサイズ:B80/W55/H80

で前向き、いつでも全優等生な性格…なのにイマイチちきれなかったり、肝心な部分でポカをするなど、天然なところも。
そんな彼女の自分への評価は……「普通」な子。
個性の強い子たちに憧れたりもするけれど、自分らしさを大事に、ひたむきに頑ります!

アニメ第2期スタートに伴って追加されたウマ娘毛。右ひっかけるように斜めに被った帽子は、帽子い模様と前の一筋の白髪を合わせて、額の中央部から右の鼻にかけて斜めに通っていた流星(顔のい部分)を意識したものか。

勝負は名前の由来を意識したドイツ民族衣装。史実の「マチカネ」の勝負地に線)を意識してコルセットリボンソックスミニフレアスカートタイ帽子群青)、シャツとスカート下地ジョッキーパンツという少女コーデ。

アニメでの活躍

所属はチームカノープス。ほわほわと明るい少女で、カノープス内ではツインターボの次にノリがよく、ボケツッコミもこなす万(?)な活躍を見せる。

初登場は第2期オープニングツインターボの靴が命中して鼻血を出したり、最も祝福された高松宮杯再現されたりしている。

第3話本編初登場。初詣で「カノープスに大新人が入った」として登場した間に賽銭箱の上からが降ってきて鼻に直撃、鼻血という(色んな意味で)ロケットスタートを決めた。

レースシーンミホノブルボンに圧倒された皐月賞(4話)、ブルボンライスの2強とデッドヒートを繰り広げた菊花賞(6話)、メジロパーマーハイペースにイクノと共に耐えるもマックイーン&ライス走に圧倒された天皇賞(8話)、ネイチャと共に出走して「奇跡復活」の陰で善戦するもライブ圏内入りはわなかった有馬記念(13話)がある。

ゲームでの扱い

ナイスネイチャを除くとチームカノープスはいずれもアニメ2実装組だったため、ゲームへの実装が遅れるのではないかと言われていた。

しかし蓋を開けてみると、3月9日更新ツインターボは堂々のSSRサポートカードとして登場。さらに同カードアニメSeason2・10話直後がモチーフであったため、オールカマー同日出走組であるイクノディクタスイベント内で少ないながら登場した。まだアプリリリースされたばかりとは言え、だったアニメ2期組の中で一の未登場キャラとして不憫な扱いを受けてしまうのであった。

とか言ってたら3月18日ガチャ更新で登場したSR・Rイクノディクタスイベントで登場し、かわいい姿を見せてくれた。しかも競泳水着姿で。

しかし本人のサポートカード実装は一人お預けとなってしまっていたタンホイザであったが、続く3月30日ストーリーイベントBrand-new Friend」の報酬SSR[Just keep going.]として堂々登場。ルーレットダービー天井がついたのででもれる。

根性得意であり、最大65という高い得意率アップを持つ。その有用性が諸説分かれる根性育成に挑むうえではお手軽に頼れるお供となるか。
所持スキルは中・長距離・差し定が1つずつ、実質的に後方定が1つ、1つだけ条件。内容的にもやや地味だが、そもそもヒントボーナスがないのでヒント要員は役割ではないと見るべきだろう。
レアスキルは「ウマ込み冷静」上位の「どこ吹く」、入手は不確定。

もちろんイベントストーリーでも要人物の一人として活躍。ポンコツな姿も真剣な姿もしっかり見せ、なんだかんだで立つ機会には乏しかったタンホイザの重な掘り下げである。
イベントミッションページで流れる「クリアするぞ~。えい、えい、むん!」に病みつきになるユーザーが続出した。

楽曲

Coming Soon...

関連ウマ娘

ナイスネイチャ
ツインターボ
イクノディクタス
アニメにおけるカノープスチームメイトゲームではカノープスは存在しないものの、親しい仲ではある様子。
史実でも同じ時代を戦った間柄(ネイチャ・ターボは1つ上、イクノは2つ上)であり、特にネイチャやイクノとは様々なビッグレースに出走した善戦マン仲間でもある。
ミホノブルボン
クラシックで競う同期ライバルであり、大きなでもある。
ライスシャワー
同期であり、同じ中長距離適性ということもあって対戦が多く、ライバルとして意識している。
サクラバクシンオー
ニシノフラワー
同期だが、短距離路線なので対戦経験は少ない。
マチカネフクキタル
冠名マチカネ」仲間小須田牧場で晩年を共にした仲でもある。
秋川やよい
トレセン学園理事長。おそらく何の関係もないのだが、運命を感じてしまいそう身長とか髪の白い所とか頭の上の猫とか

史実

内からアイルトンシンボリが突っ込んで、マチカネタンホイザ
外からマチカネタンホイザマチカネタンホイザァ!
…こんな競馬は久しぶりに見ました、ビックリしました
思いもよらない展開でした

1995年7月9日 GII高松宮記念 実況吉村功アナ

1989年5月7日北海道取町の稲原牧場に生まれた

サンデーサイレンスの前に日本競馬界を席巻した大種ノーザンテーストは名スターロツチに連なるクリシーという、のつく良血統。近親にマチカネイワシミズの全マルゼンスキー同期皐月賞ハードバージもおり、くから「ノーザンテースト最後の大物」と注されていた。

名前はリヒャルト・ワーグナーオペラタンホイザータンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦)」から。細川益男氏の冠名マチカネ」を足すと文字オーバーのため、「ー」をとって「タンホイザ」となった。

東の伊藤雄二厩舎に入厩。顔の中心から斜めに延びて右鼻だけにかかる特徴的な流星があり、鼻が曲がって見えることから、厩舎では「ハナモゲラ(モゲ)」と呼ばれて可がられた。武器は切れ味の有る追い込みの脚だったのだが、一生懸命頑って突き進もうとする性格だったようで、いかにのヤル気を削がずに脚を残させるかが難しく、伊藤調教師が「ハナモゲラを乗りこなせたら一級品だよ」というくらいにはジョッキー泣かせのだったようだ。

デビュー1991年9月大物としての期待は高く、上に天才武豊を迎えて新戦を順調に勝利。3戦府中3歳ステークスでは騎手の名手・岡部幸雄を迎えてオープン戦勝利をあげ、意気揚々と初GⅠ「朝日杯3歳ステークス(当時。現在朝日杯フューチュリティステークス)」へと挑んだ。しかし、ここで“サイボーグミホノブルボンに4着と敗れて役のから転げ落ちる。

クラシック戦線では皐月賞7着、ダービー4着とブルボン無双の影でパッとせず計6連敗。にはカシオペアステークス2着と良い調整を見せ、中1週でクラシック終戦菊花賞に挑む。

本番の菊花賞では3番人気朝日杯含む敗四冠で“皇帝シンボリルドルフえようというミホノブルボンを直線で内からぶっ差し、驚異のりで差し返されたもののアタマ差。タイム的にはブルボン共々ホリスキーレコード更新し、後続のメイキングテシオを7身突き放すという快走で、“さすがはNT最後の大物”という強いレースを見せた。まあ、結果は「ライスシャワーブルボンに1身と1/4の差をつけた日本レコード勝利したレースの3着」だったのだが。

となった翌年からは重賞を走り続けていく。初戦の杯では敗れたが、次戦のGⅢダイヤモンドステークスでは3200mの日本レコードで重賞初勝利を達成し、次戦のGⅡ目黒記念ではライスシャワーを2身半千切って勝利菊花賞辱を果たす。

本格化の兆しを見せたタンホイザは次に天皇賞(春)に挑んだ。しかしそこには春天3連覇を論む最強ステイヤーメジロマックイーンスーパー逃亡者と化したメジロパーマー、もはやではない何かになっていたライスシャワーがいた。いや、無理ゲーだろこのメンツ。それでも3着パーマーに6身千切られたがしっかり4着に入って賞咥えて帰った。

オープン2勝も、ジャパンカップは15着惨敗。ここで岡部騎手が降り、戦が柴田善臣騎手に替わった有馬記念ではしっかりとトウカイテイオー奇跡復活の影でナイスネイチャに次ぐ4着に入って賞ゲット

94年は初戦のGⅡアメリカジョッキークラブカップナイスネイチャツインターボらを撃破して勝利し好発進。すわ本格化?と一番人気に推されたGⅡ日経賞だったが、ステージチャンプの3着に敗北し、いつもの路線に。その後は春天5着、京阪杯5着、毎日王冠5着、秋天4着と94年は全レースでしっかり掲示板を確保した。ただし宝塚記念杉本清アナに“私の”にされた結果、9着で賞貰えなかったがな

そしてジャパンカップではビワハヤヒデウイニングチケット引退し、ナリタタイシンライスシャワーは長期休養中と有ライバルが全て離脱。その結果、日本総大将マチカネタンホイザ爆誕したのである。ナイスネイチャら数々の日本を従え、威風堂々と本馬場に入場したタンホイザだったが、直後の返しの最中にプルプルと震えだす。そして、場内には情なアナウンスき渡った。

「お知らせいたします。8番マチカネタンホイザ号は鼻出血ため、競走除外と致します」

口呼吸が出来ないにとって、鼻出血は気管や肺からの出血が疑われ、下手をすれば呼吸もできなくなる緊急事態。GⅠ制覇の大チャンスを逃したらが日本総大将は、ひっそりと府中のターフから去っていった(なお、レースマーベラスクラウン勝利)。

落ち込んだりもしたけれど、伊藤厩舎では「まだ有馬記念がある」ときっちり出走登録し、気持ちを切り替えて入念にタンホイザの調整を続けていた。しかし、またもタンホイザの様子がおかしい。なにか体が痒そうにしている…と思ったら、麻疹が出ているではないか(一説には、原因は“飼い葉の中に紛れていた蜘蛛を食べたから”と言われる)

こうして、タンホイザは94シーズン病気でGⅠ2戦連続出走取消というなんとも締まらない形で終えた。

明けて95年。気を取り直して1月アメリカジョッキークラブカップして調整しなおしのタンホイザだが、今度はレグモーネ(窩織炎)という病気を発症してまたも出走を取りやめるに。この病気は外傷から雑菌が入り、広範囲に渡って皮膚や皮下組織が化膿、壊死していく病気で、重症化すると筋肉壊死してしまい、患部を切除しなければならなくなる。こうしてタンホイザは立て続けに3つの病に襲われ、までの長期休養を余儀なくされた。

6歳のを迎えたタンホイザ。時代は新たな英雄ナリタブライアンに首ったけ。良血の大器の完成を待ち望むも小さくなり、6月4日には長く競い合ったライスシャワーも一きを残し、の地で嶺の魂となった。

7月9日、タンホイザは中京競馬場スーパーGⅡ高松宮杯」(芝2000m)に出走。一番人気はこちらも休養明けの女傑ヒシアマゾンで、単勝1.5倍のぶっちぎり。タンホイザは8.3倍の3番人気だった。

レーススタートすると、追い込みのはずのヒシアマゾンタイマンbotになってしまったのか全にかかってしまって逃げ始め、大混戦に。ひとかたまりで4から直線になだれ込むと、ヒシアマゾンペースに引っられた前集団が内側で争いつつタレていく中、馬場中央の4~5番手で脚を溜めていたタンホイザが外から一気に差し切り、実に1年半ぶりに1着でゴールを駆け抜けた。観戦に来ていた6万2000人の大観衆はまるでGⅠを讃えるかのような大歓をもって、すべき“未完の大器”の勝利祝福した。ちなみにこの高松宮杯、翌96年から格付けがGⅠに昇格するのでGⅡ時代最後の年であった。

そして、これが彼の最後のきとなる。

以降、タンホイザは燃え尽きたように一度も掲示板に載ることもなく、12月GⅡステイヤーズステークス7着が引退レースとなった。

生涯成績 32戦8勝。重賞4勝(GⅡ3勝、GⅢ1勝)。

距離から長距離の様々な大レースで活躍し、勝てずともきっちり掲示板を確保しては賞をコツコツ咥えて戻り、その生涯獲得賞5億1752万7400円はノーザンテースト産駒としては最高額となる。

現役引退後は種となるが、立った産駒が出ることもなく、2010年まで待兼牧場で過ごす。種引退したタンホイザは山梨県小須田牧場後輩マチカネフクキタルと仲良く余生を送り、2013年に戦友ライスシャワーが待つ天国へと駆けていった。

決して役にはなれなかった、未完の大器。94からの立て続けの不幸で「病気デパート」などとも呼ばれた。それでも中京競馬場のあの大歓を聞けば、マチカネタンホイザという名がいかに皆にされていたかがよく分かるだろう。

その他詳細は当該記事へ→マチカネタンホイザ

関連動画

初登場(OP)と初登場(本編

レース(左:皐月賞 右:菊花賞

アニメクローズアップされた史実のレース

えい、えい、むん!

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%82%B6%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マチカネタンホイザ(ウマ娘)

115 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 03:03:50 ID: vuuvakuFAP
えい、えい、
116 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 05:56:10 ID: 1VLznh2PG1
>>113
「タンホイザに叩き込め」ってセリフのあるゲームがあってですね
むしろビームを撃って叩き込まれる場所(概念)みたいな名前だよなって……

ちなみに意味合い的には殺し合い確定レベル下品スラングの模様
117 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 20:48:08 ID: 6pXSyJFgVV
イチャが言う「トレセン学園魔物」っているとすればマチタンみたいな子だろうなあ。
一見地味普通の「こっち側」に見える子が常人には及びもつかないような努をしてようやく天才たちの影を踏めるかどうかなんて
モブ生徒にとっちゃテイオーやマックイーンみたいな「憧れ」で済む存在より一番心が折れる
118 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 22:16:38 ID: hqNcMP2rzB
この子の育成は努の「しすぎ」と方向性をどうにかしてあげる感じになるのかな。
119 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 23:58:20 ID: mtP7zRuixL
日に30時間の鍛錬という矛盾のみを条件に存在するバ体
10数年その拷問に耐え
私は今ハナモゲラえた!!!



ジャパンカップ舞台に立つ!!!
万が一駄でも有馬舞台に立つ!!!
120 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 02:08:35 ID: tAwI5aMWGo
ノーザンテースト最後のモゲラ」と言われるだけのことはあるな
121 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 19:39:36 ID: ZQqYs+C9T5
>>118
レース直前にぶっ倒れたり鼻血出したり怪したりしてる時点で休憩と努ペース配分が出来てないから、
が足りないんじゃなくてパフォーマンスが常に絶不調状態で戦っているから勝てないんだよってことを自覚させなきゃならないだろーなぁ…
122 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 20:11:20 ID: 5Qq6ssIo3T
実際のタンホイザが走るのに一生懸命すぎて、一息
付かすのに苦労した性格だったというのを、ああいう
落とし込んだのは素晴らしいと思った。

もし実装されたらのシナリオは、勝高松宮杯
イチャみたいに中日新聞杯に代替されるのは現実
ではない気がする。時代が前後するが、ジュニアメイク
朝日杯FS三冠AJCC(orダイヤモンドS)→目黒記念
JC有馬で9つ、こんな感じだろうか?
123 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 21:11:58 ID: J8tAFV0MlH
に出して応援したい名前
124 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 01:50:45 ID: 7a91HB0sP9
>>122
開催時期的に考えると、ネイチャの中日新聞杯高松宮杯ではなくて鳴尾記念の代わりだと思うよ。1年遅れだけど、91有馬記念の前に勝ったレース

タンホイザならレコード出したダイヤモンドステークス(当時と距離微妙に違うけど)は外したくないな。