タマモクロス(ウマ娘)単語

タマモクロス
7.0千文字の記事
  • 30
  • 0pt
掲示板へ

いイナズマ”の実を見せつけたる!」

タマモクロス(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬タマモクロス」をモチーフとするウマ娘である。 CV大空直美

概要

誕生日5月23日 身長140cm 体重:計測不能 スリーサイズ:B71・W52・H73

関西弁バリバリチビ。体こそ小さいがまさに気力の塊で、日常でもレースでも隙あらばツッこんでくる。
銭的に恵まれない環境で育ったが、それを理由に負けてたまるかと奮起し続けるハングリーパワー
ボケ担当のオグリキャップとはいいコンビ

タマモクロス|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

けんかっく、底知れぬハングリーを持つウマ娘。人呼んで“いイナズマ”。
小さい頃に苦労したので、レースで活躍し、家族や世話になった人々に恩返しをしたいと願っている。

小柄だがとても負けん気の強い関西弁ウマ娘まである長い芦毛を鉢巻のようにの長いリボンで結び、同じカラーリングポンポンのついたカチューシャ覆いをつけている。

ウマ娘の中でも先輩の方だが、見た可愛いので後輩達に可がられてしまうことが多い。子供の頃に貧乏で苦労してあまり食べられなかったといい、ライバルオグリキャップとは対照的に今でも食が細い。

リニューアル前と3サイズ微妙に違っている。
当初の勝負服は襟に「いイナズマ」のマークがついたセーラー服で、やはりリボンをつけている。上着のみサイズがブカブカになっており胸元と袖口が大きく開いている。
シンデレラグレイ以降でデザインが変更され、胸にいイナズマのマークがついたタンクトップに、袖に「疾風」「」と描かれた基調のジャケットを羽織ったものになっている。

原案 ゲーム
原案 ゲーム版

固有二つ名「面白い稲妻」白い稲妻。獲得条件は「天皇賞(春)宝塚記念(シニア級)、天皇賞(秋)(シニア級)、を含む重賞を8勝以上し、ファン数が240000人以上になる」というもの。

アニメでの活躍

6話のファン感謝祭で開催された大食いグランプリの出場選手として登場。優勝賞品のドーナツぬいぐるみを勝ち取るためむしろ苦手なはずの大食い対決に挑む。結果はオグリと同着かと思われたが、スーパークリークオグリの方に自分のドーナツを吹っ飛ばしており、審議の結果2着に(元ネタは第33回有馬記念)。

しかしドーナツが食べたかっただけのオグリ優勝賞品を譲られ、感のあまり彼女を「オグリん」と呼んで困惑させている。元ネタモチーフオグリキャップが若い女性に呼ばれていた綽名だが、で言っているのもあって「オグリ」と「オグリん」の区別が音では困難で、パロディとしてかなりわかりにくいネタになってしまっている。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:疾風迅雷

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
83 95 105 83 84
バ場適性
ダート
A F
距離適性
距離 マイル 距離 距離
G E A A
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
G A A A
成長率
固有スキル白い稲妻、見せたるで!』
レース後半の直線で好位置にいる
または中団から前を狙うと
稲妻の如く駆けて行く
ウマ娘テンプレートボックス

概要

2021年12月22日有馬記念チャンピオンズミティング・サジタリウス杯)直前に満を持しての実装となった。

育成実装以前の脚質適性はそれぞれ2つA・1つBの形だったが、逃げ以外3つAという適性を引っさげ、先行から追込まで問題なく機する固有スキル、各戦術用が存在する所持スキルと手広い傾向を見せたデザインになっている。
また、マイルF→E、ダートE→Fと低適性部分がちょっと変化している。

固有スキル演出(フル尺)の最後で一見いささかダサい決めポーズを取るが、風神雷神図屏俵屋宗達)の雷神ポーズと思われる。

育成シナリオでは「貧しさが災いして食が細い体質になってしまっておりアスリートとしての身体作りに問題がある」「が腸捻転で倒れたショックで集中を欠いて模擬レース中の転倒事故に巻き込まれ、しばらく深刻なトラウマを抱える(レースでの体消費増加)」「今度はが倒れてしまい、命に別状こそなかったが庭を顧みてレース引退も検討する」「オグリとの対決を前に極限状態から深刻な拒食症状が出る」といった史実を元にした過酷な状況が次々に襲いかかり、またオグリタマモの対決が大いにった第二次競馬ブームという要素も強調されたシナリオとなっている。

中山金杯京都金杯勝利する(史実で勝ったのは現:京都金杯だが、京都金杯2000m→1600mになってしまっているので対になるレース2000mの中山金杯も加えてフォローしたような形)、シニア宝塚秋天JC有馬を全て勝利するJC以外は1着の標なので、作劇上の都合もあってか標外になったJCに出て1着を取れるかどうかが実質一の条件)と多少のボーナスが得られる隠しイベントも発生する。

育成実装まで

アプリリリース時点からサポートカード及びレースでの対戦相手として登場。
オグリキャップスーパークリークが育成ウマ娘として実装されているため、彼女らの育成シナリオ(およびウマ娘ストーリー)ではシナリオ上もレース上も(史実の引退時期を先送りして)ライバルとして絡んでくる。後発ではゴールドシチーシナリオでもライバル役として活躍。

そして、同時期の『シンデレラグレイ』の連載であったりギャグ方面などのキャラ立ちであったり諸々の要因で出番・人気立ち、勝負服も初期実装されていることで育成ウマ娘実装に向けて期待が高まる中でなかなか実装されなかったため、だんだんガチャ更新のたびにそれが誰だろうとTwitterレンドに「タマモクロス」が現れるのがお決まりと化す事態に発展していった。まあ勝負服初期実装ってだけならニシノフラワーとかアイネスフウジンも同じだけ待機してるんですけどね。

サポートカード

所持スキルは中距離・後方向きの傾向だが、その中に実質逃げ用の「前途洋々」が混ざっている。
差しデバフが2種あるため、デバフ狙いの時にも選択肢に上る。全7種なのでやや当てにくいが、カードヒントボーナスがあるのはプラス要素。

友情トレーニング生時の「さあ、ウチとやろうやぁ!」はに残りやすい事で有名。

SSR[天をも切り裂くイナズマ娘!]

R[トレセン学園]と共に初期実装。得意トレーニングはどちらも「スタミナ」。
こちらのイラストでは初期版のセーラー衣装が使用されている。

段階からヒントレベル+2と高いヒント発生率UPを有しており、トレーニング効果アップも5~10%+固有で高め。反面、得意率アップがなく友情ボーナスも低いのが欠点。
友情トレーニング的の育成に貢献しにくい分、高いトレ効果アップヒント屋として場所を選ばず確実に貢献してくれるタイプサポートカードともいえる。

レアスキルは差し専用・中盤で速度を上げる「位置取り押し上げ」の上位版「速果断」。
あまり評価されるスキルではなかったが徐々に中盤の位置取りを重視する構築も注されるようになり、その場合は採用を検討したい1枚。

SSR[やったれハロウィンナイト!]

2021/09/29にSSR魔力授かりし英雄ゼンノロブロイと共に実装された、ストーリーイベントMake up in Halloween!」合わせのカード。得意トレーニングは「パワー」。

こちらは上記のサポカと打って変わって高い友情ボーナスと得意率アップが特徴。
反面、上記のサポカの強みだったトレ効果アップヒント関連が一切くなっており、あちらが幅広く貢献してくれる性だったのに対し、こちらは得意トレーニング一点に絞った感じの性となっている。
パワーボーナスこそいものの、代わりにスタミナボーナスを所持しているのでパワーも盛りつつスタミナを盛るのに使いやすいだろう。

レアスキルは差し専用・上り坂で速度を上げる「十万バリキ」の上位版「万バリキ」。
レース場と距離によって発動率0%もありえるのが難点だが、上り坂は中央4レース場では標準搭載、速度アップなので駄になる位置も少ないので使える範囲は広く、コストの軽さも加味すればチームレースでもアリな範疇。特に長距離は必ず1周以上するし中央に集中しがちなので有効。

連続イベント1回の下選択肢は連続イベント終了の代わりに体+20とスピード+10が得られるためそちらで汎用性を確保でき、非編成時に出ても嬉しい。「悪○」のヒントも手に入るので、非良バ場のチャンピオンズミティング用でそちらを当てにして選ぶことも考えられる。

アオハル杯

ライバルとしてレースに登場していた際には脚質が「CBAA」だったのだが、アオハル杯での登場時には「CABA」と、単純な下方修正ではなく適性Aの種類が変わるというしい変化が発生しており、その結果サポート所持スキル(差し用の「十万バリキ」があるが先行・追込用はない。ついでに上記の通り逃げ用もある)と脚質が噛み合わなくなっている。

差しデバフ要員も担えるが、一番の的である決勝のリトルココンはスタミナが過剰気味なので有効ではないかもしれない。そのうえ長距離だとスキルが4つ(実質3つ)腐るので、決勝で中・長距離のどちらに出すかは悩ましいところ。

コミカライズ

オグリキャップ主人公とする漫画ウマ娘 シンデレラグレイ』ではもちろん登場。

カサマツ編の時点から登場する。負け続けの時期にたまたま訪れたカサマツオグリレースを観戦したことで触発され、オグリ本人の知らぬ間にライバル視されるようになる。オグリ物語が進んでいく裏でタマモも勝ちを重ねていく姿が描かれ、ライバルとして相まみえることになる。
非常にかっこいい姿が描かれる一方で、死ぬほどゆるく描かれた「ナーバスタマちゃん」などシングレ内だけでもギャップが著しい。

本作での登場時から勝負服デザインが変更されている。

楽曲

My Against Fight
作詞エリカ 作曲編曲田中
CDSTARTING GATE 10」収録。逆や苦難を乗り越える意思を示すヒロイックな一曲。

関連ウマ娘

オグリキャップ個別記事
モチーフは1歳年下で、現役最後期に突した同じ芦毛ライバルウマ娘ではボケ担当の相方友人。「タマ」とか何かのように呼ばれる。大食いで有名なオグリに対して、タマモはオグリが心配する程食が細い(どっちも史実ネタ)。
スーパークリーク個別記事
モチーフは1歳年下で、こちらは1回だけ対戦している。ウマ娘ではこっちもボケ担当友人。「タマちゃん」とアザラシか何かのように呼ばれ、性全開(に対してもだが)の態度から子供扱いを感じてしばしば怒る。そしてシナリオ内でクリークのトレーナーとの夫婦漫才めいた会話にツッコむ姿も印的。そのツッコミキャラもあって二次創作ではすっかりその性の犠牲者筆頭になるネタが定着したが、作中でそこまではいっていない。だったのだが、メジロアルダンシナリオでは犠牲になるイベントが…
イナリワン個別記事
モチーフ同期だが活躍時期の関係で接点が全くない。ウマ娘ではちっこいもの同士(体以外は)であり、江戸っ子キャラのイナリと対になっており、上2人とは異なり似たもの同士な友人
ゴールドシチー個別記事
モチーフ同期で、タマモの初重賞となった鳴尾記念から3戦して全てタマモが先着。ゲーム初期まで立って絡みはなかったが、シチーの育成シナリオにおいてシチー側にライバルが不在なのもあって序盤から登場、史実通りクラシック級のまではままならない自分に苦しむ姿が描かれるが、後半からライバルとして立ち塞がる。タマモの育成シナリオでも、オグリらとの対決が史実通り終盤となるため中盤までは彼女ライバルとなり、標外のクラシック2戦に出るとクラシック全通のシチーも絡む専用イベントが入る。ウマ娘での学年設定ではタマモが先輩で、パッと見噛み合わなそうな2人だがタマモが良くしているらしく、シチーからは良き先輩として尊敬されている。

史実

88年 天皇賞(秋)

芦毛は走らない」
この二頭が現れるまで、人はそう言っていた。
芦毛芦毛一騎打ち。宿敵が強さをくれる。

か。そのの名は――

昭和最後の名白い稲妻二世タマモクロス。「芦毛の怪物オグリキャップの前に高いとして立ちはだかった、浪節の芦毛

1984年生まれのシービークロスグリーンシャトー、シャトーゲイは「白い稲妻」の異名された芦毛の活躍。1歳下の半(異)ミヤマポピーG1勝ちだが、2頭を産んだ優秀なであるグリーンシャトーはタマモクロスの現役中に世している。

デビューは遅れ、3歳(旧4歳)3月新馬戦を7着に敗れた後にダートを2戦して初勝利。次戦は芝となったが落に巻き込まれて競走中止となり、大事には至らなかったもののしばらくトラウマで他に近づくのも怖がるようになってしまい、ダート戦を4連敗。思い直して芝に出走すると、G2京都新聞杯と同条件の下級戦をまさかの7身差で圧勝、当の京都新聞杯よりも速い勝ちタイム叩き出した。「ここで理をさせたらダメになる」という調教師の判断で菊花賞(翌週だった)への挑戦は見送られたが、古混合のG2鳴尾記念に出走して6身差で圧勝し、一躍翌年のG1戦線の有として注される。この頃にはタマモクロスの生産牧場倒産してしまっており、表式の生産者の場所はいつも空っぽだった。

4歳時はG3金杯(西)群を縫うようにごぼう抜きで勝利、G2阪神大賞典も直線で詰まりかけながら猛然と食らいつき1位同着、厳しい競馬を気迫で連勝した。天皇賞(春)は後方からインを突いて3身差の圧勝、宝塚記念も連勝して押しも押されぬ最強となる。

この年は地方競馬笠松競馬場から移籍した3歳オグリキャップが大暴れしており、直接対決となった天皇賞(秋)芦毛2頭の頂上決戦として注された。2000m戦は距離が短いと思われたタマモクロスはこれまでとは違う先行策を取り、オグリの追撃も許さず1と1/4身差を保って勝利。これで8連勝かつG1を3連勝、そして天皇賞初の連覇(※8年前の1980年まではどちらかを勝つと以降出られない「勝ち抜き制」だったため不可能だった)を達成した。

ジャパンカップではアメリカペイザバトラー体を離して負けん気を封じる策の前に2着に敗れ、連勝がストップする(オグリは3着)。引退レース有馬記念は体調が整わない中でオグリとの最後の戦いに臨み、半身届かず2着に敗れた。このレース昭和最後のG1競走であり、芦毛同士の世代交代は「昭和最後の名勝負」として今でもり継がれている。

引退後は種牡馬入り。直G1勝ちこそ出なかったが重賞は多数輩出、オグリべるまでもなく十分に成功を収めたと言え、中央競馬でもまだまだ子孫が走っている。2003年4月10日、腸捻転のため死亡。19歳没。

ちなみに、『みどりのマキバオー』の主人公ミドリマキバオーモデルになった……と言われがちだが、正しくは「マキバオー遇などが似ている」として挙げられただけで、モデルにしたとは言っていない(対して、ライバルカスケードはフジキセキモデルと明言されている)。
とはいえこの件に加えて続編『たいようのマキバオー』の主人公・ヒノデマキバオーはタマクロス」であったりして縁が深いのは間違いなく、2021年8月ヤングジャンプで掲載されたシンデレラグレイマキバオーコラボイラストでは主人公を差し置いてタマモがマキバオーと共に描かれた。

もう一つの競馬漫画である『風のシルフィード』の主人公シルフィードも芦毛・追込・「白い稲妻」との表現があることからタマモクロスモデルとされているが、途中から逃げや先行が多くなるなどメジロマックイーン化している。こちらについては作者の本幸久が「競馬を知らなかった」と言するなど競馬にあまり興味がなかった模様で、連載していた週刊少年マガジン編集部の意向と思われる。

詳細は当該記事へ→タマモクロス

関連動画

関連静画


関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 30
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タマモクロス(ウマ娘)

769 ななしのよっしん
2022/08/25(木) 13:48:47 ID: /tnpgt6FKE
強い
トレセエエエエン!ファッ!(オー!)ファッ!(オー!)
が癖になる
770 ななしのよっしん
2022/08/26(金) 09:21:45 ID: z0tAxaCPmv
>>sm40978751exit_nicovideo

これすき
771 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 00:11:13 ID: xkvFrSxnc0
全に野球部のそれなんよ
772 ななしのよっしん
2022/08/30(火) 21:13:45 ID: L06iwddyb1
タマちゃん野球部所属してた?ってくらい部活っぽさがある
773 ななしのよっしん
2022/09/05(月) 22:37:54 ID: TF0lqjRK+x
シングレレース中のタマは表情と言い発言と言いとてもアプリ版のと同じとは思えないのだがそれだけにCV変更せずにシングレアニメ化したらどういうになるのかとても興味がある
774 ななしのよっしん
2022/09/08(木) 12:05:35 ID: OYTsl/ljHL
>>757-758
ロジユニヴァースもうゴールしてもいいよね…」
マカヒキ「」
775 ななしのよっしん
2022/09/10(土) 20:59:55 ID: ijjQgC2qDH
>>770
最初は吹いたけどやはり熱いな、タマちゃん良いしとる
776 ななしのよっしん
2022/09/15(木) 02:09:38 ID: jCKrEO3YUy
ウマ娘だと大半のマイルドアレンジされてるけど、その中でもかなりミルク入れられてる方だよね
史実に寄せると難しいキャラだもんなぁ……ゴールドシップスイープトウショウなんかの気性難はネタになるけど
777 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 07:47:18 ID: 1ij099wW8S
タマちゃんはロブロイライスと並んでると中等部の三人に見えるんだよな・・・

え?ウチ(タマ)とライスは高等部だって?
778 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 18:53:32 ID: 4K4OKYfk4G
みんな赤ちゃんにしがちだけど頼もしい先輩なんだよな