グラスワンダー(ウマ娘)単語

スペチャンダカラコソゼンリョクデシタ
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

「慌ててしまっては良い結果が出ませんから。常に常心……ですね」

グラスワンダー

グラスワンダー(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬グラスワンダーモチーフとするウマ娘である。CV:前田玲奈

概要

誕生日2月18日 身長:152cm 体重:増減なし スリーサイズ:B77・W53・H84

アメリカまれの帰国子女。両親ともども和の文化に憧れて育ったため、生大和撫子になった。
物言いはほのぼのと柔らかいが、芯は強く、心の底には何事にも負けまいとする確固たる意志を持つ。
親友エルコンドルパサーとはルームメイト

グラスワンダー|ウマ娘 プリティダービー 公式ポータルサイトexitより

アメリカまれの帰国子女。しかし流暢な日本語と温和な物で、中身は璧な大和撫子。何事にも落ち着き払った態度でいて、ほんわかとした独特のペースで話す。

リニューアル前)

青色基調の勝負は、クールイメージ。一見「ゆるふわ」なさんだが、その心のにはとんでもない負けん気を秘めている。

アニメでの活躍

主人公スペシャルウィーククラスメイトとして登場。チーム「リギル」の若手エースとして期待されながらも、足の負傷により療養を余儀なくされていた。その間にクラスメイトスペシャルウィークエルコンドルパサーセイウンスカイが活躍を収め、復帰への思いを強めていく。やがて、「リギルメンバーマルゼンスキー導の元にレースへの復活を遂げ、GIIレース毎日王冠」において、サイレンススズカエルコンドルパサーとの勝負に出るが、二人について行くことはできなかった。まだ全復活は遠かったのである。

<以下ネタレスクロール>

注意 この項は、物語の重大なネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 



































そして、天皇賞(秋)で今度はサイレンススズカが負傷により戦線離脱。年末の有馬記念を制した彼女は(残念ながらその場面はカットされたが)、いよいよ「スピカ」のエースとなったスペシャルウィークとの勝負に闘志をみなぎらせつつあった。
しかし、スペシャルウィーク彼女を見ていなかった。ひたすら復帰をスズカのリハビリにかかりっきりだったのだ。初の直接対決となる宝塚記念レースを前にしても、「去年のスズカのようにかっこ良く走れたら」と眼中にない様子だった。もちろんスペシャルウィーク本人には悪気はないのだが、これがグラスワンダーの心の火にハイオクガソリンを注ぐことになる。

グラスワンダー(唖然)

馬場入場の時、彼女は闘志のオーラをまとっていた。それはトレーナーのおハナさんが驚くほどのものだった。

グラスワンダー(キレッキレモード)

レース開始、中団につけたスペシャルウィーク彼女はピッタリとマーク群を抜けだしたスペを、それを上回る末脚で抜き去り、3身差を付けてゴールしたのだった。レース後、グラスワンダーは「スペちゃんだからこそ全でした。スペちゃんは私に全で来てくれましたか」と静かに問いかける。これはスペシャルウィークショックを与え、スズカの世話にかまけて見失っていた日本一ウマ娘になるという気持ちを取り戻す切っ掛けとなった。

このエピソード(とそれまでの積み重ね)によっていわゆるヤンデレ的な認識が広く印付いたが、ゲーム以後に観ると(後述)また違う印にも見えてしまうシーンである。

競走馬スペシャルウィーク引退レース(99年有馬記念)で敗れた相手はグラスワンダーであるため、ラスボス説が囁かれていたが、アニメでは別に引退するわけではないからか、実質的な最終決戦はその直前のジャパンカップとなり、有馬記念は史実通りグラスが勝利したことがあっさり流されるだけに留まった。

第2期では本筋には関わらない。しかし、スズカがアメリカに遠征しているのを「の居ぬ間の洗濯」というわけでもあるまいが、スペシャルウィークの側にさり気なくいることが多い。また、史実でスペシャルウィーク引退した後に大幅に体重が増えてしまったことの再現なのか、1期では普通だった食事の量がスペ並になっている。メジロマックイーンライスシャワー対決に関しては、「運命的ななにかを感じます」とコメントしていた(史実で上がライスシャワーと同じ的場均であることにちなむ)。

スペちゃんを差す気満々のグラス

ゲームでの扱い

スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
91 70 99 74 91
バ場適性 A ダート G
距離適性 距離 マイル 距離 距離
G A B A
脚質適性 逃げ 先行 差し 追込
F A A F
成長率 スピード+20%パワー+10%

育成では2[岩穿]として初期実装3才からアニメ版と同じ勝負になる。3以降の厳しい表情で薙刀をブン回す固有スキルカットインは本作の個性豊かなカットインの中でもだいぶ異質。

マイル~長距離を幅広くカバーする距離適性が特徴。特に「マイルと長距離がA」という組み合わせは他に類を見ない。その分、(史実で1400mのG2を2勝している)短距離は割を食っている。
それだけにレースマイルから長距離までバラけており、マイルを駆け抜けるスピードと、長距離に耐えるスタミナを並行育成することがめられる。幸い長距離は各年末の有馬記念のみ、順位定が1着になるのはシニア級後半からなので、スピードを優先してスタミナはやや後回しにするのが合理的か。
スピード+20%の成長率ボーナスも計算に入れつつきっちり両輪を回していけば、長距離対応ウマ娘としては較的育成しやすい部類に入る。しかし同世代のライバルが豊富なためレース自体の難易度が高めで、攻略難易度は決して低いわけではなく、油断しているとあっさり育成終了に直行することになる。
最大の弱点は、標でダービーJC宝塚と3度走る上に、ゲーム的に標以外でも入り用になりがちな距離がBであること。普通にプレイしているとURAファイナルズも中距離になりがちなので、優先的に継承で補正しておきたい。

ちなみに、史実における制約がなく、アニメのように故障の再現もないので、本来縁のなかった日本ダービー普通レースに入っている。しかし史実通りのスペシャルウィークセイウンスカイはもちろん、グラスと同様に史実では出られなかったエルコンドルパサーまで出てくるため???「ちょっと! 一流のこの私を忘れてない!?」)、着順定が5着以内にもかかわらず攻略上においては最大の難所と言ってもいい厳しい戦いになる。最低2400mを走れるスタミナ(D300、もしくはE+に回復スキル1つ程度)は確保しておきたいところ。

脚質は先行と差しの二択。
固有スキルは「最終直線で後ろの方から追い抜く」ことが条件なので先行での発動は難しく、その他の所持スキルも差し定が多い。その一方、先行ならば回復スキル選択肢が豊富でスタミナ不足による詰みを回避しやすく、毎日王冠で立ち塞がるサイレンススズカスキルを封じやすいという利点もあり、育成の完走はしやすい。

チームレースでは中距離は最大の戦区、長距離に回すにはスタミナ補正なし・回復スキルなしで分が悪いため、成長率も駄なく発揮されるマイル担当になることが多いだろう。
史実での宝塚記念でのマーク再現なのか、中距離用のデバフレアスキル「独占」が覚醒Lv3で解禁されるため、デバフ要員として育成する手もある。

育成シナリオは、この世界では現役であるマルゼンスキーべられ「怪物二世」の名を受け、付きまとう「二世」という言葉との戦いから始まり、不運にもマルゼンスキーとの直接対決の機会を失ってから同世代(および1年先輩)のライバルたちとの対決めてフィーチャーされていくこととなる。そのため、史実では3歳(クラシック級)でのことである毎日王冠でのサイレンススズカエルコンドルパサーとの三強対決がシニア級に回されて、宝塚記念でのスペシャルウィークとの対決の後の出来事になっている(史実で4歳時の毎日王冠を制しているのと合体させた格好か)。また、中盤では奇しくもアニメエピソード逆の展開が起こるという興味深い場面も。

「いつも冷静にと心がけていますが、抑えきれぬ猛りもあります。
でも…本番までは隠しておきますね」

アメリカからメールが来てて。
『いつか絶対負かす!』と…。可愛いですよね~♪

『不退転』。
……何が『不退転』か

アニメのようにスペ中心で描かれる形でなく、かつレースが描かれる媒体であることで、「内なる闘争心」の側面が非常にクローズアップされており、印が変わった(他媒体とべて、あるいは第一印から見て)というトレーナーは多い。その評価は概ね武士の一言に総括される。それも、鎌倉時代坂東武者、もしくは戦国時代幕末薩摩武士の類である。

固有の二つ名は「不死鳥」。「朝日杯FS有馬記念2回、シニア級の宝塚記念(=史実のG1勝ち全て)を好調以下で勝利する」というなかなかユニークな条件。勝つこと自体は難しくないだろうが、やる気を軽視したプレイスタイルでもない限り、狙わずに達成するのはかなり難しい。
史実において、長く現役を続けて結果も残したもののケガやコンディション調整に悩まされ続け、「本調子で走れたレースはほとんどなかった」と評されたことに由来したものだろう。
このあたりに関わるものか、合宿中専用のやる気ダウンイベント(代わりにアップ)というしいランダムイベントが存在する。

また、シニア級の宝塚記念スペシャルウィークを2着に抑えて勝利すると専用の特殊実況が聞けるが、勝利してもスペちゃんがバ群に沈んで3着以下になってしまうことがよくあり、聞けるかどうかは運に強く左右される。

関連ウマ娘

エルコンドルパサー個別記事
クラスメイトかつルームメイト。淑やかな態度を崩さないグラスがわりと気安く接するしい相手であり、調子に乗ったエルを時に容赦なくめる。ゲームではお互いのシナリオでお互いにを入れるなどライバルとしても二の存在。史実でも「世代」の最強を競い合った外という二の関係ではあるが、お互いの事情から直接対決の機会は98毎日王冠の1回きりに留まっている。
スペシャルウィーク個別記事
クラスメイトであり、なんだか執着気味な相手。ゲームではエルとの関係が強調されている反面こっちはやや控えめか。史実では2度対戦し歴史的な名勝負を繰り広げた、直接対決という点では間違いなく同世代最大のライバル
セイウンスカイ個別記事
キングヘイロー個別記事
同期クラスメイトのうち、関わりが薄い方の2人。史実での関わりは極端に少ないというわけでもない(スカイは1回だけだが注度の高い対決ではあり、キングは印的ではないが対戦回数が多い)。
マルゼンスキー個別記事
どことなく意識し合う先輩ゲームでは上記の通り、育成シナリオで史実を反映した関係がフィーチャーされている。

楽曲

Secret GRADUATION
作詞エリカ 作曲編曲渡邉
CDSTARTING GATE 04」収録。

史実

99年 宝塚記念

標的はただ一頭、同期ダービーだった。
今行くか。いや、まだか。いや、今か。
の判断で未来を変えた、未知なる毛。
そのの名は…

2012年 JRA 宝塚記念CMより

グラスワンダーは、1995年まれの競走馬。だが、馬主日本人であり、新のセリで競り落とした。競争相手はドバイの大馬主であり、そちらが勝っていたら果たして彼の運命はどうなっていただろう。ともあれ、その日本で育ち、馬主冠名である「グラス」に初めて見た時の「ワンダフルな印」にちなみ、グラスワンダーと名付けられた。

的場均上に迎えて2歳(当時の表記だと3歳)で新デビュー。そこから3連勝を遂げ、勝つたびに2位との差を広げていくことで「怪物」との評判をくも集めた。朝日杯3歳S(現:朝日杯FS)も荒れた馬場にもかかわらず驚異的タイム勝利。世代トップとしての表のみならず、年度代表補にまで名が挙がるほどとなった(さすがに受賞はしていないが、それでも極めて異例なことである)。
持込という近しい遇であり同じく2歳で最高評価を与えられたマルゼンスキーとは大いに較されることとなった。奇しくもマルゼンスキーはこの年に亡くなっており、不思議なめぐり合わせとして話題となった。

翌年には飛躍が期待されたが、年明けに右前足の折が判明。外ゆえ当時の制度上クラシック戦線には元より縁であったとはいえ、大事な時期に長期の療養を余儀なくされた。毎日王冠を復活レースとしたが、絶好調中で1番人気サイレンススズカを果敢に追った結果、5着に敗れた。この時、的場均がそれまで騎手として騎乗していたエルコンドルパサーも出走していたが(2着)、グラスワンダーの復帰に伴い、ここからエルコンドルパサーの手綱を蛯名正義に譲っている。その後は年末の有馬記念に標的をあわせて調整し、いよいよセイウンスカイエアグルーヴらのGIたちを相手にグランプリ制覇に挑んだ。直前までの不振ぶりから4番人気に甘んじるも見事に勝利し、1年ぶりの勝ちを掴んだ彼は、翌年の宝塚記念で「ヒットマン」こと的場均が得意とするマーク戦法からスペシャルウィークをチギり、次の有馬記念スペシャルウィークハナ差で制して、グランプリ三連覇を成し遂げたのだ。
しかし、5歳となった2000年は体重の変に徴される調整難もあって走が続き、臥薪嘗胆を期した宝塚記念(このレースのみ蛯名正義が騎乗)も最後の直線で伸びず6着。しかもレース後にまたも折が判明した。
このことで引退となり、種入りした。

入り後は、初年度189頭、2年178頭と種付けし、2003年から2006年の4年間は「シャトル種北半球南半球の季節のずれを利用し1年に2期種付けを行う種)」としてオーストラリアでも種付けを行った。その結果、中央・地方内外問わず活躍を多数輩出し、サイアーランキング2008年に自己最高の10位に躍り出ている。中でもアーネストリーが2011年宝塚記念を制し、史上2例の親子2代制覇を成し遂げた(この時の2着スペシャルウィーク産駒のブエナビスタで、産駒同士でのワンツーというしい結果となった)。
そして2020年4月2日、種引退。功労として北海道新冠町の牧場で余生を過ごしているが、直後に新型コロナウイルスCOVID-19)感染拡大に伴う緊急事態宣言が発された影で、見学する事は出来ない。

ちなみに、4歳下の全アメリカG1を2勝したWonder Againというがいる。ゲームられた「アメリカにいる」は彼女モチーフだと思われる。ちなみにそのWonder Againの戦を務めたエドガー・プラード騎手ペルー出身)もベルモントステークス2002年2004年三冠阻止と、これまた的場均と似たレコードブレイカーぶりを発揮している騎手である。

詳細は当該記事へ→グラスワンダー

関連動画

ウマ娘プロ実況リンク

1999年7月11日 阪神競馬場40宝塚記念

実況杉本清関西テレビ
解説:大坪元雄競馬ブック
※所属は当時。この年から宝塚記念専用ファンファーレの使用が開始された。

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラスワンダー(ウマ娘)

271 ななしのよっしん
2021/06/13(日) 15:08:25 ID: sfSTr2WxJY
ウマでは体格手な子多いからあれだけど
グラスちゃん細いしスタイルいいのよね
272 ななしのよっしん
2021/06/14(月) 01:16:10 ID: Zwv1ZZZaxh
クラシックジャパンカップ有馬記念を連戦する狂気標設定は何が由来なんだろ
史実ではジャパンカップなんか出てすらいないのだが

獲得ファン数がでかいレースをスタミナ消費なしで走れるのはおいしいけどトレーナーの正気を疑う標に思える
オペラオーでも三冠を達成したのは古になってからだし
273 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 18:25:51 ID: R/SLmC4Hip
>>272
エルストーリーエルクラシック級のジャパンカップに出るって言ってるからそれを追いかけたんじゃない?
274 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 19:10:45 ID: hbO4gBwRSW
>>265
記事の本文に
>鎌倉時代坂東武者、もしくは戦国時代幕末薩摩武士の類である。
とあるんだけどこれは近代イメージであって、思想史的には江戸儒学を通じて形成された武士道なのよね。
固有スキルも朱子類からだし。
新渡戸の武士道も含めて近現代人の武士道イメージは来が雑多で面い。
275 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 21:28:23 ID: QQRQeEw2Kj
まあ薩摩武士はギリわからんでもないけど鎌倉武士はねえよなw
276 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 13:15:40 ID: J6a+oMhlum
ウンスストーリーで強同期ライバルたちが集結したら
「これは好都合、今日ここで最強か決めましょう」と言い出して
やっぱグラスは最高やなってなった
277 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 08:21:54 ID: IQwbUouHgO
コイントス勝負で勝つまでやる、というイベント見ながら思ったんやが
もし万が一トレーナーが何らかの理由でわざと負けようとした時(たとえばお菓子の最後の一個を譲ろうとした場合)はどうなるんだろうな
278 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 13:12:47 ID: Kv+H/soLH7
アニメでのスペちゃんに対するグラスみたくなるんじゃない?(適当)
279 ななしのよっしん
2021/06/23(水) 20:05:26 ID: T9xqUTYSgK
同郷のタイキシャトルエルコンドルパサーボインなのにこの子だけ何故・・・。体が関係してんのか?
280 ななしのよっしん
2021/06/23(水) 20:48:02 ID: qPYJQQg1Im
>>268
ワンダーアゲインには割と面エピソードもあってな
グラスワンダーをもう一度」なんて名前を付けられたのもあって、調教師や職員がグラスワンダーの名前を出すときはキツい調教トレーニングがあるということをなんとなく察して不機嫌になったりしたそうな
それを受けて「グラスワンダーなんか大したことない、お前の方がすごいぞ!」って言って励ましたら明確な敵意を以て唾を吐きかけたってエピソードがある

グラスワンダーを褒めたり称えたりべたりすると不機嫌になってブチ切れるが、逆にグラスワンダーバカにしたり下に見たり侮ってもブチ切れる…これウマ娘に出来たとして、どうやったらトレーナースカウトされるんだ?スカウトの時点で無理ゲーでは?