ホッコータルマエ(ウマ娘)単語

ホッコータルマエ
3.9千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

とまこまい観光大使ホッコータルマエだべ
……うーん、もっと上目遣いの方が可愛いかな?

ホッコータルマエ

ホッコータルマエ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ホッコータルマエ」をモチーフとするウマ娘である。CV菊池紗矢香

概要

誕生日5月26日 身長162cm 体重:増減なし スリーサイズ:B86・W56・H85

苫小牧からやってきたローカルアイドルウマ娘
その熱い郷土は地元の人々から正式に『とまこまい観光大使』に任命されるほど。
自分の走りとライブ苫小牧をPRすべく、日々試行錯誤中。
すぎて迷走しがちなのが玉にきず。

プロフィール(ウマ娘ポータルサイト)exitより

2022年7月27日配信の「ぱかライブTV Vol.19」にて、デアリングタクトウマ娘化、および既にウマ娘化が発表されていたコパノリッキーの詳細発表と同時に、ワンダーアキュートとともにウマ娘化が発表された。
コパノリッキーウマ娘化発表の時点で最大のライバルであるタルマエのウマ娘化を希望していたファンも多く、待望のウマ娘化発表となった。また同番組では川崎レース場・レース場・盛レース場の追加も発表されており、ダート路線の大幅強化となった。

苫小牧ローカルアイドルという設定は、モチーフ馬主苫小牧企業社長名の由来が苫小牧市前山であり、モチーフ自身が「とまこまい観光大使」に任命されていることに由来する。さすがに2013年ジャパンカップダートの幸ダンスは関係ない……と思うが、「すぎて迷走しがち」というキャラ付けには幸ダンスが反映されてるかもしれない。
ちなみに「ゲン担ぎをしないのが1番のゲン担ぎだと思っている」というヒミツは上の人ネタexit

ゲームでは2022年8月19日実装されたコパノリッキーシナリオにて勝負服をひっさげて初登場。たいへん生な性格で、苫小牧のために真剣レースに打ちこむ。そんな性格なため、にこだわるリッキーの姿勢についてはやや批判的。なお方言しで普通に喋っており、北海道弁の練習をしていることもられており、公式プロフィールのあからさまなくらいの北海道弁を交えた台詞キャラ作りだと解った。スペちゃん・・・。

顔立ちは丸っこくて幼い感じだが、こう見えて身長162cmとけっこう高い。具体的にはナリタブライアンミホノブルボンエイシンフラッシュメジロパーマー(いずれも160cm)より長身である。

勝負服は「ホッコー」の山形一本輪、袖二本輪のカラーリングベースに、苫小牧観光大使ハスカップレディ」の衣を元にしたと思われる制服デザインカバーではなく、右リボンモチーフのつけていたメンコの色になっている(ちなみにこのメンコ西浦勝一厩舎の共通デザインで、同厩舎のカワカミプリンセスも同じメンコをつけていた)。胸元のリボン苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」の胸元のハスカップの首飾りが元か。かなりムチムチな身体つきが強調されている。

ホッコータルマエ

ゲームでの扱い

レースライバルとしての出走時の。基礎レースごとに変化するため省略

バ場適性
ダート
距離適性
距離 マイル 距離 距離
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込

上述の通り、コパノリッキーの育成実装に伴いワンダーアキュートともどもレースライバルとして登場。リッキーよりも1年デビューした立場で、シナリオ内ではリッキーと何度となく戦うことになる。とりわけクラシック級での出走時はステータスが高くかなりの強敵。

所持スキルのうち、レアスキルセンター!」(効果:レース終盤に前方にいると加速が上がる<ダート> 「意気込み充分」上位)はこれが初登場。ハーフアニバーサリー実装されることになった新衣スマートファルコンの所持スキルで、タルマエによって先行お披露となった。距離を問わないダート用加速スキルということで、ダート育成における強スキルとなりそうである。

また、シニア級ではDOKIDOLWORLDCONCERTではなくバイGⅠレースに出走。史実の5歳時におけるドバイワールドカップ挑戦を元にした展開がある。作中でドバイレースについて言及されたのはこれが初となる。

史実

鉱脈があると知れば
足を運んで掘り起こした。
けれど本当に誇らしいのは
手に入れた数の宝ではなく
この長いそのものだ。

遠回りを厭わず
泥のにも挫けず
たとえ徒労に終わろうと
それもまた経験に変えて
は強くなっていった。

名馬の肖像 ホッコータルマエexit

2010年代ダート戦線で1歳下のコパノリッキーライバルとして鎬を削り続け、すぐにリッキーに抜かれたものの当時の史上最多記録となるGⅠ級10勝を挙げた、2010年代を代表するダート
ちなみにチャンピオンズカップジャパンカップダート)勝ち、および謎の妖艶褐色ウマ娘キングカメハメハ産駒がウマ娘化されるのは彼が初である。

2009年生まれ。ウマ娘では初となるゴールドシップ同期であるが、ダート専門だったため対戦はない。
キングカメハメハダムチェロキーCherokee Run。はともかくの血統は地味で、北海道セレクションセールでも1500万円と決して高額とは言えない価格で落札された。
最初のオーナー苫小牧市の建設会社・北海土建工業の矢部幸一代表。冠名「ホッコー」は企業名の略称に由来する。2013年に亡くなったあとは息子矢部オーナーが権利を引き継ぎ、その後馬主名義は法人名義の「北幸商事」となった。
騎手幸英明牝馬三冠スティルインラブ、同じくダートの猛者だったブルーコンコルドと並ぶ幸騎手の代表的騎乗である。

デビュー戦は単勝万馬券の11番人気人気通りの11着など当初の評価は高くなかったが、走るごとにをつけていき、ジャパンダートダービー5着を経てレパードS重賞初制覇。ジャパンカップダートでも9番人気ながら3着に健闘する。

4歳となり、2戦佐賀記念を圧勝すると、名古屋大賞典アンタレスS重賞3連勝。勢いに乗って2番人気で乗りこんだかしわ記念エスポワールシチーを破りGⅠ級初勝利を挙げると、この年だけで帝王賞JBCクラシック東京大賞典GⅠ級4勝を挙げ、一気にダート界の覇者となる。その一方、この年のジャパンカップダートでは直線で抜け出してから上の幸騎手がほとんど立ち上がらんばかりの追い方で3着に敗れ、アメリカの競馬記者から「マイケル・ジャクソンよりしく踊ってるぜ!」と言われたり、日本競馬ファンからは「上で焼きそば焼いてる」「ダンス」とか言われたりした。

5歳となった2014年からは1歳下のコパノリッキーが台頭し、以降は2016年に7歳で引退するまで、ダート界の双璧、最大のライバルとして鎬を削り合った。
2014年は初挑戦のドバイワールドカップオールウェザーが合わなかったか16着と大敗した上にストレス性の腸炎になってしまい帰が遅れ、半年以上休むというアクシデントもあったが、復帰後はチャンピオンズカップ東京大賞典を勝ちJRA賞最優秀ダートを受賞。
これに加えて2014年から2016年まで川崎記念3連覇2015年帝王賞勝利し、当時の史上最多記録となるGⅠ級10勝を達成。この記録は翌年にコパノリッキー更新されたものの、間違いなく日本ダート史に残るレジェンドの一頭である。
ドバイワールドカップには3年連続で挑戦し2015年の5着が最高だったが、内での競走成績は非常に高い安定感を誇り、通算39戦のうちダート重賞を28戦走って馬券を外したのは僅かに4回、掲示板は一度も外していない。ライバルリッキーが好不調や苦手がはっきりしているタイプだったのとは対照的で、このあたりもウマ娘での性格付けに反映されているようだ。

獲得賞海外も含めると11億円え、猛者いの2012年クラシック世代の中でもジェンティルドンナゴールドシップに次ぐ3位。一度も芝を走っていないとしては歴代1位である(2位リッキー)。
ちなみにリッキーとの対戦成績は10戦して5勝5敗。対決時はリッキー逃げタルマエがそれをマークして潰しにかかるというのがいつもの形であった。なおリッキーがどちらかといえばマイラーだったのに対し、タルマエは2000mが戦場マイルはやや苦手にしていた。

また2014年JRA賞最優秀ダートを受賞したのを機に、2015年から「とまこまい観光大使」に任命。現役時代に応援歌ダートけ!ホッコータルマエ」が作られたりもした。

引退後は種牡馬入りし、2020年から産駒がデビュー地方で堅実に好成績を挙げており、2022年ブリツファングが産駒ダートグレード競走勝利を挙げている。
リアルダビスタ企画でもシュシュブリーズの最初のお婿さんに選ばれた。残念ながらそのは生まれてすぐ亡くなってしまったが……。
タルマエはドバイワールドカップに3年連続で挑み敗れ去ったが、その子供たちはの果たせなかったを掴み取ってくれるだろうか。

詳細は当該記事へ→ホッコータルマエ

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%A8%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホッコータルマエ(ウマ娘)

100 ななしのよっしん
2022/09/14(水) 18:51:01 ID: B3So2dXk3g
タッコーホルマエと見間違える人は少なからずいる
101 ななしのよっしん
2022/09/14(水) 19:22:35 ID: 23hdjiAtUc
>>100
ホモは帰ってどうぞ
102 ななしのよっしん
2022/09/21(水) 06:37:58 ID: swOYnCeUSx
>>98
山梨長野の「〜ずら」ってのも語尾につけりゃいいと勘違いされがちだけど、これも「〜でしょ」の意味なんだよな。
103 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 11:25:50 ID: GQ4TY1QzrA
マッターホエルコだとは勘違いしていた
クジラかな? って
104 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 11:36:50 ID: qKYxGYDDpi
ホッコーワザマエだと勘違いしていた。
105 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 12:13:34 ID: FmN/QoilyX
でかいっていうか分厚い
数値は同じでも高さ、幅、行きで個性を出してくのは素直に感心したね
恐れ入ったよ
106 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 16:27:28 ID: xamk0jH4aF
そういや海外には行ったけどドバイかどうかは暈されたファル子に対し、
タルマエはちゃんとドバイWCデーに行ってるんだな
107 削除しました
削除しました ID: B3So2dXk3g
削除しました
108 ななしのよっしん
2022/09/26(月) 17:09:19 ID: swOYnCeUSx
>>106
凱旋門賞も実名で出てきたし、海外レースの扱いもちょっと変わってくるかもな。
さすがに育成に海外遠征が実装されるかは分からんが。
109 ななしのよっしん
2022/09/29(木) 16:40:21 ID: 5wCwuSoSPE
タダチニ ホッコー
タルマエ!!