ウオッカ(ウマ娘)単語

ウオッカ
9.2千文字の記事
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

めてかかったら、イタイ見るぜ! 覚悟しろよ!」

ウオッカ

ウオッカ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ウオッカ」をモチーフとするウマ娘である。 CV:大橋彩香

概要

誕生日4月4日 身長165cm 体重:増減なし 3サイズ:B76・W55・H78

カッコよく生きることを第一に掲げる、不良気取りのウマ娘バイク好きので、趣味もポリシーも全く一緒。いつでも精一杯の見栄をり、どんな謀な挑戦にも恐れずに突っ込む、生の挑戦者である。
同室のダイワスカーレットとはの仲。

ウオッカ | ウマ娘 プリティダービー 公式ポータルサイトexitより

ボーイッシュな雰囲気のウマ娘。ヤンチャでナマイキな性格で、現在反抗期中。
子供扱いされたりおちょくられるのが大嫌い。その実、内面はナイーブで純情。色恋の話にはすぐに鼻血を出してしまう。

リニューアル前)

上の紹介文の通り、ボーイッシュオレっ娘。時に回りしてもボロが出ても、強い信念をもって己の信じる「カッコいい生き方」を追及するウマ娘である。

リニューアル前のキャラ設定では反抗的という部分が強調されているが、アニメ版やゲーム版ではダイワスカーレットと意地をり合う見栄っりの格好つけ、という面が強調されている。どっちにしても、根は極めて純情ないいである。
なお、色恋に関しては映画キスシーン鼻血を出し、マヤノトップガン恋バナしく狽してしまうレベルの初心。

勝負服は、レモンイエローライトブルーのストライプの入ったチュートップスが鮮やかだが、上から羽織るジャケットは逆にダーク系の色であり、そのコントラストが印的。

ゲーム版の勝利モーションではスキットルから何か飲んでいるが、もちろん飲しているわけではなく、1コマ漫画によると中身は麦茶麦茶ロックに限るらしい。また、本人は恥ずかしがっているが料理の腕も抜群で育成シナリオクリスマスイベントでは全てのクリスマス料理彼女が作っている事が判明。母親から仕込まれており、整理整頓もキチンとしており(バイクポスターを貼る以外は同室のスカーレットから文句らしい文句がい程)女子力は極めて高かったりする。

アニメ版では触れられてはなかったが、リニューアル後のキャラ設定にあるようにゲーム版およびS.濃すぎ版コミカライズではバイクに憧れる描写(コミカライズでは「自分で走った方がいだろう」とヒシアマゾン以外のウマ娘からは理解されなかった)が多くなっており、そのせいかピアスメカニカルなデザインとなっている。

アニメでの活躍

トレセン学園に編入してきたスペシャルウィークを、トレーナーの命によって、ゴールドシップダイワスカーレットと共に拉致同然でチームスピカの本部に連れてきた。チーム内ではダイワスカーレットといいコンビ不良優等生という対照的なタイプ故にいつも喧嘩ばかりしているが、「喧嘩するほど仲が良い」の言葉通り、実は二の友として認め合っている。

ウオッカとスカーレット

チームでの立ち位置はダイワスカーレットと共に一番後輩であり、スペシャルウィークたち第一線で活躍するウマ娘に追いつき追い越すことが標。

第2期でも立ち位置は概ね同じ。1期・2期ともレギュラーだがあくまでサブキャラであり、スカーレットともどもメインでスポットが当たる機会は残念ながらほとんどない。3期以降に期待しよう。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:ワイルドトップギア

ステータス(2)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
96 61 105 75 88
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F A A F
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
C B A F
成長率
固有スキルアクセルX』⇒
『カッティング×DRIVE!(3~)』
残り200mを切って前の方にいると競り合いに強くなり速度が少し上がる
3以上の場合、「速度が上がる」に変化
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:不凍のアクア・ウィタエ

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
98 82 99 81 90
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F A A E
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
C B A F
成長率
固有スキルInto High Gear!』
レース中盤以降の下り坂で中団だと坂を下った後少しの間速度を上げる
東京レース場ならさらにギアを上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. ジュニア12月前半:阪神JFG1)で5着以内
  3. クラシック3月前半:チューリップ賞G2)で5着以内
  4. クラシック4月前半:桜花賞G1)で5着以内
  5. クラシック5月後半:日本ダービーG1)で5着以内
  6. クラシック10月後半:秋華賞G1)で3着以内
  7. クラシック12月後半:有馬記念G1)に出走
  8. ニア5月前半:ヴィクトリアマイルG1)で3着以内
  9. ニア6月前半:安田記念G1)で2着以内
  10. ニア10月後半:天皇賞(秋)G1)で1着

概要

サービス開始時から育成ウマ娘として初期2[ワイルドトップギア]が実装。同じく2のスカーレット共々チュートリアルで入手できる。

標はG1こそ多いものの1着を要されるのは最後の天皇賞(秋)だけと着順標が較的緩めで、途中で挟まれる無理ゲー有馬記念(長距離適性F)、5着以内なので落としても(ゲーム的には)問題ないダービー以外は距離の振れ幅が小さい(1600か2000のみ。距離適性は絞れないが、「根幹距離○」があれば常に有効になるのも嬉しい)ので攻略しやすい部類と言われる。
固有スキルは残り200mで3番手以下でないと発動しないため、不発だったり発動しても後の祭りだったりと、広く使えるスキルではあるのだが安定性を欠く面はある。とはいえスピードパワーに成長率ボーナスがあることもあり、逃げや先行にべて育成難易度が高い差しの育成入門にもピッタリ。有馬記念の惨敗で変なデメリットスキルを貰わないことを祈ろう。

育成シナリオナリタブライアンを尊敬する先輩(史実ではウオッカの祖ナリタブライアンが同じブライアンズタイムという共通点がある。ゲーム配信時点ではタニノギムレットがいなかったための代役だろう)として描き、やはりスカーレットとのライバル関係を軸に置いて進行する。桜花賞ダービーも取る史実以上の欲り展開も実現できるし、逆にどっちも落とす残念な展開になる場合もあるが、ルートは史実通り一本。また、疑問に思った競馬ファンも多いであろう「もないウマ娘世界ウオッカの偉業をどう表現するのか」という点もちゃんとウマ娘ウオッカならではの形に落とし込まれている。ダービーでの勝利は結構難易度が高めだが、ゴール前である程度差をつけた状態で勝つと専用の特殊実況も聞けるので、頑って勝たせてあげよう。

日本ダービー安田記念天皇賞(秋)ジャパンカップヴィクトリアマイルを含むG1レースを7勝することで「常識破りの女」という固有二つ名を獲得できる。単純に勝ち続ければ良いだけなので難度は低いが、獲得をすならレースに入っていないジャパンカップの出走は忘れないでおきたい。

初期からちょっとした隠しイベントが2つあり、1つは標外のクラシックエリザベス女王杯(史実では当日に故障で出走取消)に出ると、史実(と史実通りの展開になるスカーレットの育成シナリオ)では実現しなかった直接対決イベントが発生し、スカーレットに先着するとやる気が上がる。
もう1つは、安田記念を2連覇(史実では古2年で達成)することで「垂れウマ回避」ヒントや「練習上手○」を入手できる。クラシック級の安田記念標に入っていないので、狙うなら日本ダービーの次のターンに出走を忘れないようにしよう(ダービーの前のターンNHKマイルカップに出走していると3連戦になってペナルティの可性があるのでそれも注意)。

1周年ではさらに隠しイベントとして「カッコいい、と1番」が追加。チューリップ賞桜花賞秋華賞クラシックエリザベス女王杯大阪杯、シニア天皇賞(秋)勝利有馬記念を連覇すると(つまり、ダイワスカーレットが固定出走してくるレースを全て勝つと)発生し、ステータスアップスキルptに加えて「ありったけ」と「差し切り体勢」が入手できる。有馬記念連覇があるので長距離適性の魔改造が必須。ちなみにダスカの方にもウオッカ固定出走レース全勝で発生する「1番と、カッコいい」というイベントが追加されている。

チャンピオンズミーティング用としては、マイル・差しでの参戦において必須級の強レアスキル脚」を自前で持っているという点が大きな強み。特に手持ちの3ウマ娘が少ない課金・微課金勢であれば、マイルチャンミにおける差し担当として有選択肢となる。自前で「乗り換え上手」を持っていて固有スキルとのコンボが強グラスワンダーとは一長一短だが、サポカ所持状況などによって(SSRオグリキャップが手元になく、SSRナイスネイチャが手元にある場合とか)グラスよりも有な差し担当となり得るだろう。
また、初期Cの逃げ適性をAに上げ、パワー20%という成長率補正を活かしてパワーと賢さを重点的に鍛えて中盤の先頭争いに特化させ、相手のセイウンスカイ水着マルゼンスキーを封じる「蓋」担当としても育てやすかったりする。

2022年11月28日ストーリーイベントIlluminate the Heart』合わせの育成ウマ娘ガチャにてスカーレットと共に新衣装実装
スカーレット同様、有馬記念意識ということか距離適性がF→Eとほんのり上昇している。因子補強がなければ正直焼け石にだが、補強で初期Aスタートできるようになった。
適性変更以外は特に有馬記念を意識しているわけではなく、固有スキル東京レース場限定で強化されるという(あちらは名しではないがアイネスフウジンに続く)いわゆる「府中専用機」スキル。一方でレアスキルはどこでもある程度発動を期待できて破格の「すごく」効果を持つ新スキルトップギア」に言わずと知れた「ノンストップガール」と汎用性が際立って高い。

サポートカード

SSR[ロード・オブ・ウオッカ]

共通のR[トレセン学園]とともに初期実装。得意トレーニングパワー

「円弧のマエストロ」には劣るものの汎用かつ実用に堪える重な回復レアスキル好転一息」と、の時点でもトップクラスに引けをとらないという非常に高い友情トレーニングを併せ持ち、初期実装SSRの中でもかなり需要の高いカードとして評価された。ただ、検証が進むにつれて「好転一息」の評価が下がったのと「円弧のマエストロ」をくれるSSRライスシャワーが登場したこと、友情パワータイプがなかなか育成環境と噛み合わないことから現在はやや影が薄い

所持スキルは9個と豊富かつ汎用性も高め。3以上でヒントボーナスが解禁されてこれらを最大限活用できるようになるが、逆に言うとそれまでは活かしづらい。なお、史実で戦場としただけに「東京レース場○」はしっかり持っている。

SR[うるさい監視役]

2021年11月19日実装。得意トレーニングスピード

重なパワーボーナス持ちのスピードSRで、それ以外は総じてソツのない性立った弱点はないが、サポートとしてもイベント面でもこれといった大きな強みがなく、スピードSRは優秀なカードがそろい踏みしているため、スピードSRの中では影が薄いと言わざるを得ないところ。

楽曲

CATCH THE VICTORY!
作詞結城アイラ 作編曲向井健太
CDSTARTING GATE 03」収録。

関連ウマ娘

ダイワスカーレット個別記事
説明不要。モチーフ元から始まり、各メディア全般で問答用の最大にして最高のライバル
アストンマーチャン個別記事
モチーフ同期で、2歳時はウオッカを上回る世代筆頭と見られ、桜花賞ではスカーレットと3頭での3強対決を形成した最初のライバル。ふわふわしたマーチャンの行動スカーレットともども手を焼いている模様。
タニノギムレット個別記事
モチーフ。あちらが後から登場したため、キャラクターデザインウオッカに寄せたような感じになっている。「うまゆる」ではあらゆる行動ウオッカにとって憧れであり、標・・・ネタも含めて。
テイエムオペラオー個別記事
モチーフは対戦経験はいものの、共にGⅠ通算7勝かつ群を突き抜ける差し足がられる同士。ウマ娘としては先輩彼女の大仰な立ち振る舞いや科白回しがウオッカにとって『カッコいい徴であり、対抗意識と同時に憧れを抱く。彼女からも摯な姿勢に好感を得ている。
トウカイテイオー個別記事
アニメ及びゲームでは同級生かつ「チームスピカ」のチームメイト。普段から仲が良く、何かと対抗意識を燃やしたり、ダイワスカーレットとの仲で取り持ったりと気の置けない間柄。
ナリタブライアン個別記事
前述の通りモチーフタニノギムレットナリタブライアンブライアンズタイムなのでヒト基準で言えば「伯父・姪」?に当たる縁からか、ウマ娘として双方のシナリオで絡む先輩後輩の関係。シナリオにおいてスカーレットとのライバル関係でティアラ路線で戦うべきか幼い頃からのであったダービーにするかで悩むウオッカ三冠ウマ娘としてダービーにおける心構えを説き、結果的にウオッカの進むし示した。以後も要所で登場する等ウオッカにはまらない軌跡に好感を抱く。

史実

2007年 日本ダービー

オークスを選ばずに、
あえてダービーを選んだ
勝てるのか?本当に勝てるのか?

64年ぶり、ダービー制覇。
ウオッカ

も行かないを行け。
茨の中に答えがある。
一生に一度の栄光へ

タニノギムレット2002年日本ダービー優勝)、ニノシスターの間に生まれた2004年生まれのの名に含まれる「ギムレット」(ジンベースカクテルの名)よりも強く、という願いを込めてより強い(アルコール度数が高い)であるウォッカにちなみ、ウオッカと名付けられた。
見ての通り、両って同じ牧場で生まれたであるのだが、当然つくはずの「タニノ」の冠名はつけられていない。これはストレートのほうがもっと「強い」だろうという理屈で敢えて冠名を付けなかったとも。なお、の方とは「オ」の字を大きく書くことで区別されている。
居勝厩舎に預けられたが、入厩前から「シーザリオ級のが来るらしい」と噂になるほど評価は高く、オーナー桜花賞オークスだけでなくあらかじめ皐月賞ダービー菊花賞にも登録しておくほどの期待を寄せていた。

2006年新馬戦上は鮫島※1 )でデビュー勝利を飾ると、2戦からは四位洋文上に、3戦GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズで圧倒的な1番人気だったアストンマーチャンをとんでもない脚で差し切り勝利。世代トップに躍り出る。

翌年、まずはオープン特別を楽勝してクラシック戦線に向かうが、桜花賞トライアルGⅢチューリップ賞にはもう1頭、後の歴史的名桜花賞して出走してきていた。そう、「永遠の宿敵」ダイワスカーレットである。ここでは3着以下を大きく突き放した大接戦の末クビ差でスカーレット勝利
ところが本番の桜花賞では勝負では分が悪いとみたダイワスカーレット上・安藤勝己の仕掛けた先行ロングスパートを捕らえきれず、1身半の差をつけられ敗れてしまう。

オーナーはもともと「桜花賞を勝ってダービーに挑む」と宣言していたが、まさかの敗北営はオークスダイワスカーレットリベンジすることも考えたが、最終的に当初の予定通り、として11年ぶりとなる東京優駿(日本ダービー)への挑戦を選択。皇太子徳仁王(現・第126天皇)が御台覧されたこのレースでは、中団から一気に直線でぶっちぎって優勝ダービーとなるのは、1937年ヒサトモ1943年クリフジに続き史上3頭で、戦前以来64年振りの歴史的出来事であった。同時に、タニノギムレットに続くダービー史上初の2代制覇。騎乗した四位洋文も初めてダービーを制覇し、インタビューでも「最高。(騎手を)辞めてもいい」とった。

しかしその後はスランプに陥る。3歳ながら宝塚記念に出走するも8着と惨敗、凱旋門賞しての遠征も検討されていたが軽度の故障が発生して見送りとなった。続く秋華賞はまたもダイワスカーレットに届かず3着、一矢報いたかったエリザベス女王杯は軽度の故障で出走取消。ジャパンカップは4着、有馬記念に至ってはスカーレット2着の後ろで11着の大惨敗。ダービー制覇という偉業を為し遂げながら、最優秀3歳の座もスカーレットに奪われてしまった。

4歳となった2008年も苦戦が続いたが、安田記念にて1年ぶりの勝利を挙げると、天皇賞(秋)久々ダイワスカーレットとの対決を迎える。通算5度にして最後となったこの対決は、同年のダービーディープスカイを挟んで全くの横並びでの大接戦ドゴーン!(by アオシマバクシンオーゴールとなったが、13分に及んだ写真判定の末、わずか2cmの差でウオッカ勝利。最後の最後で永遠の宿敵からGⅠでの勝利を挙げた。

その後、6歳に至るまでの間にGⅠ通算7勝(シンボリルドルフテイエムオペラオーディープインパクトに並ぶ当時の最多タイ記録2020年アーモンドアイに抜かれる)、その中で混合のGⅠで5勝という、まさに「女だてらに(褒め言葉)」と言うべき成績を残した。2011年として史上4頭JRA顕彰馬に選出。
最初の阪神JF以外の6勝は全て東京競馬場であり、東京競馬場で開催される古GⅠを全て勝利しているため「府中の申し子」との異名も。引退後の2014年には東京競馬場ローズヒルガーデン内にウオッカ像が建立された。

最後にGⅠを獲ったのは、2009年ジャパンカップ。この時は短期免許フランスから参戦していたクリストフ・ルメールが騎乗。ジャパンカップ制覇は1989年ホーリックス以来20年振り4頭の快挙であり、過去3頭は全て外なので日本日本調教としては史上初であった。
かしこジャパンカップで鼻出血を発症しており、規定により12月有馬記念への出走規制がかかり、さらに翌年のドバイワールドカップ標として出走したドバイレースで鼻出血が再発。念の引退となった(「鼻血引退?」と思うかもしれないが、ここで言う鼻出血とは鼻出血というか肺出血なので治は難しく、何よりの問題として口呼吸できないので呼吸に支障が生じ、当然競走にもする)。
ウマ娘キャラ付けで「鼻血が出やすい」というのはこのあたりが元ネタであろうが、ギャグで済むのはウマ娘が人生物だからであった。

引退後は日本ではなくアイルランド繁殖牝馬となり、産駒外国産馬として日本デビューさせていた。

そんな中、配合の為アイルランドからイギリスへと移動中の2019年3月10日、右後肢の異変に気付き、診断の結果右後肢第3粉砕骨折が判明。
手術を行うなどの措置が続けられたが、その後両後肢に蹄葉炎を発症。回復の見込みがないことから、4月1日午後に安楽死の措置が取られた。享年15歳

誕生日おめでとう。そしてさようなら

ウオッカの死去後、東京競馬場に建立されているウオッカ像には献が絶えない。

死去と前後して、ウオッカに縁のある騎手も動きがあった。
ジャパンカップで騎乗したクリストフ・ルメール騎手は、2018年ジャパンカップにおいて、同年三冠アーモンドアイで2.20.6の世界レコード立。2020年の同引退まで最終的に内外GⅠ通算9勝(内芝GIに限っても単独最多の8勝)。ウオッカシンボリルドルフらを抜いて頂点に導いた。
そして、皇太子徳仁王の御前で64年ぶりの快挙を共にし、翌年ディープスカイで史上2人ダービー2連覇を達成した四位洋文騎手は、2019年調教師免許試験合格に伴い、2020年2月末をもって騎手引退調教師に転向した。両方でダービーを制覇した四位調教師は「調教師としてもダービーを勝ちたい」と意気込んでいる。

詳細は当該記事へ→ウオッカ

備考

  1. 鮫島也(さめしま かつや)、佐賀競馬場所属騎手。中央所属の鮫島良太・鮫島駿兄弟。「キングシャーク」という称を持ち、1992年ニシキトウカイで第34回九州ダービー賞に勝利するなど、通算4000勝以上を挙げている、地方競馬を代表する騎手のひとり。

関連動画

関連静画

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウオッカ(ウマ娘)

324 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 22:23:03 ID: vNkiFI5zd4
百合コンテンツじゃねーよボケナス
ウオダスは普通友人ライバルキャラだっつーの キモい
👍
高評価
2
👎
低評価
0
325 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 22:31:58 ID: 66fFO1AhZs
>>324
>>321は各所に現れる名前空白百合厨荒らしだぞ。削除されてる事もあるしスルーしとけ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
326 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 22:46:32 ID: f+oPuaCMdy
一度削除されてるなら、見つけ次第ニコニコ大百科:掲示板レス削除依頼に報告しておけば、そのうち該当アカウントの書き込みの規制に繋がるから、放置せずに依頼を出したほうが良いよ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
327 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 20:12:30 ID: qLSdA/YnD5
ダスカページ見てもしかしたらと思ったらここにも居たか
何でわざわざコテハンじみたことして挑発するかね
逆に百合好き叩きに持っていこうとしてるようにすら見える
👍
高評価
0
👎
低評価
0
328 ななしのよっしん
2022/12/04(日) 03:54:11 ID: G//AcT/UDA
荒らしとして削除依頼出されてたみたいだけど消されてないのね

運営的には荒らしとみなされてないのか、依頼シンプル過ぎて私通報だと思われてるのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
329 ななしのよっしん
2022/12/04(日) 07:28:17 ID: O1C55iO92y
https://mobile.twitter.com/Haret46/status/1598965269061193729exit

ウオッカフェルメールの「牛乳を注ぐ女」。なかなか様になっている
👍
高評価
0
👎
低評価
0
330 ななしのよっしん
2022/12/11(日) 09:07:25 ID: pSwzE5gz/T
自覚良妻
👍
高評価
0
👎
低評価
0
331 ななしのよっしん
2022/12/11(日) 11:10:34 ID: f7JxPVryhA
カッコイイしつつも女の子っぽさが見え隠れするのが良い 料理得意なの良いよね...
👍
高評価
0
👎
低評価
0
332 ななしのよっしん
2022/12/17(土) 11:20:09 ID: 3uEkQkebm0
それを3年クリスマスまで秘密にしてるのも加えて良いよね…
が下手だからちょいちょい漏れてるのも良い
👍
高評価
0
👎
低評価
0
333 ななしのよっしん
2023/01/09(月) 10:15:38 ID: MWNrlneNb7
https://twitter.com/pakapakakobo/status/1612200704898379778?t=0Oxx7qwovM5DfuJjeSWF5Q&s=19exit

ウオッカダスカ妊娠させたと勘違いするイベントが来たらコレが元ネタかも知れない!(大ボケ)
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改