スイープトウショウ(ウマ娘)単語

258件
スイープトウショウ
8.7千文字の記事
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

「アタシは魔法が使えるのっ。魔法少女スイーピーなんだから!」


スイープトウショウ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬スイープトウショウ」をモチーフとするウマ娘である。CV杉浦しおり

概要

誕生日5月9日 身長139cm 体重:計測断固拒否 スリーサイズ:B72/W49/H73

ツンツン駄々っ子魔法少女魔女を名乗る祖母の元で育てられ、その魔法使いすようになった。レースで勝てば魔法を体得できると信じている。今は見習いなので、思い通りにいかないと物理で解決しがち。
ワガママで、泣き出すとなかなか泣き止まない。

自称魔法少女スィーピー」魔法を使えると信じ切っており、常に魔女のような恰好をしている。とってもワガママな性格で、トレーナーの言うことはほとんど聞かず、自分の思い通りにならないとすぐにへそを曲げる。

リニューアル前)

一人前の魔女してレースを走るウマ娘付きのとんがり帽子を被っている。
祖母グランマ)のことを強く敬愛しており、彼女が『魔法』へ非常に強いこだわりを持つ要因にもなっている。

父親にはとてもつんけんしているが、本当は大好きなツンデレちゃん(byカレンチャン)。この世界スイープのパパって、もしかして池添なのでは…?  育成ウマ娘ホーム台詞でやたらあんみつを推す設定が提示されて池添説が補強された。

スイーピー」は実にも用いられていた称。
(※上記プロフィール文の「スィーピー」は原文ママだが、現行だと「スイーピー」表記になっているため単純に誤表記と思われる)

よく見るととんがり帽子の位置はウマ娘の位置に対して前すぎるのだが、この帽子グランマ作で、スイープ自身のが入って物理的に動かしているわけではなく、の動きと連動して工学的に動いているハイテクアイテムであるという設定が後に判明した。

勝負服色と海老色)のダイヤモンドが散りばめられた丈の長いローブ。イラストでは裾がかなり余って引きずっており、名前と関連の深いを携えている。
ゲームでもほぼそのままだが、さすがには持たず、ローブの裾は足首あたりの高さになった。

アニメでの扱い

2期・第1話トレセン学園図書室に一だけ登場するのだが、その時に読んでいた本が、

と、ツッコミどころ満載な書物ばかりで、トウカイテイオーも「何読んでるの・・・」とツッコミ

池添に何読ませてんねんwww

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:プラタナス・ウィッチ

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
101 85 110 65 89
バ場適性
ダート
距離適性
距離 マイル 距離 距離
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
成長率
固有スキル『いただきストレリチア!』
最終コーナー突入時まで冷静に後方で控えていると残り300m地点でスピードアップ魔法をかけて速度を上げ続ける
ウマ娘テンプレートボックス

育成実装まで

育成未実装アオハル杯での使用可を経て2021年10月11日カワカミプリンセス実装に際してレースライバル勝負服姿が実装
サポートカードとしては恒常R及びSR[見習い魔女と長い]が最初の追加ガチャ実装された。

学園内の生活態度もワガママ自己中心的な行動がとにかく多く、野菜が食べたくないから他人に押し付ける、スズメ魔法をかけようと追いかけ回す、赤点補習が受けたくないのでサボって逃げるなどやりたい放題。寮長フジキセキ先生達も翻弄されて大変。
挙句、学園内に描いた落書き魔法陣生徒会に消されたことに対して『勝手に魔法陣を消さないで!!』と怒りの逆ギレ陳情投書を生徒会に提出し、エアグルーヴを呆れさせた。

このように全体的に大暴れしまくりだが、あくまで好きじゃないことをはやりたくないだけの義であって、根は素直な少女。悪いことをしたという自覚があればちゃんと謝る。謝って済まないくらい迷惑かけている気もするけど。

2021年7月29日にはSSRサポートカード[ツメたいヒトリジメ?]実装。同日から開催の期間限定イベントウマ娘物語」でもメインキャラの1人として登場した。
イベント内ではマルゼンスキー達が行こうとしていたバブリーランドが「最高の魔法がかかる場所」と聞くや否や、かせてそのままマルゼンの疾走で追いかけて同行するアクティブさを見せた。ウマ娘は所定の場所以外での全疾走を禁止されているはずなのだが、大丈夫なんだろうか……。実際、放っておくとまずいと思ったダイワスカーレットが追いかけ、スカーレットは誘いを断ったのに結局バブリーランドを訪れるという話に繋がる。

また、イベント内ではこれまで断片的でしかなかった祖母や『魔法』と、彼女がそこまで強くこだわる理由が判明。
小さい頃に不安や悲しみに暮れていると、祖母が『魔法』と称して不思議なおまじないと共にバラハトをパッと出して見せ、励ましてくれたのだという。つまり祖母魔法とは手品なのだが、スイープ自身は本物の魔法使い魔法そのものを信じ、そして魔法勇気を与えると心から確信して今に至るのである。
事実サポートカードゲーム中にスイープが魔法を使おうとする際は、必ず何かもしくはかに向けて呪文を唱えており、例えば自分に対して足が速くなる魔法だとか頭が良くなる魔法をかけるといった描写は一切い。
イベント内でもスランプ気味になってふさぎ込むスカーレットを呼び出して、祖母と同じバラハト魔法をかけて勇気づけており、本質は「かに向けた魔法」なのだろう。

2022年2月24日の1周年で実装された「Make a new track!!」内のイベントでは、史実で縁があったゼンノロブロイアグネスタキオンキタサンブラック等の他の面々との会話が大幅に増えている。

育成実装

2022年6月20日に育成ウマ娘実装

育成シナリオは「ティアラ路線のウマ娘)はクラシック三冠路線のウマ娘)に劣る』という(スイープ現役当時の)統計的事実」という概念を劇中で提示するなどして、「の時代の始まりを告げた競走馬」としてのスイープトウショウを強くフィーチャーした内容となっている。
ワガママ少女に振り回されるシナリオになるかと思いきや、ワガママだが決して物を知らない子供ではない、賦の才を持ち人々に「魔法」を掛ける大魔女スイープが描かれ、これまでの彼女イメージを覆すような姿が描かれる。

そんなシナリオの兼ね合いもあってか、秋華賞クラシック10月後半)で1着必須という過去に類を見ないハード標設定が見られる(対戦相手は厳しくないが)。ちなみに、直前に実装されたイナリワンも「クラシック東京大賞典12月後半)で1着必須」という類を見ない要素があったのだが、いきなり塗り替えられる形になった。

メイクデビュー直後には、出遅れ率が大幅に上がる&賢さが下がるマイナススキル「アタシに図しないで!!!」が付与され、この手の要素の中でもかなり長持ちでニア宝塚記念まで除去されない。もっとも追込なので出遅れてもそんなに不利ではなく、そして入れ替わりで掛かり率が下がる&賢さが上がるスキル「自制心」が習得可になる。固有スキルが掛かりで不発してしまうため嬉しい効果。

なお、トレーニング制限イベントはバッチリ搭載。まあ他のウマ娘にあってスイープにかったらですよね……
さらに固定イベントにてレース出走制限というのもあるが、これはクラシック6月後半のみの効果で、クラシック級で宝塚記念に出走して勝ってしまったらシナリオが台しになるのでそれを防ぐ意図もあっての要素と思われる。

また、冬の日コースに出たのに一向に走ろうとしないスイープを信じて待ち続けてが積もるトレーナーといった池添伝説エピソード備。

サポートカード

所持スキルはやはり追込系のものが2つあるが、汎用だが逃げくらいしか使わない「ポジションセンス」、汎用で優秀だが追い抜き的なのでこっちも追込だとやや劣る「スリップストリーム」と、一貫性の低いラインナップ。
ささやき」「トリック(前)」「トリック(後)」とデバフで他人に迷惑をかけてくる一面もあるが、「ささやき」はともかく「トリック」が優先順位の低いものなのでデバフ要員としての価値はそれほどでもない。

共通イベントでは序盤につけば多大なアドバンテージとなる良いコンディション嬌〇」が手に入るという破格のイベントワンダフルミステイク!」を搭載しているのが大きな強み。嬌○以外は何も貰えないので中盤以降では意味だが、もう一つの選択肢体力-20・スキルpt+40とデメリット大なので意味とわかっていてもスズメを探すことになりがち。
もう一つの「ミラクルエスケープ!」も体力+10できるため、かなり優秀と言える。

SR[見習い魔女と長い夜]

スピードタイプ
友情ボーナスが最大30%と高いうえにトレーニング効果も最大5%+固有ボーナスやる気効果アップも最大40%、とトレーニングSRとしては非常に高い。得意率も50と高準。ヒントボーナスがない(固有で発生率のみ上がる)分、レースボーナスファンボーナスや初期ゲージ一通りあって隙がなく、スピードSRでも屈の強カードである。
ヒントボーナスしもスイープは上記の通りヒント面で優秀とは言えないため、汎用スピードSRとしてはあまり気にならない欠点。

基本性だけでも十分すぎるほどの強さだが、前述の通り共通イベントも強
一方でSR連続イベントは、上選択肢は2回ともスピードスキルptが上がるが、貰えるヒントが「ラッキーセブン」と「冷静」といずれも微妙。下選択肢では1回の「おひとり様○」はともかく2回では育成で強い「一匹」が手に入るが、やる気ダウンしてしまいアップもない。と使いにくさがある。

SSR[ツメたいヒトリジメ?]

こっちもスピードタイプ
友情ボーナス最大35%+固有、得意率65、固有スピードボーナスと、SR友情の高さがそのままSSR化したかの如く驚異的な数値を持つ。しかしトレーニング効果アップなし、やる気アップも3でようやく追加されて最大30%と非友情が貧弱、友情特化なのに初期0とアンバランスヒントボーナスはないがレースボーナスが最大10%と高い。

レアスキルは終盤で視野を確保する追込用スキル命士」。長らくNPCアドマイヤベガの実質専用スキルとなっていたのがついにプレイヤーに与えられる形となった。視野スキルゆえにコストが安いため、チームレースではスコア稼ぎとしても有益。
連続イベントでは、1~2回の上の選択肢が博打仕様であり、1回やる気、2回体力が増減する。1回は成功時に追込用の強スキル「直線一気」も貰えるので、追込育成なら攻めたい場面。なお、失敗時もイベント中途終了はせず、レアスキル自体は確定で貰える安心仕様である。

余談だが、連続イベント2回実装当初「あまあま☆ニガニガ黒魔法」という名称だったのが、実装から少しして「あまあま☆マズマズ黒魔法」に変更されている。

関連ウマ娘

ゼンノロブロイ個別記事
読書ゆえか歴史上の魔女についても詳しく、『うまよん』ではスイープに度々早口で知識をっているが、どうにも理解されなくてロブロイ回りになるケースも。育成シナリオではスイープの「魔法」に掛かったライバルとして描かれ、史実同様ニア三冠を達成し「英雄」としてスイープに対峙する。モチーフスイープトウショウと対戦経験のある1歳上の
アグネスタキオン個別記事
共にジャンル違えど、研究好きなのも相まって仲が良く、タキオンからはの調合などのセンスの良さが評価されている。史実においてスイープトウショウの初アグネスタキオン産駒なので、そちらの縁とも。
フジキセキ個別記事
栗東寮の寮長。
彼女にかかればその魅カリスマ性でどんなウマ娘一発メロメロ――なのだが、スイープだけはあまりにもクソガキじゃじゃで言うことを聞かないので手を焼いている模様。ただし全にふいにされているわけではなく、根気よく接すればちゃんと言うことを聞いてくれる。
モチーフスイープのデビュー当初(紅梅Sまで)の所属厩舎(渡辺栄厩舎。定年のためスイープは留明雄厩舎に転厩)の先輩であり、デビュー当初の騎手も同じ角田晃一だった。
カワカミプリンセス個別記事
モチーフは2歳下で、晩年にGIで2回対戦。そして共に気性難でも有名。さらには魔女プリンセスというどこか通じるモチーフもありながら意外と絡みはなかったが、先に実装されたあちらの育成シナリオレース先輩にしてライバルとして登場。面と向かえば悪態をつくが、実はその言動を気に入っている。続くスイープの育成シナリオでは後輩として、較的素直な関係で登場。
ウオッカ個別記事ダイワスカーレット個別記事
2人ともスイープにしばしば振り回されているが、付き合ってあげた時の喜びようから何だかんだ放っておけないらしい。
モチーフは3歳下で、対戦は引退レースでのスカーレットとの1回のみ。スイープトウショウの時代の先駆けとするならそれを確固たるものとした筆頭格がこの2頭であり、スイープの育成シナリオではその面を強く意識して描かれている。
キタサンブラック個別記事
ゲーム1周年以降にフィーチャーされ始めた関係。ワガママを物ともせず進んで付き合うお人好しぶりを発揮し、スイープも満更ではない様子。
モチーフスイープトウショウとの間にがいる(9番のピエドラルーナスイープの血統を繋げるため引退して繁殖入りしている)。名前スペイン語の「長石(ムーンストーン)」に由来しており、「Make a new track!!」での共演イベント突然!からの……」は長石が話題に出る内容になっている。
ラインクラフト個別記事
スイープに強く憧れて尊敬しているウマ娘メインストーリー第2部ではスイープ育成シナリオでの「三冠路線もティアラ路線も関係ない、強いウマ娘が強い」というスイープの会見が重要なキーワードとして登場、スイープの「ヤダヤダ」に対して拝み倒してり勝ちして併走に付き合ってもらったりする。モチーフは同じエンドスウィープ産駒の1歳下の変則二冠馬だが、クラフトが古戦線を走った時期にスイープが怪をしていたこともあって直接対決はない。
グランマ(スイープの祖母
スイープの前ではいかにも老魔女といった感じのアクの強いお婆さんだが、トレーナーと話す際には物丁寧な普通のお婆さんであり、おそらくこちらが本来の姿なのだろう。ファンタジーが許容される部分もあるウマ娘世界だが、前述の通り彼女の「魔法」はあくまで知識や技術等を駆使した代物として描かれている。
モチーフというか設定の由来は、後述の通り祖母マンサトウショウから「魔女」の名前を受け継いできた部分だろう。
水色リボンウマ娘
スイープの育成シナリオに登場するモブウマ娘トウカイテイオーをかけられており、ティアラ路線のライバルとしてスイープと競い合うが秋華賞の後に故障離脱してから意欲を失ってしまい、スイープの「魔法」もなかなか掛からなかった難敵で、出番はなかなかに多い。
モチーフとなっているのは、同期阪神JF勝ちトウカイテイオー産駒ヤマニンシュクルだろう。最終的にカワカミプリンセスの斜行が原因で故障引退となったことでも知られ、カワカミ育成シナリオでもそのエピソードは(控えめに)拾っているが、こちらでもそれを意識した描写がある。
なお、シナリオ上ではこの表記で通されているが、レースでは「シュガーニンフェ」という専用のモブウマ娘が固定出走しており(※「シュクル」はフランス語の「砂糖」由来)、事実上はブリュスクマンと同じような待遇である。
その縁の為か、(標外であるが)シニア有馬記念に出走するとテイオーがライバルとして登場する。

余談

ゲーム中に彼女が唱える不思議呪文は、すべて実在する植物の学名(ラテン語名)から取られている。
サポートカード内のイベントに「グランマ秘伝の野草図鑑」なる百科事典らしきものが登場しており、おそらく祖母はこの本に掲載されている植物名前を拝借して魔法ネーミングに使ったと思われる。

史実

制覇の条件

勝ちいそぐ者も 長な者も
成功からは遠ざかる

いまなのか、まだなのか
逡巡の中でもが頼れる何かを探す

まずは直観にしたがい胆にふるまえ
迷いを断ち切ることが制覇の条件となる

JRA「名馬の肖像」スイープトウショウexit

をねじせる実と、嫌なことは断固拒否する気性難で知られたワガママお嬢様

2001年生まれのエンドスウィープタバサウショウ、ダンシングブレーヴマンサトウショウも重賞勝ちであり、タバサウショウ共々『奥さまは魔女』に由来する名前だったことから、名のsweepを原義の「(で)掃く」とかけてスイープトウショウと名付けられた。

祖母重賞を初制覇した角田晃一を背に2003年デビューし、新馬戦GⅢファンタジーステークスを連勝するも、阪神JFは5着に敗れる。明けて3歳の初戦を勝った後、厩舎移籍に伴い上が池添謙一に代わり、以降引退まで一貫して手綱を取った。

3歳G3チューリップ賞勝利後、桜花賞5着、優駿牝馬2着、秋華賞では勝利G1初制覇。4歳時は安田記念で2着に入った後、中2週の宝塚記念ではゼンノロブロイタップダンスシチーハーツクライら一流う中、11番人気低評価を覆して勝利する。宝塚記念制覇は1966年エイトクラウン以来39年ぶりの快挙であり、馬主のトウショウ産業にとってもサマンサトウショウのトウショウボーイ以来28年ぶりの宝塚制覇となった。

4歳にはG1エリザベス女王杯G1三勝を挙げ、5歳時は骨折して休養を余儀なくされるが、11ヶぶりの復帰戦となったG2京都大賞典スローペースをものともしない差し切りで勝利した。しかしこの頃には気性難がさらに悪化しており、結局これが最後の勝利となる。

現役中はとにかくワガママな性格で、機嫌を損ねると立ち止まって動かなくなるがあった。池添騎手を乗せて歩くのを嫌がってスタート地点まで歩かせたり、池添騎手があげた人参の前で吐いたり、ついには調教をボイコットして標とするレースに出走できなくなることもあった。彼女の性格がもう少しならもっとG1を勝てたと思うファンは多い。と言うか池添騎手本人も後に「順調に調教出来ていたなら後5~6個G1を勝てていたと思う」と明言している。
とある番組で、インタビュアーが池添騎手に「(スイープトウショウを)彼女にしたいですか?」と質問したところ、池添騎手は「いやー、きついでしょ」と即答した(ちなみにこの時も、自分から顔を池添騎手に寄せてきたくせに、池添が顔をなでた途端プイとそっぽを向いている)。
後に池添騎手2011年オルフェーヴルクラシック三冠に導くが、2度も振り落とされるわ、ラチに突っ込まれそうになるわと、これまた尋常でない気性難で、どうやらこういったに縁がある模様(前任者の角田晃一競馬学校時代からばかり乗らされており、1991年桜花賞勝利したシスタートウショウもそのうちの一頭である)。

引退後は繁殖牝馬として、初年度のアグネスタキオンを皮切りに、ディープスカイステイゴールドディープインパクトオルフェーヴルキタサンブラックなど大物G1を中心に種付けされるが、立つ産駒は出ていない。だが孫世代でスウィープフィート2024年チューリップ賞勝利し、牝系からようやく重賞イナーが誕生した。
2020年にはディープインパクトラストクロップ産駒最終世代)であり、内で最後に生まれたディープ産駒スイープトウショウの2020、後のスイープアワーズ)が誕生した。
意外とに子育てをしていたらしいが、2020年12月5日、腸捻転の為、この世を去った。おには2019年ジャパンカップ優勝スワーヴリチャードを宿しており、前日まで変わりなく過ごしていたが、おと共に立ってしまった。
これにより「スイープトウショウの2020」スイープアワーズは両方の最終世代の看板を背負うこととなり、ひときわ大きな注を集める存在となっている。
また、ディープスカイとのであるビシュートウショウのスウィープフィート2024年チューリップ賞を制している。

詳細は当該記事へ→スイープトウショウ

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

VOICEROIDキッチン (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: さくらねこ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スイープトウショウ(ウマ娘)

341 ななしのよっしん
2024/03/14(木) 04:33:22 ID: dZWAotkKQE
何故か『色づく世界の明日から』を思い出した
──魔法使い一族の少女スイープ。祭り彼女祖母のトウショウから「トレセン学園の私に会いに行きなさい」と告げられ、魔法で??年前の過去へと飛ばされる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
342 ななしのよっしん
2024/03/19(火) 18:14:48 ID: HyNaI3VY9M
wikiの記事がやたら長くなって、なぜか気性難の話が大量に書かれてると思って履歴を見たら、案の定OKFarmの仕業だった(キタサンブラックの記事を異様に長ったらしくしたり、ハルーワスウィートヴィルシーナに組み込むことで記事を消すなどの悪行三昧を行ってる)
👍
高評価
2
👎
低評価
1
343 ななしのよっしん
2024/03/21(木) 22:36:32 ID: td+2a9+HQa
わがままで頑固だけど、なんだかんだで面倒見がいいところは
史実のとしての一面が反映されてるのかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
344 ななしのよっしん
2024/03/21(木) 22:58:48 ID: ZMlSQuIGDC
レース魔法は受け継がれてるんだなって
👍
高評価
1
👎
低評価
0
345 ななしのよっしん
2024/03/21(木) 23:43:56 ID: imUinERwQc
新しいたちの良き先輩になってるけど
特にラインクラフトに意外と甘いのって同だからかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
346 ななしのよっしん
2024/03/23(土) 10:21:45 ID: 0HNhuj9qHj
面倒見が良いな
これは彼女にしたいですわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
347 ななしのよっしん
2024/03/31(日) 10:26:25 ID: L1QqglOq37
カレンチャン誕生日トーク3で大変なことになってるw
いやー、キツいでしょ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
348 ななしのよっしん
2024/04/08(月) 00:36:19 ID: AfUmQc7sFg
ティアラ路線の話だからかと思ったけどラインクラフトと同繋がりだったか
最近のイベストで見てなかったからセリフ多くて嬉しかったな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
349 ななしのよっしん
2024/05/09(木) 21:26:21 ID: 7lwmgj3iJI
フジキセキのところモチーフとくに関係がないとあるけど、もしかして渡辺栄厩舎つながりなのではと思った
👍
高評価
0
👎
低評価
0
350 ななしのよっしん
2024/05/10(金) 00:03:17 ID: dZWAotkKQE
>>349
渡辺調教師だけでなくデビュー4戦は角田晃一騎手なので確実に繋がりがありますね
ジャングルポケット参戦までは渡辺栄厩舎の重賞勝利ウマ娘化されていたのはフジキセキスイープの2頭のみですし(スイープ自身が渡辺栄厩舎最後の重賞勝利)
ちなみにグランマことマンサトウショウ・重賞勝利タバサウショウも渡辺栄厩舎管理です
👍
高評価
1
👎
低評価
0

急上昇ワード改

2024/05/20(月)03時00分 現在