アイネスフウジン(ウマ娘)単語

アイネスフウジン
1.0万文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

「はろはろー♪ に向かって、一番に飛び出すの!」

アイネス

アイネスフウジン(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬アイネスフウジン」をモチーフとするウマ娘である。 CV嶺内ともみ

概要

誕生日4月10日 身長:167cm 体重:微増(ちょっと食べ過ぎた?)
スリーサイズ:B88・W58・H84

気さくな長女気質のウマ娘。飛び出しの速さに定評があり、責任感が強い。2人(双子)がいるため、計の足しにとアルバイトしているが、本人は重荷に思っているもない。母親からもらったトレセン学園でのチャンスを全で楽しみ、結果を出したいと思っている。

料理裁縫掃除など、なんでもこなす庭的で家族思いのウマ娘。よく食べよく走るをモットーにしており、携帯食「タフネスバー」をいつも持ち歩いている。休日トレーニングの後はアルバイトに勤しんでいる。

リニューアル前)

サンバイザーを被った活動的なウマ娘。明るいの瞳とうっすら見えるそばかすトレードマーク。あと巨乳ゲームレース開始時のゲートに並んでいる見てもわかるが、身長も167cmウマ娘の中ではかなり大柄な方である友人メジロライアンよりも背が高い)

双子を持つお姉さんで、トゥインクルシリーズに出場しながらアルバイト計を支えている苦学生。長期でコンビニラーメン屋・郵便配達の3つのバイトを掛け持ちし、さらに短期のバイトを職種を問わずいろいろやっている。
中学までは普通学校に通っており、中学限りで走るのを辞めて商業高校に進むつもりだったが、家族の後押しでトレセン学園に高等部から編入することになった。日々トレーニングアルバイトに走り回っているが、それでいて学業も優秀。

からは外では「アイネス」、プライベートでは「フーちゃん」と呼ばれている模様(他にはバイト先の店長にも「フー」と呼ばれている)。その長女気質から、同級生からもたびたび「おちゃん」と呼び間違えられるとか。口癖は「〜なの」。

メジロライアンとは友で寮のルームメイト同期ライバルでありながら仲の良い友人同士だが、ライアンの育成シナリオでは名お嬢様で皆の注を集めるライアンに対して「友人A」をやや自虐的に自称したり、自身について「才もない、柄もない、自由もないのナイナイ尽くし」とったりと、ややコンプレックスも垣間見える。

原案の勝負服はランニングジャケットスパッツのプリーツスカートシンプルデザイン。胸元にはの十字襷の模様がある。ゲーム版のモデルでは勝負服デザインに大きく変更が入り、上下ともピンクヘソ出しスタイルデザインになった。サポートカードイラストは原案のまま。
ちなみにゲームでは、サンバイザーはプールでもでも温泉でも外さない。せめて温泉では外そうよ。私服では帽子を被っているが、を通す(某マチタンのように自分で開けたではなく)に加え、サイドテールを通すが開いている。

勝負服原案 ゲーム勝負服 ゲーム私服
アイネスフウジン(原案) アイネスフウジン(ゲーム版) アイネス私服

アニメでの活躍

第1期ではBlu-ray第4コーナー収録の新規エピソードBNWの誓い」に登場。ファン感謝祭玉として企画された「BNW駅伝」にウイニングチケット率いる「チームW」全員日本ダービーモチーフの一員として参加し、第一走者を務めた。

うまよん』では第6話と第9話に登場。6話ではメジロマックイーンファインモーションキングヘイロー牛丼屋に案内し、庶民的な店に不慣れなお嬢様トリオボケに振り回される。
9話ではタイムセールに急いで向かっていたところ、ウマドルユニット逃げ切り☆シスターズ」の新メンバーを探していたスマートファルコンたちに追いかけられる。そのまま逃げシスに勧誘され、「ガラじゃないしバイトもあるから」と一度は断るも「ギャラが出る」の一言で加入を決めた。逃げシスメンバーとして9月のED曲「逃げ切りっ!Fallin' Love」も歌っている。

第2期では同期メジロマックイーン役のひとりを務めるが、物語アイネスの勝ったダービーの翌年、トウカイテイオーが勝った1991年日本ダービーから始まるため出番なし。

ゲームでの能力

育成ウマ娘:☆3[オールタイム・フィーバー]

ステータス
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
100 96 72 98 84
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
G A A C
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A C G G
成長率
固有スキル『チャージ了!全速前進!』
残り300m付近で前の方だと速度を少し上げる、ちょうど坂を登りきったところだった場合はすごく上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. ジュニア12月前半:朝日杯FS(G1)で5着以内
  3. クラシック4月前半:皐月賞(G1)で5着以内
  4. クラシック5月後半:日本ダービー(G1)で5着以内
  5. クラシック10月後半:菊花賞(G1)に出走
  6. ニア3月後半:大阪杯(G1)で3着以内
  7. ニア6月後半:宝塚記念(G1)で3着以内
  8. ニア10月後半:天皇賞(秋)(G1)で3着以内
  9. ニア11月後半:ジャパンカップ(G1)で1着
    1. 特定条件で選択分岐】シニア12月後半:有馬記念(G1)で1着

概要

レース出走NPCとしては初期実装されていたが、育成実装まではかなり長いこと待たされ、実に1年2ヶ以上経った2022年5月日本ダービーに合わせて3[オールタイムフィーバーとして実装ゲームの配信開始当初からレース実装されていたウマ娘では一番最後の育成実装となった。

後述のNPC出走時・「アオハル杯」でのチーム加入時とは適性が変わり、低かった長距離適性がCまで引き上げられ(史実では日本ダービーを最後に引退したので2500m以上は一度も走っていないが、シーホーク天皇賞(春)勝ち2頭を輩出するなどステイヤー種牡馬だったので、ifの可性を考慮した設定としては妥当なところだろう)、継承なしでもステータス次第で勝てなくはない範囲になった。その代わり先行適性が下がっているが、基本は逃げでの育成になるので問題はないだろう。

固有スキルは基本的には「残り300mで速度が上がる」ものだが、「ちょうど坂を登りきったところだった場合はすごく上がる」という特殊な条件がついている。この条件に合致するのは即ち東京レース。つまり府中特効固有スキルである。所持スキルも初登場の中距離デバフ兼用速度レアスキル荒ぶる旋」があるため、まさしく府中の中距離で使えと言わんばかりの性G1では日本ダービーオークス天皇賞(秋)ジャパンカップが該当する。
施行距離が違っても最終直線は同じなので、「荒ぶる旋」が使えないことにを瞑れば、NHKマイルカップ安田記念ヴィクトリアマイル府中マイルでも活躍できる。

ウマ娘ストーリーと育成シナリオの前半は、とあるトレーナーウマ娘喧嘩別れをの当たりにしてからウマ娘人生を預かることの重さに込みしていた頼りない新人トレーナーアイネスが「おちゃん」として積極的に手を引きながら、日本ダービーす。後半では逆に庭の問題で揺らぐアイネストレーナーが支え、一緒に走る意味を見つけていく物語となっていく。

シナリオの特殊仕様として、標外のクラシック有馬記念に出走すると、標8のシニア天皇賞(秋)を突破したあとに、最終標を「ジャパンカップ」と「有馬記念」のどちらにするか決める選択肢が出現するクラシック有馬記念に出走しなかった場合は自動的にジャパンカップが最終標となる)。
ジャパンカップでは特にライバルとの対決がないのに対し、有馬記念ではライアンに加えて引退を1年延長したオグリキャップとの再戦が待っており、レース後のイベントもこっちの方が長め。クラシック菊花賞後のイベントプレイヤー有馬記念出走へ誘導するような引きもあるので、有馬記念ルートトゥルーエンドのような雰囲気である(育成終了時のエンディングが変化したりするわけではないが)。

ちなみに標の菊花賞と、標外だが隠しイベントがある天皇賞(春)では固定出走するメジロマックイーン回復スキル持ちで相当に手強い菊花賞は「出走」なので何着でも大丈夫ではあるが、春天ともども勝ちに行くならスタミナ強化やスキルの確保はしっかりしておきたい。
また上述のクラシック有馬記念オグリキャップがかなりの強敵で、生半可な育成では返り討ちに遭う。

固有二つ名はその名の通りの「風神」。条件は「作戦逃げ」で朝日杯FS皐月賞日本ダービージャパンC(シニア級)を勝利し、基礎スピード]と[根性]がそれぞれ1200以上になる」。史実の勝ち朝日杯FS日本ダービーだけなので、史実を越える活躍がめられる。とはいえ上述の長距離戦は定されていないので勝利条件自体は楽。スピード・根性カンストもともに+15%の成長率補正があるので根性育成をすればそう難しくないだろうが、アイネスフウジンの育成にはSSRアイネスフウジンが使えない点には注意。

特殊実況は当然ながら日本ダービー皐月賞を敗れた上でダービー1着が条件のようだが、ダービーを勝てるステータスだと皐月賞を負ける方が難しいかもしれない。ハクタイセイがいればなあ……。

他のウマ娘の育成シナリオでは、同期メジロライアンシナリオにて前半(日本ダービーまで)のライバルとして登場する。ライアンシナリオの最初の標であるジュニアカップを突破すると、彼女も同日の別レース勝利してライアンへ挑戦状を叩きつけ[※1]皐月賞ダービーライアンと鎬を削ることになる。ダービー以降は物語ライバルマックイーンに移行し彼女は登場しなくなるが、シニア級のクリスマスで再び登場し、史実同様に故障してしまったようで、温泉で療養していることがさらっとられている。

また、NPCとしてレースに登場すると、序盤から先頭に立って逃げるため、プレイ中は何かとにつきやすい。特に自身の勝ちであるダービーでは、最大の強敵となるライアンシナリオではもちろんのこと、他の育成シナリオでも高い確率で出走して好走する強敵として立ち塞がる。

※1…この場面、当初は勝負服着用だったので史実の勝ちにあたる朝日杯FSかと思われたが、体操服アプデ実装以降はゼッケン体操服になった。史実でライアンジュニアカップと同日にアイネスが出たレースく、時期の近いG3共同通信杯ウマ番やゼッケンの色が合わないので、史実の特定レースを元にしているわけではないものと思われる。

アオハル杯

アオハル杯」にてサポートカードもしくはランダムチームメイトとして加入した場合、適性が初期実装されていたNPCとしてのもののマイナーチェンジとなっているため、育成版とはいろいろ異なる。また、適性の差異から作戦初期設定が「先行」になっているアオハル杯だと脚質複数Aの場合は一貫して後方優先になる)。

バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F A A E
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A A G G
ウマ娘テンプレートボックス

育成ライバルとしてのNPC出走時は基本的に、長距離がE→F、先行がA→Bに変わり、逃げでの出走となる。

こちらでは「SSRサポートカード勝負服実装済みの場合は勝負服仲間となりレースに出られる」という仕様となっている。これにより、プレイアブルに先駆け丁度5人メインライブが追加されたこともあって「逃げ切り☆シスターズ」が全員勝負服ったライブが楽しめるようになった。(歌唱対ではないのが残念だが)

ただし、ライブ出演するのはチームレースで言うところのエースに設定してあるキャラなので、短距離〜長距離ダートの各エース逃げシス全員えた上でアオハル杯決勝を勝利する必要がある。
逃げシスは各方面にバラけてはいるのだが、長距離で対応できるのが適正Bのミホノブルボンのみとなっている。また、現状ではマルゼンスキーのみSSR実装されていないのでこれをできるのは必然的にマルゼンスキー育成になり、フレンド込みでも4人分のSSRサポートカードが必要となるのも資金的な面でもなかなかに面倒である。(汎用ライブでいいならRやSRで良いのでその限りではないが)

サポートカードを編成していなくてもチームに加入してくれることはあるが、確率はかなり低め。入ってくれるとマイルと中距離のどちらでも対応できるため、特にやや手薄になりやすいマイル担当としてありがたい存在になる。

前述の通り作戦初期設定では「先行」になっているので、逃げで運用したい場合は作戦の変更を忘れずに。

サポートカード

共通のトレーニング取得スキルでは、「遊びはおしまいっ!」(すぐ後ろにウマ娘が長くいると速度がわずかに上がる)と、マイルデバフスキルスピードイーターレース中盤に先頭にいると後ろの速度をわずかに奪う)につく。

「遊びはおしまいっ!」と、対になる効果の「スリップストリーム」の両方を持っており、これらは較的重なスキルである(アオハル杯クライマックスヒント入手システムだと手に入らないのが大きい)ため、距離・脚質を問わず有効なヒント要員となりうる資質がある。

SSR[飛び出せ、キラメケ]

R[トレセン学園]とともに初期実装友情トレーニングは根性。

スキルじゃじゃウマ娘」は「勢い任せ」の上位スキルにあたる「上り坂で疲れにくくなる」という非常に重な逃げ回復スキルなので(大抵のコースには坂があるので要なレースでは発動条件も問題なく満たせる)、基本はマヤノトップガンミホノブルボンといった長距離レース標にある逃げウマ娘の育成に適している。ただし不確定なのであげません!される場合あり。またSSRマヤノトップガンが確定でくれるようになってしまったのでこの点の優位性は薄れてしまった。

ヒント発生率・ヒントLvアップをともに備えており、所持スキル総数が少ないため、同じスキルヒントを複数回貰うチャンスが多く、スキルを格安で取得しやすいのも魅。「スピードイーター」当てにマイル用の逃げウマ娘サイレンススズカダイワスカーレットなど)に使う手もありか。

また友情ボーナス20%やる気効果アップ30%トレーニング効果アップ15%と種類を問わないトレーニング補助性が非常に優秀で、根性版キタサンブラックの異名を持つ。
レベル45から得意率40がつき、レベル50になると得意率80となり根性トレーニングに集まりがちになるため、根性が重視されなかった1周年以前は、得意率を上げずに根性以外のトレーニングに散ってもらって効果を底上げしてもらう「レベル44止めアイネスフウジン」なる使用法も考案された。自分で使うと徐々に経験値が貯まってしまうため、自分で使うならレベル40で止めるか、あるいはレンタルで使うのが前提になったが……。

根性にテコ入れが入り根性育成が見直された1周年以降では、その圧倒的な得意率とトレーニング武器に根性育成のキーカードの1枚として大きく価値が上がり、根性育成においては鉄板サポカの1枚となっている。根性育成以外でも、逃げ育成時には非常に有用な1枚。

デメリットは連続イベントが3回とも体-10が入ること。デッキに入れる際は体管理に注意したい。

SR[頑張るキミに!]

2022年2月8日ガチャ実装実質サービス開始以来約1年ぶりの公式アイネス供給である。友情トレーニングは賢さ。リニューアルプロフィールから消えた「タフネスバー」設定が復活した。

連続イベント1で体最大値+4かやる気+2、連続イベント2で「中距離直線○」「シンシー」or「根幹距離◯」「押し切り準備」を選択できる。

トレーニングはそれほど見るべきところはないが、こちらも得意率65という高い得意率を誇り、優秀な所持スキル活用するヒント発生率・ヒントLvアップSSR同様備。レースボーナスも固有のみだが持っているので、逃げ育成時の賢さとして有用な1枚と言えるだろう。

レジェンドレース

レジェンドレースでは、まだレジェンドでは登場していないが、2021年5月東京優駿(日本ダービー)HARDvsトウカイテイオーと、2021年9月朝日杯フューチュリティステークスHARDvsマルゼンスキーおよびvsミホノブルボンにその他ネームドで登場している。

vsトウカイテイオーでは、テイオーの前年のダービーウマ娘として、翌年のミホノブルボンとともに出走し、一部ではテイオーより強くね?と言われたりした。

vsマルゼンスキーに登場したのは、逃げシス仲間……ではなく、おそらく史実の朝日杯3歳Sマルゼンスキーに並ぶレコードタイムを出しているため。設定はいつも通り逃げだが、マルゼンスキーが「先駆け」+「マイルの支配者」でまず確実に先手を取るため、実質的には先行のスペシャルウィークとそんなに変わらない位置で走っていた。

vsミホノブルボンには、やはり逃げシス仲間……ではなくブルボンの2年前の朝日杯3歳S勝者として翌年の2着であるビワハヤヒデとともに出走ブルボンの前年、90年の朝日杯3歳S出走ウマ娘化されていない)。やっぱりブルボンが確実に先手を取るため先行に近い位置で走っていた。

メインストーリー

メインストーリーは第1章の役が同期メジロマックイーンではあるが、史実でマックイーンが重賞戦線に出てきたのはアイネス引退した後であり、メインストーリー物語彼女が勝った日本ダービーより後オグリキャップ引退レースとなった1990年有馬記念から始まるため、直接の出番はない。

ウイニングチケット役の第3章では、歴代のダービーウマ娘チケゾーと同じ、クラシック三冠のうち日本ダービーだけを勝利したウマ娘津田健次郎ナレーションとともに紹介されるが、その一番手としてアイネスフウジン1990年日本ダービー紹介された。

その日、20万人もの大観客が見つめる中、ゲートは開いた。

ダービー逃げて勝つのは難しい。
しかし、桃色勝負服の君は自分のやり方を変えたりしない。

他を出し抜いてやろう、なんて逃げじゃない。
臨んだのはハイペースな消耗戦。

迫るライバルを振り切ってゴールを駆け抜けた時、
全てを出し尽くした体には
ただの1歩分の気力も残っていなかった。

それは君の勝利のための、たった1つの冴えたやり方。

勝者の名は、アイネスフウジン

その日、府中のターフにき渡った歓
全てのファン裏に今もなおき渡っている――

また、シナリオ内のレースパートダービー」に、同じくナレーション紹介されたウオッカアドマイヤベガエイシンフラッシュとともに出走している。

関連ウマ娘

メジロライアン個別記事
ルームメイトで仲の良い友人アイネスは「ライアンちゃん」と呼んでいる。庶民とお嬢様の組み合わせだが気兼ねなく付き合い、ライアンアイネスの買い出しを手伝ったりしている。ただ前述の通り、アイネスの方からはややコンプレックスが垣間見える部分も。モチーフ同期ライバル
メジロマックイーン個別記事
ライアンを介した友人アイネスは「マックイーンちゃん」と呼んでいる。野球場バイトもしているためマックイーンがこっそり野球観戦を楽しんでいることに気付いているが、気付いてないことにしてあげている(元は漫画うまよんでのネタだが、ゲームでも設定として採用)。モチーフ同期だが、マックイーンが重賞戦線に出てきたのは菊花賞からのため、ダービーを最後に引退したアイネスとは対戦機会はかった。
スマートファルコン個別記事
サイレンススズカ個別記事
ミホノブルボン個別記事
マルゼンスキー個別記事
逃げ切り☆シスターズ」のメンバー仲間モチーフは同じ逃げたちで、マルゼン以外はアイネスより後の世代。アイネス朝日杯3歳S(現:朝日杯FS)でマルゼンスキーレコードタイ記録しており、またブルボンは数少ないダービー逃げ切り勝ちした同士。
たち
年の離れた双子アイネスからは「スーちゃん」「ルーちゃん」と呼ばれている。競走馬アイネスフウジンの半(異)で、(アドマイヤベガメジロアルダンなどの例が示すように)極めてしい双子競走馬として知られたリアルポルクス・リアルカストール兄弟モチーフと思われる。
彼らが共に2戦0勝という戦績だった(事に生まれてちゃんと育ってデビューできただけでも凄いのだが)のもあってか、育成シナリオにおいては当初レースではなくダンス教室に通っていたが後にレース教室に通うようになる。
後輩ウマ娘
ゲームの育成シナリオでシニア級を終えたところで発生するイベントキミ」に登場。アイネスに憧れて一緒にトレーニングに励み、芝のレース逃げで挑むが9着に敗れ、その後ダートで差し切り勝ちしたことがられている。アイネスフウジンの代表産駒で、デビュー戦は芝で9着に敗れ、その後ダートに転向して2000年帝王賞東京大賞典を制するなど重賞9勝を挙げたダートの名ファストフレンドモチーフと思われる。

史実

これが競馬

騎手は技術の限りを尽くし
絶妙なペース配分と隙のないコース取りを試みた

は豊かなスピードとありったけの勝負根性で
後続を完封してみせた

これが、これこそが競馬

そして19万をす観衆は
全身全霊をかけたその戦いに惜しみない称賛を送るのだった

JRA「名馬の肖像」アイネスフウジンexit

第57代日本ダービー日本競馬史上最多動員となる19万6517人の「ナカノコールに迎えられ、競馬スポーツになった間を生み出した

1987年まれのシーホークテスコパールテスコボーイの頃から大食いで、デビューする頃には500kgをえる立体に育っていた。

騎手中野栄治。競馬界では美しい騎乗フォームを評価されていたが過去に大きな勝ちはく、しかも当時は減量苦に加えて気帯び事故報道されて信用を失い、ど騎乗できずに腐っているような状況だったが、加藤調教師に見込まれて素質を託された。

2歳9月デビュー当時は体ができあがっておらず、中野理に勝ちにいかずに2着2回の後3戦未勝利戦を突破。続く朝日杯3歳S(現:朝日杯FS)ではマルゼンスキーに並ぶレコードタイム勝利し、一躍クラシックの有補となる。

G3共同通信杯1着、G2弥生賞4着の後、皐月賞ではスタートで不利を受けて予定外の2番手追走となり、ハクタイセイに差されて2着に敗れた。中野は降を覚悟したが加藤師は続投を宣言。迎えた東京優駿(日本ダービー)では3番人気となって中野噛みさせるが、レースでは会心のハイペース逃げで後続を抑えきり、2分253のダービーレコードで快勝。競馬ブーム中、20万人に上ろうかという観衆は万の「ナカノコールで人を称えた。勝利騎手へのコールはこれが起と言われ、ファン競馬の楽しみ方がギャンブルからスポーツに変わった日本競馬の大きな転換点とも言われている。

レース後のアイネスフウジンは自分から立ち止まってしまうほど消耗しており、療養しても脚部不安が残ることからダービーを最後に現役を引退種牡馬としては今一つの結果であったが、交流ダートG1を2勝した名ファストフレンドを輩出した。2004年4月5日、腸捻転のため死亡17歳没。

アイネスフウジンが残したダービーレコード東京競馬場修まで不滅のレコードとして残り(途中1999年アドマイヤベガレコードタイ記録)、彼が立った2004年キングカメハメハ更新されている。

詳細は当該記事へ→アイネスフウジン

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%B3%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイネスフウジン(ウマ娘)

248 ななしのよっしん
2022/05/17(火) 09:18:23 ID: /O9efJD2c8
勝利ポーズほんとすき(ジェノサイドカッター)
249 ななしのよっしん
2022/05/17(火) 17:08:33 ID: j+rfG09rMm
フーちゃんの私服インナー?が
1、Tシャツアンダーアーマーインしてる
2、ターボのレーシングスーツみたいな上下一体
3、まさかのボディストキング
なのかを明らかにするために々はヒシアマゾン地に向かった
250 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 00:13:29 ID: 4FbwmCQ4g6
ガチ府中専用機な構成やな
マツリダゴッホあたりがウマ娘になったら
がつくほど中山特化になりそう
251 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 06:57:24 ID: G38mnr5bGr
>>247
イベントのはライブシアターで選択できる衣装の1つやな
252 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 22:26:58 ID: iADZnbLAD2
高等部相当の勉学に励んでついでに爆逃げコンビの面倒も見つつ、
歌とダンス覚えて逃げシスとしての活動もやって、
様々なトレーニングを重ねて全レース走ってその後はウイニングライブもして、
その合間にはバイトや内職で稼いで家族へ仕送りをしてる

…設定的に予測はできたけどめて見るとやばいな
253 ななしのよっしん
2022/05/19(木) 06:27:56 ID: +2jhsNZVks
Winning the soul歌唱対応はよ
切実にはよはよ
254 ななしのよっしん
2022/05/20(金) 13:27:31 ID: ZsJbnYcWJs
よく考えると寮暮らししてるのにうまよんアニメでは何故スーパータイムセールに…?
それなりにいるみたいだから弁当/自炊なのかとも思ったがでもカフェテリア条件で無料なんだからアイネス的にはそっち使うだろうし…。
トレーナー用か…?
255 ななしのよっしん
2022/05/20(金) 13:37:59 ID: vAufve06N1
家族用じゃないの(適当)
256 ななしのよっしん
2022/05/21(土) 12:19:02 ID: gph5HUzpEc
を伸ばして揺らすのかわいいいいいいいい
257 ななしのよっしん
2022/05/22(日) 18:46:07 ID: nuctbgfJ1k
>>256
わかる
あの動作を見るたびにガチ恋しそうになる