エルコンドルパサー(ウマ娘)単語

エルコンドルパサーデース
7.3千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

エルコンドルパサー翔ぶが如くに入・場・デェェェス!」

エルコンドルパサー

エルコンドルパサー(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬エルコンドルパサーモチーフとするウマ娘である。 CV:髙橋ミナミ

概要

誕生日3月17日 身長163cm 体重:微増(筋トレ効果) スリーサイズ:B89・W58・H86

アメリカからやってきた、とても明るくエネルギッシュなウマ娘トレードマークであるマスクから譲り受けた大切な物。 内緒でペットを飼っており、ルームメイトを困らせている。好きな物は格闘技観戦と激辛料理

ウマ娘プリティダービー公式サイトexitより

マスクとコート勝負服が印的。プロレスメキシコ的に言うとルチャ)を何より好し、アメリカ帰りだがスペイン語交じりで語尾に「デース」口調である。時に暑苦しいほどの情熱と闘争心の持ち
なお、外国語混じりだったりデースだったりするだけで、それを除くと普通日本語が堪である。

マンボ」という名のを飼っており、ゲームG1勝利したときなどに見ることができる。本人は「コンドル」と言っているがどう見てもトレセン学園の寮はペット禁止だが、ルームメイトグラスワンダーは黙ってくれている。名前は実キングマンボが由来と思われる。その父親マスクマンメキシコっぽいような感じがしないでもないが、WWEで活躍しているのだろう、多分。

実は普段の快活な言動は全て「演じている」ものであり、強い自分であろうとするであるマスクを外すと弱気な本心が顔を覗かせ、幼さの残る少女のようになる。滅多なことではさない姿であり、にするのは劇中では今のところ(家族以外に)グラスワンダーと担当トレーナーに限られる。

アニメでの活躍

主人公スペシャルウィーククラスメイトとして登場。持ち前の明るさでスペシャルウィークと打ち解ける。
学園最強チーム「リギル」の入団テストスペシャルウィークが受けるといった時は、彼女テストを受けることを打ち明け、ライバルであると宣言した。そのテストでは有言実行とばかりに見事1着を獲り、正式にチーム「リギル」の一員となる。

アニメ1期ではいくつか史実と異なる内訳のレースがあるが、そのを最も強く受けており、物語におけるライバルキャラとしての立場が強くなっている。

まず、デビューして順当に頭を表したエル日本ダービーへの出走を表明。史実では当時の規則上外国産馬に出走資格がなかったのだが、元々基準が現代なうえにではないウマ娘世界なら問題ないのももっともである。
そしてスペとの闘の末に、両者同着の1着という形での決着を迎える(なお、現実競馬においても同着という概念はかなりのレアケースながら存在はする)。

続いては史実通り、毎日王冠グラスワンダーと共にスズカと対決するが、その規格外の走りの前に初の敗北を喫する。
そしてその後、史実ではダービー同様出走資格がなかった天皇賞(秋)に出走。史実の勝ちオフサイドトラップに代わり、虚しさを残した勝利を手に入れる役を与えられる(オフサイドトラップとは馬主が同じという繋がりが一応ある)。
以降は史実通り、ジャパンカップでスペに勝してフランスへ遠征、凱旋門賞でブロワイエに僅差で敗れ、む。
日本に戻った翌年、ブロワイエが出走を表明したジャパンカップ。それを迎え撃つスペは、ブロワイエに「いい勝負をしましょう」と挨拶するため、フランス経験者のエルに教えを請うが、その結果……

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:エル☆Número 1

ステータス(2)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
85 76 80 93 91
バ場適性
ダート
A B
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F A A B
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
E A A C
成長率
固有スキル『熱血アミーゴ』⇒
プランチャガナドール(3~)』
最終直線で余を持って前にいるとわずかに優位を保ちやすくなる
3以上の場合、「より優位を保ちやすくなる」に変化
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:ククルカン・モンク

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
100 75 91 97 87
成長率
固有スキルコンドル猛撃波』
最終コーナーで中団から前を狙う時を燃え滾らせて加速を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー(マイル)に出走
  2. クラシック2月前半:共同通信杯(G3マイル)で5着以内
  3. クラシック5月前半:NHKマイルC(G1マイル)で5着以内
  4. クラシック5月後半:日本ダービー(G1・中距離)で5着以内
  5. クラシック10月前半:毎日王冠(G2マイル)で3着以内
  6. ニア6月後半:宝塚記念(G1・中距離)で1着
  7. ニア11月後半:ジャパンC(G1・中距離)で1着
  8. ニア12月後半:有馬記念(G1・長距離)で1着

概要

育成では2で初期実装3への才で固有衣装になり、いつものコートになる。
7月ファンタジーRPGモンクウマネスト衣装実装され、そちらは3として実装

史実での馬場も問わない実績を反映した万な適性がを引く。
特にダートBが重で、2以下では随一の戦となるためチームレースではもっぱらダート要員として使われがち。史実では初期にダートを走っていただけで本人の活躍は全に芝なのに……

距離適性が最低レベルハルウララ距離は問題ないが有馬記念出走の都合で2年とも挑戦不可能になるオグリキャップに代わり、中距離適性の修正が較的容易なタイキシャトルと並んで東京大賞典勝利を狙える重な人材である。ただしエル宝塚記念出走の都合で帝王賞を取れないため、全ダート重賞単独制覇は残念ながらできない。シニア三冠レースに入らないオグリキャップや、ダートG1を満遍なく走るスマートファルコンといったニア三冠レースに出場しないダートウマ娘で狙おう。

レースは、NHKマイルカップから連闘になる日本ダービーが正念場。ここさえ乗り切れば、1着定こそ多いが時期的な猶予の長い設定になっている。長い猶予ターントレーニングに回すのもありだが、そのまま育成レースのみを走ると三冠を取ることができないため、ファン数稼ぎ+三冠狙いの場合は標外レースも走る必要がある。
終盤は中距離中心なうえに適性Bの長距離レースである有馬記念にも勝つ必要があるので、チームレースダート(=マイル)要員として育成する際にはスタミナを削りすぎないようにする必要がある。

初期版は固有スキルの発動条件が「最終直線で」「一定のスタミナが残った状態で」「2番手以内」であることで、極く順位の条件を満たしたいので差しとの相性は良くなく、スキル構成からも先行・中距離に特化しているのが明である。距離が長すぎると、先頭で最終直線に入ったのにスタミナの方が足りずに不発という場合も。
また、この固有スキル速度と加速の両方に効果があるスキルであることから、終盤の大半を最終直線が占めるコース構成であるチャンピオンズミティング・キャンサー杯(東京1600)では、「中盤の速度スキルやり逃げウマに追いつきつつ条件を満たし、終盤々に発動することで最大限の効果を発揮した固有スキルで勝ち切る」構築のエルが流行した。距離特化と言ったがあれは嘘だ

ウマネスト衣装では一転して差し・マイル特化となる。
覚醒レベルで「脚」と「昇り」を獲得でき、固有スキルも発動タイミングが最終コーナー、かつそれ以降で重要となる加速を上げるため終盤で一気に差しに行くスキル構成になりやすい。作戦の都合で中団にいることが有利に働く差しならば思いの外簡単に発動できることが多い。
ただ、固有スキルは「最終コーナーが中盤のうちに来るコース」だと発動がすぎるおそれがあり、つまり前述した(マイルG1戦場である)東京1600や阪神1600と相性が悪い……と、通常版共々スキルと固有スキルの適性が噛み合っていないところがある。

なお、史実通りに進むとクラシック級限りで海外立ってしまうため、毎日王冠スズカと対決したことで自信を喪失、海外進出を断念し、そこから時間をかけて再起して翌年ジャパンカップに臨む筋書き(史実の1年を2年に引き伸ばしたような形)になっている。
一方、スペシャルウィーク主人公を務めるメインストーリー最終章では史実通り(ダービーに参戦したりすることもなく)フランス遠征を行うさまが描写される。

固有二つ名怪鳥」の取得条件は「全レースで2着以内かつ、作戦「先行」でジャパンC(クラシック級)で勝利し、ファン数が320000人以上になる」というもの。全レースで3着以下になってはならず、ファン数稼ぎも行しなくてはならないと厳しめ。しかし元の適性のおかげで出走できるGIレースの数は多く(日本ダービー含め、史実では望めなかったクラシック三冠も狙える)、適性Bの長距離も1着定のレース1つのみなので、マイル・中距離軸に全勝狙いとファン数稼ぎができてしまえば取得は難しくない。他のウマ娘に多い作戦定はクラシックジャパンカップのみだし通常版ならそもそも先行から変える理由がないが、差し特化であるウマネスト衣装だと得意の戦術を捨てる必要があり注意を要する。

サポートカード

共通R[トレセン学園]に加えて、SSR[パッションチャンピオーナ!]が初期実装友情トレーニングパワー

育成通常版同様、所持スキルは中距離・先行向けで豊富。汎用性の高いスキルである「晴れの日○」と「根幹距離○」まで持っており、ラインナップは優良。

共通イベントでも「晴れの日○」が取れたり、SSR連続イベントは途中で体+30できたりと優良。
レアスキルは、通常版で持っている「テンポアップ」上位の「キラーチューン」を確定入手でき、中盤の位置取りが評価されるようになった現環境では欲しい場面も多い。
しかし、上限解放が進まないとトレーニングが低いのが難点で、初期はさらに中盤スキルの評価が低く、研究が進んだら今度は逃げ育成においてパワーサポート不採用の構築が流になって先行以外で使いにくくなったり、パワーにも強ライバルが健在だったり、序盤・終盤でのポジション争いに根性が重要になると同時に根性も上げられるスタミナサポートの方が採用される……等で逆気味である。
もっとも、逆に最大レベルならトレーニング効果10%やる気効果40%の共存と高めの友情トレーニングを併せ持ち、レースボーナスも10%と、需要の高いサポート効果を高準で備えている。SSRキタサンブラックの復刻PUにおいて共にPUされたのもで、そこでエルばかり出てしまったトレーナーにも引いて損はなかったと言わせられる機会はあるだろう。

楽曲

L's Surprise!!
作詞エリカ 作曲太田之 編曲板垣祐介
CDSTARTING GATE 05」収録。

史実

98年 ジャパンカップ

エルコンドルパサー
戦のライバルたち。

らは、
ひとりでは強くなれない。

エルコンドルパサーは、1995年まれの競走馬。しかし、馬主日本人であり、日本レースをしにやってくることになった。

KingmamboMr. Prospector)、Sadler's Wellsと、欧系の良血。は後年大種牡馬として名を馳せることになるが、その先をつけた初年度産駒が彼となる。馬主の意向によってかなり強めで複雑なインブリード配合が行われているのが特徴的。

ちなみに、彼の名前の由来は民族音楽コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)」であり、メキシコとは特に関係ない

2(3)歳11月ダートデビューし、新馬戦から7身差の圧勝。3戦まではダートを走るが(3戦共同通信杯で芝に挑む予定が、降のためダートコースに変更されるという事があった)、以降は芝に乗り換え、当時の外国産馬王道路線と言えるNHKマイルカップへ出走(この年代はクラシック三冠外国産馬解放されていなかった。三冠全て解放されるのは2002年)。この時、ライバルになると見られていた2歳チャンピオングラスワンダー折で戦線離脱しており、彼は一番人気に応えて璧な勝利をしてみせた。

そして毎日王冠。これはGIIレースにもかかわらず、サイレンススズカグラスワンダーが彼と直接対決する舞台として、異様な熱気の中で行われた。NHKマイルカップまでは的場均が騎乗していたが、的場騎手のもう1頭のお手であるグラスワンダー毎日王冠で復帰した為、この毎日王冠以降は蛯名正義が手綱を握る事となった。「逃げて差す」サイレンススズカには届かなかったものの、グラスワンダーを抑えてみせたことで外国産馬ナンバーワンの評判を揺るぎないものとした彼は、ジャパンカップに挑戦。この年のダービーであるスペシャルウィークをチギってみせたことで、世代の最強と評されることになった。

翌年、念願の海外遠征をスタートシーズンを通して海外に滞在しつつレースに挑戦するというしい手法をとった甲斐もありGⅡフォワ賞、そしてフランスGⅠサンクルー大賞典を制覇、頂点の凱旋門賞に挑んだ。惜しくもアイリッシュダービーモンジューに敗れ2着となったが、現地メディアからの絶賛「今年の凱旋門賞勝利が二頭いた」と称されるほど実では互以上だったと評されることになった。海外での戦績は4戦でGⅠ1勝・2着2回、GⅡ1勝。しかもサンクルー大賞は2身半の圧勝、GⅠ2着もほぼ差がいという申し分ない結果だった。

この活躍が認められ、この年一度も日本で走っていないにもかかわらず、この年の年度代表馬に選出された。
結局日本で再び走ることはなく凱旋門賞を以て引退。11戦8勝、生涯連対を達成。高い期待の中で種牡馬入りし、その期待を裏切らずダートGI/JpnI9勝のヴァーミリアンを筆頭に3頭のGIをわずか3年で輩出したが、2002年(7歳時)に腸捻転で逝してしまった。
2022年現在系はヴァーミリアン産駒のノブワイルド種牡馬入りして繋いでいる。としてはクリプレーズのでありGⅠ2勝した(エリザベス女王杯宝塚記念)マリアライト(ディープインパクト)のオーソクレーストルコ種牡馬入りが発表。海外に活路を見出している。

2014年海外での活躍が評価されJRA顕彰馬として選出される。外国産馬としてマルゼンスキータイキシャトルに続く快挙であり2021年時点で最後の外産の顕彰馬でもある。これを以てエルコンドルパサーを「世代最強」とするは大きい。
一方、海外路線を選んだ都合上グラスワンダースペシャルウィークとの対決が1回きりで、各々が活躍を見せた古時代の対決が実現しなかったのが、世代最強論争を混迷させる大きな要因となる。「ひとりでは強くなれない」というキャッチコピー、同世代の中では一番似合わないような……。

詳細は当該記事へ→エルコンドルパサー

関連動画

年度代表馬について

年度代表馬とは、中央競馬における活躍を称える為に設けられている、「JRA賞」の中でも最高峰の賞である。ウマ娘でも「年度代表ウマ娘」という名称で登場している。
前述の通り、1999年フランスでの活躍が認められ、同年の年度代表馬に選出されたが、この時の選考が物議を醸し、選考方法が変更される程のが出た。
選出に至る経緯・年度代表馬歴史・選考方法など、簡単なゆっくり解説動画があるので、参考にして欲しい。

エルコンドルパサーの場合、この事が尾を引いたのか後の2014年顕彰馬選出においてもがあったとされる。とはいえ、98年世代一の選出であり最強とされたスペシャルウィークグラスワンダーという二大巨頭に競り勝った、海外で最も権威あるレース優勝と同格と地元からの賞、日本世界レベルに引き上げたという実績は間違いなく彼が名たらんとする事には異論の余地はないだろう。

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B5%E3%83%BC%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エルコンドルパサー(ウマ娘)

260 ななしのよっしん
2022/02/15(火) 18:02:48 ID: ttdoNLOr0t
>>259
2パサーならダート適性BのままとかじゃなければJDDで苦戦する要素は特にかった様な気がするが最近逃げAパサーしか育成してないから参考にならんかも
モンク版は持ってないから分からん
261 ななしのよっしん
2022/02/15(火) 18:04:29 ID: m7uLuOqbl9
クラシック期はどうしても賢さやスタミナに不安を抱えがちではあるけど、レースじゃないから多分強いライバルキャラは居ないよね?
これといって落とし穴みたいなのはいかなぁ。順当に因子やサポカを強くして育成頑ってくらいしか言えない
262 ななしのよっしん
2022/02/15(火) 21:19:52 ID: 2arwjtoSl2
元のエピソードが少なめなのと同期、近い世代がもう実装済みで今後の話題出番がちょっと不安

凱旋門賞が追加されて他の子みたいにifえてストーリー完成させれるのだがはたして
263 ななしのよっしん
2022/02/19(土) 22:17:02 ID: UVoRUYDafc
>>260
>>261
単に運が足りないだけか……。
まあ頑ってみるわ、サンクス

つべでとある芸人さんが言ってたが、98年のダービーってウンスキングが撃沈してスペ圧勝だったから、エルコンねじ込まなきゃアニメ的に盛り上がらなかったんじゃないかって考察なるほどと思った。
264 ななしのよっしん
2022/03/02(水) 21:21:57 ID: jQh5JzfntA
距離ダートAにしてトロフィー稼ぎまくったいい思い出
ただオグリキャップ上位互換になってるからオグリ手に入るとあんま使わないな
固有&レア明らかに強すぎるから
オグリ使ってるだけでまじバンバン一位とるくらい強いし
265 ななしのよっしん
2022/04/04(月) 23:07:19 ID: Wdr2TFc3zG
もし今後欧州レースが来て、適正に欧州芝とかが増えたらタイキと並んでA適正になりそうな筆頭。
あとはまだ来てないけどシーキングザパールとかもかな。
266 ななしのよっしん
2022/04/11(月) 21:24:33 ID: l0Rgs97MzB
エルキャラソンめっちゃいやしいだな
267 ななしのよっしん
2022/04/23(土) 00:04:26 ID: gsz+A9ITMv
>>262
種牡馬としても名を送り出しているから、クラブ実装が難しそうな息子ヴァーミリアンの代役として出番はあるんじゃないだろうか。
ヴァーミリアンいたダート路線は強ライバル達がしのぎを削っていた時代だから、ここに出られればおいしい。
268 ななしのよっしん
2022/05/08(日) 02:28:49 ID: 2arwjtoSl2
グラスに「エル。凱旋門獲りなさい」て言ってもらって出走するシーンく見たいんだが?
269 ななしのよっしん
2022/05/08(日) 02:32:31 ID: QWxIYqJwOb
エルの凱旋門…イベントか、もしくは、メインストーリー
いずれかでもいいからアプリでも見てみたいね

急上昇ワード改