サトノダイヤモンド(ウマ娘)単語

サトイモ
7.7千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

「みんなが私の勝利を信じてる。だからダイヤは、きます!」

サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターである。

実在競走馬サトノダイヤモンド」をモチーフとするウマ娘である。 CV.立花日菜

概要(アニメ)

純情可憐なお嬢様
柔らかな言動に反して、精は頑固。
メジロマックイーンの大ファンで出走するレースは必ず応援に駆けつけている。
キタサンブラックとは友でありライバルであるとも思っている。

CHARACTER//TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式サイトexit

キタサンブラックと共にアニメSeason2に登場。

1話で初登場。キタサンブラックトレセン学園オープンキャンパスに訪れ、憧れのメジロマックイーンと遭遇。その後もキタサンブラック行動を共にし、お互い推しが勝てば大歓喜、負ければむというのが一連の流れ。テイオーとマックイーンが直接対決する天皇賞(春)の前には入場列の最前でレジャーシートを広げ、キタサンブラックお茶を入れたりと、仲まじい関係。

概要

誕生日1月30日 身長158cm 体重:増減なしですよ? スリーサイズ:B87・W54・H84

ある資産に生まれ、情たっぷりに育てられた入りウマ娘
そのためか、世間知らずな一面を覗かせることも。
素直でおっとりお嬢様然としているが、その内側にはダイヤモンド級の意志の強さが秘められている。
ジンクスを破り、家族えるため、今日彼女は挑戦する。

サトノダイヤモンド|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

随分と

トレセン学園入学後。アニメ放映中はアニメ側の公式サイトにしか記載がなかったが、ゲームでの実装に合わせて公式ポータルサイトに追加された。
お嬢様という設定は上記の通りアニメでも見られており、キタサンブラックべるとアニメイメージから変化した部分は少ない。身体的にはどちらも同じくらい成長しているが。

勝負服お嬢様然としたドレスで、アグネスタキオンに匹敵する萌え袖を持つ。

実家大企業「サトノグループ」で、慈善としても知られている。新ながらウマ娘レース文化にも積極的に貢献をしてきたが、「GⅠ勝利する名ウマ娘を輩出し、レースを盛り上げる」ことはできていなかった。
そんな中で彼女は幼少期からその才に期待をかけられ、サトノの看と相まってデビュー前から尋常ならぬ注度を有することとなっている。

サトノに関わることはもちろん、ありとあらゆる「ジンクス」を破ることに対して並々ならぬこだわりを見せ、箱入り娘ゆえの世間知らずさも相まって常識外れな行動に出ることも多い。

なお、にもらったという宝物はジュークボックスであり、マックイーンのニア達成イベントではお祝いとして色のクレーンゲーム筐体(一応他の贈り物と同列に扱われているため、小のものだろうか)を贈っている。それってやっぱり……?

ゲームでの扱い

Season2最終話の最速放映翌日となる2021/3/30のガチャ更新にて、キタサンブラックと共にサポートカードとして共通R[トレセン学園]とSSR[その背中を越えて]が追加。
同時に開催された、TVアニメコラボと銘打たれたストーリーイベントBrand-new Friend」は入学直後の2人が役になっている。

ようこそトレセン学園へ!

2022年3月7日アップデート3『Natural Brilliance』として育成実装2月末のキタサンブラックに続く形であり、3月以降のアプリ立ち上げ画面ではキタサンと共にセンター(最前列)を担当する文字通りの顔役である。

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
91 88 93 83 95
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
G C A A
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
G B A D
成長率
  • スタミナ+15
  • 賢さ+15
固有スキルを照らせ永遠の耀き』
最終直線に入ったとき好位置につけていると強い意志で速度が上がる、先頭が近い場合はすごく上がる

逃げオンリーである相方に対して、ステイヤーらしく典的な先行・差しマイル重賞GⅢきさらぎ賞)を勝っているだけにこれまたキタサンブラック同様、マイル適性もCと高めなため(あちらと違って短距離は低い)、因子継承で短距離逃げ以外なら広い距離脚質をカバーできる。固有スキル1位に接近しているほど効果が上がり、最大状態だと「すごく」に属するが、適性が高い差しだと距離によっては発動しづらいので、先行因子を加えて先行として育てることも必要となる。
ちなみに固有スキルの「」は「かいめい」と読み、「暗闇」の類義である。

保有スキルは「打」、「静かな呼吸」→「潜態勢」、「良バ場〇」と概ね長距離及び差しでの運用が基本で、初登場のレアスキルとして「右回り○」の上位スキル右回りがある。
全体的に見てレース右回りが多く(標でも10レース中7回)、自身が得意とする長距離だとダイヤモンドステークスアルゼンチン共和国杯目黒記念以外は全て右回りなので、育成中から殿堂入り後まで広く活躍を期待できる。

メジロマックイーン同様、URAファイナルズアオハル杯限定でニア三冠天皇賞秋ジャパンカップ有馬記念)を制する事でステータス大幅上昇+スキルヒントイベントが発生、キタサンブラックトウカイテイオー三冠イベントと対になっている。ジャパンカップ勝利標外なので忘れず出走登録をしておきたい。

シナリオでは、直前に発表されたダイヤと同時代と思しい2人のウマ娘の登場を予想するも多かったがそっちは全く登場せず、クラシック三冠における「ジンクス」との戦い、シニア戦線でのキタサンとの対決に加えて、終盤ではメジロマックイーントウカイテイオーが第一線に復帰して対決が実現するという、あくまで史実に根ざした展開の多かった近頃の育成シナリオとしては異質寄りの内容。アニメ2期から始まった彼女らのストーリーの着地点のようになっているためか「どうした急に」も登場する

固有二つ名「願いえる宝石」は育成ランク[S]以上のウマ娘から想いを継承し、菊花賞天皇賞(春)ジャパンC(シニア級)を勝利し、有馬記念を二連覇するというもの。史実の父親を見れば納得のSランク殿堂入りウマ娘が要されるだけあって難易度は高い。勝利条件は史実+αで、キタサンブラックとの対峙が前提という熱い展開になる。

サポートカード

SSR[その背中を越えて]

得意トレーニングはスタミナ。カードの基本性はソツがなく、所持スキルも中距離・差し+無条件もいくつかある便利な内容だが、レアスキルが「鋼の意志」URAファイナルズ編のシナリオ中で条件を満たせばでもヒントを獲得できるうえに、自然と獲得できるのに習得せず放置されがちな不安定さでおなじみの回復スキル)という妙にキツいハンデを背負っている。確かに↑で「ダイヤモンド級の意志」なんて書いてあるけども。
しかも同時実装されたキタサンブラックがあまりにも強すぎたためハズレの印が強まりがちだが、前述の通りレアスキル以外は良好なのでスタミナ要員としては悪くない性であった。

2022年2月24日の1周年アップデートで「鋼の意志」が上方修正されてわりと実用的なスキルになり、ヒントが被るURAファイナルズシナリオガチ育成を行うこともこの時点ではまずないため、再評価の余地が生まれている。
このカード自体のイベント効果も強化され、1回で「ありったけ」が貰えるようになったりしている。

イラストはそのSSR[迫る熱に押されて]キタサンブラックと対になるレースシーン
2頭の初対決であり、キタサンをクビ差で差し切って勝利を挙げた2016年有馬記念モチーフと思われる(イラストでもちゃんとクビ差になっている)。

SSR[SPECIAL DREAMERS!!]

2022年アニバーサリー記念のログインボーナス報酬。得意トレーニングは賢さ。
ビジュアルハーフアニバでのSSRサイレンススズカ同様、ダイヤ以外にキタサンブラックスペシャルウィークが共にいるが、ダイヤ以外の育成には問題なく使用可である。

最近見られる傾向として所持スキルが変更されており、差しに適したスキル中心に手堅くまとまっている。「束縛」しなくなった。
レアスキルも、育成版でも所持する差し回復「潜態勢」で、下位の「静かな呼吸」は変更によって所持スキルに追加されている。

SSRアグネスデジタルと同じ、「サポートカードタイプ4種以上でトレーニング効果アップ」の固有ボーナスを持ち、これしだとやる気効果・トレーニング効果が皆無というちょっと厳しい性

イラストアニバーサリーライブ実装された「We are DREAMERS!!」のステージであり、PVではダイヤキタサンブラックに、キタサンと同時実装だったマチカネタンホイザの3人と、スペシャルウィークトウカイテイオーサイレンススズカの3人という組合せだが、サポートではタンホイザが抜けスペが入った構図になっている。元祖主人公ポジション故の扱いであろうか。

関係ウマ娘

メジロマックイーン個別記事
アニメゲームにおいてサトノダイヤモンドが憧れるウマ娘モチーフサトノダイヤモンド血縁の接点はないが、菊花賞で、最後の勝ち京都大賞典という共通点もある。またメジロマックイーンを管理していた池江泰郎調教師息子サトノダイヤモンドを管理していた池江泰寿調教師という繋がりがある。
キタサンブラック個別記事
幼馴染であり友でありライバルでもあるウマ娘アニメでは初登場時からレース観戦やミニライブハロウィンなど二人って登場する場面がほとんどな程、サトノダイヤモンドとは深い関係である。しかし、ゲームでは史実通りキタサンの方がレースデビューが1年く、立場に開きが生まれることとなる。
モチーフサトノダイヤモンドの1年先輩であり、有馬記念天皇賞(春)で2度対戦経験がある。なお、スプリンター繋がりでもあり、血統面でもディープインパクトキタサンブラックブラックタイドは両が共に同じ兄弟(サンデーサイレンスウインドインハーヘア)為、従兄弟に当たる。
クラちゃん」
1st Anniversary Special Animation』にて、サトノダイヤモンドと話し込んでいたウマ娘。同じサトノグループの子で、留学先から帰ってきたばかりだという。
「サトノグループ」「クラちゃん」「王冠の飾り」から、モチーフは同じ「サトノ」の一年先輩にしてキタサンブラッククラシックを争ったあの競走馬でほぼ間違いないだろうが、今のところ名前せられている。
ゴールドシップ個別記事
常識ジンクス)に逆らうことをよしとする」という1点で奇妙なシナジーがあり、ゲーム1周年以降、ゴルシの奇行に乗っかって上を行く「ボケ殺し」になっている場面が見られる。モチーフ菊花賞から3歳で有馬記念勝利、古凱旋門賞に挑戦するが大敗と経歴に通じるところが多く、ゲームで当初描かれたゴルシとの絡みも「凱旋門賞組」の括りだった。
ナカヤマフェスタ個別記事シリウスシンボリ個別記事
ゴルシ同様「凱旋門賞組」のウマ娘。こちらはアウトローで勝負師気質の一見ダイヤとはまるで縁のなさそうな2人だが、ダイヤの思考回路がそれに通じることで一置かれる。

史実

2013年まれのノーザンファーム生産。ディープインパクトのマルペンサはGⅠを3勝したアルゼンチン競走馬アメリカ産のアイルランドフランスプリンGⅠを1勝している。

額の流星菱形であることから、冠名の「サトノ」と組み合わせて「サトノダイヤモンド」と命名された。冠名「サトノ」の由来である馬主セガサミーホールディングス会長である里見治(2017年馬主事業を法人化させ、名義を「株式会社サトミホースカンパニー」に変更)。

ウマ娘モチーフとしては、80~90年代競走馬が多く採用され物故したも多い中で、キタサンブラックの1歳下にあたり登場時点で最も若い。登場時の2021年時点で同期ダービーであるマカヒキが現役であったり、サトノダイヤモンド自身は種牡馬だが自らの産駒がまだデビュー前だったりと、本作としては異例の若さでの実装となる。

2015年11月クリストフ・ルメールを背にデビュー勝ちを飾ると、その後の条件戦でも勝利2016年クラシック戦線へと参入し、年明けのGⅢきさらぎ賞勝利。同じディープインパクト産駒のディーマジェスティマカヒキの2頭を交えた3強を形成。皐月賞は3着、日本ダービーは2着(わずか8cm差)と着実に順位を上げ、神戸新聞杯勝利を経て菊花賞で初GⅠ勝利。ディープ産駒の菊花賞勝利であり、ルメールJRAクラシック勝利、そしてオーナーの里見はGⅠ勝利。里見は1992年馬主デビューし、多くの良血を保有し続ける有馬主でありながらなぜか一度たりともGⅠ勝利できておらず、そのジンクスをついに破ったのが彼であった。

そして同年有馬記念で古に挑戦。キタサンブラックや前年勝者ゴールドアクターを破り、GⅠ2勝を挙げる。またこの活躍が評価され、最優秀3歳を受賞した。

2017年、古になると、凱旋門賞を最大標に掲げ、まずは阪神大賞典勝利。しかしキタサンブラックとの再戦となった天皇賞(春)で3着に敗れると、渡後も前戦のフォワ賞で4着。そして本番の凱旋門賞も15着(18頭立て)とまさかの惨敗続き。翌2018年金鯱賞3着、大阪杯戸崎圭太騎乗)7着とスワーヴリチャード相手に連敗、宝塚記念でもミッキーロケット和田竜二・17年ぶり中央GⅠ勝利)の前に6着と惨敗し、これ以降ルメール戦を降ろされる。

シーズンに入り川田将雅の騎乗で京都大賞典勝利し1年半ぶりの勝利を手にするも、ジャパンカップジョアン・モレイラブラジル)騎乗)では、かつての相棒であったルメールが手綱を握るアーモンドアイレコードタイムの前に6着と敗れ、有馬記念ブレントン・アヴドゥラ(豪州)騎乗)でも3歳ブラストワンピース池添謙一有馬記念最多勝利記録更新)の前に6着と敗れ、引退した。

引退後は種牡馬となる。初年度の2019年ディープインパクトが死去したため、後継種牡馬として期待を集めている。2022年6月産駒がデビュー

セガサミーグループとの関係

上述の通りオーナーの里見はセガサミーグループ会長であるが、彼は旧サミーの創業者であり、セガはあくまで合併先である。

しかしサミーパチンコパチスロ事業がであり、ビデオゲームも合併前に手がけた大多数は『ウマ娘』でネタしづらいものである[1]からか、馬主ネタセガの方である。

冒頭のジュークボックスはセガ創業時(当時は「サービスゲームジャパン」)の製品であり、クレーンゲームセガアーケード事業のヒット作「UFOキャッチャー」である[2]

セガは『ダービーオーナークラブ』『StarHorse』、庭用では『ダービーをつくろう!(ダビつく)』などの競走馬が登場するゲーム製作しており、競馬との縁が深い。

また、「UFOキャッチャー」はオグリキャップをはじめとする競走馬ぬいぐるみ品として扱っており、第2次競馬ブームの恩恵を受けていた。『ウマ娘』内のミニゲームも露にこれのパロディである。

アニメ第1期の頃から、既にセガグループより『ウマ娘』のぬいぐるみをはじめとしたアミューズメント品が登場しており、図らずも作中のパロディ現実で実現している。一方、肝心のサトノダイヤモンドは、セガからはまだ商品化されていない[3]

音ゲーでは、2019年セガの代表的音ゲーmaimai』『CHUNITHM』『オンゲキ』にCygamesが自社ゲームの楽曲を提供したコラボ企画を行ったが、このとき『ウマ娘』のアプリは開発延期中であり、コラボの対から外されてしまった。
2021年アニメ2期でサトノダイヤモンドウマ娘化し、アプリリリース後、めてCHUNITHM NEWうまぴょい伝説が収録された。しかし、現在のところセガゲームウマ娘サトノダイヤモンドの姿はない[4]

2022年5月7日、先述の『StarHorse 4』とコラボレーションが決定。ウマ娘サトノダイヤモンドと実のサトノ軍団がどうコラボするのかが見物である。

サミーネタは上述の通りあまり扱われていないが、育成ストーリーえいりゃ~~んっ!!」と叫ぶのは、サミーパチスロ機のキャラクターエイリやん」が元ネタ元ネタ同様「大当たり」に関係するシーンで登場する。

関連動画

メールがサトミホースカンパニー勝負服を着てダイヤちゃんを育成してみた

セリ高額取引馬について

前述したように、馬主の里見治は数多くの有を所有していながら、サトノダイヤモンド菊花賞勝利するまで一度もGⅠ勝利する事が出来なかった。
サトノダイヤモンドも例に漏れず、2013年セレクトセールで2億3000万円(税抜)で取引された高額であり、最終的には8億6512万円と余裕で元を取る額を稼いだ。

しかし、サトノダイヤモンドのようにGⅠ勝利などで活躍した高額取引もいれば、全く活躍しないどころか、不出走で終わった高額取引も数多く存在する。
一例として、サトノダイヤモンド新馬戦対決して「5億円対決」と称された2億4000万円のロイカバードは、未勝利からオープンクラスまでは順調に勝ち上がったもののその後は振るわず、獲得賞は8567万円に留まった。
そんなセリ高額取引やその背景・成績、競走馬の売買の流れなど、簡単なゆっくり解説動画があるので、参考にして欲しい。

ウマ娘』にセリ取引価格という概念は存在しないが、デビュー前の期待度を測る標「RKSTポイント[5]」という形で表されている。

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *サミー発売だった『ギルティギアシリーズアークシステムワークスに譲渡
  2. *サミーも作っているが、UFOキャッチャーよりも前であり、もっと小さい玩具をつり上げるものであった。
  3. *バンダイやフリューなど、他メーカーからは登場している。
  4. *スペシャルウィークサイレンススズカトウカイテイオー。『maimai』などの映像が出る音ゲーにはまだ収録されていない。
  5. *Rookie, Knowledge, Stats, and Talentの略。加えてRaKuSaTsuのバクロニムか。

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サトノダイヤモンド(ウマ娘)

325 ななしのよっしん
2022/07/09(土) 00:42:17 ID: AlvtVWln9Z
ぶっちゃけウマ娘って美少女ゲームだからね
美少女キャラと自分をトレーナーに見立てていちゃつきたい感情を起こすプレイヤーがいて当然なゲームなんだよ
に自分に見立てないにしても相性のいいカップルがいるならそこで妄想膨らませることがキャラゲー二次創作であることをまず理解しないと
サイゲだってそういうマーケティングを意識してないはずがないしそれで売ってるから弱いキャラだって売れる
そこをまるで汚らわしいもののように忌避するのは過敏だと思うぞ
326 ななしのよっしん
2022/07/10(日) 09:56:22 ID: R+vpP3/Dgy
>>325
別にエロに忌避感があるわけではなく
エロが書かれることで馬主に悪いイメージを持たれて名の追加が阻されたり
性はかなり薄いと思うけど実装済みのでも許可が取り消されてキャラが消えるなんてことあると困る
327 ななしのよっしん
2022/07/11(月) 12:49:38 ID: heW58AAzff
まりもっとマカヒキ(現役9歳)と絡めた二次創作を増やせ
328 ななしのよっしん
2022/07/11(月) 21:19:00 ID: AlvtVWln9Z
>>326
エロ描写容認の話ではないんだすまない
直前の>>324の「過度な好意があると勝手に思ってる」を拾っての話
エロガイドラインでも告知してる通り全にアウトなんで議論するつもりもない

ウマ娘 プリティーダービー」の二次創作のガイドライン
https://umamusume.jp/derivativework_guidelines/exit

サイゲが自己判断の配慮でやってるんじゃなくて権利元との間で取り交わしてるもんだとまで明記されてるので本気で管理する姿勢を見せてるわな
329 ななしのよっしん
2022/07/15(金) 15:03:36 ID: R+vpP3/Dgy
>>328
こちらこそ失礼しました
330 ななしのよっしん
2022/07/15(金) 20:07:50 ID: iWCwqcVDl/
>>322
マイクロビキニとかで隠れてるとか3か所隠れてえっちしてなければ何してもいいんでしょみたいな実質エロ絵が増えてきてるわけだが、そういう絵ってウマエロ警察してきた連中が軒並みイイネつけてたりするんだが一体なんでだろうな
331 ななしのよっしん
2022/07/16(土) 00:12:36 ID: AlvtVWln9Z
きっちりアカウント特定から動向を追って拠掴んだうえでの同一認定ならいいが
もし想像でってるなら変なところから絡まれてめんどくさいことになる可性もあるからめったなこと言うんじゃない
332 ななしのよっしん
2022/07/21(木) 22:16:36 ID: dMqZ3KuFmb
コンテンツが長続きしてほしくないんでしょ
だって自分が飽きたのに楽しんでる人がいると悔しいもんな
333 ななしのよっしん
2022/07/22(金) 10:10:37 ID: 3Mr4BXx4S1
東京ドーム広告都市対抗の期間もやってくれないかなぁ。
セガサミーが程よく勝ってるので、サトイモ広告バックにした絵が見たい。
334 ななしのよっしん
2022/08/11(木) 18:47:29 ID: lvnvxN5zIZ
イチャとか類似の適正持ちとべて継承相性値が全体的に低いのは何故?