サトノダイヤモンド(ウマ娘)単語

サトイモ
4.2千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

「みんなが私の勝利を信じてる。だからダイヤは、きます!」

サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターである。

実在競走馬サトノダイヤモンド」をモチーフとするウマ娘である。 CV.立花日菜

概要(アニメ)

純情可憐なお嬢様
柔らかな言動に反して、精は頑固。
メジロマックイーンの大ファンで出走するレースは必ず応援に駆けつけている。
キタサンブラックとは友でありライバルであるとも思っている。

CHARACTER//TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式サイトexit

キタサンブラックと共にアニメSeason2に登場。

1話で初登場。キタサンブラックトレセン学園オープンキャンパスに訪れ、憧れのメジロマックイーンと遭遇。その後もキタサンブラック行動を共にし、お互い推しが勝てば大歓喜、負ければむというのが一連の流れ。テイオーとマックイーンが直接対決する天皇賞(春)の前には入場列の最前でレジャーシートを広げ、キタサンブラックお茶を入れたりと、仲まじい関係。

概要

誕生日1月30日 身長158cm 体重:増減なしですよ? スリーサイズ:B87・W54・H84

ある資産に生まれ、情たっぷりに育てられた入りウマ娘
そのためか、世間知らずな一面を覗かせることも。
素直でおっとりお嬢様然としているが、その内側にはダイヤモンド級の意志の強さが秘められている。
ジンクスを破り、家族えるため、今日彼女は挑戦する。

サトノダイヤモンド|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

随分と

トレセン学園入学後。アニメ放映中はアニメ側の公式サイトにしか記載がなかったが、ゲームでの実装に合わせて公式ポータルサイトに追加された。
お嬢様という設定は上記の通りアニメでも見られており、キタサンブラックべるとアニメイメージから変化した部分は少ない。身体的にはどちらも同じくらい成長しているが。

勝負お嬢様然としたドレスで、アグネスタキオンに匹敵する萌え袖を持つ。

実家は名士にして慈善であるそうだが、にもらったという宝物はジュークボックスであり、マックイーンのニア達成イベントではお祝いとして色のクレーンゲーム筐体(一応他の贈り物と同列に扱われているため、小のものだろうか)を贈っている。それってやっぱり……?

ゲームでの扱い

Season2最終話の最速放映翌日となる2021/3/30のガチャ更新にて、キタサンブラックと共にサポートカードとして共通R[トレセン学園]とSSR[その背中を越えて]が追加。
同時に開催された、TVアニメコラボと銘打たれたストーリーイベントBrand-new Friend」は入学直後の2人が役になっている。

ようこそトレセン学園へ!

サポートカード

SSR[その背中を越えて]

得意トレーニングはスタミナ。カードの基本性はソツがなく、所持スキルも中距離・差し+条件もいくつかある便利な内容だが、レアスキルが「鋼の意志」URAファイナルズ編のシナリオ中で条件を満たせばでもヒントを獲得できるうえに、自然と獲得できるのに習得せず放置されがちな不安定さでおなじみの回復スキル)という妙にキツいハンデを背負っている。確かに↑で「ダイヤモンド級の意志」なんて書いてあるけども。
しかも同時実装されたキタサンブラックがあまりにも強すぎたためハズレの印が強まりがちだが、前述の通りレアスキル以外は良好なのでスタミナ要員としては使いやすい部類である。

イラストはそのSSR[迫る熱に押されて]キタサンブラックと対になるレースシーン
2頭の初対決であり、キタサンをクビ差で差し切って勝利を挙げた2016年有馬記念モチーフと思われる(イラストでもちゃんとクビ差になっている)。

関係ウマ娘

メジロマックイーン個別記事
アニメゲームにおいてサトノダイヤモンドが憧れるウマ娘モチーフサトノダイヤモンド血縁の接点はないが、菊花賞で、最後の勝ち京都大賞典という共通点もある。またメジロマックイーンを管理していた池江泰郎調教師息子サトノダイヤモンドを管理していた池江泰寿調教師という繋がりがある。
キタサンブラック個別記事
幼馴染であり友でありライバルでもあるウマ娘アニメでは初登場時からレース観戦やミニライブハロウィンなど二人って登場する場面がほとんどな程、サトノダイヤモンドとは深い関係である。モチーフサトノダイヤモンドの一年先輩であり、有馬記念天皇賞(春)で2度対戦経験がある。

史実

2013年まれのノーザンファーム生産。ディープインパクトのマルペンサはGⅠを3勝したアルゼンチン競走馬アメリカ産のアイルランドフランスGⅠを1勝している。

ノーザンファームとウマ娘について、プロジェクト初期の頃に居たディープインパクトブエナビスタと思しきウマ娘然と姿を消したことから「ノーザンファーム産の競走馬は出せない」との憶測が半ば定説と化していたが、事に実装されている。

額の流星菱形であることから、冠名の「サトノ」と組み合わせて「サトノダイヤモンド」と命名された。冠名「サトノ」の由来である馬主セガサミーホールディングス会長である里見治(2017年馬主事業を法人化させ、名義を「株式会社サトミホースカンパニー」に変更)。

ウマ娘モチーフとしては、80~90年代競走馬が多く採用され物故したも多い中で、キタサンブラックの1歳下にあたり登場時点で最も若い。2021年時点で同期ダービーであるマカヒキが現役であったり、サトノダイヤモンド自身は種牡馬だが自らの産駒がまだデビューしていなかったりと、本作としては異例の若さでの実装となる。

2015年11月クリストフ・ルメールを背にデビュー勝ちを飾ると、その後の条件戦でも勝利2016年クラシック戦線へと参入し、年明けのGⅢきさらぎ賞勝利。同じディープインパクト産駒のディーマジェスティマカヒキの2頭を交えた3強を形成。皐月賞は3着、日本ダービーは2着(わずか8cm差)と着実に順位を上げ、神戸新聞杯勝利を経て菊花賞で初GⅠ勝利。ディープ産駒の菊花賞勝利であり、ルメールJRAクラシック勝利、そしてオーナーの里見はGⅠ初勝利。里見は1992年馬主デビューし、多くの良血を保有し続ける有馬主でありながらなぜか一度たりともGⅠを勝利できておらず、そのジンクスをついに破ったのが彼であった。

そして同年有馬記念で古に挑戦。キタサンブラックや前年勝者ゴールドアクターを破り、GⅠ2勝を挙げる。またこの活躍が評価され、最優秀3歳を受賞した。

2017年、古になると、凱旋門賞を最大標に掲げ、まずは阪神大賞典勝利。しかしキタサンブラックとの再戦となった天皇賞(春)で3着に敗れると、渡後も前戦のフォワ賞で4着。そして本番の凱旋門賞も15着(18頭立て)とまさかの惨敗続き。翌2018年金鯱賞3着、大阪杯戸崎圭太騎乗)7着とスワーヴリチャード相手に連敗、宝塚記念でもミッキーロケット和田竜二・17年ぶり中央GⅠ勝利)の前に6着と惨敗し、これ以降ルメール戦を降ろされる。

シーズンに入り川田将雅の騎乗で京都大賞典勝利し1年半ぶりの勝利を手にするも、ジャパンカップジョアン・モレイラブラジル)騎乗)では、かつての相棒であったルメールが手綱を握るアーモンドアイレコードタイムの前に6着と敗れ、有馬記念ブレントン・アヴドゥラ(豪州)騎乗)でも3歳ブラストワンピース池添謙一有馬記念最多勝利記録更新)の前に6着と敗れ、引退した。

引退後は種牡馬となる。初年度の2019年ディープインパクトが死去したため、後継種牡馬として期待を集めている。

セガサミーグループとの関係

上述の通りオーナーの里見はセガサミーグループ会長であるが、彼は旧サミーの創業者であり、セガはあくまで合併先である。

しかしサミーパチンコパチスロ事業がであり、ビデオゲームも合併前に手がけた大多数は『ウマ娘』でネタしづらいものである[1]からか、馬主ネタセガの方である。

冒頭のジュークボックスはセガ創業時(当時は「サービスゲームジャパン」)の製品であり、クレーンゲームセガアーケード事業のヒット作「UFOキャッチャー」である[2]

セガは『ダービーオーナークラブ』『スターホース』、庭用では『ダービーをつくろう!(ダビつく)』などの競走馬が登場するゲーム製作しており、競馬との縁が深い。

また、「UFOキャッチャー」はオグリキャップをはじめとする競走馬ぬいぐるみ品として扱っており、第2次競馬ブームの恩恵を受けていた。『ウマ娘』内のミニゲームも露にこれのパロディである。

アニメ第1期の頃から、既にセガグループより『ウマ娘』のぬいぐるみをはじめとしたアミューズメント品が登場しており、図らずも作中のパロディ現実で実現している。一方、肝心のサトノダイヤモンドは、セガからはまだ商品化されていない。

音ゲーでは、2019年セガの代表的音ゲーmaimai』『CHUNITHM』『オンゲキ』にCygamesが自社ゲームの楽曲を提供したコラボ企画を行ったが、このとき『ウマ娘』のアプリは開発延期中であり、コラボの対から外されてしまった。

アニメ2期でサトノダイヤモンドウマ娘として登場し、アプリ事配信された。ダイヤぬいぐるみ現実ゲーセンれたり、『うまぴょい伝説』が大音量で流れる日も近いのかもしれない…とか言ってたらセガ音ゲーであるCHUNITHM NEWうまぴょい伝説が収録された。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *サミー発売だった『ギルティギアシリーズアークシステムワークスに譲渡
  2. *サミーも作っているが、UFOキャッチャーよりも前であり、もっと小さい玩具をつり上げるものであった。

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サトノダイヤモンド(ウマ娘)

154 ななしのよっしん
2021/11/11(木) 23:06:27 ID: iWCwqcVDl/
>>152
今週初めのはガチャ更新ピックアップ(とバクシンの中の人)のが大きくてそのままガイドライン訂でウマ本記事がものすごい勢い→社台に動きありとかいろいろあってめっちゃ上ってるね(シンザン関連はガセだったけど)
155 削除しました
削除しました ID: IxHGNhJt+s
削除しました
156 ななしのよっしん
2021/11/16(火) 23:53:41 ID: gaXyScptgo
ジュークボックスはダイヤちゃんのお様ご提供でしょうか…
157 ななしのよっしん
2021/11/23(火) 13:25:14 ID: bCuijsd4yW
スタミナトレーニングで山を巨大なコントローラーを背負って走り、パワートレーニングが折れるまでボタンを殴り続けるサトちゃん
158 ななしのよっしん
2021/11/26(金) 11:54:47 ID: 3s414odnH+
>>157
せがた三四郎CMかな・・・?
159 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 00:59:37 ID: FSEa0ak3sI
仮にキタちゃん役の話が作られたとしても、サトちゃん自身は現役後半生が寂しいものになっちゃうのがな…
実際のサトノダイヤモンド号はディープ産駒にありがちな、古になると衰えてしまうの典例だったし(コントレイルグランアレグリアは有終の美を飾れたけど)
160 ななしのよっしん
2021/12/02(木) 22:56:04 ID: lUXnTTR/+3
熟というよりかはキタサンブラックという王者に対する挑戦者の域を出れないまま凱旋門賞にいって崩れた感じに思える
161 名無し
2021/12/06(月) 13:55:15 ID: iOB3a4SgZV
たとえアオハルでも鋼の意志を覚えられる
これにはハッピーミークトレーナー笑顔
162 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 17:36:06 ID: iWCwqcVDl/
桐生院「な、なぜ彼女トレーナー書の極意を…」
163 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 00:10:22 ID: ECJwklIeRs
>>159
>>160
ここで言うことではないが、史実サトイモフランス遠征でおかしくならなければ
どっかでG1をもう1つは取れてたんじゃないかなあと思うんだよなあ。
流石に本来のコントレイルフィエールマンより上だったとまでは言わないけど
色々と惜しい事になってしまっただなあと思う。

急上昇ワード改