スマートファルコン(ウマ娘)単語

スマートファルコン
1.0万文字の記事
  • 23
  • 0pt
掲示板へ

トキメキウマドルスマートファルコンです!ファル子って呼んでね♪」

スマートファルコン

スマートファルコン(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬スマートファルコン」をモチーフとするウマ娘である。 CV大和田仁美

概要

誕生日:4月4日 身長:156cm 体重:微減(生活ちょっとキツい)スリーサイズ:B78/W55/H80

ウマ娘アイドル、略してウマドル女の子
ウマドルとはウイニングライブにも重きを置き、かわいく勝ち、センターで歌い踊ることをす存在。ファンとの交流や宣伝など、の根的活動にも余念がない。
ダートの方が得意だが、泥臭いイメージを少し気にしている。

キラキラ栗毛キュート自称ウマ娘アイドル。略して「ウマドル
ウイニングライブセンターを狙っており、に向かってまっすぐ生きている。自分のかわいさに絶対の自信があり、かわいさをアピールする努を惜しまない。

リニューアル前)

アスリート兼アイドルとでも言うべき「トゥインクルシリーズ」の出場ウマ娘の中でも、アイドル活動に熱心なウマ娘。ちやほやされるのが大好きで、いつか大観衆の前でワンマンライブをすることを見て地な努を続けている。称は「ファル子」。某そうめんではない。

ゲームでは、圧倒的なダート適性を持ちながら、本人が適性のない芝にこだわっていたためになかなか選抜レースで結果を出せず、トレーナーがつかないままでいたところに主人公トレーナーと出会う生徒の模範としてあらゆるレースに精通せねばならないと言うサクラバクシンオーにも全にスルーされるほど度が低いダートでは、センターにはなれたとしても、芝で活躍するウマ娘のようなトップウマドルにはなれない。だから自分の適性を理由に妥協したくない――と言うファル子に、主人公ダートを走るウマ娘きを教えたことで、自分の憧れの原点を思い出し、主人公とともにダートを芝以上に盛り上げるトップウマドルすことになる。

ホーム画面での会話によると、は転勤族だった模様。史実の「ドサ回り」が由来だろうか。

勝負ピンク菱形模様のアイドルだが、下積み中のイメージか装飾が少ない素デザインになっている。ゲーム3Dモデルでは菱形模様がスカートの飾りとリボンのみになり、いフリフリが立つ衣に変更された。アイドルのような格好に反し履き物はスニーカーであり、勝負に対する本気度がえる。

原案 ゲーム
原案 ゲーム版

アニメでの活躍

Blu-ray第4コーナー収録の新規エピソードBNWの誓い」に登場。「BNW駅伝」の現地リポーターを務めた。

うまよん』ではオペラオー回の第4話と逃げシス回の第9話に登場。
第4話ではオペラオーオペラミュージカル?)にフジキセキ役で出演。登場したと思ったら速攻でフジキセキを裏切ってオペラオーの側につき、オペラオーを巡ってマルゼンスキーり合った。
第9話ではのお告げとフクキタル占いを元に逃げ切りシスターズに新メンバー2人を追加することを企て、アイネスフウジンを勧誘する。

ゲームでの扱い

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
94 85 85 100 86
バ場適性
ダート
E A
距離適性
距離 マイル 距離 距離
B A A E
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A D G G
成長率
固有スキルキラキラSTARDOM
レース中盤の直線で先頭を奪われそうになると譲らない想いがになる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. クラシック1月前半:Pre-OP以上で2回1着を取る
  3. クラシック4月前半:皐月賞G1)に出走
  4. クラシック7月前半:ジャパンダートダービーG1)で5着以内
  5. クラシック11月前半:JBCクラシックG1)で3着以内
  6. クラシック12月後半:東京大賞典G1)で3着以内
  7. ニア2月後半:フェブラリーステークスG1)で1着
  8. ニア6月後半:帝王賞G1)で1着
  9. ニア11月前半:JBCクラシックG1)で1着
  10. ニア12月前半:チャンピオンズカップG1)で1着
  11. ニア12月後半:東京大賞典G1)で1着

概要

2021年5月6日3[あぶそりゅーとLOVE]として育成実装ハルウララに次ぐ2人ダート適性Aウマ娘である。史実で芝のレースを勝ったことがあるためか、芝適性もEと継承次第で戦えるレベルに引き上げやすい設定になっている。

ダートウマ娘である都合上継承相性はやや低めで、その中で相性の良いウマ娘逃げかつ距離適性も近い初期逃げシス仲間ミホノブルボン。その他逃げウマ全般や、脚質以外の適性が近いからかウオッカオグリ較的好相性。

距離適性は短距離~中距離までなら何でもこなせる万ダートの長距離レースゲーム中に存在しないため、ダートレースなら距離を問わず全て対応できる。脚質はやはり逃げ特化(ただしサイレンススズカ(先行C)同様、後年から逃げ戦法を確立した点を踏まえてか、マルゼンスキーミホノブルボン(先行E)より少し先行適性が高い設定)。スキル逃げ特化であり、他にっ当なダート適性持ちに逃げウマ娘はいないこともあり(マルゼンスキーが使われる場合もあるが)、逃げ以外の作戦で育成する理由はほぼ全くない。

固有スキルは文章だけ見ると効果がイメージしにくいが、実際にレースで使ってみると、他に逃げウマ娘ダート戦ではマルゼンスキー)が出走していれば序盤の先頭争いの競り合いの中、い段階でほぼ確実に発動し、先頭争いをリードできる、事実上のスタートダッシュ効果のスキル。史実で得意としたロケットスタート再現だろう。逃げウマ娘は先頭を確保できるかどうかが非常に重要なため、見た以上に強スキルであり、中は先頭で々と逃げて、最終直線で一気に突き放して圧勝という史実通りのレース運びが容易に再現できる。もちろんサイレンススズカなど、他の逃げウマ娘への継承スキルとしても有選択肢となる。前述の通り、ダートウマ故にミホノブルボン以外との継承相性はそれほど良くないという難はあるが……。

標は史実通りに芝の皐月賞に挑戦したあとはダート一本となり、頑なに中央のレースに出なかった史実と異なり、中央開催も含めた現在実装されているダートG1レースが片っ端から設定されている。史実の勝ちである川崎記念実装されてないから……。
なんといってもシニア級のG1レース5回連続1着を惹くが、実際にはナリタブライアンと違って固定の強ライバルがいないのもあり意外と難しくない。シニア11月前半~12月後半が4ターン中3ターンレースという過密なローテで、終わるとすぐURAファイナルズに突入するため、直前にバッドコンディションや練習失敗などのアクシデントがあるとリカバリーが難しく、URAファイナルズまで影を受ける点だけ注意したい。4ターン連続出走ボイスデメリットなしで回収できるという利点もある。

また他のウマ娘では非常に獲りにくいジャパンダートダービー帝王賞東京大賞典標に入っているため、ダートトロフィー埋めの問題を一挙に解決できる。ただしダートG1のうち、JBCスプリントJBCレディスクラシック標に2年ともJBCクラシックがあるため出走不可。もっともJBCスプリントハルウララ標に入っているし、JBCレディスクラシックウララクラシック級や他のダート適性Bウマ娘較的簡単に穫れるレースなので、極論彼女がいるなら後はウララと手分けすればダート重賞トロフィー全制覇できる。

というわけでバクシン教育成がしやすい短距離~中距離逃げウマ娘、発動しやすく強な固有スキル逃げなら絶対に腐らない自前スキルスピード+20%パワー+10%という非長距離逃げウマ娘として璧な成長率補正と、ほぼパーフェクトな構成であり、攻略難易度非常に簡単な部類に入る。モデル「砂のサイレンススズカと称されたこともあり(この件はシナリオ内でも取り沙汰され、スズカとの絡みも多い)、スズカとは固有スキルの継承、サポートカードの相性がともに抜群。
シナリオ攻略するだけならスピードパワーを重点強化しているだけでも々と勝てるが、チームレースダート要員として育てる際はスタミナを意識的に鍛えるようにするといいだろう。

特徴的なランダムイベントとして、特定地方との「ファンとの約束」がコンディションとして付与されるというものがある。「北海道」「北東」「中山」「関西」「小倉」の5種類があり、付与後にその地方レース勝利すると「(そのレース場)○」のLv5ヒントやる気スキルptのボーナスが発生する(1回限り)。このためにあえて格の低いレースに出る選択肢が生まれ、史実の「ドサ回り」を再現させる形になっている。ダートレースゲーム中にOP1つしかない小倉ファンとの約束をする場合もあるのはご嬌。なお「北海道」は札幌函館のどちらでも、「関西」は阪神京都のどちらでもOK。字面だとパッとどこをすのかわかりにくい「北東」は新潟福島が対になる(福島ダートレースはOP1つのみ)。

弱点としては、育成シナリオテーマにもなっているダート適性ゆえのファン人数の稼ぎにくさがある。ダート重賞は数自体が少なく、G1でも獲得ファン数が芝にべてだいぶ少ない。中距離を走れるぶんハルウララよりはマシとはいえ、普通にプレイしているとファン人数・スキルptともに稼ぎにくく、せっかくヒントを得たスキルを取り切れないということになりがち。この仕様上の問題のため、シニア級の固有スキルレベルアップイベントファン人数条件が、バレンタイン:6万→4万、ファン感謝祭:7万→6万、クリスマス:12万→8万と若干緩和されている(併せてウララも同様の仕様になった)。またファン人数が12万人に達すると隠しイベントが発生し、自前スキルの「レコメンド」のヒントLv3が貰える。
芝適性を継承で3段階(EからBまで)くらいまで上げれば芝の長距離以外の全てのG1荒らし回れるようになるので、スキルを充実させたい場合は芝因子の確保が重要になる。ただ、芝適性を上げられたからと調子に乗って芝のレースにたくさん出ているとURAファイナルズが芝になってしまうので、3年の継承を終えても芝適性がB止まりだったりした場合は注意したい。可なら芝因子を10個集めて最初から芝Aで臨みたいところ(運が良ければ継承で芝Sになる)。あと標の都合で有馬記念チャレンジ不可能

また、覚醒レベル上げによりにもよってジャパンダートダービー東京大賞典帝王賞優勝レイが要されるのもネック。ほとんどの場合はファル子自身で周回して集める必要に迫られるだろう。

固有二つ名「砂のハヤブサ」の取得条件は「JBCクラシック帝王賞東京大賞典を含むダート重賞作戦逃げ」で9連勝以上する」というシンプルな史実再現系。定は「重賞」なのでダートであればG2・G3でもOKであり、普通にプレイしているだけでも取得は難しくない(レースだけでは8勝止まりなので、標外のダート重賞最低ひとつは出る必要あり)。なお、芝で負けても連勝が途切れた扱いになるので注意。
また、クラシック級のJBCクラシック勝利したうえで、シニア級のJBCクラシックにて最終直線で大きくリードしていると特殊実況が聞ける。これも普通にプレイしているだけで聞くのは難しくない。

余談だが、皐月賞を経てジャパンダートダービーに臨むレースイベントで、「ファル子と同じように芝G1に3番人気で挑んだが最下位に終わり、『ダートでも負けるわけにはいかない』と燃える青鹿毛モブウマ娘」が登場する。一体何者!!!!!!なんだ……[1]

今のところゲーム内では海外レースを取り扱っていないが、グッドエンドでは世界的なアイドルイベント「DOKIDOLWORLDCONCERT」、略してDWCに招待される。
また、固有スキルの演出でもファル子の視線の先にドバイを連想させる砂丘の果ての大都市が映る。

なお芝因子は較的確保しやすいこともあり、実装直後から芝適性AやSに進化して芝のG1荒らしまくるどこぞの変態じみたファル子が各地で量産された。そんな芝で無双するファル子の姿に、自然発生的についた異名が「芝のサイレンススズカ……あれ? ???「うそでしょ……」

実際のところ、芝適性の有で勝てる+ファン数が多いG1レース数に泥の差があるため、強いファル子を育てる場合たとえダート用でもシナリオガン視で芝適性を上げざるを得ない面もあり、反面芝因子に占有されて肝心のダート距離適性のSを狙いにくくなるのが難しいところとなる。

チャンピオンズミティングでは未だダートレースは開催されていないものの、21年7月のキャンサー杯(東京1600)ではハナを切ることが勝利に直結するセイウンスカイが幅をきかせたため、対策として中盤の先頭争いに特化した固有スキルによって「先頭争いに特化した妨役」「自分がスカイの固有を借りてそのまま勝ちに行くエース」の両方で「芝のサイレンススズカ」がガチで流行することとなった。が、役割の被る水着マルゼンスキーが登場したことで翌レオ杯(阪神2200)では一転して流からは外れ、選択肢の一つに収まっている。

サポートカード

SSR[これが私のウマドル]とR[トレセン学園]が初期実装友情トレーニングパワー
サポートについては一通り必要なものを所持しており優秀。スキルに関しては逃げスキル中心だが、逃げスキルなのに発動条件がレース中盤に後ろにいることである「二の矢」や、レース序盤に逃げ失敗したときという条件のデバフスキルリスタート」、スキルの「悪○」「曇りの日○」「外得意○」「大井レース場○」といった条件的に使い勝手の悪い癖のあるスキルが多め。「コーナー回復○」「逃げのコツ○」「押し切り準備」といった使い勝手のいいスキルもちゃんと持っている。

SSRではさらに「集中」か、位置取り系のレアスキル踊り子」(他に所持しているのはSSRカワカミプリンセスのみ)のどちらかを入手できる。連続イベント1の選択肢下を選ぶとそこでイベント打ち切りになり「集中」のヒントを入手、上を選ぶと連続イベント3で「注踊り子」を入手できる(たまに下位スキルの「ポジションセンス」しかくれない場合あり)。踊り子当てでデッキに編成しているときは必ず上の選択肢(「勉強も手を抜かないで」の方)を選ぼう。
逆に未編成でこのイベントが起きたときは連続イベント3まで進むことはまずありえないので、下の選択肢(「に向かって頑張れ!」の方)を選んで体回復と「集中」をゲットしておくと良い(既に所持しているなら賢さ+10の上でも良い)。また、パワー強化当てで踊り子が不要の場合も、他のSSRサポートの連続イベント発生可性を高めるために打ち切るという選択肢アリ

「注踊り子」は「ポジションセンス」の上位スキルで、効果は「レース序盤にコース取りがうまくなる」。レース画面で発動するところを見ると、自分のウマ娘がすーっと内に入っていくのが確認できるはず。特に逃げウマ娘にとっては最短コースを進めるので見た以上に強スキルの可性がある。しかし逆に序盤で後方に控える差し・追込の場合は密集したバ群の方に自分から突っ込んでしまうになる可性もあり、パワーサポートなので差し・追込の育成デッキに編成する機会は多いだろうが、そのあたりは注意した方がいいかもしれない。

楽曲

全速!前進!ウマドルパワー
作詞Apis(TRYTONELABO) 作曲:no_my 編曲岡野裕次郎(TRYTONELABO)
CDSTARTING GATE 09」収録。レース要素とアイドル要素を両立させ、コーナリングが得意などモチーフの特徴をさりげなく組み込んだ、ウマ娘コンセプトに忠実なアイドルソング応援したくなるような歌ポイントゲームではファル子のシナリオ内でオフボーカルが時々流れる。
逃げ切りっ!Fallin' Love
作詞作曲編曲lull
逃げシス」(元々のファル子・スズカブルボンの3人+アイネスフウジンマルゼンスキー逃げウマ娘5人)で歌唱する、アニメ版『うまよん』の9月(9~12話)ED曲。初披露となった『うまよん』9話が「逃げシス」にアイネスマルゼンが加わるエピソードであった。
UNLIMITED IMPACT個別記事
ダートG1ウイニングライブ曲。CDには未参加だがゲーム内で歌唱に対応しており、ハルウララアグネスデジタルとともにゲームMVデモも担当している。また育成シナリオ内でも事実上の持ち歌として言及されている。

関連ウマ娘

エイシンフラッシュ個別記事
ルームメイトで良き友人ときどきファル子のマネージャーめいたことをしてくれるが、フラッシュのあまりの帳面さにファル子が辟易させられることも。モチーフスマートファルコンと共にドバイワールドカップに出走した
サイレンススズカ個別記事
ミホノブルボン個別記事
うまよん』にてファル子に押し切られ、アイドルユニット逃げ切りシスターズ逃げシス)」として活動することになる。ゲームでも設定は健在であり(史実のライバルが不在なこともあって)絡みが多い。モチーフスマートファルコンより前の時代の逃げたちで、特にサイレンススズカファルコンがそう例えられたことがある。ファル子の方がスズカより学年が上となっており年齢関係は史実と逆転しているが、ゲームでは後輩スズカの方が先にデビューして活躍している設定。事ある毎に押しが強いファル子とマイペースブルボンに思い切り巻き込まれるスズカの構図が基本である(アプリ版のエントランスでも巻き込まれている)
アグネスデジタル個別記事
ウマドル限界ウマ娘オタクというわけで、ゲームホーム画面ではファル子からいつもライブ会場を盛り上げてくれる感謝を伝えられて尊死していた。ちなみにサポートカードはどっちもパワータイプなため友情トレーニングの同時発生が可で、絵面がアイドルライブ会場図になる。デジタルストーリーでもオールラウンダーとして発つきっかけがファル子(とテイエムオペラオー)の言葉であり、21年8月実装のアオハル杯でも互いに重かつ優秀なダート担当でありそちら側でも縁が深い。モチーフは特に直接の関係はないが、共にダートG1勝利しているウマ娘(正確にはデジタルは「ダートG1『も』」だが)。ただしデジタルの勝ったマイルCS南部杯フェブラリーステークスにはスマートファルコンは出走していない。
ダイワスカーレット個別記事
モチーフスマートファルコンの一年歳上だが、ウマ娘としてはファル子が学年が上。ティアラ路線でウマドル王道をひた走るスカーレットはファル子から見ても憧れの存在であり、彼女有馬記念ライブでは積極的に前に出て応援するほど。ゲームでもスカーレットとファル子のSSRサポートは非常に相性が良く(トレーニングボーナス及び固有スキル逃げ特化でも発動しやすくかつ、取得スキルスカーレットの育成に噛み合う)デッキに入れる補として名が上がる。

史実

逃げからさらに突き放して圧勝という戦法でダート競走を勝ちまくり、「砂のサイレンススズカ」と称された

2005年まれのゴールドアリュールケイシュウハーブミシシッピアンサンデーサイレンス産駒一のダートG1にしてダートの大種牡馬、半(異)にもダートG1ワールドクリークがいるダート血統である。

2歳時にダートで3戦2勝を挙げた後、3歳時には芝のジュニアカップを勝ってクラシックに挑戦したが、皐月賞を最下位に敗れて以降はダートに専念する。Jpn1(際格付けのG1級競走)ジャパンダートダービーこそサクセスブロッケンに敗れたものの、Jpn3白山大賞典で重賞初制覇。続くJpn1のJBCスプリントで2着となって以降は、門別から佐賀まで全ダート競走を転戦し、5歳2010年)のまでに重賞を実に10勝する。しかしそれらは全てJpn2かJpn3であり、G1/Jpn1には出走すらしなかったため、一部では「ドサ回り」「地方荒らし」と揶揄された。

2010年6月、1年半ぶりに出走したJpn1の帝王賞を6着に敗れ、上が岩田康誠騎手から武豊騎手に乗り替わると一転、JBCクラシック(連覇)、帝王賞東京大賞典(連覇)、川崎記念地方開催のG1/Jpn1を次々と制覇し、逃げの戦法による圧倒的な強さと上の武豊を重ねて「砂のサイレンススズカ」と称されるようになった(ちなみに武豊認)。
どのくらい圧倒的だったかというと、上が武豊となって3戦Jpn2浦和記念以降、4戦2010年東京大賞典以外の内全レース単勝が1.2倍以下だったほどであり、うち3回は単勝1.0倍の元返しである。しかも決して相手が弱かったわけではなく、ダートG1/Jpn1を9勝した当時のダート最強エスポワールシチードバイワールドカップ2着のトランセンド地方所属の史上最高獲得賞額記録を持つフリオーソといった強敵たちを相手にして、2010年JBCクラシックでは2着フリオーソ7身差2011年帝王賞では2着エスポワールシチー9身差をつけたりしているのだからすさまじい。
2010年東京大賞典2:00.42011年帝王賞2:01.12012年川崎記念2:10.7はいずれも2021年現在も破られていないレースレコード東京大賞典タイムに至ってはダート2000mの日本レコードである。
一方で、これほど強くなっても相変わらず中央開催のレースには一切出走しなかったことが取りざたされることもある。これについてはに理由はられておらず、諸説分かれている。

かくして武豊騎乗では最初に1敗したのみで以降はJpn2以上で9戦9勝ともはや敵なしであった7歳時、ダート世界最高峰[2]ドバイワールドカップの招待を受けるも、ゲートが開く前に突進して顔をぶつけ、スタート直後に足を滑らせた上に他に不利を受けるなど、逃げには致命的なスタート不発で後方からの競馬となり10着に大敗した。

後は体調が戻らず、復帰をして調整中に飛節の腱鞘炎を発症し引退。通算34戦23勝。地競走での重賞19勝(全て地方ダート交流重賞で、G1/Jpn1を6勝、Jpn2を5勝、Jpn3を8勝。ちなみに重賞以外の残り4勝は全て中央)は2021年カツキキトキトに更新されるまで最多記録であり、中央所属およびダート交流重賞に限れば現在も最多記録である。

引退後は種牡馬入り。なかなか重賞勝ちが出なかったが、2021年にオーヴェルニュが東海ステークスを制して産駒重賞初制覇(の為しえなかった中央重賞勝利でもある)。平安ステークスでもコースレコード叩き出し圧勝、今後に期待がかかる。

詳細は当該記事へ→スマートファルコン

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ちなみに、モブウマ娘は発言の最後に「!!!!」とつけており、直後にファル子が「!!」と発しているため、合わせれば「!!!!!!」になる。果たして狙ったものか……
  2. *ただしこの頃は「オールウェザー」という芝でもダートでもない特殊な馬場を採用していた。

【スポンサーリンク】

  • 23
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スマートファルコン(ウマ娘)

363 ななしのよっしん
2021/09/26(日) 13:18:39 ID: AZChGcyt2a
>>354
デジたん実装されて、(一応他の距離も最初から走れるけどスキル的には)ダート向きだしでダートの子2人もいるかなあと思いつつ初日に引きにいったけど
チムレ的にはちょうど脚質がファル子逃げ専門、デジたんは逃げ以外(基本的には差し運用)と逆で丁度いいのよね
364 ななしのよっしん
2021/09/26(日) 15:11:53 ID: BqIPjESFuQ
ファル子キャラソン可愛いよね。
だからこそ、シナリオではwining the soulUnlimited Impactでのギャップが映える。
キャラソン聞くまではBishみたいな路線のアイドルなの?なんて思ってた。
365 ななしのよっしん
2021/09/28(火) 20:54:59 ID: 13uI+GCK9y
アオハル杯で来てくれるとほぼダート安定するのがでかい
ファル子マジで砂のサイレンススズカ
366 ななしのよっしん
2021/09/30(木) 22:01:58 ID: VCl8b8puLn
スピ20だしとスピ1賢4でやったらスピが盛れない
なぜだと思いつつスピ2賢3でやってもスピが盛れない
スピ0の子でもカンストするのに、なんで……?
序盤二戦と終盤三戦が思った以上にきついのだろうか
367 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 19:02:45 ID: bQrIT03X98
ウララシステム(逃げが最弱ウララだけだと隊列がぐちゃぐちゃになる)なるものを聞いてから試しに芝E長E、587_591_967_885_427なるパワ根ファル子(勢、直線回復、深呼吸)を作って何故かが降ってる菊花賞を走らせてみたが終盤までハナを守って1200_675_632_350_1175タキオン(固有と直線回復のみ)に先着してた
どうしてこうなった
368 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 21:11:05 ID: lDCQ9o5h2X
>>367
いくらなんでもタキオンのスタミナと根性と回復スキルが少なすぎる。だからタキオンのスタミナが持たなかっただけじゃないの。
369 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 21:17:07 ID: BqIPjESFuQ
適性含めて長距離向いてないんだよな、ファル子
370 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 08:13:27 ID: ijT5VgajNl
適性を芝長距離魔改造するのはウララにべりゃ芝B長距離Bからのスタートができるから楽なもんだけど、固有がどうしてもみっちり詰まった短距離向けだからねぇ
力技で長距離走らすじゃない
371 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 09:03:04 ID: bQrIT03X98
>>370
実験個体だからそこらへんは度外視で…
疑問なのは芝E長Eが中盤まで先頭を走ってスタミナ切れとはいえ芝A長Aに先着したこと
有馬ターボ逆噴射みたいなのもなかった

ちなみに中盤タキオンファル子を抜かそうとしたら固有発動してふんばってた
372 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 22:10:38 ID: 4HS1cG+BkW
ファル子のまんまるおめめと、大きなワの口本当かわいくて好き