マルゼンスキー(ウマ娘)単語

マルゼンスキー
8.5千文字の記事
  • 20
  • 0pt
掲示板へ

トレーナー君って、からかうと面そうよねぇ……。ふふっ♪」

マルゼンスキー

マルゼンスキー(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬マルゼンスキー」をモチーフとするウマ娘である。 CVLynn

概要

誕生日5月19日 身長164cm 体重:理想的な仕上がり スリーサイズ:B93/W58/H88

颯爽としているが、どこか言葉遣いが古いお姉さん
走りに純な歓びを感じるスピード狂で、道路ではスーパーカーレース場では自らの脚でかっ飛ばす。
圧倒的なポテンシャルを持ちながらも偉ぶることなく、皆から慕われている。

マルゼンスキー|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

気さくで明るく、キレイで優しい。一見ステキなおさまウマ娘
しかしセンスは少し古臭く、世間とほんの少しずれているよう。
本人も気にしていて、そのせいか最近の流行りにはとても敏感である。

リニューアル前)

ボリュームのあるウェーブヘアを持つ大人っぽいウマ娘。後ろ頭にと同じくらい長いリボンをつけている。後輩の面倒見が良いお姉さんだが、お母さんっぽいと言われるのは本人的にはきついらしい。モチーフ的には孫どころか曾孫がいる。センスのズレを気にしているため流行には敏感で、好きな食べ物は今流行り(本人談)ティラミスナタデココちなみにこれらが流行したのは90年代である。

モチーフになった競走馬が活躍した年代が70年代後半と飛び抜けて古く(他は古くて80年代後半)、ウマ娘には具体的な年齢設定はないが「最年長キャラ」のポジションにある。一応「生徒」なのに理事長秘書駿川たづな友人だったり、「タッちゃん」と名付けたランボルギーニカウンタックを乗り回していたりと年齢不詳な人。運転は相当をするようで、一緒に乗ったウマ娘は例外こそあれど大体満身創痍になって帰ってくる。特にたづなはドライブに誘われるのを本気で嫌がっている。

スーパーカー

また、ウマ娘舞台であるトレセン学園全寮制をとっており、基本的に全てのウマ娘が「東寮」か「美寮」のどちらかに所属しているのだが、彼女は全キャラクターで数少ない「一人暮らし」と設定されており、学園外の自宅に住んでいる。色々と特別扱いが認められている立場のようである。

勝負服ベースに各所に黄色を配した制服トップスはセーラー服の上から立ち襟を重ねたハイブリッドな構造。尻尾に大きなリボンを結んでおり、ハイヒールの足元まで長く伸びている。

アニメでの活躍

トレセン学園最強チーム「リギル」の一員。憧れの先輩、面倒見の良いお姉さんとしての活躍が多く、モチーフ的に縁のあるスペシャルウィークグラスワンダーに度々ちょっかいをかけている。

サイドストーリーられたグラス有馬記念Blu-ray第4コーナーの新規エピソードBNWの誓い」におけるナリタタイシンの再起など、怪から復活した後輩を見るとついぐんでしまうようだ。

ゲームでの扱い

エンジンの違い、見せてあげるわ。
これが!あたしの!フルスロットルよ!」

育成ウマ娘:フォーミュラオブルージュ

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
96 68 86 100 100
バ場適性
ダート
A D
距離適性
距離 マイル 距離 距離
B A B C
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A E G G
成長率
固有スキル紅焔ギア/LP1211-M』
最終コーナー以降で前の方にいるとギアを変えて加速が上がる
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:ぶっとび☆サマーナイト

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
100 69 93 87 101
成長率
固有スキル『グッと来て♪Chu』
スキルで持久回復するとレース後半で前のほうにいる時にレッツラゴー!と速度を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. ジュニア12月前半 - 朝日杯フューチュリティステークス(G1)で5着以内
  3. クラシック3月後半 - スプリングステークス(G2)で3着以内
  4. クラシック4月前半 - 皐月賞(G1)で5着以内
  5. クラシック5月後半 - 日本ダービー(G1)で5着以内
  6. クラシック12月後半 - 有馬記念(G1)に出走
  7. ニア3月後半 - 大阪杯(G1)で1着
  8. ニア6月前半 - 安田記念(G1)で1着
  9. ニア10月後半 - 天皇賞(秋)(G1)で1着

概要

育成ウマ娘:フォーミュラオブルージュ

サービス開始時から初期3[フォーミュラオブルージュ]が実装

距離適性はBABCと大きながなく、マイル戦場ではあるが継承次第ではオールA以上なんてことも可な反面、脚質の幅はミホノブルボンと並ぶワースト1タイであり、逃げがAでそれ以外は先行がかろうじてE、ということで基本は逃げ一択となる。
(史実のマルゼンスキーは中距離以上のレースには出走したことすらないのだが、後述の通り「走る機会がなかった」という遇があるため、それを尊重したものと考えられる)
また史実でダートを走った経験からかダート適性も少しだけあるので、継承次第では二刀流ウマ娘としての活躍も可だったりと、あらゆるレースを埋めて活躍できる可性を秘めたオールラウンダーとなっている。ただし、短距離ウマ娘扱いなのか継承相性に難があり、概ね「マイル以下」or「逃げウマ娘でないと壊滅的になってしまう。史実とは正反対である。

成長率はスピード10・賢さ20となっており、当初は「何だこれ?」と首を傾げるトレーナーも多かったであろうが、賢さが中盤の位置取りにもたらす利点が認識されてからは優れた成長率として評価されることになった。

固有スキルは上位5位という逃げウマの固有ということを考慮しなくても非常にゆるい条件かつ終盤で加速を上げられる重な効果であり、かなり優秀。継承の弱点を補えるだけの魅になっており、出走人数が少ないので範囲が「5/9」になるチャンピオンズミティングでは後方脚質が人気の(後方脚質でも中順位が高くなる)時であれば差しに積むケースまで見られる。しかし弱点もあり、発動条件が緩い故に最終コーナー開始=発動となるので、最終コーナー開始から終盤開始の差が大きいコースだと駄になる。継承で使う場合は効果時間が減るのでさらに制限が厳しくなる。当然、終盤が「遅すぎる」だけでなく「すぎる」場合にも有効でないので、実のところ有効に働く環境は多くはない。

覚醒で取得できるレアスキルマイル距離限定の物しかなく、自前の回復スキルもないのでそれ以外の距離で使用する際にはサポートカードを吟味する必要がある。固有が有効に働きやすいレース場はざっくり言えば芝中距離ダートマイルであり、自身のスキルフル活用したい場合はダートを走らせるといいだろう。

対人環境においては、立った活躍の機会がないうちに後述の水着版が登場したため同時出走できない(また、それに伴って逃げウマ娘への要準が急にシビアになり)通常版の立場は厳しくなってしまう。例えば2021年8月レオ杯(阪神2200)では、固有条件に合うコースではあるが、合っているが故に継承固有でも十分効果を発揮するため専ら継承でスキルが活躍しがちとなり、本人の採用率は低かった。
一方、2021年11月のスコーピオ杯(東京2000)は「最終コーナー開始から少し進んで終盤開始」という微妙に相性の良くない条件だったが、継承固有では保たないものの自前固有なら持続時間が残ってそれなりに効果を発揮できる重な選択肢となり、類似性タイキシャトルと共に流の一を担うウマ娘となった。もっとも、逃げではこのアドバンテージは薄くなるため、先行適性を4段階強化(E→A)して使われることになったのだが。

育成ウマ娘:ぶっとび☆サマーナイト

「せっかくのだもの!
フィーバーするっきゃナイナイ♪」

2021年7月水着衣装[ぶっとびサマーナイト]が実装された。
水着衣装では、成長率は似たようなものだがスキル面が大きく変化している。通常衣装較すると回復スキルが大きく増え、特にレアスキルが確実性の高い「じゃじゃウマ娘」というのが強であり、中距離以上の運用で課題となる回復スキルの確保がやり易くなっている。

固有スキルは「レース後半(半分以降)」かつ「レース中に回復スキルを発動させた状態」で上位3位にいると発動する、という特殊な条件。
特筆すべきは逃げウマ向きの、中盤で安定した発動が望める速度アップスキルということ。これに匹敵する固有スキルはこれまで存在せず(ダイワスカーレットスマートファルコンのようにレース展開に依存するものしかない)、終盤に向けた位置取りを非常に有利にする。コースの条件すら選ばない(ただし、「じゃじゃウマ娘」の方がコースと噛み合わない場合はある)。
なお、後半で初めて回復スキルを発動した場合はその間に発動するので、「スリーセブン」のみを習得させて残り777mのタイミングで固有を発動させるという芸当も可

チャンピオンズミティング環境においては、「先頭さえ取ったら最強」という形で逃げウマ娘革命したセイウンスカイに続いて登場したのもあり、「先頭を取った後の強さは劣るが、先頭を取ることにかけては最強」というスカイ対策を担える特性武器に、以降の逃げウマ娘界の筆頭として君臨している。
通常版の固有を継承するのは難しい(一応、継承ウマ娘にいれば継承イベントで貰える可性はあるが、それ以上に相性最悪となるデメリットが大きい)ため、加速スキルは当のスカイから拝借することが多い。

育成シナリオ解説

育成中のストーリーでは、序盤では皆の憧れの存在になるまでのと決意が、後半からは彼女の走りに魅せられたライバルたちとの戦いが描かれる。課せられるレースは全距離を走らされるもののマイル~中距離G1になっており、やろうと思えばスピードだけを集中的に伸ばして逃げ切るバクシン教攻略も可、ただしその場合ダービー門になる事、またシニア級からは一切の敗北が許されなくなるため、安定した完走すのであれば因子を利用して中距離適性をAまで伸ばすなどの対策をしておきたい。また、レースのほぼ全てがG1高難易度レースであることも考慮すると、総じて継承の仕様スキルの取得選択を身に着けた初中級者向けウマ娘といえるだろう。

なお彼女年齢不詳とはいえあくまで一介のウマ娘であるため、史実ではわなかったクラシック競争への出走が可になっている。ただし、史実由来の小ネタとしてスプリングステークスは他のウマ娘って回避し5人立てダービーでは必ず大外になるという演出がストーリー上で用意されている他、ラジオNIKKEI賞(旧:日本短波賞)で勝利するとG1以上のスキルポイントに加えて全UP&「注」になるという隠し要素が用意されている。

また、上述のように脚質が勝ちやすい逃げ向きで固有スキルも強、かつ距離適性を補えばマイルから長距離まで満遍なくを出し切れるため、クラシック三冠ニア三冠を狙っていくならば最も難易度の低いウマ娘の一人である。ニア級になるとマイル戦の安田記念を勝つための育成をしなければならない都合上、ニア三冠(=天皇賞春を勝つ必要がある)の達成は厳しいが

育成中に史実に沿った条件を満たすと貰える専用の二つ名では、彼女の代名詞ともいえるスーパーカーが入手できる。しかしその条件は敗で8連勝かつ2着に均7バ身以上の差をつける」と、普通にやって満たすにはかなりハード。獲得を狙うのであれば、オープンなどの格下レースの出走や長距離レースへの出走などの工夫が必要になる。これでも史実の成績とべたら緩和されてるんだから恐ろしい物である。

サポートカードとしてはR[トレセン学園]のみの実装となっている。流石に他のウマ娘達のSR以上のサポカと較するとあらゆる面で見劣りするが、重なパワーボーナスを所持している上に所持スキルにはレース序盤に前に行きやすくなる「先駆け」を始めとしたマイル系の使いやすいスキル5個で構成されており、今後のSR以上での実装が期待される。なお、育成中に発生するイベント名前は「マブいドライブだっちゅ~の」もはや何も言うまい。

楽曲

禁断Burning Heart
作詞作曲編曲Cygames (本田晃弘)
CDSTARTING GATE 02」収録。しゃくりあげるようなセクシーと、どこか懐かしいジャジーな曲調が印的。

関連ウマ娘

シンボリルドルフ個別記事
仲の良い友人であり彼女の相談相手。各作品において「見守る先輩」の代表格としてセットで登場することが多い。爆走する笑顔で相乗りしてくれる重な人物でもある。
展開が史実寄りの「シンデレラグレイ」においては、ルドルフ相棒であるエアグルーヴの代わりに相棒役を務める。アプリ版ではルドルフからは「流行に強い」と思われており、ルドルフグループSSRサポートでのイベントでは、(曾孫にあたる)カレンチャンと共にレクチャーをしている。
グラスワンダー個別記事
モチーフ朝日杯レコード勝ちし、その実績と立場から「マルゼンスキー再来」と言われたウマ娘では可がっている後輩であり、グラスにとってはえるべき存在。
スペシャルウィーク個別記事ウイニングチケット個別記事ライスシャワー個別記事メジロブライト個別記事
モチーフは孫。ウマ娘では後輩たちとしてスペとの関わりがしばしば描かれており、スペ以外の3人とも交流があり、特にメジロブライトとは容姿が似通っている。
サクラチヨノオー個別記事
モチーフ息子ウマ娘ではあちらから憧れの対として見られている。チヨノオーの育成シナリオにて最終標ではライバルにして「対決」というの一戦が待っている。
「助手席に乗った時は酔いがひどい」という共通点を持っている。
カレンチャン個別記事
モチーフは曾孫。あちらが「流行の最先端を行く」キャラクターになっているため、あまりにも絶望的なジェネレーションギャップ要員としての絡みがある。
デアリングタクト
モチーフは来孫(ひひひ孫)。現在のところウマ娘で最も世代の離れた組み合わせであり、最古と最新の競走馬の組み合わせでもあるが、果たしてジェネレーションギャップのほどはいかに。

史実

そのひと走りひと走りに、偉大なる名血の片鱗をターフに散りばめた傑がいた。

マルゼンスキー
八戦全勝という敗の成績が物語る通り、他をはるかに圧倒する強さが余りに印的だ。
卓越した類なきスピード。それは英国三冠馬ニジンスキー
脈々と続いてきたネアルコ血脈、そのの後継者のしでさえあった。

不滅の名血マルゼンスキー
私たちは心待ちにする、彼の産駒がクラシックを制する間を。

JRAヒーロー列伝 No.6 マルゼンスキーexit

桁外れの才を示しながら大舞台で実明する機会を与えられなかった悲運の最強デビュー当時の外ブームになぞらえ「スーパーカー」の異名を取った。
ちなみに厩舎の所属は「東京競馬場」。当時、美浦トレセンはまだ未完成であり、関東東京競馬場または中山競馬場、さらにあるいは千葉県白井にあった分場の厩舎に所属していた。ウマ娘マルゼンスキーの「一人暮らし」というのはこの史実に由来しているものと考えられる。

1974年生まれのNijinsky IIシル、Buckpasser。文句なしの世界的良血であり、胎内にいる時に一緒に輸入された「持込」。元は持込は内扱いだったのだが、の輸入が自由化された1971年から1984年までは外国産馬と同等に扱われ、外国産馬には厳しい出走制限が課されていたため、当時マルゼンスキーが出られるレースは非常に制限されていた。その数少ない出られるレースも出走が集まらずに中止になりかけることもあった。マルゼンスキーが強すぎたのである。

2歳10月新馬戦を大差(10身差以上)で圧勝、2戦を9身差で圧勝。3戦府中3歳ステークス(旧年齢表記、現:東京スポーツ杯2歳S)は上の中野渡清一が油断し[1]ヒシスピードに追い詰められて辛勝となるが、朝日杯3歳ステークス(現:朝日杯FS)は大差圧勝でレコードタイム記録。同レース1600m戦だが、1400m地点を当時の1400mの日本レコードより速いタイムで通過していた。

3歳時は初戦に中オープン競走に登録するもマルゼンスキーを恐れた他営がって出走を回避しあわや競争不成立になりかけるがなんとか5頭立てになり成立、この際「うちのを出走させてやるからどうかタイムオーバーにはしないでくれ[2]」と頼まれたことで始終抑えながら走り2身半差で勝利。この後折で3かの休養となるが復帰した5月にはオープン戦で7身差の圧勝。その次の日本短波賞(現:ラジオNIKKEI賞)では中何を思ったか一度止まろうとしてから再加速し、菊花賞を勝つプレストウコウに7身差をつける圧勝。短距離ステークスでは上が手を緩めてもレコードタイムで大差圧勝。脚質は逃げだが、絶対的なスピードの差で前に行ってしまうだけとも言われていた。

しかし、如何に強くても持込クラシック天皇賞――すなわち最高峰のレースのほとんどには出られない。戦・中野渡も「大外でいい、賞もいらない、他のの邪魔もしない、だからダービーを走らせてくれ」という旨の発言をしたとされるが、覆ることはなかった。しかもマルゼンスキーは生まれつき前脚の膝下が外反しており、ハード調教もできなければレースでも理ができず、いつ走れなくなるかもわからない。暮れの有馬記念が実明する最初で最後の機会と思われた。しかし、調教中の事故で軽度の屈腱炎を発症し、有馬記念は大事を取って回避。8戦して敗のまま引退、全レースの合計着差は61であった。

さようなら マルゼンスキー

り継ごう

おまえの強さを

昭和53(1978)年1月15日引退式当日に用意された横断幕

引退後は種牡馬となるが、そこで現役時代の念をらすが如く大活躍。G1を4頭輩出し、加えてとしても多数のG1を輩出。ウマ娘化されている面々からもわかるように、自身が走らずに終わった中長距離の活躍も多かった。1997年8月21日心臓麻痺により死亡。23歳没。

詳細は当該記事へ→マルゼンスキー

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ただしこれに関しては馬主であった橋本氏が同時出しのミスターケイとのワンツーを狙う為に「あまり離すな」と示したのも原因とされている。なお当はヒシスピードにこそ敗れたものの3着に入着している。
  2. *タイムオーバー……当時は一部重賞等を除きレースで1着から4(ダートでは5)以上遅れてゴールすると「タイムオーバー」とされ、出走手当の減額、該当の1ヶ出走停止など重いペナルティーが課せられるため、これの回避はかなり切実だった。現在では距離や新・未勝利などで細かく基準が分けられている

【スポンサーリンク】

  • 20
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マルゼンスキー(ウマ娘)

525 ななしのよっしん
2022/07/29(金) 18:52:40 ID: uTIm6+ewYS
平泳ぎぶっちぎるマブ…

SSRは試行回数重ねられる人向けかな?
526 ななしのよっしん
2022/07/29(金) 22:23:05 ID: 6eU4G6OPWI
水着濡れ透け描写にと
ウマ娘エロ警察に対する公式からの解答役を任されてるの他キャラにはできないなと納得してしまう
527 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 17:03:55 ID: ATUof2esVI
今回のイベント、史実のマルゼンスキーをなぞる感じがあったね。新入生時に圧倒的過ぎて他の現役を子供扱いというのがらしいちゃあらし
528 ななしのよっしん
2022/08/02(火) 12:28:49 ID: jj0W7B+n2c
タクトにとってもうおじいちゃんの匂いとかそういうレベルじゃなくて、NHKファミリーヒストリーに出てくる文献にのみ残ってる江戸時代のご先祖様とかそういう関係に……。
529 ななしのよっしん
2022/08/04(木) 19:24:08 ID: VlEt4XyQZl
そういえば今回のイベントで一応、在学生なのは確定したわけだ。
530 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 00:29:24 ID: Lcav19JFt6
そういえば、濡れ濡れイラスト、イベスト中にはなかったね?
531 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 19:14:40 ID: ti9O20H5fR
いや、在学してないのに制服着てその辺歩いてたら怖いだろ
532 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 19:03:03 ID: Lcav19JFt6
もし、まかり間違って第二次ナタデココブームティラミスブームが来てしまったら、どうするんだろう
533 削除しました
削除しました ID: vgOUGm+A9q
削除しました
534 ななしのよっしん
2022/09/23(金) 04:53:53 ID: tA0R8mUX5s
発売が5年ほど遅かったらタピオカナウい飲み物として好んでそうだったな