マルゼンスキー(ウマ娘)単語

マルゼンスキー
6.9千文字の記事
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

トレーナー君って、からかうと面そうよねぇ……。ふふっ♪」

マルゼンスキー

マルゼンスキー(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬マルゼンスキー」をモチーフとするウマ娘である。CVLynn

概要

誕生日5月19日 身長164cm 体重:理想的な仕上がり スリーサイズ:B93/W58/H88

颯爽としているが、どこか言葉遣いが古いお姉さん
走りに純な歓びを感じるスピード狂で、道路ではスーパーカーレース場では自らの脚でかっ飛ばす。
圧倒的なポテンシャルを持ちながらも偉ぶることなく、皆から慕われている。

マルゼンスキー|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

気さくで明るく、キレイで優しい。一見ステキなおさまウマ娘
しかしセンスは少し古臭く、世間とほんの少しずれているよう。
本人も気にしていて、そのせいか最近の流行りにはとても敏感である。

リニューアル前)

ボリュームのあるウェーブヘアを持つ大人っぽいウマ娘。後ろ頭にと同じくらい長いリボンをつけている。後輩の面倒見が良いお姉さんだが、お母さんっぽいと言われるのは本人的にはきついらしい。モチーフ的には孫どころか曾孫がいる。 センスのズレを気にしているため流行には敏感で、好きな食べ物は今流行り(本人談)ティラミスナタデココちなみにこれらが流行したのは90年代である。

モチーフになった競走馬が活躍した年代が70年代後半と飛び抜けて古く(他は古くて80年代後半)、ウマ娘には具体的な年齢設定はないが「最年長キャラ」のポジションにある。一応「生徒」なのに理事長秘書駿川たづな友人だったり、「タッちゃん」と名付けたランボルギーニカウンタックを乗り回していたりと年齢不詳な人。運転は相当をするようで、一緒に乗ったウマ娘は例外こそあれど大体満身創痍になって帰ってくる。特にたづなはドライブに誘われるのを本気で嫌がっている。

スーパーカー

また、ウマ娘舞台であるトレセン学園全寮制をとっており、基本的に全てのウマ娘が「東寮」か「美寮」のどちらかに所属しているのだが、彼女は全キャラクター一「一人暮らし」と設定されており、学園外の自宅に住んでいる。色々と特別扱いが認められている立場のようである。

勝負ベースに各所に黄色を配した制服トップスはセーラー服の上から立ち襟を重ねたハイブリッドな構造。尻尾に大きなリボンを結んでおり、ハイヒールの足元まで長く伸びている。

アニメでの活躍

トレセン学園最強チーム「リギル」の一員。憧れの先輩、面倒見の良いお姉さんとしての活躍が多く、モチーフ的に縁のあるスペシャルウィークグラスワンダーに度々ちょっかいをかけている。

サイドストーリーられたグラス有馬記念Blu-ray第4コーナーの新規エピソードBNWの誓い」におけるナリタタイシンの再起など、怪から復活した後輩を見るとついぐんでしまうようだ。

ゲームでの扱い

エンジンの違い、見せてあげるわ。
これが!あたしの!フルスロットルよ!」

育成キャラ:フォーミュラオブルージュ

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
96 68 86 100 100
バ場適性
ダート
A D
距離適性
距離 マイル 距離 距離
B A B C
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A E G G
成長率
固有スキル紅焔ギア/LP1211-M』
最終コーナー以降で前の方にいるとギアを変えて加速が上がる
ウマ娘テンプレートボックス

育成キャラ:ぶっとび☆サマーナイト

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
100 69 93 87 101
成長率
固有スキル『グッと来て♪Chu』
スキルで持久回復するとレース後半で前のほうにいる時にレッツラゴー!と速度を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

サービス開始時から育成ウマ娘として初期3[フォーミュラオブルージュ]が実装7月水着衣装[ぶっとびサマーナイト]が実装された。

距離適性はBABCと大きながなく、マイル戦場ではあるが継承次第ではオールA以上なんてことも可な反面、脚質の幅はミホノブルボンと並ぶワースト1タイであり、逃げがAでそれ以外は先行がかろうじてEな為基本は逃げ一択となる。
(史実のマルゼンスキーは中距離以上のレースには出走したことすらないのだが、後述の通り「走る機会がなかった」という遇があるため、それを尊重したものと考えられる)
また史実でダートを走った経験からかダート適性も少しだけあるので、継承次第では二刀流ウマ娘としての活躍も可だったりと、あらゆるレースを埋めて活躍できる可性を秘めたオールラウンダーとなっている。ただし、短距離ウマ娘扱いなのか継承相性に難があり、概ね「マイル以下」or「逃げウマ娘でないと壊滅的になってしまう。史実とは正反対である。

固有スキルは非常にゆるい条件かつ終盤で加速を上げられる重な効果であり、かなり優秀。継承の弱点を補えるだけの魅になっている。しかし弱点もあり、発動条件が緩い故にラストスパート前に発動してしまい直線に入る頃には既に効果が切れていたという事故が発生しやすい事、また覚醒で取得できるレアスキルマイル距離限定の物しかなく、回復スキルも一切取得できない為それ以外の距離で使用する際にはサポートカードを吟味する必要がある。

「せっかくのだもの!
フィーバーするっきゃナイナイ♪」

水着衣装では、成長率の割合はほぼそのままだがスキル面が大きく変化している。通常衣装較すると回復スキルが大きく増えており、中距離以上の運用で課題となる回復スキルの確保がやり易くなっている。
固有スキルレース中に回復スキルを発動させた状態で上位3位にいると発動する。回復スキルタイミングは不問なので、スリーセブンのみを取得させて残り777mのタイミングで固有を発動させるという芸当も可。効果も加速から速度アップに変化している為汎用性がさらに上がり、様々なレースでの活躍が期待できる。
とはいえコースによっては通常衣装の固有の方が強な為、運よく両方引けたのであればコースに応じて臨機応変に使い分けるのも有りだろう。

育成中のストーリーでは、序盤では皆の憧れの存在になるまでのと決意が、後半からは彼女の走りに魅せられたライバルたちとの戦いが描かれる。課せられるレースは全距離を走らされるもののマイル~中距離G1になっており、やろうと思えばスピードだけを集中的に伸ばして逃げ切るバクシン教攻略も可、ただしその場合ダービー門になる事、またシニア級からは一切の敗北が許されなくなるため、安定した完走すのであれば因子を利用して中距離適性をAまで伸ばすなどの対策をしておきたい。また、レースのほぼ全てがG1高難易度レースであることも考慮すると、総じて継承の仕様スキルの取得選択を身に着けた初中級者向けウマ娘といえるだろう。

なお彼女年齢不詳とはいえあくまで一介のウマ娘であるため、史実ではわなかったクラシック競争への出走が可になっている。ただし、史実由来の小ネタとしてスプリングステークスは他のウマ娘って回避し5人立てダービーでは必ず大外になるという演出がストーリー上で用意されている他、ラジオNIKKEI賞(旧:日本短波賞)で勝利すると通常より多くのスキルポイントに加えて全UP&注になるという隠し要素が用意されている。

また、上述のように脚質が勝ちやすい逃げ向きで固有スキルも強、かつ距離適性を補えばマイルから長距離まで満遍なくを出し切れるため、クラシック三冠ニア三冠を狙っていくならば最も難易度の低いウマ娘の一人である。ニア級になるとマイル戦の安田記念を勝つための育成をしなければならない都合上、ニア三冠(=天皇賞春を勝つ必要がある)の達成は厳しいが

育成中に史実に沿った条件を満たすと貰える専用の二つ名では、彼女の代名詞ともいえるスーパーカーが入手できる。しかしその条件は敗で8連勝かつ2着に均7バ身以上の差をつける」と、普通にやって満たすにはかなりハード。獲得を狙うのであれば、オープンなどの格下レースの出走や長距離レースへの出走などの工夫が必要になる。これでも史実の成績とべたら緩和されてるんだから恐ろしい物である。

サポートカードとしてはR[トレセン学園]のみの実装となっている。流石に他のウマ娘達のSR以上のサポカと較するとあらゆる面で見劣りするが、重なパワーボーナスを所持している上に所持スキルにはレース序盤に前に行きやすくなる「先駆け」を始めとしたマイル系の使いやすいスキル5個で構成されており、今後のSR以上での実装が期待される。なお、育成中に発生するイベントの名前は「マブいドライブだっちゅ~の」もはや何も言うまい。

楽曲

禁断Burning Heart
作詞作曲編曲Cygames (本田晃弘)
CDSTARTING GATE 02」収録。しゃくりあげるようなセクシーと、どこか懐かしいジャジーな曲調が印的。

関連ウマ娘

シンボリルドルフ個別記事
仲の良い友人であり彼女の相談相手。各作品において「見守る先輩」の代表格としてセットで登場することが多い。爆走する笑顔で相乗りしてくれる重な人物でもある。
展開が史実寄りの「シンデレラグレイ」においては、ルドルフ相棒であるエアグルーヴの代わりに相棒役を務める。
グラスワンダー個別記事
モチーフ朝日杯をレコード勝ちし、その実績と立場から「マルゼンスキー再来」と言われたウマ娘では可がっている後輩であり、グラスにとってはえるべき存在。
スペシャルウィーク個別記事ウイニングチケット個別記事ライスシャワー個別記事
モチーフは孫。ウマ娘では後輩たちとしてスペとの関わりがしばしば描かれており、スペ以外の2人ともゲームでは多少絡みがある。
サクラチヨノオー個別記事
モチーフ息子ウマ娘ではあちらから憧れの対として見られている。
実は、「助手席に乗った時は酔いがひどい」という共通点がある。
カレンチャン個別記事
モチーフは曾孫。あちらが「流行の最先端を行く」キャラクターになっているため、あまりにも絶望的なジェネレーションギャップ要員としての絡みがある。

史実

さようなら マルゼンスキー

り継ごう

おまえの強さを

昭和53(1978)年1月15日引退式当日に用意された横断幕

桁外れの才を示しながら大舞台で実明する機会を与えられなかった悲運の最強デビュー当時の外ブームになぞらえ「スーパーカー」の異名を取った。
ちなみに厩舎の所属は「東京競馬場」。当時、美トレセンはまだ未完成であり、関東東京競馬場または中山競馬場、さらにあるいは千葉県白井にあった分場の厩舎に所属していた。ウマ娘マルゼンスキーの「一人暮らし」というのはこの史実に由来しているものと考えられる。

1974年まれのNijinsky IIシル、Buckpasser。文句なしの世界的良血であり、の胎内にいる時に一緒に輸入された「持込」。元は持込は内扱いだったのだが、の輸入が自由化された1971年から1984年までは外と同等に扱われ、外には厳しい出走制限が課されていたため、当時マルゼンスキーが出られるレースは非常に制限されていた。その数少ない出られるレースも出走が集まらずに中止になりかけることもあった。マルゼンスキーが強すぎたのである。

2歳10月新馬戦を大差(10身差以上)で圧勝、2戦を9身差で圧勝。3戦府中3歳ステークス(旧年齢表記、現:東京スポーツ杯2歳S)は上の中野渡清一が油断し[1]ヒシスピードに追い詰められて辛勝となるが、朝日杯3歳ステークス(現:朝日杯FS)は大差圧勝でレコードタイムを記録。同レース1600m戦だが、1400m地点を当時の1400mの日本レコードより速いタイムで通過していた。

3歳時は初戦に中オープン競走に登録するもマルゼンスキーを恐れた他営がって出走を回避しあわや競争不成立になりかけるがなんとか5頭立てになり成立、この際「うちのを出走させてやるからどうかタイムオーバーにはしないでくれ[2]」と頼まれたことで始終抑えながら走り2身半差で勝利。この後折で3かの休養となるが復帰した5月にはオープン戦で7身差の圧勝。その次の日本短波賞(現:ラジオNIKKEI賞)では中何を思ったか一度止まろうとしてから再加速し、菊花賞を勝つプレストウコウに7身差をつける圧勝。短距離ステークスでは上が手を緩めてもレコードタイムで大差圧勝。脚質は逃げだが、絶対的なスピードの差で前に行ってしまうだけとも言われていた。

しかし、如何に強くても持込クラシック天皇賞――すなわち最高峰のレースのほとんどには出られない。戦・中野渡も「大外でいい、賞もいらない、他のの邪魔もしない、だからダービーを走らせてくれ」という旨の発言をしたとされるが、覆ることはなかった。しかもマルゼンスキーは生まれつき前脚の膝下が外反しており、ハード調教もできなければレースでも理ができず、いつ走れなくなるかもわからない。暮れの有馬記念が実明する最初で最後の機会と思われた。しかし、調教中の事故で軽度の屈腱炎を発症し、有馬記念は大事を取って回避。8戦して敗のまま引退、全レースの合計着差は61であった。

引退後は種牡馬となるが、そこで現役時代の念をらすが如く大活躍。G1を4頭輩出し、加えてとしても多数のG1を輩出。ウマ娘化されている面々からもわかるように、自身が走らずに終わった中長距離の活躍も多かった。1997年8月21日心臓麻痺により死亡。23歳没。

詳細は当該記事へ→マルゼンスキー

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ただしこれに関しては馬主であった橋本氏が同時出しのミスターケイとのワンツーを狙う為に「あまり離すな」と示したのも原因とされている。なお当はヒシスピードにこそ敗れたものの3着に入着している。
  2. *タイムオーバー……当時は一部重賞等を除きレースで1着から4(ダートでは5)以上遅れてゴールすると「タイムオーバー」とされ、出走手当の減額、該当の1ヶ出走停止など重いペナルティーが課せられるため、これの回避はかなり切実だった。現在では距離や新・未勝利などで細かく基準が分けられている

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マルゼンスキー(ウマ娘)

425 ななしのよっしん
2021/08/28(土) 11:30:49 ID: ATUof2esVI
>>419
生産全期間通してカウンタックイメージカラー(人気だったが)だから間違いないだろうね>=タっちゃん
426 ななしのよっしん
2021/08/29(日) 23:43:13 ID: fjmtN/2/3d
逃げは先行とべて回復複数つみにくいからネイチャ×2の方が怖い。決勝はネイチャ0だったお陰で
事勝ちパターン入って逃げ切れた。2回戦でネイチャだらけになった時はどうなる事かと・・・
427 ななしのよっしん
2021/08/31(火) 22:07:10 ID: PRX2YpaMKG
マブ持ってないがなんのかんのでステの最適解がなくて
スピードカンストが前提ゆえに難しいんだろうな
というのは対戦相手からつとに感じる

レオ杯決勝で勝てたのは相手のマブが賢さCだったからだと思うが
とはいえスタミナとパワーはA+だったからな
しかしながら予選で賢さSSだったとしてもスタミナパワーがBだと
多少の焦りデバフを食らえば先行組に捕まるが大体だったし
428 ななしのよっしん
2021/09/03(金) 12:49:30 ID: TThSMIP72j
スレチ気味かもしれないけど櫻井ドラマネメシス」に出てくるスピードキャラ上原以子」がマルゼンスキーに似てるなーって思ったけど、どちらも元になったモデルいるんかな?
偶然なのか両方ともで乗った人がグロキーになるところもそっくりだったし…
429 ななしのよっしん
2021/09/04(土) 09:01:27 ID: fjmtN/2/3d
ヴァルゴ杯はこれスタミナデバフほぼ効かんし独占もない、怖い先行向け加速もないで
ウンス継承マルのほぼ一強だな。半端なマルなら差しでワンチャン行けるけど
スピードSS+パワーA+賢さS以上のウンス継承地固めマルは運ゲーすら厳しい
430 ななしのよっしん
2021/09/05(日) 20:26:11 ID: PRX2YpaMKG
>>429
でもなんかそこで挙げたのからパワーと賢さは一回り下なステのバクシンオーで差せたんだよね・・・
ステはある程度以上まできたらスキル数勝負に結局はなってる感覚がある
バクシンオーは競ってるときが発動トリガーだし
431 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 18:36:22 ID: NtOSuURb/r
現在チャンミの地固め…ってか逃げ自体が、マルを持ってるか否かで必要か決まる。って認識でいいレベル
432 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 18:53:07 ID: 2CkC8gpPHe
詳しい環境をまだ知らないんだけどコーナーでも固有で安定して先頭に立てるならその通り
433 ななしのよっしん
2021/09/16(木) 16:43:42 ID: OpB/Qu2wFQ
強いと言われてる時にウマ引換券が来たからかやたらマル持ちが増えたな
そん代わりマルなら黙ってても勝てるとばかりに育成したであろう中途半端なマルも増えたけど
434 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 07:36:24 ID: nr/uYANjv6
テレビ平野ノラ見かけたら
ゴルシキタサンが笑っている横で
「わあ、オシャレな人ね」とか言いそうだな

急上昇ワード改