エアグルーヴ(ウマ娘)単語

エアグルーヴ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

レース前だからといって調子に乗るな。特別扱いをする気はない

エアグルーヴ

エアグルーヴ(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬エアグルーヴ」をモチーフとするウマ娘である。CV青木瑠璃子

概要

誕生日4月6日 身長165cm 体重:見事な仕上がり スリーサイズ:B90・W57・H86

“女”と呼ばれる生徒会副会長
は数々の偉業を成し遂げたウマ娘で、後進をも育成し、理想を示してくれた。その陶を受け、自分も理想になりたいと考えている。じつはが好きという意外な一面も。
生徒会長シンボリルドルフ同志と思っている。

抜群のレースセンスと驚異的な末脚を得意とする”女”と讃えられるウマ娘

容姿端麗、学業優秀。何でも璧にこなす才媛。まさしく高嶺の
そしてそのにふさわしい高すぎるプライドを持つ。

が隠れ気味なショート元の化粧立つウマ娘トレセン学園生徒会三役の一人。

勝負黄色を基本色としたセーラー服に左肩にマントを羽織っている。

史実でのエピソードから、自分に向けてフラッシュを焚かれると激怒するのがお決まりのネタ

母親はかつてオークスを制したウマ娘で(史実通り。ただしそのご本人の名を持つウマ娘かは不明)、ゲームの育成シナリオ中で実際に登場するその人物像はとは逆の極めて俗っぽい陽気な女性。しかしそのを強く尊敬していることが言動から見て取れる。

ちなみに、初期のプロフィールには「レース中のとあるトラウマが原因で男嫌い」という設定があった。これは恐らく、絶頂期のエアグルーヴとんでもない状態で走って勝したピルサドスキー(詳細は記事参照)に由来するものと思われるが、そもそもウマ娘世界で「レースで男にトラウマができる」設定に理があるためか、あるいは近しい仲であるメジロドーベルと要素が被るためか、後にこの記述が削除されており、アニメゲーム等でも特にそういった描写はない。代わりにピルサドスキーの近親者であるファインモーションとの絡みからその縁を感じさせるようになっている。

アニメでの活躍

トレセン学園最強チーム「リギル」の一員。また生徒会メンバーとして会長の呼び出しをスペシャルウィークに伝えに来た。

学園感謝祭ではシンボリルドルフテイエムオペラオーフジキセキらと共に執事にて接客をしていた。

チームメイトであったサイレンススズカとは宝塚で死闘を繰り広げるライバルとして立ちふさがり、秋の天皇賞以後は彼女の身を案じる一面を見せた。

Blu-ray第4コーナー収録の新規エピソードBNWの誓い」では駅伝メンバーの一人であったエアシャカール(同冠名つながり)を気にかけていた。

Season2ではレースに絡まないものの、副会長という役柄としての出番はある。

ゲームでの扱い

育成版は2で実装3への才で固有勝負になる。

距離戦を統べる女であり、中距離育成がもっともしやすい部類に入る一人。
というのも、多くの中距離巧者が天皇賞(春)菊花賞有馬記念といった長距離戦のレース対策を強いられる中、エアグルーヴにはそれがないのである。序盤2戦のレースこそマイル戦だがB適性なので調整で対応しやすい上、マイルでは必要なスタミナが減るため、むしろスピードを重視すると間に合わなくなりがちなスタミナ育成を後回しにできるメリットにすらなっている。
脚質は先行と差しの二択。固有スキルの条件「最終コーナーで後ろから追い抜く」を満たすためには差しの方が適正だが、立ち回りは先行の方が安定しがちなので悩ましいところ。

なお、チームレース用としては本来の適性と異なる短距離担当として育てられることが多い。
リリース時点の面々では、短距離適性があるウマ娘のうち2以下はサクラバクシンオーキングヘイローの2人しかおらず、しかも3のタイキシャトルマルゼンスキーは入手できても同じく適性持ちの層が薄いダートに回す選択肢が浮上してしまうので、チームレースの短距離3つをえるのがかなり難しい。
そこで2であり、素の短距離適性がCと因子継承で理なくAに上げられる範囲で、長距離戦を強いられないので短距離育成に大きな理がないエアグルーヴはそのを埋めるのにうってつけなのである。
問題としては短距離では差しがやや使いにくいとされる点があり(この問題はキングヘイローにもつきまとうが)、固有スキルの運用と択一気味になる。
距離ほどではないが手薄にはなるマイル(適性B)でもほぼ同じ理由から活躍できる。

やる気ダウンイベントに「シンボリルドルフがさりげなく仕込んだダジャレに気づけなかった自分の不徳を恥じる」とツッコミどころ満載の要因のものがあり、そこから「ルドルフダジャレネタ=『エアグルーヴやる気が下がった』」という定レスポンスがすっかり定着することとなった。
ただしこれは正しくなく、見ての通り原因は「ダジャレに気づけなかったこと」。ダジャレ自体ではそうそう動じないので、ダジャレやる気が下がるという扱いは不適切である。そもそもダジャレの度にやる気下がってたら常時絶不調になっちゃうだろ。

サポートSRとRで初期実装。やはり中距離用のスキルえる他、育成の覚醒Lvスキルにもある脚質・追い込みに対するデバフを有するのが特徴的。現状チームレースでは追込ウマ娘が少ない(短距離なら尚更)し育成のライバルに殊更出てくるわけでもないので実用性は乏しいが。

関連ウマ娘

サイレンススズカ個別記事
モチーフは複数回対戦経験のある1歳下で、同じ上(武豊)を持つ同士。ウマ娘においてはライバルとして意識しながらも気の置けない友人でもある。同期ウマ娘的に層が薄く(キャラ付け的に同期感のないシンコウウインディだけ)、古時代の活躍で較的接点も多いためか、スズカを始めとして1つ下の97クラシック組が同期に近い扱いになっている感もある。
メジロドーベル個別記事
モチーフは1歳下で何度となく競い合った名同士。スズカや他の97年組(タイキシャトルマチカネフクキタル)が気安く接しているのに対して、ここは堂々たる女に対してメンタルに難のあるドーベルが憧れている先輩後輩の関係性になっている。
シンボリルドルフ個別記事
生徒会会長。尊敬の対だが、一方で会長無茶振りに対するお付け役という立場もある。モチーフの関わりは特別ないが、奇しくもよく似た異名を付けられた2頭である。
ファインモーション個別記事
モチーフは同厩舎の後輩で、アレな因縁があるピルサドスキーの半。ついでに戦も武豊。その縁からウマ娘ではルームメイトであり、爛漫なファインにしばしば翻弄される。そしてファインの「実家」と関わりを持つことは嫌がる。
ダイワスカーレット個別記事
モチーフは後年(11歳下)の名スカーレットの憧れの先輩としてしばしば名が挙がる。

史実

96年、オークス

5頭がもつれた世紀の大戦の末に生まれた、女王ダイナカール

そのが、再びレースを支配する。

額の流星は宿命か。オークス、親子制覇。そのの名は…

2012年オークスCMより

1990年代を代表する「女」と称された名

1993年まれの凱旋門賞を制した「府中トニービンオークスダイナカール

生まれた直後に伊藤雄二調教師から「性別が違えばダービー獲れる」と惚れ込みを説得の末に購入させた程の逸材。

デビュー前から注されたもののトニービンに似て気性が荒かった(後に善)。

上に武豊を迎えて1995年札幌競馬場デビューするもクビ差2着。次走は勝つも阪神JF上が替わった上にスローペースの影で2着。

クラシック年になるとチューリップ賞こそは勝つものの桜花賞では発熱により回避。
休養明けで臨んだオークスではノースサンデー突然外に斜行し外に回されるという不利があったにも拘らず桜花賞ファイトガリバーを抑え勝利し、二代オークス制覇を果たした。

秋華賞では出走前のパドックフラッシュ撮影のせいで入れ込んだ影で10着と惨敗。しかもレース後には右前脚の折が判明し長期離脱となった。(これによりパドックでのフラッシュ撮影禁止となった)

年が明けて復帰戦(マーメイドステークス)を勝利した後に札幌記念勝利を得てエリザベス女王杯ではなく秋の天皇賞へ出走。前年3歳ながら同レースを制したバブルガムフェローに次ぐ二番人気覚醒前のサイレンススズカの大逃げから始まったレースでは直線でバブルガムフェローを破りクビ差の勝利をもぎ取る。
これにより17年振りにして2000m時代で初の天皇賞(秋)となった。

次走ジャパンカップ上(武豊)をして「璧なレース」をするも勃起ピルサドスキーとの壮絶な叩き合いに負けクビ差の2着。その次の有馬記念は3着と惜敗が続いた。しかし、天皇賞での勝利が評価されとしてはトウメイ以来の年度代表に選出された。

98年も現役を続行し初戦の大阪杯メジロドーベルらを下して勝利するも、宝塚では覚醒したサイレンススズカステイゴールドの後を拝す(3着)。札幌記念には過酷ともいえる58kgを背負いながらも3身差で連覇。

その後連覇の掛かった天皇賞(秋)ではなくエリザベス女王杯へ出走。
上だった武豊沈黙の日曜日の影前週のレース騎乗停止処分で乗り替わりとなった中で1番人気に支持されるも見通しが甘かったのかメジロドーベルらに敗れる3着。

JCではタイトなローテながらも日本勢上位三頭独占(エルコンドルパサースペシャルウィーク)という快挙の中で2年連続2着。

引退レース有馬記念では武豊に戻るもレース中の落の影もあってグラスワンダーの5着に終わった。

ピークを過ぎたであろう5歳(旧6歳)シーズンまで走りながら、トラブルに見舞われた2レースを除く17戦全てで3着以内。それも、まだの格が低く見られていた時代にありながら古以降はほぼ全て混合戦を走っての結果である。獲得G1は2つと多くないが、その偉大さは後年の名たちにも決して引けを取らない。

引退後は繁殖入りし、サンデーサイレンスとの間に生まれた初アドマイヤグルーヴエリザベス女王杯を連覇という快挙を皮切りにG1としてルーラーシップポルトフィーノを輩出ととしても大きな成果を残し、ルーラーシップアドマイヤグルーヴドゥラメンテの種入りによって現在も数多くの子孫がレースを走っている。

2013年キングカメハメハを生んだ直後に内出血で亡くなった。享年20歳。

詳細は当該記事へ→エアグルーヴ

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エアグルーヴ(ウマ娘)

68 ななしのよっしん
2021/04/28(水) 14:18:02 ID: PfDvkA8O40
2だけど数回ガチャ回せばスターが貯まってすぐに☆3になるよ
69 ななしのよっしん
2021/04/28(水) 16:38:18 ID: UzjZqF+cTc
エアグルーヴストーリーでのライバルって、結構が多いんだよね。
でのライバルで言うと、未実装ビワハイジとかになるのかな?
70 ななしのよっしん
2021/04/29(木) 13:44:49 ID: zxdpP4KHTn
うまぴょいが一番似合わない子
何か見てはいけないものを見た気分になる
71 ななしのよっしん
2021/05/01(土) 14:20:15 ID: 9YJMcLO06s
>>70
-ヮ- の顔とかね わかる
だがそれがいい皇帝もそうだけど)
72 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 04:00:29 ID: Yr4lpJ0Ep5
勝負3Dモデルは原案よりえっちな気がする
それはそれとして、女さんは妻になって欲しいウマ娘ナンバー1だと思う
73 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 19:51:11 ID: Q5YSwgnWRY
うちの厩舎にはなぜかこのだけ来てくれない
74 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 22:57:00 ID: mOJ7Dk4LaD
トウカイテイオーの育成をやってて、テイオー(帝王)から『「お母さん」みたい』と言われて困惑するエアグルーヴ(女)の下りは毎回見ていてニコニコさせられるんだよなぁ
75 ななしのよっしん
2021/05/04(火) 15:27:56 ID: V7DX9qOLVH
URAF攻略自体は楽な方だけど自で覚えられるスキル全に活かせる様な育成を試みようとすると結構難しいタイプかもしれんと思い始めた
76 ななしのよっしん
2021/05/07(金) 08:17:26 ID: 7neFIW7zn8
>>69
同期ならファイトガリバーファビラスラフインじゃないかなぁ。
ただ両方ともくに故障してしまったからね。
下の世代のメジロドーベルでのライバルなのかなーって感じだけどやっぱりバブルガムフェローと競ってる印が強いかも
77 ななしのよっしん
2021/05/10(月) 00:08:19 ID: JrUwWa2FKZ
ドーベルがガチ恋勢になってしまうのも納得しかない
ウマ娘はどの子も魅的で育成するたびに推しが変わるけど、人間として一番好感持てるし応援したくなるのはたぶんこの子

急上昇ワード改