ナリタブライアン(ウマ娘)単語

603件
ナリタブライアン
8.4千文字の記事
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

レース前にああだこうだと口上は垂れん。ただブッちぎる」

ナリタブライアン(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ナリタブライアン」をモチーフとするウマ娘である。CV衣川里佳2代目2020年12月~) ※初代CV相坂優歌キャスト変更に関してexit

概要

誕生日5月3日 身長160cm 体重:レースに支障なし スリーサイズ:B91・W58・H85

無双の走を誇る、強大で想な一匹
その走りはトレセン学園内で畏怖されており、本人も恐れられている。走り以外に興味はなく己がうちの渇きを癒すことだけをめて疾走する。
ビワハヤヒデであり、意外にも生徒会において副会長をつとめている。

ナリタブライアン|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

一匹オオカミウマ娘。硬で頑固。慢強いところもあり、どんなことがあっても感情を表に出すことはない。
めったに笑わないため、周囲からは近寄りがたいと恐れられている。

にテープ(※)をつけたポニーテールウマ娘トレセン学園生徒会三役の一人。注連縄をリボンのようにしてを縛っている。
(※ハッキリとはられていないが、部位からしていわゆる腔拡テープと思われる。実際、呼吸を善するという点からアスリートが用いる例は多い)

勝負服ピンクを基本色としながらバンカラを取り入れたワイルドデザイン。裾の破れたランを羽織り、ファーで胸元に留めている。スカートは股下ギリギリ、上半身は胸にサラシを巻いて申し訳程度のセーラー襟と肌の露出が多い。右足の腿から付け根にかけて包帯が巻かれており、その上から注連縄を巻いている。

競走馬ナリタブライアンの代名詞であるシャドーロールの要素は、テープ(つける場所)と勝負服のファー(形)に分けたような形になっている。

アニメでの活躍

トレセン学園最強チーム「リギル」の一員。出番は少ないものの、チームメイトヒシアマゾンとの絡みは「2018年にこのカップリングが見られるとは」と競馬ファンを沸かせた。ビワハヤヒデライバルとしても意識しており、ウィンタードリームトロフィーでは彼女との姉妹対決に闘志を燃やす。

Blu-ray第4コーナー収録の新規エピソードBNWの誓い」ではメインを務めるハヤヒデナリタタイシンとの絡みが描かれており、事実上4人メインキャラクターとして活躍する。

格のある堂々とした性格だが、私服がダサかったり絵が下手だったりとたまに残念な一面を見せている。

アニメ1期はスペシャルウィークの現役時代を扱ったため、三冠ウマ娘として名を挙げられたが、アニメ2期ではビワハヤヒデ全盛期が扱われることになったため、時系列を合わせると彼女クラシック出走は来年ということになってしまう。「アニメ1期と2期で時系列が逆」ということのを最もモロに受けているウマ娘の一人。2期では生徒会メンバーとしてやハヤヒデとの絡みで登場しているものの、彼女の戦績についてはられていない。

ゲームでの扱い

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
93 89 100 89 79
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F B A A
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
G A A D
成長率
固有スキルShadow Break
最終コーナー以降で外から追い抜く怪物的なで、速度を上げる
中盤競り合っていた場合はすごく上がる
ウマ娘テンプレートボックス

目標レース

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. ジュニア12月前半:朝日杯フューチュリティステークス(G1)で5着以内
  3. クラシック4月前半:皐月賞(G1)で5着以内
  4. クラシック5月後半:日本ダービー(G1)で3着以内
  5. クラシック10月後半:菊花賞(G1)で3着以内
  6. クラシック12月後半:有馬記念(G1)で3着以内
  7. ニア3月後半:阪神大賞典(G2)で1着
  8. ニア4月後半:天皇賞(春)(G1)で1着
  9. ニア10月後半:天皇賞(秋)(G1)で1着
  10. ニア11月後半:ジャパンカップ(G1)で1着
  11. ニア12月後半:有馬記念(G1)で1着

概要

2021年5月17日実装
OPムービーラストカットライブの中で一初期実装ウマ娘でなかったが、ようやく全員い踏みとなった。

史実通りレースには朝日杯FSクラシック三冠有馬記念と組まれている。
その後は阪神大賞典天皇賞春ジャパンカップ有馬記念(史実では5歳時のみの春天以外は史実通り)であり、ニア級は全レース1着必須。

特徴的なのは、ニア級までにGI5勝を達成する標全勝で自動的に条件達成。クラシック三冠が条件とも言われているが三冠取れなくても発生した報告があり)と、シニア1月に年度代表ウマ娘に選ばれるイベントが発生し、現れる選択肢で上の選択肢たちとの戦いを望み『出席する』を選んだ場合ライバルが大幅に上がり、その代わりに獲得できるステータス上昇とスキルポイント獲得量が上がり、スキルヒントも強化される。要するにハードモード実装されているということである。

また、ルートによってライバルとなるウマ娘自体も変化する。通常ルートライスシャワーマチカネタンホイザといった史実の4歳時(1995年)に準じた面々が登場する「故障のない史実ルート」だが、ハードではメジロマックイーンミホノブルボンオグリキャップシンボリルドルフという、史実では交わり得ない最強もといウマ娘たちと戦う、ウマ娘ならではのifルートである。

ハードのほうのライバルたちのステータスは本当に情け容赦のないもので、初戦となる天皇賞(春)突するメジロマックイーンは、難関として名高いライスシャワー育成時のマックイーンからさらに全ステータス100近く上昇した事でスタミナは600(B)に到達し、ハードモードの足切りどころか首切りとして君臨。最終レースとなる有馬記念ではスピードスタミナが700(B+)える、URAファイナルズ決勝よりかに強いマヤノトップガンが相手という難しいを通り越して極悪難易度となっている。生半可なステータスでは突破できないので心すること。
なお姉貴であるビワハヤヒデは史実通り前年の秋天後故障しリハビリとなっていて秋天には出走しないが、最後のシニア有馬記念にはルートを問わず出走し史実ではついぞわなかった姉妹対決が実現する。マヤノとべるとは見劣りするがそれでも高いを有している。

標に含まれていないクラシック宝塚記念に出走した場合、故障する前の本格化したハヤヒデと先んじて対決できる隠しイベントもある。ただし本格化ぶりを反映してハヤヒデステータスオールCと、時期を考慮するとハードモード並の悪ぶりなので覚悟して臨むこと。

なお、史実での最終レースとなり何かと高松宮杯高松宮記念標に含まれていない、というか出走できないので「因子で適性上げて史実えチャレンジ」はできない。本作は2週で1ターンという番組で組まれている都合上、高松宮記念阪神大賞典が同じターンにあり、史実で2回出走した阪神大賞典の方が標に採用された形である(育成シナリオのシニア級は4歳以降のエピソードがまぜこぜにされるケースもあるが、ブライアンは概ね4歳時準拠なので、5歳時に出走した高松宮杯が採用されないのは当然ではある)。

固有スキルは「外から抜かす」部分で不発してしまうことがあるが、「最終コーナー以降」という緩い定のおかげでコースによって機しないことが少なく、本人の距離適性の広さを十分に活かせる優秀なスキル。抜けるチャンスが多いに越したことはないので後方向きではあるが、先行でも機はする。
元々悪くない性であったが、1周年バランス調整では条件つきで「すごく上がる」になるよう強化された。

覚醒レベルで覚えるレアスキルは「ハヤテ一文字」(Lv3)「全身全霊」(Lv5)となっていて、固有スキルも合わさりブライアンの特徴である驚異的な伸びの末脚を再現している。
ただ「ハヤテ一文字」は実は効果時間が極端に短く使いにくすぎるスキルだったのだが、1周年バランス調整で実用的なレベルまで延長されたため現在では安心して運用可。「全身全霊」も強化されたため、バランス調整の恩恵は多く受けていると言える。
育成途中は先行で事故率を下げ、パワーが育ってきたら差しにして固有を発動させやすくする多くの王道ウマ娘の育成方法が通用するだろう。
なお、レースのみの出走だとファイナルズがしく長距離になる(長距離が1回多い)ので標外出走をほとんどしていない場合は注意。

中長距離AでありながらマイルBというのは現状一の特徴で、長距離がBのオグリキャップエルコンドルパサーと並びデフォルト適性で幅広いレースに出走可。とはいえ成長率や所持スキル的にも中長距離以外での運用には向かないが、マイル適性がないと序盤の立ち回りが不利な「Make a new track!!」では、同じ中長距離ウマ娘に対して差をつけられる強みとなっている。

固有二つ名は言うまでもなく「シャドーロールの怪物」からだが、ウマ娘的には不自然さがあるためかアレンジされている。を恐れてたから着けてたんじゃんとは言わないで。史実の項の通り全盛期には本来の用途で付けていないのである意味原作再現とも言える。
条件は見ての通り、史実通りの着差をつけなければならないのが最大の難関ハードモードの対となるのは元から1着必須のシニア有馬だけなので、難度はどちらのルートでも大差ないか。

メインストーリーでは4章の主人公を務め、三冠達成から有馬記念優勝後の故障と不振、本来の走りを失いながらもマヤノトップガン闘を繰り広げる阪神大賞典……と現役時代の大半をなぞっていく内容になっている。

サポートカード

サポートカードは育成ウマ娘実装からもしばらく未実装だったが、2021年7月11日アップデート実装されたメインストーリー第4章のクリア報酬としてSSR[Two Pieces]が実装。遅れてR[トレセン学園]も追加された。10月末にはガチャSSR[嗤う鏑矢]が追加。

所持スキルは中長距離・先行差しと本人の適性通りに散らばっていて8種類と多めなので的を絞りにくいが、全体的に優良スキルった優秀な内容。

SSR[Two Pieces]

スピードタイプ
実姉ビワハヤヒデセットで写っており、メインストーリー報酬カードでは複数人のイラストは初めてである。イベント内容でも姉妹それぞれの様子がクローズアップされている。

サポート効果は、スピードボーナスが固有ボーナスとで二重になっているのが特徴。優秀なヒントも最大Lv4で習得できて存分に活かせる。
一方、スピードボーナス以外の非友情トレーニング補正はかなり貧弱なこと、初期0なのが短所。汎用的に使うにはが強い性

そして、レアスキルは「くじけぬ精」確定。メインストーリーの内容ともマッチするこのスキルだが、先行用で中盤に後方にいる時に発動するリカバリー用のスキル(下位「まき直し」)であり、一言で言うと極めて使いにくい

SSR[天嗤う鏑矢]

スタミナタイプストーリーイベント「晩、囃子きたる」合わせのカード

サポート効果は良い意味でソツがなく、4状態での性較では文句なしに優良。
ただ、レアスキルが「ハヤテ一文字」なので前述の理由から魅に乏しく、レンタルして使うほどではないという感じの評価であった。
現在では性向上に伴い、レアスキル面もある程度評価して扱えるようになった。
実装時から現在まで共通して言えることとして、今のところスタミナサポカの時点で長距離用の育成で使われることになりがちなので、「ハヤテ一文字」の汎用性が育成内以外では発揮されにくいのが玉に瑕。

楽曲

シャドーロールの誓い
作詞作曲編曲:Haggy Rock
CDSTARTING GATE 06」収録。孤高の佇まいがある彼女が内に秘めた弱さや不安を歌う曲。トレードマークシャドーロールを見事に楽曲に落とし込んでおり、競馬モチーフとしても完成度が高い。もっとも、ここまで言及している通り、現在の設定だと「シャドーロール」そのものは設定から排されているのでちぐはぐになってしまっているのだが。
BLAZE
作詞安藤紗々 作曲編曲大和
CDWINNING LIVE 02」収録。アプリメインストーリー4章ラストを飾る楽曲。まるでその名の如く燃えるような叙情的な歌詞は、命を燃やし駆け抜けたナリタブライアンの生涯を想起させる。

関連ウマ娘

ヒシアマゾン個別記事
モチーフ同期で対戦経験もあるであり、モチーフの時点で男女ペアとして人気がある。ウマ娘においてもライバルであり、ブライアンはよく突っかかってくるアマゾン可愛い人だと思っているようだ。『うまよん』でアマゾン弁当を持たせたり女房役でもある。ブライアン彼女を「アマさん」と呼ぶ。
ビワハヤヒデ個別記事
モチーフは1歳上の半(異)。ウマ娘ではで、作品内では希少な姉妹ウマ娘彼女のことは「姉貴」と呼ぶ。上記の通り、シナリオで史実ではわなかった兄弟ならぬ姉妹対決が実現し、メインストーリー第4章でもエピローグに「一度は(史実通りに)白紙となった姉妹対決を迎えた場面」を置いている。
マヤノトップガン個別記事
モチーフは1歳下で、晩年のブライアンるうえで欠かせない相手。ウマ娘では、イマドキの女の子マヤノと逆なブライアンの構図で、マヤノに(ライバルとして)見初められ一方的アタックを仕掛けられる。
ゲームではマヤノの育成シナリオでこの関係が物語の中心となるが、一方でブライアンシナリオでは描かれる時期の兼ね合いもあって重視されず、史実の時系列通り最後の有馬記念対決する程度。ただし前述の通りハードモードではえげつないで現れる。メインストーリー第4章では阪神大賞典クライマックスに配しているため重要人物だが、ライバル関係よりブライアンの内面に焦点を当てているため絡みは控えめ。
ナリタタイシン個別記事
モチーフはハヤヒデ同期で同馬主の1年先輩ウマ娘では友で先輩。「BNWの誓い」では怪に苦しみ引退を考えている彼女に自身が復活勝利を挙げたレースについて話した。
ウイニングチケット個別記事
モチーフは同じくハヤヒデ同期ウマ娘として友兼先輩。育成シナリオではケガをしたハヤヒデリハビリに献身的に付き添い、メインストーリー第4章ではチームメイトとして自らの経験からブライアンサポートし、結果的に姉妹と最も接する存在になっている。
ライスシャワー個別記事
マチカネタンホイザ個別記事
モチーフは同時期ターフを賑わせていた2歳上で、ライスシャワーとはブライアン全盛期となる94年有馬記念対決マチカネタンホイザ94年有馬では出走取消となり95年の秋天JCで(お互い低迷期ではあるが)2戦している。
育成シナリオでは史実通りの順番でライバルとして登場。共に初対面時は噂とあまりに違う人物像にブライアンも困惑するが、レースにおける信念やレース後の姿勢で考えをめ敬意を表している。
ライスとはメインストーリー第4章でチームメイトとなり、有馬記念での対決も描かれた。
ウオッカ個別記事
モチーフブライアンズタイム繋がり(ブライアン自身と、ウオッカタニノギムレットブライアンズタイム産駒)でヒトとして見るなら「姪」に当たる事からか何かと絡む先輩後輩の関係。ダイワスカーレットとのライバル関係でティアラ路線で戦うべきか幼い頃からのであったダービーにするかで悩む彼女ダービーにおける心構えを説き、結果的にウオッカの進むし示した。以後も要所で登場する等ウオッカから敬意を抱かれており、同時にブライアンも自身と同じ「強敵に喰らい付く」存在と認識。評価している。
サクラローレル個別記事
モチーフ同期の活躍だが、ブライアンとは逆にローレルは活躍し始めるのが非常に遅かったため、ブライアン最後の中長距離戦・ローレルにとっては初G1だった5歳時の96年天皇賞(春)が最初で最後の対戦。
タニノギムレット個別記事
長らく不詳だったルームメイトモチーフブライアンズタイム繋がり。史実タニノギムレットウオッカとは良き先輩後輩という趣に対して、キャラクター故に会話のドッジボール状態
(ブライアン自身ギムレットの言い回しが理解出来ずというギムレット片思いになっている)。

史実

94年 菊花賞

ナリタブライアン
身差の衝撃

群れに答えなどない。

2011年 JRA 菊花賞CMより

大丈夫だ!大丈夫だ!!大丈夫だ!!!
10年ぶりの三冠馬ナリタブライアン
1994年 菊花賞 杉本清アナウンサー実況より

1994年に史上5頭の中央クラシック三冠を達成した「シャドーロールの怪物」。日本競馬人気絶頂期に生まれた三冠馬として競馬ファン以外にも名を知られたが、三冠達成以降は苦難の生を送った。

1991年生まれのブライアンズタイムシフカスNorthern Dancer。1歳上の半ビワハヤヒデがおり、後に「無敵兄貴最強」と並び称されることになる。

デビュー当時は精面に弱点を抱えており、レースが近づくとテンションが上がり過ぎ、走行中に自分のを怖がる臆病な面があった。営はテンションを抑えるために出走回数を増やし、足元の視界を遮るシャドーロールをつけて対処した。ブライアンの活躍でシャドーロールの効果が注されることになったが、実は全盛期にはくても走れるようになっており、ゲン担ぎとしてつけ続けていたという。

豪腕南井克巳上に迎え、1993年8月デビューすると、2歳時だけで7戦をこなし、朝日杯3歳ステークス(旧年齢表記、現:朝日杯FS)を含む4勝を挙げる。3歳時には朝日杯からの連勝を続け、皐月賞では2着に3と1/2身、東京優駿(日本ダービー)では5身差をつける圧勝。

の復帰戦となった京都新聞杯は単勝1.0倍の支持を受けながら2着に敗れ、古大将だったビワハヤヒデ天皇賞(秋)で故障引退兄弟対決に終わってしまうが、菊花賞は7身差の圧勝で三冠を達成。さらに有馬記念も6連勝中の同期ヒシアマゾンライスシャワーら古勢を抑えて勝し、シンボリルドルフに続く3歳四冠となり、ほぼ満票で年度代表馬を受賞した。

しかし4歳時は阪神大賞典勝利した後に右股関節炎を発症。故障自体は全治2ヶとされたが、調に戻る兆しが一向に見られなかった。明らかに調整不足のまま復帰したは12着・6着・4着と全くの不振であったが、明けて5歳時の阪神大賞典では武豊とのコンビで前年の年度代表馬マヤノトップガンとのデッドヒートを制して1年ぶりの勝利を挙げる。もっとも、この時に至っても故障前の全盛期には遠く及ばないという評価であった。

天皇賞(春)サクラローレルの2着に敗れた後、次戦は何とスプリンG1高松宮杯(現:高松宮記念)に出走。如何にブライアンと言えど、中長距離とは質の違うスピードが要されるスプリント競走への出走は謀と非難を浴びた。それでもレースではスタートダッシュで離されながらも4着まで追い上げ、全盛期ブライアンならあるいは、と思わせる結果は残している。1ヶ後に右前脚に屈腱炎を発症し、現役を引退

引退後は種牡馬入りしたが、2年後の1998年に腸閉塞を発症。一度は手術に成功したものの、3ヶ後に破裂を起こして手の施しようがく、安楽死処置がされた。1998年9月27日死亡、7歳

詳細は当該記事へ→ナリタブライアン

関連動画

関連静画

関連立体

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 高天原
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナリタブライアン(ウマ娘)

498 ななしのよっしん
2024/03/18(月) 23:08:31 ID: 49j7/YJTry
姉貴が焼いてくれるからの種類分からないの最高に解釈一致
ブライアンに対する公式(衣さん)の解像度が高すぎる
👍
高評価
10
👎
低評価
0
499 ななしのよっしん
2024/03/18(月) 23:51:10 ID: vkLPN+TiJF
を重ねるな!
👍
高評価
17
👎
低評価
0
500 ななしのよっしん
2024/03/19(火) 01:55:42 ID: U1l/ItGLUl
ぱかチューブの焼きゲームブライアンが可すぎた…。フリーダムローレルクリークに振り回されたり、姉貴大好きなところがいい。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
501 ななしのよっしん
2024/03/19(火) 03:42:28 ID: lpbbtnFhyU
長らく生徒会副会長って役職に
納得いかなかったけど今回の焼肉ゲーム
割と合点がいったわw
👍
高評価
4
👎
低評価
0
502 ななしのよっしん
2024/03/19(火) 09:02:35 ID: EBGXer0zn+
👍
高評価
8
👎
低評価
0
503 ななしのよっしん
2024/03/19(火) 14:25:17 ID: d7Rpw7D68Y
>>502
ブライアンアプリ内でも口数少ないから気付かれにくいけどツッコミ側なのよね

マイペース自由人だけど周りのキャラが濃すぎてツッコミに回らざるを得ないスズカさんタイプ
👍
高評価
8
👎
低評価
0
504 ななしのよっしん
2024/03/20(水) 02:06:49 ID: vkLPN+TiJF
ローレル仕返ししてるつもりで
間違えてオグリに焦げを押し付けまくってるのも芸術点が高い
👍
高評価
8
👎
低評価
0
505 ななしのよっしん
2024/03/25(月) 20:16:16 ID: 8hsP69VR5U
大阪演でシャドーロールの誓いを歌ってくれた
中の日と変わってからは初めてだよな?
👍
高評価
3
👎
低評価
0
506 ななしのよっしん
2024/03/31(日) 13:24:37 ID: suP06X2fKn
久々公式供給が濃厚だったおかげで絵師も賑わってて嬉しい
👍
高評価
1
👎
低評価
0
507 ななしのよっしん
2024/04/13(土) 15:21:43 ID: GTZ1lMVSZU
ジュークボックスでも聞けるし、曲のアレンジ全新規だからそろそろCDに収録してほしい。次のWINNING LIVE 19あたりに入ってくれれば嬉しい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0